比較2019'【子ども撮り】高画質なビデオカメラ33機のおすすめ 4K フルHD (1)

2019年06月24日

比較2019'【子ども撮り】高画質なビデオカメラ33機のおすすめ 4K フルHD (1)

【今回レビューする内容】 2019年 新製品のビデオカメラの性能とおすすめ・選び方:子供撮り対応 高画質な4Kビデオカメラ・安いフルHDビデオカメラ:ソニー ハンディカム・ パナソニック:旅行・運動会・子ども・ペット動画・防水機能むき、初心者向け「最強」機・人気機種の違いと種類別性能ランキング

【評価する製品型番】SONY HDR-CX470 HDR-CX680 HDR-PJ680 FDR-AX45 BC FDR-AX60 FDR-AX100 Panasonic HC-W590M HC-WZ590M HC-V360MS HC-V480MS HC-W585M HC-VX985M HC-VZX992M HC-VX992M HC-VZX2M HC-VX2M HC-WZX2M HC-WX2M HC-WZXF1MHC-WXF1M AG-UX90 PXW-Z90 VC EVERIO GZ-F270 GZ‐R480 GZ‐RX680 GZ‐RY980

今回のお題
子ども撮りにも向くビデオカメラのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年6月現在、最新の家庭用のビデオカメラの最新機種を比較します。

 201809041234.jpg

 今回は、「「自動」でブレずに綺麗に撮れる」初めての方向きの機種から、4Kに対応する「画質を重視した上級機」まで、幅広くピックアップしました。

1・撮像素子
 =綺麗に撮れるか?
2・ズーム倍率
 =遠くが撮れるか?
3・オートフォーカスと手ぶれ補正
 =被写体がブレないか?
4・バッテリー寿命
 =何時間が撮れるか ?

 とくに、初心者に向けては、上表4点のスペックを特に重視して、「初めてでも簡単・便利に使える機種!」を提案していきます。

1・画質(手持ち撮影)★★★★★
2・画質(三脚の利用)★★★★★
3・ズーム倍率    ★★★★★
4・バッテリーの量  ★★★★☆
5・スマホとの連携  ★★★★★
6・総合評価     ★★★★★

 また、本文読んでみて、細かいスペックの意味が分からなかった方についても、最後に「結論」として、上表のような観点から、Atlasのおすすめ機種!をいくつか提案します。

 安心してお読みいただければと思います。

ーーー

 201808211255.jpg

 なお、ビデオカメラでも、頭や乗物に付ける、超小型カメラ(アクションカム)については、別の記事があります。ご面倒ですが、【アクションカメラの比較記事】をご覧ください。

1・ビデオカメラの選び方の基本

 201809041238.jpg

 ビデオカメラは、スマホ動画の高性能化にもかかわらず、割と売れ続けている映像家電です。

 運動会を含む子どもや孫の成長記録を取りたいニーズのほか、YouTubeなどへの動画の投稿用にも一定の人気があります。

 201809041240.jpg

 各メーカーが最近強調する「選び方のポイント」は4K動画への対応の有無です。

 高画質機はほぼ「対応」してきましたが、ただ、これだけを基準に選ぶのは、Atlasとしては、全くおすすめできません

 201809041245.jpg

 なぜなら、4K対応高画質機は、画質が良い反面、ズーム力が劣ったり本体が重かったりする場合があるからです。

 結論的にいえば、後悔せずに最適なビデオカメラを選ぶ場合に「ポイント」となるのは、次の3点です。

1・撮像素子のサイズ

 201809041247.jpg

 第1に、撮像素子のサイズ(画質)です。

 201805131902.jpg

 ビデオカメラには光を電子データに変換する撮像素子というセンサーがあります。

 デジカメの場合と同じで、このサイズが大きいほど、多く光を取り込めるため、高画質の動画が撮れます。

 例えば、1/2.5型の撮像素子は、1/5.8型の撮像素子よりも、基本となる画質は上位です。

 ただし、熊本地震の影響で、1/5.8センサーが品薄で、1/2.5型を代用的に使っているが、実は1/5.8センサー並の機種と言う場合もあります。

---

 そこで、今回の記事では、フルHD/4Kという区分だけでなく、この点にも注目して画質の比較をしたいと思います。

2・ズーム倍率と手ぶれ補正

 201801241546.jpg

 第2に、ズーム倍率と手ぶれ補正です。

 ズーム倍率は、運動会など遠くから撮影する場合、ある程度のズーム倍率ないと不便です。

 しかし、冒頭に示したように、4K動画対応機は、ズームの倍率が、下位機よりも低く、運動会などに向かない場合もあります。

 手ぶれ補正も、ズーム倍率が高い機種は総じて手ぶれしやすくなるため、「子ども撮り」を考える場合に重要です。

 高級機は、「空間光学式」など動画専用に開発された最先端の補正技術が搭載されます。

---

 そこで、今回の記事では、子ども撮りに向く下位機種について、これらの2点に特に注目して比較します。

3・バッテリーの持続時間と価格

 201805131449.jpg

 第3に、バッテリーの持続時間とバッテリーの価格です。

 こちらの部分は、ビデオカメラを選ぶ場合、意外と軽視してしまいがちです。しかし、ビデオカメラは長くても1時間強の撮影時間でバッテリーが終わります。

 そのため、運動会などでは、予備バッテリーが必須です。格安の「互換バッテリー」もありますが、Atlasの経験上、数回の充電で「満了充電できなくなる」などリスクがあります。

---

 そこで、今回は、純正バッテリーの価格も紹介し、総コストが分かるように比較しました。

ーー

 以上、ビデオカメラを選ぶ場合に基本とするべき3点について書いていました。

 以下の記事では、これらに注目しながら、最新のビデオカメラを比較していきます。

2・ハンディカムの比較(フルHD)

 201805121036.jpg

 はじめに紹介するのは、ソニーの「ハンディカム」シリーズです。

 画質的にはどの機種も、フルハイビジョン画質(フルHD)に対応するモデルです。

 以下では、いつものように、Atlasのオススメポイントは「赤字」で、イマイチな点は「青字」で記載していきます。


 201801241711.jpg

 【2017年発売開始】

 1・SONY HDR-CX470 【各色】
   ¥34,779 Amazon.co.jp
(6/24執筆時)

撮像素子:裏面照射形CMOS 1/5.8型
画素数(動画):229万画素
画素数(写真):171万画素
ズーム;:30倍
焦点距離: 26.8-804.0mm
手ぶれ補正: 光学式
AF:
画質:フルHD
防水防塵:
記録媒体:内蔵(32GB) microSDXC
バッテリー:1時間15分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 215グラム(バッテリー含む)

 1番目に紹介するのは、ソニーのハンディカムシリーズの入門機にあたるHDR-CX470です。

 本体の重さは、215gです。上位機種と比べてサイズがコンパクトで軽量製品です。大きめのスマホとほぼ重さが変わらないですね。

 y_hdr-cx420_003.jpg

 ズーム倍率は、30倍です。

 広角側の画角が広いので、遠くが大きく撮れるだけでなく、風景や建物の撮影などを「引いて」広範囲に撮るのも得意な機種です。他社よりも広範囲にわたる撮影ができます。

 手ぶれ補正は、光学式が搭載されます。

 ただし、さほど強力ではないので、30倍など拡大したときは、手持ちでは「ブレる」でしょう。

 201805131741.jpg

 撮像素子は、1/5.8型です。

 高性能とは言えませんが、入門機でよく採用されるサイズです。

 撮像素子のタイプは、裏面照射形のCMOSセンサーです。夜間撮影などの条件の悪い際の撮影は得意です。

 搭載されるマイクは、5.1ch対応の高品質のものです。

 201812211738.jpg

 液晶パネルは、3.0型46万ドット クリアフォト液晶とクラス標準のものが搭載されます。

 タッチパネルは採用されません。

 201812211722.jpg

 オートフォーカス(ピント合わせ)は、おまかせオートを搭載します。

 上位機にも採用されるもので精度は良いです。

 ネットワーク機能は、Wi-Fiを搭載します。Wi-Fi経由でデータをPCに転送したり、スマホに直接転送させたりすることも可能です。  

 201805131522.jpg

 SONY バッテリーパック NP-BX-1
  ¥4,550 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 付属バッテリーは、実撮影時間が55分とかなり短いです。多くの方には、別売の予備バッテリーが必須です。

----

 以上、SONYHDR-CX470の紹介でした。

 軽量でスリムな機種として魅力がありますが、手ぶれ補正の弱さと、バッテリーの短さは、実用を考えるとあまり「おすすめ」とは言えなそうです。


 201801241726.jpg

 【2017年発売開始】

 2・SONY HDR-CX680 【各色】
  ¥47,193 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

撮像素子:裏面照射形CMOS 1/5.8型
画素数(動画):229万画素
画素数(写真):171万画素
ズーム:30倍
焦点距離: 26.8-804.0mm
手ぶれ補正:空間光学式
AF:
画質:フルHD
防水防塵:防塵性能
記録媒体:内蔵 (64GB) microSDXC
バッテリー:1時間15分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 355グラム(バッテリー含む)

 HDR-CX680は、ソニーの中級機です。

 本体の重さは、355gと下位機種ほど軽量化は重視していません。

 y_hdr-cx420_003.jpg

 ズーム倍率は、30倍と下位機種と同率です。撮影範囲も下位機種と変わりません。

 201510081323.jpg

 手ぶれ補正は、一方で下位機種より能力が高いです。

 こちらの機種は、空間光学手ブレ補正が搭載されます。

 レンズ全体を中空に浮いているように保つことで、動画撮影に多いこまかいブレを吸収する仕組みです。ソニーの「売り」の機能で、手持ち撮影ではかなりの威力を発揮します。

201407221458.jpg

 オートフォーカス(ピント合わせ)は、基本は下位機種と同じです。

 たあ、こちらは(ビデオカメラとしては珍しく)タッチパネル液晶搭載なので、タッチパネル操作でフォーカスさせることも可能です。

 そのため、タッチパネルでフォーカスしたい人物の顔をタッチすれば、明るさ・肌の色などを優先的に最適化する「優先顔キメ機能」が搭載されます。

 201805131741.jpg

 撮像素子は、1/5.8型と同等です。

 そのほか、搭載されるマイク液晶パネルネットワーク機能は、下位機種と同じです。

 201805131522.jpg

【実撮影時間5時間25分】

 SONY NP-FV100A
  ¥16,408 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 付属バッテリーは、付属バッテリーでは1時間15分が限界です。しかし、大容量バッテリーを利用することで、最大5時間10分のスタミナを得れます。

---

 以上、HDR-CX680の紹介でした。

 手ぶれ補正が優秀なので、手持ちでの撮影メインの方の入門用として最適です。強力な手ぶれ補正があるため、実際撮れる映像は、(手ぶれが弱い他社機より)高品質でしょう。

 倍率的にも、運動会まで対応できるので、「ファミリー用にオススメの一台」ですね。


 201805131526.jpg

 【2017年発売開始】

 3・SONY HDR-PJ680【各色】
  ¥52,500 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

撮像素子:裏面照射形CMOS 1/5.8型
画素数(動画):229万画素
画素数(写真):171万画素
ズーム:30倍
焦点距離: 26.8-804.0mm
手ぶれ補正:空間光学式
AF:
画質:フルHD
防水防塵:防塵性能
記録媒体:内蔵 (64GB) microSDXC
バッテリー1時間15分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 375グラム(バッテリー込み)

 HDR-PJ680 は、SONYのフルHD対応きの上位機です。

 ただし、重さや、画質に関わるほとんどのスペックは、下位機のHDR-CX680とほぼ同じです。

 下位機種との違いは、「使い勝手」の部分です。

 201809041314.jpg

 具体的には、この機種にはプロジェクター投影機能が付属し、簡易的に画像を投影することができる機能です。

 プロジェクターは、明るさが25ルーメン簡易的なものです。しかし、撮った映像をその場で壁などに映写することができます。サイズは最大で100型テレビと同様のサイズまで投影できます。

 そのため、例えば、学校の先生が子どもに見せるなどに向いているでしょう。

 付属バッテリーは、予備バッテリーを含めて下位機と同じです。

----

 以上、HDR-PJ680の紹介でした。

 性能は下位機種と変わりません。プロジェクター投影機能が欲しい方のみ、この機種を選ばれると良いと思います。

3・パナソニックのビデオカメラ(フルHD)

 201805121020.jpg

 続いて、パナソニックのファミリー層向けビデオカメラの紹介です。特にブランド名は付けていませんが、ソニーと並ぶ人気メーカーです。

 こちらも、フルハイビジョン画質の製品を先に紹介します。


 201801241715.jpg

 【2016年発売開始】

 4・パナソニック HC-V360MS 【各色】
  ¥23,358 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

撮像素子:高感度CMOS 1/2.3型
画素数(動画):220万画素
画素数(写真):170万画素
ズーム:50倍
焦点距離:28.0-1740mm
手ぶれ補正:ハイブリッド式
AF:
画質:フルHD
防水防塵:
記録媒体:内蔵 (16GB) SDXCカード
バッテリー:1時間5分
ネットワーク:
重量: 256グラム(バッテリー込)

 HC-V360MS は、パナソニックのビデオカメラの入門機です。

 本体のサイズは、53×59×121mmです。

 ソニーの軽量入門機に匹敵する小型機で、重さも20g程度しか変わりません。

 201805131536.jpg

 ズームは、ズームは50倍(デジタルで90倍)です。

 ソニーは30倍でしたので、ズーム力はパナソニックの方が強力です。

 軽量機で高倍率ズームを搭載できているのは、駆動するレンズ群を3つにするというパナソニック独自の技術を採用しているからです。

 ワイド側(=広く撮影できる1倍ズーム側)の画角は28.0mmです。1倍ズーム側では、26mmのソニーのほうが広範囲に撮影できます。

 旅行で風景を移す際などは、2ミリの差は多少は感じるでしょう。

 201407221703.jpg

 手ぶれ補正は、コンデジにおける動画補整でも定評のある5軸式のハイブリッド手ぶれ補正です。

 電子式と光学式を併用しつつ高度にブレを補整します。実力としては、ソニーの空間光学式手ぶれ補正に勝るとも劣らない性能を期待できます。

  201805131550.jpg

 液晶モニターは、2.7型液晶モニター(約23万ドット)です。。

 オートフォーカスは、おまかせiA・iA+を搭載です。

 ソニーの下位機と同じで、入門用としては基本的に問題ないといえます。

 201805131540.jpg

 撮影素子は、スペック的に、1/2.3型とソニーよりも相当大きな撮像素子を搭載します。

 ただし、この機種については、有効面積が1/5.8型相当であり、画質はソニーの入門機と同等です。5.8型の撮像素子が(熊本地震で)入手困難になったための、代替措置のようです。

 ただ、ソニーの裏面照射型センサーに相当する高感度CMOSセンサーを採用し、夜間撮影などにも高度に対応しますので、「ソニー並」とは言えます。

 201501131423.jpg

 撮影機能の面では、運動会などの際、手持ち撮影時に傾いて撮影してしまった画像を自動で傾き補正する機能が注目に値します。

 実際利用すると、これは便利で、補整力については実力がある機種です。

 一方、ただし、ソニーに採用されるスマイルシャッターや「優先顔キメ機能」などの便利機能は、パナソニックの入門機は不採用です。一方で、「おまかせiA」機能など、オート撮影の精度は高いです。

 ネットワーク機能は、こちらはWi-Fiを搭載しません

 小型機ですので、持ち歩いてスマホに転送という場面もあるでしょう。

 マイクも、2chステレオマイクですので、5.1chサラウンド対応のソニーより劣ります

 201906241443.jpg

 Panasonic VW-VBT380-K
  ¥10,190 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 付属バッテリーは、同梱のバッテリーパックを使う場合1時間5分です。

 また、別売の大容量パックVW-VBT380-K を使うと、約1時間55分です。ソニーの入門機とさほどかわりません。

---

 以上、パナソニックの HC-V360Mの紹介でした。

 ソニーの入門機と比較する場合、50倍ズームが魅力です。それをフォローする5軸式のハイブリッド手ぶれ補正も強力なので、ズーム重視派には最適な一台です。

 1倍ズーム側の画角の広さやWi-Fi対応などの点で、ソニーの入門機には及びません。一長一短ですが、パナソニックから選ぶならば、1つ上位の方が良いでしょう。

ーーーー

 201805131554.jpg

 【2016年発売開始】

 5・パナソニック HC-V480MS 【各色】
  ¥26,120 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 なお、この機種にはHC-V480M という上位機があります。

  HC-V360Mと比べると、内蔵メモリーが32GBと倍となっている点と、5.1chサラウンドマイクに対応する点で上位です。

 ただ、価格差ほどの機能差はないので、基本的に下位機をオススメします。


 201903291256.jpg

 【2019年】【各色】

 6・パナソニック HC-W590M
 7・パナソニック HC-WZ590M
  ¥48,245 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 【2017年】【各色】

 8・パナソニック HC-W585M
  ¥37,000 Amazon.co.jp
(6/24執筆時)

撮像素子:裏面照射型CMOS 1/5.8型
画素数(動画):220万画素
画素数(写真):170万画素
ズーム:50倍
焦点距離:28.0-1740mm
手ぶれ補正:ハイブリッド式
AF: HDハイプレシジョンAF
画質:フルHD
防水防塵:
記録媒体:内蔵(64GB) SDXCカード
バッテリー:1時間10分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 268グラム

 HC-W590M は、2019年に発売されたパナソニックの中位機です。

 HC-WZ590M も、同時に発売された機種ですが、流通経路の違いで型番を変えているだけで同等品となります。

 一方、ほとんど同じデザインの旧機であるHC-W585Mが、(ネットでは)まだ在庫があります

 201903291301.jpg

 新旧の相違点は、新機種が「自動手ぶれロック機能」を採用している点です。

 これは、手ぶれ補正の際に、センサーが自動で判断し「手ぶれ補正の強め」に自動でモードを変更する機能です。

 便利ですが、旧機種でも、1ボタンで手ぶれロックを強められるので、価格差を正当化するとも言えません。そのほかは、マイナーチェンジなので、在庫のあるうちは、旧機種がお買い得です。

 本体サイズは、下位機種よりやや大きめで、重さ264グラムです。

 さほど「重い」とも言えないですが、下位機種ほどは軽量性に特化していません。ただし、ソニーの同クラスの本体よりは軽量な作りです。

 201805131536.jpg

 ズームは、50倍(デジタルで90倍)とこの点でも下位機種と同じです。

 手ぶれ補正も、5軸式のハイブリッド手ぶれ補正と、この部分は下位機種と同クラスです。

 ただ、2017年発売開始モデルから、「手ぶれロック」が付属しました。これは、いわば「手ぶれの強度の自動調整機能」で、強弱が自動で調整される点で、より便利です。

 201805131607.jpg

 液晶モニターは、下位機種同様の仕様です。タッチパネル操作には対応しません

 オートフォーカスは、しかし、下位機より性能が上です。

 こちらは、HDハイプレシジョンAFを搭載します。方式は、同じコントラスト式ですが、高速・高精度でピントが合うので、動く被写体により強い仕様です。

 ソニーの中級機よりこの点では優れていると言えそうですが、タッチパネルによるピント合わせには対応しないので、一長一短でしょう。

 201603221618.jpg

 撮影素子は、下位機種よりも小さな1/5.8型です。

 しかし、先ほど書いたように、有効面積は同等なので性能は同じです。こちらも、裏面照射型センサーも搭載されます。一方、HDR技術の搭載も目を引きます。

 HDR技術とは、コントラストの違う2枚の写真を自動で重ねて、画像の白飛びや黒つぶれを軽減する強力な画像補正機能です。高画質デジカメではお馴染みの機能ですが、ビデオカメラではこの機種が初搭載です。

 とくに、夜や逆光時の撮影に強いです。最近のAV家電の核心的な技術の1つなので、画像にかなりの好影響を与えるでしょう。

 201805131604.jpg

 撮影機能の面では、ワイプ撮りの対応が目を引きます。

 メインカメラの他に補助的なカメラが付いており、「子画面」と別アングルの写真が挿入できます。また、スマホからWi-Fi経由で写真を取り込むことも可能です。

 マイクは、こちらも、5.1chサラウンドマイクなど下位機種と同等水準です。

 付属バッテリーは、同梱のバッテリーパックを使う場合1時間10分です。バッテリーは下位機種と共通で、別売の大容量パックを使うと約2時間30分です。やや改善されますが、ソニーの方がスタミナはあります。

 ネットワーク機能は。Wi-Fi機能が搭載されます。

 これは、撮影した動画を外出先で転送してスマホ経由でアップロードするなどに使えます。iPhoneでもAndroidでも対応です。

---

 以上、パナソニックのHC-W590Mの紹介でした。

 「ワイプ撮り」にどれほどの価値を見いだせるかが決め手となる機種です。搭載は面白いですが、使わない方は差が乏しいため、下位機でも良いでしょう。

4・JVCケンウッドのエブリオの比較

 201805131614.jpg

 続いて、JVCケンウッドの「エブリオシリーズ」の紹介です。

 このメーカーは格安な機種が人気ですが、防水性能を持つカメラをラインナップする点で、特長があります。


 201812211308.jpg

【2017年・下位機種】

 9・JVC EVERIO GZ-F270 【各色】
  ¥24,800 Amazon.co.jp (6/24執筆時) 

【2018年・上位機種】

 10・JVC Everio GZ‐R480 【各色】
  ¥36,750 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

撮像素子:裏面照射型MOS 1/5.8型
画素数(動画):229万画素
画素数(写真):171万画素
ズーム:40倍
焦点距離:40.5〜1990mm
手ぶれ補正:電子式
AF:
画質:フルHD
防水防塵:耐衝撃など(下で説明)
記録媒体:内蔵(32GB) SDXCカード
バッテリー:2時間40分
ネットワーク:
重量: 296g/304g

 こちらは、JVCケンウッドのGZ-F270と、その上位モデルのGZ-R480です。

rx130_feature01.jpg

 本体の特色は、その堅牢性です。

 GZ-F270は、1.5mからの落下の耐衝撃性能と-10度までの耐低温性能を持ちます。スキーなどに持って行くのに最も適した入門用カメラです。

 GZ-R470は、これらに加えて、5mまでの水中防水機能とJIS基準5級に相当する防塵性能を持ちます。

 ビーチやスキーなど、アウトドアでの使用については他社製品よりも向いていると言える機種です。

 なお、この点を除けば、下位機種と上位機種は同じなので、以下は同時に紹介します。

 e765_65x_zoom.jpg

 ズームは、40倍です。

 パナソニックとソニーの中間と言ったところでバランスを重視しています。ただ、広角側が両メーカーよりも弱く40.5ミリとなります。広範囲を撮るのは苦手な機種ですね。

 手ぶれ補正は、かなり弱いです。一般的な電子式なので、ズーム時の補正効果は期待できません。

 撮像素子は、 1/5.8型で、裏面照射CMOSですので、パナソニックやソニーと横並びです。

 e765_face-catch_image.jpg

 液晶パネルは、3.0インチです。ただし、解像度は23万画素で詳細さはイマイチです。

 オートフォーカスは、インテリジェントオートを搭載します。

 他社の入門機と同等グレードでしょう。

 撮影機能の面では、スマイルシャッターのほか、顔認識機能追っかけ撮影機能など、人気の機能は網羅されています。また面白い所では、ペットの顔の検出にも対応します。

 マイクは、Dolby Digital 2chまで対応です。実用面では問題ないでしょうが、5.1chサラウンドには未対応です。

 付属バッテリーは、実撮影時間は最大で2時間40分までです。

 かなり電池はタフですが、本体の堅牢性を高めるためバッテリー交換は不可になります。本体が堅牢な分、仕方ないでしょう。なお、ACアダプターの充電は6時間10分かかるので、これ以上の撮影時間が想定される場合は、他機種が良いと思います。

 ネットワーク機能は、残念ながら、Wi-Fiを搭載しません

-----

 以上、 GZ-F270GZ-R480の紹介でした。

 種々の堅牢性を持つ点が最大の特長です。最大2時間20分撮影可能と電池の持ちも良いですし、アクティブに活動する方にはおすすめできる頑丈な機種といえます。野外で持ち運びやすいようなグリップベルトを採用するなど、アウトドアに強い仕様ですね。

 ただ、手ぶれ補正機能の弱さがやや目立つ機種でもあります。そのため、主に選ぶべきは、荒天や海での仕様が想定される方でしょう。


 201801241723.jpg

 【2018年】

 11・JVC Everio GZ‐RX680【各色】
   ¥40,780 Amazon.co.jp (6/24執筆時)  

 【2017年】

 12・JVC Everio GZ‐RX670【各色】
   ¥33,199 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

撮像素子:裏面照射形MOS 1/5.8型
画素数(動画):229万画素
画素数(写真):171万画素
ズーム:40倍
焦点距離:40.5〜1990mm
手ぶれ補正:電子式
AF:
画質:フルHD
防水防塵:防水・防塵・耐衝撃
記録媒体:内蔵(64GB) SDXCカード
バッテリー:2時間10分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 306グラム

  EVERIO GZ-X680 は、JVCの最上位モデルになります。

 新旧両機種ありますが、新機種は、防水性が向上(5m/30分から、5m/1時間)しています。ただ、大きな変化ではないので、価格の下がった旧機種が良いでしょう。

 また、1つ上で見たZ-R480と較べると、防水・防塵能力やバッテリーなど基本的な部分のスペックは同じです。

 相違点は、次の部分です。

 201610081722.jpg

 第1に、ネットワーク機能です。

 こちらは、他社の入門機と同じくWi-Fi機能が搭載され、スマホなどと連携がとれます。

 第2に、プログレシップ記録の対応です。

 1080/60pモードで記録できます。ただ、他社では入門機から同等の機能が搭載されます。

 第3に、内蔵メモリの増量です。

 こちらは64GBと倍増されています。

 機能の違いは以上の点に止まります。堅牢性に加えて、Wi-Fiが必要だと思う方は、この機種が良いでしょう。ただ、Wi-Fiを搭載した分、バッテリーの持続時間が10分短くなっています。また、手ぶれ補正機能の弱さは下位機種と同じです。

5・パナソニックの4Kビデオの比較 

 201906241510.jpg

 つづいて、ここからはパナソニックのビデオカメラのうち「4K動画に対応するビデオカメラ」を見ていきます。


 201906241508.jpg

 【2019年発売】

 13・パナソニック HC-VZX992M
 14・パナソニック HC-VX992M
  ¥78,327 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 【2018年発売】

 15・パナソニック HC-VZX990M
 16・パナソニック HC-VX990M
  ¥52,120 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

撮像素子:ハイスピードCMOS 1/2.3型
画素数(動画):829万画素
画素数(写真):700万画素
ズーム;20倍
焦点距離:30.8-626mm
手ぶれ補正:ハイブリッド式
AF: 4KハイプレシジョンAF
画質:4K対応
防水防塵:
記録媒体:内蔵64GB, SDXCカード
バッテリー:50分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 398グラム(バッテリー含む)

 HC-VZX992MHC-VZ992M は、パナソニック4K対応機です。

 型番が2種類ありますが、商品の流通経路が違うだけで、いずれも同じ製品です。また、2018年が残っていますが、こちらについても、型番の変更だけです。

 結論的にいえば、4機から値段の最も安いモデルを選んで良い機種です。

 本体の重さは、365グラムです。

 4K対応機は、「しっかりとした重さ」があるものですが、この機種は、400gを切る重さでたいへん優秀といえるでしょう。「4Kは対応して欲しいが、重いのは勘弁」、という方にはおすすめできます。

 201801241618.jpg

 ズームは、20倍ズームです。

 なお、4K対応ビデオカメラは、ズームの倍率は全体的に低いです。

 画質と倍率を維持しようとすると、本体の重さに悪影響するため、実用水準の20倍程度に止めています。

 ただし、デジタルズーム40倍です。この場合、画質は劣化しますが、電子ズームの化をTVと同様の超解像度技術で防ぐという仕組みを取ります。多少は、画質の向上が見込めます。

 201407221703.jpg

 手ぶれ補正は、入門機と同じく、5軸式のハイブリッド手ぶれ補正が搭載されます。

 繰り返しとなりますが、ソニーの空間光学式手ぶれ補正に勝るとも劣らない性能を期待できます。

 液晶モニターは、3型で解像度は約46万ドットです。タッチパネルは搭載しませんが、基本不要でしょう。

 オートフォーカスは、4KハイプレシジョンAFを搭載です。

 方式は下位機種と同等でコントラストAFですが、 フォーカスユニットを改良するなど、配慮されます。

 201812211334.jpg

 撮像素子は、1/2.3サイズです。

 先ほどの機種と違い、有効面積も広がっているので、実質下位機種より、画素面積が1.7倍です。この点で言えば、このグレードから画質のランクが「1つ上がり」ます。

 高感度センサーは引き続き未搭載ですが、撮像素子のサイズが大きくなったことの効果のが期待できます。どの下位機種よりも、暗い場所や逆光に強いでしょう。

 201507031627.jpg

 撮影機能の面では、スマホを使っての「ワイヤレスワイプ撮り」が目を引きます。

 別角度からの写真を合成して表示できる機能です。

 「子画面」の写真は、Wi-Fiでスマホで映像を撮っておき、あとで転送・合成する方式です。このほか、お子さんの寝顔などが撮影できるナイトモード(赤外線撮影)が搭載されるのも特色ですね。

 201702011537.jpg

 面白い部分では、4K撮影をしておいて、実質はフルHD解像度で記録することで、編集がタッチパネルで簡単にできる「後から追っかけ」機能が付属します。「

 マイクは、こちらも、5.1chサラウンドマイクで、ソニーと同等水準です。

 201906241443.jpg

 Panasonic VW-VBT380-K
  ¥10,190 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 付属バッテリーは、実撮影時間は50分です。しかし、上記の大容量バッテリーを使う場合、実撮影時間は1時間50分です。

 ネットワーク機能は。こちらも、Wi-Fi機能が搭載されます。

---

 以上、パナソニックHC-VZX992MHC-VZ992M の紹介でした。

 4Kに対応できる機種としては比較的安い点が魅力です。

 ズーム力はフルHD機より落ちますが、超解像度の採用はある程度それをカバーするでしょう。手ぶれ補整も強いためその点も魅力です。また、タッチパネルは採用されない機種ですが、オートフォーカスは優秀です。

 こうした点をまとめると、「初心者が4K画質で自動撮影」するのに便利な性能をキープしていますので、4Kに挑戦したい場合は、よい選択肢でしょう。


 201906241513.jpg

 【2019年発売】

 17・パナソニック HC-VZX2M
 18・パナソニック HC-VX2M
  ¥93,482 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 【2018年発売】

 19・パナソニック HC-VZX1M
 20・パナソニック HC-VX1M
  ¥57,822 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

撮像素子:ハイスピードCMOS 1/2.5型
画素数(動画):2590万画素
画素数(写真):829万画素
ズーム;24倍
焦点距離:25.06-600mm
手ぶれ補正:ハイブリッド式
AF: 4KハイプレシジョンAF
画質:4K対応
防水防塵:
記録媒体:内蔵64GB, SDXCカード
バッテリー:1時間40分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 479グラム

 HC-VZX2MHC-VX2Mは、パナソニック4K対応機の中位機です。

 201906241516.jpg

 下位機種同様に、同じ発売年度の製品は、型番が違うだけで同一の品です。

 一方、2018年モデルが売れ残っています。新機種については、10秒のハイライト動画を自動で作成する「ハイライトシェア」機能が付属します。出先でスマホ経由で、友人などに送ることを想定する機能です。

 使い方によっては便利で、よい進化です。ただ、価格差が大きいので、現状では、新機種の登場で値下がりした旧機種が「狙い目」です。

 本体の重さは、479グラムです。

 「ずっしり」と言うほどではないですが、決して軽くない重さですね。一眼レフカメラの本体ほどはあります。

 201805131739.jpg

 ズームは、24倍ズームです。

 超解像度技術を伴う電子ズームを併用すると最大48倍です。

 下位機種より4倍ズーム力が上がっています。ただ、ズーム倍率からすると、1倍ズーム側がより広く撮れるようになったという改変ですね。使い勝手は増しているでしょう。

 201407221703.jpg

 手ぶれ補正は、こちらも、5軸式のハイブリッド手ぶれ補正が搭載されます。

オートフォーカスは、下位機種同様に4KハイプレシジョンAFを搭載です。

 撮像素子は、1/2.5サイズです。

 撮像素子のサイズは下位機種よりも小さいですが、一画素あたりの面積に換算した場合、下位機種の1.7倍なので、性能は上です。撮像素子の生産が安定するまで、しばらくは、こうした「ややこしい」状況が続きそうです。

 また、この機種は4K動画向けの専用開発である、4KハイスピードMOSセンサーを採用します。

 画像に線が入るローリングシャッター現象が起こりにくいため、4K画質でも動きの速い乗り物をなめらかに撮影できます。動く被写体にはパナソニックが良さそうです。

 201801241617.jpg

 ただし、夜間撮影や逆光撮影に強い、高感度CMOS(裏面照射型)は不採用です。ただし、この部分は、写真を2枚合成してダイナミックレンジを確保するHDR動画技術が付属しますので、安心でしょう。

 画像エンジンは、4K用に開発されたクリスタルエンジン4Kが採用されます。

 撮影機能の面では、スマホを使っての「ワイヤレスワイプ撮り」や「後から追っかけ」機能など、下位機種と同等の性能ですね。

 201805131749.jpg

 液晶モニターマイクは、下位機種と同じ水準です。

 付属バッテリーは、「大容量バッテリー」が付属するので実撮影時間1時間40分です。

 ネットワーク機能は。こちらも、Wi-Fi機能が搭載されます。 

---

 以上、パナソニックHC-VZX1Mの紹介でした。

 「撮像素子が大型化した」に尽きる機種です。室内などの暗い場所の撮影にとくに威力を発揮するでしょう。こうした用途にはオススメできます。


 201906241524.jpg

 【2019年発売】

 21・パナソニック HC-WZX2M
 22・パナソニック HC-WX2M
  ¥93,482 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 【2018年発売】

 23・パナソニック HC-WZX1M
 24・パナソニック HC-WX1M
  ¥86,511 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

撮像素子:ハイスピードCMOS 1/2.5型
画素数(動画):2590万画素
画素数(写真):829万画素
ズーム;24倍
焦点距離:25.06-600mm
手ぶれ補正:ハイブリッド式
AF: 4KハイプレシジョンAF
画質:4K対応
防水防塵:
記録媒体:内蔵64GB, SDXCカード
バッテリー:1時間40分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 479グラム

  HC-WZX2M は、パナソニックの4K対応機の上位機です。

 201906241526.jpg

 基本的には上で紹介した機種と同じですが、下位機の場合にもあった「ワイプ撮り」に対応する機種です。

 本体内蔵のサブカメラや、スマホの動画撮影機能、または、その両方を利用できます。

 その他の部分は、2018年機との違いを含めて、下位機種と仕様は同じです。

ーーー

 201906241528.jpg

 【2018年発売】

 25・パナソニック HC-WZXF1M
 26・パナソニック HC-WXF1M
  ¥120,762 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 一方、パナソニックは、2018年機については、もうひとつ上位機を出していました。

 201603221707.jpg

 スペック的には、この機種も4K対応の下位機種と同じですが、図のような可動式のビューファインダーが付く本格的なカメラです。

 その他の点の改良は画質と言うよりも「使い勝手」の部分です。とくに、(オート撮影ではなく)マニュアル操作における利便性の向上を図っています。

 撮像素子のサイズなど、基本部分は、下位機と同じです。

6・4K対応ハンディカムの比較

 201805131629.jpg

 続いて、ソニーの4K対応機を紹介します。


 201805131457.jpg

 【2018年発売開始】

 27・SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX45 BC
 28・SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX45 TI
  ¥82,669 Amazon.co.jp
(6/24執筆時)

撮像素子:1/2.5型 Exmor R CMOS
画素数(動画):829万画素
画素数(写真):829万画素
ズーム:20倍
焦点距離: 26.8-536.0mm
手ぶれ補正:空間光学式
AF: ファストインテリジェントAF
画質:4K対応
防水防塵:防塵
記録媒体:内蔵 (64GB) SDXCカード
バッテリー:1時間20分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 560グラム(バッテリー含む)

  FDR-AX45 は、ソニーの4K解像度対応機としては、最も安価なモデルです。

 パナソニックと異なり「入門機」的な位置づけの値段は出していませんね。

 本体の重さは、この機種の場合、560グラムとなります。

 同じほどの価格のパナソニックの4K対応機よりも多少ですが重めの水準です。

 201801241546.jpg

 ズーム倍率は、光学20倍ズームです。パナソニックは24倍でしたのでわずかに劣ります。

 ただ、超解像技術も採用しているので、デジタルズームを使う場合など、効果的に画像をアップコンバートしてくれるでしょう。

 201603221747.jpg

 撮像素子は、ソニーも1/2.5型 と大型の撮像素子を採用します。

 パナソニックの同クラス機(HC-VZX1M)と比較する場合、撮像素子は同じサイズで、上級クラスです。一方で、こちらは、裏面照射型のExmor R CMOSセンサーなので、室内・夜間・逆光への対応力はパナソニックより優れると言えます。

 レンズも、4Kというハイスペックを活かすため、レンズも高品質なドイツ製のカールツァイスのバリオ・ゾナーレンズを採用します。

 201510081323.jpg

 手ぶれ補正は、ソニー独自の空間光学手ブレ補正が搭載されます。

 フルHD機の説明でもしましたが、レンズなど全体を中空に浮いているように保つことで、動画撮影に多いこまかいブレを吸収する仕組みです。

 201801241554.jpg

 液晶パネルは、タッチパネル式で、3.0型46万ドット クリアフォト液晶とクラス標準のものが搭載されます。

 201812211751.jpg

 オートフォーカスは、一方、この機種の見所で、ファストインテリジェントAFを搭載です。

 ソニーのデジカメにも採用される空間被写体検出方式を使った、コントラスト式AFの改良版です。このため、ピント合わせはパナソニック以上に速いので、運動会などには強いでしょう。

 搭載されるマイクは、5.1ch対応の高品質なものです。この点は、パナソニックに較べても引けをとりません。

 201906241534.jpg

 SONY NP-FV100A【大容量バッテリー】
  ¥16,408 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 バッテリーは、添付の標準バッテリーの場合、実撮影時間が1時間15分大容量バッテリー使用時だと、最大2時間20分となります。

 割と長めですが、、基本的に予備バッテリーを用意するのが基本です。

 ネットワーク機能は、Wi-Fiを搭載します。

 201805131829.jpg

 撮影機能の面では、多彩なエフェクトを装備するほか、簡単にスローモーションが撮影できるハイスピード撮影など、下位機種より充実した面白い機能が多いです。

---

 以上、FDR-AX45の紹介でした。

 他社に比べると、ピント合わせなどの自動調整メニューの使い勝手が良いのが特長です。他方、画質について言えば、4K対応機としては、撮像素子がやや小さい点が残念でしょう。


 201805131832.jpg

 【2018年】

 29・SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX60
  ¥105,270 Amazon.co.jp
(6/24執筆時)

撮像素子:1/2.5型 Exmor R CMOS
画素数(動画):829万画素
画素数(写真):829万画素
ズーム:20倍
焦点距離: 26.8-536.0mm
手ぶれ補正:空間光学式
AF: ファストインテリジェントAF
画質:4K対応
防水防塵:防塵性能
記録媒体:内蔵64GB, SDXCカード
バッテリー:1時間5分
ネットワーク:Wi-Fi
重量: 585グラム

 ソニーのHDR-AX60は、ソニーの4K対応ハンディカムの高級機です。ただし、HDR-AX40との機能差は2点だけです。

 201603221759.jpg

 第1に、マニュアルフォーカス(手動でのピント合わせ)のための、フォーカスリングを搭載する点です。

 第2に、155万ドットのチルト式の電子ビューファインダーが付属する点です。

 いずれも、ハイアマチュア向けの機能なので、一般的には価格面で値頃な下位機種で良いでしょう。


 201805131835.jpg

 30・SONY 4Kビデオカメラ FDR-AX100
  ¥130,960 Amazon.co.jp
(6/24執筆時)

撮像素子:1型 Exmor R CMOS
画素数(動画):1420万画素
画素数(写真):1420万画素
ズーム:12倍
焦点距離: 29-348.0mm
手ぶれ補正:光学式
AF:
画質:4K対応
防水防塵:
記録媒体:
バッテリー:1時間5分
重量: 790グラム

  FDR-AX100 は、ソニーの4K対応ビデオカメラのハイエンド機になります。

 価格はひときわ高価ですが、レンズ周りの基本スペックが高い機種です。こちらも、フォーカスリング電子ビューファインダが付属するハイアマチュア向け仕様です。

 本体の重さは、下位機種よりも200g以上重い、790グラムです。

 ビデオカメラの撮影環境を考えると、長時間の場合はこちらも、三脚などを利用することが前提です。そのため、「旅行用」という点ではやや不利でしょう。サイズも、81×83.5×196.5mmと結構あります。

 201801241605.jpg

 ズーム倍率は、こちらは光学12倍ズームです。

 ズーム倍率は、本体の重さと撮像素子と両立できない部分があり、高画質機の場合は、この点を妥協しなければいけません。デジタルズームは160倍ですが、画質は粗いでしょう。

 一方、超解像技術を利用して画質の劣化を防ぎつつズームをする全画素超解像ズームを用いると、比較的画質の劣化がなく18倍まで4K画像のズームが可能です。

 201801241608.jpg

 撮像素子は、下位機種よりも大きな1.0型 Exmor R CMOSセンサを搭載します。

 高画質なデジカメ並みのハイスペックで、画質について言えば、下位機種と明確な差があるでしょう。三脚で固定して、風景などの4K映像を長時間撮影するなどの場合、美麗な映像が撮れるでしょう。

 レンズも、カールツァイスのバリオ・ゾナーレンズを採用します。

 手ぶれ補正は、一方、この機種は空間光学手ブレ補正が不採用で、通常の光学式になります。空間光学式は、ソニーによれば「(通常の)15倍ぶれない」品質となりますが、こちらは「10倍ぶれない」と表現されます。

 ただ、こうした高画質機は、用途的に固定撮影が多いでしょう。そうでない場合は必要に応じて、スタビライザーなどで対応、ということになると思います。

 液晶パネルは、3.5型91万ドットと下位機種よりも大きめで、詳細です。こちらもタッチパネル式です。

 オートフォーカスは、一方で、ファストインテリジェントAFが不採用です。

 価格的にハイアマチュア向けなので、強いAFは不要と考えたのでしょう。

 画像エンジンは、下位機種と同じでBionzXを採用します。

  201705070827.jpg

 搭載されるマイクは、下位機種よりも高度です。

 5.1ch対応という点では同じですが、独立したマイクを搭載し、外部アダプタなしでもそれなりの音がとれます。また、下位機種の風音低減機能をより進化させた自動風ノイズ低減機能も、魅力でしょう。同社のノイズキャンセル技術が使われています。

 201906241534.jpg

 【実撮影時間4時間30分】

  SONY NP-FV100A
  ¥16,790 Amazon.co.jp (6/24執筆時)

 バッテリーは、実撮影時間が1時間5分、大容量バッテリー使用時で最大4.5時間となります。なお、バッテリーは、下位の機種と共通なので、NP-FV70Aなども利用できます。

 ネットワーク機能は、Wi-Fiを搭載します。入門機同様にスマートフォンへの転送などもできます。

----

 以上、FDR-AX100 の紹介でした。 

 家庭用のビデオカメラとしては高価なのはネックですが、撮像素子がひときわ大きい点は大きな魅力です。

 中級者以上で、あまり持ち歩いて撮るような使い途をとらないならば、画質面で相当有利ですし、環境映像などの撮影用に高画質機を狙っている方は、買って後悔はないでしょう。

後編に続く!
デジタルビデオカメラのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回はビデオカメラの比較でした。

 続く後編記事こちら)では、前編で紹介できなかったJVCの4K対応機のほか、各社の「ハイアマチュア用の高級機」を追加で紹介します。

 201809041234.jpg

1・画質(手持ち撮影)★★★★★
2・画質(三脚の利用)★★★★★
3・ズーム倍率    ★★★★★★
4・バッテリーの量  ★★★★☆
5・スマホとの連携  ★★★★★
6・総合評価     ★★★★★

 また、その上で、ここまで紹介した全機種から、最終的な「Atlasのおすすめ機種」を提案していきます。

 引き続きよろしくお願いします。

 後編は→こちら

---

 また、今回の前編記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題をシェアしていただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 16:29 | 映像機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png