Top 日用品 比較2020'【静音ランク別】耳せんとイヤーマフ19点のおすすめ・選び方:飛行機・睡眠・勉強時など

2020年02月13日

比較2020'【静音ランク別】耳せんとイヤーマフ19点のおすすめ・選び方:飛行機・睡眠・勉強時など

【今回レビューする内容】2020年 耳栓とイヤーマフの性能とおすすめ・選び方:睡眠・いびき対策・飛行機・電車対応: 遮音性 蒸れにくさ 圧迫感の違いや防音性・使い勝手ランキング

【紹介する製品型番】キングジム デジタル耳せん MM1000 MM2000 クロ MOLDEX 高性能耳栓 ロケッツ6485 メテオ SPERIANBilsomビルソムイヤーマフ LOF 防音・消音ヘッドホン スミス&ウェッソン サプレッサーイヤーマフ サイレンシア フライト ピップ イヤーホリデイ 防音用イヤーマフ PELTOR H540A (NRR30dB) 並行輸入品 MOLDEX モルデックス 6201 Z2 Earmuff NRR25 3M PELTOR H10A MOLDEX 使い捨て耳栓 Mellows Goin'Green PELTOR H10A HOWARD LEIGHT Macks Pillow Soft シリコン耳栓

今回のお題
利用目的に合った耳栓/イヤーマフの選び方のおすすめは?

 どもAtlasです。

 今回は、2020年2月現在、最新の耳栓イヤーマフの比較をします。

 201803011516.jpg

 「耳栓」や「デジタル耳せん」と、自宅などで完全遮音をしたい場合に使える「イヤーマフ」を取り上げます。

 201810120836.jpg

 飛行機や電車の移動時のほか、短時間の睡眠や、隣家の騒音対策など、利用目的別に沿って、「遮音性」と「疲れにくさ」に注目しつつ、レビューしました。

 202002131927.jpg

 遮音性の部分は、今回は、静音ランクをはかる重要な指標として、メーカーの提示する遮音値(デシベル単位)に注目します。

 この値は、各メーカーが公開している耳せんやイヤーマフの静音能力を示す値です。

 例えば、「遮音値30デシベル」の耳せんは、図書館レベルの雑音(約40dB)を、「マイナス30デシベル」できるので、ほぼ無音(約10dB)まで軽減できることを示します。

---

 以下、各機種を比較してから、最後の結論部分でAtlasのおすすめ機種を提案する形で執筆していきたいと思います。

1・デジタル耳せんの比較

 というわけで、比較をはじめます。「アナログ」な普通の耳せんを紹介する前に、「デジタル耳せん」について紹介します。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 201810120829.jpg

 1・キングジム デジタル耳せん MM1000
  ¥4,219 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★★
飛行機騒音対策 ★★★★★
いびき騒音対策 ★★☆☆☆
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★☆☆
遮音性     20デシベル 

 最初に紹介するのは、キングジムから発売されている、デジタル耳栓 MM1000 です。

 語呂合わせで「MM1000(みみせん)」という型番が付けられたこの製品は、実に画期的な製品だと思います。

 201810120830.jpg

 耳せんの仕組みは、この製品は、独特です。

 音楽を聴くための高級ヘッドフォンで使われる「ノイズキャンセリング」技術を利用して作られています。

 音楽プレーヤーのノイズキャンセリング技術の耳せんへの応用は、「誰でも考えそうで、考えなかった」画期的な発明だと思いました。

 202002131927.jpg

 遮音性は、メーカーによると、20デシベル相当です。

 さほど高い値ではないですが、耳せんと異なり、環境騒音だけキャンセルしてくれる点で言えば、数値以上の期待値です。90%の環境雑音のカットが見込めます。

 ノイズキャンセリングの場合、不快な雑音だけキャンセルしてくれるので、呼びかけ声や、駅のアナウンスなど、明示的な音は耳栓をしていても聞こえます

 この点が、耳せんとは異なるところです。電車の走行音や、飛行機の不快な空調音に効果的なほか、自習室での雑音などもシャットアウトできます。

 Atlasも、隣家のエアコン室外機による暖房音(深夜)が酷かったので、これを導入しました。寝付きの際に利用しましたが、快適でした。

 ただし、ノイズキャンセリングという仕組み上、「いびき音」の対策などの対策には向きません。また、完全に音のない状況で集中したい場合にも不向きです。

   41XZHu4ePSL.jpg  

 イヤホン部分は巻き取り式で、コンパクトに収納できます。

 本体のサイズも6.4センチ四方の小型サイズですので、持ちはこびに苦労しません。電源は、単4電池を1本で100時間持ちます。

  

 SONY EP-EX11M
  ¥342 Amazon.co.jp
(2/13執筆時)

 なお、イヤーピースは交換できます。

 付属のものは、装着感や「疲れにくさ」の面で、快適ではありません。お気に入りの他社製品を選びましょう。なお、就寝時に用いる場合、サイズは割と緩めのほうが個人的には合いました。

---

 以上、MM1000の紹介でした。

 イヤホン感覚で利用できるため、環境雑音対策にはメリット性が高いです。

 もちろん、以前紹介した【ノイズキャンセリングイヤホン】を音楽を流さず使う手もありますが、電池の保ちなどを考えると、専用製品を導入する意味を感じます。

 ただ、次に紹介する、上位機となる新機種が出ていますので、比較することは重要です。


 202002131955.jpg

 2・キングジム デジタル耳せん MM2000 クロ
  ¥4,219 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★★
飛行機騒音対策 ★★★★★
いびき騒音対策 ★★★☆☆
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★☆☆
遮音性     25デシベル 

 MM2000は、キングジムが2019年に発売した、新製品です。

 今度は、MM1000(みみせん)」ではなく「MM2000(みみにせん)」です。

 202002132000.jpg

 耳せんの仕組みは、基本的には同じです。

 遮音性は、しかし、25デシベルに向上しています。

 おそらく、キャンセル技術の向上というより、カナル形状で密着性を高めたゆえかもしれません。

 収納性は、本機は、「本体」を省略して、バッテリーをケーブル中間に配置したことで、大幅に向上しています。

 それに伴って乾電池式から、リチウムイオン電池に変わっています。3時間の充電で、50時間の稼働ですので、問題ないでしょう。

 重さも、17gと軽量です。

 また、本機は、日常生活防水であり、防塵・防滴設計になったため、重さの部分も含めて、屋外利用が便利になりました。

 202002132003.jpg

 なお、イヤーピースは本機も交換できます。

 ただ、シリコン製のほか、フィット性の高いウレタン製も添付されるので、とりあえず、交換しなくてもOKでしょう。色々試せます。

---

 以上、キングジムのMM2000の紹介でした。

 やや高いですが、利便性は値段相応に向上しています。

 Atlasは両方所有ですが、環境雑音対策に現在利用するならば、遮音性と言うより、利便性・装着性の大幅に向上している部分を評価し、こちらを推します。

こちらを

 個人的にもM1000を持っていますが、使い勝手の大幅な向上が認められるため、こちらを長期で試すつもりでいます。

2・高性能な「耳せん」の比較

 さて、ここからは一般的な「耳せん」を比較していきます。


   

 【通常サイズ】  

 3・サイレンシア フライト エアー
  ¥796 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

 【Sサイズ】

 4・サイレンシア フライト エアー
  ¥703 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★☆☆
飛行機騒音対策 ★★★★★
いびき騒音対策 ★★★☆☆
学習の騒音対策 ★★★☆☆
完全遮音    ★★☆☆☆
遮音性     22デシベル 

 サイレンシア フライト エアー は、飛行機に特化した「アナログ」な耳せんです。

 耳せんの仕組みは、 シリコン素材の渦巻き状の耳せんを挿入するタイプです。装着感はわりとソフトです。

 202002131927.jpg

 遮音性は、22デシベルです。

 密閉されず、空気孔が開いているためさほど遮音性は高くない製品です。

 ただし、飛行機に乗る際は、上昇時の気圧の変化に対応しつつ、騒音をカットしてくれるため、この用途では便利です。装着していても、フライトアテンダントの声を聞こえます。

---

 以上、サイレンシア フライト エアー の紹介でした。

 飛行機限定でおすすめできる製品です。ただ、フライト以外でもデジタル耳せんのように、最低限の音は聞こえますので、遮音性を過度に消したくない場合はこちらを選んでもよいでしょう。


 

 5・サイレンシア レギュラーサイズ
  ¥371 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

 6・サイレンシア Sサイズ
  ¥469 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★☆
飛行機騒音対策 ★★★☆☆
いびき騒音対策 ★★★★★
学習の騒音対策
 ★★★★☆
完全遮音    
★★★★☆
遮音性     32デシベル 

 サイレンシアは、ドラッグストアなどにも見かける、騒音対策として割とよく知られた耳せんです。

 201810120835.jpg

 耳せんの仕組みは、耳せんを潰して耳に入れ、その後自然の膨んでフィットさせるという仕組みです。

 素材は、ポリウレタン製です。

 遮音性とフィット感が良いため、学習など集中したいときや、隣人のいびき対策には向きます。

  202002131927.jpg

 遮音性は、騒音値として32dBまで対応できるスペックです。

 乗物など移動中(100デシベル)でも、ある程度まで遮音できそうです。

 201810120836.jpg

 とくに、この製品は、耳障りな高周波の部分に特化して遮音できるタイプです。

 そのため、電車や歩行時の移動なども、このタイプは高周波を削るのみだけで完全に遮音しないため、最低限の安全性が確保できます。耳栓特有の「疲れやすさも」低めです。

---

 以上、サイレンシアの紹介でした。

 簡易的な騒音対策は、このレベルの耳せんでも問題ありません。

 ただ、耳に密着する関係で、汚れやすく、繰り返し使う気にならない夏場に蒸すというデメリットもあります。 消耗品感覚で利用するべき製品です。


  201810120839.jpg

 【コードあり】

 7・MOLDEX 高性能耳栓 ロケッツ6485
  ¥329 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

 【コードなし】

 8・MOLDEX 高性能耳栓 ロケッツ6480
  ¥498 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★☆
飛行機騒音対策 ★★★☆☆
いびき騒音対策 ★★★★☆
学習の騒音対策
 ★★★★☆
完全遮音    ★★★☆☆
遮音性     27デシベル 

 MOLDEXロケッツは、水洗いで繰り返し使うタイプの耳せんです。

 耳せんの仕組みは、渦巻き型のエストラマー素材の耳せんを耳に挿入するタイプですね。素材的には、やや硬度があり、違和感を感じる人もいるでしょう。

 遮音性は、サイレンシアと同程度です(遮音値27デシベル)。こちらは、さほど密閉率が高くなく、完全遮音ができない代わりに、装着していても疲れにくい仕様です。

---

 以上、ロケッツの紹介でした。

 格安ですが、1日付けられる感じですので、耳せんで不快感を感じやすい方にはオススメです。ただ、装着時の快適性は多少劣ります。


  201810120841.jpg

 9・MOLDEX 使い捨て耳栓 Mellows 50ペア
  ¥2,050 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★☆
飛行機騒音対策 ★★★☆☆
いびき騒音対策 ★★★★☆
学習の騒音対策 ★★★★☆
完全遮音    ★★★★☆
遮音性     30デシベル 

  こちらは、MOLDEXの「使い捨て」耳せんのMellows です。50ペアセットです。1つごと個別包装されます。

 耳せんの仕組みは、エストラマー素材の発泡素材を潰して挿入するタイプです。

 サイレンシアのように繰り返して使わない分、清潔性が高いといえます。ランニングコストは50ペア購入すれば、1つ当たり50円弱なので、そこそこ良いと思います。

  202002131927.jpg

 遮音性は、このシリーズはいくつか種類があります。

 例えば、オレンジ色の Mellows は、手前で紹介したロケッツよりも遮音性があるモデルです(遮音値30デシベル)。

 ただ、さほどキツキツではなく、軽量性や付け心地も配慮した製品です。

---

 以上、Mellowsの紹介でした。

 個別包装ですので、お客さんに提供するような場合も利用できる製品ですね。また、個人利用としても、清潔性が担保されるのは良いです。あまりキツくないので、1日中付けていられる使い捨てタイプの代表でしょう。


 

 10・MOLDEX 使い捨て耳栓 Goin'Green 50ペア
  ¥2,200 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★☆
飛行機騒音対策 ★★★☆☆
いびき騒音対策 ★★★★★
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★★★
遮音性     33デシベル 

 MOLDEXの使い捨て耳せん Goin'Green は、遮音性を最大限にした使い捨て耳せんです。

 耳せんの仕組みは、こちらもエストラマー素材ですが、弾性がオレンジモデルとは異なります。

 202002131927.jpg

 遮音性は、発泡ウレタン製の耳せんでは最も遮音できるモデル遮音値33デシベル)です。

 遮音値で言えば、後ほど紹介するヘッドフォン型イアーマフを超えるレベルです。

---

 以上、 Goin'Greenの紹介でした。

 MOLDEXは、多くの耳せんを販売しています。ただ、最も遮音性の高いのはこの製品です。意外と装着感に違和感がないため、いびき対策・騒音対策に良いと思います。


  

 11・MOLDEX メテオ 6870 50ペア
  ¥2,100 Amazon.co.jp
(2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★☆
飛行機騒音対策 ★★★☆☆
いびき騒音対策 ★★★★★
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★★☆
遮音性     33デシベル 

 MOLDEXの使い捨て耳せん メテオ も、遮音性を重視した使い捨て耳せんです。

 耳せんの仕組みは、こちらは低反発ウレタン素材を利用してフィットさせるタイプで、Goin’Green に比べるとわりとソフトです。こちらも50ペアで、使い捨てで清潔性を保つ製品です。

  202002131927.jpg

 遮音性は、こちらもモルデックスでは最高で遮音値33デシベルです。

 以上、 メテオの紹介でした。個人的にはGoin'Greenのほうが長時間装着で疲れにくいと思っています。ただ、こちらのほうが、フィット感が優しいため、初心者向けではあります。

ーーーー

 

 12MOLDEX 使い捨て耳栓 お試し8種
   ¥450 Amazon.co.jp
(2/13執筆時)

 なお、MOLDEX使い捨て耳栓はかなり多くの数があります。このタイプで探している方は、はじめに お試し8種 を購入し、フィット感を確かめるのが良いかもしれません。


  

 13・ピップ イヤーホリデイ ペン型
  ¥596 Amazon.co.jp
(2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★☆
飛行機騒音対策 ★★★☆☆
いびき騒音対策 ★★★★★
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★★☆
遮音性     33デシベル 

 ピップ イヤーホリデイは、日本のピップが発売する耳せんです。

 耳せんの仕組みは、こちらは繰り返し使うことを前提とするタイプです。

 低反発系で押しつぶして入れるタイプですが、表面に凹凸が少ないので、繰り返し使える点が「売り」です。ケースも付属します。

 遮音性は、こちらもモルデックスの上位版と同等の遮音値33デシベルです。

 低周波も高周波もカットしますが、中音域はスルーなので、電話の音や会話はできるタイプです。この点は、他社と変わりません。

---

 以上、ピップ イヤーホリデイの紹介でした。

 繰り返し使える点で、コスパは良いように思います。ただ、抗菌素材ではなく、洗って清潔に使えるわけでもないので、このタイプの耳せんで、日常的に利用する場合は、「使い捨て」のほうがメリット性はあると思います。


  

 【正規輸入品】【透明】

 14・Macks Pillow Soft シリコン耳栓 12個
  ¥1,360 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

 【正規輸入品】【肌色】

 15・Macks Pillow Soft シリコン耳栓 12個
  ¥1,370 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★☆☆
飛行機騒音対策 ★★★★★
いびき騒音対策 ★★★☆☆
学習の騒音対策 ★★★☆☆
完全遮音    ★★☆☆☆
遮音性     22デシベル 

 Macks Pillow Softは、アメリから輸入販売されている耳せんです。

 202002131941.jpg

 透明なものと、肌色で目立たないタイプがあります。

 耳せんの仕組みは、やや特殊です。

 この製品は、シリコン樹脂性で、耳に「ふた」をするような使い方をします。

 水泳などの防水目的でも使われますが、スポンジ系の蒸れる感じや圧迫感が苦手な人に好評です。

 遮音性は、ただし、構造的な限界から22デシベルやや弱めです。

---

 以上、Macks Pillow Softの紹介でした。

 耳の中に入れる通常の耳せんが苦手な人に試して欲しい製品です。遮音率は高くないですが、ニーズはあるでしょう。

 製品もシリコンが堅くなるまで再利用できるため、コスパも悪くないでしょう。

3・高性能な「イヤーマフ」の比較

 最後に、イヤーマフを紹介します。

 こちらは、工場などでも使うことのある完全に遮音できるタイプの「耳せん」です。


 

 16・3M 防音用イヤーマフ PELTOR H10A
  ¥3,700 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★☆☆☆
飛行機騒音対策 ★★☆☆☆
いびき騒音対策 ★★☆☆☆
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★★★
遮音性     30デシベル 

 こちらは、アメリカの3M防音用イヤーマフです。

 耳せんの仕組みは、ヘッドフォンタイプです。耳せんとは用途が異なりますが、作業用だけでなく、完全に集中して勉強したいい方にも実は売れています。

  202002131927.jpg

 遮音性は、耳の部分が二重構造になっており 、遮音性は高いです。(遮音値30デシベルMOLDEXの使い捨て耳せん耳せん Mellows とほぼ同レベルです。

---

 以上、3M防音用イヤーマフの紹介でした。

 形状的に自宅で使うタイプのものですが、集中して作業したい場合には効果的です。また、耳せんに比べて取り外しが簡単なので、自宅で短時間作業するなどにはこのタイプの方が良いと思います。


  

 17・3M 防音用イヤーマフ PELTOR H10A
  ¥2,591 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★☆☆☆
飛行機騒音対策 ★★☆☆☆
いびき騒音対策 ★★☆☆☆
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★☆☆
遮音性     25デシベル 

 こちらも、アメリカの3M防音用イヤーマフです。

 耳せんの仕組みは、ヘッドフォンタイプです。

  202002131927.jpg

 遮音性は、PELTOR H10Aに比べると低く、遮音値で25デシベルです。ただ、生活雑音なら十分に軽減されますし、重さはこちらの方が軽量です。

----

 以上、3MPELTOR H10Aの紹介でした。

 完全遮音を求める人で、あまり重いモデルを避けたい人はこちらです。ただ、遮音性は、先ほどの機種のほうがあるので、「無音空間」を経験してみたい方は、初めは先ほどの機種を買った方が良いでしょう。


 201803011522.jpg

 18・モルデックス イヤーマフ 6201 Z2
  ¥2,259 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★☆☆☆
飛行機騒音対策 ★★☆☆☆
いびき騒音対策 ★★☆☆☆
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★☆☆
遮音性     25デシベル 

 こちらは、使い捨て耳せんを出していたMOLDEXのイアーマフです。

 耳せんの仕組みは、ヘッドフォンタイプです。

 3Mに比べるとパッドのあたりは弱く、耳への圧迫感もさほどないタイプです。イアーマフタイプでは最も疲れにくい製品でしょう。

 202002131927.jpg

 遮音性は、こちらもまずまずのレベルで遮音値で25デシベルです。

---

 以上、MOLDEXのイアーマフの紹介でした。

 さほど遮音性が高くないタイプです。ただ、工事現場などうるさい場所でなく、自宅で無音状況をつくるため長時間装着するには向くタイプです。


 201803011521.jpg

 19・HOWARD LEIGHT LEIGHTNING L0F NRR23
  ¥3,667 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★☆☆☆
飛行機騒音対策 ★★☆☆☆
いびき騒音対策 ★★☆☆☆
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★☆☆
遮音性     25デシベル 

 こちらは、HOWARD LEIGHT のイアーマフです。こちらも耳栓では有名なメーカーです。また、黒以外にグリーン、ブルーなど、色の選択肢が割とある製品です。

  201712011428.jpg

 耳せんの仕組みは、ヘッドフォンタイプです。

 特徴的なのは収納性の良さで、ヘッドホン部分を中に織り込んで、かなりコンパクトに持ち運べるのが「売り」です。

  202002131927.jpg

 遮音性は、こちらも3Mと同じで遮音値で25デシベルです。

---

 以上、HOWARD LEIGHT のイアーマフの紹介でした。

 出先で持ち運んで利用するにはお勧めできる製品です。また、パッドの装着時の疲れなさの点では、イヤーマフタイプの製品としてはレベルが高いと言えます。

今回の結論
効果的に雑音を防げる耳栓としておすすめの製品はこちら! 

 というわけで、今回は割と短い記事ですが、耳せんについて書いてみました。

 最後にAtlasのオススメ機種!を書いておきたいと思います。


 第1に、通勤や電車・飛行機の中などの雑音対策としてもっともおすすめなのは、

 202002131955.jpg

 2・キングジム デジタル耳せん MM2000 クロ
  ¥4,219 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★★
飛行機騒音対策 ★★★★★
いびき騒音対策 ★★★☆☆
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★☆☆
遮音性     25デシベル 

 冒頭に紹介した、キングジムのデジタル耳せん MM2000でしょう。

  202002131927.jpg

 遮音性は、普通の耳せんで、もっと良いものがあります。

 しかし、ノイズキャンセリング技術を利用し必要な音は残せる点で言えば、乗り物の移動時に集中目的で使うならば最も良いです。

  

 SONY EP-EX11M
  ¥363 Amazon.co.jp
(2/13執筆時)

 疲れにくさの部分は、従来品は課題でしたが、今回は、ケーブルにバッテリーを内蔵することで大幅に向上しました。

 イヤーピースも、引き続き、他社製のイヤーピースを利用して、「カスタマイズ」できますが、2系統の付属となったため、買わずとも色々試せるでしょう。

 もちろん、後々まで考えると、自分の耳の形状や圧迫感の好みにあった製品を作れる点にも魅力があります。

 いずれにしても、耳せんの「上位機種」とは言えないですが、便利な製品です。


 第2に、完全遮音が必要な方にもっともオススメなのは、

 

 10・MOLDEX 使い捨て耳栓 Goin'Green 50ペア
  ¥2,200 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★☆
飛行機騒音対策 ★★★☆☆
いびき騒音対策 ★★★★★
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★★★
遮音性     33デシベル 

 MOLDEXの使い捨て耳せん Goin'Green が良いでしょう。

   202002131927.jpg

 遮音性は、イヤーマフよりも遮音値が高いほどで、33デシベルであり、隣人のいびき対策や、学習などで集中したい場合にはおすすめです。

 疲れにくさの部分では、フィットタイプの場合、耳への圧迫感が多少あります。ただ、MOLDEXの円錐型の形状は、完全遮音をする製品としては、高レベルですから、一度試すと良いでしょう。


 第3に、イヤーマフタイプの遮音機で最もおすすめと言えるのは、

 

 16・3M 防音用イヤーマフ PELTOR H10A
  ¥3,700 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★☆☆☆
飛行機騒音対策 ★★☆☆☆
いびき騒音対策 ★★☆☆☆
学習の騒音対策 ★★★★★
完全遮音    ★★★★★
遮音性     30デシベル 

 3MのイヤーマフH10Aでしょう。

  202002131927.jpg

 遮音性は、ウレタン製の耳せんに多少及びませんが、30デシベルあれば、並の耳せんよりも強力ですし、問題ありません。

 疲れにくさの部分でも、耳せんタイプに比べると重さがある点は注意です。

 ただ、耳せんタイプと違いランニングコストがかからず、必要に応じて取り外しがすぐできるため、以外とこのタイプがフィットする人が多いです。

 例えば、パソコンなどで集中して作業したいが、来客や家事も同時にこなさないとならない方などは、このタイプの方が良いと思います。


 第4に、格安で疲れにくい!耳せんとしておすすめできるのは、

  

 5・サイレンシア レギュラーサイズ
  ¥371 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

 6・サイレンシア Sサイズ
  ¥469 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★★☆
飛行機騒音対策 ★★★☆☆
いびき騒音対策 ★★★★★
学習の騒音対策
 ★★★★☆
完全遮音    ★★★★☆
遮音性     32デシベル 

 サイレンシアでしょう。

 遮音性もモルデックスの上位機と比べて十分です。それに加えて、耳せん形状では最も疲れにくい形状です。

 ロングセラーで、比較的どこでも手に入る安心感もあるため、ずっと愛用するのにも向きます。Atlasも、デジタル耳せん登場までは、これにはよくお世話になっていました。

   

 【通常サイズ】  

 3・サイレンシア フライト エアー
  ¥796 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

 【Sサイズ】

 4・サイレンシア フライト エアー
  ¥703 Amazon.co.jp (2/13執筆時)

電車の騒音対策 ★★★☆☆
飛行機騒音対策 ★★★★★
いびき騒音対策 ★★★☆☆
学習の騒音対策 ★★★☆☆
完全遮音    ★★☆☆☆
遮音性     22デシベル 

 ただし、飛行機での利用については、気圧変化の問題への対策がある、こちらの専門商品をオススメします。

補足:関連する家電の紹介

 というわけで、今回は、耳せんの話でした。

  201810061318.jpg

1・Bluetoothヘッドホンの比較
2・Bluetoothイヤホンの比較

3・ノイキャンヘッドホンの比較

4・ヘッドホン/イヤホンの選び方 【結論】

 なお、通勤通学時に、スマホで音楽を聴く方は、上記のような、ノイズキャンセリングができる音楽再生用製品を選ぶという手もあります。

 無音状態でもノイズキャンセル機能は効くので、通勤通学時はこのタイプの方が効率が良い場合があります。

 上記の4つの記事で対応しますが、仕組みについて詳しく知りたい方は、「4番の記事」から読んでいただけるとわかりやすいかと思います。

ーーー

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 20:20 | 日用品

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png