Top ノートPC・タブレット 比較2021'【最新】VAIOノートPC20機の性能とおすすめ:VAIO Z SX12 SX14 S15 A12 FL15 (1)

2021年11月03日

比較2021'【最新】VAIOノートPC20機の性能とおすすめ:VAIO Z SX12 SX14 S15 A12 FL15 (1)

【今回レビューする内容】2021年 最新のバイオノートPCの性能とおすすめ・選び方(バイオ株式会社・ソニー) 機種の違いやスペック おすすめのカスタマイズ構成など

【比較する製品型番】SONY VAIO S15シリーズ S15 VJS1541 VAIO FL15シリーズ FL15 VJFL51 VAIO SX12シリーズ SX12 VJS1241 ALL BLACK EDITION 勝色特別仕様 VAIO SX14シリーズ SX14 VJS1441 VAIO Zシリーズ Z VJZ1411 VJZ1411 SIGNATURE EDITION SONY VAIO A12 VJA1211

今回のお題
VAIOの最新ノートPCのおすすめ機種とその選び方は?

 ども、Atlasです。

 今日は、2021年11月現在、最新のVAIOノートPCの比較です。

  202111031338.jpg

1・VAIOのノートPCの比較 (1)
 1-1:VAIO S15シリーズ
  
用途:据置用〈15.6型〉
  予算;11万円〜
 1-2:VAIO FL15シリーズ
  
用途:据置用〈15.6型〉
  予算;9.5万円〜
 1-3:VAIO SX12シリーズ
  
用途:モバイル兼用〈12.5型〉
  予算;12万円〜
 1-4:VAIO SX14シリーズ
  
用途:モバイル兼用〈14型〉
  予算;12万円〜
2・VAIOのノートPCの比較 (2)
 2-1:VAIO Zシリーズ
  
用途:モバイル兼用〈14型〉
  予算;20万円〜
 2-2:VAIO A12シリーズ
  
用途:モバイル用〈12.5型〉
  予算;17万円〜  
 2-3:最終的なおすすめの提案【結論】
  =予算別の選び方まとめ

 SONY(現バイオ株式会社)の販売するVAIOシリーズを、2回の連続記事で、全シリーズを比較していきます。

 202111031301.jpg

 VAIOは、2014年にソニーから独立し、(長野県の旧ソニー社の工場を拠点に)再出発しています。 

 地方の家電量販店ではあまり売られなくなったため、SONYのキーボードに慣れた人や、旧VAIOユーザーは、主にネットを介して購入するという方式になりました。

 201411221236.jpg

マシンパワー   ★★★★★
読み書き速度   ★★★★★
ストレージの量  ★★★★★
軽量性      ★★★★★
バッテリーの保ち ★★★★★
画面の見やすさ  ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 そこで、今回の記事では、同社のノートPCを、全機種紹介します。

 そして、最後の「結論」部分では、上表のようなポイントから、「Atlasのおすすめ機種!」を提案する形で記事を進めていきます。

202111030921.jpg

 なお執筆時現在、Windows10の提供ですが、Windows11への無料アップグレードが2021年末〜2022年にかけて提供予定です。

 安定面でまだ課題があるので、もともとインストールはされないこの方式が、今は良いかとAtlasは思います。

---

1・VAIOのノートPCの比較
2・SurfaceBookの比較

3・Macbookの比較
4・激安ノートPCの比較

 なお、今回の記事は、このブログのノートPC比較シリーズの1回目記事として書きました。

0・VAIOのノートPCの選び方の基本!

0-1・シリーズ構成
0-2・販売形態
0-3・スペック

 各シリーズの具体的な製品紹介にはいる前に、VAIOのノートPCの「選び方の基本」を紹介しておきます。

 以上の3点について、順番に説明していきます。


201810120818.jpg

 第1に、シリーズ構成についてです。

 現行のVAIOの場合、基本と言えるシリーズが3種類あります。

 モバイル向けで12インチ画面のSX12シリーズ自宅・モバイル兼用の14インチ画面のSX14シリーズ自宅・職場向けの15.6インチ大画面機のS15シリーズです。

 これに、主に外観面で高級な14インチのZシリーズと、タブレット形状にもできる12.5インチのA12シリーズ、そして、廉価版の入門機となる15.6インチのFL15シリーズが、「すきま」を補完していると考えれば、分かりやすいかと思います。

 ユーザー目的別にかなりシンプルに整理されていて、スペックや機能でユーザーを惑わせる(悩ませる)ことがほぼないため、良い構成に思えます。

 この点は、大いに評価するべきで、(偉そうに言えば)この路線で行くのが「正解」だと思います。


 202111030944.jpg

 第2に、販売形態です。

 VAIOについては、大きなデンキヤの場合、店頭在庫があります。

 ただ、型番が微妙に異なるため比較しにくいほか、価格面でも(ポイントを加味しても)直販で買ったほうが安い場合が多いです。

 一方、直販は、他社と異なり販売ルートが2ルートあります。

 従来からあったソニーストアこちら)での販売とVAIO株式会社のストアこちら)での販売です。

 価格は両方で異なり、キャンペーンも異なります。

 ソニーストアは、(NECのような)長期間価格が一定傾向な売り方で、VAIOのほうは(DELLのような)短期間での値動きが多い印象です。

 選べる構成は基本同じです。

 しかし、(時期により)パーツ選択によって割引額が大きく異なることがあるので、構成を決めたら、両方のサイトの値段をチェックしてみましょう。


 202111031007.jpg

 第3に、スペックです。

 今回の記事の主題はここです。

 CPU・メモリ・ストレージ・光学ドライブほか、さまざまなスペックを比較していくつもりです。

  202111030959.jpg

 最も重要なCPUは、ベンチマークを出しつつ見ていくつもりです。

 この部分についてだけ、あらかじめ説明しておきます。

 202111031618.jpg

 Atlasが考えるに、CPUスコアは一般的な書類仕事やウェブブラウジングに利用する場合の、現状で最低限は「3000」です。

 「そこそこ快適」に使える一般水準と言えるのは「5000」、現状で十分快適と言えるのが「8000」、ハイスペックで超快適といえるのは、「10000」以上と言えます。

 他社では「超快適」といえる15000以上のものもあります。

 ただ、VAIOは、そもそも単独GPU(ビデオカード)を搭載する「グラフィックス・ゲーミング用」の設計ではないので、そこまでは不要かと思います。

---

 というわけで、VAIOのノートPCの「選び方の基本」の紹介でした。

 以下では、冒頭示したようなシリーズ順に、各製品を紹介していきます。

1-1・VAIO S15シリーズの比較

 はじめに、自宅・職場向けS15シリーズからです。

---

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 201907301419.jpg

 【2021年現行モデル(2019年〜)

 【最小構成】

 1・SONY VAIO S15 VJS1541
  ¥106,780 ソニーストア (11/3執筆時)

 1・SONY VAIO S15 VJS1541
  ¥114,480 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU: Core i5-9300H(2.4GHz)
メモリ:4GB
ストレージ:500GB
モニター:15.6型(1355x768)
光学ドライブ:DVDドライブ


 【Atlas推奨構成】

 2・SONY VAIO S15 VJS1541
   ¥141,379 ソニーストア (11/3執筆時)

 2・SONY VAIO S15 VJS1541
  ¥166,580 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU: Core i5-9300H(2.4GHz)
メモリ:8GB
ストレージ:SSD(3rd) 256GB
モニター:15.6型 フルHD
光学ドライブ:DVDドライブ

 【ハイスペック構成】

 3・SONY VAIO S15 VJS1541
   ¥218,980 ソニーストア (11/3執筆時)

 3・SONY VAIO S15 VJS1541
  ¥226,680 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU:Core i7-9750H(2.6GHz)
メモリ:16GB
ストレージ:SSD(3rd) 512GB
モニター:15.6型 4KHDR
光学ドライブ:ブルーレイドライブ

 【機種共通の特徴】

OS:Windows 10 Home
重量: 約 2.25kg
接続:USB-A (3.0)×3 HDMI SD D-sub
通信:Wi-Fi5 Bluetooth4.1 LAN
カメラ:HDウェブカメラ
バッテリー:最大6.5時間

 VAIO S15シリーズは、同社の製品では唯一のオールインワン型です。

 先述のように、ソニーVAIOと2つのストアで販売がありますが、時期によって値段が変わります。

 201904261647.jpg 

 15.6インチの大画面液晶を搭載する大きな筐体で、同社の製品では唯一、DVDなどの光学ドライブを内蔵します。

 現行機は、2019年にフルモデルチェンジしたものがベースとなります。

201907301442.jpg

 本機のターゲット層は、パソコン入門者やお年寄りです。

 デスクトップPCは不要だが、「全部入りのPCをできるだけ安く欲しい」という方だと思います。

 あまり詳しくない方への、対面販売でも売れそうなモデルで、実際そういうモデルでしょう。

201904261651.jpg

 本体は、タイピング時に角度が付けやすい構造になっています。

 実際、全体的に丸みを帯びた「家庭向きの優しい印象」から、「できるビジネスマン」風の角張ったデザインに変更されました。

 そのため、「仕事場に置くビジネス用」とも、本機は位置づけられます。

 重量は、構成にもよりますが約2.25kgです。

 米袋を想定すると良いと思いますが、外に持ちだすのは辛いスペックです。

 モバイル用に配慮があるPCではない点は注意してください

 201703011325.jpg

 キーボードは、他社と比べても、VAIOは、品質が良いです。

 同社の製品はどれもそうですが、ピッチもストロークも十分で、他社の格安機とは一線を画すると言えます。

 本機は、大きいPCであるため、テンキー(数字キー)も付属しています。

 エクセルなどの数値入力には便利でしょう。

 201907301427.jpg

 液晶は、カスタマイズ可能です。

 ただ、標準仕様の場合、画面解像度が1366x768です。

 このままだと、フルハイビジョンに満たない見にくいディスプレイです。

 文字の大きさは細かくできず、複数のアプリケーションの並行処理がしにくいので、画面が大きいというメリットが活かしきれていません

 しかし、追加料金で、1920 ×1080のフルHD解像度の画面にアップグレード可能です。

 そのように構成して、初めて、電機屋にならぶ、15万円前後の「標準的」な入門機のレベルといえます。

 なお、解像度が1366x768で、文字が大きく表示される点は、一般的には「不快」なことです。

 ただ、老眼がひどい方には、むしろその面が好評です。場合によっては、アップグレードしなくても良いでしょう。

  202012011526.jpg

 また、【ハイスペック構成】を選ぶ場合、4K液晶(ノングレア)にもカスタマイズ可能です。

 4K解像度の場合、高画質動画がそのままの解像度で見れるため鮮明です。

 最近は、Netflixや、Amazonビデオをはじめとして4Kコンテンツも多くなっています。

 なお、ビジネス用に利用する場合、4KはフルHDより相対的に文字は小さくなり、作業領域は広くなります。

 180415-0026-22%.png

 ただ、Windows10以降は、(iPhoneと同じ仕組みで)文字4倍の密度で「高詳細に」表示する設定も可能なので、画質を向上させつつ、視認性も保つことが可能です。

 5年以上更新がないような古いソフトの場合、この仕組みに対応できず、文字が小さく表示されてしまうのですが、現状では問題ないです。

 老眼の方を含めて問題はなくなっています。

 202012011801.jpg

 さらに、本機の場合、4Kでも4K HDRモニタ(ノングレア)になります。

 HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、輝度表現の拡張技術で、最近4Kテレビなどでも対応する機種が増えています。

 コンテンツ側の対応が必要なので、PC用としては基本的に映画・ゲームなど向けです。

 ただ、本機の場合、HDR仕様のモニターは、Adobe RGBカバー率100%の広色域パネルです。

 そのため、デザイン関係の仕事の方は、導入意義があるでしょう。

 202111031259.jpg

 CPUは、インテルCore i5Core i7から選ぶ方式です。

 本機は、第9世代のインテルのCPUを採用です。

 202111031618.jpg

 ベンチマークを見ると、Core i5でも8000近くで、十分な「快適水準」です。Core i7だと、ビジネス用の「1ランク上の快適水準」といえる10000に迫るレベルです。

 なお、4Kを選択する場合、マシンパワーが必要なので、インテル Core i7の選択が必要です。

 バッテリーは、フルHD画質のモニターを選択した場合で、最大6.5時間4K・4KHDRで、5.5時間です。

 モバイル用ではないので、この程度でOKです。

  201907301408.jpg

 メモリーは、4GB・8GB・16GB・32GBからフレキシブルに選択が可能です。

 4GBでもWindows10は動きます。

 しかし、快適に利用したい場合は、8000円の追加投資で、8GBへのカスタマイズは必須でしょう。

 なお、あとからの増設には対応しませんので、注意が必要です。

 201907301441.jpg

 ストレージ(ハードディスク)は、カスタマイズ可能です。

 最近のパソコンは、CPUやメモリではなく、HDDの遅さが、PC全体の遅さにつながっています。

 そのため、「次世代のハードディスク」である、SSDを搭載するPCが増えています。

 基本構成は、「遅いHDD」ですので、OSの起動時間は長く不快でしょう。

 しかし、+10000円で256GBのSSDに換装可能です。

 この場合、読み込み速度の大幅な改善が見込めます。SSDに比べて安く、費用対効果も高いです。


 202111091048.jpg

 なお、SSDは、昔からあるSSD(SATA)ほか、第3世代ハイスピードSSD(PCIe)が選択可能です。

 256GBの場合、両者の値段差は、5000円です。

 「第3世代ハイスピードSSD」は、他社的な言い方では、PCI Express 3.0対応 のことです

 中身のストレージのメーカと型番が未確定なので、実効速度について、正確なところはいえません。

 しかし、SATA接続が、HDDの4-5倍の速度である500MB/秒ほどの速度であるのに対して、SSD(PCIe)は、2000MB/秒以上の速度が出るものがあります。

 とくに、大容量データの読出速度は、高速化が著しい傾向なので、選ぶ価値はあります。

  201907301423.jpg

 光学ドライブは、本体が「大きなノートPC」ということで、DVDドライブが標準搭載されます。

 逆説的に言えば、それゆえに、2kgを越える重さになります。

 なお、+10000円で、ブルーレイドライブに換装も可能です。

 202111091032.jpg

 接続端子は、昔からの(四角い)USB-A形状端子が3つです。

 速度は、USB3.0世代なので、高速なストレージでもそこそこ高速につながります。

 また、1ポートのみですが、スマホなどへの給電も可能です。ただ、USB3.0は給電力に規格的な限界があるため、高速充電は不可です。

 そのほか、プレゼン用のHDMI端子・アナログVGA端子が装備されます。

 ネットワークは、無線LAN・無線LAN(Wi-Fi)・Bluetooth4.1を装備します。

 Wi-Fiは、従来的なWi-Fi5(11ac)ですが、実用上問題はないです。

 201805240915.jpg

 オフィスソフトは、未搭載です。

 カスタマイズで追加購入はできます。

 ただ、このシリーズについては、執筆時現在、最新は、2021年10月登場のOffice 2021ですが、現在的にそれを選べません。

 皆さんがご覧の頃は変わっているかもしれませんが、追加を考える場合は注意が必要です。

 別に買う場合など、買い方については、このブログの【Office2021の選び方の記事】をご覧ください。

 なお、製品版ライセンスが2台まで利用可能なのに対して、VAIOのBTOで追加する場合、購入されるノートPCに限って「1台のみ利用可能」です。

 201904261711.jpg

 そのほか、指紋認証機能・顔認証機能が標準で付属します。

 諮問は複数人の登録が可能で、指紋に応じた自動ログインに対応します。

 一方、今回の機種は、スピーカーについての記載が簡略化されました。付属はしますが、音質面は、犠牲にされたと言えます。

--

 以上、VAIO S15シリーズの紹介でした。

 自宅用の15インチの大画面PCを探している方で、予算を10万円台前半で考えている場合、選択して良いモデルです。

 性能面で「最も基本」と言えるCPU構成も、比較的新しい第8世代CPUで、スコアも高いため、大事に使えば、「5年以上」は現役で使えるでしょう。

201907301419.jpg


 【Atlas推奨構成】

 2・SONY VAIO S15 VJS1541
   ¥141,379 ソニーストア (11/3執筆時)

 2・SONY VAIO S15 VJS1541
  ¥166,580 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU: Core i5-9300H(2.4GHz)
メモリ:8GB
ストレージ:SSD(3rd) 256GB
モニター:15.6型 フルHD
光学ドライブ:DVDドライブ

 ただし、途中で書いたように、基本構成から「メモリー8GB」「SSDドライブ」へのカスタマイズは、「マスト」と言えます。

 また、液晶もフルハイビジョンに換装した方が、(老眼の方を除けば)良いと思います。

 それに(余裕があれば)SSDを高速タイプに換装すると良いでしょう。その場合でも、15万前後のため、お買い得感があります。

1-2・VAIO FLシリーズの比較

 続いて、VAIOのFLシリーズです。

 同じく、15.6インチの大画面用ですが、「格安ノート」として10万円を割る価格で出しています。 

 こちらは、VAIO直販のみで、ソニーストアでは取扱がないです。


 202111031253.jpg

 【2021年現行モデル(2019年〜)

 【最小構成】

 4・SONY VAIO FL15 VJFL51
  ¥94,710 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU: AMD Ryzen3 4300U (2.7GHz)
メモリ:8GB(増設不可
ストレージ:256GB (SSD)
モニター:15.6型 フルHD
光学ドライブ:

OS:Windows 10 Home
重量: 約1.85kg
接続:USB-A (3.0)×2 USB-C (3.1) HDMI
通信:Bluetooth 5.1 Wi-fi 6
カメラ:HDウェブカメラ
バッテリー:最大7.5時間

 VAIO FL15シリーズは、VAIOの大画面格安ノートです。

 202111031301.jpg

 15.6インチの大画面液晶を(カスタマイズできなくする代わりに)「できるだけ安く」というコンセプトで、「みんなのPC」というキャッチフレーズで売っています。

 形状的はS16シリーズとさほど変わらず、本体に角度を付けることでタイピングへの配慮もあります。

 日本国内製造という部分も同じですが、外観のデザインはビジネス用というより、ファミリー用に見えます。

 重量は、約1.85kgです。

 持ち運びにはあまり適さないサイズであり、重さです。

 202111031306.jpg

 キーボードは、少し特殊です。

 本機は、キーピッチ(キー間隔)を犠牲にせず、テンキー(数字キー)を備えます。

 それは良いのですが、無理に押し込んだので、矢印キーなどの配置がかなり特殊で、打ちにくい仕様です。ブラインドタッチをしない方向けと言えます。

 バックライトもないですし、この部分は、あまりパソコンを使い込まないような、ファミリー向けに完全に特化したと思われます。

 202111031334.jpg

 液晶は、フルHDのノングレア(非光沢)の液晶です。 

 家庭用の入門機として、特段問題はないでしょう。

202111031300.jpg

 CPUは、本機はAMD系のRyzen3 4300Uです。

 4コア4スレッドのCPUで、スコアは8000近くで、十分な「快適水準」です。

 年配の方は、インテル系に安心感を求めますが、AMDは近年大幅に技術水準を上げていて、格安PCだと、省エネ性と費用対効果が高いので、各社とも採用しています。

 バッテリーは、最大7.5時間です。

 メモリーは、8GBです。

 大事な部分で「ケチらない」仕様です。長く使えるでしょう。

 202111091048.jpg

 ストレージ(ハードディスク)は、256GBのSSDです。

 高速タイプではないですが、十分でしょう。 

 HDDの4-5倍の速度である500MB/秒ほど出せます。

 201901241157.jpg

 光学ドライブは、本機は未付属です。

 ただ、最近は3000円位で外付けが買えますし問題ないです。

 必要そうならばWindows向けDVD・ブルーレードライブの比較記事があります。

 よろしければご覧ください。

 202111091032.jpg

 接続端子は、昔からの(四角い)USB-A形状端子が3つです。

 速度は、USB3.0世代なので、そこそこ高速です。

 また(丸い)USB-C端子も付きます。こちらの速度はUSB3.1なので、より高速で外付けストレージがつながります。また、USB-PD対応なので、スマホなどへの高速充電もできます。

 なお、後ほど見るSXシリーズと違い、USB-C端子以外に充電端子は別にあるので、USB-C端子は、充電中でもフリーに使えます。

   201601071608.jpg

 ネットワークは、無線LAN(Wi-Fi)・Bluetooth5.1という構成です。

 注目は、Wi-Fiの部分で、最新の高速規格11ax(Wi-Fi 6)に対応します。2019年頃から登場してきたものですが、最高速度を得たい場合、ルータ側の対応も必要です。

 なお、対応ルーターなどについて、このブログでは、高速無線LANルーターの比較記事Wi-Fi6対応ルーターの比較記事で別に紹介しています。

 導入すれば、速度面のほか、通信安定性も改善します。家族が多く、同時通信が多い方は、この際、ルーターも合わせて見直すと良いでしょう。

 201805240915.jpg

 オフィスソフトは、未搭載です。

 ただ、本機の場合も、最新のOffice2021をオプションで選べます。正規ライセンスを別に買うよりも、少し安めにしています。

 ただ、ライセンスは本機のみ使えるものにはなります。2PC以上のフリーライセンスでお考えならば、【Office2021の選び方の記事】をご覧ください。

 値段面での比較もしています。

 そのほか、指紋認証機能・顔認証機能は、ビジネス用ではないため、オプションでも省略です。

--

 以上、VAIO FL15シリーズの紹介でした。

 国内製造のPCという安心感がありつつ、10万円を切る点でお買得感があります。

 CPU・メモリ量・SSD・ネットワーク(Wi-Fi)・接続端子(USB-C)という大事な部分で「ケチっていない」ので、大事にすれば、長く使えるでしょう。

 ただ、キー配列が特殊なので、ブラインドタッチはしにくいし、覚えにくくもあります。実際、あえて、テンキーを載せる意味は乏かったような気はします。

1-3・VAIO SX12シリーズの比較

 つづいて、モバイル兼用向けとなる、12インチ画面のSX12シリーズの紹介です。


 202111031044.jpg

 【2021年秋冬新モデル】

 【最小構成】

 5・SONY VAIO SX12 VJS1241
  ¥123,100 ソニーストア (11/3執筆時)

 5・SONY VAIO SX12 VJS1241
  ¥137,400 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU:Celeron -6305(1.8GHz)
メモリ:4GB(増設不可
ストレージ:SSD 128GB
モニター:12.5型 フルHD

 【Atlas推奨構成】

 6・SONY VAIO SX12 VJS1241
  ¥172,480 ソニーストア (11/3執筆時)

 6・SONY VAIO SX12 VJS1241
  ¥191,300 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU:Core i5-1155G7(2.5GHz)
メモリ:8GB(増設不可)
ストレージ:SSD(4th) 256GB
モニター:12.5型 フルHD

 【ハイスペック構成】

 7・SONY VAIO SX12 VJS1241
  ¥232,980 ソニーストア (11/3執筆時)

 7・SONY VAIO SX12 VJS1241
  ¥236,300 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU:Core i7-1195G7(2.5GHz)
メモリ:16 GB(増設不可)
ストレージ:SSD(4th) 512GB
モニター:12.5型 フルHD

 【共通の特徴】

OS:Windows 10 Home
光学ドライブ:なし
重量: 約 887-897g
接続:USB-A (3.0)×2 USB-C (3.1) HDMI SD
通信:Bluetooth 5.1 Wi-fi 6 LAN
カメラ:HDウェブカメラ
バッテリー:最大30時間

 VAIO SX12シリーズは、12.5インチのワイドモニターを搭載した小さめのVAIOになります。

 201907301454.jpg

 家庭用としておいて使う場合は、画面が小さいので不向きです。しかし、ビジネス用に持ち運んで利用するのには向いた機種です。

 こちらも、CPUやストレージなどをカスタマイズ可能です。

 予算別に「Atlasのおすすめ構成」を3パターン提案しておきました。

 201907301455.jpg

 重量は、構成によって多少左右されますが、最大でも906g以下です。

 他社のモバイル用と比較しても、十分に軽いといってよい水準です。

 201907301457.jpg

 キーボードは、こちらもキーとキーの間が空いた、アイソレーション式のキーボードです。

 キーピッチも19mmフルサイズですから、小型とは言え、VAIOは打ちやすいです。というよりも、この部分を重視するのが、VAIOの「コアファン」なので、メーカーとしても、軽視できない部分はありそうです。

 キーは、パンタグラフ式ですが、静音仕様です。

 201907301500.jpg

 液晶パネルは、12.5 型ワイド液晶です。

 以前あったS11シリーズよりも、やや大きくなりました。重さはほぼ変わっていないので「進化」と言えます。

 アンチグレア(非光沢)仕様で、日光の下でも視認性が良いため、ビジネスに向きます。

 ただ、今回の機種では、液晶パネルの視野角・形式の記載がなく、「非開示」になりました。

 こうした場合、通例に従うと、価格重視で「TN液晶」を利用していると思われます。

 視野角の広いIPS液晶の未採用は残念ですが、11インチの場合は、正面からの視認がメインなので、さほど大きな問題はないでしょう。

 なお、TN液晶は画面応答速度が速いため、ゲームなど動きのある映像には、逆にやや強いです。

 202111030959.jpg

 CPUは、上表の4種類から選択可能です。

 ただし、最小構成のCleronは、2コア2スレッドの超廉価版です。スコアが、下手な格安ノートより悪く、モバイル用の「最低水準」と言える3000にも未到達です。

 Core i3は、モバイル用の「そこそこ快適」いえる5000をクリアします。

 ただ、2コア4スレッドですし、完全にサブマシンとして使う用途に限定して向きます。

 Core i5は、4コア8スレッドのCPUを利用するため、明らかに結構性能は良いです。

 Core i7は、 Core i5同じコア・スレッド数なので、CPUとしては、性能差は見られません。ベンチマークも(調査母数の違いもあり)逆転しています。

 202111031022.jpg

 ただ、CPU統合型GPU(グラフィックス)の性能はこちらが良いので、用途によっては、導入する価値は、まずますあります。

 202012011558.jpg

 なお、Corei5以上については「VAIO TruePerformance」という独自のチューニングをして、パフォーマンス向上を図っています。

 これは、ようするに、余裕のある放熱構造と電力を供給し(熱問題による)CPUの処理能力低下を防ぐ、構造を採用しているという意味です。

 おそらく熱を逃がすシンク・パイプなどが追加でつけられているのでしょう。

 バッテリーは、最大で30時間と長寿命です。

 旧モデルのほぼ倍になり、評価できる部分です。CPUは上位でも12Wの低消費電力のため、実現できた部分もあります。

 201907301408.jpg

 メモリーは、4GB・8GB・16GBから選択可能です。

 また、ハイエンドCPUを利用する場合は32GBもOKです。

 ただし、Core i5Core i7モデルは、8GB以上が必須です。

 本機も、メモリーが直付けとなるため、後から増設ができない仕様です。

 そのため、画像編集など多少重たい処理を考えている方は、8GB以上を選ぶとよいでしょう。

201411221451.jpg

 ストレージ(ハードディスク)は、基本構成でも、SSD(SATA)の搭載です。

 先ほども書きましたが、HDDより速いので、OSやソフトの起動速度などの点で快適です。

 202012051825.jpg

 なお、本機は、SATAのほか、第4世代ハイスピードSSD(PCIe)が選択可能です。

 最新のPCI Express 4.0対応の製品で、第3世代よりさらに読込速度が上がっています。

 中身のSSDは不定ですが、7000MB/s出るものもあります。

 VAIOも、標準のSSDより3倍近くは実効速度にメリット性があると言いますし、交換をおすすめします。

 容量は、128GBがデフォルトです。PCIeは、256GBから2TBとなります。

 201901241157.jpg

 光学ドライブは、未付属です。

 しかし、USB接続のポータブルなDVDドライブ(読み込み対応)は3000円ほどで入手可能です。

 この際、ポータブルブルーレイドライブを一緒に購入するのが良いでしょう。

 なお、ドライブについては、このブログには、Windows向けDVD・ブルーレードライブの比較記事があります。

 よろしければご覧ください。

 202111031026.jpg

 接続端子は、昔ながらの(四角い)USB-A形状の端子は2つです。

 速度は、USB3.0世代なので、ストレージでもそこそこ高速につながります。

 202111091032.jpg

 加えて、高速対応の(丸い形状の)USB-C端子も2ポート付属です。

 こちらは、速度的にUSB3.1なので、より高速に書込・読込ができます。

 201810182125.jpg

1・ポータブルSSDの比較
2・USB-Cメモリの比較

 例えば、以上のリンク記事で紹介したようなモデルで、USB3.0の限界値(625MB/秒)を超えるものにも対応します。

 なお、USB-Cについては、1ポートは充電にも使えます。

 201910261206.jpg

 付属のUSBアダプタは65Wなので、【PC用USB-PDモバイルバッテリーの比較記事】で書いたようなモバイルバッテリーならば、フルスペック充電もできるでしょう。

 ただ、先述のように内蔵バッテリーだけで「最大30時間」の電池の保ちなので、不要と言えばそうですが。

 むしろ、例えばiPhoneならば【Lightningケーブルの比較記事】で書いたLightningt o USB-Cケーブルを用意した場合、スマホに対して高速充電できるメリット性のが強いでしょう。

 そのほか、USBポート3.0ポートが2つ(1つは給電対応のUSB3.1)と、SDカードスロット・アナログVGA・HDMI端子が搭載されます。

  201601071608.jpg

 ネットワークは、有線・無線LAN(Wi-Fi)・Bluetooth5.1という構成です。

 本機も、2019年頃に登場した高速規格11ax(Wi-Fi 6)に対応します。

 なお、対応ルーターなどについて、このブログでは、高速無線LANルーターの比較記事Wi-Fi6対応ルーターの比較記事で別に紹介しています。

 導入すれば、速度面のほか、通信安定性も改善します。

 加えて、こちらは、 15000円の追加で、microSIM対応スロットが任意で増設できる【SIMフリー LTE対応】です。

 月々の料金は必要ですが、対応モデルを購入すると、Wi-Fiルーターなしで外出先からスマホ回線経由(4G・LTE)でインターネットが利用できます。

 201805240915.jpg

 オフィスソフトは、本機も未搭載です。

 本機の場合も、Office2021はオプションで選べます。

 ただ、ライセンスは本機のみ使えるものにはなります。2PC以上のフリーライセンスでお考えならば、【Office2021の選び方の記事】をご覧ください。

 なお、格安の互換ソフト(WPS Office 2)をオプションとして選ぶこともできます。正規品との違いなどについても、上のリンク先で書いています。

 180301-0007-19%.png

 そのほか、チャット用のHDカメラが搭載されるほか、指紋認証機能も利用できます。

 また、3000円のオプションで、搭載カメラ207万画素のFull HDカメラに変更可能です。

 その場合、「Windows Hello対応」となるので、顔認証も可能です。

---

 以上、VAIO SX12シリーズの紹介でした。

 本機は、microSIMに対応する点を含めて、人気のVAIOを代表するモバイルパソコンです。

 ただ、最新のCPUを導入するなど本体の性能や堅牢性も十分ですし、なにより抜群に軽量です。

 多くの魅力を持ったモバイルノートだと思います。バッテリー持続時間が長い点も嬉しい部分です。

 キーボードはタイピングもしやすく、3年保証も付くため、長く快適に使えると思います。

 一方、15インチに比べると、CPUパワーは価格に比して割高になります。

 その点で、持ち運ばず、かつ、ゲームなどCPUを多く消費するような使い方をするならば、S15シリーズのほうが良いでしょう。

 202111031044.jpg

 【Atlas推奨構成】

 6・SONY VAIO SX12 VJS1241
  ¥172,480 ソニーストア (11/3執筆時)

 6・SONY VAIO SX12 VJS1241
  ¥191,300 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU:Core i5-1155G7(2.5GHz)
メモリ:8GB(増設不可)
ストレージ:SSD(4th) 256GB
モニター:12.5 型フルHD

 なお、カスタマイズについては、CPU性能・SSDのサイズ・メモリ量、そして現在の値段からして、おすすめは以上の構成です。

 ただ、時期によって、corei3構成が、相当安いならば、その部分で予算を節約してもOKです。モバイル用ならば、それくらいでも大丈夫です。

 もちろん、Core i5は、モバイルPCで、処理の重いグラフィック処理などを行う場合は、(値段差にかかわらず)選択する意義はあります。

ーーーー

 202111031136.jpg

 8・VAIO SX12 VJS1241 ALL BLACK EDITION
  ¥232,200 ソニーストア (11/3執筆時)

 9・VAIO SX12 VJS1241 勝色特別仕様
  ¥237,500 ソニーストア (11/3執筆時)

 なお、SX12シリーズは、以上の「限定モデル」も用意されます。

 基本的に中身は、通常モデルと同じで、「デコレーション」料金として、同じ仕様の通常モデルよりも高くなります。

 ALL BLACK EDITIONは、単純なブラック塗装ではなく、VAIOの筐体が利用するカーボン素材の風合いを楽しめるような配色にしたものです。

 勝色特別仕様は、最近復活したパープル系の塗装の製品です。

 こちらは、VAIOのコーポレートカラーとなる塗装を施しています。

 なお、ALL BLACK EDITIONだと、通常より5000円ほどの追加投資です。

1-4・VAIO SX14シリーズの比較

 続いて、自宅・モバイル兼用に向く、14インチ画面のSX14シリーズの紹介です。

 こちらの場合、構成によっては、4Kディスプレイも選べる仕様です。


 201901241040.jpg

 【2021年秋冬発売新モデル】

 【最小構成】

 10・SONY VAIO SX14 VJS1441
  ¥123,100 ソニーストア(11/3執筆時)

 10・SONY VAIO SX14 VJS1441
  ¥137,400 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU:Celeron -6305(1.8GHz)
メモリ:4GB(増設不可)
ストレージ:SSD 約128GB
モニター:14型 フルHD

 【Atlas推奨構成】

 11・SONY VAIO SX14 VJS1441
  ¥199,900 ソニーストア(11/3執筆時)

 11・SONY VAIO SX14 VJS1441
  ¥207,800 VAIOストア
(11/3執筆時)

CPU:Core i5-1155G7(2.5GHz)
メモリ:8GB(増設不可)
ストレージ:SSD(4th) 256GB
モニター:14型 4KHDR

 【ハイスペック構成】

 12・SONY VAIO SX14 VJS1441
  ¥244,400 ソニーストア(11/3執筆時)

 12・SONY VAIO SX14 VJS1441
  ¥258,300 VAIOストア (11/3執筆時)

CPU:Core i7-1195G7(2.5GHz)
メモリ:16 GB(増設不可)
ストレージ:SSD(4th) 512GB
モニター:14型 4KHDR

 【共通の特徴】

OS:Windows 10 Home
光学ドライブ:なし
重量: 最大1.13kg
接続:USB-A (3.0)×2 USB-C (3.1) HDMI SD
通信:Bluetooth 5.0 Wi-fi 6 LAN
カメラ:HDウェブカメラ
バッテリー:最大30時間

  VAIO SX14 は、2018年末に登場した、同社の「中くらいサイズ」のVAIOです。

 今回で、第4世代となりました。

 201901241053.jpg

 サイズ感は、一般的な13インチPCと「ほぼ同じ」です。

 201901241038.jpg

 重量は、構成で異なるものの、最大でも1.13kgです。

 そこそこ作業面積が広い画面サイズですが、かなり軽量です。

 筐体も薄型設計であり、多少画面が大きいPCを持ち運びたいというニーズにはSX14は最適です。

 201901241056.jpg

 キーボードは、本機も性能は良いです。

 キーピッチも通常キーはフルサイズです。パンタグラフの出来も良く、静音性が高い仕様です。Fキーが多少小さいですが、打ちにくいということはありません。

 さらに、本機は、フッ素含有UV硬化塗装を施すため、経年変化によるテカリは軽減されるでしょう。

202111031128.jpg

 液晶パネルは、3種類から選べます。

 標準は、一般的なフルHD解像度(1920×1080)です。

 一方、写真のようなフルHDのタッチパネルも選べます。

 タッチパネルは他社機を含めて基本的にグレア(光沢)ですので、注意が必要です。

 なお、外部モニターの記事ですが、タッチパネル液晶については【タッチパネル液晶モニターの比較記事】にその特性部分を含めて説明を書きました。

 選びたい方は、ご覧ください。

 180415-0026-22%.png

 ただ、個人的には、タッチペンを利用しないならば、HDR対応の4K (3840×2160)にした方が良いかと思います。

 こちらはアンチグレア処理もなされます。

 ビジネス向けを意識したと言える仕様で、映り込みは少なく快適でしょう。

 先述のように、Windows10以降は(iPhoneなどと同じ仕組みで)文字4倍の密度で「高詳細に」表示する設定も可能なので、字を細かくしすぎずに視認性を保つことも可能です。

 老眼の方でも、予算に都合がつけば、4Kがおすすめです。

 202111030959.jpg

 CPUは、上表の4種類から選択可能です。

 簡単にいってしまうと、1つ上でみたSX12シリーズと全く同じCPUです。

 おそらく調達価格を下げるためのでしょう。したがって、ベンチマーク評価はそちらと同じです。

 詳しくはそちらで説明しましたが、Cleronだけは選ばないようにした方が良いです。

 202012011558.jpg 

 本機は、SX12より画面が大きいので、家庭用のメイン機として使う人も多いでしょう。

 メイン機として使う場合は、4コア8スレッドのCPUを採用するインテル Core i5以上を選ぶほうが良いかと思います。

 Corei5以上は、「VAIO TruePerformance」という独自のチューニングをして、パフォーマンス向上をはかっており、期待値は(ベンチマークスコアより)高めです。

  201907301408.jpg

 メモリーは、4GB・8GB・16GBからフレキシブルに選択が可能です。

 CPUを最上位構成にした場合は、32GBも選択できます。

 ストレージ(ハードディスク)は、普通のSSD(S-ATA)第4世代ハイスピードSSDと選ぶことが可能です。

 SX12シリーズの場合と同じで、導入効果は高いと言えます。この部分は優先してアップグレードすると良いでしょう。

 201901241157.jpg

 光学ドライブは、本機も未搭載です。

 別に買う必要があります。

 202111031026.jpg

 接続端子もSX12シリーズと構成は同じです。

 USBは、昔ながらの(四角い)USB-A形状の端子が2つと、高速対応の(丸い形状の)USB-C端子も2ポート付属です。

 202111091032.jpg

 USB-Cは、速度的にUSB3.1なので、高速の外部ストレージに対応できる水準です。

 ただし、2ポートのうち1つはACアダプタからの給電にも使います。

 より、詳しくは(1つ上の)SX12シリーズのところで書きました。

 ネットワークは、有線LAN・Wi-Fi 6・Bluetooth 5.1の構成です。

 SX12シリーズと同じです。やはり、先述の最新の高速規格Wi-Fi6に対応する点が注目点です。

 本機も、+15000円で、SIM対応となりLTE/4G回線が利用可能です。

 201805240915.jpg

 オフィスソフトは、本機も未搭載です。

 本機の場合も、Office2021はオプションで選べます。

 ただ、ライセンスは本機のみ使えるものにはなります。2PC以上のフリーライセンスでお考えならば、【Office2021の選び方の記事】をご覧ください。

 バッテリーは、最大で30時間保ちます。

 ただし、4K液晶を選択した場合は、17時間です。

 その他、チャット用のHDカメラが搭載される点、上位のフルHD解像度のカメラに変えると顔認証が付けられる点など、仕様はSX12シリーズと共通します。

--

 以上、VAIO SX14シリーズの紹介でした。

 自分用のメイン機(一台目)として、自宅でも、職場でも、持ち運んでも利用するならば、本機が選択肢となります。

 一方、SX12シリーズと同じCPU構成ですが、自宅用なので、この部分はすこし張り込んでも良いでしょう。

201901241040.jpg

 【2021年秋冬発売新モデル】

 【Atlas推奨構成】

 11・SONY VAIO SX14 VJS1441
  ¥199,900 ソニーストア(11/3執筆時)

 11・SONY VAIO SX14 VJS1441
  ¥207,800 VAIOストア
(11/3執筆時)

CPU:Core i5-1155G7(2.5GHz)
メモリ:8GB(増設不可)
ストレージ:SSD(4th) 256GB
モニター:14型 4KHDR

 なお、カスタマイズする場合のオススメ構成は、こちらです。

 CPUはモバイルと自宅兼用ならば、少なくともCore i5の水準は欲しいところです。4Kもできればあった方が良いです。

 「自宅でもメイン機」として使うならば、長期間の使用でのCPU性能などの陳腐化を避ける意味でも、この構成以上が良いでしょう。

ーーーー

 202111031136.jpg

 13・VAIO SX14 VJS1441 ALL BLACK EDITION
  ¥232,200 ソニーストア (11/3執筆時)

 14・VAIO SX14 VJS1441 勝色特別仕様
  ¥237,500 ソニーストア (11/3執筆時)

 なお、SX14シリーズにも、以上の「限定モデル」も用意されます。

 SX12シリーズの場合と同じで基本的に中身は、通常モデルと同じで、「デコレーション」料金として、同じ仕様の通常モデルよりも高くなります。

後編につづく!
新しいVAIOのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、VAIOの新モデルについて書いてきました。

 しかし、記事はもう少しだけ「続き」ます。

   201901241203.jpg


1・VAIOのノートPCの比較 (1)
 1-1:VAIO S15シリーズ
  
用途:据置用〈15.6型〉
  予算;11万円〜
 1-2:VAIO FL15シリーズ
  
用途:据置用〈15.6型〉
  予算;9.5万円〜
 1-3:VAIO SX12シリーズ
  
用途:モバイル兼用〈12.5型〉
  予算;12万円〜
 1-4:VAIO SX14シリーズ
  
用途:モバイル兼用〈14型〉
  予算;12万円〜
2・VAIOのノートPCの比較 (2)
 2-1:VAIO Zシリーズ
  
用途:モバイル兼用〈14型〉
  予算;20万円〜
 2-2:VAIO A12シリーズ
  
用途:モバイル用〈12.5型〉
  予算;17万円〜  
 2-3:最終的なおすすめの提案【結論】
  =予算別の選び方まとめ

 続く2回目記事こちら】では、今回紹介できなかった、ZシリーズA12シリーズを追加で紹介します。

マシンパワー   ★★★★★
読み書き速度   ★★★★★
ストレージの量  ★★★★★
軽量性      ★★★★★
バッテリーの保ち ★★★★★
画面の見やすさ  ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 その上で、今回紹介した全機種から、目的別・用途別にAtlasのオススメ機種!を選定していきたいと思います。

 引き続き、よろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら!

---

 今回の前編記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで記事を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 14:48 | ノートPC・タブレット

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png