Top 映像機器 比較2022’【高画質】4K液晶テレビ95機の性能とおすすめ:東芝REGZA ほか (1) 前編

2022年09月28日

比較2022’【高画質】4K液晶テレビ95機の性能とおすすめ:東芝REGZA ほか (1) 前編

【今回レビューする内容】2022年 最新4Kテレビの性能とおすすめ・選び方:10万円以下〜20万円台 パナソニック シャープ東芝 ソニー LG 三菱電機 TCL ハイセンスほか:スポーツ 映画 アニメ ゲーム向け4K/120Hz 4k/120p HDMI2.1対応 人気機能の違い:40 43 49 50 55 65 75インチ

【比較する製品型番】東芝 REGZA 43C350X 50C350X 55C350X 43Z670L 50Z670L 43Z670K 50Z670K 55Z670K 65Z670K 43Z570L 43Z570K 50Z570L 50Z570K 55Z570L 55Z570K 65Z570L 65Z570K 43M550L 55M550L 55M550L 55M550K 65M550L 65M550K 75M550L 75M550K 55Z770L 65Z770L 65Z770L 50Z740XS 55Z740XS 65Z740XS 55Z870L 65Z875L 65Z875L

今回のお題
最新モデルの4K液晶テレビのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今回は、2022年9月現在、最新の4K対応の液晶テレビの比較です。

 5万円台〜40万円台で購入できる、各メーカーの4K液晶テレビを(ほぼ)全機種紹介していきます。

  201809011946.jpg

1・東芝の4K液晶TVの比較
 :レグザ〈日本〉
2・シャープの4K液晶TVの比較
 :アクオス〈日本〉
3・ソニーの4K液晶TVの比較
 :ブラビア〈日本〉
4・Panasonicの4K液晶TVの比較
 :ビエラ〈日本〉
5・LGの4K液晶TVの比較
 :ナノセル〈韓国〉
6・ハイセンスの4K液晶TVの比較
 :Hisense TV〈中国〉
7・TCLの4K液晶TVの比較
 :TCL TV〈中国〉
8・各社の4K液晶TVの比較
 :フナイ〈日本〉
 :アイリスオーヤマ〈日本〉
9・各社の4K液晶TVの比較
 :オリオン・三菱
 :maxzenDMM ほか
10・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】
 =全機からのおすすめ機種の提案

 4K液晶テレビは、新機種だけで100機近くあります。

 そのため、今回の記事は、上記リンクにあるように、ブランド別に10回の記事に分けています。

 202003071511.jpg

 1回目記事となる今回は、東芝のREGZA(レグザ)を紹介します。

 4Kテレビでは最も人気のあるブランドです。

 新旧含めて、デンキヤで手に入るモデルは、だいたい全部網羅します。

---

 なお、「選び方の基本」は、今回の1回目記事に書きました。

 そのため、順番にお読みいただいた方がわかりやすいかと思います。

 よろしくお願いします。

映像の美しさ  ★★★★★
目の疲れにくさ ★★★★★  
音質の良さ   ★★★★★
ネット動画   ★★★★★
番組表     ★★★★★
総合評価    ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各製品を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案する型式で書いていきます。

ーーーー

1・小型液晶テレビの比較
2・大型液晶テレビの比較
3・4K液晶テレビの比較
4・有機ELテレビの比較
5・8Kテレビの比較
6・おすすめTVのまとめ 【結論】

 なお、今回の記事は、TVを紹介した一連の記事としては「3回目記事」として書きました。

0・4Kテレビの選び方の基本

  201705061400.jpg

 はじめに、「4Kテレビの選び方の基本」の紹介からです。

 4Kテレビは、「高画質な次世代のテレビ」であり、高画質であると、我々は日々のCMで「すり込まれて」います。

 しかし、「4Kテレビ」なら、どのような機種でも、高画質に見れるとは必ずしも言えません

 なぜなら、テレビの画質を決めるのは、「解像度だけではないから」です。

0-1・TVの画質を決める要素

 202003071618.jpg

1・液晶パネルとバックライト
 =画質を決める基本要素
2・画像エンジン
 =画質補整・リモコン操作の速度向上
3・超解像技術
 
=低画質映像の画質の底上げ
4・ 倍速液晶
 =動きのある映像への対応

 結論的に言えば、以下の4要素の性能が、液晶テレビの画質を「ほぼ」決めます

 今回の記事では、これらの要素や、4K HDRを含む最新の状況をふまえて(少なくとも)「5年以上は使えそうなテレビ」を探していきます。

ーーー

 202111241818.jpg

 なお、液晶パネルの性質などを含めて、スペック面での「テレビ選び方の基本」は、このブログの別記事となるおすすめテレビのまとめで、かなり詳しく書いています。

 ただ、細かいスペックの「意味」まで興味のある方は別ですが、今回の記事だけ読んでも、ある程度「しっかり分かる」ように書きました。

 ここでは、1点だけ、「画面サイズの選び方」についてだけは、詳しく解説しておきます。

 なぜなら、この点を間違って選ぶと「目が相当疲れるテレビ」を選んでしまうからです。

0-2・画面サイズの選び方

 201809012006.jpg

 4K解像度のTV最小サイズは、40インチです。

 PC用を除けば、これ以下のサイズの4Kテレビは、現在発売されていません。

 4Kテレビを選ぶ場合、はじめに考えるべきは、TVまでの視聴距離です。

 202111241737.jpg

 上表は、業界が示す、適切な最低視聴距離(メートル単位)を示したものです。

 4Kテレビは高詳細で、地上波デジタル放送など、画像の粗いHD(フルHD)の映像も「4K相当」にアップコンバートするため、画面に近づいても粗く見えません。

 そのため、視聴距離は、今までのフルハイビジョンの半分ほどの距離で良くなります。


 201809012013.jpg

 ただし、画面全体を視野に入れる必要があるゲームなどに対応させる場合は、視点の移動による「目の疲れ」を考慮するべきです。

 普段から目が疲れやすい方は、上表の「普通のHD画質のテレビの基準」を使い、その上で、サイズも最大で、50インチ前後で収めた方が良いでしょう。

 ゲームをやる方以外でも、ご家族に「目が疲れやすい」方がいる場合は、4K液晶の場合でも、上表の「普通の液晶テレビ(HD)の基準」に合わせた方が良いです。

201809012015.jpg

 結論的に言えば、8-10畳間に置くならば、43インチ〜55インチがオススメです。それ以下の畳数の場合は、43インチかそれ以下が向いています。

 55インチ以上でも、8畳間の長辺に置くならば置けます。ただ、部屋のバランスとの兼ね合いになりますし、一般的には、あまりオススメしません。

0-3・今回の記事構成

1・東芝の4K液晶TVの比較
 :レグザ〈日本〉
2・シャープの4K液晶TVの比較
 :アクオス〈日本〉
3・ソニーの4K液晶TVの比較
 :ブラビア〈日本〉
4・Panasonicの4K液晶TVの比較
 :ビエラ〈日本〉
5・LGの4K液晶TVの比較
 :ナノセル〈韓国〉
6・ハイセンスの4K液晶TVの比較
 :Hisense TV〈中国〉
7・TCLの4K液晶TVの比較
 :TCL TV〈中国〉
8・各社の4K液晶TVの比較
 :アイリスオーヤマ
 :フナイ・
9・各社の4K液晶TVの比較
 :オリオン山善・三菱
 :maxzenDMM ほか
10・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】
 =全機からのおすすめ機種の提案

 というわけで、具体的な製品の比較に入ります。

 冒頭でも書きましたが、今回は9回の連続記事です。

 ここまでの「選び方の基本」で前提となる情報はお伝えしました。「決め打ち」のメーカーや製品がある方は、以上のリンクをご利用ください。

 とくに、順番に読まれなくても分かるように書いていますので。

1-1・東芝の4K液晶テレビの比較

 201809020321.jpg

 というわけで、東芝REGZA(レグザ)の紹介からです。

 液晶テレビでは、間違いなく「最も売れ

 入門機から高級機へという順番で紹介していきます。

---

 なお、以下では、いつものように、Atlasのおすすめできるポイントを赤字系で、イマイチと思う部分を青字系で書きます。


 202012241333.jpg

 【2020年11月発売】

 【43インチ】

  1・東芝 REGZA 43C350X
   ¥58,799 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【50インチ】

  2・東芝 REGZA 50C350X
   ¥69,778 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【55インチ】

  3・東芝 REGZA 55C350X
   ¥76,980 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:VA
バックライト:直下型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート:4K+HDR
フレームレート:4k/60p
新4K放送チューナー:搭載(1)

 C350Xシリーズは、東芝のテレビでは入門機にあたります。

 同社の現行機では、最も安い4Kテレビです。 

 正確には、250Kシリーズという製品(43A250K 55A250K)もありますが、そちらは、法人用ですので、今回は関係ありません。

 202003071543.jpg

 液晶パネルは、VA液晶パネルです。

 東芝は2020年からパネルの種類についての言及がなくなりました。

 しかし、報道によると、引き続き全機種とも「VA方式」を採用とのことでした。Atlasも、いくつかのサイズで現品を確認しました。

 202111241818.jpg

 なお、VA液晶は、TVパネルに詳しい方だと、IPS液晶パネルに比べると「格下」というイメージがあります。

 しかし、VA液晶は、コントラストがあげやすく、メリハリが付けやすいため、黒が締まります。30万円を超えるような液晶テレビの最上位機種には、各社ともVAパネルをベースに、改良して使う場合も多いです。

 その場合、単なる「VA液晶」という呼称ではなく、メーカー独自のブランド名を付け「ブランド液晶」として売っています。

 ただ、こちらのモデルは、技術的な部分は売りにしない「普通」のVA液晶です。

 201803292209.jpg

 バックライトは、直下型です。

 ネットでは情報未記載です。

 しかし、東芝は、2020年モデルから下位機種も直下型としたようです。国内大手メーカーの入門機で直下型の採用は珍しく貴重です。

 なお、液晶テレビは、有機ELと違い自発光しないので、どの機種も後ろからライトで照らす構造になっています。

 本体の厚みを薄くしにくいデメリットはありますが、画質は抜群で、色ムラが生じにくい方式です。

 202111231654.jpg

 他社は、バックライトを端に配置するエッジ型も多いです。

 エッジ型は、低コストで本体を薄くできるメリット性がある一方で、直下型LED配置に比べると、明暗の差を出すのが苦手です。

 最近は、液晶パネルはほとんど外注のため、バックライトの品質が「メーカーごとのテレビの差」を生み出す要素になっています。

 その点で言えば、本機は、画質面でわりと期待できます。

 202003071554.jpg

 4Kチューナーは、内蔵します。

 2018年末にはじまったBS/CSの4K新放送を受信可能です。

 ただし、4K用のチューナーについては1機なので、新4K放送の「裏番組録画は不可」です。

 201810291450.jpg

 なお、新放送についての対応状況や必要設備は、詳しくは【新4K衛星放送対応チューナーの比較記事】で書きました。

 これを目的に買い換えを検討されている方は、後ほどお読みください。

 201603100953.jpg

 HDR10技術は、東芝は入門機から対応です。

 この点もポイントです。

 HDR10(通称HDR)は、4Kと同時に普及してきている輝度に関する新しい業界規格です。

 「ハイダイナミックレンジ」の略称で、画像の立体感や解像感を高める4K向きの最新技術です。

 同名のデジカメで使われてきたHDR技術とは仕組みは異なりますが、明暗差をつけるという目的では同じです。

  201906011414.jpg

 「3Dテレビ」は眼鏡を使う必要がある点がネックで、家庭には普及しませんでした。

 しかし、HDR技術は「眼鏡なし」で奥行感を感じられるように進化していくために必要な技術です。

 これにより、夜のシーンなど暗い場面でもしっかり映像が分かるような解像感も期待できます。

 4Kパネル搭載が標準となってきている現在ですが、HDR規格も、そろそろ「最新テレビの標準」になってきたと言えます。

 例えば、4K時代のブルーレイ規格となるUltra HD ブルーレイでは、HDR規格が採用されています。ままた、新4K放送でも、HLG形式のHDRが採用になりました。

 201809012212.jpg

 東芝の場合、アドバンスドHDR復元に対応します。

 そのため、HDRに対応しない通常のTV番組(SD画質)でも、画像のクオリティをひき上げることが可能です。HDRオプティマイザーという一連の技術に含まれます。

 201803292215.jpg

 倍速液晶は、4Kダイレクトモーション120を搭載します。

 倍速液晶は、放送局から送られてくる信号(絵)の2倍にあたる毎秒120枚のフレームの表示を可能にする技術です。

 テレビの側で、2枚のフレームの中間画像を生成することで可能にします。

 これにより、モータースポーツや球技など動きの速い画像の画質が格段に上昇します。画面の大きな、40インチオーバーの液晶では重要な技術です。

 東芝の場合、LEDバックライトの点滅制御で倍速を「仮想的」に実現する仕組みなので「2倍速相当」という表現となります。

 PCモニターでは「オーバードライブ」とも呼ばれる技術です。

  201809012349.jpg

 画像エンジンは、同社のレグザエンジン Power Driveを搭載します。

 処理能力の高い画像エンジンを装備する製品は、ソフト的に画像を高度に処理する技術が多く採用されます。

 この機種は、低解像度画像の「高精細化」をはかるための4K/地デジ精細感復元や、文字や映像の「ノイズ除去」のための4K/地デジノイズクリアを機能として持ちます。

 上位機と比べると、超解像処理がされない点、クラウド経由の補正に非対応という部分はありますが、他社の同価格帯のテレビより相当充実します。

 多くの方は、地デジやBSなどを見るためにTV購入するでしょうし、地デジ用のソースを4K高画質に変換する機能(4KビューティーX)や、ネット動画の画質向上を図る機能(ネット動画ビューティLE)などが充実する東芝機は魅力的です。

 ソースの粗い昔のアニメや、再放送番組に「強い」と言われるのは、この部分が理由です。

 201503051228.jpg

 画質の自動調整は、東芝は、下位機種から充実します。

 明るさセンサーがあるので、コンテンツの種類ほか、部屋の明るさに応じて画質を調整します(おまかせオートピクチャー)

 特にモード手動設定せずとも、自動調整されるため画質は良いです。また、東芝の場合、コンテンツに合わせて、サウンドも自動調整されます。

 手動調整も、モードの数がネット動画モードや、アニメモードなど多彩なモードも搭載します。

 201803292205.jpg

 録画機能は、通常のハードディスクを使用した場合は、2TBで約241時間の録画ができる計算です。

 また、こちらはトリプルチューナー搭載なので、2番組録画が可能です。

 また、レグザリンクによるダビング10対応で、パナソニックのディーガなどのレコーダーにムーブやコピーもできます。

 202003071635.jpg

 東芝は、録画機能も充実しています。

 ジャンルや時間帯などのテーマを設定することで「おまかせ」で録画してくれる「みるコレ」機能は、とくに力を入れて宣伝します。

 また、録画した番組だけで、「専用の番組表」が自動生成されるため、使い勝手が良いです。同社が昔から保っていた、タイムシフト技術の進化形でしょう。

 簡単に連ドラが予約できる機能や、自動のチャプター分割(マジックチャプター)など、使い勝手は他社と比べても良いです。

  202011131456.jpg

 【2TB-8TB】

 ・エレコム ELD-QEN2020UBK
  ¥12,300〜 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 一方、本機は、SeeQVaultという、業界のコンテンツ保護規格にも対応します。

 TVの録画機能の場合、TVが壊れて買い換えた場合、新しいTVに従来の録画データを写すことはできませんでした。

 しかし、SeeQVaultに対応する上記のようなUSBハードディスクを増設すれば、新しいTV(別のテレビ)でも再生できるようになります。

 201909051610.jpg

 番組表は、東芝の場合、カラフルで情報量が多く、また視認性が良いです。

 この部分では全く問題額、見やすく、便利に作られています

 番組表からすぐに録画に入ることができます。

 無線LANも、内蔵です。

 高速な11ac規格に対応するなど、この部分も力を入れます。

 201710271812.jpg

 映像配信サービスは、充実します。

 YouTubeをはじめ、Netflix dTV DAZN ひかりTVなどメジャーなサービスは全て対応です。

 契約があれば、PCなどの介在なしで自由に見れます。NetflixやひかりTVなどの4K配信にも対応するため、TVの実力を手軽に確かめられるでしょう。

 ただし、他社は、汎用的なGoogle TV(旧名Android TV)を搭載し、好き勝手に視聴アプリを入れ替えられる仕様のものも出ています。それらと比べると、さほど強いとも言えない部分はあります。

  201804051657.jpg

 202202151636.jpg

 ただ、映像配信サービスについていえば、このブログの【STB機器の比較記事】で紹介したような、他社製端末を導入した方が、使い勝手が良いというのも事実です。

 各サービスへの対応幅が広いという部分だけでなく、内蔵CPU(エンジン)がそれだけに使われる部分で、安定性や処理速度が上なので。

 TVへの「全部入り」は魅力ですが、とくに安いTVのエンジンに任せるより、別に考えた方が良い部分はあります。

 202003071609.jpg

 スピーカーの音質は、東芝が力を入れる部分です。

 本機も、大きめのバスレフ型フルレンジスピーカーを搭載します。

 ただ、上位機と較べると総合出力が14Wと弱めで、差を付けています。

 201809072118.jpg

 音声アシスタントサービスは、東芝の場合、AmazonのAlexaに公式対応します。

 【Amazon Echoの比較記事】で書いたような対応スピーカーを購入した場合、Wi-Fi経由で、テレビの入/切、ボリューム、チャンネルなどの操作が音声にて可能です。

  202107192121.jpg

 HFR(ハイフレームレート)は、PS5(プレステ5)など次世代ゲーム機を利用する場合、注目して良い部分です。

 対応する場合、60フレーム/秒以外に、120フレーム/秒(4K/120Hz)の表示も可能になり「なめらかな動き」が楽しめるからです。

 同社の場合、このグレードでは未対応です。

---

 以上、東芝のC350Xシリーズの紹介でした。

 入門機ですが、VA液晶であり、HDR技術・倍速液晶などに対応するなど、画質面では、さすがに「高度」です。

 比較的格安で「直下型」を採用しているため、この価格帯では「画質重視機」として割と良い候補の1つでしょう。

 ただし、上位機は、さらにエリア制御が加わり「すごみ」を増していくので、しっかりと比較して、違いを理解することは重要です。


 202209280914.jpg

 【2022年8月発売】

 【43インチ】

  4・東芝 REGZA 43Z670L
   ¥132,435 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【50インチ】(エリア制御)

  5・東芝 REGZA 50Z670L
   ¥143,359 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:VA(量子ドット)
バックライト:スリム直下型+エリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速
コンバート:4K+HDR
フレームレート: 4K/ 120p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 Z670Lシリーズは、2022年に登場した東芝の中級機です。

 10万円前後の中級機はこのモデル以外にも多くあります。

 例えば、入門機との中間グレードとなるZ570K・Z570K・M550Kシリーズや、本機の」「型落ち」でマラ売られるZ660Kシリーズです。

 ただ、(代表的な中級機といえる)本機を説明してからの方が分かりやすいので、本機を紹介した後で、違いを解説していきます。

 202209280921.jpg

 液晶パネルは、VAパネルです。

 東芝はパネル情報が非公開ですが、海外での分析と、他社情報(AMD社のFreeSync対応情報)をみると、中級機の50インチ以下はVAで間違いないようです。

 一方、本機は、量子ドット(QLED)技術を利用したパネルです。

 東芝の最上位機も2022年以降はこの方式です。

 普通のパネルとの違いを少し書いておきます。

 202206181233.jpg

 一般的な液晶テレビは、白色LED(黄+青の合成色)です。しかし、量子ドットパネルは、青色のLEDを用いています。

 青の光がパネル工法の広色域量子ドットシートを経由することで、赤と緑の色合いを出します。これにより、広色域の色表現をなす方式です。

 LGやシャープが先行していましたが、映像コンテンツ自体の画質が劇的に向上している4KHDR時代には、この方式が最も適切なようで、各社とも上位機で採用しつつあります。。

 画質面では、やはり非採用モデルに比べると、発色が良く「鮮やか」です。

 現代的な「映像美」を楽しむためには、やはりこの技術は有効と今回改めて思えました。

 202111231654.jpg

 バックライトは、直下型です。

 東芝は下位機種でも「直下型」でした。

 ただ、東芝のカタログは、中位機以上は「全面直下LED」表記します。あえて分けている点をふまえると、質の差はあると言えます。

 スペック表に出ない部分(バックライトのLED数や配置)も、輝度や視野角に影響を与えるため、この部分が、同社基準で「上位仕様」ということです。

 なお、本機は、パネルを薄くできる技術を使っているので、スリム直下型と記しました。

 202209280930.jpg

 加えて(画面の大きさ的な理由もあり)50インチ機のみですが、エリア制御対応です。

 直下型を搭載する機種は、同社の下位機や他社機にもあります。

 しかし、直下型であり、かつ、「合わせ技」でエリア制御まで搭載する機種は、他社でも高級機に限られます。

 東芝は、リアルブラックエリアコントロールという名称ですが、明かりの点滅制御の高度化で、輝度調整を高度化させており、より「黒が締まる」仕様です。

 4Kチューナーは、本機も、新4K放送チューナーをダブルで搭載します。

 HDR10技術は、むろん対応です。

 また、DOLBY VISION IQなど新しい規格も対応します。

 202209281133.jpg

 倍速液晶は、4K倍速パネル搭載です。

 下位機種と比較すると、LEDバックライトの点滅制御ではなく、本物の倍速パネルです。

 202209280947.jpg

 画像エンジンは、上位のレグザエンジンZRTIです。

 2022年機から世代が1つ新しくなりました。

 テレビのエンジンは(PCと違い)スペックは明らかにしませんが、一般的に、革新があると、操作性ほかノイズ処理の精度が向上します。

 下位機と比べると、だいぶ性能の良いものとも言えます。

 画質向上機能は、このエンジンを利用することで、下位機よりかなり高度化します。

 202003071618.jpg

 第1に、クラウドAI高画質テクノロジーです。

 これは、ネット上のクラウドから、視聴中の番組ジャンル情報を取得する仕組みです。それを利用して、上図の諸データを適切に調整していきます。

 下位機は、エンジンが「推測」して画質を調整していく仕組みですので「間違い」もあるでしょうが、この方式はコンテンツの種別を正確に理解できるため、調整精度が期待できます。

 ネット接続をしていない場合は、従来方式になるとはいえ独自性が強いです。

 202209280950.jpg

 第2に、美肌フェイストーンZRUです(旧名:ナチュラル美肌トーン)。

 下位機種の場合も、明るいシーンで肌色飽和を抑制する美肌リアライザーは搭載です。

 本機それを高度化し、撮影時に生じたカラーシフトも独自に修正し、自然な肌色になおしていく技術が搭載です。

 そのほか、色味を回復差せる広色域復元(カラーリマスター)などの基礎技術や、「 ネット動画ビューティZRTI」などの応用技術ほか、下位機にみられない高画質化技術がこのクラスのテレビの場合入ってきます。

 先述のように、エンジンが強力だから、高度な処理が実行できるわけです。

 202003071628.jpg

 画質の自動調整は、おまかせAIピクチャーZRTIに対応します。

 明るさだけでなく、利用する部屋の照明色を把握できるため、それに合わせて適切に画像を調整します。

 このブログにも【LEDシーリングライトの比較記事】がありますが、最近は、調色できるのが普通なので、良い機能だと思います。

 録画機能は、基本的には下位機種とほぼ同様です。

 あえて言えば、「新ざんまいスマートアクセス」として、録画番組の自動分類(俳優・ジャンル)と、AIがよく見る番組から「おすすめ」を教えてくれる機能が加わります。

 なお、本機は、録画部分について、SeeQVault非対応です。2021年機以降、東芝の場合、非対応機が増えています。

 番組表の部分などの機能は、上で見た下位機種と同じなので、説明は省略します。

 202107181328.jpg

 スピーカーの音質は、本機は、総合出力60Wとそこそこ強力なスピーカーです( レグザ重低音立体音響システムZP)。

 正面は、中音域担当のミドルレンジと高音域担当のトゥイーターが2基の2WAY型で、別に、低音を補うウーファー1基です。

 加えて、上部に トップツィーター4機を配置します。

 これは、ゲームや映画コンテンツなどに採用される、3D立体音響技術の規格であるドルビーアトモスに「リアルに」対応させるためです。

 別に、スピーカーを買わない場合も対応できるのは、見どころです。

 202107201914.jpg

 音声アシスタントサービスは、本機は、Googleアシスタントを内蔵します。

 リモコンのボタンでも呼び出せますが、TV本体にもマイクがあるので、ハンズフリーでテレビ操作や情報検索ができます。

 映像配信サービスは、下位機種と基本的に変わりません。

 番組表やそのほかの、UI(ユーザーインターフェイス)も同じです。

 201909141821.jpg

 接続端子は、HDMI端子についてeARCに対応できます。

 一般的には関係ないですが、【サウンドバーの比較記事】で書いたような音響製品を利用する場合、接続が容易になりました。

 なお、eARCについて詳しくは、そちらの記事で書いています。

 202107192121.jpg

 HFR(ハイフレームレート)は、本機は、4K/120Hz4K/120p)をフォローします。

 PS5など次世代ゲーム機に関係ある規格で、あると「なめらかな動き」が楽しめます。

 HDMI 2.1規格、eARC・ALLM・eARCにもしっかり対応します。

 FPSゲームなどでは、カクツキを減らす、VRR(バリアブル・リフレッシュ・レート)と、自動的に遅延時間を短縮するALLM設定もフォローです。

 なお、少し特殊な話なので、フレームレートに興味ある方は、このブログの(PC用)【ゲーミングモニターの比較】のほうで書いた話を参考にしていただければと思います。

 202107181334.jpg

 そのほか、本体の薄さを活かして、画面が左右15度に向けられる部分がワンポイントでしょう。

---

 以上、東芝のZ670Lシリーズの紹介でした。

 最初に見た入門機と比べて、全方位で性能がアップしています。

 例えば、画質面では「量子ドット」と「倍速パネル」、音響面では、「ドルビーアトモス」の出力の大きなスピーカー、端子面では、「4K/120P入力対応」で、ゲームをするに利便性の良い仕様、などです。

 価格面でも性能に比して納得感はあるので、2022年の新機種だけから選ぶならば、10万円前後でまとまった性能の機種だと思えます。

ーーー

 一方、先述のように、10万円前後の中級機は、旧モデル・下位モデルがほかにもあります。順番に見ておきます。

 202111232220.jpg

 【2021年5月発売】

 【43インチ】

  6・東芝 REGZA 43Z670K
   ¥99,403 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【50インチ】

  7・東芝 REGZA 50Z670K
   ¥120,396 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【55インチ】

  8・東芝 REGZA 55Z670K
   ¥122,800 楽天市場 (9/28執筆時)

 【65インチ】

  9・東芝 REGZA 65Z670K
   ¥191,800 楽天市場 (9/28執筆時)

モニターパネル:VA
バックライト:スリム直下型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速
コンバート:4K+HDR
フレームレート: 4K/ 120p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 第1に、Z670Kシリーズです。

 今まで見てきたZ670Lシリーズの旧モデルになります。

 こちらは、画像エンジンが1世代前(レグザエンジンZRT)ですが、基本的な画質処理は、新機種と変わらず、マイナーチェンジです。この部分は大差ないと言えます。

 機能面でも、目立つのは、録画番組も「AIおすすめ」機能がない点くらいと言えます。

 202209281006.jpg

 パネルは、しかし、種類が異なり、量子ドット技術が採用されない、普通の白色LEDのVAパネルです。そのため、映像美を楽しむという部分では、値段差分のはあります。

 また、旧機種は全機とも、パネルのエリア制御を伴わないので、やはり、値段差分の差は感じます。

 しかし、量子ドットは、HDRコンテンツなどではなく、普通の地デジ放送などを見る限りにおいて、そうそう大きな違いでもないとはいえます。

---

 結論的にいえば、従来的な(ある種落ち着いた)映像美を楽しみたい場合は、あえてこちら、という方向性は(値段部分を含めて)ありだと思います。

ーーー

 202209281102.jpg

 【2022年8月発売】

 【43インチ】

  10・東芝 REGZA 43Z570L
   ¥105,919 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

  10・東芝 REGZA 43Z570K(旧機種)
   ¥87,964 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【50インチ】

  11・東芝 REGZA 50Z570L
   ¥127,648 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

  11・東芝 REGZA 50Z570K(旧機種)
   ¥101,998 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【55インチ】IPS系

  12・東芝 REGZA 55Z570L
   ¥128,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

  12・東芝 REGZA 55Z570K(旧機種)
   ¥126,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】IPS系

  13・東芝 REGZA 65Z570L
   ¥183,345 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

  13・東芝 REGZA 65Z570K(旧機種)
   ¥142,545 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:VA / IPS
バックライト:スリム直下型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速
コンバート:4K+HDR
フレームレート: 4K/ 120p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 第2に、Z570Lシリーズです。

 東芝は数字が大きいほどグレードが高いので、本機は、Z670Lシリーズの「」で「中級機の安め」と考えてください。

 なお、このグレードの旧機種(2021年機)のZ570Kも、画像エンジンが1世代古い以外は、画質面で差はほぼない製品です。そのため、同時に見ていきます。

 202111241818.jpg

 液晶は、量子ドット不採用で、普通のVAです。

 エリア制御も対応しません。

 ただ、新機種は、55インチ以降のサイズに視野角の広いIPSパネルが使われているようです。

 下位機同様に、他社情報(AMD FreeSyncの対応情報)で確認できます。

 店頭でみても視野角は相応に広く見えますし、長時間視聴時に目も疲れにくいでしょう。

 もちろん、映像美に欠かせない「黒の締まり」の部分ではやはり、VAパネルが優りますので、どちらのパネルが「上位」とはテレビの場合は簡単に言えません。

 202111231118.jpg

 スピーカーは、一方、上位のZ670L Z670Kシリーズと差がつきます。

 こちらは、40W出力と弱めだからです。トップトゥイーターも不採用で、立体音響は仮想的な再現になります。この部分の「面白み」は少し下がります。

---

 結論的にいえば、「どうせ外部スピーカーを使うからOK」という方は、(旧機種を含めて)値段面をふくめて、本機も選択肢にできるでしょう。

 画像エンジンは上位機と同じですし、倍速液晶も搭載です。やはり、10万円前後の製品として大事な部分は押さえていますから。

 一方、他社ならこの値段で「量子ドットパネル」が買えるのも確かです。

 しかし、格安テレビに無理に搭載している機種は(特にバックライト部分で)どこかしら無理をしている場合が多いです。

 そのため、量子ドットの有無より、本機の「全面直下型バックライト」である部分を重視して、本機なり、その上位機なりを選ぶ方が、映像的な満足度は高いかと思います。

ーーー

 202209281059.jpg

 【2021年8月発売】

 【43インチ】

  14・東芝 REGZA 43M550L
   ¥90,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【50インチ】

  14・東芝 REGZA 55M550L
   ¥100,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【55インチ】

  15・東芝 REGZA 55M550L
   ¥110,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

  15・東芝 REGZA 55M550K(旧機種)
   ¥88,600 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】

  16・東芝 REGZA 65M550L
   ¥87,964 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

  16・東芝 REGZA 65M550K(旧機種)
   ¥145,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【75インチ】

  17・東芝 REGZA 75M550L
   ¥200,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

  17・東芝 REGZA 75M550K(旧機種)
   ¥174,799 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:(VA)
バックライト:スリム直下型
解像度:4K画質
倍速液晶:
コンバート:4K+HDR
フレームレート: 4K/ 120p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 第3に、M550Lシリーズです。

 こちらは、1つ上のZ570Lシリーズと似た仕様です。しかし、倍速液晶が非搭載です。

 テレビの画質においてこの部分はとても重要ですし、値段差的にも、あえてこのシリーズを選択肢に加える意義は薄いでしょう。

 画像エンジンが1世代古いM550Kシリーズを含めて、あまりオススメしません。


 202209281106.jpg

 【2022年8月発売】

 【55インチ】

  18・東芝 REGZA 55Z770L
   ¥208,989 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】

  18・東芝 REGZA 65Z770L
   ¥253,789 楽天市場 (9/28執筆時)

 【75インチ】

  18・東芝 REGZA 65Z770L
   ¥253,789 楽天市場 (9/28執筆時)

モニターパネル:IPS(量子ドット)
バックライト:スリム直下型+エリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速
コンバート:4K/HDR10
フレームレート: 4K/ 60p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 東芝Z770Lシリーズは、東芝の4K液晶テレビの上位機です。

 まだまだうえに、「最上位機」もありますが、グレードは上のほうです。

 202111241818.jpg

 液晶パネルは、IPS液晶です。

 こちらも、他社情報(AMD)をからの推定です。

 先述のように、目への優しさと、視野角に定評があるパネルです。

 202209281120.jpg

 下位機のZ670Lシリーズと同じで最先端の「量子ドット技術」を本機も採用しますので、今どきの「映像美」を楽しみやすいモデルでしょう。

 202111231654.jpg

 バックライトは、スリム直下型で、やはり「全面直下型」です。

 また、全機種ともエリア制御も伴います。

 倍速液晶・HDR技術・画像エンジンの部分では、下位機種(Z670L)と、差はないと言えます。

 201909051651.jpg

 録画機能は、しかし、大きく異なります。

 本機は「全録」対応のタイムシフト機だからです。

 ハードディスクの大きさに応じて、地上波デジタル放送最大6チャンネルを自動で録画し、番組表から「過去数日分の番組」を振り返って見ることができます。(通常録画も可能です)

 チューナー数は、タイムシフトの仕様に合わせて、4Kチューナー2基ほか、地デジ用を9基、BS/CS用を3基搭載し、同時録画に対応するようにしています。

 一方、ハードディスクは「別売」となる点、注意してください。

 202107211056.jpg

 本機は、合計2台までハードディスクを取り付けられます。

 6チャンネルを24時間録画すると、4TBのHDDで3日間です。

 時間やチャンネルを限定すれば、1週間分も余裕です。

 201908191520.jpg

 【2TB-4TB】【タイムシフト対応】

 I-O DATA AVHD-AUTB2/EX
  ¥13,250〜 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 なお、タイムシフト録画を24時間運用する場合、ディスクが常に回転しっぱなしなので、上記のような、対応明記のある堅牢なHDDを選んだほうが無難です。

 なお、東芝機は、HDDは2台までつなげられます。

1・外付けHDDの比較記事
2・東芝ブルーレイレコーダーの比較

 なお、HDDについては1番の記事、東芝の全録機能については、2番の記事でより詳しく説明しています。

 興味のある方は、のちほど、そちらの記事をご覧ください。

 映像配信サービスは、Netflixの4Kサービスや、DAZNを含めて下位機種同様に対応です。

 スピーカーの音質は、総計60Wで、この部分も下位機種と差は見られません。

 202107201918.jpg

 音声アシスタントサービスは、Amazon系 Google系双方に公式対応します。

 その場合、別売のAIスピーカーが必要ですが、ハンズフリーで音声操作ができます。

 一方、リモコンのボタンにも「ボイスボタン」がありますが、レグザボイスという東芝独自のシステムで、TVの操作を音声入力するものになります。

 その部分では、細かい操作にも対応して便利ですが、天気などの情報は聞けません。

 接続端子は、本機はeARCや4K/120Pにも対応です。

----

 以上、東芝Z770Lシリーズの紹介でした。

 東芝の場合、55インチ以上の量子ドット採用機はこのクラスからです。

 量子ドットは、格安パネルに積む場合「粗が目立つ」ことが多いです。しかし、本機の場合は、IPSパネルエリア制御全面直下型バックライトほか、補完する技術が多いので、むしろ良い方向性の進化です。

 そのほか、録画関係も(こだわらないならばレコーダーが不要なほど)充実しますので、そこを含めて考えると、この値段にも納得感があります。


 202104020950.jpg

 【2021年2月発売】

 【50インチ】

  19・東芝 REGZA 50Z740XS
   ¥156,836 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【55インチ】

  19・東芝 REGZA 55Z740XS
   ¥161,072 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】

  19・東芝 REGZA 65Z740XS
   ¥212,570 楽天市場 (9/28執筆時)

モニターパネル:低反射高コントラスト液晶
バックライト:直下型+エリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速
コンバート:4K/HDR10
フレームレート: 4K/ 60p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 東芝Z740XSシリーズも、東芝の4K液晶テレビのもうひとつの上位機です。

 2021年発売です。

 ただ、1つ上でみたZ770Lシリーズの登場と、次に見る最上位シリーズの登場で、(後継機がでず)終息しそうな機種です。

 202003071703.jpg

 液晶パネルは、VAパネルです。

 本機は、量子ドットではないです。しかし、東芝独自の「味付け」をなした、「ブランド液晶」を採用します。

 表面上に反射防止処理をなした「低反射高コントラストパネル」です。

 各社とも、上位機は、表面処理ほかの加工をして、付加価値を付けます。Atlasはこうした液晶を区別のため「ブランド液晶」と読んでいます。

 バックライトは、本機も、全面直下型配列式のLEDバックライトです。

 しっかりエリア制御対応も伴います。

  4Kチューナーは、こちらも、ダブルで搭載です。

 BS/CSの4K放送を別売の専用チューナーなしで視聴可能です。

 201809012149.jpg

 HDR10技術は、こちらも対応します。

 また、他機より精度の高いAI機械学習HDR復元を搭載しており、規格に満たない水準の画像により強くなっています。

 201803292221.jpg

 倍速液晶も、強化されます。

 4倍速相当の4K倍速パネルを搭載します(クリアダイレクトモーション480)。

 こちらは、しっかり2倍速パネルを採用した上で、LEDの点滅技術を合わせているため「4倍相当」となります。

 いずれにしても、動きのある映像に「より強くなった」と言えます。

 なお、倍速液晶は、スポーツなどの速い映像に強いほか、高倍速の液晶の場合、コマ数が少ないアニメについても中間の動きを再計算するため、動きがなめらかになります。

 201905311107.jpg

 画像エンジンは、レグザエンジン Cloud PROを搭載しています。

 この部分は、注目点で、上位のエンジンです。

 ここまでみてきた製品も、画像解析による、低解像度画像の「高精細化」「ノイズ除去」の部分で充実していました。

 しかし、本機は、これらに加えて、高度な「超解像技術」が機能として加わります。

 202107201959.jpg

 この技術を搭載するテレビは他社にもあります。しかし、東芝の場合、前後のフレームまで解析する「フレーム間処理」をする点に特徴があります。

 地デジの場合、前後合わせて5フレーム、4Kでも3フレームを見て補正します。他社搭載機は、1フレーム(静止画)だけ見て解析する「フレーム内処理」に止まっており、この点でこの機種は優秀です(AI超解像技術)。

  201905311100.jpg 

 また、アップコンバート時の処理も、繰り返し3回の解析を行う点でより高度です(3段階超解像)。

 新しい深層学習テクノロジーで画像の「ギラつき」の抑制について、軽減をはかってもいます。

 201906011539.jpg

 画質向上機能は、下位機にも類似機能がありましたが、肌の色を自然な配色にする「ナチュラル美肌トーン」が採用です。 

 このほか、自社の味付けをして、パネルの発色を良くする「広色域化技術 Pro」も搭載します。ただ全体として、色つけは自然でバランス重視です。

 そのほか、「地デジ・ネット動画」も、東芝は、クラウド上のデータを参照しつつの補正であり、エンジンを利用した補正の部分は、圧倒的に強いです。

 画質の自動調整は、下位機種と同じ機能性ですが、他社に比べても優れます。

 201909051651.jpg

 録画機能は、本機も「全録」対応のタイムシフト機です。

 この部分は、1つ上のZ770Lシリーズで詳しく書きました。

 一般的に(レコーダー不要なほど)高機能です。

 映像配信サービスは、Netflixの4Kサービスや、DAZNを含めて下位機種同様に対応です。

 201705061336.jpg

 スピーカーの音質は、総計80Wで、東芝としては上位仕様です。

 ONKYOと共同開発の大型バスレフボックス2ウェイスピーカーを採用します。

 重低音の強化のためウーファーが別に2つ付属するため、「レグザ重低音バズーカオーディオシステム PROII」と名付けています。

 670Lシリーズと比べると、上部スピーカーがないので、3D立体音響技術のドルビーアトモス非対応です。

 ただ、ドルビーアトモスは、TV番組で対応する規格ではないので、Netflixのような映画やブルーレイ、もしくは、ゲームをしないなら、本機の構成が良いでしょう。。

 接続端子は、一方、eARCや4K/120Pに非対応です。

----

 以上、東芝Z740XSシリーズの紹介でした。

 量子ドットは不採用ですので、現代的な映像美(輝度表現ほか)は新型のZ770Lシリーズに及ばないでしょう。

 ただ、ブランド液晶(低反射高コントラストパネル)の採用も実際良いパネルで、(バリバリの)HDRではない普通のコンテンツを見る限りにおいては、こちらも良いと思えます

 加えて、倍速液晶の部分ほか、とくに、「フレーム間処理」を伴う高度な超解像処理をなす部分は、Z770Lより逆に優れていて、後ほど見る最上位機に近いと言えます。

 難しいところですが、これらの部分で、現状で選ぶとすれば、量子ドット採用の新しいZ770Lシリーズよりも、(同じパネルサイズで、価格差が逆転しない限り)こちらが良いかなと感じます。

後編記事に続く!
4K液晶テレビのおすすめ機種はこちら!

 というわけで、今回は、東芝4K液晶テレビを紹介の前編でした。

 しかし、東芝機は多いため、記事はまだまだ「続き」ます。

 202206181211.jpg

 【2022年6月発売】

 【55インチ】

  20・東芝 REGZA 55Z870L
   ¥212,980 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】

  21・東芝 REGZA 65Z875L
   ¥373,070 楽天市場 (9/28執筆時)

 【75インチ】

  22・東芝 REGZA 65Z875L
   ¥303,070 楽天市場 (9/28執筆時)

モニターパネル:IPS(量子ドット)
バックライト:MiniLED+エリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速
コンバート:4K/HDR10
フレームレート: 4K/120P
新4K放送チューナー:搭載(2)

1・東芝の4Kテレビの比較 (後編)

 つづく、1回目記事の後編記事こちら)では、東芝の上位シリーズを引き続き紹介します。

 201809011946.jpg   

2・シャープの4K液晶TVの比較
 :アクオス〈日本〉
3・ソニーの4K液晶TVの比較
 :ブラビア〈日本〉
4・Panasonicの4K液晶TVの比較
 :ビエラ〈日本〉
5・LGの4K液晶TVの比較
 :ナノセル〈韓国〉
6・ハイセンスの4K液晶TVの比較
 :Hisense TV〈中国〉
7・TCLの4K液晶TVの比較
 :TCL TV〈中国〉
8・各社の4K液晶TVの比較
 :フナイ〈日本〉
 :アイリスオーヤマ〈日本〉
9・各社の4K液晶TVの比較
 :オリオン・三菱
 :maxzenDMM ほか
10・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】
 =全機からのおすすめ機種の提案

 その上で、次回記事からシャープなど、東芝以外の各社のテレビの紹介に移っていきます。 

映像の美しさ  ★★★★★
目の疲れにくさ ★★★★★  
音質の良さ   ★★★★★
ネット動画   ★★★★★
番組表     ★★★★★
総合評価    ★★★★★

 最終回の10回目記事結論編こちら)では、全機種から、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種!を提案します。

 ひきつづき、よろしくお願いします。

 東芝4Kの後編記事は→こちら

 ーーー

 また、今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 17:52 | 映像機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png