Top 映像機器 比較2020’【高画質で安い】4K液晶テレビ95機の性能とおすすめ (1)

2020年09月15日

比較2020’【高画質で安い】4K液晶テレビ95機の性能とおすすめ (1)

【今回レビューする内容】2020年 最新4Kテレビの性能とおすすめ・選び方:10万円前後-20万円台 パナソニック シャープAQUOS 東芝 REGZA ソニー ブラビア LG 三菱電機 アイリスオーヤマ DMM FUNAI TCL ハイセンス:スポーツ 映画 アニメ ゲーム向け4KTV人気機能の違いと「最強機種」ランキング:40 42 43 49 50 55 65インチ

【比較する製品型番】東芝 REGZA 43M530X 50M530X 55M530X 65M530X 43RZ630X 50RZ630X 49Z730X 55Z730X 65Z730X 43C340X 50C340X 55C340X 43M540X 50M540X 55M540X 65M540X 50Z740X 55Z740X 65Z740X シャープ AQUOS 4T-C40CL1 4T-C43CL1 4T-C50CL1 4T-C40BJ1 4T-C45BL1 4T-C40BH1 4T-C50BH1 4T-C43CN1 4T-C50CN1 4T-C45BN1 4T-C50BN1

今回のお題
最新モデルの4K液晶テレビのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今回は、2020年9月現在、最新の4K対応の液晶テレビの比較です。

 201809011946.jpg

 5万円台〜40万円台で購入できる、各メーカーの最新4K液晶テレビを(ほぼほぼ)全機種紹介しました。

 201809011945.jpg

1・映像の美しさ  ★★★★★
2・目の疲れにくさ ★★★★★  
3・音質の良さ   ★★★★★
4・ネット動画   ★★★★★
5・番組表     ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各製品を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案する型式で書いていきます。

ーー

1・4K液晶テレビ
2・有機ELテレビ
3・19-23インチの小型液晶テレビ
4・24インチの小型液晶テレビ
5・32インチの小型液晶テレビ
6・40-50インチの大型液晶テレビ
7・おすすめ液晶テレビのまとめ 【結論】

 なお、今回の記事は、このブログの液晶テレビ比較シリーズの1回目記事として書きました。

1・最近の4Kテレビの画質

 201705061400.jpg

 4Kテレビは、「高画質な次世代のテレビ」であると、我々は日々のCMで「すり込まれて」います。

 しかし、「4Kテレビ」なら、どのような機種でも、高画質に見れるとは必ずしも言えません

 なぜなら、テレビの画質を決めるのは、「解像度だけではないから」です。

 結論的に言えば、以下の4要素の性能が、液晶テレビの画質を「ほぼ」決めます

1・液晶パネルとバックライト
 =画質を決める基本要素
2・画像エンジン
 =画質補整・リモコン操作の速度向上
3・超解像技術
 
=低画質映像の画質の底上げ
4・ 倍速液晶
 =動きのある映像への対応

 今回の記事では、これらの要素や、HDR10を含む最新の状況をふまえて(少なくとも)「5年以上は使えそうなテレビ」を探していきます。

ーーー

 ただその前に、1点だけ、「画面サイズの選び方」について解説しておきます。この点を間違って選ぶと「目が相当疲れるテレビ」を選んでしまうからです。

2・画面サイズの選び方

 201809012006.jpg

 2020年現在4K解像度のTV最小サイズは、40インチです。

 PC用を除けば、これ以下のサイズの4Kテレビは、現在発売されていません。

 4Kテレビを選ぶ場合、はじめに考えるべきは、TVまでの視聴距離です。

画面サイズ 普通の液晶 4K液晶
32V 約1.2M
40V 約1.5M 約0.7M
43V 約1.6M 約0.8M
49V 約1.8M 約0.9M
55V 約2.0M 約1.0M

 上表は、業界が示す、適切な最低視聴距離(メートル単位)を示したものです。

 4Kテレビは高詳細で、地上波デジタル放送などの画像の粗い2K以下の映像も「4K相当」にアップコンバートするため、画面に近づいても粗く見えません。

 そのため、視聴距離は、今までのフルハイビジョンの半分ほどの距離で良くなります。


 201809012013.jpg

 ただし、画面全体を視野に入れる必要があるゲームなどに対応させる場合は、視点の移動による「目の疲れ」を考慮するべきです。

 それ以外でも、目が疲れやすい方は、上表の「普通の液晶の基準」を適応し、その上で、サイズも最大で43インチ程度に止めた方が良いでしょう。

 ゲームをやる方以外でも、ご家族に「目が疲れやすい」方がいる場合は、4K液晶の場合でも、上表の「普通の液晶の基準」に合わせた方が良いです。

201809012015.jpg

 結論的に言えば、8-10畳間に置くならば、43インチ〜55インチがオススメです。それ以下の畳数の場合は、43インチかそれ以下が向いています。

 55インチ大でも、8畳間の長辺に置くならば置けます。ただ、部屋のバランスとの兼ね合いになりますし、一般的にはオススメしません。

今回の記事の構成!

1・東芝・シャープの4Kテレビ
2・ソニー・パナソニックの4Kテレビ
3・LG・三菱・ハイセンスの4Kテレビ
4・新興ブランドの激安4Kテレビ
5・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】

 というわけで、ここからは、メーカーごとに4K解像度に対応する液晶テレビを紹介します。

 しかし、かなりの数の4K液晶テレビを紹介するため、記事は全5回に分けています。

 202003072024.jpg

 1-3回目の各記事では、全国のデンキヤで見かける、人気7社東芝・ソニー・LG・シャープ・パナソニック・三菱・ハイセンス)の製品は、超高額機を除けば「全機種」を紹介します。

 202003072027.jpg

 加えて、4回目記事(こちら)では、新興ブランドアイリスオーヤマ・フナイ・TCL)などが発売する「激安」4K液晶TVもフォローします。

 その上で、連続記事の最終回では、「結論」として最終的に「Atlasのオススメ機種!」を提案していきます。長い記事ですので、飛ばし飛ばしでもよいので、お読みください。

3・東芝の4K液晶TVの比較

 201809020321.jpg

 はじめに東芝の比較的格安な液晶テレビの紹介から入ります。

 なお、以下では、いつものように、Atlasのおすすめできるポイントを赤字系で、イマイチと思う部分を青字系で書きます。


 202003071541.jpg

 【2020年2月発売】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  1・東芝 REGZA 43C340X
   ¥69,980 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【50インチ】

  2・東芝 REGZA 50C340X
   ¥78,480 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  3・東芝 REGZA 55C340X
   ¥85,850 楽天市場 (9/15執筆時)

モニターパネル:VA
バックライト:直下型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート:4K+HDR
BS/CS 4K用チューナー:付属

 340Xシリーズは、東芝の入門用の新シリーズです。

 同社では、最も安い4Kテレビです。

 202003071543.jpg

 液晶パネルは、VA液晶パネルです。

 東芝は2020年からパネルの種類についての言及がなくなりましたが、報道によると、全機種ともVA型を採用とのことでした。Atlasも数機を視認しましたが、VAでした。

 なお、VA液晶と聞くと、TVのパネルに詳しい方だと、IPS液晶パネルに比べると「格下」というイメージがあります。

 しかし、VA液晶は、コントラストがあげやすく、メリハリが付けやすいため、30万円を超えるような液晶テレビの最上位機種には、各社ともVA液晶を採用する場合が多いです。

 その場合、単なる「VA液晶」という呼称ではなく、メーカー独自のブランド名を付け「ブランド液晶」として売っています。

 ただ、こちらのモデルについて言えば、特に技術的な部分は売りにしない「普通」のVA液晶です。

 201803292209.jpg

 バックライトは、直下型です。

 ネットでは情報未記載ですが、東芝は、2020年から下位機種も直下型としています。

 紙カタログでの記載について読者様に教えて貰いました。Atlasも東芝に問い合わせましたが、そのようです。

 国内メーカーの入門機で直下型の採用は珍しく貴重です。他社は、バックライトを端に配置する、エッジ型が多いです。

 エッジ型は、本体が薄くできるメリット性がある一方で、直下型LED配置に比べると、明暗の差を出すのが苦手です。

 最近は、液晶パネルはほとんど外注のため、バックライトの品質が「メーカーごとのTVの差」を生み出す要素になっています。

 その点で言えば、本機は、画質面でわりと期待できます。

 202003071554.jpg

 4Kチューナーは、内蔵します。

 2018年末にはじまったBS/CSの4K新放送を受信可能です。

 ただし、4K用のチューナーについては1機なので、新4K放送の「裏番組録画は不可」です。

 201810291450.jpg

 なお、新放送についての対応状況や必要設備は、詳しくは【新4K衛星放送対応チューナーの比較記事】で書きました。

 これを目的に買い換えを検討されている方は、後ほどお読みください。

 201603100953.jpg

 HDR10技術は、東芝はこのグレードで対応です。

 この点もポイントです。

 HDR10(通称HDR)とは、4Kと同時に普及してきている輝度に関する新しい業界規格です。

 「ハイダイナミックレンジ」の略称で、画像の立体感や解像感を高める4K向きの最新技術です。

 同名のデジカメで使われてきたHDR技術とは仕組みは異なりますが、明暗差をつけるという目的では同じです。

  201906011414.jpg

 ご存じのように、「3Dテレビ」は眼鏡を使う必要がある点がネックで、過程では普及しませんでした。

 しかし、HDR技術は「眼鏡なし」で奥行を感じられるように進化していくために、必要な技術です。

 これにより、夜のシーンなど暗い場面でもしっかり映像が分かるような解像感も期待できます。

 4Kパネル搭載が標準となってきている現在ですが、HDR規格の搭載は、その次に「標準」になると言われています。

 事実、次世代のブルーレイ規格Ultra HD ブルーレイでは、HDR規格が採用されました。また、新4K放送でも、HLG形式のHDRが採用となっています。

 201809012212.jpg

 さらに、東芝の場合、アドバンスドHDR復元に対応します。

 そのため、HDR規格に対応しない通常のTVについても、画像のクオリティをひき上げることが可能です。

 201803292215.jpg

 倍速液晶は、4Kダイレクトモーション120を搭載します。

 倍速液晶とは、放送局から送られてくる信号(絵)の2倍にあたる毎秒120枚のフレームの表示を可能にする技術です。テレビの側で、2枚のフレームの中間画像を生成することで可能にします。

 これにより、モータースポーツや球技など動きの速い画像の画質が格段に上昇します。画面の大きな、40インチオーバーの液晶では重要になる技術です。

 ただし、東芝の場合、LEDバックライトの点滅制御で倍速を仮想的に実現する仕組みなので「2倍速相当」という表現となります。

 なお、PCモニターでは「オーバードライブ」とも呼ばれる技術です。

  201809012349.jpg

 画像エンジンは、同社のレグザエンジンGを搭載します。

 処理能力の高い画像エンジンを装備する製品は、ソフト的に画像を高度に処理する技術が多く採用されます。

 この機種は、低解像度画像の「高精細化」をはかるための4K精細感復元や、文字や映像の「ノイズ除去」のための4K/地デジノイズクリアを機能として持ちます。

 上位機と比べると、超解像処理がされない点、クラウド経由の補正に非対応という部分はありますが、他社の同価格帯のテレビより相当充実します。

 多くのかたは、地デジやBSなどを見るために購入するのでしょうし、地デジ用のソースを4K高画質に変換する機能(4KビューティーX)が充実する東芝機は魅力的です。

 ソースの粗い昔のアニメや、再放送番組に「強い」と言われるのは、この部分が理由です。

 201503051228.jpg

 その上で、東芝は、画質の自動調整機能も充実します。

 ネット動画モードや、アニメモードなど多彩なモードを搭載します。

 201803292205.jpg

 録画機能は、通常のハードディスクを使用した場合は、2TBで約241時間の録画ができる計算です。

 また、こちらはトリプルチューナー搭載なので、2番組録画が可能です。

 また、レグザリンクによるダビング10対応で、パナソニックのディーガなどのレコーダーにムーブやコピーもできます。

 202003071635.jpg

 東芝は、録画機能もわりと充実しています。

 ジャンルや時間帯などのテーマを設定することで「おまかせ」で録画してくれる「みるコレ」機能は、とくに力を入れて宣伝します。

 また、録画した番組だけで、「専用の番組表」が自動生成されるため、使い勝手が良いです。同社が昔から保っていた、タイムシフト技術の進化形でしょう。

 201806282050.jpg

 【1TBモデル】

 ・バッファロー HDV-SQ1.0U3/VC
  ¥13,191 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 一方、本機は、SeeQVaultという新しいコンテンツ保護技術にも対応します。

 これまでは、TVの録画機能の場合、TVが壊れて買い換えた場合、新しいTVに従来の録画データを写すことはできませんでした。

 しかし、この機能は対応するUSBハードディスクを増設すれば、新しいTV(別のテレビ)でも再生できるようになります。

 201909051610.jpg

 番組表は、東芝の場合、カラフルで情報量が多く、また視認性が良いです。

 この部分では全く問題額、見やすく、便利に作られています

 番組表からすぐに録画に入ることができます。

 無線LANも、内蔵です。

 高速な11ac規格に対応するなど、この部分も力を入れます。

 201710271812.jpg

 映像配信サービスは、充実します。

 YouTubeをはじめ、Netflix dTV DAZN ひかりTVなどメジャーなサービスは全て対応です。

 契約があれば、PCなどの介在なしで自由に見れます。NetflixやひかりTVなどの4K配信にも対応するため、TVの実力を手軽に確かめられるでしょう。

 202003071609.jpg

 スピーカーの音質は、東芝が力を入れる部分です。

 本機も、大きめのバスレフ型フルレンジスピーカーを搭載します。

 ただ、上位機と較べると総合出力が14Wと弱めで、差を付けています。

 201809072118.jpg

 音声アシスタントサービスは、東芝の場合、AmazonのAlexaに公式対応します。

 【Amazon Echoの比較記事】で書いたような対応スピーカーを購入した場合、Wi-Fi経由で、テレビの入/切、ボリューム、チャンネルなどの操作が音声にて可能です。

---

 以上、東芝の340Xシリーズの紹介でした。

 入門機ですが、VA液晶であり、HDR10技術・倍速液晶などに対応するなど、画質面では、さすがに「高度」です。

 比較的格安で「直下型」を採用しているため、この価格帯では「画質重視機」として割と良い候補でしょう。ただし、上位機は、さらにエリア制御が加わり「すごみ」を増していくので、しっかりと比較することは重要です。


 202003071511.jpg

 【2020年2月発売】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  4・東芝 REGZA 43M540X
   ¥79,530 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【50インチ】

  5・東芝 REGZA 50M540X
   ¥92,180 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  6・東芝 REGZA 55M540X
   ¥103,862 楽天市場 (9/15執筆時)

 【65インチ】

  7・東芝 REGZA 65M540X
   ¥141,295 楽天市場 (9/15執筆時)

モニターパネル:VA
バックライト:直下型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート:4K+HDR
BS/CS 4K用チューナー:付属

 540Xシリーズは、2020年新モデルの東芝の4Kテレビでは、「入門機の1つ上位の製品」という位置づけです。

 ただ、下位の340Xシリーズと、さほど大きな違いはないので、違う点を「詳しく」、その他の部分は「あっさり」説明します。

  201905310941.jpg

 液晶パネルは、VA液晶パネルで、バックライトは、エッジ型バックライトです。

 筐体の形状は340Xシリーズとほとんど変わらないので、仕様も同じです。

 201905310948.jpg

 4Kチューナーは、一方、本機は、新4K放送チューナーをダブルで搭載します。

 下位種の場合、新4K放送の「裏番組録画は不可」でしたが、今回から対応となりました。

 201603100953.jpg

 HDR10技術は、下位機種同様に、対応です。

 アドバンスドHDR復元にも対応します。

 倍速液晶も、4Kダイレクトモーション120を搭載ですから、同じです。

 202003071618.jpg

 画像エンジンは、一方、このグレードから、レグザエンジン Cloudを搭載します。

 今年の東芝の「新機軸」となる部分です。要するにネット上のクラウドから、視聴中の番組ジャンル情報を取得する仕組みです。

 下位機の場合、エンジンが「推測」して画質を調整していく仕組みですので「間違い」もあるでしょうが、この方式だと、コンテンツを正確に理解するため、調整精度が期待できます。

 ネット接続をしていない場合は、従来方式になるとはいえ、よい方向性の改善でしょう。

 202003071628.jpg

 そのほかの画質調整部分では、このグレードから、おまかせAIピクチャーに対応します。

 利用する部屋の照明色を把握できるため、それに合わせて適切に画像を調整します。

 このブログにも【LEDシーリングライトの比較記事】がありますが、最近は、調色できるのが普通なので、良い機能だと思います。

 ネット動画の高画質化にかんするネット動画ビューティもこのグレードからとなります。

 録画機能は、下位機種と同様です。

 「みるコレ」にも、SeeQVaultにも対応します。

 そのほか、スピーカーが20W出力になっている点が、下位機との違いです。

 番組表の部分などの機能は、下位機種と同じなので、説明は省略します。

---

 以上、東芝の530Xシリーズの紹介でした。

 下位機種と比較する場合、新4K放送のチューナーの数のほか、レグザエンジン Cloud PROの効力で、画像の自動補正の部分で性能が期待できる製品です。

 この部分は今年の東芝の技術革新の「キモ」となるため、値段で選ぶとしても本機のほうが良いと思います。

----

 201905310934.jpg

 【2019年6月発売】【新4K衛星放送対応機】

 【40インチ】

  8・東芝 REGZA 43M530X
   ¥63,900 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【50インチ】

  9・東芝 REGZA 50M530X
   ¥85,680 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  10・東芝 REGZA 55M530X
   ¥92,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【65インチ】

  11・東芝 REGZA 65M530X
   ¥139,394 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 なお、本機については、2019年モデルの530Xシリーズが現在も残っています。

 主な相違点は、画像エンジンの部分で、本機は、1世代前のレグザエンジン Evolution-Sとなります。

 そのため、クラウドからの番組情報の取得に対応しない機種です。

 また、室内照明色は把握できますが、(クラウド情報が取得できないので)コンテンツに合わせた調整まではできません。

 加えて、バックライトの配置が、新製品と異なりエッジ型です。

 この点について言えば、東芝の場合、エッジ型でも「ダイナミックグローバルディミング」という、映像エンジンを利用する独自の輝度制御機能(エリア制御)を搭載します。そのため、階調表現は(他社のエッジ型入門機に比べれば)良いとは言えます。

---

 201905311008.jpg 201905311008.jpg

 【2019年6月発売】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  12・東芝 REGZA 43RZ630X
   ¥173,800 楽天市場 (9/15執筆時)

 【50インチ】

  13・東芝 REGZA 50RZ630X
   ¥171,640 楽天市場 (
9/15執筆時

 なお、昨年までは、さらに1グレード高い、630Xシリーズがありました。 

 530Xシリーズと比較する場合、パワーアップしている部分は、録画機能です。

 201905311019.jpg

 いわゆる「全録」対応機になります。

付属」する2TBハードディスクで、地上波デジタル放送6チャンネルを約40時間分自動録画する「タイムシフト機能」が付属します。

 別売の外付けハードディスクを購入する場合3日以上、チャンネルや録画時間を制限する場合は1週間以上の録画も可能です。

 なお、「全録」については、【東芝レグザブルーレイレコーダーの比較記事】でかなり細かく説明しています。

 ニュアンスは同じなので、全録について、より詳しく知りたい方はご覧ください。ただ、本機についても、「エッジ型バックライト」には変わりません。

 そのため、全録対応を希望する方で、画質も重視したい方は、続いて紹介していく、同社の上位機が良いでしょう。


 201905311037.jpg

 【2020年2月発売】【新4K衛星放送対応機】

 【50インチ】(今秋追加発売)

  15・東芝 REGZA 50Z740X
   ¥169,337 楽天市場 (9/15執筆時)

 【55インチ】

  16・東芝 REGZA 55Z740X
   ¥152,210 楽天市場 (9/15執筆時)

 【65インチ】

  17・東芝 REGZA 65Z740X
   ¥238,000 楽天市場 (9/15執筆時)

モニターパネル:低反射高コントラスト液晶
バックライト:直下型+エリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
BS/CS 4K用チューナー:付属

 東芝Z740Xシリーズは、東芝の4K液晶テレビの2020年モデルの最上位機です。

 202003071703.jpg

 液晶パネルは、VA液晶です。

 ただし、東芝独自の「味付け」をなした、「ブランド液晶」です。

 表面上に反射防止処理をなした「低反射高コントラストパネル」であり、下位機と差を付けています。

 201809012144.jpg

 バックライトも、このグレードからは、直下型配列式のLEDバックライトです。

 液晶は自発光しないので、どの機種も後ろからライトで照らす構造になっています。

 諸方式ありますが、直下型配列式は、本体の厚みを薄くしにくいデメリットはありますが、画質は抜群で、色ムラが生じにくい方式です。

 下位シリーズのような、エッジ型に較べて、全面直下式は、輝度の点でとても有利です。

 4K解像度をフルに活かすには、輝度制御は現在最も重要な部分なので、多少予算をかけても、直下型を選ぶのは意味があります。

 201809012146.jpg

 さらに、東芝の場合、エリア制御対応全面直下LEDバックライトを採用します。

 直下型を搭載する機種は他社機にもありますが、「合わせ技」でエリア制御まで搭載する機種は限られるため、結構重要です。

 リアルブラックエリアコントロールという名称ですが、明かりの点滅制御の高度化で、輝度調整を高度化しました。

  IPS液晶でも十分な奥行感(3D感)を感じさせるでしょう。

 201905310948.jpg

  4Kチューナーは、こちらも、ダブルで搭載です。

 BS/CSの4K放送を別売の専用チューナーなしで視聴可能です。

 201809012149.jpg

 HDR10技術は、こちらも対応します。

 下位機種よりも精度の高いAI機械学習HDR復元を搭載しており、規格に満たない水準の画像により強くなっています。

 201803292221.jpg

 倍速液晶は、下位機種より強化されます。

 4倍速相当の4Kクリアダイレクトモーション480を搭載します。こちらは、しっかり2倍速パネルを採用した上で、LEDの点滅技術を合わせているため「4倍相当」となります。

 いずれにしても、動きのある映像に「より強くなった」と言えます。

 なお、倍速液晶は、スポーツなどの速い映像に強いほか、高倍速の液晶の場合、コマ数が少ないアニメについても中間の動きを再計算するため、動きがなめらかになります。

 201905311107.jpg

 画像エンジンは、このグレードから、レグザエンジン Cloud PROを搭載しています。

 この部分は、注目点です。

 先述のように、東芝の下位機種は、画像解析による、低解像度画像の「高精細化」「ノイズ除去」の部分で充実していました。

 この機種の場合、これらに加えて、高度な「超解像技術」が機能として加わります。

 201905311100.jpg

 超解像技術の搭載は、低レベルの画質の底上げにつながります。

 この技術を搭載するテレビは他社にもありますが、東芝の場合、前後のフレームまで解析する「フレーム間処理」をしている点と、繰り返し3回の解析を行う点でより高度です。

 他社搭載機は、1フレーム(静止画)だけ見て解析する「フレーム内処理」に止まっており、この点でこの機種は優秀です。

 なお、この技術は、2019年から「AI超解像技術」と名前を変えました。

 そして、新しい深層学習テクノロジーで画像の「ギラつき」の抑制について、軽減をはかっています。

 2019年は、かなりこの部分に力を入れて変更が加えられました。

 例えば、従来2段階刻みだった、「超解像度技術」が、3段階の処理となったこと、美肌リアライザーHDRの搭載で、(通常画質以外に)HDR画像の肌の質感も改善できるようになったことなどが、確実に進化している印象です。

 201906011539.jpg

 このほか、自社の味付けをして、パネルの発色を良くする「広色域化技術 Pro」も搭載しますが、全体として、色つけは自然でバランス重視です。

 201909051651.jpg

 録画機能は、「全録」対応のタイムシフト機です。

 ハードディスクの大きさに応じて、上波デジタル放送6チャンネルを自動で録画し、番組表から「過去数日分の番組」を振り返って見ることができます。(通常録画も可能です)

 一方、ハードディスクは「別売」となる点、注意してください。おすすめ機については、最後に改めて紹介します。

 映像配信サービスは、Netflixの4Kサービスや、DAZNを含めて下位機種同様に対応です。

 201705061336.jpg

 スピーカーの音質は、東芝としては上位の仕様です。

 ONKYOと共同開発の大型バスレフボックス2ウェイスピーカーを採用します。

 さらに、重低音の強化のためウーファーが別に2つ付属するため、「レグザ重低音バズーカオーディオシステム PRO」と名付けています。

 東芝は、上位機の付属スピーカーに特にこだわりを見せるメーカーです。

 実は、本機の旧モデルをAtlas別宅に導入したのですが、音について(うるさい)家人にも好評です。

 音声アシスタントサービスは、下位機種と同じで、AmazonのAlexaに公式対応します。

----

 以上、東芝Z740Xシリーズの紹介でした。

 下位機種と比べて、パネル性能・バックライト+エリア制御・映像エンジン・音質の部分で、相当レベルアップしています。

 東芝のラインナップの中でも、この機種については、相当気合が入った良い機種だと評価できます。やや高めですが、ネットならば、それなりに安く買えるでしょう。

 予算があればこの機種はとても良い選択肢です。

---

 201905311037.jpg

 【2019年6月発売】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  18・東芝 REGZA 43Z730X
   ¥110,700 楽天市場 (9/15執筆時)

 【49インチ】

  19・東芝 REGZA 49Z730X
   ¥134,478 楽天市場 (9/15執筆時)

 【55インチ】

  20・東芝 REGZA 55Z730X
   ¥150,000 楽天市場 (9/15執筆時)

 【65インチ】

  21・東芝 REGZA 65Z730X
   ¥313,610 楽天市場 (9/15執筆時)

モニターパネル:低反射IPS/VA液晶
バックライト:直下型+エリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
BS/CS 4K用チューナー:付属

 なお、このグレードの製品も同様に、2019年モデルとなるZ730Xシリーズが残っています。

 こちらについては、手頃なサイズ感である「43インチ」もラインナップされています。

 201809012151.jpg

 液晶パネルは、新機種と違って、65インチ以外は、IPS液晶が採用されています。

 IPS液晶パネルは一般的に、VA液晶より高品質と言われる液晶です。

 使われていると「安心感」があるパネルで、視野角が広く、目が疲れにくい高品質パネルです。

 さらに、こちらは、表面コーティングに東芝独自の工夫を添えた、いわゆる「ブランド液晶」です。そのため、「高コントラストIPS液晶パネル」という特別な名称を持ちます。

 また、グレアではないので、外光反射の問題も少ないと思います。IPS液晶ながら、黒も引き締まって見えます。

 なお、65インチだけは、今年度と同じで、特殊処理した低反射VAパネルです。

 202003071718.jpg

 画像エンジンは、Z740Xシリーズより一世代前のレグザエンジン Professionalです。

 そのため、先ほど紹介したような、ネットから番組のジャンル情報を取得しての画質調整機能は、利用できません

 ただ、それ以外の部分は、マイナーチェンジです。

 要するに、画質に関わる部分、つまり、超解像技術・直下型LED配置など大事な部分は同じです。価格も(高位グレードだけに)旧機種の値下がり幅が大きいです。

 このほか、新型で省略された、スカパーの4K用のチューナーもこちらは搭載です。

---

 結論的にいえば、東芝機で現状でも最も「安くてお買得感」を感じるのは、Z730Xシリーズです。

4・シャープの4K液晶TVの比較

 201805121019.jpg

 続いて、シャープの4K液晶の紹介です。


 202006111401.jpg

 【2020年6月発売】【新4K衛星放送対応機】

【40インチ】

 22・シャープ AQUOS 4T-C40CL1
  ¥93,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

【43インチ】

 23・シャープ AQUOS 4T-C43CL1
  ¥92,951 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

【50インチ】

 24・シャープ AQUOS 4T-C50CL1
  ¥95,840 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

【55インチ】

 25・シャープ AQUOS 4T-C65CL1
  ¥131,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:4K低反射液晶パネル
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート;4K
BS/CS 4K用チューナー:付属

 シャープの4KテレビCL1シリーズは、同社の4Kテレビの入門機です。

 画面サイズは、40・43・50・55インチと4サイズのラインナップです。

 000042476.jpg

 液晶パネルは、パネルが自社生産できる点で、シャープの最大の「売り」の部分です。

 この製品は、高品質液晶である4K低反射液晶パネルを採用します。

 映り込みが少なくなるような低反射タイプの液晶で、IPS液晶よりも視認性が高い技術水準の高い液晶です。

 バックライトは、ただしエッジ型で、LEDバックライトのエリア制御には非対応です。

 先ほども書きましたが、エッジ型は、直下型LED配置に比べると、明暗の差を出すのが苦手です。

 ただし、40インチの4T-C40BJ1についてのみ、例外的に「直下型」なので、この部分を気にする方は良いかもしれません。

 201812181817.jpg

 4Kチューナーは、搭載です。

 東芝と同じで、新4K放送用のチューナーをダブルで搭載するので、BS・CS4K放送を見ながら裏番組も録画できます。

 201803292318.jpg

 HDR10技術は、この機種も対応します。新衛星放送に使われるHLG規格も東芝同様にフォローです。

 画像の立体感や解像感は未対応機よりも高いでしょう。

 一方、本機は「HDRアップコンバート」技術の搭載には言及がないです。

 202006111413.jpg

 画像エンジンは、Medalist S1 を搭載します。

 東芝と同様、低解像度ソースの「高精細化処理」のため「4K Master アップコンバートプロ」を搭載します。

 その上で、輝度を再計算し、明暗表現を整える「スマート アクティブ コントラスト」と、光学設計の最適化で輝度ピークを従来比で20%向上させた「リッチブライトネス」という高輝度機能を備えます。

 後者については、輝度表現が重要なHDRやHLGのために新搭載となった技術で、新4K衛星放送などの視聴には有効だと思われます。

 202006111420.jpg

 その上で、同社のTVではお馴染みといえる、パネルの発色を良くする「広色域化技術」として、リッチカラーテクノロジーも搭載します。

 色調を調整することで、シャープは、他社標準より「鮮やかな」画面です。

 倍速液晶は、2倍速相当が搭載されます。

 こちらも、バックライト制御によって「2倍速相当」を実現するものです。動きのある映像にもある程度対応できるでしょう。

 録画機能は、USB接続のハードディスクを使用した場合、利用可能です。

 2TBで約174時間の録画ができます。また、この機種は、2番組同時録画に対応します。

 ただし、新4K放送の録画については、繰り返しになりますが、「裏番組録画」までの対応です。

 202006131359.jpg

 番組表は、シャープも見やすく、便利に作られています

 とくに、シャープは他社に先駆けて、番組表を4K画質で作っているため、視認性が良く、情報量も多いです。純粋に、番組表画面の見やすさだけで言えば、この点で他社を出し抜いています。

 ジャンル別・キーワードで番組を検索することもできます。また、検索結果に基づいて、番組表を色分け表示にすることも可能です。オススメ番組を自動でお知らせする機能も付きます。

 202006111431.jpg

 無線LAN内蔵です。

 これを使った機能としては、ココロビジョン機能も見所です。

 TVの視聴傾向から、AIがオススメ番組の情報を教えてくれる機能が付属します。

 そのほか、シャープの「ココロエンジン」に対応したIOT家電について、その稼働状況をテレビでも確認できる」「COCORO HOME」も、面白い試みです。

 ちなみに、IOT家電間の連携は、日本の家電メーカーでは、同社が最も力を入れており、先行しています。

 201803292333.jpg

 映像配信サービスは、相当充実します。

 というのも、AndroidTVに対応するためです。豊富なネットコンテンツを便利に利用できる利便性はあるでしょう。

 202006111424.jpg

 スピーカーの音質は、「フロントオープンサウンドシステム」という名前で、主に中音域のクリアさ重視しています。

 そのため、ニュースやドラマのセリフの聞き取りなど普段使いにはある程度は良いでしょう。一方で、迫力のある重低音や高音域の伸びなどは、出力から見てもあまり望めないです。

 音声アシスタントサービスは、Google系のGoogle アシスタントを基本搭載します。

 リモコンのボタンを押すことで利用可能です。

 201705061428.jpg

 その他、面白い部分は、視聴位置が動かせるスイーベル式台座を採用している点です。

 最近の大型ディスプレイは、総じて固定式である点を考えると、この部分は「面白い」試みですね。

---

 以上、シャープの4KテレビCL1シリーズの紹介でした。

 高品質の4K液晶パネルを搭載している点、性能の期待できる新エンジンを搭載する点が魅力です。4Kの映像美を堪能するには最も大事な部分ですので、この点はこの機種の売りでしょう。

 一方、バックパネルは、輝度表現に難があるエッジ型です。ソフト的に補正する「スマート アクティブ コントラスト」があるとはいえ、画質重視ならば、多少マイナスでしょう。

 また、HDR10についてSDR画像からのアップコンバートに言及がないのも、多少ネックです。

ーーー

 201909051704.jpg

 【2019年7月発売】【新4K衛星放送対応機】

【40インチ】

 26・シャープ AQUOS 4T-C40BJ1
  ¥67,299 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

【45インチ】

 27・シャープ AQUOS 4T-C45BL1
  ¥82,019 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

【50インチ】

 28・シャープ AQUOS 4T-C50BL1
  ¥79,790 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

【55インチ】

 29・シャープ AQUOS 4T-C65BL1
  ¥119,225 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:4K低反射液晶パネル
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート;4K
BS/CS 4K用チューナー:付属

 なお、本機には、旧機種となる、CL1シリーズとBJ1シリーズが残ります。

 新機種と較べた場合、画像エンジンが旧式で、スマートアクティブコントラストが非搭載です。エッジ型バックライトの問題点を克服するには、これは割と大きな部分です。

 ただ、旧機種については、40インチの4T-C40BJ1のみ、バックライトが直下型でしたので、この機種に限っては、選択肢にしても良いでしょう。

---

 201912141559.jpg

【2019年10月発売】【新4K衛星放送対応機】

【40インチ】

 30・シャープ AQUOS 4T-C40BH1
  ¥65,124 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

【50インチ】

 31・シャープ AQUOS 4T-C50BH1
  ¥76,440 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

【60インチ】

 32・シャープ AQUOS 4T-C60BH1
  ¥113,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:4K低反射液晶パネル
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:なし
コンバート;4K
BS/CS 4K用チューナー:付属

 さらに、シャープの旧機種の場合、「シンプルモデル」として「もう1ランク安い」BHラインがありました。

 201912141623.jpg

 本機も新4K放送チューナー搭載や、4K低反射液晶パネル搭載機ではありますが、倍速液晶がなく、優れた画像エンジンも省略された製品です。

 無線LAN非搭載ですから、映像配信サービスにも対応しません。

---

 結論的にいえば、高画質を得るために必要な機能を削り過ぎている製品です。

 シャープ機としては、おすすめできない機種です。


 202006111458.jpg

 【2020年6月】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  33・AQUOS 4T-C43CN1
   ¥134,999 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【50インチ】

  34・AQUOS 4T-C50CN1
   ¥128,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  35・AQUOS 4T-C55CN1
   ¥170,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

  【60インチ】

  36・AQUOS 4T-C60CN1
   ¥117,677 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

  【70インチ】

   37・AQUOS 4T-C70CN1
   ¥240,666 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:N-Blackパネル
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート;4K
BS/CS 4K用チューナー:付属

 続いて、シャープの4KテレビCN1ラインの紹介です。

 シャープの場合、最上位機は8Kとなるため、4K液晶テレビでは、同社の最上位機機種となります。

 画面サイズは、70インチまでの5種のラインナップです。

 202006111502.jpg

 液晶パネルは、同社の「高級ブランド液晶」の1つであるN-Blackパネルを採用します。

 こちらは、下位機種よりも品質が良いパネルで、とくに、周囲のものがテレビに映り込むのを効果的に防ぎます。こうした加工には、特殊な素材が必要なため、高級機のみに搭載されます。

 バックライトは、本機も、エッジ型です。

 202006111511.jpg

 一方、本機も画像エンジン「Medalist S1」を装備します。

 そのため、画質に関わるその他の部分は、1つ上で紹介した下位機、CL1シリーズと同じです。

 4Kチューナーも、2チューナー搭載です。

 202006111515.jpg

 倍速液晶は、ただし、4倍速相当です。

 その点で言えば、下位機種よりスピードのある映像に強いです。

 202006131359.jpg

 番組表も、下位機種と同様、4K画質対応です。

 シャープの強い部分で、見やすく便利に作られています

 映像配信サービスも同様で、下位機種同様に、AndroidTVに対応です。

 202006111524.jpg

 スピーカーの音質も、下位機種より期待値が高いです。

 本機は、シャープの自社開発のFRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUSを採用するからです。

 中・低音域用のミッドレンジウーファー高音域用のトゥイーターが左右に2機ずつ付属するうえ、低音をより強調するサブウーファーが中央に1機配置されるのが特徴です。

 東芝の最上位機ほどではないですが、スピーカーには気を使っている機種です。別売のTV用スピーカーなどを購入しないならば、こちらは良いと思います。

 なお、70インチ機に限っては、同じ構成ながら、スピーカー角度を調整し試聴範囲を拡げた「 WIDE AREA SOUND SYSTEM」を採用します。

 その他の部分は、画面の角度調整できる点を含め、下位機種と同じです。

---

 以上、シャープのCN1ラインの紹介でした。

 映り込みの少ない品質の良い液晶と、8倍速の液晶を採用する点が、売りの機種です。

 難点はさほどない機種ですが、HDRのアップコンバートに標準対応しない点は、他社と比較した場合に、やや残念かもしれません。

ーーー

 201909051730.jpg

 【2019年7月】【新4K衛星放送対応機】

 【45インチ】

  38・AQUOS 4T-C45BN1
   ¥85,900 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【50インチ】

  39・AQUOS 4T-C50BN1
   ¥94,079 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

  【60インチ】

  40・AQUOS 4T-C60BN1
   ¥153,374 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

  【70インチ】

  41・AQUOS 4T-C50BN1
   ¥210,353 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:N-Blackパネル
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート;4K
BS/CS 4K用チューナー:付属機あり

 なお、本機についても、2019年発売の旧機種が残っています。

 相違点は、下位機種同様に画像エンジンの部分です。それにより、「スマートアクティブコントラスト」と「リッチブライトネス」という2つの機能がが非搭載です。

 その他の部分は、Googleアシスタントを搭載しない点くらいの違いで、パネル品質・スピーカー品質も同等で、8倍速液晶も付きます。

---

 画像に関わる2つの機能は、特に新4K放送視聴にはあって損がないので、基本は新機種をオススメします。

 ただ、当分の間、視聴するつもりがないという方は、普通のコンテンツを見る分にはあまり差がないので、本機でも良いと思います。

第2回記事に続く!
4K液晶テレビのおすすめ機種はこちら!

 というわけで、今回は4Kに対応する液晶テレビを紹介しました。

 しかし、記事はまだ「続き」ます。

  201809012006.jpg

1・東芝・シャープの4Kテレビ
2・ソニー・パナソニックの4Kテレビ
3・LG・三菱・ハイセンスの4Kテレビ
4・新興ブランドの激安4Kテレビ
5・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】

 つづく第2回記事こちら)では、ソニーの「BRAVIA」とパナソニックの「VIERA 4K」を紹介します。

 201809011946.jpg  

1・映像の美しさ  ★★★★★
2・目の疲れにくさ ★★★★★  
3・音質の良さ   ★★★★★
4・ネット動画   ★★★★★
5・番組表     ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 その上で、5回目の結論こちら)では、全機種から、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種!を提案します。

 しかし、お時間のあるかたは、引き続き、2回目記事をお読み頂くよう、よろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら

 ーーー

 また、今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 15:14 | 映像機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png