Top カメラ 比較2024’ Vlog動画向きカメラ43機の性能おすすめ・選び方 (1)

2024年01月30日

比較2024’ Vlog動画向きカメラ43機の性能おすすめ・選び方 (1)

【今回レビューする内容】 2024年 4K動画対応!ビデオログ向け高品質デジカメ・ミラーレスの性能とおすすめ・選び方:4K動画撮影 Video blog YouTube撮影 自分撮り セルフィ動画・連続撮影時間の違いほか

【比較する製品型番】SONY VLOGCAM ZV-1 II ZV-1M2 ZV-1M2G ZV-E10L B ZV-E10L W ZV-E10 B ZV-E10 W VLOGCAM ZV-1F VLOGCAM ZV-E1 B S ZV-E1L B S パナソニック LUMIX DC-G100DK-K DC-G100DV-K DC-G100DW-K DC-G100K LUMIX DC-G100V LUMIX DC-GH6 DC-GH5 ニコン Z 30 Z30LK Z30WZ CANON EOS R50 PowerShot V10 PSV10SL PowerShot V10 PSV10BK PowerShot V10 PSV10TRIPODKITBK FUJIFILM X-S20 ほか

今回のお題
動画撮影に向くカメラのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2024年1月現在、最新のVLOG動画向けのデジカメを比較します。

 普通のデジカメ型ほか、少し高級・高画質なミラーレス型も含めて紹介します。

 202109011742.jpg

1・Vlog 動画向けカメラの比較 (1)
 1-1:選び方の基本の説明【導入】
 1-2:ソニー
2・Vlog 動画向けカメラの比較 (2)
 2-1:パナソニック
 2-2:キヤノン
 2-3:ニコン
3・Vlog 動画向けカメラの比較 (3)
 3-1:富士フイルム
 3-2:最終的なおすすめの提案【結論】

 今回の記事で見るのは、以上の各社がが出している、Vlog(ビデオブログ)に特化した高性能デジカメになります。

 201809041234.jpg

3・ビデオカメラの比較 (1)

 一方(本当に)動画専門の「家庭用ビデオカメラ」は記事が別です。

 比較ポイントが大きく変わるため、完全に記事を分けています。

 おそれいりますが、以上のリンク記事をお読みください。

  202109011834.jpg

4・アクションカメラの比較

 そのほか、GoPro・DJI OSMO製品など、超小型のビデオカメラも記事も別にしています。

 このジャンルだと、Vlogにも使える製品はもないこともないですが、ジャンルとして特殊なので記事を完全に分けました。

 よろしくお願いします。

動画の画質    ★★★★★
写真の画質    ★★★★★
軽量性      ★★★★★
ズーム倍率    ★★★★★
手ぶれ補正    ★★★★★
連続撮影時間   ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 というわけで、比較をはじめます。

 なお、途中で内容が分からなくなった場合も、記事の最後で、上のような基準で、全機種から「Atlasのオススメ機種」を簡単にピックアップします。

 安心してお読みください。

ーーー

1・高画質な小型デジカメの比較【3倍-】
2・高倍率な中型デジカメの比較【16倍-】
3・単焦点のデジカメの比較
4・入門用の格安デジカメの比較
5・高耐久の防水デジカメの比較
6・Vlog動画向けデジカメの比較

7・ミラーレス一眼の比較
8・一眼レフカメラの比較
9・デジカメ全体の選び方【解説】

 なお、今回の記事は、このブログのデジタルカメラの比較記事全体としては、6回目記事として書きました。

1-1・動画用デジカメの選び方の基本

 202007161806.jpg

 はじめに「動画用カメラの選び方の基本」について、簡単に触れておきます。

 「家庭用ビデオカメラ」でなく(わざわざ)「動画専用カメラ」を導入する意味はどこにあるのか?という話がメインとなります。

 スティックが付いていて「なんとなく、格好良い!」という以上の意味があります。

1・撮像素子
2・撮影時間
3・フォーカス
4・ズーム倍率
5・長時間の持ちやすさ

 上表のような順番で、いくつかのポイントをあげて説明します。

  202107291803.jpg

 いかでは、写真のような(昔からあある)「家庭用ビデオカメラ」と、(今どきな)「動画専用カメラ」とを比べながら、それぞれの「メリット」と「デメリット」について解説します。


  202007161710.jpg

 第1に、撮像素子です。

 撮像素子とは、画像を電磁データに変換する部品です。カメラの画質を決定する「心臓部」といえます。

 大きいほど光(情報)が多く集められるので、写真(動画)画質が上がります。

  202109011906.jpg 

 昔からある「家庭用ビデオカメラだと、撮像素子は、4K対応でも、1/2.5型程度であるのが普通です。

 「動画専用カメラ」は、その4倍サイズとなる1.0型の撮像素子を積むのが普通です。

 202109011915.jpg

 さらに、ミラーレス一眼をベースにしたものは、パナソニックはフォーサーズ、ソニーはAPS-Cと、面積がより大きな撮像素子を積んでいます。

  202003231510.jpg

 ちなみに「業務用ビデオカメラ」の場合、「1型」は、価格は20万円以上で、重さは2kgを超えてきます。

 それと比べると、1/2の値段1/4以下の重さで、高画質動画を楽しめるのが「動画専用カメラ」の良い部分といえます。

 202109011917.jpg

1・夜間撮影に強い
2・背景のボケ味を出せる
3・解像感の高い映像が撮れる

 画質面は、気になるところでしょう。

 撮像素子が大きいことによるメリット性は、多くあります。

 例えば、光が多く取り込めるので、ノイズクリアな夜間撮影・室内撮影ができます。また、ボケ味のある写真解像感のある写真が撮れます。

 この部分に興味がある方は、「動画専用カメラ」を選ぶことを「おすすめ」します。


  202108291719.jpg

 第2に、撮影可能時間です。

 この部分は、はっきりと、「家庭用ビデオカメラ」に比べて、欠点と言えます。

 202109021629.jpg

 ソニーの動画用ミラーレスを例にします。動画用では、現状で最も「タフ」な機種です。

 本機は、フルHD(60p)までなら、約60分の実撮影時間です。

 しかし、 4K動画/30pの場合は30分までです。

 これは「本体の廃熱」の問題なので、利用後、十分な時間を使って「冷ます」必要があります。家電の「定格運転時間」のようなものです。

 202203171440.jpg

 より正確に言えば、20万円を超える機種(ミラーレス)については、エアフローをファンを内蔵し、熱による電断なしに長時間撮影できる機種もあります。

 例えば、このブログでは【パナソニックのミラーレス一眼の比較】で書いた同社の上位機がそれにあたります。

 ただ、家庭用のビデオカメラに比べると、値段面で個人で購入するには少しハードルが高いです。

 とはいえ、特殊で、過酷な使い方をしないならば、Vlogなら、これでも問題ないでしょう。


 202112221511.jpg

 第3に、オートフォーカスです。

 自動での「ピント合わせ」のことです。

 一般的に、動画に向くフォーカスと、写真に向くフォーカスは、種類が少し異なります。

 ただ、最近の動画専用デジカメは、(さすがに)空間認識AF・ハイブリッドAFなど、動画に強いタイプのセンサーを使っています。

 202109012043.jpg

 その上で、瞳レベルのトラッキングなど、家庭用のビデオカメラより精度が良い部分もあります。

 この部分は、あまり大きな問題は感じません。



 202109012046.jpg

 第3に、ズーム倍率です。

 この部分は、動画専用デジカメは、明らかに弱いです。

  201906241508.jpg

 例えば、パナソニックの家庭用の4Kビデオカメラの場合、約400gの本体重量で、20倍ズームです。

 202109012003.jpg

 一方、同社のレンズ交換式の動画専用デジカメ(Gシリーズ)で10倍ズーム28mm〜280mm)を買うとします。

 その場合、重さが265gなので、総重量は700g弱になってしまいます。

 この部分は課題です。

ーーー

 可能性の話としても「軽量・高倍率」な新製品の登場はあり得ないでしょう。

 なぜなら、動画専用デジカメは、撮像素子の大きさとレンズの明るさが「売り」なので、そこを犠牲にして、小型化できないからです。

 市場規模からしても、基本設計をひっくるめて見直した「新製品」というのは難しそうです。

 結論的にいえば、現状の製品の枠内から、「重さ・ズーム倍率・画質」のうち、なにを重視したいのかを考えて、しっかり目的意識を持って選ぶのが良いです。


 202007161712.jpg

 第4に、長時間の持ちやすさです。

 これは、用途と個人的な「慣れ」に左右されるので、一概に言えません。

 ただ、Atlasが触った感じでは、シューティンググリップタイプは、とくに歩きながら「使いやすい」機種が多いです。

 プロ用素材というわけでなく、手持ちで気軽にVlog撮影するならば、問題ない水準です。

 ブレもさほど気にならないと言えます。

ーーー

  202108291650.jpg

 以上、動画専用デジカメにの「選び方の基本」を4点書きました。

 Atlasとしては、アーリーアダプタ以外の一般ユーザーでも、導入してよい時期にきたと感じます。

 Atlasも、(なかなか旅に出れない環境ですが)色々長期間試したい気持ちがあります。

 ローリングシャッター問題ほか解決すべき点も多いですが、家庭用のビデオカメラで、全ての問題を解決しているわけでもないでしょう。

---

 結論的にいえば、新しいものを試すことをためらわない方で、「4K画質を活かした芸術的な動画」を個人の楽しみとして気軽に作りたい方は、導入を考えて良いと思います。

 一方、解像度の部分で「4Kはまだ不要」という方もいるかもしれません。

 ただ、いわゆるマスターフィルムとして4Kで作っておけば、将来的に再利用も容易です。

 4K・8Kと出力側のテレビ・PCモニターの展開が速いので、HD画質だとさほど長くは使えなさそうです。

ーーー

  201804291305.jpg

 なお、(もうすこし細かめな)デジカメ全体の細かいスペック面での用語解説と、選び方の基本を書いた記事があります。

 「撮像素子・レンズの明るさ・フォーカス・ズーム」など、デジカメの基本部分を知りたい方は、カメラ全体の選び方の基本を書いた、10回目記事こちら)を後ほどお読みください。

 よろしくお願いします。

ーーー

 というわけで、具体的な製品の紹介をはじめます。 

1・Vlog 動画向けカメラの比較 (1)
 1-1:選び方の基本の説明【導入】
 1-2:ソニー
2・Vlog 動画向けカメラの比較 (2)
 2-1:パナソニック
 2-2:ニコン
 2-3:最終的なおすすめの提案【結論】

 カメラをベースにしたVlog向けは、ソニー・パナソニック・ニコンだけの展開なので、これらの製品を順番にみることにします。

1-2・ソニーのVlog向けカメラ


  202003072019.jpg

 はじめに、ソニーのカメラです。

 同社の場合、動画用は、高級ミラーレスを解像したものと、既存のミラーレス一眼を改良したものを展開します。

ーーー

 なお、以下では、高評価できるポイントは赤系の文字色で、イマイチなところは青字で表記していきます。


  202308090959.jpg

 【2023年発売】

 【カメラのみ】

 1・SONY VLOGCAM ZV-1 II ZV-1M2 B
 2・SONY VLOGCAM ZV-1 II ZV-1M2 W
  ¥104,504 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 【シューティンググリップキット】

 3・SONY VLOGCAM ZV-1 II ZV-1M2G B
 4・SONY VLOGCAM ZV-1 II ZV-1M2G W
  ¥119,495 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

撮像素子:1型CMOS(裏面照射型)
広角側の明るさ:F1.8
望遠側の明るさ:F5
画素数:2100万画素
光学ズーム:2.7倍
焦点距離 :18-50mm
手ぶれ補正:電子式
液晶モニター:3型タッチパネル(92万画素)
ファインダー:なし
AF:ハイブリッドAF (315点)
連写速度:24コマ/秒
動画:4K/30p
重さ:292g+215g

 ZV-1M2は、ソニーが、Vlogに特化した専用のデジカメです。

 レンズ交換は非対応の「普通のコンデジ」をベースにした製品です。

 (在庫があるので)後ほど違いを説明しますが、2021年発売のZV-1の後継機となる新型です。

 202308091005.jpg

 本体の重さは、電池込みで294グラムです。

 シューティンググリップを使っての撮影の場合、その重さを含めて507gとなります。

 スマホ約2台強の重さです。軽くはないですが、本機の画質の良さからすると十分軽いと言えます。

 202007161740.jpg

 動画撮影機能は、4K動画/30pの撮影に対応します。

 100Mbps配信用の映像もつくれます。

 なお、4K画質の場合、画素数はは800万画素あれば足ります。

 しかし、本機は、2000万画素以上の高解像度で撮影できるセンサーである点を活かして、上図の様に、オーバーサンプリングしています。

 この場合、画像のギザ付きなどが軽減できるので、解像感はより高くなります。

 202109021141.jpg

 スローモーション機は5倍スローまで可能です(120P/フルHD/100Mbps)。

 逆に、コマを減らし最大60倍の「クイックモーション撮影」も対応ですので、投稿動画でよく見るような、スピード感を意識した動画も撮れます。

 ただし、スローモーションは、音声と連動できないので、音は付けられません。

 間隔を開けつつのタイムラプス撮影も、小型アクションカム同様に対応といえます。

 202308091007.jpg

 Vlog向け機能は、特にショートカットが充実します。

 例えば、ボタン1つで「背景ぼけ」させる機能や、人間からもの(商品)へワンボタンでピントを切り替える「商品レビュー用設定などです。

 202109011848.jpg

 音声録音は、3つの集音マイクを内蔵します。

 その上に、風切り音低減のためにウインドスクリーンが付属する仕様で、配慮があります。

 外部マイクを利用しなくても、問題ないように設計されます。

 マルチインターフェース(MI)シュー(=接続端子)に、各種マイクを取り付けることも可能です。

 202109011850.jpg

 ・SONY ECM-XYST1M
  ¥14,804 楽天市場 (1/30執筆時)

 感度や指向性をいろいろ調整したい場合、ソニーは、2マイク式のECM-XYST1Mを推しています。

 同社のハンディカム(家庭用ビデオカメラ)の備品で、性能は良いです。

 202109011852.jpg

 この場合、無指向性と指向性を使い分けられます。【音楽用ICレコーダーの比較記事】でみた、同社の搭載マイクにも使われる技術です。

 202007161712.jpg

 ソニー シューティンググリップ GP-VPT2BT
  ¥12,532 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 撮影方法は、純正のシューティンググリップ(GP-VPT2BT)の利用を想定しています。

 グリップは、同社の一眼レフカメラの周辺機器としても売られます。

 あとから買っても同じです。

 このグリップは、三脚形状にして固定撮影もできるので、結構便利です。

 202308091008.jpg

 録画やズームなどのボタンがあるほか、C1ボタンに好きな機能を割り当てられるので、結構便利でしょう。

 202109022223.jpg

 モニターは、3型のタッチパネルで、広範囲(176×270度)に稼働するチルト式液晶です。

 自由に角度調整できるので、撮影はしやすいと思います。

 202108311131.jpg

 撮像素子は、1型を採用します。

 冒頭詳しく書いたように、これは、画質を決定づけるパーツです。

 ビデオ用デジカメは、スマホやビデオカメラと同じサイズだと、あまり意味はないので、しっかり大きめを採用します。

 なp、1型は(5万円以上の)「高級コンデジ級」のセンサーです。

 202007161722.jpg

 なお、本機は、「裏面照射型」という夜間などに強いセンサーを採用します。

 正確には、それをさらにパワーアップさせた「積層型Exmor RS CMOSセンサー」で、同社の新技術となります。

 画素数は、2100万画素です。

 画素数を高めれば写真の解像感がでます。

 しかし無理にあげるとノイズ処理力が落ち、最大のISO感度も低くなります。

 そのため、下手にあげると、暗いところでの撮影に不利になります。

 常用ISO感度は、しかし、動画時に、最高ISO12800相当です。

 数値が高いほど、夜間撮影でのノイズののりにくいといえますが、本機は、夜間対応の部分では、優れます。

 202007161725.jpg

 ズーム倍率は、2.7倍です。

 デジカメとしては、正直「しょぼい」スペックです。

 しかし、無理やり上げると、本体が重くなるので、この程度にしています。

 レンズの明るさは、広範囲が撮れる広角側(1倍ズーム)で、F値1.8です。

 F値はレンズの明るさを示す数字です。小さいほど明るいと考えてください。本機は「かなり明るく高性能なレンズ」と言えます。

 F値は「背景のボケ味」にも関係するため、この部分の品質も重視しています。

 202112221453.jpg

 手ぶれ補正は、電子式(アクティブ)です。

 ジャイロなどを利用する光学式の多軸補正はしない方式です。

 動画撮影においてもあっても損ではないのですが、手持ちの大ブレに強い「電子式」補正があれば、動画専用ならば「及第点」とは言えます。

 とはいえ、手持ちだと手ぶれ補正は、【ビデオカメラの比較記事】でみた、同社の家庭用のビデオカメラ水準ほどは効きにくいのだと、考えてください。

 202401301500.jpg

 ZHIYUN Crane M3S
  ¥51,150 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 なお、純正はないのですが、スタビライザー(ジンバル)と組み合わせれば、それなりに制御できるでしょう。

 202308091059.jpg

 オート撮影モードは、静止画・動画とももおまかせオートがあります。

 動画用(おまかせオート)は、細かく設定できませんが、勝手にシーンを判断してモードを変えて撮影してくれるので、慣れない誰かに撮って貰うシーンなどには有効でしょう。

 一方、効果という部分で言えば、シネマティックVlog設定として、フォトショップなどでの加工なしで、簡単に効果が付与できる機能が付きます。

 一般ユーザー向けにはわりと良いかなと思います。

 連写は、24コマ/秒です。

 写真撮影時限定の話ですが、強力です。

 202112221511.jpg

 オートフォーカス(=ピントが合わせ)も優れます。

 先述のように、動画と写真とで、適切なオートフォーカス方式は変わります。

 本機の場合、ファストハイブリッドAFです。

 動画に強いコントラストAFと、写真に強い像面位相差AFをダブルで搭載していて、適切な方を自動で選択して使う仕組みです。

 202112211725.jpg

 ちなみに、各方式について写真撮影時の能力をより細かく表すと上表のようになります。

 202109021215.jpg

 測距点が多いほど、写真では、自動でピントが合いやすいです。

 本機は、315点の像面位相差AFセンサーを持つ本格派です。

 202112211822.jpg

 顔検出機能は、本機は、顔の検出だけでなく、よりこまかい瞳にフォーカスできる瞳AFに対応するため、動く被写体に強いと言えます。

 本機の場合、動く瞳の追尾もできる精度です(リアルタイム瞳AF)。そのほか、瞳については動物も対応します。

 また、グループショットなど複数の「顔」がある場合、オートモードに限りますが、自動でフォーカスを調整する機能(複数人顔認識機能)も装備です。

 まあ、あまり考えずに、被写体を「タッチ」すれば、動いても勝手に追随すると思ってください(タッチトラッキング)。

 美肌撮影機能は、動画・静止画双方に付属します。

 202308091037.jpg

ネットワーク機能は、Wi-Fi 5Bluetooth 4.2です。

 本機の場合、新しいCreators' App対応です。

 スマホアプリでBluetooth接続設定をしておけば、転送時、勝手にWi-Fiに移行してくれるので便利です。接続が面倒な従来のソニーの弱点が消えています。

 自宅内ならルーター経由、外出先ならアドホックにつながります。

 202308081422.jpg

 Bluetoothは、一方、ペアリングしておく場合、時刻ほか、スマホの位置情報を取得できます。

 ただ、LE(ローエナジー)ではないBluetooth 4.2なので、スマホ・カメラ双方のバッテリーは減りやすいと思います。ここが次の改善点かなと思います。

 202109021229.jpg

 一方、本機は、PCにUSB接続させて外部WEBカメラとして運用できます。

 PC用に比べると、先述のように、レンズやAFが優れるので、ライブ配信など、何かしら使い途があるでしょう。

 201808251145.jpg

 SONY バッテリーパック NP-BX1
  ¥4,380 楽天市場 (1/30執筆時)

 バッテリーは、簡単に交換可能です。

 自宅で利用する場合は、USB経由で外部電源で動かすことも可能です。

 202308091040.jpg

 連続撮影時間は、バッテリー自体の実撮影時間としては、75分です。

 しかし、先述のように、本体の廃熱問題があるため、解像度が高い場合、そちらの方が早くきます。

 ただ、第2世代になって4K圧縮でも相当程度伸びたので、この部分は良くなったといえます。なお、オーバーヒート担った場合、しばらくの間、いったん「冷ます」必要があります。

---

 以上、ソニーのVLOGCAM ZV-1 IIの紹介でした。

 もともと静止画用のカメラを「魔改造」したモデルでしたが、第2世代になって、動画撮影により専門化させたより良いカメラになった印象です。

 実質的な撮影時間が延びたほか、レンズの変更で焦点距離(18-50mm)も動画には使いやすい仕様になったと思います。また、ネットワーク面の利便性も、新アプリ対応で大きく改善しました。

 レンズの明るさ・撮像素子のサイズ・フォーカス性能など、記事冒頭で書いた「あって欲しい要素」は、高レベルで網羅します。

 重さもそれなりに配慮がありますし、「初めてVLOGカメラ」を使う方向けにも優しい仕様であり、おすすめできます。

ーーー

  202007161654.jpg

 【2020年発売】

 【カメラのみ】

 5・SONY VLOGCAM ZV-1
  ¥79,800 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 【シューティンググリップキット付属】

 6・SONY VLOGCAM ZV-1G B
  ¥87,500 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

撮像素子:1型CMOS(裏面照射型)
広角側の明るさ:F1.8
望遠側の明るさ:F2.8
画素数:2100万画素
光学ズーム:2.7倍
焦点距離 :24-70mm
手ぶれ補正:光学+電子式
液晶モニター:3型タッチパネル(92万画素)
ファインダー:なし
AF:ハイブリッドAF (315点)
連写速度:24コマ/秒
動画:4K/30p
重さ:294g+215g

 なお、このグレードの第1世代の在庫が残ります。

 いくつか大きな違いがみられます。

 202007161710.jpg

 第1に、レンズです。

 旧型のレンズは、同じズーム率ですが、F値1.8-2.8と望遠側はより明るいレンズでした。

 ただ、画角が24-70mmだったので、より面倒な広角側の「背景ぼかし」は新機種のが得意でしょう。ビデオ利用に合わせた新レンズ採用だと思います。

 第2に、手ぶれ補正です。

 旧機の場合、電子式ほか、光学式手ぶれ補正(2軸)もありました。

 新機種は、電子式なので、ここも一見すると旧機種のが仕様が良いです。

 ただ、グリップを使っての動画撮影を考えた場合、必要不可欠でないと言えばそうなので、省略されたと言えます。とはいえ、静止画も撮るならば、旧機のが確実に良いです。

 第3に、オートフォーカスです。

 旧機の場合、動物認識ができないほか、複数の顔認識は対応できません。

 202109021632.jpg

 第4に、バッテリーの熱耐性です。

 稼働時間が新機種に比べて短いです。

 そのほか、スローモーションに対応するものの、低フレームレートのクイックモーション撮影ができない点、アプリが旧バージョン(Imaging Edge Mobilet)の点などのが目立つ違いと言えます。

---

 結論的にいえば、動画撮影に特化して言えば、値段差を加味しても、確実に新機種の方が、費用対効果は高いと言えます。

 旧機種を選ぶ理由は予算面、あるいは、静止画撮影も割とする場合に限ると言えるでしょう。個人的にも、今すぐ買うならば、アプリが新しくなった点だけでも新機種を選ぶと思います。

ーー

  202301111340.jpg

 【2022年発売】

 7・SONY VLOGCAM ZV-1F B
 8・SONY VLOGCAM ZV-1F W  
  ¥69,434 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

撮像素子:1型CMOS(裏面照射型)
広角側の明るさ:F2.0
望遠側の明るさ:
画素数:2100万画素
光学ズーム:1倍
焦点距離 :20mm
手ぶれ補正:電子式
液晶モニター:3型タッチパネル(92万画素)
ファインダー:なし
AF:コントラスト式 (425点)
連写速度:16コマ/秒
動画:4K/30p
重さ:256g+215g

 一方、 ZV-1F Bも、ソニーが2022年に発売したVlog用のカメラです。

 基本的な位置づけは、1つ上でみたVLOGCAM ZV-1シリーズ廉価版です。

 キャッチコピーも、「私とセカイ、瞬間エモーショナル」としていますし、本格的な政策向けではなく、少しカジュアルな層の取り込みを目指した機種でしょう。

 上位機と現状で値段差はさほどないですが、これは発売年の違いなので、徐々に差はつくと思います。

 202301111342.jpg

 光学ズーム1倍(=ズームなし)にした上で、F値を落としてレンズの部分で費用を削減しています。

 画角は20mmと広めに撮っているので、撮影時にズームなどあまり考えず(必要ならばあとでソフト的に処理するとして)使うような感じです。

 202112211725.jpg

 フォーカスも、ハイブリッド式ではなく、コントラスト式にしています。

 そのほか、ドライブ(連写)が落ちているほか、手ぶれ補整も電子式です。

 手ぶれは、このズーム倍率ならば不要でしょうし、ドライブも動画ならば関係ないので、支障がなさそうな部分から、「削いでいる」点は、メーカーによるうまい調整かなと思います。

 一方、本体の重さは、機能の省略で256gと少し軽量化しています。

 温度耐性は、一方、4Kで60分と、新機種と水準は同じです。

 その上で、アプリも本機は新しい新しいCreators' App対応ですので、(発売時期の関係もあり) ZV-1より良い部分はあります。

 あとの部分は、基本的にZV-1(初代)とほぼ変わらないため、上の説明をご覧ください。

---

 結論的にいえば、あまりカメラに詳しくない方向けに、機能を絞ったVlog撮影向け製品に思えます。

 先ほども書いたように、カジュアルなVlog撮影ならば不要、ないし、影響の少なそうな部分を「削った」だけなので、あまり凝った使い方をしないならば、実用上の違いは分からないかとおもいます。

 ただ、ズームがないのは不便と言えば不便ですし、フォーカス性能や静止画撮影についても差があります。だいぶ値段差がない限りは、(アプリ部分は古いのですが)ZV-1(初代)が良いかなと思います。

ーーーー

 なお、Vlog向けで、ソニーでは本機より安いモデルはないです。

202109011834.jpg

4・アクションカメラの比較

 代替案を挙げれば、アクションカメラの分野になろうかと思います。

 撮像素子サイズの関係で「芸術的な画質」とは、方向性が変わってくるのですが、カジュアルに4K動画を撮れればOKならば、DJI OSMO製品などは、候補になるでしょう。

 上記リンクで紹介しました。


 201910051040.jpg

 【2021年発売】【各色】

 【パワーズームレンズキット】

 9・SONY VLOGCAM ZV-E10L B
 10・SONY VLOGCAM ZV-E10L W
  ¥90,000 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 【ボディのみ】

 11・SONY VLOGCAM ZV-E10 B
 12・SONY VLOGCAM ZV-E10 W
  ¥73,000 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

撮像素子:APS-C 
広角側の明るさ:F3.5
望遠側の明るさ:F5.6
画素数:2420万画素
光学ズーム:3.1倍
焦点距離 :16-50mm
手ぶれ補正:光学+電子式
液晶モニター:3型タッチパネル(92万)
ファインダー:なし
AF:ハイブリッドAF (425点)
連写速度:8コマ/秒
動画:4K/30p
重さ:343g+116g

 VLOGCAM ZV-E10シリーズは、ソニーのミラーレス一眼型のVlog向けカメラです。

 同社のVlog撮影向け製品では、最も「本格的」なモデルになります。

 基はミラーレス一眼なので、レンズ交換できる仕様です。セットレンズを選ぶ方が多いと思うので、それを前提に説明をします。

  202108291712.jpg  

 ソニー シューティンググリップ GP-VPT2BT
  ¥12,282 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 重さは、343gです。

 ミラーレス一眼では、かなり軽量です。

 ただ、レンズの重さがあるので、標準搭載レンズを含めると459gです。

 さらに、同社のシューティンググリップを組み合わせる場合は、674gとそこそこの重さにはなります。

 202108291658.jpg

 動画撮影機能は、4K撮影に対応です。

 4K/30フレームです。

 画素数の多いセンサーを採用するので6K相当の画質からのオーバーサンプリングができます。


202108291710.jpg

 Vlog向け機能は、先ほどの機種と同じく、ショートカットが充実します。

 1ボタンでボケを切り替えられる背景ぼけ切換ボタン、AFモードをワンタッチで切り替えられるボタンなど、小回りが効きます。

 動画用の、美肌効果・顔優先AEなど、セルフ撮影時に便利な機能も網羅です。

 202108291714.jpg

 音声録音も、下位機種のシステムと同じです。

 繰り返すと、3つの集音マイクの上に、風切り音低減のためにウインドスクリーンが付属する仕様で、配慮があります。

 202109011850.jpg

 ・SONY ECM-XYST1M
  ¥14,804 楽天市場 (1/30執筆時)

 なお、外部マイクを利用しなくても、問題ないように設計されますが、マルチインターフェース(MI)シューに、各種マイクを取り付けることは可能です。

 202109021311.jpg

 撮影方法は、シューティンググリップなど手持ちに対応できます。

 ただ、少し重めではあるため、もう少しカジュアルな手持ち、ないし、三脚での固定のほうが向くとは言えます。

 モニターは、3型のタッチパネルで、広範囲(176×270度)に稼働するチルト式液晶です。

 202108311131.jpg

 撮像素子は、APSーC型です。

 この部分は、ポイントで、ミラーレスをベースとして解像した利点です。

 1型の約2倍の面積を持つので、解像感は、さらに高まります。

 動画でも「妥協のない画質」でしょう。

 201808240821.jpg

 画素数は、2420万画素です。

 常用ISO感度は、動画、静止画にかかわらず、ISO32000です。

 本機は、夜間など条件の悪い場所での撮影は強いです。

  202108291716.jpg

1・16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650

 レンズキットは、セットの場合、上記のレンズが付属です。

 201808240829.jpg

 ズーム倍率は、3.1倍です。

 風景を広く撮れる広角側が16mmで、遠くのものを大きく取れる望遠側が50mmの3倍ズームレンズです。

 他製品と較べる場合の35mm換算値では、24-75mmです。

 遠景から近接撮影までまかなえる範囲なので、普段使いに便利です。

 レンズの明るさは、広角側がF3.5です。

 この部分をみると、コンデジ機(ZV-1)より優れてはいません。

 ミラーレスは「レンズ交換できる」ような仕組みにする必要があるので、同じくらいの値段ならば、コンデジより性能は低め(割高)になりがちです。

 202109021614.jpg

 【焦点距離52.5mm 重さ154g】

 SONY E 35mm F1.8 OSS SEL35F18
  ¥51,000 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 【焦点距離27-158mm 重さ427g】

 SONY E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G
  ¥64,959 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 ただし、「レンズを別に買う」ならば、少し話は変わります。

 例えば、単焦点ながら、F1.8と抜群に明るく、ボケ味が出しやすい製品(SEL35F18)や、少し重めながら、35mm換算で158mmまでカバーできる5.8倍ズームを搭載する製品(SELP18105G )などが存在します。

 予算制限なく考えられるならば、(沼の中で)「無限に遊べ」ます。

 202112221453.jpg

 手ぶれ補正は、交換レンズ内に補正機構が搭載されます。

 非搭載のレンズもありますが、先ほどのレンズは、光学式の2軸手ぶれ補正内蔵です。

 動画については、電子式補正もするため、「2軸+電子式」です。

 ただ、ミラーレスの場合、ボディ内5軸手ぶれ補正のほうが、動画でも写真でもより強力で、その部分では、同社のフルサイズや、次に紹介するパナソニック機に「負ける」部分はあります。

  201904021134.jpg

 オートフォーカスは、ハイブリッドAF式です。

 下位機種と同じです。

 ただ、本機はセンサー密度を大幅に増やし、位相差425点・コントラスト425点と、およそこれまでみられなかった密度とカバー範囲を誇ります。

 動く被写体の追従撮影は、さらに精度が増しました。

 ピントが合いやすいため、子どもや動物、乗り物などの追従撮影も得意です。

 新しい動体予測アルゴリズムの効果もあり、(写真の)オートフォーカス速度は、0.02秒と「世界最速」になっています。

 これは、動画撮影時にも有効です。

 202004131341.jpg

 顔検出機能は、「瞳AF」、そして、それを追尾する「リアルタイム瞳AF」が有効です。

 さらに、精度・追随性が上がっており、人間の左右の瞳の区別ができるほか、(ファームウェア更新で)猫や犬など一部の動物の瞳の検出も可能です。

 暗い場所での利用も、AFの低輝度限界がEV-2とミラーレスの平均値はあります。

 201804271633.jpg

 連写も、8コマ/秒です。

 優秀ですが、Vlog向けにはあまり関係ないかもしれません。

 リアルタイム表示をしないモード(H+)ならば、11コマ/秒です。

 202004161507.jpg

 オート撮影モードは、写真撮影については、「プレミアムおまかせオート」が搭載です。

 オート撮影時、明るさ・逆光などの要素をAIが判定し、10種類以上のパターンから自動で撮影モードを選び、最適化してくれます。

 家族などに「シャッターを押すだけ」の人がいる場合は、こうした機能が充実する点は重要でしょう。

 一方、動画については、上表の「おまかせオート」の一部分だけのフォローです。

 202108291650.jpg

 液晶モニターは、稼働するチルト式です。

 また、上下に270度、左右に176度分チルトできる仕様で、この部分でVlog撮影に最適化されています。

 ファインダーは、未搭載です。

  202108291656.jpg

 SONY HVL-F28RM
  ¥28,712 Amazon.co.jp (5/8執筆時)

 フラッシュも、非搭載です。

 必要な場合は、別売のソニー製のフラッシュ(HVL-F28RM・HVL-F32Mなど)を購入する必要があります。

 202108291719.jpg

 ネットワーク機能は、Wi-Fiほか、Bluetoothも搭載です。

 Bluetoothは転送にはノータッチで、転送はWi-Fiです。

 Bluetoothは主に、A-GPSの位置情報をBluetoothでスマホから自動取得するために付属しています。

 202109021649.jpg

 バッテリーパック NP-FW50
  ¥5,900 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 ライブストリーミングは、USBケーブルで有線接続することで対応できます。

 この場合も仕組み的に、バッテリー駆動時間の限界はあります。

202109021629.jpg

 連続撮影時間は、先述のように、バッテリーの蓄電容量の限界(80分)より、熱限界のほうが先に来ます。

 上表のように、フルHD(60p)だと1時間、4Kだとその半分です。

 なお、これは、自動電源OFF温度を「高め」にした場合の数値です。

---

 以上、ソニーα6100の紹介でした。

 ミラーレスのVlog用は、パナソニックも出していてライバルです。

 比較すると、本機は軽量性の部分で有利なほか、撮像素子のサイズの部分でも有利です。機能面でも、先述の6Kオーバーサンプリングなど、わりと魅力が多いです。

 ただ、動画用の手ぶれ補正が比較すればやや弱い部分はあります。場合によっては、ジンバルなどの部分での工夫も必要でしょう。

 逆に、(自宅などで)固定して配信するには、本機はかなり良いかと思います。

ーーー

 202308081301.jpg

 【2023年発売】

 【高倍率ズームレンズキット】

 13・SONY α6700 ILCE-6700M B
  ¥228,264 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 【ボディのみ】

 14・SONY α6700 ILCE-6700 B
  ¥186,864 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

撮像素子:APS-C 
画素数:2600万画素
手ぶれ補正:5軸(ボディ)
ファインダー:有機EL(235万)  
AF:ハイブリッドAF(759点)
連写速度:8コマ/秒
動画: 4K(120p)※要クロップ
モニター:3型タッチパネル(104万)
大きさ:122.0x 69.0x75.1mm
重さ:493グラム

 一方、ソニーの場合、撮像素子がAPS-Cのハイエンド機となるα6700も「動画向き」と言えます。

 202308081344.jpg

 比較する場合(クロップが必要ですが) 4K/120pの高解像度・高フレームレートに対応できる点が、ポイントです。

 手ぶれ補正も5軸になるなど、ハイアマチュア向けに良い仕様です。

 ただ、VLOGカメラというより、静止画撮影も得意な「高級ミラーレス」という感じなので【ソニーのミラーレスの比較記事】のほうで見ています。


 202304271247.jpg

 【2023年発売】

 【ボディのみ】

 15・SONY VLOGCAM ZV-E1 B ボディ
 16・SONY VLOGCAM ZV-E1 W ボディ
  ¥288,173 Amazon.co.jp (4/27執筆時)

 【ズームレンズキット】

 17・SONY VLOGCAM ZV-E1L B ボディ
 18・SONY VLOGCAM ZV-E1L W ボディ
  ¥296,817 Amazon.co.jp (4/27執筆時)

撮像素子:フルサイズ
画素数:1290万画素
手ぶれ補正:5軸(ボディ)
ファインダー;なし
AF:ハイブリッドAF(759点)
連写速度:8コマ/秒
動画: 4K(120p)
モニター:3型(103万)
重さ:483g+167g

 VLOGCAM ZV-E1/E1Lは、ソニーのフルサイズのVLOGカメラです。

 フルサイズの撮像素子をもつVLOGカメラは、全社でも初となる機種です。

 今一番売れるジャンルのカメラですから、野心的な投入に思えます。

 202304271252.jpg

 重さは、483グラムです。

 動画用以外を含めて、歴代のソニー機のフルサイズ機としては最小・最軽量です。

 ただし、後述のセットレンズ(2.1倍ズーム)を合わせると650gではあるので、APS-C機よりも「本格的」とは言えます。

 ファインダーは、さすがに未装備で、ダイヤル類も少なめではあります。

 重さ重視ですし、動画用ならば問題ないでしょう。

 202304271325.jpg

 動画撮影は、4K HDR撮影に対応します。

 6月のアップデートで、4K 120P撮影に対応になります。

 フルHD時ならば240Pであり、フルサイズの撮像素子である部分に加えて、ここも本機の良い部分です。

 202304271330.jpg

 Vlog向け機能は、美肌効果(S-Cinetone)がとくに強調されます。

 その上で、一発で雰囲気を作れる自動モード(クリエイティブルック)が10種類あり、本体だけでも、効果の高い絵作りが可能です。

 ダイヤルも、「背景ぼけ切換機能」「商品レビュー用設定」「美肌効果」ほか、同社のVLOG用のAPS-C機で評判だった機能はそのまま搭載されます。

 202304271356.jpg

 音声録音は、本体内に、インテリジェント3カプセルマイクを内蔵します。

 指向性マイクなどで、集音範囲を前方・全方位で調整できます。自動化もできます。

 ウインドスクリーンが最初から付属しているのも動画機らしいです。

 MIシューもあるので、こだわるならば外部機器は使えます。

先ほどの機種と同じく、ショートカットが充実します。

 1ボタンでボケを切り替えられる背景ぼけ切換ボタン、AFモードをワンタッチで切り替えられるボタンなど、小回りが効きます。

 動画用の、美肌効果・顔優先AEなど、セルフ撮影時に便利な機能も網羅です。

 201503311331.jpg

 撮像素子は、裏面照射型の35mmフルサイズ(35.8×23.9mm)です。

 APS-Cに比べて、面積が4割ほど大きく、取り込める光量が多いです。

  201812091515.jpg

 そのため、スナップではボケ味が出しやすいほか、レンズの倍率に比して広角側が広く撮れるので、より芸術的に写真が撮れる機種です。

 画素数は、一方、1210万画素です。

 同社のVLOG用APS-C機よりこの部分は低いです。

 長時間の動画撮影は、熱とエンジンの部分が問題になるためでしょう。

 ただ、フルサイズであることは、画質面でのメリット性は高いので、バーターです。

 そもそも動画ならば、画素数を追っても仕方ない部分もありますし。

 常用ISO感度は、最大ISO102400です。

 画素数が低めの部分もあり、調整幅はかなり広めです。

 オート時はISO12800というスペックです。落ちますが、他社はこの値を普通出しませんし、比べられません。

 202112211725.jpg

 オートフォーカスは、ハイブリッドAFです(ファストハイブリッドAF)。

 繰り返しの説明になりますが、デジカメのようなコントラストAFと、一眼レフのような像面位相差AFを複合させたソニーの開発した技術です。

 位相差の測距点は、ソニーでは発売時最大の759点(動画627点)です。

 速度部分はソニーの魅力です。

 201904021441.jpg  

 顔検出機能は、本機は、人間の瞳を検出して、それに追随する「瞳AF」も搭載します。

 これは、他社上位機でもみられる機能ですが、かなりの精度で追随します。この機能は、Aマウントレンズでも利用可能です。

 そのほか、一部ですが、「動物の瞳にも対応」です。

 202112211822.jpg

 顔検出機能は、瞳AFに対応できる水準です。

 さらに、動体の追随性については、リアルタイムトラッキングに対応で、瞳・顔・色・模様など諸要素を使いながら、自動的に追尾できます。

 202301111654.jpg

 被写体認識は、発売年度の新しさもありつつ、同社のフルサイズ機の上位機相当です。

 近年、この部分はビッグデータやAIによるディープラーニング技術の進化でめざましく機能性を高めています。

 2023年発売の本機も、これらの技術と新しい画像エンジン(BIONZ XR)のパワーを利用し、高精度です。小さい被写体でも胴体と頭部を識別して追尾するほか、登録した被写体の識別も行います。

 また、モード設定に限りはありますが、「複数人顔認識」もできるので、フォーカスの失敗は避けられるでしょう。

 202301111657.jpg

 人間以外の被写体の認識は、動物/鳥、動物、鳥、昆虫、車/列車、飛行機に対応できます。

 暗い場所での利用は、AFの低輝度限界が、最大-6EVと性能が良いです。

 手ブレ補正は、光学式5軸ボディ内手ブレ補正です。

 動画撮影時は、電子式手ぶれ補正も利用する「ハイブリッド」です。

 これを併用した新モード(ダイナミックアクティブモード)だと、手持ち時の大きなブレを吸収します。同じ画素数の旧機(静止画向け)より30%の効果上昇とされます。

 ただし、利用する尾t画角は狭くなり、電子ズーム(超解像ズーム)は利用不可です。まあ、問題ないでしょう。

 202304271322.jpg  

 ソニー シューティンググリップ GP-VPT2BT
  ¥12,532 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 液晶モニターは、3型で、バリアングルです。

 オープン角176度、チルト270度に稼働するバリアングルです。

 シューティンググリップを利用しての自撮りも可能です。

 連写は、スペック的に言えば最大で10枚/秒です。

 ただ、他機と違って、電子シャッターのみです。

 動画用ですし、この仕様なのだと思います。

 202304271405.jpg

 ネットワークは、Wi-Fi・Bluetooth 4.2を搭載します。

 本機は、ソニーの新アプリ(Creators' App)対応なので、Bluetooth経由でWi-Fiにツナがルンド絵、接続利便性が格段に良いです。

 ここに課題があったメーカーなので、大幅な進歩に思えます。

 防塵・防滴性能には、一方記載がないです。

 202304281113.jpg

 バッテリーパック NP-FZ100
  ¥8,061 Amazon.co.jp (1/30執筆時)

 ライブストリーミングは、本機もUSB3.0ケーブルで有線接続することで対応できます。

 仕組み的に、フレームレートは4K/30Pまでです。

 予備バッテリーは、以上のものが対応です。

202010231055.jpg

1・FE 28-60mm F4-5.6

 レンズキットは、SEL2860です。AmazonのセットではSELP2860とありますが、同じものかと思います(未確認)

 単品としては2021年販売の新しいもので、6万円が希望小売価格です。

 軽量性が自慢で、2.1倍のズームレンズで167gです。

202304271434.jpg

 連続撮影時間は、APS-C機と同等です。

 20分できれば、たいてい問題ないでしょう。

---

 以上、SONY VLOGCAM ZV-E1の紹介でした。

 フルサイズでVLOGに特化するので、その目的ならばおすすめできる製品です。

 予算が許せば、価値はあると思います。

次回に続く
動画撮影に向くデジカメは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、Vlog向けカメラの比較の1回目記事でした。

 しかし、記事はまだまだ「続き」ます。

 202109021729.jpg

パナソニック
 LUMIX DC-G100K LUMIX DC-G100DK
 LUMIX DC-G100V LUMIX DC-G100DV
 LUMIX DC-G1000DW
キヤノン
 PowerShot V10 PSV10SL
 PowerShot V10 PSV10BK
 PowerShot V10 PSV10TRIPODKITBK
 CANON EOS R50
ニコン
 Nikon Z 30 Z30LK
 Nikon Z 30 Z30WZ
 Nikon Z 30 Z30LK12-28
富士フイルム
 FujiFilm X-S20

2・Vlog 動画向けカメラの比較 (2)
 2-1:パナソニック
 2-2:キヤノン
 2-3:ニコン
3・Vlog 動画向けカメラの比較 (3)
 3-1:富士フイルム
 3-2:最終的なおすすめの提案【結論】

 次回の2回目記事こちら)では、パナソニック・キヤノン・ニコンなどのVLOGカメラを引き続き比較していきます。

動画の画質    ★★★★★
写真の画質    ★★★★★
軽量性      ★★★★★
ズーム倍率    ★★★★★
手ぶれ補正    ★★★★★
連続撮影時間   ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 その上で、3回目記事の結論編(こちら)に入ります。

 今回みた動画用のカメラを含めて、ここまで紹介した全ての機種から、いつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案していきたいと思います。

 引き続きよろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら

---

 この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで、話題をシェアしていただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 15:32 | カメラ

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png