比較2017' 最新シュレッダー20製品の性能とおすすめ :家庭用小型〜業務用中型・大型:コクヨ・アイリスオーヤマ・コクヨ・Amazon・明光商会・フェローズ・アコブランズ・ナカバヤシ(shredder-2)

2017年08月31日

比較2017' 最新シュレッダー20製品の性能とおすすめ :家庭用小型〜業務用中型・大型:コクヨ・アイリスオーヤマ・コクヨ・Amazon・明光商会・フェローズ・アコブランズ・ナカバヤシ(shredder-2)

今回レビューする製品:2017年 シュレッダー20機種の性能とおすすめ・選び方(小型シュレッダーとオフィスシュレッダー) コクヨ・アイリスオーヤマ・コクヨ・Amazonベーシック・明光商会・フェローズ・アコブランズ・ナカバヤシ  JB-10CDM Amazonベーシック AS810SD AS662Cアイリスオーヤマ 細密シュレッダーP3GM PS5HMSD P6HMCS PS8HMI P5GCX P5GC P2HT P5HCS コクヨ Silent-Duo KPS-MX100W AMKPS-MX100W RELISH KPS-X80W X80D X80S AMKPS-X80W S-tray KPS-X120W KPS-X151W ナカバヤシパーソナルシュレッダー NSE-T06W 機種の違いと人気ランキング

今回のお題
家庭用/業務用として性能の良いシュレッダーはどの機種だろうか?


 どもAtlasです。今日は、2017年最新モデルのシュレッダーの比較をします。

 家庭や小規模なオフィスで使うような小型〜大型の高性能のシュレッダーを、メーカー別・機種別に比較してみたいと思います。

 なお、シュレッダーには種類が多いので、今回は以下の2つに記事を分けています。

1・家庭用の小型シュレッダーこの記事!
2・業務用の中型・大型シュレッダー

 このうち、今回は1番の記事です。A4対応で、デスクサイドにおける家庭用の小型機種を特集します。

 オフィスに置く業務用をお探しの方、家庭用でも高速でダストボックスが大きい機種をお探しの方は、お手数ですが、2番のリンク記事をご覧ください。比較して考えたい方は、はじめにこの記事からご覧になると良いかと思います。

シュレッダーの選び方

  さて、今回、シュレッダーを比較するにあたって、今回は、以下の5つの評価基準を設定し、該当する機種を高く評価していくことにします。
1・投入枚数と稼働可能時間
 規定可動時間内にできるだけ多く切断できるもの
2・静音性
 できるだけ動作音が静かなもの
3・サイズ
 デスク上か、デスク脇に置ける小型サイズであるもの
4・安全性能
 多方面にわたって安全対策がなされているもの
5・切断幅
 個人情報の再現不可能なように細かく切れるもの

 このような基準で現行機種のシュレッダーを較べ、良さそうなシュレッダー11機種を選びました。順番にこれらの機種を紹介した後で、最後に「Atlasのおすすめ機種」を選定します。
 以下ではいつものように、高評価できる点については赤字で、イマイチな点については青字で書いていきます。

小型シュレッダーの比較

 最初に、卓上における家庭用の小型シュレッダーを紹介します。

 ただ、小型とは言え、10リットル以上のタンク容量があるモデル(A4/100枚以上のゴミ箱容量)もあり、家庭だけではなく、オフィスでも個人用シュレッダーとして使えます


  

 【2016年】

 1・アイリスオーヤマ シュレッダー P5GCX 【各色】
  ¥2,808 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

 【2014年】
 
1・アイリスオーヤマ シュレッダー P5GC 【在庫限り】
  
 ¥2,953 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(4x40mm)
【最大投入枚数】 5枚
【連続使用時間】 2分
【裁断速度】2.2m/分
【ゴミ箱容量】8.7リットル
【サイズ】幅約31.0×奥行約19.0×高さ約30.0
【切断種類】紙
【静音性】

 P5GCXアイリスオーヤマのシュレッダーでは、最も小型といえるモデルです。価格も最も安いですね。なお、在庫限りで旧機種が販売されていますが、カットサイズなどの性能が劣るため、基本的に新機種を選びましょう。  

 201708311230.jpg

 本体のサイズは、幅約31.0×奥行約19.0×高さ約30.0と、小型です。背丈も20cmないほどなので、机の上に置いても良いほどです。

 裁断サイズは、A4までです。折りたたまずにA4用紙が挿入できるため、家庭での事務仕事全般に使えるでしょう。

 ゴミ箱のサイズは、8.7リットルです。家庭用のA4サイズ対応の小型シュレッダーは8Lサイズが標準的で、この機種もそうなります。収容量は、A4コピー用紙換算でだいたい60-80枚ほどとなります。

 201708311235.jpg

 切断方法は、クロスカットです。後ほど紹介するように、より細かい切断方式(細密式)もありますが、クロスカットでも「機密レベル3」という基準をクリアしており、一般的には問題ありません。切断幅も4x40mmと平均値ですので、「安かろう・悪かろう」という商品ではありません。

 切断枚数は、A4までの書類を1度に5枚まで同時に処理できます。細断速度は2.2m/分と平均より速いので、処理速度の点で、ストレスを感じることは少ないと思います。

 使用時の安全対策は、標準的で、特段強調するべき機能は見られません。

 静音性は、アイリスオーヤマの場合、「静音モデル」とそうでないものに分けられますが、こちらは「静音非対応モデル」です。

 以上、アイリスオーヤマのP5GCXの紹介でした。とびきり格安な製品ですが、クロスカットに対応し、それなりの大きさのゴミ箱がある使い勝手の良さそうな機種です。ただ、静音性の面では期待できず、安全性に関する特段の機能もないため、小さいお子さんがいる場合や、騒音が問題となるご家庭の場合は避けた方が良いでしょう。

 とくに静音非対応のシュレッダーは、掃除機の音なみにけたたましい70デシベル前後の音を発します。


 

【通常型番】

 2・コクヨ RELISH KPS-X80W【ホワイト】
 2・コクヨ RELISH KPS-X80D【ブラック】
 2・コクヨ RELISH KPS-X80S【ブラウン】
  
¥6,300 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

【アマゾン限定型番】

 3・コクヨ RELISH AMKPS-X80W【ホワイト】
 3・コクヨ RELISH AMKPS-X80D【ブラック】
 3・コクヨ RELISH AMKPS-X80S【ブラウン】
  
¥6,300 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(4×40mm)
【最大投入枚数】 5枚
【連続使用時間】 10分
【裁断速度】2.3m/分
【ゴミ箱容量】8リットル
【サイズ】幅170x奥行306x高さ330mm
【切断種類】紙
【安全性能】ロック付き投入口
【静音性】53デシベル

 RRELISH は、文具大手のコクヨの販売するデスクサイドシュレッダーです。小型モデルの中では、デザイン性の高いモデルです。

 201504111122.jpg  

 本体色は、ホワイトの他、ブラックとブラウンから選択可能です。サイズは、幅170x奥行306x高さ330mmと、アイリスオーヤマの小型機と比べてもコンパクト設計です。

 

 コクヨ シュレッダー メンテナンスシート 13枚
  ¥878 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

 なお、この製品には、【アマゾン限定型番】の製品があります。こちらについては、メンテナンスシートが1枚「おまけ」で付いてきます。刃のキレ味をキープするためにメーカーが利用を推奨しているものですね。

 裁断サイズは、この機種も、A4サイズまでです。

 ゴミ箱のサイズは、8リットルと小型機種としては標準的な大きさです。A4用紙ならば80枚程までゴミ捨てが不要です。

 切断枚数は、1度にA4書類を5枚まで挿入可能です。切断速度は2.3m/分と、アイリスオーヤマより多少高速ですので、総合的な処理能力は「極めてわずか」ながらこちらが上位です。

 切断方法は、こちらもクロスカットです。裁断幅は、4×40mmと標準的ですね。

 静音性は、コクヨの強調できる部分です。この機種は、稼働時に53デシベルと静音性相当高いからです。アイリスオーヤマも静音モデルはありますが、上述の格安モデルはそうではありません。こちらの方が相当静かでしょう。

 201603181026.jpg

 使用時の安全対策は、ロック付き投入口シャッターを採用するなど、家庭に子どもがいる場合の配慮もなされます。

 以上、RELISH KPS-X80の紹介でした。安全性・静音性が高く、切断も高速な点で、家庭で紙だけを着るならば、この機種はおすすめです。ゴミ箱も大きめですし、ゴミ捨ても楽でしょう。

 一方、DVDやカードなどを切れない点、完全に再生不能と言えるマイクロカットに対応しない点では、より上位の機種に及ばない部分もあります。


 

【通常型番】

 4・コクヨ S-tray KPS-X120W [ホワイト]
 4・コクヨ S-tray KPS-X120D [アーバンブラック]
 4・コクヨ S-tray KPS-X120S [ビターブラウン]
  ¥8,898 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(4ミリ×40ミリ)
【最大投入枚数】 6枚
【連続使用時間】 12分
【裁断速度】2m/分
【ゴミ箱容量】12リットル
【サイズ】幅181x奥行380x高さ364mm
【切断種類】紙
【安全性能】ロック付き投入口 緊急停止機能
【静音性】53デシベル

 KPS-X120W は、S-trayシリーズに属するコクヨの大きめのシュレッダーです。要するに、先ほど見た、KPS-X80を大型化した機種です。 

 51CSbHa5EZL._AA300_.jpeg

 本体色は、ホワイトの他、ブラックとブラウンから選択可能です。本体サイズは、幅181x奥行380x高さ364mmであり、机の横や下に入れて納まるサイズです。先ほど紹介した KPS-X80と比べると、背がやや高いモデルですが、幅は変わらないため、設置性は良いです。

 ゴミ箱のサイズは、12リットルと、家庭向け機種としては大きく、A4コピー紙で120枚ほど入ります。

 切断方法は、クロスカットです。ただし、切断の裁断幅は4x40mm、下位機種と同様で、機密レベル3の基準をクリアします

 切断枚数は、A4までの書類を6枚までと僅かですが枚数が増しています。一方、切断速度は、2m/分と平均レベルになっていますので、総合的には下位機種とスピードはさほど変わらないです。

 201301211403.jpg

 使用時の安全対策は、この機種の最大の魅力です。下位機種に比べても、安全ロック満杯センサーがつきます。またそれに加えて、緊急停止機能がつき万一の場合も安心です。

 201301211403.jpg 

 また、こちらはオートリバース機能が付いており、紙の入れすぎによる紙詰まりを未然に防ぎます。利便性の点でこれは大きなメリット性です。(ただ、他機種でも紙詰まりの時に「手動でのオートリバース」は可能です)

 静音性は、この機種も53デシベルと、このクラスの製品では静かなので、静音性重視で、10リットルサイズのシュレッダーを選ぶのならば、この機種は良い選択肢です。

 以上、コクヨのKPS-X120Wの紹介でした。家庭用と言える機種では、大きめのゴミ箱を搭載し、同時切断枚数も多い点が魅力です。とくに、安全性については、子どもの安全のほか、使用者の安全や利便性に配慮がなされている点で、ここまで見た機種の中では最も優れます。

 一方、クロスカットの際の裁断幅は多少粗めなので、ゴミ捨ての際は、紙をかき混ぜておくなどの、配慮が必要です。



 5・コクヨ S-tray KPS-X151W [ホワイト]
  ¥10,581 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(4ミリ×40ミリ)
【最大投入枚数】 6枚
【連続使用時間】 12分
【裁断速度】2m/分
【ゴミ箱容量】15リットル
【サイズ】幅350x奥行250x高さ481mm
【切断種類】紙
【安全性能】ロック付き投入口 緊急停止機能
【静音性】53デシベル

 KPS-X151W も、S-trayシリーズに属するシュレッダーです。先ほど見た、KPS-X120を大型化した機種です。 

 201708311311.jpg

 本体色は、ホワイトのみです。本体サイズは、幅350x奥行250x高さ481mmであり、ゴミ箱のような横長の大きさです。

 201708311314.jpg

 ゴミ箱のサイズは、15リットルと大きめで、A4コピー紙で150枚ほど入ります。一方、この商品は、15リットルのうち任意のサイズを普通のゴミ箱としても利用できます。上部のフラップを動かすことでゴミの投入口が出る仕組みです。

  201708311315.jpg

 紙ゴミだけならゴミ袋20Lサイズでまかなえますが、付属の「しきい」で分別することもできます。その場合は10Lのゴミ袋が適応します。

 切断方法は、クロスカットで、切断の裁断幅は4x40mmと、下位機種と同様で、機密レベル3の基準をクリアします。

 切断枚数も、A4までの書類を6枚まで、切断速度は2m/分と下位機種と同じです。

 使用時の安全対策は、下位機種と同じで、安全ロック満杯センサーがつきます。またそれに加えて、緊急停止機能がつき万一の場合も安心です。 オートリバース機能が付いており、紙の入れすぎによる紙詰まりを未然に防ぎます。

 静音性は、この機種も53デシベルなので、この部分でも同じですね。

 以上、コクヨのKPS-X151Wの紹介でした。家庭用・個人用としては大きめサイズですが、ゴミ箱と兼用できる点はとても良いアイデアです。シュレッダーにかける必要の無い場合は、そのまま「ポイ捨て」できるのは魅力ですね。

CD/クレカが切断できるシュレッダー

 続いて、コピー用紙などの書類の他に、CD・DVD・クレジットカードなどが切断できるシュレッダーを紹介します。


  

 【2016年】

 6・アイリスオーヤマ シュレッダー 卓上 P2HT
  ¥3,616 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(3ミリ×18ミリ
【最大投入枚数】 2枚
【連続使用時間】 5分
【裁断速度】1.3m/分
【ゴミ箱容量】3.55リットル
【サイズ】幅30×奥行14.3×高さ20.6cm
【切断種類】CD/DVD/クレジットカード
【安全性能】
【静音性】

 P2HT は、アイリスオーヤマから発売される「卓上用シュレッダー」です。コクヨは2017年にデスク上に置く製品から撤退したので、この機種は貴重です。

 本体色は、ホワイトのみです。本体サイズは、幅30×奥行14.3×高さ20.6cmであり、奥行きが短いので、デスク上でも置ける製品です。

 ゴミ箱のサイズは、3.55リットルです。A4コピー紙で30枚ほど入ります。さほど多用する人のための製品ではないですし、この程度あれば良いでしょう。ゴミ捨ても簡単な構造ですし。

 切断方法は、クロスカットで、切断の裁断幅は3x16mmです。クロスカットながら、デスクサイドにおく大きな製品よりも細かく裁断できるのは魅力です。

 切断枚数は、一方A4までの書類を2枚まで切断速度も1.3m/分と遅いです。コンパクト化を優先する設計なので仕方ないでしょう。

 使用時の安全対策は、ダストボックスの開閉を感知するダストボックススイッチ以外に見所はない機種です。

 静音性は、この機種は、アイリスオーヤマの「静音モデル」ではないため、期待できないでしょう。

 カード・メディア切断は、こちらの場合、CD/DVDなどのメディアのほか、クレカの切断にも対応します。

 以上、アイリスオーヤマの「卓上用シュレッダー」の紹介でした。現行製品で、小型でクレカの処理ができるのはこの機種だけです。家庭用で「ごくたまに使いたい」というニーズならば、この機種で良いでしょう。


 

 7ナカバヤシパーソナルシュレッダー NSE-T06W
   ¥3,554 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(3x18mm)
【最大投入枚数】 2枚
【連続使用時間】 5分
【裁断速度】1.45m/分
【ゴミ箱容量】3.6リットル
【サイズ】幅34.4×奥行19.6×高さ24.7
【切断種類】CD/DVD
【静音性】

 こちらは、事務用品メーカーのナカバヤシから発売されている、比較的価格の安いシュレッダーです。

 本体色は、ホワイトのみです。本体サイズは、幅34.4×奥行19.6×高さ24.7で、体積で見た場合、アイリスオーヤマの「卓上シュレッダー」と同じほどの専有面積です。

 ゴミ箱のサイズは、3.6リットルです。A4コピー紙で30枚ほど入ります。アイリスオーヤマと変わりません。

 切断方法は、クロスカットで、切断の裁断幅は3x18mmです。多少アイリスオーヤマよりも粗いとは言え、十分以上でしょう。

 切断枚数は、この機種も、A4までの書類を2枚まで切断速度も1.45m/分と遅いです。

 使用時の安全対策は、、ダストボックスの開閉を感知するダストボックススイッチ以外に見所はない機種です。

 静音性は、メーカー情報開示がなく、この部分は割り切った作りです。 

 カード・メディア切断は、こちらの場合、CD/DVDなどのメディアは対応しますが、クレカの切断には非対応です。

 以上、ナカバヤシのNSE-T06Wの紹介でした。アイリスオーヤマの「卓上シュレッダー」がライバルでしょう。性能面では大差は無いですが、細断の細さとカードの対応の面では、アイリスオーヤマの方がわずかに良いでしょう。


 

 【通常型番】

 8・コクヨ Silent-Duo KPS-MX100W [ホワイト]
 8・コクヨ Silent-Duo KPS-MX100D [ブラック]
 8・コクヨ Silent-Duo KPS-MX100S [ブラウン ]
  ¥8,455 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

 【アマゾン限定型番】

 9・コクヨ AMKPS-MX100W [ホワイト]
 9・コクヨ AMKPS-MX100D [アーバンブラック]
  ¥8,898 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(4ミリ×40ミリ)
【最大投入枚数】 6枚
【連続使用時間】 12分
【裁断速度】2m/分
【ゴミ箱容量】10リットル
【サイズ】幅181x奥行355x高さ355mm
【切断種類】CD/DVD/クレジットカード
【安全性能】
【静音性】50デシベル

 こちらはコクヨサイレント・デュオKPS-MX100です。

   201603181047.jpg

 本体色は、ホワイト・ブラック・ブラウンから選択可能です。サイズは、幅181x奥行355x高さ355mmと、デスクサイドに置いて邪魔にならないといえるサイズです。

 

 コクヨ シュレッダー メンテナンスシート 13枚
  ¥878 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

 なお、この製品にも、【アマゾン限定型番】の製品があります。下位機種でもありましたが、こちらもメンテナンスシートが1枚「おまけ」で付いてきます。刃のキレ味をキープするためにメーカーが利用を推奨しているものです。

 ゴミ箱のサイズは、10リットルです。割と大きめの作りで、A4用紙100枚程度で「ゴミ捨て作業」となります。家庭用や、オフィスの個人用としても「ゆったりサイズ」だと思います。

 切断方法は、クロスカットです。裁断幅は4x40mmと、クロスカットの機種として標準的な幅です。後ほど紹介するような、細密細断のできる機種に比べると弱いですが、1つの基準と言える「機密レベル3」は十分にクリアしています

 切断枚数も、A4までの書類を6枚まで同時に処理できます。切断速度も2m/分と標準レベルをクリアしており、快適性において多機種に遜色はないでしょう。

 使用時の安全対策は、この機種はコクヨの下位機種と異なり、さほど重要視されない機種です。家庭用というよりも業務用に近いコンセプトだからでしょう。ただ、もちろん、だからと言って危険なわけではなく、簡単かつ安全に裁断できます。

 静音性は、その一方で、かなり気を使った機種です。こちらは、50デシベルと小型裁断機では最低レベルの低騒音を実現しています。それを強調するため、この機種は「サイレントデュオ」というシリーズ名で売られています。

 p_deskside_multi_02.jpg

 カード・メディア切断については、こちらは、CD/DVDのほか、クレジットカードの切断機能も対応します。また、これらの切断について、他社は3カットほどですが、コクヨは全体で5カットと細かいため、この点で言えば、セキュリティ性が高い機種です。

 以上、コクヨサイレント・デュオの紹介でした。静音性が重要視されている点、クレジットカードの裁断が可能なが魅力の機種です。クロスカットの裁断幅は多少大きめであり配慮が必要ですが、家庭用に大きめの機種の導入を考えている場合は、選択肢にして良いでしょう。


  

 【通常型番】

 10・アイリスオーヤマ シュレッダー P5HCS [ホワイト]
  ¥8,122 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(4ミリ×27ミリ
【最大投入枚数】 5枚
【連続使用時間】 12分
【裁断速度】1.8m/分
【ゴミ箱容量】8.8リットル
【サイズ】幅16.8×奥行35.5×高さ34.9cm
【切断種類】CD/DVD/クレジットカード
【安全性能】
【静音性】静音モデル

 P5HCS は、アイリスオーヤマのメディアカット対応のシュレッダーです。

 201708311401.jpg

 本体色は、ホワイトのみ選択可能です。サイズは、幅16.8×奥行35.5×高さ34.9cmと、ライバル機と言えるコクヨサイレント・デュオより多少コンパクトな設計ですね。

 ゴミ箱のサイズは、その分コクヨより多少小さく8.8リットルです。A4用紙90枚程度で「ゴミ捨て作業」となります。家庭用・個人用としては十分なサイズです。

 切断方法は、クロスカットです。裁断幅は4x27mmと、コクヨに比べても割と細かいです。細密式には及びませんが、十分でしょう。

 切断枚数も、A4までの書類を5枚まで同時に処理できます。ただ、切断速度も1.8m/分と標準よりやや遅いので、スピードは「そこそこ」です。

 使用時の安全対策は、この機種はコクヨの下位機種と異なり、さほど重要視されない機種です。ふたの閉め忘れによる事故を防ぐ、ダストボックススイッチの搭載が目立つ程度です。

 静音性は、この機種は、アイリスオーヤマの機種としては「静音性の高いモデル」です。ただ、コクヨのようにデシベル単位での騒音値を公開するほどは突き詰めていません。

 カード・メディア切断については、こちらも、CD/DVDのほか、クレジットカードの切断機能も対応します。ただ、カードのカット枚数は3カットで、コクヨより少ないです。

 以上、P5HCSの紹介でした。コクヨのコクヨのサイレント・デュオのライバル機で、どちらを選ぶか難しい機種です。性能面では、正直甲乙付けがたいですが、外観のデザイン性は、ややコクヨが優るでしょう。アイリスオーヤマのこの機種は、どちらかといえば、実用重視のオフィス向けのデザインですね。


 

 11・Amazonベーシック 8枚細断 ストレートカット 12L AS810SD
  ¥ーーー Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】ストレートカット
【裁断サイズ】A4まで(6ミリ×長辺)
【最大投入枚数】 6枚
【連続使用時間】 3分
【裁断速度】2m/分
【ゴミ箱容量】12リットル
【サイズ】幅16.5x奥行33.0x高さ32.5cm
【切断種類】CD/DVD/クレジットカード
【安全性能】
【静音性】62デシベル

 こちらは、Amazonが直販している小型シュレッダーです。執筆時現在、「品切れ中」ですが、通常3980円で売られている製品です。

 本体色は、ブラックのみ選択可能です。サイズは、幅16.5x奥行33.0x高さ32.5cmと、デスクサイドやデスクの下に問題なく置けるサイズですね。

 ゴミ箱のサイズ12リットルと大きめで、A4用紙120枚ほどまで対応できる機種です。

 切断方法は、しかしながら「ストレートカット」です。長辺に切れ目を入れずに長い紙片を作るだけのタイプなので、シュレッダーとしての機密保持能力は低いです。

 カード・メディア切断については、CD/DVD/クレジットカードの裁断に対応する点で、他社の低価格機と同等です。

 静音性と安全性対策は、他社に比べると、特段の言及はないです。

 以上、Amazonベーシックの小型シュレッダの紹介でした。カード・CD類を切断できる機種としては、比較的価格が安く、値頃感の高い機種です。その点で人気もありますが、やはり、ストレートカットしかできない点は、シュレッダーの用途から考えるとややマイナスでしょう。その点を承知して購入する必要があります。


  

 12・Amazonベーシック 6枚細断 クロスカット 14L AS662C
  ¥4,480 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(5.6×47mm)
【最大投入枚数】 8枚
【連続使用時間】 3分
【裁断速度】2m/分
【ゴミ箱容量】14リットル
【サイズ】幅19.6x奥行30.7x高さ38.1cm
【切断種類】クレジットカード
【安全性能】
【静音性】70デシベル

 こちらは、Amazonが直販している小型シュレッダーです。Amazonでは最も売れているシュレッダーの1つです。

 本体色は、ブラックのみ選択可能です。サイズは、幅19.6x奥行30.7x高さ38.1cmとやや背丈はありますが、デスクサイドやデスクの下に問題なく置けるサイズですね。

 ゴミ箱のサイズ14リットルと家庭用としては「大きめ」と言って良いサイズです。A4用紙140枚ほどまで対応できます。

 切断方法は、この機種は、コクヨやその他のメーカーのように、「クロスカット」を採用します。ただし、裁断幅は5.6x47mmとさほど細かくないです。ただ、「セキュリティレベルは3」ですので、規格上は、他社のクロスカットと同等品質です。

 切断枚数の点では、A4までの書類を8枚まで同時に処理できるので、作業効率が良いです。速度も、標準的な2m/分をクリアしています。

 静音性は、しかしながら、70デシベルと、スペックが公開されている小型シュレッダーとしては、騒音があります。

 カード・メディア切断については、クレジットカードの裁断のみ対応で、CDの裁断には対応しない点は注意した方が良いでしょう。

 以上、AmazonベーシックAS662Cの紹介でした。ゴミ箱のサイズが大きめで、8枚同時処理できるスペックですので、デスクサイドにおける機種をお探しで、価格的にも手軽に購入できる機種をお探しならばこちらでしょう。 一方、クロスカットの幅は多少大きめですが、家庭用としては十分だと思います。その分、価格が抑えめなので、たいへん人気がある機種ですね。


 

 13・アイリスオーヤマ PS8HMI
  ¥9,414 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

【切断方法】クロスカット
【裁断サイズ】A4まで(3.9x32mm)
【最大投入枚数】 8枚
【連続使用時間】 10分
【裁断速度】2m/分
【ゴミ箱容量】約17リットル
【サイズ】幅230x奥行490x高さ360mm
【切断種類】CD/DVD/クレジットカード
【安全性能】ダストボックススイッチ
【静音性】静音モデル

 こちらはアイリスオーヤマのPS8HMIです。やや大型のシュレッダーです。

  201504111147.jpg

 本体色は、ブラックのみ選択可能です。サイズは、幅230x奥行490x高さ360mmと小型のゴミ箱ほどのサイズがあります。ただ、キャスターがついており、動かすことができます。

 ゴミ箱のサイズは、相当大きめな17リットルで、A4用紙170枚程度までゴミ捨てが不要です。、

 切断方法は、クロスカットです。裁断幅は3.9x32mmとクロスカットとしては多少細かく、コクヨやAmazonより細かく裁断できるのが「売り」でしょう。

 切断枚数の点でも、A4までの書類を8枚とAmazonベーシックの製品と同等で、作業効率が良いです。

 使用時の安全対策は、ダストボックスの開閉を感知するダストボックススイッチ以外に見所はない機種ですが、カード切断機能を持つコクヨの機種も、さほど安全性は高くないため、その点では同じです。

 静音性は、デシベル単位での騒音値は非公表ながら、アイリスオーヤマの機種としては「静音モデル」で売られている機種です。

 カード・メディア切断については、CD/DVD/クレジットカードの裁断に対応する点で、こちらもコクヨと同機能です。裁断幅も5カットと同等です。

 以上、アイリスオーヤマのPS8HMIの紹介でした。カード類を裁断できる機種としては最も大型の機種です。オフィス用に考えれば、この機種はオススメです。ただし、家庭に置くことを考える場合、静音性がより重視されたコクヨを選ぶのも良いように思います。

マイクロシュレッドに対応する機種

 つづいて、マイクロシュレッド(細密切断)に対応するセキュリティ性の高い小型機種を紹介します。


  201708311416.jpg

 14・アイリスオーヤマ 細密シュレッダーP3GM【ホワイト】
 14・アイリスオーヤマ 細密シュレッダーP3GM【イエロー】
 14・アイリスオーヤマ 細密シュレッダーP3GM【グリーン】
  ¥7,120 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】細密カット
【裁断サイズ】A4まで(2x11mm)
【最大投入枚数】 3枚
【連続使用時間】 3分
【裁断速度】2.5m/分
【ゴミ箱容量】約8.9リットル
【サイズ】幅32.1×奥行16.9×高さ35cm
【切断種類】紙
【安全性能】
【静音性】

 PS5HMSDは、アイリスオーヤマのシュレッダーです。

 本体色は、ホワイトのほか、グリーン・イエローから選択可能です。非常にカラフルで、家庭向けに作られたことが分かります。サイズは、幅18×奥行38×高さ40.8cmと、背は高いですが、幅は狭いので、隙間を上手く利用できそうなデザインです。

 ゴミ箱のサイズ10リットルで、A4用紙120枚程度まで裁断できるタイプです。ゴミ箱のサイズに比して細断枚数が多いのでは、細密カット式はゴミの「かさ」が減るからです。

 切断方法は、この機種の特長です。細密カット(マイクロシュレッド)が可能です。2x11mmまで非常に細かく裁断できるため、個人情報・企業情報などのセキュリティを重要視したい場合に重宝するでしょう。

 切断枚数の点では、A4までの書類を1度に3枚と、かなり少ないです。ただ、裁断速度は2.5m/分と高速ですので、総合的な処理能力はキープします。

 使用時の安全対策は、やはり、ダストボックスの開閉を感知するダストボックススイッチ以外に見所はない機種です。もちろん安全に利用できますが、家庭用機種ほどの配慮はありません。

 静音性は、アイリスオーヤマの場合、「静音モデル」を明記しますが、こちらは言及がありません。この面では、期待できないでしょう。

 カード・メディア切断については、この製品は対応できません。

 以上、PS5HMSDの紹介でした。細密切断ができる機種としては、最も安価な機種です。カラフルで、家庭向きとしても良さそうな機種です。ただ、カード類の切断ができない点と、静音性が保証されない点は、家庭向けとしてはネックでしょう。



 

 15・アイリスオーヤマ 細密シュレッダーPS5HMSD【ホワイト】
 15・アイリスオーヤマ 細密シュレッダーPS5HMSD【ブラウン】
  ¥7,120 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】細密カット
【裁断サイズ】A4まで(2x10mm)
【最大投入枚数】 5枚
【連続使用時間】 5分
【裁断速度】2.0m/分
【ゴミ箱容量】約10リットル
【サイズ】幅18×奥行38×高さ40.8cm
【切断種類】CD/DVD/クレジットカード
【安全性能】 ーー
【静音性】静音モデル

 PS5HMSDは、アイリスオーヤマのシュレッダーです。

  201708311423.jpg

 本体色は、ホワイトのほか、ブラウンも選べます。サイズは、幅18×奥行38×高さ40.8cmと、背は高いですが、幅は狭いので、隙間を上手く利用できそうなデザインです。

 ゴミ箱のサイズ10リットルで、A4用紙160枚程度まで裁断できるタイプです。

  201504111304.jpg

 切断方法は、こちらも、細密カット(マイクロシュレッド)が可能です。先ほどの機種より細かめの2x10mmまで裁断できるため、個人情報・企業情報などのセキュリティを重要視したい場合に重宝するでしょう。

 切断枚数の点では、A4までの書類を1度に5枚と多めです。また、裁断速度は2.0m/分をキープしますすので、総合的な処理速度は良いでしょう。

 使用時の安全対策は、やはり、ダストボックスの開閉を感知するダストボックススイッチ以外に見所はない機種です。もちろん安全に利用できますが、家庭用機種ほどの配慮はありません。

 静音性は、騒音値の公開はありませんが、「静音モデル」として売られています。割と静かに裁断できます。

 カード・メディア切断については、CD/DVD/クレジットカードの裁断に対応します。ただし、カット数は3枚までと少なめですね。

 以上、PS5HMSDの紹介でした。細密切断のほか、カード類の切断ができる点、静音性が高い点が「売り」です。アイリスオーヤマから選ぶ場合は、この機種が最もバランスがとれていそうですね。家庭用としても、デザイン面で優れます。


  

 16・アイリスオーヤマ 細密シュレッダー P6HMCS
  ¥8,898 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

【切断方法】細密カット
【裁断サイズ】A4まで(2x10mm)
【最大投入枚数】 6枚
【連続使用時間】 5分
【裁断速度】1.7m/分
【ゴミ箱容量】約10,.8リットル
【サイズ】幅17.8×奥行38.3×高さ40.0cm
【切断種類】CD/DVD/クレジットカード
【安全性能】 ーー
【静音性】静音モデル

 P6HMCSは、アイリスオーヤマのシュレッダーです。

  201603181118.jpg

  本体色は、ホワイトのほか、ブラックも選べます。サイズは、幅17.8×奥行38.3×高さ40.0cmですので、先ほどの機種とだいたい同じです。デザイン的にはオフィス用として設計されたものですね。

 ゴミ箱のサイズ10リットルで、A4用紙200枚程度までゴミが収納できるサイズです。

 切断方法は、先ほどと同じ、細密カット(マイクロシュレッド)が可能で、2x10mmまで対応します。

 切断枚数は、A4までの書類を1度に5枚とこの点では先ほどと同じですが、裁断速度が1.7m/分と遅いので、処理速度としてはイマイチです。

 使用時の安全対策は、やはり、ダストボックスの開閉を感知するダストボックススイッチ以外に見所はない機種です。

 静音性は、「静音モデル」として売られていますが、騒音値の公開はないですね。

 カード・メディア切断については、CD/DVD/クレジットカードの裁断に対応します。

 以上、P6HMCSの紹介でした。先ほどの製品同じで細密カットができる機種です。ただ、裁断速度がやや遅いので、選ぶとすれば、先ほどのPS5HMSDのが良さそうです。ゴミ箱サイズも変わりませんので。


  
17・フェローズ JB-10CDM
  ¥17,102 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

【切断方法】マイクロシュレッド
【裁断サイズ】A4まで(3x10m)
【最大投入枚数】 8枚
【連続使用時間】 7分
【裁断速度】1.8m/分
【ゴミ箱容量】約17リットル
【サイズ】幅360×奥行250×高さ500mm
【切断種類】CD/DVD/クレジットカード
【安全性能】インターロックスイッチ
【静音性】

 JB-10CDMは、米国のフェローズが発売しているシュレッダーです。結構古くから日本に進出していた企業で、創業は1917年、イリノイ州です。

 本体色は、シルバーのみです。サイズは、幅360×奥行250×高さ500mmですので、家庭用と考えると「やや大きめ」です。デザイン的にはオフィス用として設計されたものですが、「アメリカぽい」デザインです。

 ゴミ箱のサイズは、17リットルです。アイリスオーヤマの機種よりも余裕があります。A4用紙280-340枚程度まで裁断できることになります。同時切断枚数も8枚と刃も強力です。

 201603181129.jpg

 切断方法は、この機種も細密カット(マイクロシュレッド)に対応です。3x10mmとアイリスオーヤマに比べるとわずかに粗いですが、十分な性能です。

 切断枚数は、A4までの書類を1度に8枚と処理能力が高いです。一方、裁断速度が1.8m/分と遅めなので、総合すると、「やや早い」といったところです。

 使用時の安全対策は、ダストボックスの開閉を感知するダストボックススイッチ(インターロックスイッチ)のほか、紙詰まりによる事故を防ぐ、オートリバース機能が付属します。安全性は高いと言える機種です。

 静音性は、しかしながら、こちらも言及がありません

 カード・メディア切断については、CD/DVD/クレジットカードの裁断に対応します。ただし、5カットに対応するコクヨなどに比べて、4カットになります。

 以上、フェローズのJB-10CDMの紹介でした。デスクサイドにおける大きめのシュレッダーで、細密切断ができる点が魅力です。安全性も高レベルですので、アイリスオーヤマの細密切断ができる機種が多少小さく感じている場合は、こちらを選ぶと良いと思います。

今回の結論
家庭用としておすすめできる小型シュレッダーはこちら!

 というわけで、今回の前編記事では、現在最新機種のシュレッダーを紹介しました。 

 最後に、いつものように、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種をあげておきたいと思います。


第1に、卓上で使うコンパクトサイズのシュレッダーを探している方ですが、

  

 【2016年】

 6・アイリスオーヤマ シュレッダー 卓上 P2HT
  ¥3,616 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

 卓上において、簡単な書類の処理や、クレジットカード明細や、葉書の類の個人情報の処理を考えているならば、小型で卓上にも置けるアイリスオーヤマP2HTが良いでしょう。

 細断の細さも、3ミリ×18ミリと細かく、個人情報の保護の点でレベルが高い製品です。また、カード以外に、CDメディアのカットもできるため、使い途は多いでしょう。個人用のシュレッダーとして、職場に備えておく用途にも、コンパクトに配置できるこの機種は向いています。

 ただし、配置スペースが確保できる場合は、処理速度・静音性、安全性などで卓上モデルよりメリット性がより高い「デスクサイドに置く」シュレッダーの方が良いでしょう。卓上モデルは、定期的な書類の処理には向きませんので。


第2に、デスクサイドに置いて、家庭な個人で利用する場合におすすめなシュレッダーは、

 
 【通常型番】

 8・コクヨ Silent-Duo KPS-MX100W [ホワイト]
 8・コクヨ Silent-Duo KPS-MX100D
[ブラック]
 8・コクヨ Silent-Duo KPS-MX100S
[ブラウン ]
  ¥8,455 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

 【アマゾン限定型番】

 9・コクヨ AMKPS-MX100W [ホワイト]
 9・コクヨ AMKPS-MX100D [アーバンブラック]
  ¥8,898 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

 コクヨSilent-Duo KPS-MX100がよいでしょう。

 紙のカットについては、クロスカット対応で「セキュリティレベル3」の裁断幅で、紙を切断する際の本体性能も申し分ないです。

 それに加えて、CD/DVD/クレジットカードなどのメディアの切断ができる点が魅力です。特に、この機種はカード類を5分割できるので、セキュリティ性が高いです。家庭におけるセキュリティ対策としては隙の無いモデルだと思います。静音性についても、切断時53デシベルと、ライバル機種よりも格段に静かです。

 いずれにしても、総合力に優れたシュレッダーなので、「どれにすれば迷ったらこの機種を選ぶとよい」と言える製品ですね。


第3に、小さなお子さんがいるなど、安全性に配慮してシュレッダーを選ぶ場合は、

 

【通常型番】

 4・コクヨ S-tray KPS-X120W [ホワイト]
 4・コクヨ S-tray KPS-X120D [アーバンブラック]
 4・コクヨ S-tray KPS-X120S [ビターブラウン]
  ¥8,898 Amazon.co.jp
(8/31執筆時)

 安全機能が充実するKPS-X120W が良いでしょう。

 カードやCDの切断はできませんが、ロック付き投入口をはじめ、安全に使うための仕組みは最も充実します。

 紙については、クロスカット対応である点も、セキュリティ面でも評価できるでしょう。


第3に、デスクサイドに置くシュレッダーで、比較的格安の機種を探している方ですが、

  

 12・Amazonベーシック 6枚細断 クロスカット 14L AS662C
  ¥4,480 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

 AmazonベーシックAS662Cでしょう。

 14リットルの大きめのサイズのゴミ箱を持ち、8枚まで同時投入できる機種で、価格が5000円前後というのは、相当お買得で、費用対効果が高いです。

 ただし、CDの切断に対応しない点静音性の面で多少弱い部分がある点は、価格相応です。しかし、その点で、妥協してもよいならば、たいへんお買得な機種と言えます。


 第4に、個人情報の保護を最重要視し、マイクロシュレッドに対応できる製品を選ぶならば、

 

 15・アイリスオーヤマ 細密シュレッダーPS5HMSD【ホワイト】
 15・アイリスオーヤマ 細密シュレッダーPS5HMSD【ブラウン】
  ¥7,120 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

 家庭用・個人用として、小型のモデルを選ぶならば、アイリスオーヤマPS5HMSDでしょう。

 単純にマイクロシュレッドに対応するだけでなく、カード・メディアの切断に対応し、静音性・裁断速度も高い機種と言えます。デザイン面も、清潔感のあるホワイトモデルのほか、高級感のあるブラウンモデルも用意され、コクヨに次いでレベルが高いです。

ーーー

  

17・フェローズ JB-10CDM
  ¥17,102 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

 ただし、家庭用というより「個人オフィス」などで、毎週ある程度の容量を処理するならば、多少大きめのフェローズのシュレッダーを選ぶのがよい気がします。


 最後に「おまけ」で、メンテナンスシートの話です。

 

 コクヨ シュレッダー メンテナンスシート 13枚
  ¥878 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

   

 アイリスオーヤマ シュレッダー 簡単お手入れシート
  ¥699 Amazon.co.jp (8/31執筆時)

 シュレッダーの「命」である刃のキレ味を守るためには、定期的なメンテナンスシートの利用が重要です。メンテナンスシートを入れて裁断するだけの手軽さなので、できれば購入しておきましょう。

ーーー

 というわけで、今回は家庭用のシュレッダーを紹介しました。

1・家庭用の小型シュレッダー
2・業務用の中型・大型シュレッダー

 なお、このブログには、もう少し大きなシュレッダーを紹介した記事も別にあります。上記2番の記事になりますが、オフィス用としてお探しならば、2番の記事もご覧ください。

 最後になりましたが、、この記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)
posted by Atlas at 15:31 | Comment(0) | 研究上の道具(文具)

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png