比較2017' うまく磨ける家庭用の精米器10製品の性能とおすすめ・選び方:ツインバード・山本電気・タイガー・象印・エムケー精工・通販生活:圧力循環式 圧力一回通し式 かくはん式 対流式の違い

2017年05月10日

比較2017' うまく磨ける家庭用の精米器10製品の性能とおすすめ・選び方:ツインバード・山本電気・タイガー・象印・エムケー精工・通販生活:圧力循環式 圧力一回通し式 かくはん式 対流式の違い

今回レビューする製品;2017年 家庭用の精米器人気10機種の性能とおすすめ:精米方式やコイン精米器との違いなど:エムケー精工 MK SM-500W ツインバード 精米御膳 MR-E520W MR-E750W タイガー RSE-A100 RSF-A100 山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT MB-RC23W 山本電気 Bisen 美鮮 YE-RC41W YE-RC41R MB-RC52R 象印 つきたて風味 BR-CB05 BR-EB10 BT-AF05 MR-E751W

今回のお題
美味しくお米が磨ける家庭用精米器のおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。今日は、調理家電の話で、具体的には精米器の比較です。

 大きなコイン精米器と異なり、細かく磨く量(分付きの量)を調整しながら精米できる点と、少量ずつ精米できるのでお米の味の劣化が少ない点が、この家電のメリットです。

 しかし、精米器は、精米方式が多様であり、できあがる白米の品質に差があるため、用途や好みに合わせた選び方が難しい家電です。そこで、今回は、売れ筋の10機種をピックアップして、その性能を機種別に比較していきます。 

 その上で、最後に結論として、全ての機種の中から「Atlasのおすすめ機種」をチョイスしてみたいと思います。

かくはん対流式の精米器の紹介

 では、比較をはじめます。以下、いつものように、良いと思うところは赤字で、イマイチと思うところは青字で書いていきます。



 

 1・エムケー精工 MK SM-500W
  ¥9,699 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:かくはん対流式
 精米種類:7・5分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 最初に紹介するのは、エムケー精工精米器です。ホームベーカリーなども出している長野県の会社ですが、メインの本業は業務用洗車機の会社です。モーター使って洗うという点では、精米器と共通点がありますね。


 201505241044.jpg

 こちらの製品は、他社と比べても最もオーソドックスな精米器です。精米方式は格安機種に多いかくはん対流式です。この方式は、内蔵されたへらが回転し、玄米同士を摩擦させながらお米を削っていく方式です。

 この方式は、本体価格が安く済むというメリットの他に、お米の味の劣化に結びつく、お米の温度上昇に強いというメリットがあります。ただ、扱いに熟練してもお米が欠けやすく運転時に稼働音がうるさいという難点があります。

 市販のお米も層ですが、欠け米が入っていると炊きむらができて美味しくご飯が炊けません。手で全部取り除くのは、不可能に近いので、高級炊飯機を使っている方にはかくはん対流式は不人気です。

 201505241038.jpg

 一方、この機種の面白いところは、7分・5分つき米や、胚芽米の精米の他、米の研ぎ直しができる点です。白米の表面を削り治すことができるため、お米の鮮度が蘇るほか、米ぬかの部分も取れるので、事実上無洗米に精米できる(米をとぐ必要がなくなる)わけです。

 以上、エムケー精工の機種の紹介でした。オーソドックスな機種ですが、本体はしっかりした作りです。予算1万円以内で考えているならば、この機種は良い選択肢です。


 

 2・ツインバード 精米御膳 MR-E520W
  ¥8,890 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:かくはん対流式
 精米種類:7・5・3分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:4合まで 

 続いて、ツインバード工業の精米器です。同社はいくつかの精米器を出していますが、こちらは入門機にあたります。エムケー精工の精米器と同じかくはん対流式になりますが、こちらの機種の場合、7分・5分つき米や胚芽米の精米の他、3分付き米に対応する点で選択肢が広いです。

 また、古くなった米の表面を削れる白米磨きモードはこちらの機種も搭載です。

 201505241052.jpg

 安全装置などもしっかりしていますし、お手入れもぬかボックスを含めて水洗い可能なので、便利です。

 お米が欠けやすいという、かくはん対流式共通の弱点はありますが、入門機としては、機能がまとまって良い機種だと思います。ただ、精米量は1回4合までと、エムケー精工の5合よりやや小さな点は注意が必要です。


  

 3・ツインバード 精米御膳 MR-E751W
  ¥10,638 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:かくはん対流式
 精米種類:7・5・3分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 続いてツインバード工業の上位機です。かくはん対流式の精米方式を使った機種の中では最も高価な部類です。

 201505241109.jpg

 その分、細部にはこだわりがあります。とくに、かくはん対流式の弱点である、米の欠けがでにくい新構造を採用し、この方式では欠け米の出る量はかなり少ないと言えます。その上、精米時間の短縮も図られ、5合で3分30秒で精米が可能です。さらに、かくはん対流式のもう1つの弱点である、稼働音についても改善が見られます。  

 一方、お米好きに嬉しいのは、コイン精米器にもある上白米モードの搭載です。これは、米を通常よりも削ることで、米の雑味や濁った色合いを抑え、より美味しくご飯を炊きあげられる方式の精米です。その分、お米の量は目減りしますが、高級炊飯機愛用者には人気の機能ですね。胚芽米を含めたその他の精米モードももちろん搭載されます。

 以上、ツインバード工業の上位機種の紹介でした。値段が倍近くしますが、精米されるお米の味は低価格機種よりも一段上です。味の違いが明確に分かるので、予算があれば、この機種通いでしょう。

 お手入れも手軽なので、お年寄りにもおすすめできます。 


 201611082112.jpg

 4・山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT MB-RC52R   【赤】
 4・山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT MB-RC52W  【白】
 4・山本電気 MICHIBA KITCHEN PRODUCT MB-RC52B   【黒】
  ¥19,800 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:かくはん対流式
 精米種類:2〜8分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 続いて山本電気工業の精米機です。モーターの総合メーカーですが、精米機も出しています。こちらもかくはん対流式の精米器です。

 特長は、精米種類が豊富なことで、2〜8分づき米が1段階刻みで精米可能です。また、美味しい上白米のほか、こちらは餅米玄米の精米に対応している点が面白い所ですね。

 201505241120.jpg


 また、健康のために胚芽米を食べられている方、他機種でも胚芽米は全て対応していますが、この機種は2種類の胚芽米の精米が可能な点高機能です。残る胚芽の量を減らすモードが搭載されるからです。胚芽米を食べたいけど、食べにくいと思っている方はこの機種が良いでしょう。

 一方、かくはん対流式のため、欠け米が発生しやすいという弱点はやはりあります。しかし、回転スピードを3段階で調整できるほか、4分間かけてよりゆっくりと精米する「みがき米モード」が搭載されます。問題を軽減する工夫をしている点は高く評価できるでしょう。

 お手入れについてもツインバード工業と同じく簡単です。性毎時間は5合で2分45秒と最速の部類です。

 以上、山本電気工業の精米器の紹介でした。上白米モードが搭載される点で、1つ上で紹介したツインバード工業の上位機種がライバルですね。比較すると、精米速度や、精米種の点で、こちらの方が高機能ですね。価格も現在はこちらの方が安いですし、価格の点からこちらを選んでも、性能面で後悔はしないでしょう。


 

 5・山本電気 Bisen 美鮮 YE-RC41W 【ホワイト】
 5・山本電気 Bisen 美鮮 YE-RC41R 【レッド】
  ¥13,489 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:かくはん対流式
 精米種類:2〜8分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 こちらは、山本電気工業の上位機で、最新機種になります。

 201505241135.jpg

 炊飯器のようなタッチ式スイッチを採用した、デザイン重視の家電ですね。視認性が良いので、使い勝手の面でも有利でしょう。

 201505241136.jpg

  一方、構造はシンプルで、フタを含めて全て取り外せるので、お手入れも楽です。

 201505241137.jpg

 また、新しい形状のブレードは、お米が割れにくいように形状が工夫されています。さらにモーターについても、最近高級扇風機にも搭載されてきた静音性と動作調整力に優れたDCモーターを採用している点で、このグレードの精米器では一歩抜け出た性能です。

 モーターの高価で、かくはん対流式の弱点である、静音性は大幅に改善されていますし、精米時間も2分30秒とさらに速くなっています。

 そのほか、細かい分付き米の段階調整や、2種類の胚芽米が猛る点などは下位機種と同じ仕様です。

 以上、山本電気工業の上位機種の紹介でした。かくはん対流式の精米器の中では、最新の機種で、高性能モーターと新開発のブレードの力で、精米時間や精米の品質は高レベルでまとまった機種です。予算があればオススメしたい機種ですね。


 

 6タイガー RSE-A100
  ¥14,000 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:かくはん対流式
 精米種類:7・5・3分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 続いてタイガーの精米器の紹介です。

  201505241053.jpg  

 こちらもかくはん対流式の精米方式をとります。ただ、羽根の枚数が他社よりも多い4枚あるため、5合の精米スピードが3分で済みます。例えば、同じ5合対応の容量のエムケー精工の精米機は5分かかる点からも高速と言えます。

 時間が短くて済む分、さらにお米に熱が入りにくく、お米が酸化しにくいというメリットがあります。ただ、羽根を増やし速く回す構造のために、お米の欠けはやや増えるでしょう。

 201505241058.jpg

 部品も全て取り外して洗うことができますので、お手入れも手軽です。精米できる種類も無洗米コース(研ぎ直しコース)を含めて、他モデルと同様に充実しています。

 難点は、かくはん対流式にしては1万円を超える高価格である点です。かくはん対流式を使っている以上、できあがるお米の味は1万円以下の機種と変わらないですし。ただ、精米時間の短縮は、家事時間の短縮につながりますし、予算が許せば、こちらの機種が良いでしょう。


 

 7タイガー 精米器 RSF-A100
  ¥19,850 Amazon.co.jp
  (5/10執筆時)

 精米方法:変速かくはん対流式
 精米種類:7・5・3分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 こちらは、タイガーが2016年に新発売する家庭用精米器です。

 201608311144.jpg

 仕組みは従来通りのかくはん対流式ですが、従来的なACモーターではなく、DCモーターを採用しており、モーターが3段階に変速できることから、変速かくはん対流式精米器とタイガーは呼んでいます。かくはん式固有の欠点である、米が欠けやすいという難点を克服している点が新機軸になります。

 精米スピードも5合で約2.5分と、さらに短時間です。

 201608311148.jpg

 また、構造的にも、精米かごと、ぬかボックスを一度に取り外せる構造であり、片付けの点でもメリット性が高いですね。

 精米できる種類も無洗米コース・研ぎ直しコース・もち米精米などのほか、玄米を柔らか目に精米できる「やわらか玄米コース」が付属するのも魅力です。

 以上、タイガーの新機種である RSF-A100の紹介でした。かくはん式の弱点をDCモーターで克服した意欲的な製品だと思います。予算があれば選びたい機種ですね。

圧力精米機の紹介

 つづいて、予算が2万円以上ある場合選択肢となる、かくはん対流式以外の精米器を紹介します。




 8・象印 つきたて風味 BR-CB05
  ¥20,449 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:圧力一回通し式
 精米種類:3・4・7づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 こちらは、象印の精米器です。

 こちらは、かくはん対流式ではなく、圧力一回通し式という高機能な方法で精米する上位機になります。ごく簡単に言えば、圧力で玄米同士をこすり合わせながら、お米を循環させつつ精米していく精米器です。コイン精米やお米屋さんにあるヤンマーの大きな精米器と同じ方法と言えばわかりやすいでしょうか。

 圧力循環式は、ブレードを使わないため、欠け米がほとんど生じないのが最大のメリットです。かくはん対流式の上位機種も欠け米率が減っていますが、やはり圧力式も精度が良いです。欠け米が少ないために、米の重要な栄養分が飛ばないというメリットもあります。また、稼働音も静かです。

 ただ、かくはん対流式に較べると、本体はやや大きめ(17x32x32cm)です。また、構造上、お米に熱が入りやすく5合の精米時間も8分と長くかかるのがデメリットです。

 温度上昇はお米のデンプン質に影響を与えるため、かくはん対流式に較べるとお米の劣化が速く進みます。精米し立てのお米をすぐ消費する分にはほぼ問題はないですが、一度に数回分の精米を行おうと思っている方は、この方式は避けた方が良いでしょう。また、機能的にも分付き米には対応しますが、胚芽米や上白米には未対応です。

 201505241205.jpg

 お手入れも、かくはん対流式に比べるとやや面倒で、本体を分解してケースなどを洗うほか、定期的にブラシで清掃が必要です。内部清掃は3日に1回ほどが推奨されます。

 以上、象印の精米器の紹介でした。圧力式精米で、お米屋さんで精米するのと最も近い味が出せるのがメリットです。ただ、機能的には、上白米が精米できないなど、限定されてしまう部分がある点は注意が必要でしょう。



 9・象印 つきたて風味 BR-EB10
  ¥21,745 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:圧力一回通し式
 精米種類:3・4・7づき米
 胚芽米:対応
 精米量:一升まで 

 こちらも、象印の圧力式の精米器です。こちらは1つ上で紹介した機種の容量をアップした一升用の精米機です。一升を約10分かけて精米していくタイプです。

 機能は一つ上で紹介した機種と同様です。圧力式の精米器は、温度が入るため、大量の精米を一度にすると、お米の劣化が早いということもあり、このサイズは家庭用としては若干不向きかなと思います。



 10・象印 精米器 BT-AF05
  ¥26,997 Amazon.co.jp
(5/10執筆時)

 精米方法:圧力循環式
 精米種類:2〜8分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 最後に紹介するのは、象印の最上位機です。こちらは、タログハウスの通販生活にも掲載される最上位モデルですね。

 201505241148.jpg

 こちらも圧力式精米器ですが、正確には圧力循環式の精米器です。上図のように複雑な構造ですが、圧力をかけつつ、徐々にゆっくりぬかを落としていく方式になるため、米が欠けにくい上に、お米の温度上昇もしにくいというメリットがあります。精米は約6分の時間が必要です。

 こちらは、分つき米の他、上白米(白米強)無洗米の精米が可能です。一方、胚芽米は圧力方式では精米できません

 201505241223.jpg

 一方お手入れは、こちらの場合、ケースなどの水洗いとブラシでの掃除の他、フィルター類の手入れが一週間に一回ほど必要です。手入れの面倒さを避けたい場合は、やはり、かくはん対流式の上位機種の方が構造が単純なため手入れしやすいです。

 以上、象印の圧力式精米器の上位機種の紹介でした。難点は、本体価格が高い点と、掃除がややたいへんな点ですね。ただ、お米屋さんやコイン精米器で精米するお米の味に最も近い味が出せる機種だと思います。上白米にも対応し、味の面でも欠け米率が低く、温度上昇しにくいので、性能面でも期待できます。味を最重要視するならば、この機種を選ぶのが正解でしょう。

今回の結論
家庭用精米器のおすすめはこの機種!

 というわけで、今日は精米器を9機種紹介しました。

 最後にいつものように、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種!をあげておきたいと思います。


 第1に、家庭用精米器として使い勝手や、米の味の点で最もバランスが良い機種は、

 

 5・山本電気 Bisen 美鮮 YE-RC41W 【ホワイト】
 5・山本電気 Bisen 美鮮 YE-RC41R 【レッド】
  ¥13,489 Amazon.co.jp
  (5/10執筆時)

 精米方法:かくはん対流式
 精米種類:2〜8分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 お米の味  ★★★★★
 精米速度  ★★★★★  

 山本電気工業の上位機のBisenシリーズでしょう。、欠け米を防ぐブレードの工夫がなされ、また、モーター専業のメーカーらしく、静音性や動作の安定性を高める高級DCモーターの採用は、見逃せない部分でしょう。また、かくはん対流式のため、熱によるお米の酸化が防げますし、精米速度が2分30秒と今回紹介した機種の中で最速な点も見逃せない部分です。

 さらに、本体も炊飯器と同じようなデザインで、スタイリッシュです。このような点で、隙が無い機種なので、買って後悔はない機種だと思います。上白米モードや2種類の胚芽米モードをふくめて、精米できるお米の種類も多様なので、飽きずに使えると思います。


 第2に、低予算で、安定して使える家庭用精米器としておすすめできる機種は

 

 2・ツインバード 精米御膳 MR-E520W
  ¥8,890 Amazon.co.jp
  (5/10執筆時)

 精米方法:かくはん対流式
 精米種類:7・5・3分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:4合まで 

 お米の味  ★★★★☆
 精米速度  ★★★★☆

 ツインバード工業のかくはん対流式の精米器でしょう。低価格ですが、7・5・3分づき米と対応する精米種が多く、胚芽米にも対応する点が魅力です。

 1万円前後の価格までの機種と比べても、できる白米の品質に差がないので、最も安いこの機種はお買得だと思います。4合までの精米となりますが、家庭用としては問題ないと思います。


 第3に、味を重要視した場合、最もおすすめできる機種は


 10・象印 精米器 BT-AF05
  ¥26,997 Amazon.co.jp
  (5/10執筆時)

 精米方法:圧力循環式
 精米種類:2〜8分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで

 お米の味  ★★★★★★
 精米速度  ★★★★☆  

 象印の最上位機でしょう。圧力循環式を採用する唯一の機種で、米が欠けにくい上に、お米の温度上昇もしにくい機種ですから。お米の美味しさの点では、この2点が最も重要ですが、その点で最も高機能と言えます。

 本体価格が高いため、導入できる人は限られるでしょうが、予算があればこの機種が良いです。

  

 7タイガー 精米器 RSF-A100
  ¥19,850 Amazon.co.jp
  (5/10執筆時)

 精米方法:変速かくはん対流式
 精米種類:7・5・3分づき米
 胚芽米:対応
 精米量:5合まで 

 ただ、お手入れがかくはん対流式に較べるとわずかに手間です。そのため、お手入れの面倒を避けたい方は、タイガーの新製品の方が良いかもしれません。

 DCモーターの採用で、かくはん式の弱点を克服しており、美味しいお米が研げると思います。

ーーーーーー

 というわけで、今回は精米機の紹介でした!!

 今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマーク ボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 14:17 | Comment(0) | 調理家電

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg

コメント(知人の方)



          
商品名から本ブログの記事検索ができます!

カスタム検索

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png