Top 自動車関係 比較2022'【強力】自動車用消臭機/消臭剤20点のおすすめ・選び方: マイナスイオン発生機:花粉対策対応

2022年11月23日

比較2022'【強力】自動車用消臭機/消臭剤20点のおすすめ・選び方: マイナスイオン発生機:花粉対策対応

【今回レビューする内容】2022年 自動車の消臭剤・消臭機・車載用空気清浄機の性能とおすすめ・選び方:タバコ臭・車載エアコン臭い・花粉対策:車載用プラズマクラスターイオン発生機・ナノイー発生機:製品の違いと性能ランキング

【評価する製品型番】シャープ IG-HCF15-IG-LC15 IG-MX15-B IG-MX15-W B Panasonic F-GMK01-K F-GMK01-W F-GMU01-K Philips GoPure Compact 50GoPure Compact Slimline 230 カーメイト ドクターデオ DSD4 D224 HARPER & BENSON ミラクリーンR デンソー PCDND-B PCDND-W ブルーエア Blueair Cabin P2i 500553 ケンウッド Coconair CAX-PH100 CAX-DS01 CAX-DS01 カルテック ターンド・ケイ KL-C01 コムテック JD1000

今回のお題
自動車用におすすめの消臭機や消臭剤はどの製品?

 ども、Atlasです。

 今日は、2022年11月現在、最新の自動車の消臭・空気洗浄・ほこり・花粉対策の話です。

  202202031422.jpg

1・自動車用の消臭機/空気清浄機の紹介
 1-1:シャープ
  =プラズマクラスター式
 1-2:パナソニック
  =ナノイー〈ベルチェ式〉
 1-3:ケンウッド
  =光触媒・オゾン式
 1-4:ブルーエア
  =高性能フィルタ式
 1-5:その他の企業
  =光触媒ほか

 各社の「家電製品」としての、自動車用消臭機や、車載用空気清浄機をみていきます。

  201808291110.jpg

2・自動車用の消臭剤の紹介
 2-1・ファブリーズ
  =マスキング消臭式
 2-2・Dr.Deo
  =安定化二酸化塩素式
 2-3:ミラクリーン
 
 =グラフト重合式

 そのあとで、ドクターデオなどの自動車用消臭剤の(科学的な)消臭の仕組みを簡単に説明しながら、「消臭機・車載空気清浄機を買う意味」を考えていくという構成です。

ーー

消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★☆☆☆

 以下では、いつものように、各製品を比較したあと、最後に、Atlasのおすすめ製品を提案する形式で書いていきます。

 よろしくお願いします。

1・自動車用消臭機の比較

 201808291206.jpg

 はじめに、自動車用の消臭機の比較です。

 ただ、自動車の場合、空気清浄機と消臭機の区分があいまいなので、花粉対策になる機種もこのカテゴリーでみていきます。

1-1・シャープの消臭機

 201805090913.jpg

 はじめに紹介するのは 、シャープのプラズクラスターイオンを利用する消臭機です。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していくことにします。


 202005191559.jpg

 【2020年発売】

 1・シャープ イオン発生機 IG-NX15-B
 1・シャープ イオン発生機 IG-NX15-W
  ¥11,480 楽天市場 (11/23執筆時)

 【2018年発売】

 2・シャープ イオン発生機 IG-MX15-B
 2・シャープ イオン発生機 IG-MX15-W
  ¥10,866 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 【DENSO版】

 3・デンソー イオン発生機 PCDND-W
 3・デンソー イオン発生機 PCDND-B
  ¥10,680 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:プラズマクラスターNEXT
交換頻度:約7年間(1.9万時間)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★★☆☆☆
年間コスト ★★★★☆

 IG-NX15などは、シャープのプラズマクラスター イオン発生機です。

 マイナスイオンを利用するものですが、最近は、新車のオプションでも、こうしたものが付属する車種も増えています。

 車装品を製造するDENSOがシャープからの提供を受けて同じ製品をカー用品店で売っていますが、ロゴ以外は同じ製品です。そちらのサポート窓口はDENSOになります。

  202005191603.jpg

 設置方法は、自動車のカップホルダーに置く方式です。

 本体のサイズは500mlのペットボトルとだいたい同サイズです。

 201805090927.jpg

 接続は、本体に付属するカーシガー変換アダプターを使います。

 2ポート仕様なので、スマホの充電など他の用途にも使えるでしょう。

 そのほか、USBケーブルが付属します。設置は容易です。

 201808291119.jpg

 消臭の仕組みは、「マイナスイオン」を利用する形式です。

 シャープの家「プラズマクラスター」は多くの家電に使われるので、ご存じの方は多いでしょう。

 201506101832.jpg

 マイナスイオンは、消臭と静電気除去に効果があることで知られます。

 開放された空間だと効果に論争的な部分はありますが、自動車のような密閉空間ならば、まず効果を見込めます。

 (ウイルス除去などではなく)このような効果は 第三者的な実証でもその効果が認められています。

 自動車の消臭とは「相性が良い」ので、先述のように、新車の基本装備とするメーカーもあります。

 タバコなどの付着臭にお悩みならば、プラズマクラスターイオン発生器の導入は効果的です。

  202204212007.jpg  

 なプラズマクラスターには発生量でランクがあります。す。

 搭載されるのは、発生量が多いプラズマクラスターNEXTです。

 同じ自動車車内の場合、無印のプラズマクラスターに対して7.2倍のイオン発生量になります。

 シャープによると、カビ臭とタバコ臭に加えて、汗・体臭・食べ物臭・ペット臭にも効き目があるほか、「落ち着ける運転環境つくりをサポート」あるとされます。

 202110281718.jpg

 静音性は、ファン音があるので、弱で23dB・標準29dB・ターボで36dBです。

 ターボは乗車後すぐほどしか使わないですし、「ハイブリッドカーなどでもうるさく感じないほどの静かさ」です。

 201808291125.jpg

 花粉除去は、マイナスイオンでは不可能です。

 花粉を「不活性化」できるという報告もありますが、花粉対策にはならないでしょう。

 本体に、花粉キャッチフィルターが搭載されていています。こちらは捕捉できますが、補足率は80%ですので、やはり、根本的な花粉対策にはならないと言えます。

 一方、プラズマクラスターについては「装置寿命」があります。

 ただ、合計で19000時間(7年ほど)の寿命ですので、使い切る方は稀でしょう。

  202005191611.jpg

 一方、本機はUSB式であるので、家庭での利用も可能です。

 コロナ以来、この用途で人気で「品薄」になりました。

 ただ、一点「注意」しておけば、本機はあくまで「自動車という密閉空間」で使う場合、プラズマクラスターNEXTの濃度が保証されるという製品です。

 シャープの他の家電にも「プラズマクラスター」が搭載されますが、それに較べると「適応畳数が狭い」ので、本機は、(それらと違い)部屋全体に効果は発揮されません。

  201906111134.jpg

 結論的にいえば、シャープのプラズマクラスター機を選ぶ場合は、「プラズマクラスターの適応畳数」をしっかり見ることのほうが必要です。

 家庭用ならば、【脱臭機の比較記事】で紹介したような同社の大型製品や、【加湿空気清浄機の比較記事】で紹介したような製品でないと、効果はほぼないでしょう。

---

 以上、シャープのIG-NX15などの紹介でした。

 おそらくあと付けでは「もっとも売れている」といって良い製品ですので、比較基準にしやすいでしょう。

 ドリンクホルダーを1つ「潰す」形とはなりますが、密閉空間ならば、消臭効果の「安定性」が期待できます。

ーー

 202005191549.jpg

 【2019年発売】

 4・シャープ イオン発生機 IG-LC15-B
 4・シャープ イオン発生機 IG-LC15-R
 4・シャープ イオン発生機 IG-LC15-W
  ¥7,900 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 一方、本機については、以上のような旧機種(下位機)の発売があります。

 202204212007.jpg  

 こちらについては、プラズマクラスター25000ですので、イオン発生量が新機種より少し劣ります。

 202205061141.jpg

 シャープによると、試験空間ですが、車と同程度の場所で、付着カビ臭の除去スピードが2倍とのことです。電極が増えているならば有り得ることでしょう。

 静音性も、騒音値として、弱で18dB・標準25dB・ターボで33dBですので、やはり新機種より少し劣ります。

 とはいえ安いですし、予算によってはこちらでも良いかと思います。


  201710212129.jpg

 5・シャープ イオン発生機 車載用 IG-HCF15-B
  ¥11,362 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:プラズマクラスター+フィルタ
交換頻度:約1年(フィルタ)
消臭力   ★★★★★★
花粉対策  ★★★★★
年間コスト ★★★☆☆

 IG-HCF15は、同じくシャープの製品ですが、かなり大きめの製品です。

 後述するように、本機は「車載空気清浄機」だからです。

  150610-0030.png

 設置方法は、座席の後ろやサイドにベルト固定で設置するのが、基本になります。

 3メートルのカーアダプターと、取り付け用ベルトケーブルクリップが同梱しますので、取り付け自体は簡単です。

 消臭の仕組みも、本機もプラズマクラスター(マイナスイオン)を備えます。

 プラズマクラスター25000ですので、先述のように「上から2番目」の性能です。

 201808291126.jpg

 シャープ 交換用フィルタ IZ-FGCF15
  ¥1,545 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 花粉除去は、一方、この機種については本格的です。

 家庭用の空気清浄機に負けない、99%の除去力を持つフィルターを搭載するからです。

 そのため、花粉はもちろん、PM2.5対策にもなります。自動車用としてはかなり高機能です。

 脱臭も、対応です。

 なお、【家庭用空気清浄機の選び方】の記事で詳しく書きましたが、空気清浄機のフィルターは、「におい」対策をしたい場合、「ほこり」とは別のフィルターが必要です。

 本機については、活性炭を利用した「洗える」脱臭フィルターですが、「ほこり用」フィルター-に付属するので、追加の消耗品費は不要です。

 フィルター寿命は、1年です。

 ただ、脱臭フィルターは(薄いので)まめに「洗って」使ったとしても、半年ほどの交換が目安となるでしょう。

 201805090934.jpg

 センサーは、ニオイセンサーとホコリセンサーをダブルで搭載します。

 そのため、空気が汚れたり、花粉が舞っていたりした場合、自動運転してくれます。

 エンジンを切ってまた付けた時は、前回の運転モードで自動で再始動します。

---

 以上、シャープのIG-HCF15の紹介でした。

 設置スペースは必要ですが、消臭だけではなく、花粉対策を考えるならば、こちらが良いでしょう。これくらいしっかりしたものでないと、車内でもマスクは必要ですから。

 消臭という面でも、脱臭フィルターがある分下位機種よりも高度です。

1-2・パナソニックの消臭機

  201805090935.jpg 

 つづいて、パナソニックから販売されている車載用ナノイー消臭機を紹介します。


 202205061101.jpg

 【2022年発売】F-GMU01

 6・パナソニック ナノイー発生機 F-GMU01-K
  ¥13,125 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:ナノイー 4.8兆
交換頻度:装置寿命まで(消耗品なし)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★★★★

  F-GMU01は、パナソニックが販売するカップタイプのナノイー発生器です。

 先ほどみたように、シャープも似たようなタイプを販売していました。

 202205061102.jpg

 設置方法は、カップホルダーに差して利用する方式です。

 付属品はUSBケーブルのみなので、カー用のUSBアダプターにさす形です。

 車外に持ち出すならば、モバイルバッテリーなどでもいけます。

 201511280100.jpg

 消臭の仕組みは、マイナスイオンを利用する形式です。

 ナノイーという名前のイオンです。

 ペルチェ素子を使って水を結露させて放出するという仕組みです。

 効果については(同じマイナスイオンではあるので)シャープのプラズマクラスター同様に付着臭の除去や美肌効果、花粉の吸着効果を謳います。

 202204212020.jpg

 なお、ナノイーについても、発生量でグレードがあります。

 こちらは、ナノイーX 4.8兆という上位版です。

 201511272348.jpg

 消臭効果は、プラズマクラスターとの違いを実証的に言うのは、困難です。

 あえて言えば、シートなどのタバコなどの付着臭の除去を優先したい場合は、イオンの到達範囲が広い傾向ナノイーが少し有利な部分はありそうです。

 タバコなどの(今漂う)臭いの除臭を含めて、実証実験で明確な性能差が示されるかは、微妙なところではあります。

 ナノイーは、ペルチェ素子方式なので、温度(5-35度)と相対湿度(30%-85%)という発生条件があります。

 プラズマクラスターのように発生ユニットの装置寿命がないのが良い部分ですが、一長一短はあります。

 202205061117.jpg

 そのほか、パナソニックによれば、ペルチェ素子を利用するナノイーについては、肌の水分の蒸発を防ぐ効果があるとされます。

 この部分については、プラズマクラスターとの差となりますが、今回は「消臭」に関わる部分の説明なので、検討はしません。

 花粉除去は、フィルターが未搭載なので「未対応」となります。

 この面での対策にはなりません。

 202110281718.jpg

 静音性は、本機については、強・弱の調整ができます。

 いずれも32dBというスペックです。

 自動車自体の騒音もあるので、このレベルならば気にならないでしょう。

---

 以上、パナソニックの  F-GMU01の紹介でした。

 シャープのカップ式(上位機)がライバルとなるでしょう。

 正直なところ、車でのマイナスイオンの効果の面では比較できるほどの差はないと思います。

 この点では、値段で決めても良いかと思います。

 ただ、ナノイーは先述のように、発生に温度条件があります。

 そのため、乗車直後や、駐車中をふくめた「常時消臭」も試みたい場合など、車内が高温、低温になると発生しにくい部分で、車に限っていえば、マッチしやすいのはシャープかなと思います。

ーーー

 201808291134.jpg

 7・ナノイー発生機 ブラック F-GMK01-K
   ¥8,690 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 202204212020.jpg

 なお、すでに生産終了になりましたが、旧機種がのこります。

 本体色は、黒と、ホワイト(F-GMK01-W)・ ピンク(F-GMK01-P)から選べます。

 ただ、無印のナノイーですので、発生量が少なくなります。

 その点で言えば、シャープの「旧機種」とどちらかにするかという話になると思います。

 性能的には、どちらでも良いかと思います。

 値段を較べる場合、シャープと違い、USBカーアダプターは未付属(USBケーブルのみ)という部分に注意が必要です。

1-3・ケンウッドの消臭機

 202110201429.jpg

 続いて、日本のケンウッドの消臭機です。

 同社は、光触媒式と、低濃度オゾン式を出します。


 202110201314.jpg

 【2021年発売】

 7・ケンウッド Coconair CAX-PH100
  ¥7,782 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:光触媒+フィルタ
交換頻度:360時間(半年)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★★☆☆☆
年間コスト ★★☆☆☆

 CAX-PH100は、ケンウッドが発売する車載用消臭機です。

 202110201316.jpg

 設置方法は、形状から推測できるように、ドリンクホルダ設置式です。

 202110201319.jpg

 本体の仕組みは、「光触媒除菌消臭機」という名前通りに、光触媒を利用するものです。

 光触媒は、光を媒介に化学変化を起こす素材で、家庭用の消臭機などにも見られる素材です。紫外線LEDを照射して、臭い物質を無臭化していく仕組みです。

 また、補助的に、マイナスイオン発生機も付属です。

 202110201336.jpg

 そのほか、温度・湿度表示ができたり、ニオイセンサー搭載で空気質が表示できたり、タッチレスセンサーで、手を触れず操作できるなど、面白い部分があります。

 202110201330.jpg

  ケンウッド KCA-HF10
  ¥1,800 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 花粉除去は、フィルタでとります。

 交換用フィルターは、ただ、集塵率が非開示で、風力も弱いのでどこまで効果的かは不明です。

 また、1日2時間の稼働で、180日で交換です。

 光触媒は、光で勝手に再生するため、脱臭触媒が消耗品扱いではなく、繰り返し使えます。

 ただ、構造的に花粉用のフィルタの交換を怠っていると、臭ってきます。しっかり交換していかないと、装置寿命は短いでしょう。

---

 以上、ケンウッドのCAX-PH100の紹介でした。

 「除菌」の部分は、科学的なデータ開示がないので説明しませんでした。しかし、光触媒は密閉空間では消臭力が高いため、車載と相性は良いかと思います。

 ただ、フィルタ部分の弱さは目立つので、花粉症対策には弱い点、交換していかないと、消臭部分にも影響を与える部分には注意が必要です。


 202110201349.jpg  

 【2021年発売】

 8・ケンウッド CAX-DS01
  ¥14,789 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:低濃度オゾン
交換頻度:装置寿命まで(消耗品なし)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★★★★

 CAX-DS01は、ケンウッドが販売するもうひとつの車載用消臭機です。

 202110201351.jpg

 設置方法は、ダッシュボード設置を想定します。

 ソーラーパネル駆動で、電源不要ですが、蓄電はできない仕様です。

 そのため、シガープラグが併用できるようになっています。

 ただ、ソーラーパネルは、(滞在時間より長いと思われる)日中の駐車時にも動かせるといえるため、意味のある工夫です。

 202110201447.jpg  

 消臭の仕組みは、本機は、低濃度オゾンを利用する脱臭です。

 マクセルなどの家庭用消臭機に使われる多重リング式コロナ放電を利用するもので、ニオイの除去効果も科学的に検証できます。

 202202131312.jpg

 オゾンは濃度を高めると人体に有害なので、本機は密閉空間(車内)にも対応できる低濃度にしています。

 ただ、放出部は濃度が高くなるため、助手席などで(お子さんなどが)放出する空気を直接吸いこむ場所に置かないように気をつけてください。

 また、(本機より微量ながらオゾンが出ているので)今回紹介したような、各社のイオン発生機と併用しないことが注意点となります。

 花粉除去は、できません、

 静音性は、本機はファンレス(イオン風のみ)なので高いです。

---

 以上、ケンウッドのCAX-DS01の紹介でした。

 仕組み的に、パナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスター同様に、低濃度オゾンが、密閉空間で「効く」のはたしかです。

 とくに、駐停車時にも使えるソーラーパネルの仕組みが効いているため、恒常的な不着臭対策には、結構向くように思えます。

 なお、光触媒も、低濃度オゾンもマクセルが似たような製品を車載以外にで出しているので、両企業は何かしら関係があるかもしれません。

ーーー

 202110201401.jpg

  【2021年発売】

 9・ケンウッド CAX-DS01
  ¥3,864 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 なお、このタイプは、USB型もありますが、電極が1本(大型は3本)なので、あまり効果はないかと思います。

ーーー

 202202031604.jpg

 【2021年発売】

 10・コムテック JD1000
  ¥24,500 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:低濃度オゾン
交換頻度:装置寿命まで(消耗品なし)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★★★★

 なお、他社ですが、日本のカーエレクトロメーカーである、コムテックも車載用の低濃度オゾン発生器を出しています。

 202202031606.jpg

 こちらも、シガープラグを使えますが、1450mA/hの外部バッテリーを付属させていて、それでも動きます。12時間稼働でき、2時間の充電時間です。

 単純にUSB給電(5V)なので、【モバイルバッテリーの比較記事】で書いたような、スマホなどに使う大容量バッテリーを使えば10倍近くは長く使えるようにできます。

 設置方法は、ドリンクホルダーを利用する方式です。

 202202031612.jpg

 オゾン濃度は、0.04ppmなので、基準内です。

 先述のように、オゾンは濃度を高くしてはまずいので、車載容量(体積)で調整しています。

 そのため、提案されているような、広めのバンや、ホテルでの利用は、濃度的にあまり効果が期待できないですし、(時代的に)換気もするでしょうから、実用性があるといえるかは微妙なところです。

1-4・ブルーエアの消臭機

 201807081951.jpg

 続いて、スウェーデンのブルーエアです。


 202011231116.jpg

 11・ブルーエア Blueair Cabin P2i 500553
  ¥21,000 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:
交換頻度:約6ヶ月(フィルタ)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★★★★★★
年間コスト ★☆☆☆☆

 Cabin P2iは、北欧スウェーデンのブルーエアが販売する製品です。

 同社の製品は【空気清浄機の比較記事】でも取りあげましたが、日本でも家庭用の「高級機・高性能機」を多く販売しているメーカーです。

 202011231120.jpg

 基本的に、自動車における、花粉などの粒状物質の捕捉に特化したものですが、その部分については、かなり高度です。

 202011231131.jpg

 消臭の仕組みは、 脱臭カーボンによる吸着です。

 後述する花粉用のフィルタと一体型なので、(フィルタの有効期限内において)効果を発揮するでしょう。

  202011231122.jpg

 設置方法は、車のヘッドレストを想定しています。

 取り付けベルトもあります。アクセサリーソケットから電源をとるための4.5mのケーブルも付属です。

 202011231125.jpg

 Blueair Cabin Filter 501137
  ¥3,718 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 花粉除去は、高度です。

 ホコリをイオナイザーで帯電させて、吸着しやすくする仕組みで、1回で99%の除去率を達成させています(HEPASilentテクノロジー)。

 率としてはシャープ機と同じですが、4つのフィルタを利用する構造で風量が強く出せるため、除去スピードは約2倍です。SUVなら5-6分、セダンなら8-11分で浄化できます。

 202110281718.jpg

 一方、外観もオシャレで設置しやすいですが、最大運転時の騒音は55dBで、シャープの42dBより音はします。

 一方、難点は、フィルターは約6ヶ月で交換です。

 2.5時間×6日運転した場合の評価ですので、性能が良い分、コストはかさみます。

 202011231146.jpg

 センサーは、シャープと異なり、ほこりセンサーだけですが、搭載です。

 オート運転ができるため、先述の騒音問題はやや低減可能です。また、フィルタ寿命もすこし延ばせるとも言えます。

 また、アクセサリーソケット部にLEDがあり、空気の汚れを色で知らせます。

 202011231150.jpg

 そのほか、本機は、Wi-Fi経由で、スマホとつながるため、空気質の表示他、電源や強弱などの遠隔操作も可能です。

---

 以上、ブルーエアのCabin P2iの紹介でした。

 フィルター付きで、花粉にも高度に対応できる機種です。一方、シャープと異なり、イオンでの消臭はしませんが、脱臭フィルターによるニオイ吸着には対応できます。

 シャープ機とどちらを選ぶかは難しい部分もありますが、単純に「花粉にどちらに効くか」という観点ではこちらが優勢でしょう。

 外観も、本機のほうがデザイン性が高いので、予算に余裕があるならば、本機は選択肢にできます。

1-5・その他の消臭機

 続いて、ここまで見たメーカー以外の注目製品について、一気に紹介します。


 202202031520.jpg

 【2021年発売】(DRIVEAIR 352501)

 12・カルテック ターンド・ケイ KL-C01
  ¥21,780 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:光触媒
交換頻度:
消臭力   ★★★★☆
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★★★★

  KL-C01 は、日本のカルテックが発売する車載用消臭機です。

 光触媒を得意とする新興家電メーカーで、シャープ出身の技術者が起業しました。

 202202031523.jpg

 設置方法は、少し変わっていて、サンバイザーに固定用ベルトで取り付ける方式です。

 電源自体は、他社機と同じくシガープラグから取ります。 

 202202031526.jpg

 本体の仕組みは、ケンウッドにみみられましたが「光触媒」を利用する方式です。

 LEDランプから照射された光を受け、酸化力を帯びたフィルターがニオイを分解して行く方式です。フィルタを用いないので、消耗品が不要というのが良い部分です。

 202202031534.jpg

 その代わり、本機については、ケンウッドのように交換式のフィルタを用いない(プレフィルタのみ)ですので、定期的なメンテが必要です。

 常時付けておく場合、3ヶ月に一度、つけ置き洗いと自然乾燥が必要です。洗浄が必要になった場合、ランプ表示が出ます。

  202202031542.jpg

 脱臭性能については、目安として、40分アセトアルデヒド(タバコなどに含まれるニオイ成分)が60%減衰との記載です。

 200Lの試験空間(軽自動車でだいたい3000L)での試験ですが、本体の小ささと風量からすれば、こんなものかと思います。

 4Wですが、不在時も常時使うことを前提に設置できるならば、効果は(おそらく)あるでしょう。

 花粉除去は、機能としてありません。

---

 以上、カルテック・ターンド・ケイ KL-C01 の紹介でした。

 ケンウッドと違い「光触媒」単発での除去になります。その場合、ユニットの小ささはすこし懸念材料ですが、先述のように常時付けておくことを前提に使うならば、一定の効果はあるでしょう。

 ただ、一般的なマイナスイオン放出式と比べて高いので、その性能が費用対効果に見合うかは少し微妙です。

 少なくとも、実空間での検証データがもうすこしでないと、手が出しにくいでしょう。

2・自動車消臭剤の比較

 以上、ここまでは、「家電」としての消臭機をいろいろ見てきました。 

 ここからは、単価が安く手軽に導入できる、各社の自動車用消臭剤を一通りみておきたいと思います。

 201808291202.jpg

 なお、カー用品ショップに置いてある消臭剤は、(香りの違いだけで)どの製品も同じように見えます。

1-1・マスキング法
1-2・安定化二酸化塩素
1-3・グラフト重合法 (イオン交換法)

 しかし、詳しく見た場合、消臭の原理と効果がそれぞれ異なります。

 消臭剤については、今回は、この部分に注目して、順番に紹介するつもりです。

1-1・マスキング法を用いる消臭剤

 202208101412.jpg

 13・ エステー クルマの消臭力
   ¥470 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 14・ファブリーズ 芳香剤 置き型 車用
   ¥750 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:マスキング法
交換頻度:約1ヶ月
消臭力   ★★★☆☆
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★☆☆☆

 はじめに紹介するのは、一般的な「車用の消臭芳香剤」です。

 201808291112.jpg

 代表例としてカーメイトファブリーズの無香タイプの消臭剤を上げてみました。

 201808291108.jpg

 消臭方法は、いずれも、マスキング法を使います。

 マスキング法とは、悪臭や有害物質を芳香剤の分子で覆うことで「臭いを隠す」システムです。

 なお、以上のような「無香」タイプも、「無香」の分子で被うため、仕組みは同じです。

 メリットは、比較的消耗品コストが安価な点です。

 デメリットは、「良い匂い」も一緒に消してしまうという点です。また、嫌な臭いを「隠す」方式のため、消臭に時間がかかりますし、発生源からの抜本的解決は難しいです。

---

 以上、マスキング式の消臭剤の紹介でした。

 昔ながらの最も一般的な、車用の消臭剤はこのタイプでしょう。

 ただ、多くの人は、このタイプは、既に試しており、それで満足できないから良い製品を探しているのだと思います。そこで、以下、従来とは異なるタイプのものを紹介していくつもりです。

----

 202002041707.jpg

 15・クルマの消臭力 新車復活消臭剤
  ¥425〜 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 なお、瞬間的に臭いを消すようなスプレーの多くも、マスキング法を利用しています。

 500円以下のものはたいていがマスキング法です。

2-2・安定化二酸化塩素を用いる消臭剤

  201808291110.jpg

 16・カーメイト ドクターデオ DS301
  ¥499 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 【Amazon限定】

 16・カーメイト ドクターデオプレミアム D224
   ¥825 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:安定化二酸化塩素
交換頻度:約1ヶ月
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★☆☆☆☆

 続いて、日本のカー用品メーカー「カーメイト」のドクターデオです。

 201808291111.jpg  

 通常品とプレミアム品がありますが、プレミアム品は、後ほど紹介する消臭関与成分の安定化二酸化塩素が2倍となります。

 201805090905.jpg

 消臭方法は、安定化二酸化塩素による酸化分解です。

 これは、安定化二酸化塩素が空気中に拡散し、ニオイの分子を酸化分解する仕組みです。ちなみに、このような化学反応を利用して消臭する方法を、一般的に化学的消臭法と呼ばれます。

 メリットは、酸化分解を伴うため、「マスキングでごまかさず、シートを含めニオイの発生源から作用する」点です。そのため、「臭いでごまかさない消臭剤」として、とても人気のあるものです。

 実際、タバコ系の強烈なニオイにはわりと効きます

 デメリットは、主成分の関係で微量の塩素臭がする点です。

 また、医療用にも使われる二酸化塩素と比較すると、安定化二酸化塩素は別物であり、消臭力が限定的である点です

 例えば、新車のニオイや皮のニオイや、別系統の付着臭・微量のニオイには効果が薄い部分があります。

 一方、この製品は、車内の菌や悪習の分子を酸化分解する効能の表示があります。

 公正を期して言えば、安定化二酸化塩素は、ここ数年国民生活センターや消費者庁により、「空間除菌」剤としての効能について批判や、効能についての措置命令を受けています。

 201511181406.jpg

 それに対して、ドクターデオも、効果の追加実証実験を行っています。

 ただし、実空間での試験ではないです。とくに、ウイルスについては、効果がゆっくりで、空間に漂うと言うより人間に付着してくるものなので、24時間後に除菌されても意味がないでしょう。

---

 以上、ドクターデオの紹介でした。

 消臭剤というカテゴリーの中では、根元から強力にニオイを消しされる製品です。ただ、据え置き型は、1ヶ月ごと交換となるため、年間で1万円弱の維持コストがかかるのはネックでしょう。

 またシート下に入れておくタイプなので、残量がわかりずらく、いつの間にか臭っていたということもあり得ます。

ーーーー

 202011211742.jpg

 【カーメイト Dr.DEO プレミアム 】

 17・スチーム消臭 循環タイプ エアコン用
 17・スチーム消臭 浸透タイプ 車内のニオイ
  ¥899 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 なお、カーメイトからは、同じく、安定化二酸化塩素を使うスチーム消臭剤も販売されています。

 これらは、「バルサンを炊く」と同じ方式で、スチームを車内に充満させることで、1回限り強力に臭い消しを施す製品です。

 したがって、通常品と、同じメリット性デメリット性がありますが、最初にこちらを施行してから、通常タイプを利用するのは効果的でしょう。

ーーーー

 202002041710.jpg

 18・Dr.DEO プレミアム スプレー型 250ml D226
  ¥896 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 18・Dr.DEO エアコンスプレー 90ml D221
  ¥867 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 さらに、スプレータイプもあります。

 こうしたタイプは、ドアを開けた瞬間の不快感の対策はできませんが、一時的・即効的なニオイ対策には強力です。

 除菌効果はともかく、安定化二酸化塩素は、強力な消臭効果が期待できますので、「保険」に常備するのは良いかもしれません。

1-3・グラフト重合法を用いる消臭剤

  202002041633.jpg

 19・ファブラッシュ 消臭スプレー
   ¥548 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 19・業務用タバコ消臭剤 タバコブライトン
   ¥2,475 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:グラフト重合法
交換頻度:約1ヶ月
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★☆☆☆

 続いて、ファブラッシュタバコブライトンです。

 これらは、車用ではありませんが、ある程度効果を発揮しそうなので紹介します。

 201805090911.jpg

 消臭方法は、グラフト重合法を用いています。

 これは、悪臭や有害化学物資を吸着させ、化学反応で分解する方法です。ドクターデオと似ていますが、イオン交換体を利用する方式で、塩素臭などはしません。

 メリットは、香水などの良い匂いを覆い隠さない点と、タバコ以外にアンモニア臭などアミノ酸系の消臭に抜群な威力を発揮する点です。

 その点で言えば、ペットのニオイについても、この製品は効果を発揮します。

 デメリットは、「持続性」です。

 一瞬の匂いには効果を発揮するでしょうから置いておいても良いでしょうが、継続的、根本的な解決になりにくいと言えます。

---

 以上、ファブラッシュタバコブライトンの紹介でした。消臭剤タイプでは、最もオススメできる製品の1つです。

 喫煙者が常駐していない車ながら、食べこぼしによるアンモニア系のニオイや、動物などは乗るという方は、こちらならばそれなりに効果を発揮するでしょう。

 ただ、車載用に作られた製品ではないため、消臭剤の本体は大きいですし、ジェルビーンズが少しずつはじけて消臭するタイプです。

 超高温の夏にダッシュボード上などに置いておくと、変質してしまうでしょう。


  201907261106.jpg

 20・ミラクリーンR 100ml 業務用スプレー
  ¥1,850 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 20・ミラクリーンR 500ml 業務用スプレー
  ¥4,950 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:グラフト重合法
交換頻度:約50回
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★☆☆☆

 ミラクリーンRは、HARPER & BENSONの発売する抗菌消臭スプレーです。

 東急ハンズで見かけたことがありますが、基本「業務用」として売られている製品です。こちらも車専用ではなく、色々なことに使えるタイプの汎用的な消臭スプレーです。

 消臭方法は、イオン効果を使った除臭法を使っている商品です。

 吹き付けた薬剤が結晶化し、そこから発生するイオンが嫌なニオイの分子を破壊していくという方式です。

 溶剤は、オゾンなど不使用で、安全です。イオン式は、強力な酸などを使わないのが良いところですね。

 201805090953.jpg

  メリットは、その持続性です。

 結晶化する方式をとるため、一回スプレーすると1ヶ月は保ちます。

 天井・マット・シート・エアコンの内部(空気が出る部分ではなく、助手席の下の空気を取り込む部分)に向かって、満遍なくスプレーします

 1回のスプレーで50ml(50ショット)ほど使うのが標準です。


 201805090955.jpg

  車などの密閉空間において付着臭を除去する場合は効果絶大です。

 とくに、この製品は、業務用エアコンの消臭目的にも利用されるものなので、車のエアコンからのニオイに困っている方は、試す価値はあります。

 デメリットは、価格の高さです。

 また、薬剤がニオイなど発生源に届かないものには効果がないことです。

 そのため、エアコン対策の場合、停止させて使った後で、ある程度エアコンを回しながら使っても良いでしょう。いずれにしても、かなりのショット数を要しないと、効果が発揮しにくいです。

---

 以上、ミラクリーンRの紹介でした。

 エアコン対策など、芳香剤を使ってもどうしようもない方については、一度試してみても良い商品です。

 2回ほど施工できる「100mlのお試し版」も売られていますので、例えば、購入したばかりの中古車に集中的に使っても良さそうです。

今回の結論
自動車用の消臭におすすめな製品は結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、車載用プラズマクラスター紹介しました。

 最後に、いつものように、目的別・価格別に、Atlasのおすすめ機種を提案しておきたいと思います。


 第1に、自動車の消臭対策にもっとも向くと言える消臭機は

 202005191559.jpg

 【2020年発売】

 1・シャープ イオン発生機 IG-NX15-B
 1・シャープ イオン発生機 IG-NX15-W
  ¥11,480 楽天市場 (11/23執筆時)

 【2018年発売】

 2・シャープ イオン発生機 IG-MX15-B
 2・シャープ イオン発生機 IG-MX15-W
  ¥10,866 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:プラズマクラスターNEXT
交換頻度:約7年間(1.9万時間)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★★☆☆☆
年間コスト ★★★★☆

 シャープIG-NX15が良いでしょう。

 202204212007.jpg   

 旧機種もありますが、発生量の差をふまえると、プラズマクラスターNEXT搭載の新機種かと思います。

 202005191603.jpg

 設置面は、ドリンクホルダーに容易に設置できますし、(簡易的で、お守り程度の効果ですが)花粉を除去できるフィルターが付いています、

 202205061101.jpg

 ライバルにパナソニックのナノイーXもあります。

 ただ、先述のように、温度・湿度条件がある部分で、(自宅での利用などではなく)車についてだけ言えば、やはり、シャープ機だと思います。

 202205061153.jpg

 実際、シャープは「車載用プラズマクラスター」という売り方で、「車載用のUSBカーアダプター」を付けま、。

 しかし、パナソニックは、あくまで(車でも使える)「ナノイー発生機」という売り方で、アダプタはつきません。

 機能面でも、(先述のナノイーXの「美肌」の話はおいておけば)機能性は、ナノイーXもプラズマクラスターも変わらないと言えます。

 コスト面も、消臭剤を1年購入し続けるよりも低コストです。

ーーー

 202011211742.jpg

 【カーメイト Dr.DEO プレミアム 】

 6・スチーム消臭 循環タイプ エアコン用
 7・スチーム消臭 浸透タイプ 車内のニオイ
  ¥889 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 なお、イオン発生機を導入する場合、初期にすでにニオイがある場合、スチーム消臭剤をあらかじめ使って「ある程度リセット」してから使うのが良いでしょう。

 価格的にはカーメイトのこちらの製品がお得です。


 第3に、ニオイだけではなく、花粉症やアレルゲン対策を高度にしたいと考えている方におすすめなのは、

 202011231116.jpg

 11・ブルーエア Blueair Cabin P2i 500553
  ¥21,000 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:
交換頻度:約6ヶ月(フィルタ)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★★★★★★
年間コスト ★☆☆☆☆

 ブルーエアCabin P2iでしょう。

 202011231203.jpg

 シャープ機もありますが、外観形状が良い意味で「家電的ではない」ため、車載しても違和感がないでしょう。

 その上で、風力が出せる構造なので、除去スピードがシャープの2倍速いため、乗車の際に持ち込んだ花粉を素早く取り切ることが可能です。

 消臭についても、イオン発生機能はないものの、 脱臭カーボンによる吸着があるため、対策はできると言えます。

 202011231125.jpg

 Blueair Cabin Filter 501137
  ¥3,718 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 難点は、消耗品価格です。

 ただ、値段に見合う性能はあるので、花粉をメインに考える場合は、本機が良いでしょう。

ーーー
  201710212129.jpg

 5・シャープ イオン発生機 車載用 IG-HCF15-B
  ¥12,800 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:プラズマクラスター+フィルタ
交換頻度:約1年(フィルタ)
消臭力   ★★★★★★
花粉対策  ★★★★★
年間コスト ★★★☆☆

 一方、予算を節約したい場合は、シャープ機でも良いかと思います。

 150610-0030.png

 風力ほか、車用に作り込まれた外観ではなく、この部分ではブルーエアに負けます。

 201808291126.jpg

 シャープ 交換用フィルタ IZ-FGCF15
  ¥1,545 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 ただ、本体価格も安いですし、1年交換のフィルターも割と安価ですので、費用対効果は高いでしょう。


 第4に、既に強烈なニオイのする車のニオイの抜本的対策におすすめなのは、

 202110201349.jpg  

 【2021年発売】

 8・ケンウッド CAX-DS01
  ¥14,789 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:低濃度オゾン
交換頻度:装置寿命まで(消耗品なし)
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★★★★

 ケンウッドCAX-DS01でしょう。

 202110201447.jpg   

 先述のように、低濃度オゾン式は、家庭用ですでに実績があり、効果も検証されます。

 安全性も、先ほどの注意点を守れば問題ないです。

 202110201351.jpg

 他社のマイナスイオン発生機と基本的な効果は変わらないのですが、本機については、ソーラーパネル駆動ができるメリット性があります。

 ようするに、駐停車中も昼間ならば稼働するので、(時間の強みで)こびり付いたニオイには強いと言えます。電極も多めですし、車載ならば効果があるでしょう。

 天候に左右される部分もありますが、シガーソケットも使えるため、併用するのが良いかと思います。

ーーー

  201907261106.jpg

 12・ミラクリーンR 100ml 業務用スプレー
  ¥1,850 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

 13・ミラクリーンR 500ml 業務用スプレー
  ¥4,950 Amazon.co.jp (11/23執筆時)

消臭方法:グラフト重合法
交換頻度:約50回
消臭力   ★★★★★
花粉対策  ★☆☆☆☆
年間コスト ★★☆☆☆

 ただ、とくに、エアコン部分は、事前に手入れをしてから導入した方が良いかと思います。

 その場合、ミラクリーンRを試すと良いでしょう。エアコンから臭ってくる場合には、この溶剤は効果が高いです。

 買ったばかりの中古車など現在進行形でニオイが酷い場合は、この溶剤を1週間おき、1ヶ月ほど連続して使うと良いでしょう。エアコンの場合、1回の施行は50ml程度です。

 安全性も高く、無臭なので気にならないと思います。1度ニオイが落ちれば、1ヶ月は保ちます。

補足:カーエレクトロニクス関連記事

 というわけで、今回は、車用の消臭機と消臭剤の話でした。

1・ポータブルナビの比較
2・ドライブレコーダーの比較
3・自動車用消臭剤・消臭機の比較

4・ポータブルDVDプレーヤーの比較

 なお、このブログには、自動車関係の家電について以上のような記事もあります。

 今回とだいたい同じ方法で比較をしていますので、よろしければご覧ください。

  201802211411.jpg

5・脱臭機の比較記事

 また、家庭内におけるタバコやペット臭対策として、空気清浄機とは、異なった方法で脱臭する専門機器の紹介もしています。興味のある方は、ご覧ください。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ 嬉しいです。

posted by Atlas at 21:28 | 自動車関係

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png