Top 映像機器 比較2021' モバイルプロジェクター32機の性能とおすすめ・選び方(1)

2021年10月03日

比較2021' モバイルプロジェクター32機の性能とおすすめ・選び方(1)

【今回レビューする内容】2021年 超小型!モバイルプロジェクターの性能とおすすめ・選び方:モバイル用小型プロジェクター ポケットサイズのミニプロジェクターの性能評価・ランキング・ASUS・ANKER・LGエレクトロニクス

【紹介する製品型番】エプソン dreamio EF-11 カシオ FORESIGHT VIEW CX-E1-NB CX-E1-RD CX-F1-NB CX-F1-RD ViewSonic M2e XGIMI Halo WK03A MogoSeries MOGO Pro+ ANKER Nebula Apollo D2410511 Nebula Astro D2400521Nebula Capsule II LG CineBeam PF50KS PH510PG PH30N PH55UG Canon C-13W Vivitek QUMI Q8-BK BenQ GV1 GS2 GH-PJTA-WH AREA SD-PJHD02 ASUS ZenBeam Latte L1 Acer AOPEN Fire Legend QF12 Fire Legend PV12 ZenBeam S2 S1 E1 P3B C250i

今回のお題
超小型のモバイルプロジェクターのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2021年10月現在、最新のモバイルプロジェクターの比較です。

  202105251446.jpg

1・モバイルプロジェクタの比較 (1)
 1-1:ASUS〈台湾〉
 1-2:アンカー〈米国〉
 1-3:LG〈韓国〉
 1-4:エプソン〈日本〉
 1-5:View Sonic〈アメリカ〉
 1-6:XGIMI〈中国〉
2・モバイルプロジェクタの比較 (2)
 2-1:キヤノン〈日本〉
 2-2:ACER〈台湾〉
 2-3:ベンキュー〈台湾〉
 2-4:カシオ〈日本〉
 2-5:その他の企業〈各社〉
 2-6:最終的なおすすめ機種の提案

 各社のプロジェクタのうち、重さ300g〜1.3kgの製品を順番に比較していきます。

 今回は、ビジネス用の超小型プロジェクタから、家庭やキャンプなどでも使える超小型プロジェクタまで広く紹介しました。

ーーー

軽量性   ★★★★★
画質    ★★★★★
スマホ連携 ★★★★★
総合評価  ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように各機種を比較・紹介していきます。

 そして、最後に「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。

 長い記事ですが、よろしくお願いします。

ーーー

1・家庭用プロジェクターの比較
 ・主な用途:ホームシアター用
 ・解像度:フルHD
 ・重さ:2.5kg〜
 ・予算:7万円〜
2・家庭用4Kプロジェクターの比較
 ・主な用途:ホームシアター用
 ・解像度:4K画質
 ・重さ:3kg〜
 ・予算:10万円〜
3・ビジネス用プロジェクタの比較
 ・主な用途:会議室・プレゼン用
 ・解像度:〜フルHD
 ・重さ:1.5kg〜  
 ・予算:3.5万円〜
4・モバイル小型プロジェクタの比較 
 ・主な用途:持ち運び/気軽な家庭用
 ・解像度:〜フルHD   
 ・重さ:300g〜1.3kg
 ・予算:3万円〜

 なお、今回の記事は、このブログのプロジェクターの比較シリーズの4回目記事として書いています。

0・モバイルプロジェクタの選び方の基本

  202110031204.jpg

 はじめに、モバイルプロジェクタの「選び方の基本」の紹介からです。

 このジャンルは、プロジェクターとしては「かなり個性」があります。

 そのため、(普通のサイズの)プロジェクターと、注意するべき部分が少し違います。 

 以下では、選ぶ際の主な注意点ほか、比較する場合、重要視するべきポイント3点あげておきます。


 202105251452.jpg

 第1に、プロジェクタの明るさです。

 プロジェクターは、ルーメン(器具光束)という単位で明るさを示しています。

 ライトの発光部分の明るさを示す値ですが、この値が大きな程、光の差し込む「昼間の対応度が高い」ことになります。

  202011071901.jpg

 ルーメン値は、ガジェットとして持ち歩き、少数のクライアントに(ラフに)「ちょっと見せたい」というレベルならば、400ルーメンもあれば足ります。

 しかし、会議室で座って行うような(ある程度本格的な)昼間のプレゼンに使う場合、少なくても1000ルーメンは欲しいです。

 これほどあれば、遮光せずとも、(白いカーテンなどで)軽く遮光した部屋でも(ビジネス文書)ならば、視認に足るレベルで、投影可能です。

 むろん、「据置と比べて遜色ない」とまではいきません。しかし、実用上、大きな不満は起こらないでしょう。

 202011071924.jpg

 一方、自宅で「まあみれれば良い」「暗いところでしか使わない」場合は、200ルーメンもあれば、使えます。

 (完全にTV替わりの)シアターにするには画質的に無理ですが、用途性が違うので、単純に「モバイルでは駄目!」とはなりません。

ーーー

1・仕事での本格的な利用
 :1000ルーメン
2・モバイルガジェットとしての利用
 :400ルーメン
3・気軽な家庭用・キャンプ用
 :200ルーメン

 結論的にいえば、用途性に合わせて、以上の基準で選ぶと良いでしょう。

 それぞれのカテゴリ向きの製品は、今回の記事でも多く紹介しました。


 202105251512.jpg

 第2に、バッテリーです。

 モバイルプロジェクターの場合、一部の軽量機は、リチウムイオン電池を搭載します。そのため、電源がなくても使えます。

 ただ、そういった機種は、最大のルーメン値が低く暗い機種に限られます。また、コンセント未接続時は、自動で照度を落とす機種もあるので注意が必要です。

 今回は、バッテリー持続時間を含めて、この部分も重視しながら説明します。


 202007291237.jpg

 第3に、ビデオ・オンデマンドへの対応です。

 最近のモバイルプロジェクターは、単純にWi-Fiを搭載するだけでなく、Android TVなどを搭載する機種があります。

 そういった製品は、本体だけで、NetflixやAmazon VideoなどのVODを検索・再生できます

 家庭用として性能を分ける部分ですので、ここも詳しく見ていきたいと思います。

 以上、モバイルプロジェクターの「選び方の基本」を3点あげました。

 以下では、こうした観点をふまえながら、各社の製品を紹介していきます。

1-1・ASUSのモバイルプロジェクター

 202105251519.jpg

 では、具体的な製品を比較していきます。

 はじめに紹介するのは、この分野の「先駆者」である台湾のASUS(ASUSTek)です。

 モバイルガジェットとして、仕事用で持ち歩く機種が多いですが、上位機には、家庭向きな仕様の製品もあります。

ーーー

 なお、以下では、高評価できる点は赤字で、イマイチな部分は青字で書いていきます。


 202105251527.jpg  

 【2019年】

 1・ASUS ZenBeam S2 [ブラック]
   ¥59,973 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP
解像度:1280×720
コントラスト:4000:1
重さ:497g
明るさ:500ルーメン
バッテリー:最大3.5時間
100インチ投影距離: 約2.5m

  ZenBeam S2は、台湾ASUSが発売する、モバイルプロジェクターです。

 ビジネス用に人気があると言える、軽量機です。

 201910121426.jpg

 重さは、497グラムです。

 もっと軽い機種もありますが、直径12cmですし、モバイルしやすいサイズです。

 201910121429.jpg

 投影距離は、最低投射距離が1.5mからです。

 机に手軽に出して使うというより、壁投影を前提とすると言えます。

 ただ、2.5mで100インチ投影できる短焦点ですから、その目的では問題を感じません。

 フォーカスも、レーザー距離センサーを併用する方式で、正確性もあります。

 明るさは、500ルーメンです。

 ガジェット的に持ち運んで、クライアントと簡単なプレゼンを刷る程度ならば「問題ない」といえます。

 十分な明るさですから、部屋を多少暗くすればですが、家庭での「テレビ代わり」にも利用できるため、兼用で考えても良いでしょう。

 解像度は、もうひとつの注目点です。

 さすがに、フルHDは満たしませんが、1280×760ハイビジョン水準です。

 ある程度まで「ストレスなく、動画も見れる」といえます。

 202110031657.jpg

 投影方式は、DLP式です。

 比較的小型化しやすい点と、コントラストが高めやすいので、映画などの視聴にわりと適しています。1kg未満のモバイルプロジェクターはほとんどDLP式です。

 他の方式の小型機もありますが、違いはは後ほど紹介します。

 201910121439.jpg

 端子は、接続用にHDMI端子USB-C端子です。

 PCにも、スマホにも利便性が良い作りです。

 USB-CとHDMI双方を装備するため、iOS系もAndroid系も問題なく利用可能でしょう。

 ネットワーク機能は、ただし、Wi-Fiは未装備です。

 したがって、Android TVなどは内蔵しない、「ストイックなビジネス用」です。

 バッテリーは内蔵式で、最大3.5時間です。

 ただし、「エコモード」時の持続時間です。

 ルーメン値を落とした場合の持続時間ですが、先述のように、そもそも(椅子に座ったような)長時間のプレゼンを前提にする製品ではないので、あまり気にしなくて良いでしょう。

  本体充電は、ACアダプタ経由です。

 201805251016.jpg

 傾き補正は、自動台形補正が付属します。

 未搭載の機種の場合、正面・直角からの投影でないと、映写される映像が台形になりますが、補整ができる機種の場合、この問題を回避可能です。

ーーー

 以上、ASUS S2の紹介でした。

 ビジネス用ガジェットとしては、十分な明るさがある上で、軽いため、第1の選択肢にできると思います。

 ミーティングやプレゼンで、図面を簡単に確認してもらったりという使い方に向きます。

 その上で、家庭やキャンプなどでも利用できます。

 ただ、「エコモード」時で最大3.5時間のバッテリー駆動なので、輝度を高くすると、例えば、(コンセントなしで)2時間映画を見きれる保証はない点だけ、注意してください。あくまで「ビジネス用」です。

 なお、本機は、エコモード時のルーメン値が非開示ですが、実際(エコモードで快適が映像がみれるほどは)高くはないと思います。 


  201907141242.jpg

 【2015年】

 2・ASUS 小型プロジェクター P3B
   ¥84,464 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP
解像度:1280×800
コントラスト:10,000:1
重さ:750g
明るさ:800ルーメン
バッテリー:最大3時間
100インチ投影距離: 1.7m

 P3B は、ASUSの販売するモバイルプロジェクターです。

 201809181853.jpg

 重さは、750gです。

 さほど軽くはないので、普段いつも持ち歩きたい感じではないです。

 ただ、サイズについていえば、十分な小型と言え、バッグに入れても邪魔ではないでしょう。

 投影距離は、100インチの投影に必要な距離が1.7mと相当な短焦点です。

 3.4mの距離があれば、200インチの投影も可能と、実力は高いです。

 投写角度もスタンドで2段階に切り替えられます。

 投影方式は、一般的なDLP式です。

 コントラスト比は10000:1とモバイル用としては優れており、実力はあります。

 201907141244.jpg

 明るさも、800ルーメンです。

 家庭用としての訴求もある機種で、わりと明るいです。

 ある程度日光を遮る必要はあるものの、気軽な家庭用、または、本格的なビジネスモバイル用としての実用性は下位機より高そうです。

 解像度は、こちらも、1280×800です。

 コントラスト比も十分ですから、モバイル用として問題ないでしょう。

 バッテリーは、内蔵式です。

 「最大3時間」との宣伝表記は、こちらの場合も、エコモード時です。

 ただし、500ルーメンと、下位機種の水準に光量を押さえた状況でも1時間は保つので、実用性は向上が見られます。

 接続は、HDMIのほか、USBポートに付属のWi-Fiドングルを差せば、無線利用も可能です。

 ただ、Wi-Fiの利用は、Android用アプリのみ用意されている点は注意です。

 201809181903.jpg

 傾き補正は、この機種は、角度検出機能を使った自動台形補整機能が利用できます。

 レバーなどで操作しなくても良いため、楽ですね。

---

 以上、ASUSP3Bの紹介でした。

 もともとは家庭用としての訴求だったかと思いますが、2015年設計で、さすがに、その用途では、VOD非対応など、高級機としてすこし陳腐化しています。

 一方、ある程度(重いが)「明るい」仕事用ガジェットとしてはまだ存在感がありますが、後述するように、エプソンがこの程度の価格で、(画質の良い)3LCD機を出してきたため、さすがに終息は近いかな、と思います。


  202110031225.jpg

 【2020年】【200ルーメン】

 3・ ASUS ZenBeam Latte L1
   ¥51,909 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP (0.23型)
画素数 :1280×720
コントラスト:非公開
重さ:585g
明るさ:300ルーメン
バッテリー:最大3時間    
100インチ投影距離:約2.65m

 ASUSTek ZenBeam Latte L1 は、ASUSが販売するモバイルプロジェクタです。

 ここまでみた製品と違って、カジュアルな形でビジネスと言うより個人向けです。

 その点で言えば、次にみていくAnker製品がライバルです。

 202110031232.jpg

 重さは、585gです。

 ポーチも付いて、屋外に持ち出しやすい仕様です。

 ただ、防滴性などはありません。

 202110031234.jpg

 投影距離は、100インチで2.65mです。

 単焦点ではないですが、水準としては多少ですが短めです。

 202110031236.jpg

 明るさは、最大で300ルーメンです。

 口絵にもありますが、ある程度みいるコンテンツ(映画など)の場合、部屋は暗くすることが前提です。

 ANSIルーメンは、「画面の明るさムラ」をふまえた特殊なルーメン値です。ただ、違いはあまり気にしなくてOKです。

 端子は、映像用にはHDMI端子を利用します。

 投影方式は、こちらも、DLP式です。

 テキサスインスツルメンツの製品で素子サイズが公開されます(0.23型)。

 中級のモバイル用によく採用されるサイズより少し小さめですので、入門用ラインと言えます。

 バッテリーは、内蔵式です。

 動画再生時「最大3時間」です。

 加えて、省電力モード時となるので、説明書にも詳しい説明はないもの、ルーメン値が落とされた状態での数字となるかもしれません。

 加えて、本機は電源がUSB給電ではない(ACアダプタ)なので、モバイルバッテリーからの給電は不可です。

 このあたりは作り込みの甘さがみられます。

 202110031251.jpg

 ネットワーク機能は、本機は、Wi-Fi搭載です。

 一方、VOD視聴は、ポルトガルのAptoide社が開発するAptoide TVアプリを利用する形式です。

 簡単に言えば、Google OS上で動く、Androidのストアアプリです。スマホで言えば、AndroidならばGoogle PlayやiOSならばApp Storeを、他社が運営しているような感じです。

 ただし、特に日本のVODアプリはあまりないです。【こちら】のサイトであらかじめチェックしておくことをおすすめします。

 202110031302.jpg

 スマホとの連携は、可能です。

 本体メニューからミラーリング設定可能ですが、スマホ側のアプリは用意されません。

 ASUSとしては、不安定な場合、EShareなどのサードパーティアプリを利用して欲しいとのことでした。

 スピーカーは、5Wのステレオスピーカーが内蔵です。

 傾き補正は、未搭載です。

 本機は、正面投影が原則でしょう。フォーカスもマニュアルです。

----

 以上、ASUSTek ZenBeam Latte L1の紹介でした。

 技術のある会社ですが、本機については作り込みの甘さが目立ちます。

 このサイズは、次にみるAnkerがわりと強いですが、同価格帯の製品と比べると、見劣りする部分が目立つという印象です。

1-2・ANKERのモバイルプロジェクター

 202105251601.jpg

 続いて、アメリカアンカーの製品です。

 モバイルバッテリーで日本のシェアが高い同社ですが、バッテリーを利用する家電も多く展開しています。こちらもその1つですね。


  202004301238.jpg

 【2020年】【200ルーメン】

 4・ANKER Nebula Apollo D2410511
   ¥46,990 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP(0.3型)
画素数 :854x480
コントラスト:非公開
重さ:579g
明るさ:200ルーメン
100インチ投影距離:約3.08m

 ANKER Nebula Apollo は、アメリカのANKERが発売するモバイルプロジェクターです。

 202105251618.jpg

 重さは、約579gです。

 重さについては、さほど特化して軽くしたモデルではないです。

 202105251619.jpg

 投影距離は、その一方で、100インチで3.08mです。

 短焦点ではないです。

 明るさは、200ANSIルーメンです。

 ANSIルーメンは、「画面の明るさムラ」をふまえた特殊なルーメン値です。ただ、違いはあまり気にしなくてOKです。

 いずれにしても、あまり明るくないので、日中は「みれれば良い程度」の画質で、じっくり見たい映像コンテンツ基本的に「部屋を暗くして」みる製品です。

 コントラスト比は、データとして非公開で、このあたりに、映像専業ではないメーカーとしての弱点が見られます。

 端子は、映像用には、HDMI端子を使います。

 USB端子は、2.0ですので、キーボードなど操作用に用います。

 投影方式は、こちらも、DLP式です。

 201809181821.jpg

 バッテリーは、内蔵式です。

 動画再生時「最大4時間」ですが、Wi-Fiを利用する場合最大3時間です。

 USB給電なので同社の大容量USBバッテリーでも給電可能です。最小2.5時間でフル充電されます。

 201901111347.jpg

 ネットワーク機能は、本機は、Wi-Fi搭載です。

 また、Android OS 7.1搭載なので、単機で利用する場合でも、NetflixやYouTubeなどの動画サービスを利用しやすいため、かなり便利です。

 201901111353.jpg

 スマホとの連携は、Wi-Fi/Bluetooth接続を前提として、iOS Android用にNebula Connectというアプリが用意されます。

 単に再生できるだけでなく、キーボードやマウス操作端末としてもスマホを利用可能です。

  202004301243.jpg

 スピーカーは、もうひとつの見所です。

 最近流行の360度全周囲スピーカーを搭載するからです。

 【Bluetoothスピーカーの比較記事】でもANKER製品は紹介しましたが、同社は、音響にも最近力を入れてきています。単体でのサラウンド感は、他社のどの機種よりも期待できるでしょう。

 また、スピーカーとして利用する場合は30時間バッテリーが保つので、普段は、寝室用のBluetoothスピーカーとして利用して、たまに、プロジェクターとして利用するような利用法もありえます。

 傾き補正は、この機種も自動台形補正が付属します。

----

 以上、ANKER Nebula Apolloの紹介でした。

 201901111400.jpg

 モバイルプロジェクターの類ですが、室内において持ち歩いて楽しく使える点で、現状では最も「機能がまとまった」良い製品と感じます。

 形状的には、家庭用の設計でしょうが、この用途の格安機としてはおすすめできる製品の1つです。

ーーー

 202011071940.jpg

 【150ルーメン】

 5・ ANKER Nebula Astro D2400521
   ¥29,990 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP
画素数 :854x480
コントラスト:非公開
重さ:470g
明るさ:150ルーメン
バッテリー:最大2.5時間   
100インチ投影距離:約3.08m

 202011071941.jpg

 なお、2020年に追加発売されたNebula Astroも、画質・機能面では、 Nebula Capsuleと同じです。

 ただ、約9cmの球状であり、持ち運びやすい点で人気です。その代わり、バッテリーがわずかに少ない(動画で2.5時間)のですが、それ以外の基本仕様は同じです。

ーーー

 202001191424.jpg

 【2018年】

 【100ルーメン】

 6・Anker Nebula Capsule AK-D411151
 7・Anker Nebula Capsule AK-D4111591
   ¥39,999 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP
画素数 :854x480
コントラスト:非公開
重さ:470g
明るさ:100ルーメン
バッテリー:最大4時間
100インチ投影距離:約3.08m

 Anker Nebula Capsule は、先行販売されていた製品ですが、現在は、事実上、ANKER Nebula Apolloの下位機種です。

 比較する場合、100ルーメンと暗いほか、上部がタッチパネル仕様ではないなどの違いがあります。

 いずれにしても、現状の水準では、100ルーメンというのは、暗すぎるでしょう。


 201907141254.jpg

 【2019年】【200ルーメン】

 8・Anker Nebula Capsule II
   ¥59,800 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP (0.3型)
画素数 :1280×720
コントラスト:非公開
重さ:740g
明るさ:200ルーメン
バッテリー:最大3時間    
100インチ投影距離:約3.08m

 Nebula Capsule II は、アメリカのANKERが2019年に追加発売した、この系統の上位機です。

 201907141258.jpg

 重さは、約740gです。

 後述するような高画質化により、重さは増えます。

 ただ、サイズは、高さ15cm×直径8cmですので、500mlのビールのロング缶を持ち運ぶような感覚でしょう。

 201907141302.jpg

 投影距離は、下位機種同様に、100インチで3.08mで、短焦点ではないです。

 一方、設置は、この機種から、小型プロジェクターながら、オートフォーカスが利用できるようになりました。

 明るさは、本機も、DLP式で、200ANSIルーメンです。

 解像度は、下位機種よりあがり、1280×800となります。

 コントラスト比は説明されないですが、ハイビジョン水準はクリアするので、画質は下位機種より良いです。

 202110031350.jpg

 端子は、HDMI端子が付属します。

 USBは、本機の場合、フラッシュドライブ用に用意されています。

 対応フォーマットは mpeg avi mov isoほか、メジャーな形式はほぼフォローできます。ただし、File Manage」「Kodi」アプリをダウンロードしての再生対応です。

 201907141306.jpg

 ネットワーク機能は、本機もWi-Fi機能を持ちます。

 また、下位機種は、Android7.1を搭載していましたが、GoogleTV用のAndroid TV 9.0を搭載します。

 最近汎用的なドングルが出たので、プロジェクターでもわりと搭載するメーカーが増えてきました。

 本機も、3000を越えるTV用アプリが利用できます。

 投影方式は、こちらも、DLP式です。

 バッテリーは、高画質化にとない、3時間と多少短くなっています。

 しかし、充電時間自体は、最小2.5時間でフル充電されます。モバイル電源も利用できます。

 201901111353.jpg

 スマホとの連携は、Wi-Fi/Bluetooth接続を前提として、iOS Android用にNebula Connectというアプリが用意されます。

 単に再生できるだけでなく、キーボードやマウス操作端末としてもスマホを利用可能です

 その他の部分は、360度スピーカーの出力が5Wから8Wにパワーアップした点などが、従来機との相違です。

----

 以上、Anker ebula Capsule II の紹介でした。

 価格は上がりますが、家庭用としては、より満足できる「解像度」のディスプレイを採用するほか、Android TV 9.0を正式搭載したことで、利便性も向上しています。

 その点で言えば、現状でAnker社製品から選ぶ場合、予算が許せばこの機種を選べば間違いない!といえそうです。

1-3・LGのモバイルプロジェクター

 202105251146.jpg

 続いて、韓国のLGエレクトロニクスのモバイル用プロジェクターです。

 同社も、モバイル用プロジェクターを複数ラインナップします。


 201904091101.jpg

 【2018年】

 9・LGエレクトロニクス CineBeam PF50KS
   ¥58,545 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP
解像度:1920×1080
コントラスト:100,000:1
重さ:1000g
明るさ:600ルーメン
バッテリー:最大2.5時間    
100インチ投影距離: 3.18m

 PF50KSは、LGの販売するモバイルプロジェクターです。

 同社のモバイルプロジェクターでは、最も画質的な意味でグレードが高い機種です。

 201904091107.jpg

 重さは、ノートPCなみの1000gと重いです。

 ただ、今回の2回目記事である【ビジネス用プロジェクターの比較記事】で紹介したような機種は、軽量といわれる機でも2kgほどはあります。

 それをふまえると「モバイル性は抜群」でしょう。

 201904091109.jpg

 投影距離は、100インチの投影に必要な距離は、3.18mです。

 モバイル性はありますが、短焦点ではないです。

 投影方式は、一般的なDLP式です。

 コントラスト比(ダイナミック比)は、100,000:1と、シアター用でも十分なスペックです。

 明るさは、600ルーメンです。

 コンセント駆動の機種を除き、バッテリー式だけで比べると、かなり明るいです。

 カーテンを引くなどの工夫を史、照度を落とせば、(昼間でも)ビジネスでも使える水準です。

 201904091112.jpg

 解像度は、こちらは、1920×1080と、フルHD画質です。

 モバイルプロジェクターとしては最大の解像度です。

 動画視聴にも向きますし、プレゼンでも、細かい文字の視認性が高まります。

 先述のように、十分なコントラスト比もありますので、画質は期待して良い機種です。

 バッテリーは内蔵式で、2.5時間持ちます。

 ただ、コンセントでも起動するため、自宅内での利用にも重宝します。

 接続は、HDMIとUSBがそれぞれ2系統を備えます。

 ネットワーク機能は、Wi-Fiを装備します。

 また、この製品は、Google TVではないですが、LGWebOS 4.5を搭載です。

 そのため、YouTube・Netflixなどが単独で利用可能です。

 201904091137.jpg

 スマホとの連携面は、かなり考えています。

 有線では、AndroidならUSB-C、iOSならAVアダプタ経由でつなげますが、スクリーンは、Wi-Fi経由での表示も可能です。

 Bluetoothで音声も飛ばせるため、この部分では、他社機より優れます。

 201904091116.jpg

 傾き補正は、この機種は、垂直方向の自動キーストーン補整を持ちます。

 画面に対して機械を正面に置く場合は、確実に修正可能です。

--

 以上、LGのPF50KSの紹介でした。

 重さという意味では、モバイル性はやや低めです。

 ただ、フルHD水準であり、画質はとても良いです。本格的な投影ができるモバイル機を探している方には、最良と言える選択肢でしょう。

 一方、フルHDは、地上波やBS放送の映像を劣化なしに見れるので、家庭との兼用でもわりと便利に利用できそうです。

 ただ、家庭での利用をメインに考えた場合は、Android OSを搭載しませんし、ANKERなどには及ばないと思います。

ーーー

 202105251643.jpg

 【2021年】【Amazon限定】

 10・ LG Minibeam PH510PG
   ¥48,100 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP
解像度:1280×720
コントラスト:100,000:1
重さ:650g
明るさ:550ルーメン
バッテリー:最大2.5時間    
100インチ投影距離: 3.18m

 なお、LGからは、Amazon限定で、下位機種となる PH510PGが売られています。

 こちらは、画面解像度1280×720と落ちるほか、明るさ550ルーメンとスペックダウンします。

 一方、本機は、Wi-Fiを装備しますが、LGWebOS 4.5を搭載せず、単独でのVOD対応はしません。

 そのほか、バッテリー寿命は、2.5時間と短いです。

 いずれにしても、この値段差ならば、フルHDスペックの上位機でしょう。


 202105251650.jpg

 【2021年】【Amazon限定】

 11・ LG Minibeam PH30N
   ¥39,399 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP
解像度:1280×720
コントラスト:100,000:1
重さ:510g
明るさ:250ルーメン
バッテリー:最大2時間
100インチ投影距離: 3.32m

 PH30Nも、LGの販売するモバイルプロジェクターです。

 もともとは、PH30JG という同格の製品が一般市場に売られていましたが、新機種はAmazon限定です。

 202105251652.jpg

 重さは、約500gです。

 スマホ2台分の重さです。

 投影距離は、100インチで3.32mです。

 最低投影距離は、83cmでその場合、画面は25インチです。

 明るさは、250ルーメンです。

 水準としては、ビジネスモバイル用と考えるとすこし暗めです。

 ちょっとした家庭用としては不便ないと思います。

 その上で、コントラスト比(ダイナミック比)は、100,000:1です。

 解像度は、1280×720です。

 フルHDではないですが、ハイビジョンクラスはあります。

 ANKER機などと比較しても、画質部分の基本スペックは良いです。

 投影方式は、下位機種と同じく、DLP式です。

 バッテリーは、内蔵式です。

 ただ、最長2時間なので、長時間の利用は無理です。

 端子は、HDMIが1系統です。

 USBもありますが、主にフラッシュメモリの再生につかうものです。

 202105251659.jpg

 ネットワーク機能は、Wi-FiとBluetoothを装備します。

 スマホとの連携面は、Wi-Fiでも可能です。

 ただし、VODが単機で利用できるOSは本機も未装備です。

 傾き補正は、こちらの機種は、縦方向の自動台形補正が付属します。

---

 以上、LGPH30Nの紹介でした。

 注目点は、比較的低価格で、ハイビジョンクラスの1280×720の投影が可能で、かつ、Wi-Fiも装備している点でしょう。

 一方、ルーメン値がやや低めなので、ビジネスモバイルに向きではないですが、家庭用で暗い場所で使うならば、問題ないでしょう。 

 ライバルはANKER機でしょうが、特段Android OS (Android TV)などがなくて良いならば、家庭用機として、費用対効果の部分で「選べる」と思います。

 ZenBeam Go E1Zの強力なライバルと言えます。とくにモバイルギアとして考えた場合、Wi-FiとBluetoothの装備は、かなり大きなメリット性です。

 問題は、490gという重さと、ポケットインできないサイズです。

 ただ、バッグに入れて持ち運ぶこと前提ならば、問題ないですし、有効な選択肢でしょう。Atlasも講義用に欲しいです。


 202105251705.jpg

 【2020年】【Amazon限定】

 12・LGエレクトロニクス Minibeam PH55HG
   (¥63,828) Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP
解像度:1280×720
コントラスト:100,000:1
重さ:1100g
明るさ:450ルーメン
バッテリー:
80インチ投影距離: 33cm

  PH55UGは、LGの販売する超短焦点のモバイルプロジェクターです。

 本機はもともとPH450UGという型番で一般販売されていましたが、新機種は、やはり、Amazon限定になっています。

 重さは、この機種もノートPCなみの1100gと重いです。

 201904091206.jpg

 投影距離は、最大80インチではありますが、超短焦点設計で、33cmの投影距ですみます。

 持ち運びたい重さではないですが、設置性は「最強」でしょう。

 投影方式は、一般的なDLP式です。コントラスト比は100,000:1と、シアター用でも十分なスペックです。

 明るさは、450ルーメンです。

 部屋の照明を落とせば、問題ないスペックです。

 解像度は、1280×720です。

 フルHDに対応しない水準です。

 バッテリーは、搭載しないため、純粋なモバイル用ではないです。

 接続は、HDMIとUSBという構成です。

 201904091137.jpg

 ネットワーク機能は、上位機同様に、Wi-FiとBluetoothを装備します。

 ただし、やはり、VOD用のTV OSは未付属です。

 傾き補正は、こちらの機種は、縦方向の自動台形補正が付属します。

---

 以上、LGの PH55UGの紹介でした。

  201904091214.jpg

 重いので、モバイル性はないですが、超短焦点設計で、それなりの解像度・明るさを持つ点を活かして、ユニークな使い道が考えられそうな製品です。

 ただ、他の製品と比較して、相当ニッチな製品であることは確かで、誰にでも「おすすめ」とはいかないでしょう。

1-4・エプソンのモバイルプロジェクター

202105251027.jpg   

 続いて、日本のエプソンのモバイルプロジェクターです。

 世界的なプロジェクターメーカーですが、「モバイル」と言って良い機種は2020年に初めてでました。


 202011071847.jpg

 【2020年】

 13・エプソン dreamio EF-11
   ¥99,908 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:3LCD液晶 (0.62型)
解像度:1920×1080
コントラスト:250万:1
重さ:1200g
明るさ:1000ルーメン
バッテリー:
100インチ投影距離:2.24-3.04mm

  EF-11 は、日本のエプソンが発売するモバイルプロジェクターです。

 202011071853.jpg

 重さは、約1200gです。

 サイズも、 175mm×175mm×58mmですので、ここまで紹介したような製品よりは重いです。

 ただ、形状的には、持ちはこびは可能といって良いでしょうし、それを前提にしてもいる製品です。

 202011071901.jpg

 投影距離は、100インチワイドで、2.24mからです。

 ズームレンズですが、割と短焦点であり、設置性は良いと言えそうです。

 201510111027.jpg

 明るさは、1000Iルーメンです。

 冒頭で書いたように、この水準があれば、(座って行うような)昼間の会議でも、(文句を言われにくい)それなりの視認性が担保されます。

 202110031657.jpg

 さらに、本機の場合、3LCD液晶方式である点は、大きく強調できます。

 エプソンの「十八番」ですが、他社のDLP方式などに比べて色再現性の高い液晶方式です。

 以前は、コントラストが弱かったのですが改善してきました。液晶を使う方式は、もともと昼間の投影には強かったので、その面では盤石化してきました。

 202011071605.jpg

 ことくに、の方式の場合、明るさを画面が全て白色の「全白」状態(有効光束)だけでなく「カラー表示」状態(カラー光束)でも最大値(1000lm)を保証しています。

 DLP式の場合は、あくまで光源の部分の明るさであり、フィルターを通すとカラーの明るさはスペックより落ちているため、この部分で本機は、明るさ部分の期待値がスペック以上に高いです。

 この方式は、カラーブレーキングもないので、ノイズレスの部分でも優れます。

 202011071911.jpg

 コントラスト比は、言及に値します。

 光源にレーザー光源を利用しているため、DN比が250万:1と「テレビ並み」です。

 この部分と明るさとの合わせ技で、比較的明るい場所での利用も提案できています。

 解像度は、1980×1080となります。

 フルHD解像度にフル対応ですので、文句はありません。

 端子は、HDMI端子が付属します。

 202105251716.jpg

 Android TV ELPAP12
  ¥10,500 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

 ネットワーク機能は、ただし、本機にはWi-Fiが内蔵されません。

  202011071908.jpg

 ただ、同時発売の上記純正のAndroid TVが用意されます。それを差し込めば、Android TVが利用できるため、Netflixほか、Amazon系のネット動画サービスなどに対応可能です。

 202011071907.jpg

 なお、この端末は、Wi-Fi親機を兼ねています。

 そのため無料のミラキャストアプリを利用し、スマホ画像の投写にも対応可能です。

 バッテリーは、非搭載です。

 かならずコンセントを利用する方式です。

 202011071913.jpg

 傾き補正も、優秀です。

 本機は、タテ自動台形補正機能が付属するうえ、横についても手動で補正ができます。

 投影位置は、比較的柔軟に決められるでしょう。

 そのほか、モノラルですが、2WAY式のスピーカーが付属です。 

----

 以上、 EF-11の紹介でした。

 エプソンが得意の3LCD液晶は、ミラーが多く機構的に小型化が難しいと思いますが、これは最大限頑張ったサイズだとおもいます。モバイルプロジェクターでは、初めて、ある程度明るい場所でも「使える」と言って良い水準に仕上がっています。

 無論、バッテリー式ではないので、使途は限定されますが、十分実用的で、また、面白い製品だと感じます。

1-5・ViewSonicのプロジェクター

 202110031326.jpg

 つづいて、アメリカのビューソニックの製品です。

 同国のテレビメーカーです。日本への進出は最近ですが、プロジェクターの「価格破壊」を進めている印象です。


  202105251820.jpg

【2021年】

 14・ViewSonic M2e
  ¥65,780 楽天市場 (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP(0.65型)
解像度:1920×1080
コントラスト:30,000,000:1
重さ:1kg
明るさ:1000ルーメン
バッテリー:
100インチ投影距離:2.67m

  M2e は、アメリカのViewSonicの製品です。台湾系の企業です。

 202105251824.jpg

 重さは、1000gです。

 モバイルプロジェクターとしては、軽くはない水準です。

 投影距離は、100インチ投影で、2.67 mです。

 モバイルプロジェクターの多くがそうですが、ズーム非搭載なので、距離=画面サイズです。

 最小1mほどから投影できますが、設置環境は選びます。

 明るさは、1000ルーメンです。

 解像度は、1920×1080でフルHDです。

 同じほどの明るさ・重さ、バッテリー非搭載である点で、エプソン機がライバルでしょう。

 比較する場合、本機は、ズーム非対応ながら、価格は安いです。

 202105251829.jpg

 投影方式は、DLP式です。

 そのため、色再現性については、エプソンの3LCD方式に分がありそうです。

 ただ、本機は、4セグメント(RGBB LED)で、Rec.709 125%を達成するほか、DLP式のカラーブレーキング問題にメスが入っています。

 その点で言えば、画質に過度の差はないでしょう。

 端子は、接続用にHDMI端子が1つと、USB-C端子です。

 バッテリーは、非対応です。

 202105251833.jpg

 ネットワーク機能は、Wi-Fiを搭載です。

 また、スタンドアロンでの視聴は、自社システムで可能なようですが、この部分は詳報がないです。

 画像からすると、Aptoide TV(Android互換)を利用するようですが、分かりません。

 傾き補正は、縦方向の台形補正に対応します。

ーーー

 以上、ViewSonicのM2eの紹介でした。

 おそらく家庭用の「明るい場所でも使える機種」としての開発です。

 フルHD機ですし、ルーメン値的に、わりと明るい場所でも利用できそうなので、家庭内に、日中の明るい場所で使う用途(動画を見ながらのワークアウトなど)には良いかもしれません。

 一方、会議に持っていくような本格的なモバイルプロジェクターとしても使えないことはないでしょう。ただ、その用途では、ズームレンズが搭載されるエプソン機のほうが、場所を選ばず使いやすそうです。

1-6・XGIMIのプロジェクター

 202110031328.jpg

 つづいて、中国四川のXGIMI(ジミー・極米科技)が販売する製品です。

 「黒船」に日本にやってきた高級モバイルプロジェクタをだす企業です。


 202007291205.jpg

 【2020年】

 15・XGIMI Halo WK03A
   ¥88,890 楽天市場 (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP (0.33型)
解像度:1920×1080
コントラスト:非公開
重さ:900g
明るさ:600-800ルーメン(ANSI)
バッテリー:最大4時間
100インチ投影距離:

 XGIMI Halo は、中国四川のXGIMI(ジミー・極米科技)が販売する製品です。

 日本のデンキヤベースの流通にのる製品としては初だと思います。

 202007291224.jpg

 重さは、約900gです。

 「モバイル」とはいえ、外への持ちはこびを前提にしない製品です。

 後述するように、Android搭載機なので、アンカー機のライバルでしょう。

 投影距離は、100インチワイドについては調査中です。

 ただし、2Mの投影距離で76cmで、最大300インチ強というスペックは公開されます。

 オートフォーカスは対応できます。

 明るさは、DLPが0.33型で、600-800ANSIルーメンです。

 数値の提示はアバウトですが、スペックとしては「良い」です。

 解像度は、1980×1080となります。

 ようするに、フルHD解像度にフル対応ですので、円筒形タイプの製品としては「ハイグレード」です。

 なお、対応解像度は4Kまでとありますが、ダウンコンバート表示でしょう。

 端子は、こちらも、USB端子(2.0)のほか、HDMI端子が付属します。

 機器との接続はHDMIが原則でしょうが、問題ないでしょう。

 202007291237.jpg

 ネットワーク機能は、一方、Wi-FiとBluetoothが内蔵されます。

 Bluetoothは、スピーカー用です。Wi-Fiでは、ワイヤレスでの映像の伝送も可能です。

 その上で、本機も、GoogleTV用のAndroid TV 9.0を搭載しますから、Anker機のライバルでしょう。

 投影方式は、こちらも、DLP式です。

 素子サイズが公開されていますが、0.33型なのでAnker機と同等です。

 バッテリーは、スペックが一部不明です。

 17100Am/hのバッテリーを搭載し、1時間の充電で、省エネモードで4時間というスペックです。

 202007291240.jpg

 傾き補正は、かなり高度です。

 本機については、自動的な4点キーストーン補正なので、40度以内ならば、セットアップなしに、台形補正がなされます。

 そのほかは、Harman Kardonのスピーカー搭載が強調されます。

 ハーマンは、最近各社にこうしたユニット提供が多いので、ある程度規格化しているかもしれません。

----

 以上、XGIMI Halo の紹介でした。

 Android TV 9.0を搭載する円筒型機種としては、おそらく初めてのフルHD解像度でした。

 値段は相当高いわけですが、(モバイル機の範疇ではですが)明るさも十分ですし、4点キーストーン補正の部分をふくめて、実力は高いです。

 日本のサイトも最近構築され、電話サポートもはじまった点で安心感も高まっています。

----

 202102071047.jpg

 【2020年】

 【自動台形補正あり】

 16・XGIMI MogoSeries MOGO Pro+
   ¥76,439 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

 【自動台形補正なし】

 17・XGIMI MogoSeries MOGO Pro
   ¥69,800 Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP (0.23型)
解像度:1920×1080
コントラスト:非公開
重さ:900g
明るさ:300ルーメン(ANSI)
100インチ投影距離:
※これらは上位機のスペック


 18・XGIMI MogoSeries MOGO
   (¥44,800) Amazon.co.jp (10/3執筆時)

パネルタイプ:DLP (0.23型)
解像度:960x540
コントラスト:非公開
重さ:900g
明るさ:210ルーメン(ANSI)
100インチ投影距離:

 なお、XGIMI(ジミー・極米科技)は、以上3機の下位機も販売をはじめています。

 MOGO Pro+は、上位機同様に、キーストーン補正の部分は強力で、AndroidTVにも対応です。

 MOGO Proは、台形補正が手動となるほか、上下の角度調整ができないなどの違いがあります。

 一方、いずれもフルHD解像度にも対応するため、XGIMI Haloに近いですが、DLP素子のサイズが小さいです。この点で言えば、基本的に、(暗くして利用する)シアター用途に限定する以外は、XGIMI Haloを選ぶべきでしょう。

 MOGOについては、解像度部分を含めて、あまりオススメできません。保証性が高い他社機のほうが良いでしょう。 

次回につづく
モバイルプロジェクターのおすすめは結論的にこちら!

 というわけで、今回はモバイルプロジェクターの比較の1回目記事でした。

 しかし、記事は、もう少しだけ「続き」ます。

 201504131146.jpg

1・モバイルプロジェクタの比較 (1)
 1-1:ASUS〈台湾〉
 1-2:アンカー〈米国〉
 1-3:LG〈韓国〉
 1-4:エプソン〈日本〉
 1-5:View Sonic〈アメリカ〉
 1-6:XGIMI〈中国〉
2・モバイルプロジェクタの比較 (2)
 2-1:キヤノン〈日本〉
 2-2:ACER〈台湾〉
 2-3:ベンキュー〈台湾〉
 2-4:カシオ〈日本〉
 2-5:その他の企業〈各社〉
 2-6:最終的なおすすめ機種の提案

軽量性   ★★★★★
画質    ★★★★☆
スマホ   ★★★★☆
総合評価  ★★★★★

 続く2回目記事こちら)では、キヤノンなど各社の機種を追加で紹介します。

 その上で、今回紹介したモバイル用プロジェクター全機種から、予算別、目的別に「Atlasのおすすめ機種」を提案していきます。

 引き続きよろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら

--

 前編記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 19:10 | 映像機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png