比較2018'【結論】全22機のMicrosoft Surfaceの性能とおすすめ・選び方(後編)

2018年07月14日

比較2018'【結論】全22機のMicrosoft Surfaceの性能とおすすめ・選び方(後編)

前編からの続きの記事です。前編は→こちら

今回の結論
サーフェス全機種のうちおすすめはこの機種!

 というわけで、前編記事【こちら】ではマイクロソフトから発売中のSurfaceの現行機種を全機種紹介しました。

 最後に、いつものように、価格別・目的別にAtlasのおすすめ機種を提案しておきます。


 第1に、比較的安い「ノートPC」として初心者におすすめの高画質機は、

 201807141653.jpg

 【プラチナ】

 18・Microsoft Surface Laptop DAG-00059
  ¥158,533 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【ブルー】

 19・Microsoft Surface Laptop DAG-00094
  ¥150,615 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【バーガンディ】

 20・Microsoft Surface Laptop DAG-00078
  ¥147,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【ゴールド】

 21・Microsoft Surface Laptop DAG-00062
  ¥155,900 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

【CPU】第 7 世代 Intel Core i5
【SSD】256GB(増設不可)
【メモリ】8GB(増設不可)

全機種共通の特長
【OS】 Windows 10 S(64 ビット)
【ドライブ】無し
【モニター】13.5 インチ(201ppi)
【重さ】 約 1252g/1283g
【サイズ】約308.1x223.27x14.48 mm
【接続】USB 3.0×1 Mini DisplayPort×1
【通信機能】802.11 a/b/g/n/ac
【カメラ】HDカメラ(背面) +前面カメラ
【バッテリー】 最大14.5時間
【Office】Home Business Premium 2016

 Microsoft Surface Laptopが良いでしょう。

 201807141657.jpg

 ディスプレイは、タッチパネル対応ですから、それを前提としたパソコン教室や教本にも対応できます。

 その上で、ディスプレイは高解像度で、他社の格安WindowsPCとは一線を画しますし、この点でも魅力度は高いです。 

 201807141655.jpg

 intel Corei5・8GBメモリ256GBSSDという、現在的な快適水準を兼ね備えています。この点で言えば、「あとで後悔することが少ないモデル」といえます。

 なお、Windows 10sプリインストールされており、買った状態では、Windowsストアで手に入る以外のソフトが利用できない状態です。

 ただ、【こちら】にあるように、Windowsストアから、この状態は簡単に解除可能なので、一般的なPCをお求めの方でも、安心です。

 また、Amazonは、Microsoftが直販のストアを出しているため、その部分でも便利でしょう。

  201807141818.jpg

 なお、こちらは、マウスが付属しないので、使いたい場合は別売りのマウスを購入する必要があります。このブログには、【ワイヤレスマウスの比較記事】と【有線マウスの比較記事】もありますので、よろしければご覧ください。


 第2に、自宅や職場内で使う処理能力の高いモデルとしておすすめできるモデルは、

 

 1・Microsoft Surface Book2 HMW-00034
  ¥184,206 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

【CPU】第7世代 Intel Core i5-7300U
【GPU】Intel HD graphics 620
【SSD】256GB(増設不可)
【メモリ】8GB(増設不可)

 2・Microsoft Surface Book2 HN4-00034
  ¥228,8441 楽天市場 (7/14執筆時)

【CPU】第8世代 Intel Core i7-8650U
【GPU】GeForce GTX 1050
【SSD】256GB(増設不可)
【メモリ】8GB(増設不可)

 3・Microsoft Surface Book2 HNL-00023
  ¥286,312 楽天市場 (7/14執筆時)

【CPU】】第8世代 Intel Core i7-8650U
【GPU】GeForce GTX 1050
【SSD】512GB(増設不可)
【メモリ】16GB(増設不可)

 4・Microsoft Surface Book2 HNN-00034
  
¥345,321 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

【CPU】第8世代 Intel Core i7-8650U
【GPU】GeForce GTX 1050
【SSD】1TB(増設不可)
【メモリ】16GB(増設不可)

全機種共通の特長
【OS】 Windows 10 Pro(64ビット)
【ドライブ】無し
【モニター】13.5インチ(267PPI)
【重さ】 約1534g〜
【サイズ】約232.1×312.3×22.8.0 mm
【接続】USB 3.1×2 USBC×1 SD
【通信機能】802.11 a/b/g/n/ac
【カメラ】8.0M+ 5.0Mピクセル
【バッテリー】 最大17時間
【Office】Home Business Premium 2016

 Surface Book2を推します。

 この用途の場合、長時間PCに向かうことが想定できるため、ある程度のディスプレイのサイズと品質が欲しいところです。

  201807141621.jpg

 その点、Surface Bookは、作業効率の良い13.5インチのディスプレイを採用しています。タブレットとしてはこちらで紹介したような大画面のiPad Pro並のサイズを保ち、モバイルPCとしても、売れ筋のMacbook 13インチとほぼ同等のサイズを有します。

 201601231522.jpg

 また、高解像度で高品質のPixelSense ディスプレイを採用しており、目の疲れにくさなどの点でもメリット性があるでしょう。

 

2・Microsoft Surface Book2 HN4-00034
  ¥228,8441 楽天市場 (7/14執筆時)

【CPU】第8世代 Intel Core i7-8650U
【GPU】GeForce GTX 1050
【SSD】256GB(増設不可)
【メモリ】8GB(増設不可)

 とくにオススメのモデルは、 HN4-00034です。

 処理速度の高いintel Corei7と独立したGPUを搭載し、メモリが8GBSSDドライブが256GBと、現在的に「高級機」といってよいスペックを持っているからです。多少重たい処理でもこれならば十分でしょう。

 自分のする作業がどの程度のスペックが必要が分からない方も、この程度のグレードを選んでおけば問題ありません。


 Anker USB-C & HDMI 変換アダプター
  ¥2,199 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

  なお、こちらは、HDMI端子が省略なので、プレゼンで外部ディスプレイを利用する場合は、変換アダプタを手に入れておくと良いでしょう。

 

 1・Microsoft Surface Book2 HMW-00034
  ¥184,206 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

【CPU】第7世代 Intel Core i5-7300U
【GPU】Intel HD graphics 620
【SSD】256GB(増設不可)
【メモリ】8GB(増設不可)

 なお、新機種でもこちらの最下位機種は、GPUがメモリ共有型ですので、明確に機能差があると言えます。


 第3に、モバイル兼用のノートPCとして、自宅でも、外出先でも使いたい方は、

   201807141631.jpg

  【Wi-Fiモデル】

 11・Microsof Surface Pro FJX-00031
  ¥136,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【LTE対応モデル】

 11・Microsof Surface Pro GWM-00009
  ¥148,800 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

【CPU】第 7 世代 Intel Core i5
【SSD】256GB(増設不可)
【メモリ】8GB(増設不可)

【OS】 Windows 10 Pro
【ドライブ】無し
【モニター】12.3 インチ
【重さ】 約 770g
【サイズ】約201.4 x 292.1x 8.45 mm
【接続】USB 3.0×1Mini DisplayPort×1 SD
【通信機能】802.11 a/b/g/n/ac
【カメラ】8.0メガ(AF対応) 5.0メガ(前面)
【バッテリー】 最大13.5時間
【Office】Home Business Premium 2016

 Microsoft Surface Pro の中位モデルがオススメです。なかでも、やや価格は高いですが、LTE対応モデルは、モバイル時の利便性向上のため「オススメ」できます。

 201601231715.jpg

 重さは約 770gと軽量ですが、最新の第 7世代 Intel Core i5を採用していおり、スペック的に言えばメインマシンとしても使えそうな性能だからです。

 液晶ディスプレイのサイズも12.3 インチと、二画面分割しての作業もできる面積を有します。解像度も画面密度も高水準で、画面の美麗さや品質の点では、Surface Bookに劣らないと思います。

 性能面では、intel Corei5・8GBメモリ256GBSSDという、現在的な快適水準を兼ね備えており、その部分もおすすめポイントと言えます。

 

 Surface Pro用 タイプカバー【各色】
  ¥15,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 180714-0063-8%.png

 Surfaceペン ブルー 3XY-00027
  ¥8,420 Amazon.co.jp (6/2執筆時)  

 なお、こちらは、ペンとタイプカバーが別売なので、その点は、注意してください。若干高いので、他の製品と比較したい場合は、このブログの【Bluetoothキーボードの比較記事】をご覧ください。

  

 miniDisplayPort-HDMI 2m
  ¥2,520 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 なお、この機種は、ディスプレイ接続用の端子がMini Display portです。プレゼンなどで利用する場合は、HDMI変換アダプタか、図のようなケーブルを購入しておくと良いでしょう。

ーーー

201807141725.jpg

 【8月28日発売予定】

 15・Microsoft Surface Go MHN-00014
  ¥69,984 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

【CPU】Pentium Gold Processor 4415Y
【SSD】64GB(増設不可)
【メモリ】4GB(増設不可)

 16・Microsoft Surface Go MCZ-00014
  ¥89,424 Amazon.co.jp (
7/14執筆時

【CPU】Pentium Gold Processor 4415Y
【SSD】 128GB(増設不可)
【メモリ】8GB(増設不可)

全機種共通の特長
【OS】 Windows 10s
【ドライブ】無し
【モニター】10インチ
【重さ】 約 522g
【サイズ】245 x 175 x 8.30 mm
【接続】USB-C×1 SD
【通信機能】802.11 a/b/g/n/ac
【カメラ】8.0メガ(AF対応) 5.0メガ(前面)
【バッテリー】 最大9時間
【Office】Home Business Premium 2016

 ただ、「上級者」で、使い道を明確に定められる方で、「軽量」なモデルを探している方は、Surface Go を選ぶのも良いでしょう。

 CPUとSSDの部分はシビアですが、充実したアクセサリー・優れたディスプレイを持つ機種です。クラウドの利用に長けている方は、特に便利でしょう。


 第4に、多少高額でも、作業効率の良い大画面モデルを購入したい場合は、

  201803290921.jpg

 【2018年4月登場】

 5・Microsoft Surface Book2 HNR-00010
  ¥259,566 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

【CPU】第8世代 Intel Core i7-8650U
【GPU】GeForce GTX 1050
【SSD】256GB(増設不可)
【メモリ】16GB(増設不可)

 6・Microsoft Surface Book2 FUX-00010
  ¥292,311 Amazon.co.jp
(7/14執筆時)

【CPU】】第8世代 Intel Core i7-8650U
【GPU】GeForce GTX 1050
【SSD】512GB(増設不可)
【メモリ】16GB(増設不可)

 7・Microsoft Surface Book2 FVH-00010
    ¥344,341 Amazon.co.jp
(7/14執筆時)

【CPU】第8世代 Intel Core i7-8650U
【GPU】GeForce GTX 1050
【SSD】1TB(増設不可)
【メモリ】16GB(増設不可)

全機種共通の特長
【OS】 Windows 10 Pro(64ビット)
【ドライブ】無し
【モニター】15インチ(260PPI)
【重さ】 約1905g
【サイズ】約251.1×343×23.0 mm
【接続】USB 3.1×2 USBC×1 SD
【通信機能】802.11 a/b/g/n/ac
【カメラ】8.0M+ 5.0Mピクセル
【バッテリー】 最大17時間
【Office】Home Business Premium+365

 15インチモデルのSurface Book2が選択肢となるでしょう。

  201807141809.jpg

 30万円を超える価格は、言うまでもなくネックですが、 書類を複数展開しつつ仕事に用いるなどの場合はこちらが良いと思います。

 一方、CPUなどのスペック面では、13.5インチとほとんど同じなので、処理速度の面のみ期待して選ぶのはオススメできません。

 基本的には13.5インチで良いと思います。


 第5に、グラフィックなどのプロ業務専用機としておすすめできるのは、

 

 23・Microsoft Surface Studio 42Q-00012
  
¥480,373 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

【CPU】第 7 世代 Intel Core i7
【HDD】1TB Rapid Hybrid Drive(増設不可)
【メモリ】16GB(増設不可)

全機種共通の特長
【OS】 Windows 10 Pro(64 ビット)
【ドライブ】無し
【モニター】28インチ(192ppi)
【接続】USB 3.0×4 Mini DisplayPort×1 SD
【通信機能】 802.11 a/b/g/n/ac
【カメラ】5Mピクセルカメラ【前面】
【Office】Microsoft Office 365 Solo

 Surface Studioの中位機でしょう。

 4Kを超える高詳細ディスプレイで、10点のタッチパネル液晶の製品は、オーダーメイドを除けばこれ以外ないでしょう。それを支える本体も、CPUに第 7 世代 Intel Core i7を採用するほか、モバイル用としては最高水準のNVIDIA GeForce GTX 900Mシリーズを採用しており、万全です。

 非常に価格が高いですが、マウス・ペン・キーボードは付属しますし、用途に合う場合は買って後悔しない機種だと思います。

光学ドライブなど周辺機器に関する補足

 というわけで、今回は、Surfaceシリーズの全機種を紹介しました。最後に、周辺機器について何点か補足しておきます。


  201807140929.jpg

 【DVDドライブ】

 ・BUFFALO DVSM-PT58U2V-BKD
  ¥3,514 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【ブルーレイドライブ】

 ・BUFFALO BRXL-PT6U3-BKD
   ¥ 11,500 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 第1に、光学ドライブについてです。

 Surfaceは、全機種とも光学ドライブが未搭載です。そのため、別途購入する必要があります。

 ドライブを購入する場合ですが、Windows10では、OS標準のWindows Media Playerに再生機能が付属しなくなったため、OSだけではDVDが見れなくなっています。そのため、再生ソフトが付属する機種を選んで購入する必要があります。

 また、Surface GOについては、付属端子がUSB-Cのみである点にも注意しましょう

 詳しい「おすすめ機種」は、このブログの【Windows用のDVDドライブとブルーレイの記事】をご覧ください。


 

 【2017】

 ・BUFFALO WSR-2533DHP/ M-CB
   ¥7,417 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 第2に、無線LANルーターについてです。

 Surfaceは、近年登場した11acという新しい高速無線LAN規格に対応します。

 ただし、高速に接続したい場合、無線LANルーター(親機)もそれに対応するものを選ぶ必要があります。5年以上ルーターを買い換えていない方は、これに対応していない可能性が高いです。

 高速対応させたい方は、このブログの【無線LANルーターの比較記事】の記事をご覧ください。


 201803281442.jpg

 第3に、マウスに関してです。

 Surfaceには、マウスは付属しません

 入力デバイスも合わせて新調されたいかた、このブログでは、【手が疲れないおすすめマウスの比較記事】があり、そこで紹介しているマウスはMacに対応します。

 Microsoft純正品も紹介しますので、興味のある方は、こちらもよろしくお願いします。


 

 BROTHER PRIVIO DCP-J567N
  ¥12,280 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 第4に、プリンターに関してです。

 PC購入に合わせて、PC購入を考えている方は多いと思います。

 最新のインクジェットプリンターや、レーザープリンターの導入を考えている人は、このブログには、【全50機のプリンターの目的別選び方】という記事もあります。

 常に最新版に更新していますので、よろしければご覧ください。


  

 ・ESET ファミリー セキュリティ 3年5台版
  ¥7,800 Amazon.co.jp
(7/14執筆時)

 第5に、セキュリティソフに関してです。

 WindowsはOS標準でのセキュリティソフトは付属しません。一方、最近は、複数台利用できる長期契約のライセンスが多くなっています。

 もし興味がある方がいましたら【Windows用ウイルス対策ソフトの比較記事】をご覧ください。機能面のほか、「まさかの際のユーザーサポートの充実度」などの点から、複数のソフトを比較しました。


 201506301143.jpg

 ・吉田カバン NETWORK 2WAY BRIEF CASE【B4】
  ¥14,040 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 第6に、収納バッグに関してです。

 Surfaceが「格好よく」収納できるPCバッグやインナーを探している方は、【PC用ビジネスバッグの比較記事】をご参考になさってください。

ーーー

 以上、今回は、Surfaceについて紹介しました。

 このブログ「モノマニア」にはノートPC関連記事として以下のようなものがあります。

 201601231455.jpg  

1・VAIOの比較
2・SurfaceBookの比較

3・
Macbookの比較
4・激安ノートPCの比較
5・iPadの比較
6・Android系タブレットの比較

 他のメーカーと比較して考えたい方は、関連記事もご覧ください

ーー

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークボタンなどから話題を共有していただければ嬉しいです。

 (今回は、続き記事なので、前半記事をご紹介いただけると、なお嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 18:41 | ノートPC・タブレット

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png