Top PC周辺機器 比較2021'【解説】microSDカード98点の性能とおすすめ・選び方 (1)

2021年05月20日

比較2021'【解説】microSDカード98点の性能とおすすめ・選び方 (1)

【今回レビューする内容】2021年 高速・大容量なマイクロSDカードの性能とおすすめ・人気製品の選び方:スマホ・カメラ向け 東芝 キオクシア トランセンド ソニー サンディスク サムスン キングストン 16GB 32GB 64GB 128GB 256GB 512GB:読出・書込速度の違いや性能ランキング:UHS-3 V30対応 microSDHC microSDXC

【比較する製品型番】Sadisk SDSQUAR-128G-GN6MN SDSQXA1-128G-GN6MA SDSQUAR-256G-GN6MA SDSQXA1-256G-GN6MA SDSQUAR-512G-GN6MA SDSQUAR-512G-GN6MA SDSQXCY-128G-GN6MA SDSQXA1-512G-GN6MA SDSQXA1-1T00-GN6MA レキサーメディア LSDMI512BBAP633A キオクシア EXCERIA BASIC EXCERIA PLUS KMUH-A256G EXCERIA KMU-A256G HIGH ENDURANCE KEMU-A128G  SUPER TALENT ST28MSU1P TS128GUSD300S TS256GUSD300S-A サムソン EVO+ MB-MC512HA/EC MB-MC256HA/EC MB-MC128HA/EC MB-MC64HA/EC キングストン SDCS2/128GB SDCS2/256GB BLUEDOT BMSD-256A 340S TS128GUSD340S TS256GUSD340S AXE AXP4K64 AXP4K128  AXP4K256 AXP4K512

今回のお題
高品質なMicroSDカードのおすすめはどの製品?

 どもAtlasです。

 今回は、2021年5月現在、最新のMicroSDカードを比較します。

 201809061059.jpg

  ExperiaなどAndroid系スマホや、Goproなどのカメラのほか、ドライブレコーダー・音楽プレーヤーにも向く、信頼性の高いMicroSDカードを多く紹介する予定です。

  201801261538.jpg

クラス:UHS-1
読出:最大90Mb/秒
書込:最大45Mb/秒
保証:5年間

1・スピード ★★★★★
2・4K対応 ★★★★★
3・価格   ★★★★★
3・耐久性  ★★★★★
4・保証期間 ★★★★★
5・総合評価 ★★★★★

 以下では、いつものように、各製品を細かく比較していきます。

 そして、最後に「結論」部分では、上表のような観点から、Atlasのおすすめ製品を提案していきます。

ーー

1・ SDカードの比較
2・ MicroSDカードの比較

 なお、今回の記事は、このブログの「メモリーカード」比較記事の第2回目記事として書きました。

MicroSDカードの選び方の基本

 201809051113.jpg

1・書込速度の速さ (write)
2・読込速度の速さ (read)
3・耐久性・耐水性の高さ
4・十分な記憶容量
5・国内正規品であること

 具体的な製品を紹介する前に、はじめに、マイクロSDカードを選ぶ際、検討するべき重要な比較基準5点を詳しく説明しておきます。

 これらを押さえないと、「安いだけですぐ壊れるカードを選びかねない」という点で重要です。できれば、読み飛ばさずに読んでください。

1・書込速度の速さ(write)

 201809061112.jpg

 第1に、機器からマイクロSDカードに書き込む際の書き込み速度です。

ランキング クラス 速度
3位 Class10 10MB/秒以上
2位 UHS-1 10MB/秒以上
1位 UHS-3
30MB/秒以上

 書込速度については、業界のカンファレンス(SDアソシエーション)が定めた速度表示規格(UHSスピードクラス)という統一基準があります。

 最新のスマホ/ビデオカメラ用としてMicroSDカードを買う場合、UHSスピードクラス3(UHS-3規格)が重要です。

 201809061105.jpg

 なぜなら、この速度基準をクリアするモデルのみ、4K動画対応スマホやビデオカメラやデジカメに対応できるからです。

 つまり、この基準に満たず、書き出し速度30MB/秒以下だと、遅延が発生します。

ランキング クラス 速度
3位 V30 30MB/秒以上
2位 V60 60MB/秒以上
1位 V90 90MB/秒以上

 なお、もうひとつの「重複規格」として、最近はビデオ専用のスピードクラス(ビデオスピードクラス)も公表されています。

 ただ、これは8K動画時代に必要な規格なので、UHSスピードクラスだけ見ておけば、当面は、問題ありません。

2・読出速度の速さ(read)


 201809061115.jpg

 第2に、機器からマイクロSDカードに書き込む際の読み出し速度の速さです。

ランキング クラス 速度
4位 Class2 2MB/秒以上
3位 Class4 4MB/秒以上
2位 Class6 6MB/秒以上
1位 Class10 10MB/秒以上

 こちらも、カンファレンスが定めた統一規格があります。

 以前は「クラス10・クラス4」など、業界団体が決めた速度基準が利用できました。

 しかし、現在は、ほぼ全てのカードが最高の「クラス10を上回る状況」なので、基準としてさほど意味がなくなっています。

 性能の悪い製品を買った場合、カードへの転送速度が遅くなります。その結果、動画の読出しや音楽データの読み出しなどでは、遅延が起こることもあります。

 201805141620.jpg

 高品質なMicroSDカードは、メーカーが自主的に、「読出速度」の「理論値」を宣伝記載する場合が多いです。ただし、理論値と実測値にも差があります。

 格安のMicroSDカードは、一方で、同じ製品でも個体差が著しいという問題もあります。正しいスペックを掴むのは容易ではない状況です。

 こうした点をふまえると、現状では、「信頼できるメーカーの正規品」を買うのが最も「間違いのない方法」です。詳しくは、具体的な製品比較の中で書きたいと思います。

3・耐久性・耐水性の強さ

 201805141624.jpg

 第3に、McroSDカードの、耐久性・耐水性です。

 これは、特に、雨天対応のデジカメやスマホなどにおいては、重要視したい部分です。格安製品だと、完全防水に非対応なものもありますので、注意が必要です。

 201808190936.jpg

 また、ドラレコ・音楽プレーヤーでの利用などは、耐衝撃性や繰り返しアクセス時の耐久性にも注意が必要です。

4・記憶容量の多さ

 201809061045.jpg

 第4に、McroSDカードの、記憶容量です。 

 最も売れている「64GB」MicroSDカードで、写真ならば4000枚、動画ならば8時間、4K動画なら4時間、CD音楽データなら100アルバム記録できます。

写真撮影のみに利用
  64GB以上
動画撮影・音楽データにも利用
 =128GB以上
4K動画撮影にも利用
 =256GB以上

 それをふまえた場合、スマホ・カメラ・ビデオカメラにおいて、オススメのメモリー容量は、上表の通りです。

 過去データの「消し忘れ」をふまえて、やや多めに基準を示しました。

5・国内正規品であること

 201809061158.jpg

 第5に、国内正規品を選ぶことです。

 MicroSDカードは、世界で流通しているため、正規流通ルート以外に、並行輸入品やバルク品が多く出回っています。

 これらは国内正規品に比べて低価格ながら、発売元で「5年間などの長期保証が受けられない」ほか、とくに高価格なカードは、(見かけから真贋がつかないため)「偽物リスクが高い」と言えます。

 201809061201.jpg

 国内正規品は、しっかりとしたパッケージに入り、保証書(規定)が入るのが普通です。

 今回は、Amazon本体が直輸入するような、「出所が明瞭な並行輸入品」を除いて、可能な限り、正規代理店を経由した国内正規品を取りあげます。

ーーー

 というわけで、以上の4点のポイントをふまえて、ここからは具体的な製品を比較していきましょう。

1・「標準的」な MicroSDカード
2・「4K対応」の MicroSDカード
3・「プロ向け」の MicroSDカード
4・「お買得」な MicroSDカード

 ただ、紹介するべき製品が多いため、主に「速度と値段の部分」から、上表のような4つのカテゴリーに分けて、順番に紹介します。

1・標準的なMicroSDカードの比較

 201805141639.jpg

 はじめに、転送速度が90MB/秒までの、普通のMicroSDカードを紹介します。

 日本のキオクシア(旧東芝メモリー)・台湾のトランセンド・米国のサンディスクが、このような製品に強い「三大メーカー」であり、多くの商品を展開します。

 こに、ネット販売に強い、韓国のサムスンを加えれば、大体の製品を網羅できます。

 なお、以下の本文では、高評価できるポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で記します。


 202007251250.jpg

 【国内正規品】(旧東芝メモリー製)

 [32GB]

 1・ キオクシア EXCERIA BASIC KMUB-A032G
  ¥1,957 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [64GB]

 2・ キオクシア EXCERIA BASIC KMUB-A064G
  ¥2,650 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB]

 3・ キオクシア EXCERIA BASIC KMUB-A128G
  ¥4,250 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [256GB]

 4・ キオクシア EXCERIA BASIC KMUB-A256G
  ¥8,000 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-1
読出:最大50MB/秒
書込:
保証:5年

 EXCERIA BASICは、日本のキオクシア(旧東芝メモリー)が販売する製品です。

 同社の製品では、最も安いマイクロSDカードです。

 202007251151.jpg  

 KIOXIA(キオクシア) は、東芝からメモリー部門が分社化(筆頭株主は東芝)した会社です。

 2020年から同社名義で、旧東芝でもお馴染みだった「EXCERIA」の販売が始まりました。

 メモリーは引き続き、四日市工場の生産が続いており、そのあたりに価値が見いだせそうです。

 転送速度は、しかし最大50MB/秒です。

 本製品の値段からすると「かなり割高」と言えます。

 さらに、読出速度は「非公開」です。

 Class10表示はあるため、10MB/秒以上はあるでしょうけれども、能力は保証されません。もちろん、4K動画を扱えるUHS-3規格はクリアしません

 保証期間は、一方、5年間とそれなりに長いです。

 202007251245.jpg

 堅牢性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水対応になります。

 その上で、耐温度性・静電耐性・耐X線・5M落下耐性の明記があります。また、破損時の発火や加熱を防ぐ、ヒューズについては明記があり、「ワンポイント」です。

---

 以上、キオクシア(旧東芝)のEXCERIA BASICの紹介でした。

 東芝時代もそうでしたが、同社の「無印製品」は、性能の割に割高です。四日市工場生産という信頼性の部分以外は、価値を見いだしにくいでしょう。


 201809061212.jpg
 【国内正規品】

 [32GB]

 5・Transcend S300 TS32GUSD300S
   ¥1,110 Amazon.co.jp
(5/20執筆時)

 [64GB]

 6・Transcend S300 TS64GUSD300S
   ¥1,560 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB]

 7・Transcend S300 TS128GUSD300S
   ¥2,390 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [512GB](95mb/秒)

 8・Transcend S300 TS512GUSD300S-A
   ¥8,480 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【Amazon限定】

 [32GB]

 9・Transcend S300 TS32GUSD300S-AE
   ¥999 Amazon.co.jp
(5/20執筆時)

 [64GB]

 10・Transcend S300 TS64GUSD300S-AE
   ¥1,280 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB]

 11・Transcend S300 TS128GUSD300S-AE
   ¥1,899 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [256GB]

 12・Transcend S300 TS256GUSD300S-AE
   ¥3,970 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [512GB](95mb/秒 40MB/秒)

 13・Transcend S300 TS512GUSD300S-AE
   ¥7,980 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-1
読出:最大90Mb/秒
書込:最大45Mb/秒
保証:5年間

 300Sシリーズは、台湾トランセンドのMicroSDカードです。同社の最新製品では最も安い製品です。

 トランセンドは、キオクシアと同じでSDカードの中身を生産できる大手メーカーです。

 日本への進出歴も長く、海外ブランドでは信頼性の高い会社の1つです。

 201812221311.jpg

 なお、「Amazon限定モデル」は、SDカードアダプタがオマケに付いています。

 転送速度は、読出95MB/秒書込45MB/秒と、ここまで見た機種と同じほど高速です。

 なお、書込速度は全機共通ですが、近日登場予定の512GBは、読出の評価値が少しだけ良いです。一方、UHS-3対応は128GB以上の表記です。

 保証期間は、トランセンドは「5年保証」となります。

 201809051054.jpg

 堅牢性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水対応になります。

 その上で、耐温度性・静電耐性・耐X線・耐衝撃性とほぼ「フル装備」です。ヒューズの記載こそないですが、この価格の製品としては、たいへんな充実度です。

---

 以上、トランセンド300Sシリーズの紹介でした。

 読出時の速度的メリットが高い機種です。また、書込速度も例外的に良い機種です。

 保証期間も長いですし、堅牢性も高い点から言えば、4K動画に対応する必要がない方には、品質も高くお買得な製品と言えそうです。

 メーカーの日本におけるサポート体制も充実しています。


 201910091801.jpg

 【国内正規品】

 [64GB]

 14・トランセンド TS64GUSD350V
   ¥2,230 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB]

 15・トランセンド TS128GUSD350V
   ¥3,390 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【Amazon限定】

 [64GB]

 16・トランセンド TS64GUSD350V-E
   ¥1,780 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB]

 17・トランセンド TS128GUSD350V-E
   ¥2,780 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-1
読出:最大95Mb/秒
書込:最大45Mb/秒
保証:2年間

 なお、トランセンドからは、 350Vシリーズはという、別型番の製品も販売があります。

  201808191107.jpg

 スペックは、ほぼ同様ですが、高耐久MicroSDカードとして、堅牢に作られます。

 具体的には「ドライブレコーダー向け」「監視カメラ向け」として売られているMicroSDカードです。

 転送速度は、読出最大95Mb/秒、書込最大45Mb/秒と、4K動画対応モデルを除けば高性能です。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水対応です。

 この点は下位機種と同じですが、繰り返し書込耐性が、128GBモデルで170TBと、通常より高いです。

 201809061449.jpg

 なお、繰返書込の耐性は、監視カメラやドラレコなどの場合に重要なのはもちろん、音楽プレーヤー・スマホでの利用についても、ある程度意識して良いスペックです。

 音楽データなどを保存する場合、データアクセス数が多くなるので、(繰り返しの書込)耐性が高い製品は選ぶ価値があるからです。

 保証期間は、一方で、ハードに使われることを想定してか、2年間とやや短いです。

---

 以上、トランセンドの高耐久シリーズの紹介でした。

 同社のカードでは最も「高耐久」なものです。

 この点で、衝撃でのデータ損失が致命的な「ドライブレコーダー向け」と言えます。

 一方、耐衝撃性の逆さを「売り」にしたカメラやスマホの場合、同社の下位機種でもこれらに相応しい耐久性ならばあるため、あえてこちらを選ばずとも良さそうです。


 202007251302.jpg

 ・SANDISK ULTRAシリーズ

 【国内正規品】

 [32GB]

 18・SANDISK SDSQUAR-032G-JN3MA
   ¥1,480 楽天市場 (5/20執筆時)

 [64GB]

 19・SANDISK SDSQUAR-064G-JN3MA
   ¥4,186 楽天市場 (5/20執筆時)

 [128GB]

 20・ SANDISK SDSQUAR-128G-JN3MA
   ¥6,610 楽天市場 (5/20執筆時)

 [256GB]

 21・SANDISK SDSQUAR-256G-JN3MA
   ¥12,089 楽天市場 (5/20執筆時)

 [512GB]

 22・SANDISK SDSQUAR-512G-JN3MA
   ¥24,800 楽天市場 (5/20執筆時)

 [1TB]

 23・SANDISK SDSQUAR-1T00-JN3MA
   ¥44,040 楽天市場 (5/20執筆時)

クラス:UHS-1
読出:最大100Mb/秒
書込:不明
保証:無期限保証

 Ultraは、米国のサンディスクの「ウルトラシリーズ」のマイクロSDカードです。

 主にスピード面の信頼性の部分では、主要三社でも特に評判の良い会社です。

 転送速度は、読出で最大100MB/秒が保証されます。

 一方、書込は非開示で、保証されるのはUHS-1水準(10MB/秒)です。

 202004241816.jpg

 耐久性は、良いです。

 本機は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠です。

 いわゆる完全防水(水につけて30分後でも壊れない)という高性能です。

 その上で、耐温度、耐衝撃、耐X線・耐磁性を持つため、堅牢性は高いモデルです。

 保証期間は、通常のサンディスク製品は無期限保証が付きます。

---

 以上、サンディスクUltraの紹介でした。速さの点で人気のあるMicroSDカードです。

 保証期間の部分はネックですが、格安Micro-SDカード類につきものの「偽物リスクがない」です。

 その点で、本機を選ぶ意味はあるでしょう。

ーーー

202007251302.jpg

 【Amazon限定】

 [32GB]

 24・SanDisk Ultra SDSQUAR-032G-EPK
   ¥1,000 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [64GB]

 25・SanDisk Ultra SDSQUA4-064G-EPK
   ¥1,409 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB]

 26・SanDisk Ultra SDSQUA4-128G-EPK
   ¥2,020 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [256GB]

 27・SanDisk Ultra SDSQUA4-256G-EPK
   ¥4,264 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [512GB]

 28・SanDisk Ultra SDSQUA4-512G-EPK
   ¥9,161 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [1TB]

 29・SanDisk Ultra SDSQUA4-1T00-EPK
   ¥30,399 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-1
読出:最大100Mb/秒
書込:不明
保証: 30日間

 202007251304.jpg

 一方、本機は、Amazon専用に卸している、簡易パッケージ版の「プレミアムエディション」があります。

 こちらは、SDカードアダプタがオマケで付属します。

 202105201246.jpg

 サンディスク SDDR-399-J46B
   ¥2,540 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 速度的には、最大100Mb/秒と同じですが、SANDISKの高速SDカードリーダーを利用する場合、こちらは、さらに速度が最大120MB/sという表記があります。

 一方、保証期間は、30日の初期不良対応のみとなります。

 信頼性のあるブランドで、Amazon直販なので、過度な心配は要らないでしょうが、「その分安い」というわけになります。

ーーー

 202007251310.jpg

・SANDISK ULTRAシリーズ

 【並行輸入品】

 [16GB]

 30・Sandisk SDSQUNS-016G-GN3MN
   ¥680 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [32GB]

 31・Sandisk SDSQUNS-032G-GN3MN
   ¥731 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [64GB]

 32・Sandisk SDSQUNS-064G-GN3MN
   ¥1,242 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-1
  読出:最大80Mb/秒
書込:不明
保証:なし

 【並行輸入品】

 [32GB]

 33・Sandisk SDSQUAR-032G-GN6MA
   ¥1,010 Amazon.co.jp (
5/20執筆時)

 [64GB]

 34・Sandisk SDSQUAR-064G-GN6MA
   ¥1,458 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB]

 35・Sandisk SDSQUAR-128G-GN6MA
   ¥2,380 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [200GB]

 36・Sandisk SDSQUAR-200G-GN6MA
   ¥6,735 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [400GB]

 37・Sandisk SDSQUAR-400G-GN6MA
   ¥6,980 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-1
読出:最大98Mb/秒
書込:不明
保証:なし

 なお、サンディスクの「ウルトラシリーズ」は、信頼性の部分をふくめ、世界的に人気の製品です。

 日本の正規品価格は(国際調達のAmazon専売製品を除いて)、グローバル価格よりとても高いので、並行輸入品が多いです。

 ただし、発売年度の違いからスピード表記が少し違うほか、保証がないです。また、余りにも安いものは偽物リスク(不良品リスク)もあるので、おすすめできません。

 選ぶならば、先述のAmazon専用モデルが良いでしょう。

2・高速な4K動画対応のMicroSDカード

 201809061105.jpg 

 続いて、読出速度だけではなく、書込速度も速いMicroSDカードを紹介します。

 冒頭に示したように、スマホならばXperiaビデオカメラならばGoproをはじめとする4K動画対応機は、UHS-3規格に対応する書込速度を持つ製品を選ぶ必要があります。

 ただ、この規格に対応する機種だけでも、速度差がある状況なので、今回は詳しく説明してみたいと思います。


 202007251318.jpg

 【国内正規品】

 【512GB】

 38・キオクシア EXCERIA PLUS KMUH-A512G
  ¥28,800 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【256GB】

 39・キオクシア EXCERIA PLUS KMUH-A256G
  ¥14,770 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【128GB】

 40・ キオクシア EXCERIA PLUS KMUH-A128G
  ¥7,500 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【64GB】

 41・ キオクシア EXCERIA PLUS KMUH-A064G
  ¥3,700 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【32GB】

 42・ キオクシア EXCERIA PLUS KMUH-A032G
  ¥3,472 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-3
読出:最大100Mb/秒
書込:最大85Mb/秒
保証:5年間

 EXCERIA PLUS は、キオクシア(旧東芝メモリー)の販売するUHS-3対応カードです。

 転送速度は、読出最大100Mb/秒、書込最大85Mb/秒となります。

 同社の「4K動画対応製品」としては、最も安く、最も高速です。

 202007251323.jpg

 堅牢性は、下位機種同様で問題ないです。

 つまり、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、耐温度性・静電耐性・耐X線・5M落下耐性の明記があります。

 また、東芝は、破損時の発火や加熱を防ぐ、ヒューズについては明記があります。

 保証期間は、5年と割と長いです。

こちらも、2年間とやや短いです。

---

 以上、東芝のEXCERIA PLUSの紹介でした。

 4K動画対応で、速度面の心配はしなくて良い機種です。耐衝撃性も高いですし、四日市工場生産の安心感もあります。

 ただ、(発売時期の関係もあるかもしれませんが)速度的に同等の他社製品と比較して、必ずしも安くないのは、注意点です。

ーーー

 202007251331.jpg

【国内正規品】

 【256GB】

 43・キオクシア EXCERIA KMU-A256G
  ¥7,690 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【128GB】

 44・キオクシア EXCERIA KMU-A128G
  ¥4,194 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【64GB】

 45・キオクシア EXCERIA KMU-A064G
  ¥2,950 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【32GB】

 46・ キオクシア EXCERIA KMU-A032G
  ¥1,772 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-1
読出:最大100Mb/秒
書込:
保証:5年間

 なお、EXCERIAは、本機と下位機種との中間に以上に「青色」のカードもあります。

 こちらについても、読出は、最大100Mb/秒ですが、書込速度の保証性がなくUHS-3非対応であるので、4K用には使えません。

 その割には高いので、オススメできません。


 202007251337.jpg

 【国内正規品】

 【256GB】(4万時間)

 47・EXCERIA HIGH ENDURANCE KEMU-A256G
  ¥10,300 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【128GB】(2万時間)

 48・EXCERIA HIGH ENDURANCE KEMU-A128G
  ¥8,063 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【64GB】(1万時間)

 49・EXCERIA HIGH ENDURANCE KEMU-A064G
  ¥4,980 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 【32GB】(15000時間)(本機のみ4K非対応)

 50・EXCERIA HIGH ENDURANCE KEMU-A032G
  ¥3,264 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-3
読出:最大100Mb/秒
書込:最大85Mb/秒
保証:2年間

 EXCERIA HIGH ENDURANCEも、キオクシア(旧東芝メモリー)の販売するUHS-3対応カードです。

 転送速度は、「赤色」と同じで読出最大95Mb/秒、書込最大65Mb/秒となります。

 同社の「4K動画対応製品」としては、最も安く、最も高速です(32GB除く)。

 202007251341.jpg

 堅牢性は、同じです。

 一方、価格が少し高いのは、高耐久性(HIGH ENDURANCE)設計だからです。

 他社機にもありましたが、ドラレコや監視カメラなど、「毎日のように上書き記録」に強い設計にしてあります。

 ただ、本機の場合、耐久性は、フルHD画質での書き込み時間での目安ですが、256GBモデル4万時間(約4年半)です。

 保証期間は、高耐久モデルですので、2年間とやや短いです。

---

 以上、キオクシアのEXCERIA HIGH ENDURANCEの紹介でした。

 ドラレコや監視カメラ向けの機種です。ただ、高耐久モデルとして割高です。

 ただ、東芝は、過電流時のヒューズを搭載しているため、過熱や発火防止の部分での信頼性は、用途的には合うかもしれません。


 202007251401.jpg

 【2020年】

 ・SANDISK MAX ENDURANCEシリーズ

 [32GB](1.5万時間)

 51・SANDISK SDSQQVR-032G-JN3ID
   ¥3,780 楽天市場 (5/20執筆時)

 [64GB](3万時間)

 52・SANDISK SDSQQVR-064G-JN3ID
   ¥6,430 楽天市場 (5/20執筆時)

 [128GB](6万時間)

 53・SANDISK SDSQQVR-128G-JN3ID
   ¥11,580 楽天市場 (5/20執筆時)

 [256GB](12万時間)

 54・ SANDISK SDSQQVR-256G-JN3ID
   ¥17,890 楽天市場 (5/20執筆時)

 【Amazon限定】

 [32GB]

 55・SANDISK SDSQQNR-032G-GHEIA
   ¥1,393 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [64GB]

 56・SANDISK SDSQQNR-064G-GHEIA
   ¥2,201 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB](1万時間)

 57・SANDISK SDSQQNR-128G-GHEIA
   ¥3,513 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [256GB](2万時間)

 58・ SANDISKSDSQQNR-256G-GHEIA
   ¥7,048 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-3
読出:最大100Mb/秒
書込:最大40Mb/秒
保証:3年間/2年間

 MAX ENDURANCEシリーズは、サンディスクの高耐久MicroSDカードです。

 202004241810.jpg

 2020年からの新しいラインナップです。

 こちらについても、Amazon限定モデルがありますが、仕様は同じです。SDカードアダプタは、通常機でもAmazon限定でも付属します。

 202007251404.jpg

 転送速度は、読出最大100Mb/秒です。書込速度は40mb/秒です。

 本機も、UHS-3及びV30対応で、4K動画撮影でも利用できる製品です。

 ただ、公平を期して言えば、【ドライブレコーダーの比較記事】でも書きましたが、改造度の高いドラレコでも、WQHD(2560×1440)であり、4Kというのはないです。

 202004241857.jpg

 耐久性は、本機もJIS 防水保護等級7(IPX7)準拠です。

 先述のように、同社の場合、先ほど見た通常品( ULTRAシリーズ)も同等の耐久性があります。

 その上で、本機は、フルHD画質での書き込み時、256GBモデルで最大で12万時間(13年以上)という、相当の耐久期間も示されます。同様のスペックを出す、キオクシアよりだいぶ長いです。

 必然的に、繰返の書込耐性も高いといえるので、その部分でも優秀でしょう。

 保証期間は、通常製品は3年間、Amazon専用型番だと、2年間ですが、その分安いです。

 なお、Amazon専用型番については、耐久性の保証期間が正規品より短いです。ただ、他社の耐久重視モデルよりは高めです。

---

 以上、サンディスクのMAX ENDURANCEシリーズの紹介でした。

 高所の監視カメラなどに利用する場合、期間面の信頼性が高い方が安心感があるでしょう。

 もともと信頼性では定評のあるブランドですし、こちらを選ぶのは良いと思います。


 201904061702.jpg

 【Amazon限定】

 [64GB](書込20Mb/秒)

 59・EVO+ MB-MC64HA/EC
    ¥1,230 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [128GB]

 60・EVO+ MB-MC128HA/EC
   ¥2,094 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-3
読出:最大100Mb/秒
書込:最大60Mb/秒
保証:5年間

 [256GB]

 61・EVO+ MB-MC256HA/EC
   ¥4,580 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [512GB]

 62・EVO+ MB-MC512HA/EC
   ¥9,780 Amazon.co.jp
(5/20執筆時)

クラス:UHS-3
読出:最大100Mb/秒
書込:最大90Mb/秒
保証:5年間

 サムソンEVO Plus は、サムソンの高速対応タイプのMicroSDカードです。

 201805141409.jpg

 ちなみに、同社の製品は、SDカードアダプターが標準添付されます。

 201809061254.jpg

 同社の4K映像対応のGalaxyをはじめとするスマホ用として売れている機種です。

 転送速度は、こちらの場合、読込が100MB/秒、書込が90MB/秒となります。

 ただ、128GBの「EVO+」は、書込が60MB/秒とわずかに遅いです。64GBはさらに20MB/秒なので、同じシリーズながら「別製品」とも言えます。

 とはいえ、128GB以上の製品は、UHS-3規格に対応します。レアな512GB以上の大容量なモデルもあり、この点も貴重です。

 保証期間は、こちらも、国内正規品で10年保証です。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水、耐温度、耐磁、耐X線があります。

 ただし、先ほどのドラレコ専用モデルに比べると耐衝撃性・繰り返し耐久性・EEC機能は備えませんので、ドラレコ向きではないですね。

---

 以上、サムソンEVO Plusの紹介でした。

 大容量かつUHS-3規格に対応ということで、4K動画を撮る場合におすすめできますね。スマホなどでも4Kが撮れる機種にも向くと思います。



 202001151732.jpg

 【2019年発売】 【国内正規品】

 ・SANDISK EXTREMEシリーズ

 [32GB]

 63・ Sandisk SDSQXAF-032G-JN3MD
   ¥4,348 楽天市場 (5/20執筆時)

 [64GB]

 64・ Sandisk SDSQXAF-064G-JN3MD
   ¥5,715 楽天市場 (5/20執筆時)

クラス:UHS-3
読出:最大90Mb/秒
書込:最大60Mb/秒
保証:無期限保証

 202001151731.jpg

 【2019年発売】 【国内正規品】

 [128GB]

 65・ Sandisk SDSQXA0-128G-JN3MD
   ¥9,487 楽天市場 (5/20執筆時)

 [256GB]

 66・ Sandisk SDSQXA0-256G-JN3MD
   ¥15,668 楽天市場 (5/20執筆時)

 [400GB]

 67・ Sandisk SDSQXA0-400G-JN3MD
   ¥23,357 楽天市場 (5/20執筆時)

 [512GB]

 68・ Sandisk SDSQXA0-512G-JN3MD
   ¥33,239 楽天市場 (5/20執筆時)

 [1TB]

 69・ Sandisk SDSQXA0-1T00-JN3MD
   ¥47,229 楽天市場 (5/20執筆時)

クラス:UHS-3 V30
読出:最大90Mb/秒
書込:最大70Mb/秒
保証:無期限保証

 こちらは、アメリカのSanDiskMicroSDカードです。

 同社では、2番目に速いエクストリームシリーズに属しています。

 転送速度は、2製品で異なります。

 下位機種は、読み 90MB/秒 書き70MB/秒という水準です。

 ただし、容量の小さいカードは、書き60MB/秒ですが、それでも速めです。

 いずれも、UHS-3規格にも対応しますので高性能機には、この機種を選んで良いでしょう

 また、これらは、最近現れたV30規格と対応するとの表示があります。

 V30規格とは、4K録画機器のための最低転送速度を保証する最近できた規格で、書込30MB/秒以上が保証されます。

 201809051135.jpg

 製品保証は、国内正規品であり、無期限保証になります。

 201809051137.jpg

 堅牢性は、海外製品なのでJIS規格では示されないものの、耐衝撃性・温度耐性・防水・X線耐性は示されており、安定感があります。

 その他、SDカードが壊れてしまったときに使える「レスキュープロ」というソフトの1年間無料利用権も付属します。

---

 以上、SanDiskエクストリームシリーズの紹介でした。

 同社は「高級カードメーカー」として品質の高さはお墨付きです。耐久性も高いですし、メモリーの品質も長期的に評判の良い企業です。そのため、多少高くても「サンディスクを指名買い」する方は多いです。

 4K動画用に確実性と信頼性を重んじて選ばれる場合は、こちらは良い製品です。

 201809061317.jpg

 なお、ネットで買う場合は、この機種の場合注意点があります。

 サンディスクの充実する国内保証は、サンディスクの保証対象説明に書いてあるように、国内正規品のみに対応します。

 SANDISKはグローバル企業なので、同じ商品を世界中で型番を変えて販売しています。

ーー

 202001151731.jpg

 【2018年発売】【並行輸入品】

 ・SANDISK EXTREMEシリーズ

 [128GB]

 70・ Sandisk SDSQXA1-128G-AN6MA  
   ¥2,750 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [256GB]

 71・ Sandisk SDSQXA1-256G-AN6MA  
   ¥4,877 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [512GB]

 72・ Sandisk SDSQXA1-512G-GN6MA  
   ¥11,400 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

 [1TB]

 73・ Sandisk SDSQXA1-1T00-AN6MA
   ¥26,500 Amazon.co.jp (5/20執筆時)

クラス:UHS-3 V30
読出:最大90Mb/秒
書込:最大70Mb/秒
保証:初期不良のみ

 一方、日本のネットショップの場合、上記のように、しっかり型番を区分して「海外パッケージ版」と書いてくれている場合もあります。

 しかし、並行輸入品でも、型番をふまえずに同じ製品(日本の型番)で売っている場合がたまにあります。

 ただ、Amazonならば、型番が確認できない「偽物」だった場合、出品者との交渉が不調ならば、マーケットプレイスの保証申請で、Amazon本体が動いてくれます。

 そのほか、楽天市場も偽物には厳しいです。

 この点では安心ですが、基本的には出品者を総覧して、皆さんがご存じのような、実店舗を持つデンキヤの製品か、Prime対応製品を優先して購入するべきです。

後編につづく!
おすすめのMicroSDカードは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、売れ筋のMicroSDカードを比較してきました。

 記事はもう少しだけ続きます。

 201801261538.jpg

・サンディスク
 SDSQXPJ-064G-JN3M3
 SDSQXPJ-128G-JN3M3
 SDSQXCY-064G-GN6MA
 SDSQXCY-128G-GN6MA
 SDSQXCZ-256G-GN6MA
 SDSQXCZ-400G-GN6MA
 SDSQXCZ-512G-GN6MA
 SDSQXCZ-1T00-GN6MA

・SUPER TALENT
 ST28MSU1P
・BLUEDOT
 BMSD-256A BMSD-128A
・Lexar
 LSDMI64BBAP633A
 LSDMI128BBAP633A
 LSDMI512BBAP633A
 LSDMI512BBJP633A
・キングストン
 SDCS2/128GB SDCS2/256GB
 SDCS2/512GB
・トランセンド
 330S TS64GUSD330S
 330S TS128GUSD330S
 340S TS64GUSD340S
 330S TS256GUSD330S
 340S TS128GUSD340S
 340S TS256GUSD340S
・アクス AXE
 AXP4K64 AXP4K128
 AXP4K256 AXP4K512
 AXS2A256 AXS2A512

 次回の後編記事こちら)では、今回紹介できなかった、米国サンディスクの「超高速・超大容量タイプ」のほか、上表の製品を追加で紹介します。

1・スピード ★★★★★
2・4K対応 ★★★★★
3・価格   ★★★★★
3・耐久性  ★★★★★
4・保証期間 ★★★★★
5・総合評価 ★★★★★

 その上で、ここまで紹介してきた全機種から、いつものように、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種!について提案していきます。

 後編は→こちら

 引き続き、よろしくお願いします。

---

 前半記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 14:05 | PC周辺機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png