比較2017' 高速・高品質なmicroSDカード22製品の性能とおすすめ【高速・高音質】:東芝・トランセンド・ソニー・サンディスク・サムソンなど 18GB 32GB 64GB 128GBモデル

2017年10月30日

比較2017' 高速・高品質なmicroSDカード22製品の性能とおすすめ【高速・高音質】:東芝・トランセンド・ソニー・サンディスク・サムソンなど 18GB 32GB 64GB 128GBモデル

今回レビューする製品:2017年・高速・大容量なマイクロSDカード12機種の性能とおすすめ・選び方:東芝 EXCERIA ・トランセンド・SONY・サンディスク・microSDHC microSDXCメモリーカード 64GB Class10 高音質モデル SR-64HXA SANDISK Ultra Extreme Pro SDSDQUAN-200G-G4A SDSQUNC-128G-GN6MA [128GB] SUPER TALENT ST28MSU1P Samsung EVO+ PRO PRO+など・クラス10・UHSV V30対応  32GB 64GB 128GB 200GB・読み書きの速度の違いやランキングなど

今回のお題
スマホ・デジカメ・音楽プレーヤーなどにおすすめのマイクロSDカードはどの製品?

 どもAtlasです。

 今回は、2017年現在最新のMicroSDカード(microSDXC microSDHC)の比較をします。

 なお、このブログ「モノマニア」には、SDカードに関して、以下のような記事があります。

1・ SDカードの比較
2・ Wi-Fi対応カードの比較
3・ MicroSDカードの比較

 今回は、マイクロSDカードを比較する3番の記事となります。もし、デジカメ用などに普通サイズSDカードを探している方がいましたら、お手数ですが、1番の記事をご覧ください。 

 以下では、いつものように、商品ごとにその特長を紹介した後で、最後に「AtlasのおすすめMicroSDカード」を提案していきたいと思います。 

MicroSDカードの基本的な選び方 

 具体的な製品を紹介する前に、はじめに、マイクロSDカードを選ぶ際、検討するべき重要な比較基準を3つ列記しておきます。

1・読み出し速度

 第1に、カードからPCなどの機器に読み出す際の読み出し速度です。

ランキング クラス 速度
4位 Class2 2MB/秒以上
3位 Class4 4MB/秒以上
2位 Class6 6MB/秒以上
1位 Class10 10MB/秒以上

 読み出し速度については、以前は「クラス10・クラス4」など、業界団体が決めた速度基準が利用できました。しかし、現在は、ほぼ全てのカードが最高のクラス10を上回る状況なので、基準としてさほど意味がなくなっています。

 性能の悪い製品を買った場合、カードへの転送速度が遅くなります。例えば、写真の書き込みならば、2倍以上遅い場合もあります。逆に、大きな写真や音楽データの読み出しなどでは、遅延が起こることもあります。

 その点で、メーカーは自主的に、「読み出し速度」を明記する場合が多いですが、理論値と実測値では差があります。とくに、格安製品の場合、同じ製品でも個体差が著しいという問題もあり、正しいスペックを掴むのは容易ではない状況です。

 こうした点をふまえると、現状では、「信頼できるメーカーの正規品」を買うのが最も間違いのない方法です。詳しくは、具体的な製品比較の中で書きたいと思います。

2・書き込み速度

 第2に、機器からマイクロSDカードに書き込む際の書き込み速度です。

ランキング クラス 速度
3位 Class10 10MB/秒以上
2位 UHS-1 10MB/秒以上
1位 UHS-3
30MB/秒以上

 書き込み速度については、現在でも通用する業界の標準規格があります。それは、書き出し速度30MB/秒を表すUHSスピードクラス3(UHS-3規格)です。

 書込速度は、おもに、ビデオカメラやデジカメで4K撮影する場合重要であり、基本的に書き出し速度30MB/秒以下だと遅延してしまい正しく機器が使えません。なお、同様の趣旨の規格として最近ではV30規格という新基準もありますが、基準となるスペックは重複するので、UHS-3規格の対応状況だけを見ておけば、問題ありません。


3・耐久性・耐水性

 第3に、McroSDカードの、耐久性・耐水性です。

 これは、特に、雨天対応のデジカメやスマホなどにおいては、重要視したい部分です。格安製品だと、完全防水に非対応なものもありますので、注意が必要です。

 また、ドラレコでの利用などは、防水機能に加えて、耐衝撃性にも注意が必要です。

ーーー

 というわけで、以下の記事では、これらの3つの比較基準をベースにしながら、読み込み/書き込みスピード別に各製品を比較していきます。

激安価格帯のマイクロSDカード

 はじめに、転送速度が90MB/秒までの、普通のMicroSDカードを紹介します。最も商品展開が多く、スピードを必要としない機器用として、一般向けに売れ筋です。

 なお、以下の本文では、高評価できるポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で記します。


  

 【国内正規品】

 1・東芝 SD-L032G4 [32GB]
   ¥2,000 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 2・東芝 SD-MK032G [32GB]
   ¥1,799 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 4MB/秒
書き 4MB/秒

 こちらは、東芝のMicroSDカードです。 デンキヤのセールで見かける紫色のパッケージの製品ですが、同社では最も性能の低いSDカードです。

 転送速度は、未開示です。ただし、クラス4対応商品なので、 読み 4MB/秒 書き4MB/秒は保証されています。そうは言っても、現行水準では相当低スペックですので、あえてこの商品を選ぶ理由は見つかりません。


 
 【国内正規品】
 3・東芝 MSDAR40N32G [32GB]
  ¥2,070 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 3・東芝 MSDAR40N64G [64GB]
  ¥3,240 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

 読み 40MB/秒
 書き 10MB/秒

 こちらは、東芝では2番目に安いシリーズで、緑色のパッケージの商品です。

 転送速度は、読み40MB/秒というスペックです。現状では平均的なスピードと言えます。クラス10に対応するほか、書き10MB/秒を確保し、UHS-1規格もクリアする製品です。

 日本製品としては比較的安く購入できるモデルと言えますが、並行輸入品は国内保証が付きません。Amzonで購入すれば、初期不良以外の対応はして貰えますが、1年保証は得られません。その点は「自己責任」と考えられる方に限ってオススメです。


 

 【アマゾン限定】【変換アダプター付属】
 4・トランセンド TS32GUSDU1PE [32GB]
  ¥1,990 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 4・トランセンド TS64GUSDU1PE [64GB]  
  ¥3,780 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 4・トランセンド TS128GUSDU1PE [128GB]  
  
¥8,580 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 45MB/秒
書き 10MB/秒

 こちらは、台湾トランセンド社のMicroSDカードです。こちらは、64GBの大容量モデルを含めて、国内正規品です。同社の無期限の品質保証を得られます。なお、この製品は、SDカードへの変換アダプタが「おまけ」で付きます。

 転送速度は、読み 45MB/秒と高速です。量販店ではあまり見かけないものですが、専門店やネットではかなり売れ筋の人気商品です。こちらも書き10MB/秒を確保し、UHS-1規格もクリアする製品です。

 耐久性は、同社の製品はこのクラスから、このカードはJIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水対応になります。

 保証期間は、トランセンドは「無期限保証」となります。

 価格も安いし、保証も付くため、迷ったらこれを選べば良い!といえるモデルですね。


 
【国内正規品】
 5・東芝 MU-F032GX
[32GB]
   ¥2,600 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 5・東芝 MU-F064GX
[64GB]
   ¥5,182 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 5・東芝 MU-F128GX [128GB]
   ¥10,620 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

【並行輸入品】
 6・
東芝 THN-M301R0320A4  [32GB]
   ¥1,699 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 6・東芝 THN-M301R0640A4
[64GB]
   ¥3,000 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 48MB/秒
書き 10MB/秒

 こちらは、東芝のEXCERIA(エクセリア)シリーズです。 同社のハイスペックなMicroSDカードになります。デンキヤでも多く売られている多少高価なモデルで、新製品です。

 転送速度は、読み込みは48MB/秒と、新製品を出す際多少スペックを伸ばしています。クラス10UHS-1規格もクリアする製品です。

 耐久性は、このカードはJIS 防水保護等級7(IPX7)準拠です。いわゆる完全防水(水につけて30分後でも壊れない)のため、防水対応スマホや、デジタルカメラに特に向いています。

 保証期間は、東芝は「5年」となります。ただし、並行輸入品は保証外で、「イミテーションリスク」があるので上級者向きですね。


 
 【アマゾン限定【国内正規品】
 7・Ultra SDSDQUL-032G-EPK [32GB]
   ¥3,105 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 7・Ultra SDSDQUL-064G-EPK [64GB]
   ¥5,145 Amazon.co.jp
(10/30執筆時)
 7・Ultra SDSDQUL-128G-EPK [128GB]
   ¥9,677 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 30MB/秒
書き 10MB/秒

 Ultraは、米国のサンディスクの比較的格安のマイクロSDカードです。同社は、昔からのフラッシュメディアメーカーで、品質面で信頼性が高いことで有名です。公称値と実測値の差が比較的少ない、信頼できるメーカーですね。

 転送速度は、読み込みは30MB/秒と、東芝に多少負けます。また、クラス10には対応しますが、UHS-1規格には未踏達です。

 耐久性は、このカードはJIS 防水保護等級7(IPX7)準拠です。いわゆる完全防水(水につけて30分後でも壊れない)であり、耐久面では信頼性の高い製品です。

 保証期間は、通常サンディスクは無期限保証なのですが、アマゾン限定モデルは30日限定保証です。ただし、その分、価格が安くなっています。

 以上、サンディスクのウルトラシリーズの紹介でした。東芝に較べてスペックが多少落ちますし、価格も高いです。実際、同社の製品を選ぶならば、もう少し上のグレードでも良いと思います。


 

 8・ソニー 高音質モデル SR-64HXA [64GB]
   ¥13,270 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 4MB/秒?
書き 10MB/秒?

 こちらは、ソニーのプレミアムサウンドシリーズです。2015年当初に発売されて以来、良かれ悪しかれ話題になった音楽専用設計のMicroSDカードです。

 オーディオの世界では、良音を得るために徹底したノイズ対策がなされますが、こちらもノイズを減らすために専用設計されたものです。

 ソニーは、最近ウォークマンをはじめとして、ハイレゾ機器に力を入れています。このカードも、以前紹介したハイレゾ対応ウォークマンのZシリーズ のために開発されたものでしょう。

 音質の改善効果は、ソニーの検証では、ウォークマンのNW-ZX2およびNW-A10シリーズでは、ノイズの点で改善が見られたようです。ただし、他機種でも必ずしも改善するものではないでしょう。

 オーディオ専門誌では、このモデル発売以前からノイズ対策としてカード品質を重要視する評論家もおり、一概に「魔術」とは言えない部分があります。実際、こうした製品は、検品がしっかりしていることが多いので、個体差は少ないです。試してみるのも良いでしょう。

読出速度が高速な中級モデル

 つづいて、読み出し速度が70MBを上回るモデルを紹介していきます。

 ここまで紹介したデータを読込時の高速性を確保したい場合に適したモデルです。



  
  【国内正規品】
 9・SUPER TALENT ST32MSU1P [32GB]
   ¥1,850 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 
9・SUPER TALENT ST64MSU1P [64GB]
   ¥3,070 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 9・SUPER TALENT ST28MSU1P [128GB]
   ¥6,080 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 70MB/秒
書き 20MB/秒

 SUPER TALENTは、アメリカの大手半導体メーカーです。小規模ながら日本でマイクロSDカードも販売しています。とくに、こちらの128GBの大容量モデルは、国内正規品である上に、格安で人気のあるモデルです。

 転送速度は、読み込みが70MB/秒を確保します。一方、書き込みは、スペック上、UHS-1規格にのみ対応ですが、20MB/秒とそこそこの速度です。もちろん、UHS-3規格に達しませんので4K動画用には使えません。

 保証期間は、国内正規品の場合3年間の保証です。



  
 【国内正規品】
 10・トランセンド TS32GUSDHC10U1 [32GB]
    ¥3,275 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 90MB/秒
書き 10MB/秒

 トランセンドのアルティメット600Xシリーズは、同社の最高性能のMicroSDカードです。容量的には32GBで打ち止めですが、国内正規品ですので無期限の品質保証が得られます。

 転送速度は、読み込みが90MB/秒であり高速です。一方、クラス10とUHS-1規格には準拠していますが、書き10MB/秒ということで、UHS-3規格には未対応です。そのため、高速モデルでも4K動画などの録画については対応できない点、注意が必要です。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水対応です。UHS-3規格に対応する必要がないのならば、選んで良いかと思います。

 保証期間は、こちらは国内正規品なので無期限保証です。


  

 11・EVO + MB-MC32GA/ECO [32GB]
    ¥1,680 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 95MB/秒
書き 20MB/秒

 サムソンEVO+ は、2016年より日本発売がはじまった新しいサムソンのカードです。ただ、同社はメモリーカードの世界シェアは以前から高いメーカーです。なお64GBについては、スペックが異なるので、後ほど別に紹介します。

 転送速度は、128GBまでの各製品については、読込が95MB/秒、書込が20MB/秒となります。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、さらに、耐温度、耐磁、耐X線も保証されます。

 保証期間は、こちらも国内正規品で10年保証です。 

 以上、サムソンEVO+ の紹介でした。トランセンドに比べて、書込速度のMAX値は遅いですが、価格はダントツに安い機種ですね。この点では優位性があるでしょう。


 

 【国内正規品】

  12・トランセンド TS32GUSDHC10V [32GB]
    ¥3,499 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
  12・トランセンド TS64GUSDXC10V [64GB]
    ¥6,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 21MB/秒
書き 20MB/秒

 こちらは、トランセンドの高耐久シリーズで、「ドライブレコーダー向け」として売られているMicroSDカードです。

 転送速度は、読み込みが21MB/秒と価格からすればイマイチで、書込も20MBと高速モデルとしては低スペックです。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水対応です。また、低温度耐性、静電気耐性、耐衝撃性など、頑強さが特に重視された作りで、この点で、衝撃でのデータ損失が致命的な「ドライブレコーダー向け」と言えます。

 保証期間は、こちらも国内正規品なので無期限保証です。 

 以上、トランセンドの高耐久シリーズの紹介でした。同社のカードでは最も「高耐久」なものです。ただ、速度は、UHS-3規格に対応していないなど、続いてい紹介していく製品よりも劣ります。その点で、言えば「ドライブレコーダー専用品」と言えます。


 
 【並行輸入品】

 13・Ultra SDSQUNC-64G-GN6MA[64GB]
   ¥3,150 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 13・Ultra SDSQUNC-128G-GN6MA [128GB]
   ¥5,130 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 13・Ultra SDSDQUAN-200G-G4A [200GB]
   ¥9,770 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 80-90MB/秒
書き 10MB/秒

 Ultraは、サンディスクの日本未発売のUHS-1規格に対応するSDカードです。200GBの製品が存在している点で、以前はよく売れていました。

 転送速度は、28GBまでが80MB/秒、200GBが90MB/秒となります。ただ、書込速度は「並」ですね、

 ただ、並行輸入品は、国内正規品同様の保証は受けれません。また、マイクロSDカードは外観の模造がしやすい製品なので、一定の偽物リスクはあります。この点は注意するべきです。

4K動画に対応する高速モデル

 最後に、読出速度だけではなく、4K動画向きに、UHS-3規格に対応する書込速度を持つ最上位製品を紹介します。

 現在の技術水準ではこのグレードが最高速になります。


 

 14・EVO+ MB-MC64GA/ECO [64GB]
      ¥3,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 100MB/秒
書き 60MB/秒

 14・EVO+ MB-MC128GA/ECO [128GB]
    ¥7,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

 14・EVO+ MB-MC256GA/ECO [256GB]
    ¥19,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 100MB/秒
書き 90MB/秒

 サムソンEVO+ は、先ほどもみた製品です。ただ、これらモデルのみスペックが異なるので、改めて紹介しています。

 転送速度は、こちらの場合、読込が100MB/秒、書込が90MB/秒となります。64GBだけは、書込が60MB/秒とわずかに遅いですが、いずれの製品も、UHS-3規格に対応します。256GBという大容量なモデルは他社から発売されていませんので、この点も貴重ですね。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水、耐温度、耐磁、耐X線があります。先ほどのドラレコ専用モデルに比べると耐衝撃性は備えませんので、ドラレコ向きではないですね。

 保証期間は、こちらも国内正規品で10年保証です。 

 以上、サムソンEVO+ の紹介でした。大容量かつUHS-3規格に対応ということで、4K動画を撮る場合におすすめできますね。スマホなどでも4Kが撮れる機種にも向くと思います。


  

 15・PRO MB-MG32EA/FFP [32GB]
    ¥2,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 15・ PRO MB-SG64E/FFP   [64GB]
    ¥3,580 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 90MB/秒/
書き 80MB/秒

 サムソンPRO は、同社の EVO+ の上位シリーズになります。

 転送速度は、読込が90MB/秒、書込が80MB/秒となります。PROシリーズは、32GBモデルからこの速度に対応しており、比較的格安でUHS-3規格に対応する製品が得られるのが魅力ですね。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、さらに、こちらも耐温度、耐磁、耐X線も保証されます。

 保証期間は、サムソンの場合、国内正規品で10年保証です。 

 以上、サムソンPROの紹介でした。4K動画に対応できるカードとしては最も安い製品の1つです。特に、128GBモデルは、ライバル社のラインナップがなく、こちらの「独壇場」とも言えます。


 
 16・トランセンド TS32GUSDU3 [32GB]
    ¥3,780 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 16・トランセンド TS64GUSDU3 [64GB]
    ¥7,280 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 95MB/秒
書き 85MB/秒

 トランセンドのアルティメット633Xシリーズは、同社の製品としては初のUHS-3規格対応製品です。

 転送速度は、読み込みが95MB/秒と高速な上、書込も書き 85MB/秒となります。4K動画に対応できるため、ビデオカメラ用などに向く製品です。スペック的には、わずかですが、サムソンのPROシリーズをを上回る書込速度です。64GBの高容量モデルについては、価格競争力が多少ない状況ですが、ベンチマークスコアは、「国内正規品」のなかでは優秀で、その面で評判です。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、こちらも防水対応です。

 保証期間は、こちらも国内正規品で、無期限保証です。 

 以上、トランセンドのアルティメット633Xシリーズの紹介でした。サムソンのPROシリーズがライバルでしょう。64GBについて言えば、価格面ではサムソンが有利ですが、速度面ではこちらが有利ですね。この製品は、理論値と実測値の格差も少ないことで定評があるため、速度優先ならばこちらでも良いでしょう。特に、アマゾンが直売しているものは、偽物リスクもないでしょう。


  

 17・PRO+ MB-MD64DA/FFP [64GB]
   ¥5,280 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 17・PRO+ MB-MD128DA/FFP  [128GB]
   ¥11,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 90MB/秒
書き 90MB/秒

 サムソンPRO+ は、同社のマイクロSDカードでは最も高級なラインです。

 転送速度は、読込が95MB/秒、書込が90MB/秒となります。

 耐久性は、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠ですさらに、下位機種同様に、耐温度、耐磁、耐X線も保証されます。

 保証期間は、サムソンの場合、国内正規品で10年保証です。 

 以上、サムソンPRO+の紹介でした。現行製品では、読み書き共に最高速度です。ただ、ここまでのハイスペックのモデルを必要とする方は少ないでしょう。一般的には、下位機種でも良い気がします。


 【国内正規品】
 18・東芝 MUH-B016G [16GB]
   ¥1,200 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 18・東芝 MUH-B032G [32GB]
   ¥2,410 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 18・東芝 MUH-B064G [64GB]
   ¥4,342 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 90MB/秒
書き 60MB/秒

 東芝のエクセリアシリーズの青色のパッケージは、東芝のハイエンド(最高級)のMicroSDカードです。

 転送速度は、読み込みが90MB/秒であり、書き込みが60MB/秒です。 書き込み速度が高速であり、UHS-3規格に公式対応するため、4K動画など大容量データの転送に対応できます。

 耐久性は、エクセリアシリーズということで、このカードはJIS 防水保護等級7(IPX7)準拠で、防水対応です。 

 保証期間は、こちらも国内正規品なので、5年保証が得られます。

 以上、東芝のエクセリアシリーズの青色のパッケージの紹介でした。他社に比べると書込速度は多少劣ります。ただ、16GBの低容量モデルが用意されているため、速度は欲しいが、容量はさほど要らない人にはコスパが良さそうです。



【並行輸入品】 【新製品】
 19・SDSQXVF-032G-GN6MA [32GB]
   ¥2,170 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 19・SDSQXVF-064G-GN6MA [64GB]
   ¥4,917 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 90MB/秒
書き60MB/秒

【並行輸入品】
 20・SDSQXNE-032G-GN6MA  [32GB]
   ¥6,348 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 20・SDSQXNE-064G-GN6MA  [64GB]
   ¥6,945 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 90MB/秒
書き40MB/秒

 こちらは、アメリカのSanDiskMicroSDカードです。同社では、2番目に高いエクストリームシリーズに属しています。

 転送速度は、読み 90MB/秒 書き60MB/秒東芝と同じ水準です。UHS-3規格にも対応しますので高性能機には、この機種を選んで良いでしょう

 また、新機種については、最近現れたV30規格に対応するとの表示があります。V30規格とは、4K録画機器のための最低転送速度を保証する最近できた規格で、書込30MB/秒以上が保証されます。ただ、旧製品でもその規格はクリアできています。

 耐久性は、こちらも完全防水仕様です。サンディスクは品質の高さが「売り」ですので、過度な心配は不要でしょう。

 以上、SanDiskエクストリームシリーズの紹介でした。同社は「高級カードメーカー」として品質の高さはお墨付きです。また、こちらは、スペックも高いのですが、難点は並行輸入品のみであることです。Amazonで買う場合は、初期不良は対応して貰えますが、真贋の区別が付きにくい製品であるため、この部分はネックと言えそうです。


 

 【並行輸入品】

 21・SDSQXXG-064G-GN6MA [64GB]
   ¥5,000 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 95MB/秒
書き 90MB/秒

【並行輸入品】 【新製品】

 22・SDSQXCG-032G-GN6MA  [32GB]
   ¥2,944 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 22・SDSQXCG-064G-GN6MA  [64GB]
   ¥4,620 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 22・SDSQXCG-064G-GN6MA [128GB]
   ¥8,899 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 100MB/秒
書き 90MB/秒

 こちらも、アメリカのSanDiskMicroSDカードです。同社では、最も高級なエクストリームプロシリーズに属しており、同社の最高性能機です。なお、2016年末に新製品が出ており、スピードが多少向上しました。

 転送速度は、読み書きとも業界最高クラスで、読み 100MB/秒 書き90MB/秒と、世界最高水準です。UHS-3とV30規格に対応しますので高性能機には、この機種を選んで良いでしょう。

 耐久性は、こちらも完全防水仕様です。ただ、先ほど書いたように、同社は「高級カードメーカー」として品質の高さはお墨付きですので、過度な心配は無用だと思います。 

 以上、サンディスクのエクストリームプロシリーズの紹介でした。速度的には文句はない「最高」の製品です。ただ、問題は、やはり、国内正規品が未発売という点でしょう。

今回の結論
現在、おすすめのMicroSDカードはこの機種!

 というわけで、今回は、売れ筋のMicroSDカードを12機種紹介してきました。

 最後にいつものように、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種!について書いておきたいと思います。


 第1に、比較的格安で購入できるSDカードとして一般的におすすめできる機種は、

  


 【アマゾン限定】【変換アダプター付属】
 4・トランセンド TS32GUSDU1PE [32GB]
  ¥1,990 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 4・トランセンド TS64GUSDU1PE [64GB]  
  ¥3,780 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 4・トランセンド TS128GUSDU1PE [128GB]  
  
¥8,580 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 45MB/秒
書き 10MB/秒

 台湾のトランセンド社の、「プレミアムシリーズ」のSDカードです。

 読み 45MB/秒と中堅クラスの速度のグレードですが、大容量の64GBや128GBの製品を含めて比較的格安に購入できます。国内正規品で、無期限の品質保証も付く点も、初心者には優しい部分です。

 また、JIS 防水保護等級7(IPX7)準拠ですので、水関係の心配も要らないのも良い点だと思います。


 第2に、スマホ・デジカメで4K画像を扱うなどの場合で、高速なデータの書込速度が必要な場合は、

 
 16・トランセンド TS32GUSDU3 [32GB]
   ¥3,780 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 16・トランセンド TS64GUSDU3 [64GB]
   ¥7,280 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 95MB/秒
書き 85MB/秒

 トランセンドのアルティメット633Xシリーズが良いでしょう。ベンチマークスコアを見る限り、高速モデルでは信頼性が高いモデルと言えるからです。

 この機種ならば、カード品質の心配なしに4K動画などの撮影に臨めると思います。保証期間も無期限保証です。


 第3に、スマホ・デジカメで4K画像を「長時間」録画したい場合におすすめなのは、

  

 14・EVO+ MB-MC128GA/ECO [128GB]
  ¥7,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 14・EVO+ MB-MC256GA/ECO [256GB]
  ¥19,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 100MB/秒
書き 90MB/秒

 サムソンの大容量モデルです。正規保証が得られる製品で、256GBが用意される唯一のメーカーですし、128GBモデルにしても安価ですから。

 速度的にも速く、UHS-3規格に対応します。いずれも国内正規品で、10年間保証が得られる部分もメリットと言えます。


 第3に、ドラレコ用におすすめできる耐衝撃性のあるカードとしては、

 

 【国内正規品】

  12・トランセンド TS32GUSDHC10V [32GB]
    ¥3,499 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
  12・トランセンド TS64GUSDXC10V [64GB]
    ¥6,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

読み 21MB/秒
書き 20MB/秒

 トランセンドの高耐久シリーズでしょう。

 防水性能や、耐温度性能は他機種でも持つものがありますが、耐衝撃性を明示した製品はこちらだけですから。

ーー

 というわけで、今回はMicroSDカードの比較でした!

 最後になりましたが、このブログが皆様のお役に立ったようでしたら、SNSなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 19:27 | Comment(0) | PC周辺機器

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png