比較2017' ブランド別!全23点の高性能フライパンの強度とおすすめ:T-fal・テフロン・セラミック・鉄製

2017年10月15日

比較2017' ブランド別!全23点の高性能フライパンの強度とおすすめ:T-fal・テフロン・セラミック・鉄製

【2017年10月】 頑丈で焦げないフライパン20製品のブランド別の性能とおすすめ(ガス用・IH兼用)テフロンフッ素加工・鉄:T-Fal・フレーバーストーン・パール金属・北陸アルミ・ビタクラフト・京セラ;ラグーン フェアリーローズハードチタニウム グランブルー・プレミア サンライズ・プレミア IH カリブ エクセレンス・IH ルビー エクセレンス IH・ホームシェフ エクセレンス セラミックコントロール フレーバーストーン センレンキャスト IHハイキャスト・Vita Craft ソフィアII ストロングマーブル ブルーダイヤモンドコートセラブリッド ドウシシャ evercook スーパー鉄フライパン turk クラシックフライパン 遠藤商事 鉄黒皮厚板フライパン 機種の違いやランキング

今回のお題
焦げ付かずに丈夫なフライパンのおすすめ製品はどれ?

 どもAtlasです。今日はフライパンの比較記事です。ティファール社をはじめとする人気のフライパン各社のモデルを紹介します。

 割と比較しにくい記事ですが、愛用しているT-Falの製品のほか、数年かけてマーブルストーン・セラミック・ダイヤモンドコートなどをそれなりに試用できたため、記事化することにしました。鉄製フライパンも扱います。

 なお、このブログ「モノマニア」では、調理器具・キッチン用品については、以下の記事があります。

1・T-Falのインジニオネオの比較
2・T-Falの鍋の比較
3・各社のフライパンの比較
4・圧力鍋の比較

5・電気圧力鍋の比較
6・ジューサーの比較
7・肉の筋切り器の比較

 今回は2番の記事です。

 各社から販売されているフライパンについて比較してみたいと思います。いつものように、各機種を紹介した後で、最後に、Atlasのおすすめ機種!を提案していきたいと思います。

フライパンの選び方の基本

1・フッ素加工のフライパン
2・セラミック加工のフライパン
3・鉄製のフライパン

 フライパンはを選ぶ場合、はじめに考えるべきは、「フライパンの種類」です。

 材質から、大ざっぱに上記3種類に分けることができます。順番に特長欠点を紹介していきましょう。

ーーー

 

 第1に、フッ素加工(テフロン)のフライパンです。最も普及しているフライパンです。安いものだと1000円程度から、高級品だと1万円近いものもあります。

 材質は、アルミ等の金属をベースに、その上に、フッ素などを多層コーティングしたものです。これにより、フライパンのすべりと耐久力をよくする加工をなしています。油をさほど引かずに料理が可能であり、ダイエット向きです。

 耐久性は、製品によって異なります。とくにコーティングの材質と層の多さが重要で、この点で優れるものは、5年以上保ちます。一方、金属ヘラも使えますが、長く使いたい場合は、プラスチック系が良いでしょう。

 重さは、比較的軽量です。

ーーー

 

 

 第2に、セラミックのフライパンです。最近、やや目立つようになったジャンルです。

 材質は、こちらもアルミ等の金属をベースにしますが、その上に、硬質セラミックやカーボンを塗布して層にした製品です。従来的なフッ素加工のフライパンは、熱伝導率の関係で、お肉など「こんがり、クリスピーに」焼き上げる緒が不得意でした。

 しかし、セラミック加工をなした製品は、その弱点をカバーしています。他方、同じ価格ほどのフッ素加工のフライパンと比較すると、焦げ付きやすく、汚れ落としがやや面倒で、油がある程度必要という難点があります。このため、どちらかといえば「お肉専用」などとして、サブセットとして揃えるのに向いた製品です。

 耐久性は、こちらも製品によって異なります。ただし、コーティングはフッ素加工よりも強靱なので、金属ヘラなどを利用しても相当長く保つでしょう。

 重さは、こちらも比較的軽量です。

  

 第3に、鉄製フライパンです。鉄製フライパンは、「クロウト」に非常に人気があります。

 材質は、もちろん鉄製です。コーティングは基本なされません。そのため、調理には多めの油が必要で、調理後には洗剤を使わず手入れし、さらに手入れの後油を引く必要があります。セラミック製品同様に、熱伝導率が高いフライパンですが、手入れには根気がいります。

 耐久性は、ここまで紹介した製品に比べると長く、大抵が「一生使える」強度です。とくに、鍛鉄成形の一体型の高級モデルは、溶接による継ぎ目が無いので、大事に使えば何世代も保つでしょう。

 重さは、製品によりますが、たいていの場合重めです。 

ーーー

 今回は、これら3種の区分を原則に、フライパンを比較していきます。

T-Falのフッ素加工のフライパン

 最初にT-Falのフッ素加工フライパンの紹介から入りたいと思います。

 同社のラインアップは豊富ですが、代表的な機種は網羅しています。


  

 【20 25 27cm 各サイズ】

 1・T-Fal フライパン ラグーン
  ¥2,700〜 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 

 【20 25 27 29cm 各サイズ】
 2T-Fal フライパン フェアリーローズ
  ¥2,436〜 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 最初に紹介するのは、ティファールの「ラグーン」「フェアリーローズ」です。同社は2016年にラインナップが再構成され、入門機はこの色違いの2機種になりました。名前は違いますが、色以外は同じ機種ですから、同時に紹介します。

 サイズは、20〜29センチまでの展開です。1人暮らしにむく20センチの小型から、一般的な25センチ前後まで、比較的多数と言えるラインナップです。

順位    コーティング 階層
1位 チタンエクセレンス 6
2位 チタンプレミア 6
3位 チタンプロ 6
4位 チタン 5
5位 インテンシウム 6
6位 チタンエクストラ 5
7位 プロメタル 5
8位 インテンサ 4
9位 パワー/ロングライド 4
10位 グライド/Pレジスト 3

 コーティングは、同社のランクでは第9位のパワーグライドコーティングを採用しています。T-Falは、内側のコーティング素材で調理器具にグレードを付けていますが、2016年に発売されたこの機種は、従来のグライドコーティングよりも強いコーティングを採用していますね。ただ、パワーグライドコーティングは4層コートになるため、上位機種に比べると耐久性はイマイチです。

 重さは、標準的な27cmのフライパンで850gです。このサイズだと、1kg前後が家庭用として扱いやすい重さだと言えますが、標準より多少軽めで振りやすい重さだと言えます。

 以上、T-falのラグーンとフェアリーローズの紹介でした。T-falのパンとしては格安ですが、性能面ではイマイチです。フライパンは、鍋に比べても傷つきやすいので、同社の製品から選ぶ場合は、もう少し上位のグレードが良いでしょう。 


 

 【20 25 27 29cm 各サイズ】

 3T-Fal フライパン ハードチタニウム  

  ¥2,336〜 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 続いて最初に紹介するのは、ティファールの「ハードチタニウム」シリーズです。こちらは2015年からの継続販売モデルで、今回のモデルチェンジで、おそらく廃盤になる機種です。

 サイズは、20〜29センチまでの4点の展開です

順位    コーティング 階層
1位 チタンエクセレンス 6
2位 チタンプレミア 6
3位 チタンプロ 6
4位 チタン 5
5位 インテンシウム 6
6位 チタンエクストラ 5
7位 プロメタル 5
8位 インテンサ 4
9位 パワー/ロングライド 4
10位 グライド/Pレジスト 3

 コーティングは、同社4位の5層チタンコーティングをしています。これは、5層コートであり耐久性が下位機種より上がっています。

 重さは、標準的な27cmのフライパンで840gです。頑丈ですが、比較的軽めで振りやすい重さです。

 以上、T-falのハードチタニウムの紹介でした。コーティング面で下位機種よりも優秀ですが、重さは変わらないという優れた製品です。ただ、より上位の新製品機種は、さらに60%ほど耐久力が強いです。価格差もないので、こちらを選ぶメリット性はさほど高くない、と言えます。


 

 【20 25 27 29cm 各サイズ】

 4・T-fal グランブルー・プレミア
 ¥2,054〜 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 

【20 24 26 28cm 各サイズ】

 5・T-fal サンライズ・プレミア
  ¥2,680〜 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 こちらは、ティファール「グランブルー・プレミア」「サンライズ・プレミア」シリーズです。こちらも、2016年の大幅なラインナップの刷新で生まれたモデルです。ちなみにT-Falは60周年だそうで、近年見られなかった、大々的なモデルチェンジが進行されました。

 サイズは、20〜29センチまでの展開です。

順位    コーティング 階層
1位 チタンエクセレンス 6
2位 チタンプレミア 6
3位 チタンプロ 6
4位 チタン 5
5位 インテンシウム 6
6位 チタンエクストラ 5
7位 プロメタル 5
8位 インテンサ 4
9位 パワー/ロングライド 4
10位 グライド/Pレジスト 3

 コーティングは、ランク的には同社2位のチタン・プレミアコーティングをしています。こちらも5層コートです。しかし、本体から1層目のチタンハードベースが厚くすることで、従来よりもコーティングが大幅に強化されています。

 重さは、標準的な27cmのフライパンで880gです。下位機種よりも微妙に重量は増していますが、それでも軽量で振りやすい重さをキープしています。

 以上、「グランブルー・プレミア」「サンライズ・プレミア」シリーズの紹介でした。コーティングのグレードと本体価格のバランスを考えると、格安でも性能が期待できる製品と言えます。同社のフライパンで、耐久性で選ぶならば、この新機種は良い選択肢だと感じます。


 

 【21 24 26 28cm 各サイズ】

 6・T-fal IH カリブ・エクセレンス
  ¥3,554 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 

【21 26 28cm 各サイズ】

 7・T-fal IH ルビー・エクセレンス
  ¥3,240〜 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 こちらは、ティファール「IHカリブエクセレンス」「IHルビーエクセレンス」シリーズです。こちらも新モデルです。

 サイズは、20〜29センチまでの展開です。

順位    コーティング 階層
1位 チタンエクセレンス 6
2位 チタンプレミア 6
3位 チタンプロ 6
4位 チタン 5
5位 インテンシウム 6
6位 チタンエクストラ 5
7位 プロメタル 5
8位 インテンサ 4
9位 パワー/ロングライド 4
10位 グライド/Pレジスト 3

 コーティングは、名前から想像できますが、こちらは同社1位のチタン・エクセレンスコーティングをしています。こちらもは、6層コートです。トップコートにチタン粒子を混ぜることで、下位機種よりもコーティングがさらに強化されています。また、こちらは、外装についてもフッ素コーティングがなされるため、手入れがしやすいです。

 重さは、こちらは、26センチのフライパンで1080gとほどほどの重さです。下位機種よりも重量があるのは、ガス以外にIH調理器にも対応できる機種だからです。IH対応機種の場合、底面のコートが、ガスの場合よりも厚いため重さが増えるので、下位機種よりも重いわけです。

 ただ、これは一概に短所ともいえず、底面がステンレス素材で蓄熱性は高くなるため、フライパンで簡易的に煮込む場合などにはかえって有利でしょう。重くないフライパンは振れないという方もいますし、例えば、26センチの鉄製のフライパンは1.4kgほどあることをふまえれても、こちらが極度に重いわけでもありません。

 以上、「IHカリブエクセレンス」「IHルビーエクセレンス」の紹介でした。耐久性を最も重視して考える場合、こちらのモデルが、フッ素加工では「最強に頑丈」と言って良いでしょう。ある程度高くても、耐久性のあるフライパンを使いたい方はこの機種がオススメです。

 ーーー

  

 【20 24 26 28cm 各サイズ】

 8・IH・ホームシェフ・エクセレンス
  ¥5,980〜 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 なお、同じく、最高グレードのチタン・エクセレンスコーティングを採用するIH・ホームシェフ・エクセレンスが登場しています。

 こちらの場合、取っ手のグレードが高い点と、底面の素材の変更で、IH用兼用としては熱の周りが速いのが利点ですが、その分、多少高く、重さも26センチモデルで1200gと重量が多少あります。

ーーーー

 

 なお、ティファールのフライパンでも、人気の「取っ手が取れる」インジニオ・ネオシリーズについては、かなり数があるため、別記事としています。申し訳ありませんが、【インジニオ・ネオの比較記事】をご参照ください。

他社のフッ素系フライパン

 続いて、T-Fal以外のメーカーのフッ素加工の人気フライパンを見ていきたいと思います。


  

 【24cm 3点セット】

 9・フレーバーストーン グランド 4点セット
  ¥12,980 Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

   
 9・フレーバーストーン グランド 4点セット
  ¥14,940 Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

 フレーバーストーンは、無油調理ができるフライパンとして、TV通販を通して有名になったフライパンです。

 サイズは、フライパンの単品販売がない(あっても高い)のですが、いずれも24センチフライパンディープパンキャセロールパンガラス蓋が4点セットになっています。

 コーティングは、特長のある外観ですが、スーパーストーンコーティングというオリジナルのコートがなされます。詳しい説明はありませんが、外面素材になにかしらの石材・鉱物を含有させることで、滑りやすくしています。試しましたが、卵を焼く際など、T-Falの上位機種とほぼ同じほど「すべり」ました。

 素材が違うので、明確な比較は難しいですが、こちらもT-Falの「IHカリブエクセレンス」と同じ6層コートで、耐久性も高いです。

 重さは、24センチのソテーパンで900gで、その他の製品もほぼ1000g前後です。標準的で扱いやすい重さですね。IHにも、ガスにも対応する機種としては、比較的軽めとも言えます。

 以上、フレーバーストーンの紹介でした。セットモデルしか無い点と、独特なモダンなデザインは人を選びますが、セットで揃えることを考えるならば、こちらを選ぶ手もあるでしょう。


  

 【18 20 22 23 25 28 30cm各サイズ】

 10・北陸アルミ センレンキャスト ガス専用
  ¥2,818 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)   

 

 【18 20 22 23 25 28 30cm各サイズ】

 11・北陸アルミ IHハイキャスト IH対応
  ¥3,125〜Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

 センレンキャストは、北陸アルミのフライパンです。木製とってのガス専用と、プラスチックとってのIHコンロ対応モデルの2種類があります。

 サイズは、小型だと18センチ、大型だと30センチと選択肢の幅が広いです。いくつかセットで揃えると便利でしょう。

 コーティングは、表面素材にセラミックを配合しています。しかし、特性としては、「こびり付かない」フッ素加工のフライパンです。ただ、コーティングについては、4層コーティングと物足りない感じです。表面の剛性はある程度ありそうですが、全体的なテフロンの耐性は、T-Falの上位機種には劣ると思います。

 重さは、こちらは、ガス専用の26インチのフライパンが620gで、IH用が1.07kgとなります。いずれも僅かですが、T-Falよりも軽いです。これは、本体にマグネシウム合金を入れているからです。剛性については、ホーローの調理器具ように鋳造加工ですので、熱変形は少なそうです。

 以上、センレンキャストハイキャストの紹介でした。サイズを柔軟に選べるのが魅力と言えそうです。外面は、白系のミラー仕上げです。色目的にシンプルでスッキリしていて良いです。ただ、この手の加工のフライパンは、経年変化で外装が汚れてくるので、それを「味」と思えるかが、選ぶ際のポイントの一つでしょう。



  

【20 22 23 26 28cm各サイズ】

 12・Vita Craft ソフィアII フライパン
  ¥3,345〜Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

 ビタクラフトは、アメリカの調理器具メーカーです。同社の人気フライパンがこのソフィア2です。歴史あるシリーズですが、同社の(テフロンではないパン)を留学時代に使っていたのを思い出します。

 サイズは、20センチから28センチと幅はさほどありませんが、実用的なサイズがラインナップされます。

 コーティングは、4層コートとさほど重要視されていません。トップコートは、ナヴァロン3というフッ素コート素材ですがこれについては、情報がありません。ビタクラフトは米国ではフッ素加工のパンは出していないので、日本に特化したものだと思います。

 重さは、26センチで974gと、IH対応モデルとしては軽量な部類ですね。適度な重量感で振りやすいでしょう。

 以上、ビタクラフトの紹介でした。ブランド調理器具の日本仕様の製品ですが、外面は、鏡面素材を使っておりスタイリッシュです。ただ、こちらについては、経年変化で「焼け」で汚れてくるため、それを我慢できるかが、ポイントの1つです。


 

【20・24・26・28cm各サイズ】

 13・パール金属 軽いねストロングマーブル ガス用
  ¥1,379〜Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

 続いて、パール金属ストロングマーブルです。ストロングマーブルは、10年以上前Atlasも使っており、一度このブログの記事で触れたこともあったと思います。

 サイズは、20センチから28センチと、他機種に較べると整理されています。

 コーティングは、内面4層コートと多少物足りないです。しかし、同じ素材の外装も3層コートしている点がこの機種の「売り」です。外面の美観を重視する方は、こびり付かなくて良いフライパンでしょう。

 コーティングの仕組みは、フレーバーストーンと似ていますが、大理石(マーブル)を含有させて、フライパンの耐久性と、滑りやすさを高める仕組みです。やはり、フライパンのすべりはよいのですが、耐久性はイマイチで、Atlasの場合、数年でコートが剥がれました。ただ、外装はほとんど気になる汚れが付かなかったため、フライパン全体の美観を重視したい場合は、オススメできます。

 重さも、ガス専用ですが、26センチのフライパンで630gと、北陸アルミのセンレンキャストに次ぐ軽量さです。 

 以上、ストロングマーブルの紹介でした。比較的格安ですが、外装の汚れが目立たないので、よごれが目立たないのがメリットです。ただ、全体の高級感はさほどないため、あくまで実用性重視のフライパンですね。


 

 【20・24・26・28cm各サイズ】

 14・パール金属 ダイヤモンドコート3層 ガス用
  ¥1,965〜 Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

 

【20・26・28cm各サイズ】
 15・パール金属 ダイヤモンドコート3層 IH用
  ¥1,980〜Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

 こちらは、パール金属ブルーダイヤモンドコートのフライパンです。ガス用IH兼用が用意されます。

 サイズは、20センチから28センチと、整理されています。

 コーティングは、ここまで見た中では、最も層が少ない3層コートです。ただ、ベースコートにダイヤモンド粒子を配合することで強度を増しています。堅牢性があるため、「金属へらも使える」とのことですが、フッ素系には間違いないので、大事にしたい場合は、プラスチック系でまとめたほうが無難だと思います。

 重さは、26センチのフライパンで、ガスモデルが520g、IH兼用は705g程と、フライパンとしては軽量重視な設計です。

 以上、パール金属ブルーダイヤモンドコートの紹介でした。プラスチックへらを利用する分には堅牢性は確保されるでしょう。ただ、やはり層が少ないため、他機種よりも明確に頑丈とは言いがたい部分もあります。


  

【20・22・24・26・28・30cm各サイズ】

 16・ エバークックガス火専用フライパン
 
 ¥2,581〜Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 17・ エバークックIH兼用フライパン  
 
 ¥2,533〜Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 こちらは、ドウシシャのevercookシリーズのフライパンです。ガス火専用モデルIH兼用モデルが用意されています。なお、同社は商社で、金属加工を専門とする業者ではないので、外部の工場で作った製品ですが、フッ素加工に1年保証を付けるなど、ユーザーの利便性への配慮があります。

 サイズは、20センチから30センチまで、比較的多数のラインナップがあります。数が多いので選びやすいです。

 コーティングは、アルミ層にアルマイトコーティングを施した上で、フッ素を2層コート吹き付けた構造です。2層コートが削られた後も、アルマイトコーティングでアルミ層が腐食しにくく「こびり付きにく長持ち」というのが「売り」です。また、圧着にハニカム構造を採用することでコートが剥がれにくいという特徴もあります。

 ただ、フッ素が剥げた際の、滑りやすさは明らかに低下しますので、当初の滑りやすさのままで、長く使えるというコンセプトでは必ずしもありません。また、中身は頑丈でもコートは2層なので、すべりの「落ち」は比較的早いです。なお、性質上、耐熱性もT-falの上位機ほどは高くなく、強火によるハゲの場合は1年保証の適応外です。

 重さは、ガス火用の26センチのフライパンで約600g、IH兼用で800gです。ガス火用はとくに軽量性の面で優秀だと思います。

 以上、ドウシシャエバークックシリーズの紹介でした。特にガス火用は、軽量で価格も安く、耐久性を重視する場合は良い選択肢です。ただ、内面に独特の傾斜があるなど、形状が多少特殊な製品なので、購入する前にその部分はチェックした方が良いと思います。

 なお、ネットでの評価が二分される傾向にあるのは、「購入当初のすべりの維持期間」を評価する場合と、「使用に耐えるすべりの維持期間」を評価する場合の差でしょう。Atlasの場合も、それを感じました。

セラミック加工のフライパンの比較

 つづいて、セラミック加工加工のフライパンを比較します。


  

【19 27cm 各サイズ】

 18・T-fal セラミックコントロール グリーン
  ¥2,346〜 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 

【21 26cm 各サイズ】

 19・T-fal IH セラミックコントロール イエロー
  ¥3,509 Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

 こちらは、ティファールのガス専用「セラミッコントロール」と、IH&ガス兼用の「IHセラミックコントロール」シリーズです。

 サイズは、あまり選択肢がないのですが、19〜27センチの展開です。

 コーティングは、先ほど紹介したT-fal製品とは、一線を画します。というのも、内面がフッ素加工ではなく、2層のセラミック加工だからです。セラミックのフライパンは、フッ素のものと比べると、焦げ付きやすく、汚れ落としが面倒で、油がある程度必要という難点があります。

 その一方で、熱伝導性が良いため、卵焼き・お肉・餃子など外側をカリッと焼きたい場合に適します。ただ、お手入れという面では、フッ素に比べてたいへんなので、さほど一般的ではありません。

 重さは、26センチのモデルで1050gですので、IHカリブエクセレンスとほぼ同等で、標準的です。

 以上、「セラミッコントロール」の紹介でした。特殊なフライパンですが、例えば朝ご飯でベーコンなどを「カリッと」クリスピーに焼きたい場合など、メインではないフライパンとして1つ備えるには便利な製品だと思います。


  

 【20・22・24・26・28cm各サイズ】

 20・ 京セラ セラブリッドフライパン
 
 ¥2,589〜Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 こちらは、京セラのセラブリッドフライパンです。外装はセラミックで、T-falの「セラミッコントロール」のライバルと言える製品です。

 したがって特徴も似ており、焦げ付きやすく、汚れ落としが面倒で、油がある程度必要という難点がある一方、カリッとしたクリスピーな仕上がりを期待できる点、フッ素に比べて贋造で長寿命な点で利点があります。

 サイズは、20センチから28センチまで4段階で選べますね。

 コーティングは、アルミ層とセラミック層をつけた2層コートですが、セラミックパンの場合は、頑丈なので、この部分のスペックはさほど気にする必要はないでしょう。

 重さは、26センチのフライパンで約850gですので、セラミックパンとしてはT-falより軽量だと言えます。また、こちらは、ガスでもIHでも利用できる仕様です。

 以上、京セラのセラブリッドフライパンの紹介でした。外装が白で、いかにも「セラミックパン」という感じの製品です。クリスピーな仕上がりに期待するならば、1つ持っていても良いでしょう。ただ、デザインは、調理器具としてはかなり簡素なので、台所映えするかといえば微妙な所ですね。

鉄製のフライパンの選び方

 つづいて、鉄製のフライパンを数点紹介します。


 

【16-45cm各サイズ】

 21・遠藤商事 鉄黒皮厚板フライパン
 
 ¥1,591〜Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 鉄黒皮厚板フライパンは、鉄製のフライパンとしては最も売れている製品です。

 サイズは、16センチから2センチごとに45センチまでラインナップされます。選択肢の幅は広いと言えます。

 コーティングは、鉄製なのでなされません。ただ、表面に透明シリコン焼付塗装がなされています。この類の鉄製フライパンの場合、最初に「から焼き(焼き込み)」せずに、「普通の油を使った料理で徐々に育てられる」ので手軽です。

 ただし、鉄製フライパンですので、油は多めに利用する必要があり、ダイエット向きではありません。また、油がなじめば、焦げ付きにくくなっていきますが、そのレベルまでには数年の我慢が必要です。とはいえ、熱伝導率は高いですし、手早くお肉を焼くなどには良いフライパンではあります。

 重さは、しかしながら、26センチのフライパンで約1330gと非常に重いです。これは歳を取ってくると割とネックです。

 耐久性は、「取って部分も金属」なので、過失で駄目にする危険性は少ないです。ただし、取って部分と本体とは、金属ボトルでつなげるている構造ですので、相当長期間保つかといわれると微妙です。

 以上、鉄黒皮厚板フライパンの紹介でした。利便性の面では高性能パンには敵いません。「育てる楽しみ」を味わいたい方にはおすすめできますが、その場合、取ってとの接合部分の強度は、この製品のネックでしょう。


 

【16-34cm各サイズ】

  22・turk(ターク) クラシックフライパン
   ¥8,480〜Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 クラシックフライパンは、ドイツのタークが販売する鉄製のフライパンです。

 サイズは、16センチから34センチまでとこちらも広い品揃えがあります。

 コーティングは、鉄製なのでなされません。買ったら、最初に「から焼き(焼き込み)」して保護膜を作り、使用後は洗剤で洗わずに、油をフライパンに染みこませて「育てる」フライパンです。

 重さは、26センチのフライパンで約1700gとさらに重いです。これは、鍛鉄製だからです。

 耐久性は、「最強クラス」です。というのも、この製品は、取っ手を含め1枚の鉄板を叩いて鍛造したものだからです。溶接がなされないため、強度が担保されます。また、外観もフライパンとして美しいです。

 以上、クラシックフライパンの紹介でした。フライパンを育てるならば、頑丈度が高いこのクラスが良いでしょう。重くて使い安いとは言えない製品ですが、16cmの小型モデルならば800g程度です。「朝ご飯の目玉焼き専用」として育てるなどならば、意外と続きそうです。


 

  【20-33cm各サイズ】

  23・ビタクラフト スーパー 鉄 フライパン
   ¥7,618〜Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 スーパー鉄フライパンは、ビタクラフトが販売する鉄製フライパンの上級モデルです

 サイズは、20センチから44センチまでとなります。なお、大きなサイズはウォックパンの形になります。

 コーティングは、なされません。ただ、こちらは特殊熱処理「窒化4層加工」がなされており、鉄製フライパンとして「錆びにくい」上、凹凸があるため、油がなじみやすい構造でもあります。表面処理していない点で、から焼きをする必要がない点では鉄黒皮厚板フライパンと同じです。さらに、凹凸構造があるため、使用後の油引きも不要で、入門者用が「手軽に育てるフライパン」としては相当手軽でしょう。

 重さは、26センチのフライパンで約960gです。鉄製フライパンとしては軽量級です。

 耐久性は、一方、取ってと本体が一体成形ではないため、「子々孫々まで使えそうな」タークのフライパンほど徹底して頑丈ではありません。ただ、現品をみると溶接部分はしっかりしているため、おそらく数十年はびくともしないでしょう。

 以上、スーパー鉄フライパンの紹介でした。鉄製フライパンが欲しいけど、「できるだけ使いやすいものが欲しい」という方はこちらでしょう。重さも割と軽量なので、26インチほどの常用タイプならば、こちらが良いと思います。

今回の結論
焦げ付かず丈夫なフライパンのおすすめはこの機種!

 というわけで、今日はフライパンの比較記事でした。13種類を紹介しましたが、最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案してきたいと思います。

 なお、適切なフライパンのサイズですが、基本的に26cm前後を選ぶのが標準的です。20センチ前後のものは、1人暮らしやダイエット中で意識的に少量炊飯したい人や、目玉焼きなどの朝食特化用にオススメです。


 第1に、ガス用に使う場合で、ある程度軽量のフライパンを探している方に、おすすめなのは、

 

 4・グランブルー・プレミア【20cm】
  ¥2,054 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 4・グランブルー・プレミア【25cm】
  ¥2,304 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 4・グランブルー・プレミア【27cm】
  ¥3,690 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 4・グランブルー・プレミア【29cm】
  ¥2,900 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 

 5・サンライズ・プレミア 【20cm】
  ¥2,680 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 5・サンライズ・プレミア【24cm】
  ¥2,854 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 5・サンライズ・プレミア【26cm】
  ¥3,109 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 5・サンライズ・プレミア【28cm 】
  ¥3,363 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 T-Falのグランブルー・プレミアかサンライズ・プレミアが良いと思います。上位にIH専用モデルで、6層コーティングのモデルがありますが、フライパンの重さが26センチのものでこちらが約730gなのに対して、上位機種は1100gとほどほどの重さになりますので。

 T-Fal60周年として出た新しい5層コーティング(チタンプレミア)を利用しており、耐久性はかなり高いと思います。表面素材も良く、フレーバーストーンのような「つるっと滑る」間隔を味わえると思います。


 第2に、IH用に使う場合、ないし、ある程度の重さのフライパンが欲しい場合は、

 

 6・IH カリブ・エクセレンス  【21cm】
  ¥2,887 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 6・IH カリブ・エクセレンス  【24cm】
  ¥3,418 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 6・IH カリブ・エクセレンス  【26cm】
  ¥3,554 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 6・IH カリブ・エクセレンス  【28cm】
  ¥4,378 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 
 7・IH ルビー・エクセレンス  【21cm】
  ¥2,611 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 7・IH ルビー・エクセレンス  【26cm 】
  ¥3,240 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)
 7・IH ルビー・エクセレンス  【28cm】
  ¥3,809 Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 ティファールの「IHカリブエクセレンス」「IHルビーエクセレンス」が良いでしょう。フライパンの重さが26センチのフライパンで1100gと標準的にあるため、今まで軽量パンを使わなかった人でも違和感なく使えると思います

 コーティングも、同社最高クラスの6層コートです。こちらも、下位機種と同じく、油をかなり控えめで調理ができる点でヘルシーです。多少高価ですが、その分、耐久性も期待できるので、長く大事に使いたい場合にはおすすめです。


 第3に、複数のフライパンをセットで揃えようと考えている方には、

  

 【24cm 3点セット】

 9・フレーバーストーン グランド 4点セット
  ¥12,980 Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

   
 9・フレーバーストーン グランド 4点セット
  ¥14,940 Amazon.co.jp (10/15執筆時)   

 フレーバーストーンのセットがオススメです。こちらも、すべりが良いフライパンで、耐久性もあるため、長く使えると思います。単品販売してくれれば、より良いのですが。

 201603111644.jpg

 なお、T-Falの別ラインになりますが、セット販売のモデルが複数あります。それらについては、【T-Falの取ってのとれるフライパンを紹介したこちら】で、鍋などと一緒に紹介しています。そちらも、興味があればぜひご覧ください。


 第4に、朝ご飯のベーコン焼きや、肉料理などに使うセラミックパンを探している方には

  

【19 27cm 各サイズ】

 18・T-fal セラミックコントロール グリーン
  ¥2,346〜 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 

【21 26cm 各サイズ】

 19・T-fal IH セラミックコントロール イエロー
  ¥3,509 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 ティファールのガス専用「セラミッコントロール」か、IH&ガス兼用の「IHセラミックコントロール」シリーズが良いでしょう。

 1つしかフライパンを持たない方にはおすすめできませんが、複数のフライパンを所有し、とくに、卵焼き・ベーコン・お肉・餃子など外側をカリッと焼きたい場合に、こちらを持っていると便利でしょう。朝専用ならば、とくに、小さめの方が利便性が高そうです。


 第5に、「自分のフライパン」を育てることに関心のある方におすすめできる製品は、

 

  【20-33cm各サイズ】

  23・ビタクラフト スーパー 鉄 フライパン
   ¥7,618〜Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 ビタクラフトが販売するスーパー鉄フライパンでしょう。

 鉄製フライパンを育てる場合、通常「洗剤を使わない洗浄」「油引きが毎回必要」など、たいへんな手間がかかります。しかし、この製品は、「窒化4層加工」により、油なじみするまでのこうした難点を克服している点が魅力です。

 重量も相当に軽量で点も、「現代における鉄製フライパンの再提案」とも言えそうです。全製品をこのブランドで統一するのはおすすめしませんが、例えば、26インチの常用フライパンだけをこれにするのは「あり」でしょう。

ーーー

 

【16-34cm各サイズ】

  22・turk(ターク) クラシックフライパン
   ¥8,480〜Amazon.co.jp  (10/15執筆時)

 ただし、「子々孫々」まで使えるような「お家の家宝としてフライパン」を育成したい場合は、鍛造のタークが良いでしょう。堅牢性はこの上ないですから。多少重いので、例えば16センチや18センチのモデルにして、「朝食専用」などとしたら「おしゃれ」でしょうか。

ーーーー

 以上、今回は、フライパンを紹介しました。

 

 なお、セット商品として考えられている方、「取っ手が取れる」T-falのインジニオ・ネオシリーズについての記事もあます。その場合、【インジニオ・ネオの比較記事】をご参照ください。

 また、最後になりますが、もし今回の記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければありがたく思います。

posted by Atlas at 14:33 | Comment(0) | キッチン用品

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png