比較2019' ブラウンの回転式電動歯ブラシ25機の性能とおすすめ・選び方:Oral-B

2019年03月27日

比較2019' ブラウンの回転式電動歯ブラシ25機の性能とおすすめ・選び方:Oral-B

【今回レビューする製品】2019年 新製品のブラウン「オーラルB」回転式電動歯ブラシの性能とおすすめ・選び方:他社機との違いやグレード・交換用ブラシの情報

【紹介する製品型番】Braun oral-B ジーニアス 9000 D7015256XCTBK D7015156CWH D7015356XCTBK D7015256XCTWH スマート7 7000 D7005245XP スマート5 5000 D6015255XP スマート4 4000 D6015253P PRO500 D165231UAWN PRO2 2000 D5015132XBKN D5015132XPKN PRO3000 D215354M ジーニアス 10000 D7015266XCMBK D7015266XCMK D7015256CTBK

今回のお題
ブラウンの回転式歯ブラシのおすすめはどの製品?

 どもAtlasです。

 今日は、2019年3月現在、最新のブラウン電動歯ブラシ(オーラルB)の比較です。

 201809121441.jpg

 世界で唯一「回転式ハブラシ」を出している、ドイツのブラウンの電動歯ブラシを「全機種」紹介します。

 以下では、はじめに、一般的な音波式電動歯ブラシと回転式の電動歯ブラシとの違いを解説します。その後、ブラウンのオーラルBシリーズ各機種を比較していきたいと思います。

 201809121442.jpg

 また、記事の最後では、いつものように、「結論」として、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

ーーー

1・ブラウン電動歯ブラシ
2・フィリップスの電動歯ブラシ
3・パナソニックの電動歯ブラシ

4・オムロンの電動歯ブラシ  
5・おすすめの電動ハブラシ 【結論】

  なお、今回の記事は、このブログ「モノマニア」の電動ハブラシに関する比較記事の第1回目の記事として書きました。

1・ブラウンの回転式歯ブラシの特長

 201805161835.jpg

 現在の電動歯ブラシ市場をみると、音波式では日本のパナソニック・オムロンオランダのフィリップスが、回転式は、ドイツのブラウンが、市場を寡占しています。

 index.jpeg

 「回転式ハブラシ」は、ブラウンの独壇場です。

 回転式歯ブラシとは、簡単に言えば、小型モーターでブラシ部分がぐるぐる回って歯磨きしていく方式の電動歯ブラシです。


 回転式歯ブラシのメリットは、次の2つがあげられます。

1・歯を磨いた後の爽快感

 201805172023.jpg

 第1に、使用後の爽快感・達成感を得やすい点です。

 音波振動式歯ブラシは、歯に当てているだけなので、「磨いている感」があまりありません

 回転式は、通常の手でのブラッシングと同じで歯や歯ぐきに一定の刺激があります。そのため、普通の歯ブラシのように「磨いている感」が強いといえる製品です。

2・小口径のブラシの採用

 201805172025.jpg

 第2に、ブラシが小型である点です。

 とくに、日本人は基本的に口が小さめで、歯間の隙間も多いと言われます。

 その点で、ブラウンは「丸形で小型」で、日本人に向いた仕様です。歯間についても、歯間ワイパー(写真で黄色の部分)で掻き出すような構造です。こうした点で「日本人の歯にもマッチした方式」と言えます。


 回転式ハブラシのデメリットは、次の2つがあげられます。

1・歯ぐきケアへの対応力

 201809121429.jpg

 第1に、そのパワーゆえに歯茎を痛めやすい傾向にある点です。

 ただし、ブラウンもこの点はケアしています。例えば、上位機種には精度の高い「加圧コントローラー」がついており、歯に押しつけすぎると、自動的に回転を落とす構造になっています。Atlasも使っていますが、歯ぐきにダメージを与えたことはありません。

 つまり、こうした部分のケアを重視したい場合は、ブラウンの上位機種か、他社の音波振動式を選ぶと良いでしょう。

2・歯磨き粉の飛び散り

  201805172026.jpg

 第2に、歯磨き粉が飛び散りやすい点です。

 回転する構造であるため、これはある程度仕方ないです。

 例えば、前歯のホワイトニングを「鏡を見ながら」しようとすると、飛沫がやや飛びます。ブラウンは、常に口を閉じて使うのが基本です。

 ただ、こちらについても、歯磨き粉を電動歯ブラシに最適なもの にすると、ある程度ケアできます。

ーーー

 201805161835.jpg

 以上、ブラウンの回転式歯ブラシの特性の紹介でした。

 結論的にいえば、歯間などの隙間磨きの精度や、ホワイトニングの部分を除き、一般的な歯の清掃についていえば、全体の清掃力・清掃スピードは他社を圧倒します。

 実際、同じ時間を使って磨いた場合、最も除去力があるのは「回転式」であることは疑いのないことでしょう。

 この点でいえば、ブラウンは、電動ハブラシでは唯一、世界的な第三者機関調査による効果の検証結果が出ています。

 具体的には、価値中立的な機関調査で有名なイギリスの「コクラン共同計画」が、無作為比較試験により、「回転振動型の電動歯ブラシだけが唯一、一貫して、手用歯ブラシよりも歯垢などを減少させる」と性能を評価しました。

 201505131500.jpg  

 なお、2015年から、ブラウンはこの回転に加えて、他社の音波歯ブラシのように上下振動する機能も搭載しました。そのため、正確には、「振動回転式歯ブラシ」と言うべきかもしれません。

2・オーラルBシリーズの比較

 201805161847.jpg

 というわけで、ブラウンのオーラルBシリーズを比較していきます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  201809121404.jpg

 【2018年8月発売】

 1・PRO500 D165231UAWN
  ¥6,080 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 8800回/分
押しつけ防止センサー なし
加圧コントローラー なし
ホワイトニング機能 なし
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 なし

 オーラルB PRO500は、オーラルBシリーズの入門機です。

 201805172214.jpg

 歯ブラシの回転数は、毎分8800回転で、上下の振動数は、毎分20000回になります。

 入門機としては十分な数値です。

 201805172030.jpg

 付属する歯ブラシは、最も一般的なマルチアクションブラシ1本のほか、歯面の汚れ除去の為に中心にシリコンゴムが付属するホワイトニングブラシが1本付属します。

 なお、ブラウンの場合、スペアを買い足せば、替えブラシはどのモデルでも利用可能です。

 201809121403.jpg

 モードの選択は、通常のブラッシング(クリーンモード)だけです。

 このあたりは「価格的な限界」ですね。

 また、ノーマルモードで磨く際にも、上位機種に搭載される、押しつけすぎの場合に回転数を落とす押しつけ防止センサーが無いです(加圧ストッパーのみ)。

 そのため、優しく磨きたいかたは、このグレードは向きません、 

 201805172032.jpg

 このほか、このグレードでも、2分間タイマーが付属します。

 これは、電動歯ブラシによるブラッシングの「推奨時間」である2分間の経過を振動で教えてくれる機能です。また、30秒ごとに歯ブラシの回転が止まることで、時間経過が分かるようになっています。

 「30秒ごと」というのは、上下左右の歯を4分割して考えて、それぞれ30秒づつ偏らずに磨こう!ということです。単純な機能に思えますが、これは、磨き残しのないブラッシングに効果的な機能で、歯医者さんも推奨しています。

 以上、オーラルB PRO500の紹介でした。入門用としてかなり安い買える機種です。ただ、回転数などが非力で、押しつけ防止センサーが無いなど、強力な回転式としては、やや不安な部分もあります。

ーーー

  201805172208.jpg

 2・オーラルB すみずみクリーンEX D12013AE
  ¥2,003 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 3・オーラルB すみずみクリーンやわらか D12013TE
  ¥1,824 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 7600回/分
押しつけ防止センサー なし
加圧コントローラー なし
ホワイトニング機能 なし
2分間タイマー なし
スマホ対応 なし

 なお、オーラルB は、最も安い下位シリーズとして、「すみずみクリーン」というモデルがあります。

 ただ、回転数はさらに低い7600回/分であるほか、加圧センサーはもちろん、2分間タイマーも付属しません

 いずれにしても、選ばない方が良いでしょう。


  201805172046.jpg

 【2017年11月発売】

 4・PRO2 2000 D5015132XBK【黒】
 4・PRO2 2000 D5015132XPK【ピンク】
  ¥7,980 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 【2017年11月発売】【アマゾン限定色

 5・PRO2 2000 D5015132WH【白】
  ¥7,480 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 【2018年11月発売】【ケース付】

 6・PRO2 2000 D5015132XBKN 【黒】
 7・PRO2 2000 D5015132XPKN 【ピンク】
  ¥9,100 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 9900回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 なし
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 なし

 Oral-B PRO2 2000シリーズは、ブラウンが2017年に発売した新しい回転式歯ブラシです。

 以前売られていたPro1000シリーズの後継機となります。

 なお、こちらについては、2018年11月に新型番が登場していますが、簡易的なケースが付属するだけで仕様は同様です。選ぶならば(価格の下落した)旧機種でしょう。

 歯ブラシの回転数は、毎分9900回転と下位機種より多いです。

 その上で、上下の振動数は、下位機種よりも倍の毎分40000回になります。

 上下振動の強化により、歯間のゴミの除去力は格段に上がっており、この点では除去力は下位機種より明確に高いです。

  201805172106.jpg

  付属する歯ブラシは、一般的なやわらか極細毛ブラシ1本のみです。ただ、ブラシは、後から購入すれば、どの機種のものでも利用可能です。

 モードの選択は、通常のブラッシング(クリーンモード)と、やわらかクリーンモードが選べます。後者は、回転などが弱めで、歯ぐきのケアなどに最適なモードです。

 201805172041.jpg

 加圧コントローラーは、ブラウンの場合、このグレードから搭載です。

 歯に押しつける圧力に応じて回転速度を段階的に軽減する機能が付属します。回転式ブラシは強力なので、歯茎のダメージをより軽減できるでしょう。

 それでも、歯に押しつけると歯茎に傷をつけることがあります。その場合も、押しつけ防止センサーが、過度に押しつけると、赤いランプで教えてくれます。歯みがきは鏡を見ながらするものなので、すぐ気付きます。

---

 以上、PRO2000シリーズの歯ブラシの紹介でした。

 強力な回転式ですが、加圧コントロール機能と押しつけ防止センサーが搭載されるため、ある程度安心して利用できる機種です。また、やわらかクリーンモードを搭載する点も、魅力と言えます。

3・ブラウンのスマートシリーズの比較

 201805172059.jpg

 続いて、ブラウンのオーラルBの中位機となる「スマートシリーズ」を紹介します。


  201809121407.jpg

 【2017年11月発売】

 8・スマート4 4000 D6015253P
  ¥8,400 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 9900回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載

 オーラルB スマート4 4000 は、同社の中級電動歯ブラシです。2017年11月に発売されたモデルです。

 歯ブラシの回転数は、回転数(9900回転)と音波振動数(45000回)です。先ほど紹介した、同日発売の下位シリーズのPRO2 2000と同じです。

 201805172110.jpg

 付属する歯ブラシは、最も一般的なマルチアクションブラシと、スキマ磨きが得意なやわらか極細毛ブラシの2本組です。普通の堅さのブラシと、やわらかめが同時に試せるようになっています。

 モードの選択は、通常のブラッシングのほか、やわらかクリーンモード・ホワイトニングモードの3種類です。

 あまり数が多すぎても替えって切替が面倒なので、これほどに整理されているのは好感が持てます。

 201805172054.jpg

 ホワイトニング機能は、下位機種にもありましたが、ステイン除去を効果的にしてくれる機能です。

 後ほど紹介する、シリコンゴムが中心に搭載するステイン除去ブラシを購入し、ホワイトニングモードでのブラッシングをすれば、かなり効果的な「ステイン対策」となります。

 その他、加圧コントローラー・2分間タイマーなど下位機種に搭載される機能が、この機種は、網羅的に搭載されます。

 201502101940.jpg

  Oral-B App【iOS端末用】
  ¥無料 ITunesアプリ 

  Oral-B App【Android端末用】
  ¥無料 Google Play 

 また、こちらのモデルは、Bluetoothでスマホとリンクでき、スマホ(iOS/Android)向け歯磨きアプリが使えます

  2分間タイマー機能はもちろん、ブラッシングモードの順番をカスタマイズできたり、日々のブラッシング回数などの履歴が確認できます。

 歯磨き習慣の分析ができるのでライフロガーにオススメしたい製品ですね。

---

 以上、オーラルB スマート4 4000 の紹介でした。

 3つのブラッシングモードと、スマホとの連動機能が「売り」の機種です。スマホと連動させつつ、効果的に使える点で、1万円前後の製品ではオススメできる機種の1つです。

 ただ、現状では次に紹介する上位機のスマート5 5000のほうが安いので、選ぶならばそちらでしょう。


  201809121411.jpg

 【2017年11月発売】

 9・スマート5 5000 D6015255XP
  ¥11,173 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 10,500回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載

 オーラルB スマート5 5000 は、先ほどの製品の上位機種です。こちらも、2017年11月に発売されたモデルです。

 歯ブラシの回転数は、新しいモーターを搭載したため、回転数(10,500回転)と音波振動数(48000回)です。

 回転数は下位機種よりも上がっており、同社の最高水準です。

 201805172110.jpg

 付属する歯ブラシは、下位機種と同じ構成です。最も一般的なマルチアクションブラシやわらか極細毛ブラシの2本組です。

 普通の堅さのブラシとやわらかめが同時に試せるようになっています。

 モードの選択は、通常のブラッシングやわらかクリーンモード・ホワイトニングモードと下位機種と同じものは網羅します。

 その上で、歯ぐきケアモードプロクリーニングモードが搭載されます。

 プロクリーニングモードは、回転数をMAXにすることで、歯ぐきの際の掃除まで2分間でこなそうとするある種の「時短」モードです。歯垢除去力の向上が期待できます。

 201805172118.jpg

 その他、加圧コントローラー・2分間タイマー・スマホ対応などは、下位機種と同等です。

---

 以上、オーラルB スマート5 5000 の紹介でした。

 下位機種とさほど価格差がない製品です。回転数を増やしての「プロクリーニングモード」をどう評価するかがポイントです。

 ただ、価格差がすでにない状況ですし、新モードについても歯垢除去力の向上は期待できるので、現状では費用対効果の面で「オススメ」なモデルです。


  201809121413.jpg

 【2017年11月発売】

 10・スマート7 7000 D7005245XP
  ¥13,968 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 10,500回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載

 オーラルBスマート7 7000は、ブラウンのハイグレードモデルです。

 ただこちらについては、オーラルB スマート5 5000機能は同じです。

 相違点は、次の2つの「見映え」の部分だけです。

 201805172122.jpg

 第1に、本体のデザインの改良です。

 押しつけ防止センサーのライトの視認性がアップしました。

 201805172123.jpg

 第2に、トラベルケースのデザインの改良です。

 金属製のハードケースになりました。

 目立った機能上の差異はないので、こうした点をふまえると、あまり選ぶメリット性はないでしょう。


 201805172130.jpg

 【2015年】

 11・プラチナブラック7000 D365356X
  ¥16,800 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 12・プラチナホワイト7000 D365356WH
  ¥10,349 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 8800回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載

 オーラルBプラチナブラック 7000プラチナホワイト7000は、1世代旧型のハイグレード機です。

 旧型とはいえ「上位機」であり、グリップの品質を含めて、位機種と較べるとぐっと高級感があるモデルです。なお、在庫数の関係で、値段は色によってマチマチです。

 201805172135.jpg

 歯ブラシの回転数は、2017年11月以前のモデルですので、回転数(8800回転)と音波振動数(40000回)というスペックです。

 新機種より少ないですが、問題ないでしょう。

 201805172133.jpg

 付属する歯ブラシは、充実します。

 オーソドックスなマルチアクションブラシのほか、ソフトラバー製の「ヘラ」が付いた歯間ワイパー付ブラシホワイトニングブラシがセットです。どちらも、後から買い足すのは「ためらう」特殊ブラシですので、「最初に試用できる」のは魅力です。

 モードの選択は、ブラッシング・やわらかクリーンモード・歯ぐきケアモード・ホワイトニングモードがほか、個別の舌ケアモードという磨き方に対応するため、強力な口臭ケアも可能になります。

 201805172137.jpg

 この機種もスマホと連動します。

 一方、それに加えて、経過時間や、ハブラシの押しつけ過ぎなどを視認できる液晶モニターである歯磨きナビも付属します。その他、加圧コントローラー・2分間タイマーなど下位機種に搭載される機能が、この機種は、網羅的に搭載されます。 

---

 以上、オーラルB 7000の紹介でした。

 新機種や下位機種との「差」のなかで最も重要なのが、液晶モニター式の歯磨きナビが付属することです。

 朝の忙しい際に、スマホを態々持ち出すのはまれでしょうし、このナビで「2分間磨き」を視認できるのは、実際非常に効果的です。電池式で、洗面所などに簡単に設置できるため、意外に重宝します。

4・ブラウンジーニアスシリーズの比較

 201805161850.jpg

 ここからは、ブラウンの最上位ラインである「ジーニアス」シリーズを紹介します。


 201805172141.jpg

 【通常型番】

 13・ジーニアス 9000 D7015256XCTBK【黒】
 14・ジーニアス 9000 D7015256XCTWH【白】
 15・ジーニアス 9000 D7015256XCTRG【金】
 16・ジーニアス 9000 D7015256XCTMC【青】

  ¥19,320 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 【特定電器店向け型番】

 17・ジーニアス 9000 D7015356XCTBK 【黒】
 18・ジーニアス 9000 D7015356XCTWH 【白】
 19・ジーニアス 9000 D7015356XCTRG 【金】
 20・ジーニアス 9000 D7015356XCTMC 【青】

  ¥27,410 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 【Amazon限定型番】

 21・ジーニアス 9000 D7015256CTBK 【黒】
  ¥18,900 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 10,500回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載

 オーラルB ジーニアス9000は、オーラルBの最新の最上位機種です。なお、大手電器店向けに別型番のモデルがありますが、性能や付属品は同じです(値引き対策です)。

 加えて、【Amazon限定型番】があります。安い代わりに、ケースが付属しない機種です。自宅だけで利用するならばそちらで良いですね。

  201805172142.jpg

 本体色は、白と黒のほか、モロッコデザイン(青)・ローズゴールド(金)という新色もあります。

 歯ブラシの回転数は、スマートシリーズの上位機と同じで、回転数(10,500回転)と音波振動数(48,000回)です。プロクリーニングモードの際に、歯垢などの除去力が高まっている点が引き続き魅力です。

 201805172110.jpg

 付属する歯ブラシは、基本となる、やわらか極細毛ブラシ・マルチアクションブラシの2本セットです。

 モードの選択は、基本的なクリーンモードのほか、プロクリーニングモード・舌クリーンモード、ホワイトニングモード、やわらかクリーンモード、歯ぐきケアモードと下位機種に付属する機能を網羅しています。

 201611060524.jpg

 この機種も、スマホアプリに対応する機種です。

 ただ、オーラルB 7000に付属する液晶式の歯磨きナビは省略されていますね。ただ、その代わりに、本体に12色に発光可能なライトが搭載され、経過時間や、ハブラシの押しつけすぎを警告してくれる機能が付属します。

 201611060530.jpg

 また、下位機種に比べて、こちらのスマホにはポジション検知機能があります。

 これはスマホ搭載のカメラと連動して、磨きムラや磨きクセを分析し、歯科医が推奨する磨き方のアドバイスしてくれるものです。なお、写真のような、鏡などに取り付けられるスマホ用ホルダーも付属します。

 201611060549.jpg

 バッテリーも最大12日間と長寿命化しています。また、こちらは、スマホとハブラシが同時に充電できる携帯ケースも付属します。

----

 以上、オーラルB ジーニアス9000の紹介でした。

 久しぶりの大きなモデルチェンジで、回転数などの基本性能や、スマホによる分析機能が大幅にバージョンアップしている点は、非常に魅力です。数年ぶりの「メジャーバージョンアップ」と言え、既存ユーザーの買い換え用にもおすすめです。


   

 【エディオン限定型番【2016年】

 22・オーラルB ジーニアス 8000 D7015355XC
  ¥14,470 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 オーラルB ジーニアス8000は、エディオン限定で販売されていたジーニアス9000の別モデルです。

 201805172152.jpg

 付属するブラシは、マルチアクションブラシ、歯間ワイパー付ブラシ、ベーシックブラシの3種類になります。

 通常品との仕様の相違点は、モードについて舌クリーンモードが省略されている点と、トラベルケースでの充電に非対応な点、2分間タイマー機能がない点です。

 こうした「機能限定」がない分、同価格帯の【Amazon限定モデル】の方が多少お得でしょう。


 201812062201.jpg

 【2018年11月追加発売】

 23・ジーニアス 10000 D7015266XCMBK【黒】
 24・ジーニアス 10000 D7015266XCMK【白】
 25・ジーニアス 10000 D7015266XCMOP【紫】
  ¥23,686 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 10,500回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載

 オーラルB ジーニアス10000は、ブラウンが2018年末に追加販売したモデルです。

 性能面では、ジーニアス9000とほとんど同じで進化はないです。唯一、コンセントについて海外充電に対応したという点が違いです。インバウンド向け需要のような気もします。

 その他の面では、やわらか極細毛ブラシ・マルチアクションブラシの2本が付属する点を含めて9000シリーズと同じです。デザインが好みなどの場合を除けば9000シリーズで良いでしょう。

5・ブラウンの替えブラシについて

 最後に取り替えブラシについて解説しておきます。ブラウンの替えブラシは3-4ヶ月保ちます

 とはいえ、アマゾンは純正品が安いので、本体と一緒に余裕を持って買っておいても良いでしょう。

 ラインナップは以下の通りです。



 歯間ワイパー付きブラシ 3本 EB25-3-EL
  ¥2,977 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 このモデルが、日常の歯みがきの基本モデルです。

 スタンダード(ベーシックモデル)というのがありますが、どちらかと言えば廉価の機能限定版になるので、これが標準と言えます。



 【3本組】

 マルチアクションブラシ 3本 EB50-3-EL
  ¥3,700 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 マルチアクションブラシは、歯間にゴミが詰まりやすい方に向いたスタンダードブラシです。細かい所までしっかり磨きたい方は、スタンダードモデルよりもマッチします。



 ベーシックブラシ 2本入り EB20-2EL
  ¥1,800 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 こちらは価格を抑えた廉価版の歯ブラシです。ラバーチップが搭載されないモデルなので、若干物足りない人もいるようです。

 201812062214.jpg

 やわらか極細毛ブラシ 3本入り EB60-3-EL
  ¥3,300 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 こちらは、柔らかめのブラシです。歯茎が敏感な人は、こちらの方が良いでしょう。


  
 ステイン除去ブラシ 3本 EB18-3-EL
  ¥2,933 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 こちらは、いわゆる「ホワイトニング」のためのブラシです。

 ただ、こちらのブラシで通常のブラッシングもできます。しかし、ホワイトニングがより得意なブラシになります。また、仕上げ磨きに電動歯ブラシを遣う人はこれが良いでしょう。

今回の結論
ブラウンの電動歯ブラシのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、ブラウンの電動歯ブラシの比較をしました。

 他メーカーの機種を紹介する前に、ブラウン限定で、価格別・目的別のおすすめ機種について書いてみたいと思います。


 第1に、費用対効果を考えた場合に、最も高機能でおすすめできる機種としては、

 201805172141.jpg

 【通常型番】

 13・ジーニアス 9000 D7015256XCTBK【黒】
 14・ジーニアス 9000 D7015256XCTWH【白】
 15・ジーニアス 9000 D7015256XCTRG【金】
 16・ジーニアス 9000 D7015256XCTMC【青】

  ¥19,320 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 【特定電器店向け型番】

 17・ジーニアス 9000 D7015356XCTBK 【黒】
 18・ジーニアス 9000 D7015356XCTWH 【白】
 19・ジーニアス 9000 D7015356XCTRG 【金】
 20・ジーニアス 9000 D7015356XCTMC 【青】

  ¥24,800 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 【Amazon限定型番】

 21・ジーニアス 9000 D7015256CTBK 【黒】
  ¥18,900 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 10,500回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載

 オススメ度 ★★★★★★★

 オーラルB ジーニアス9000でしょう。

 上位機種ですので、回転数・振動数は、オーラルBで最高で、下位機種と明確な機能差があります。

201611060530.jpg

 スマホ対応についても、ポジション検知機能がある点で下位機種より高度です。

 スマホのカメラと連動して、歯磨きのデータを蓄積し、指導を受けられる点も、しっかりとしたブラッシングの動機付けになるでしょう。


 第2に、便利機能が網羅されたハイグレードな回転式ハブラシとしておすすめなのは、

  201805172130.jpg

 【2015年】

 11・プラチナブラック7000 D365356X
  ¥16,800 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 12・プラチナホワイト7000 D365356WH
  ¥10,349 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 8800回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載

 オススメ度 ★★★★★

 ブラウンオーラル7000でしょう。

 以前の最上位機だけあって、 モードの選択は、ブラッシング・やわらかクリーンモード・歯ぐきケアモード・ホワイトニングモード・舌ケアモードとかなり多彩で、高級仕様です。

 その上で、そうとう多くのブラシが付属します。「最初に複数試用できる」点は、「自分に合うブラシ探し」という意味で、ブラウンを初めて買う方にとくに向くでしょう。

 201805172137.jpg

 そのほか、便利な歯磨きタイマーが付属するなど、使い勝手の部分も優れます。

 ただ、ネット限りの在庫で、数が少ない状況で、色によって値段が大きく異なります。

 201809121411.jpg

 【2017年11月発売】

 9・スマート5 5000 D6015255XP
  ¥11,173 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 10,500回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 搭載
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 搭載 

 売り切れの場合は、中位機となりう、オーラルB スマート5 5000が良いでしょう。

 3モードと必要十分なモード数を備えた上で、上表のように「このブログ記事で重視してきた」機能を網羅する機種としては、最も安いので。


 第3に、比較的低価格で手に入る製品としてオススメできるのは、

 201805172046.jpg

 【2017年11月発売】

 4・PRO2 2000 D5015132XBK【黒】
 4・PRO2 2000 D5015132XPK【ピンク】
  ¥7,980 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 【2017年11月発売】【アマゾン限定色

 5・PRO2 2000 D5015132WH【白】
  ¥7,480 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

 【2018年11月発売】【ケース付】

 6・PRO2 2000 D5015132XBKN 【黒】
 7・PRO2 2000 D5015132XPKN 【ピンク】
  ¥9,100 Amazon.co.jp (3/27執筆時)

機能名 搭載の有無
高速回転 9900回/分
押しつけ防止センサー 搭載
加圧コントローラー 搭載
ホワイトニング機能 なし
2分間タイマー 搭載
スマホ対応 なし

 オススメ度 ★★★★☆

 Oral-B PRO2 2000シリーズが良いでしょう。

 201805172214.jpg

 より安いPRO500シリーズもあります。しかし、そちらの場合、歯ブラシの回転数は、毎分8800回転で、上下の振動数は、毎分20000回と落ちます。

 さらに加圧コントローラーもありません。

 その点でいえば、「真のオーラルBの除去力」を期待する場合、回転数・振動数・加圧コントローラーの部分で上位機と同等の力を持つ、このグレード以上でしょう。

 上位機は多彩なモードやスマホ対応など「おまけ機能」が充実します。しかし、回転式ブラシとしての実力はこの機種ならば十分に実感できます。

 手軽に試せる1台として、この機種は、入門用に良いでしょう。

補足:電動歯ブラシの関連記事

 というわけで、今回は、ブラウンの電動歯ブラシの比較をしました。

 201809121315.jpg

1・ブラウン電動歯ブラシ
2・フィリップスの電動歯ブラシ
3・パナソニックの電動歯ブラシ

4・オムロンの電動歯ブラシ  
5・おすすめの電動ハブラシ 【結論】

 なお、他メーカーを含めて比較をしたい方は、ほかにも記事があります。とくに、全メーカーからベストバイを選ぶ5番のまとめ記事は是非お読みください!!

--

 最後になりましたが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークボタンなどから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 17:24 | 健康家電

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png