比較2019’ 羽根なし扇風機19機の性能とおすすめ:タワーファン・スリムファン・縦型扇風機・送風機

2019年08月05日

比較2019’ 羽根なし扇風機19機の性能とおすすめ:タワーファン・スリムファン・縦型扇風機・送風機

【今回レビューする内容】2019年スリム扇風機・タワーファンの性能とおすすめ(羽なし縦型扇風機・スリムファン・送風機)人気機種の違いや性能ランキング:日立 東芝 コイズミ テクノス山善 ドウシシャ ピエリア ダイソン デロンギ アイリスオーヤマなど

【比較する製品型番】HSF-DS500A F-ATX70-W KTF-0580 KTF-0591/H YSR-BWX100(BM) YSR-SD1002(B) FTU-905 WH Dyson Pure Cool デロンギ Clean&Cool CFX85WC HFX85W14C YSR-UD903(B) YSR-WD901(B) TI-1203DC YSR-J802 TF-910R TWF-C82T

今回のお題
最新のタワーファン型扇風機のおすすめモデルはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年8月現在、最新のタワーファン(羽根なし扇風機)の比較です。

 201905011438.jpg

 日立・東芝・山善・デロンギなど、このカテゴリーで力を発揮している最新製品を調査します。

  201303101855.jpg

 ダイソンエアーマルチプライヤーも今回の記事で扱います。

 ただし、「ダイソンに特化」して考えている方は、このブログには、【ダイソンエアーマルチプライヤー専用記事】があり、そちらのほうが「分かりやすい」と思います。

 恐れ入りますが、そちらをご覧ください。

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★★
3・首振り機能  ★★★★★
4・静音性の良さ ★★★★★
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 以下では、各社のタワーファンを一機ずつ比較・紹介していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表の様なポイントから、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

 ーー

1・静音DCモーター扇風機
2・ACモーターの激安扇風機
3・ダイソンエアマルチプライアー
4・タワーファン型スリム扇風機
5・サーキュレーター

 なお、今回の記事は、このブログ「モノマニア」の夏物家電の比較記事の4回目記事として書きました。 

1・タワーファンの選び方の基本

 201805191236.jpg

 扇風機ほどではないですが、タワーファンも、夏になるとデンキヤでは多くの製品が並んでいます。

 そうした各機のなかから「良い機種」を選ぶ場合、次の2点がとくに重要になります。

1・静音性・省エネ性
  =静音・省電力モーター搭載機種を評価
2・自動首振り動作
 =上下左右の首振り角度の柔軟性を評価

 そのほか、タイマーの有無や、センサーの有無、デザイン性などが選択基準となるでしょう。

 これらの点を考慮に入れつつ、以下では、具体的な機種を比較していきます。

2・各社の「高級な」タワーファンの比較

 ここからは機種別の「羽なし扇風機」の紹介にはいります。

 はじめに、1万円以上の「ハイスペックなタワーファン」の紹介です。

 なお、以下では、Atlasが良いと思う部分を赤字、イマイチに感じる部分を青字で書いていきます。


  201905011057.jpg

 【2019】

 1・日立 HSF-DS500A
  ¥14,880 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 1・日立 HSF-DC930
  ¥11,018 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:55度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:18W

 最初に紹介するのは、日立のスリム型扇風機です。

 時期的に旧型番が残っています。しかし、型番のみの変更ですので、安い方で良いでしょう。

 201905011106.jpg

 サイズは、幅28センチ、高さ94センチです。

 最低限の設置スペースで済む超小型設計の扇風機であるため、6畳程度の小部屋での送風や、エアコンの補助用としても人気です。

 201905011107.jpg

 モーターは、静音DCモーターを搭載します。

 DCモーター搭載機は、通常の扇風機(ACモーター)に比べて、消費電力が低く済み、音も静かという特長があります。

 この機種の場合も、消費電力はわずか18Wで、静音性も高いです。


 201606100901.jpg

 スイング角度は、しかしながら、55度と他社モデルよりも角度が付けられない仕様です。

 羽根のないタイプの扇風機は、羽のあるタイプに比べて、風幅が狭いためスイング幅はより重要です。

 その点、このファンは、部屋全体に送風する用途には向きません

 201905011108.jpg

 ただし、スイングに関しては、良い部分もあります。こちらは、エアコンのルーパーのように、スイング時に本体が一緒に回転しない構造で、内部の送風ファンの部分だけが回転します。

 そのため、運転中の首振り動作が気になりません。首振り動作は、うっとうしい場合も多いので、これはメリット性でしょう。リズム風にも対応します。

 201606100906.jpg

 センサーは、温度センサーが搭載されます。

 液晶画面で現在の室温が分かるほか、温度に合わせて風量を自動調節させることも可能です。

 201606100908.jpg

 タイマーは、入タイマーと切タイマーがWで搭載されます。それらを本体の液晶画面で確認できるため、使い勝手が良いです。リモコンも付属します。

---

 以上、日立のHSF-DC910の紹介でした。

 このタイプの扇風機では最も売れている機種です。上で紹介したような機能性はもちろん、デザインもモダンな感じで高レベルですので、売れているのが分かる機種ですね。


  201905011111.jpg

 【2019】

 2・東芝 F-ATX70-W
  ¥12,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:60度
風量:12段階
センサー:温度
消費電力:35W

 F-ATX70-W は、東芝ライフスタイルの発売するタワーファンです。

 201905011114.jpg

 サイズは、幅26センチ、高さ117センチです。

 スリムで小型だった日立に比べると、主に高さがあります。しかし、その分、毎分7,6立方メートルという高出力で、広いリビング向きです。

 夏でもエアコン不要の寒冷地なら「メイン空調」として使えるでしょう。

 モーターは、一方、ACモーターです。

 東芝は、昨年度モデルはDCモーターだったので「改悪」で、消費電力も31Wと悪化しています。

 日立と比べても、2倍の消費電力です。

 静音性も、ACモーターなので期待できず、スペック的にも最大46dB(50Hz帯)です。

 201805191303.jpg

 スイング角度は、日立よりも広い60度です。リモコンでの調整も可能です。

 こちらも、日立同様に、内部の送風ファンの部分のみが回転する構造で、運転動作が気になりにくい構造です。

 リズム風にも対応し、風量も5段階で調整可能です。

 201805191306.jpg

 センサーは、一方、省略され、自動運転に非対応です。

 タイマーは、入タイマーと切タイマーがWで搭載されます。

 リモコンも付属します。

--- 

 以上、東芝ライフスタイルF-ATX70-W の紹介でした。

 風力は向上しているものの、DCモーターの不採用は、静音性と消費電力に悪影響を与えています。

 風力の点では引き続き「おすすめ」できる機種ですが、総合力では日立でしょう。


  201805191317.jpg

 【2018】

 【シルバー】【ハイポジション】

 3・コイズミ コードレス KTF-0580
  ¥12,590 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【白】【通常ポジション】

 4・コイズミ コードレス KTF-0581
  ¥12,457 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:最大180度
風量:16段階
センサー:
消費電力:44W

  KTF-0580は、小泉精器コードレスタワーファンです。

 201805191320.jpg

 サイズは、縦/横33センチ程と、両機種とも東芝とだいたい同じです。

 201905011133.jpg

 高さは、シルバーは、約100cm、ホワイトは、約92cmと、好みに合わせて高さを選べます。

 ただし、通常モデルは人気が無かったようで、「在庫限りで生産終了」です。

 201805191322.jpg

 なお、いずれの機種ともキャスター付きで「稼働性」があります。

 その上で、他機と異なりリチウムイオン電池を搭載するため、コードレスで運転ができます。

 電池は、強風運転では30分しか保ちません。

 しかし、中くらいの風なら5時間、弱風なら10時間も稼働します。コードもマグネット式なので、「ちょっと脱衣所に」など、用途の幅が広いのが「売り」です。

 モーターは、こちらも、静音DCモーターを採用します。

 ただ、バッテリー式の弊害で、消費電力は44WとACモーター機とあまり変わりません。

 スイング角度は、3段階です。

 45度・90度・180度に回転可能です。

 ただし、日立などと異なり、本体全体が回転する方式ですので、運転動作が気になる人はいるでしょう。

 リズム風は未対応ですが、風量は16段階で調整できます。

 センサーは、未搭載です。

 201805191330.jpg

 タイマーは、1-8時間のオフタイマーのみです。リモコンは付属します。

---

 以上、コイズミのKTF-0581の紹介でした。

 「アイデア勝負」のおもしろい製品だと思います。脱衣所などにキャスターで押し運んでの利用など、コードレス運転に魅力を感じる方は、こちらが良いでしょう。

ーーーー

  201905011136.jpg

 【2019】

 【白】【通常ポジション】

 5・コイズミ タワーファン KTF-0591/H
  ¥18,830 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:最大180度
風量:16段階
センサー:
消費電力:44W

 なお、小泉精器からは、新型のタワーファンとしてKTF-0591が販売されます。

 201905011139.jpg

 グレーで存在感がありますが、コードレス式ではない点は注意しましょう。

 スイング角度など、他の部分は同じですが、他社と比べて、抜き出た特長は消えているため、同社から選ぶならば上位機でしょう。


  201905011147.jpg

 【2018】

 6・YAMAZEN YSR-BWX100(BM)
  ¥8,789 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:
風量:5段階
センサー:温度
消費電力:34W/41W

 山善YSR-BWX100は、日本の上場企業で、「ジェネリック家電」商社としても有名な山善の製品です。

 サイズは、縦/横33センチで、高さは103cmです。

 さほど背を高くせず、どこでも利用できるようにしています。

 モーターは、一方、同社の上位機ですが、ACモーターです。

 省電力は、34Wと低いです。特に西日本(60Hz帯)では、41Wとだいぶ悪化します。

 その上で、ACモーターですから、静音性は期待できないでしょう。

 スイング角度は、調整に非対応です。

 風量は、5段階です。

 ACモーターは、さほど細かく調整できないので、この点も不利です。

 201905011154.jpg

 センサーは、温度センサーが搭載されます。

 今年度の見所の1つで、規定温度に達すると、自動で風量を調整できるようになりました。

 ただし、自由にユーザーが温度設定できる仕様ではありません。

ただし、連動した自動運転など、温度センサーを生かした機能はみられません

   201905011155.jpg

 タイマーは、切タイマーのみ搭載されます。リモコンも付属します。

---

 以上、山善YSR-BWX100の紹介でした。

 今年度の同社の「最上位機」ですが、例年に比べて、工夫が乏しいです。

 次に紹介する、同社の下位機に比べても、上下に風角度を調整できる機能などが省略されますし、イマイチと言えます。


  201905011202.jpg

 【2018】

 7・YAMAZEN YSR-SD1002(B)
  ¥ 10,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約60度
風量:5段階
センサー:
消費電力:25W

 YSR-SD1002は、山善では、「2番目にグレードが高い」製品です。

 201905011204.jpg

 サイズは、縦30×横34センチで、高さは104cmです。

 日本向きの、背が低いタイプのリビング対応製品です。

 201805191412.jpg

 モーターは、この機種は、静音・省電力の静音DCモーターを搭載します。

 したがって、消費電力は、25Wと改善しています。

 201805191413.jpg

 スイング角度は、約60度です。

 ただし、この機種は、東芝や日立と同じ、内部の送風ファンの部分のみが回転する構造です。

 その上で、手動ですが、上方向の角度調節が可能な点は独自です。

 風量は、5段階で調節でき、リズム風にも対応です。

 センサーは、未搭載です。

 タイマーは、切タイマーのみ搭載されます。リモコンも付属します。

---

 以上、山善YSR-SD1002の紹介でした。

 ライバル機は、日立になるでしょう。

 それに比べると、温度センサーなどが付属しない点で劣る一方で、上下の角度調節ができる点が面白い部分ですね。洗濯物の乾燥などには便利そうです。


  201905011213.jpg

 【2019】

 8・ドウシシャ ピエリア FTU-905 WH
  ¥9,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:270度
風量:4段階
センサー:温度
消費電力:55W/63W

  FTU-905は、デザイン重視の家電のラインナップが多い日本の家電メーカードウシシャの製品です。

 201905011218.jpg

 サイズは、縦/横28センチで、高さは91cmです。

 背は少し低いですが、リビングに対応できるスペックです。

 モーターは、こちらは、ACモーターです。

 そのため、消費電力は53Wと高く、ランニングコスト面では、DCモーター搭載機にかないません。

 静音性も、期待できません。

 201905011219.jpg

 スイング角度は、しかしこの機種の見所で、最大270度です。

 30・60・90・180度にも設定できる柔軟性があります。

 例えば、部屋の真ん中に置くなど、設置場所の自由度は評価できます。

 その上で、上下角度も調節がきくので、小型機ながら、実力は高いです。

 201905011224.jpg

 風量は、4段階のみです。

 一方、東芝のACモーター機同様に「風量が強い」点が強調されます。

 ただ、東芝と異なり、風量についての数値は未記載ですので、この部分は残念です。

 201905011222.jpg

 センサーは、温度センサーが搭載です。

 ただ、単なる温度計であり、連動した自動運転制御などの機能はありません

 タイマーは、オンオフタイマーが付属します。リモコンも付属します。

----

 以上、ドウシシャFTU-905 の紹介でした。

 格安機では最大と言える270度の回転幅が魅力の機種です。

 もちろん、スイング時に本体全体が回る構造ですが、広範囲に風を届けたいような場所(事務所・待合室など)には、ニッチなニーズがあるかもしれません。


  201805191825.jpg

 9・Dyson Pure Cool TP04 WS
 10・Dyson Pure Cool TP04 IB
  ¥59,799 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:約350度
風量:3段階
センサー:
消費電力:40W

 ダイソンのPure Coolは、同社のリビング用タワーファンです。 

 201805191731.jpg 

 なお、このブログの【ダイソンエアーマルチプライヤー専用記事】で書いたように、ダイソンは、すでに「扇風機」としてだけの機能を持つ格安機の販売を終了しています。

201807081652.jpg

 現在は、エアフィルター搭載で花粉などが除去できるPure Cool や、それにヒーターが付くPure Cool&HOTのみの展開です。

 したがって、今回は、Pure Cool のトールタイプの紹介です。

 サイズは、縦23×横105センチで、他社に比べても意外にスリムな形状です。

 201805191448.jpg

 モーターは、この機種も静音DCモーターを搭載します。

 ダイソンのこの機種は、以前は「うるさい」ことで悪評があったのですが、数世代の改良を経て、この世代では「静かな」扇風機として生まれ変わっています。

 静音性は、最低の騒音値は、13.2デシベルいう実数値です。

 他社のDCモーター搭載機と比べても「静か」といえる扇風機です。

 Quieter.jpg

 ダイソンの場合、モーターは下部に配置されています。このモーターで空気を上げて、リングの内周の細いスリットから、風を円形に出しています。

 円形の気流は、周囲の気流を巻き込む「コアンダ効果」を得られます。そのため、モーターを経由した風の15倍の風量が、前方に飛び出していきます。

 風質的にも、ファンを利用しないため、全くムラがない直進風が得られるのが良い部分です。

 消費電力については、最大40Wと高いです。

 201902191508.jpg

 スイング角度は、350度です。

 その上で、この機種は、スリム型扇風機としては風量が強く、また、風幅も広いため、価格相応の能力を期待できます。

 実際、風量や風質の点で、羽根つき扇風機に比する風を得られます。

 そのため、スリムタイプの扇風機で、羽根つき扇風機並の風力を得たい場合は、この機種が絶対的な選択肢となります。

 センサーは、未付属で、室温などの確認はできません。

 タイマーも、切タイマーのみが付属します。こうした点では割り切った作りです。

 ネットワーク機能は、ただし、この機種の強みで、スマホアプリ(iPhone/Android)で操作できる仕様です。

  201811071114.jpg

 グラスHEPAフィルター(TP04/DP04/HP04用)
  ¥4,060 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 活性炭フィルター(TP04/DP04/HP04用)
  ¥3,078 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 フィルターは、消耗品で、交換の目安は1年です。

 201807081702.jpg

 このブログの【空気清浄機の比較記事】でも書いたように、他社は10年保つのが普通なので、本機のランニングコストは高いです。

 ただ、性能は優れており、PM2.5にも対応するHEPA規格に準拠する高性能フィルタです。ニオイ用の活性炭フィルターも付属するため、この部分の性能は、専門機並みの性能を期待できます。

---

 以上、ダイソンのPure Coolの紹介でした。

 広めのリビングルームに置く(エアコンの補助としてではない)スリム型を探している場合は、風量的にこちらが最高の選択でしょう。

 現状で、タワーファン機能だけ持つ機種がなく、価格が高いのが難点ですが、夏に限らず、フルシーズン利用できる「ハイブリッド機」を探している場合は、この機種は良い選択肢です。

ーー

 201405031718.jpg

 なお、ダイソンは、これ以外にも、空浄機・加湿機・ヒーターとしての機能が付いたスリム形状の空調家電が10機種以上あります。

 しかし、それらについてはカテゴリーがずれるので、同機のエアフィルターの部分を含めて【ダイソンエアーマルチプライヤー専用記事】で、別記事として、詳しく紹介しています。


  201905011303.jpg

 【ヒーターなし】

 11・デロンギ Clean&Cool CFX85WC
  ¥30,786 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【ヒーターあり】

 12・デロンギ スリムファン HFX85W14C
  ¥58,210 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:
風量:10段階
センサー:
消費電力:35W

 Clean&Cool は、イタリアのデロンギが発売する、スリムファンです。

 ダイソンが価格的な「ライバル」で、ベンチマーク先です。

 機能面では、したがって、エアフィルターを搭載するほか、ヒーター付属の機種があるのが特長です。

 201905011328.jpg

 サイズは、縦横26cm×高さ85cmです。

 写真で見るよりも、意外に背は低いです。設置性は良さそうです。

 201905011306.jpg

 モーターは、この機種も静音DCモーターを搭載します。

 その上で、仕組みは異なりますが、この機種も「コアンダ効果」を利用しており、ムラのない直進風を得られる仕様です。

 201905011313.jpg

 スイング角度は、スイング自体を機能として持たない機種です。

 ただ、この部分については、「コアンダ効果」を利用し、円形の沿わせる気流を生むことで、上下左右に拡がる風を生み出すというユニークな仕組みで、解決を図ります。

 静音性は、一方、最大風速で50.3dBで、最小でも24.5dBです。

 あまり、静かとは言えない部分があります。

 消費電力は、35Wです。

 センサーは、未付属です。

 タイマーは、付属です。

  201905011318.jpg

 デロンギ DLSA005
  ¥5,590 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 フィルターは、消耗品です。

 一方、この部分はこの機種の「問題点」で、交換頻度が9ヶ月です。

 その上で、ニオイを除去する活性炭フィルタがないため、日本のニーズに合わない部分があります。

---

 以上、デロンギClean&Coolの紹介でした。

 上述のように、問題点は色々ある機種ですが、Atlasとしては、風質の部分で割と評価しています。

 首振りタイプのタワーファンは、人間単位で見ると、「風が当たる時間」と「風が当たらない時間」で、風ムラがありますが、このタイプは、構造上、それがないからです。

 リビングや寝室で、ムラのない風を広範囲に送りたい場合は、良い選択肢だと思います。エアフィルターは、この水準ならば「余計」なので、それを除いた、安い機種を出せば、もっと売れそうに思いました。

3・各社の1万円以下の送風機の比較

 続いて、1万円以下で導入しやすい低価格なタワーファンを紹介します。


  201805191439.jpg

 【2019】

 13・YAMAZEN YSR-UD903(B)
  ¥9,876 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約60度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:16W

 山善YSR-UD903は、同社の格安タイプのスリムファンです。

 201905011333.jpg

 サイズは、縦横28センチで、高さは91cmです。

 全体に丸みを持たせた変わったデザインですが、シンプルでリビングや寝室に合いやすいでしょう。

 201805191500.jpg

 とくに、タッチパネル式の操作系が上部にあるのは、かなり便利に感じました。

 モーターは、静音・省電力のDCモーターを搭載します。

 消費電力は16Wと他社に比べても優れます。

 静音性は、ただし、最小33dBで、最高で56dBです

 数値を公開する点は良心的ですが、一般的に山善はスリムタイプはややうるさめです。

 201905011337.jpg

 スイング角度は、約70度です。左右については、十分な角度でしょう。

 風量は、6段階で調節でき、リズム風にも対応です。

 タイマーは、入切タイマーを搭載します

---

 以上、山善YSR-UD903の紹介でした。

 1万円前後のグレードでは、デザイン性と使い勝手の部分でかなり作り込まれた製品です。

 2018年度新展開のタワーファンのなかでも、かなり出来の良さそうな機種です。


  201805191422.jpg

 【2019】

 14・YAMAZEN YSR-WD901(B)
 15・YAMAZEN YSR-WD901(W)
  ¥ 6,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約50度
風量:8段階
センサー:温度
消費電力:25W

 山善YSR-WD901 は、同社のDCモーター採用機としては「格安機」となるスリムファンです。

 201905011343.jpg

 サイズは、縦横22センチで、高さは86cmです。

 一般的なタワーファンに比べてかなり小型なので、どちらかといえば、小部屋専用と考えたほうが良いでしょう。

 モーターは、静音DCモーターを搭載します。

 消費電力は25Wと低いですが、パワー自体もさほど重視しない機種です。

 静音性は、最低33dBからと、上位機よりもうるさいです。

 201905011342.jpg

 スイング角度は、約50度です。角度が付けられない機種で、明らかに「一人用」となります。

 風量は、8段階で調節でき、リズム風にも対応です。

 201905011344.jpg

 センサーは、こちらについては搭載です。

 室温表示に対応するほか、設定した温度で電源のON・OFFに対応します。ただし、温度に応じた風量の段階的な調節には非対応です。

---

 以上、山善YSR-WD90(B)の紹介でした。

 6畳間や、脱衣所など、あまり広くないスペースの利用ならば、良い機種でしょう。

 ただ、DCモーターの採用の機種としては、あまり静かではない点は注意するべきです。寝室などには向かないでしょう。


  201902191618.jpg

 【2013】

 16・テクノス TI-1203DC
  ¥6,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約65度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:20W

 テクノスは、中国からのOEM商品を扱う千住のブランドです。TI-1203DC は、同社のハイエンド機種です。

 サイズは、縦/横30センチと割とスリムで、高さは107cmです。

201805191351.jpg

 モーターは、こちらも静音・省電力のDCモーターを搭載します。

 消費電力は20Wと少ないです。

 風量も、DCモーター採用の利点を活かし、6段階の調整が可能です。

 また、この機種は、テクノイオンというマイナスイオン発生装置が付属し、付着臭の除去などに補助的な効果が期待できます。

 スイング角度は、約65度です。

 ただし、上下の角度調整はできない構造です。ファンは上部につきますので、山善と比べると、足下への送風は期待薄です。

 センサーは、が未搭載です。

 タイマーも、切タイマーのみ搭載されます。リモコンも付属します。

---

 以上、テクノスTI-1203DC の紹介でした。

 同社の上位機なのですが、2013年から更新がない機種です。そろそろ「新機軸を搭載した新型」が欲しいところです。


 201805191510.jpg

 【2016】 【各色】

 17・ YAMAZEN YSR-J802
  ¥4,480 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:約60度
風量:3段階
センサー:
消費電力:44W

 YSR-J802は、山善の発売する比較的価格の安いスリムファンです。

 201905011352.jpg

 サイズは、縦24×横34センチ、高さは80.8cmです。

 小型モデルであり、リビングのメイン機にはならない感じです。補助的に使うならば良いでしょう。

 操作は、上部のスイッチによる方式です。

 モーターは、従来的なACモーターです。

 静音性は、したがって期待できず、そのため、騒音値も非公開です。

 消費電力も、目立った機能のない小型機としては44Wと悪い水準です。

 風量も、3段階切替に止まります。

 スイング角度は、約60度です。スイングは、本体全体が回る方式ですので、動作が気になるタイプですね。

 センサーは、未搭載です。

 タイマーも、切タイマーのみ搭載されます。

 201905011354.jpg

 リモコンは、付属します。

---

 以上、山善のYSR-J802の紹介でした。

 売れ筋の人気機ではありますが、上位機とは明確な機能差があります。本体の外観も「価格なり」となってくるため、イマイチおすすめポイントが定まらない機種です。


  201904180059.jpg

 【2011】

 18・テクノス TF-910R
  ¥5,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:90度
風量:3段階
センサー:温度
消費電力:51W

  TF-910Rは、テクノスの販売する格安のタワーファンです。

 サイズは、縦横30センチ、高さ90cmです。やや小型なモデルです。

 モーターは、ACモーターです。

 消費電力は、51Wと、2011年発売開始という部分の、設計上のデメリット性が見られます。

 201606101021.jpg

 センサーは、室温センサーが搭載されます。

 ただし、温度計であり、室温に連動した運転には非対応です。

 リモコンは、付属します。

 タイマーは、切タイマーのみ搭載です。

 風量は、3段階です。

 スイング角度は、約90度とかなり広いです。

 本体自体が回るタイプですが、広範囲に向けて風を送りたい場合は、ある程度良い選択肢と言えます。

---

 以上、テクノスTF-910Rの紹介でした。

 やや設計が古く、消費電力が高いのがネックです。スイング角度が広いのは良い点ですが、新型が必要な時期でしょう。


  201905011404.jpg

 【2018】

 19・アイリスオーヤマ TWF-C82T
  ¥5,890 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:45度
風量:3段階
センサー:
消費電力:51W

 WF-C82T は、日本のアイリスオーヤマの販売する新型のタワーファンです。

 同社は、格安路線に強い会社ですが、近年、シャープなどの技術者を取り入れて、白物家電を多展開している成長企業です。

 201905011406.jpg

 サイズは、縦横26センチ、高さ79.3cmです。

 多少小型なモデルですが、10m先まで風が届く仕様です。

 モーターは、ただし、価格的な限界で、ACモーターを搭載します。

 ACモーターは、風量を効果的に上げやすいためという部分もあります。

 消費電力は、51Wと高いです。

 201805191607.jpg

 スイング角度は、45度です。

 スペック的に振るいません。

 しかし、風量が自慢な機種ですから、やや距離を離して送風できるならば問題ないでしょう。

 その上で、上下のルーパー角度が別々に動かせる機種なので、足下に風を送るのは得意です。

 キッチンなどには、最適と思います。

  201805191610.jpg

 センサーは、未搭載です。

 一方、操作パネルは上部ですので、立ちながらの利用は向く仕様です。リモコンも付属です。

 タイマーは、1-4時間の切タイマーのみ搭載です。

---

 以上、アイリスオーヤマWF-C82T の紹介でした。

 1万円以下の格安機と考えた場合、風量の強さと、ルーパー角度の調整機能などが目立つ機種です。

 201805191614.jpg

 リビングのメイン機には、スイング角度が狭い関係で、あまりオススメできません

 しかし、例えば、台所の立ち仕事で利用するような使い方をするならば、風量の強さを含めて最適な機種でしょう。

今回の結論
タワーファン型扇風機のおすすめモデルはこの機種!

 というわけで、今日は、タワーファン型扇風機を紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、リビングでの補助的な使用や、小部屋に向く高性能なスリムファンとしておすすめなのは、

 201905011057.jpg

 【2019】

 1・日立 HSF-DS500A
  ¥14,880 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 1・日立 HSF-DC930
  ¥11,018 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:55度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:18W

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★☆
3・首振り機能  ★★★★★
4・静音性の良さ ★★★★★
5・省エネ性   ★★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 日立のスリム型扇風機HSF-DC920でしょう。型番のみの変更ですので、安い方で良いでしょう。

  201606100901.jpg

 DCモーター搭載で消費電力は最高水準である点、また、首振りが内部のみスイングする構造で、運転中の動作が気にならない構造である点は高く評価できます。

 これらは、他社にはない魅力です。

 タイマーやセンサーなどの使い勝手の部分もレベルが高く、デザイン性も良いので、この用途には最も向くと思います。

 201905011106.jpg

 幅28センチ、高さ94センチと設置性も良いため、迷った場合は、これを買えば良いでしょう。


 第2に、リビングの「ほぼ」メインの空調として使う場合におすすめなのは、

 201805191825.jpg

 9・Dyson Pure Cool TP04 WS
 10・Dyson Pure Cool TP04 IB
  ¥59,799 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:約350度
風量:3段階
センサー:
消費電力:40W

1・風の強さ   ★★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★★
3・首振り機能  ★★★★★★
4・静音性の良さ ★★★★★
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

 エアコンの補助としてだけではなく、羽根つき扇風機の代替として利用したいならば、風力の点でダイソンが選択肢です。

 201805191448.jpg

 風の幅も広いため、スリム型としては、圧倒的なパワーを期待できます。その上で、静音性も高い機種なので、あまり弱点はない機種です。

 風質も、「コアンダ効果」を利用するので、ムラのない直進風ですし、風当たりの心地よさは、他者を圧倒します。

 デザイン面についても、ダイソンの特長がよく出た「格好良い系」なので、長く「リビングの顔」として活躍してくれると思います。

 201405031718.jpg

 なお、ダイソン製品は、【ダイソンエアーマルチプライヤー専用記事】で、別記事として、詳しく紹介しています。この機種を射程に入れる場合は、こちらもご参照ください。

ーー

  201905011111.jpg

 【2019】

 2・東芝 F-ATX70-W
  ¥13,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:60度
風量:12段階
センサー:温度
消費電力:35W

1・風の強さ   ★★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★★
3・首振り機能  ★★★★☆
4・静音性の良さ ★★★★☆
5・省エネ性   ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★★

 ただし、2万円以内の予算に限った場合、オススメできるのは、東芝タワーファンですしょう。

 201905011114.jpg

 ACモーターを採用する部分は「割り引いて」評価しないといけませんが、それでも、 毎分7,6立方メートルという高出力は、この価格帯ではダントツでしょう。

 スイング角度は60度ですが、風力が強いので、部屋の隅からスイングさせれば良いでしょう。


 第3に、広めの寝室などに向く、ムラのない直進風を得られる製品としては、

 201905011303.jpg

 【ヒーターなし】

 11・デロンギ Clean&Cool CFX85WC
  ¥30,786 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【ヒーターあり】

 12・デロンギ スリムファン HFX85W14C
  ¥58,210 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:
風量:10段階
センサー:
消費電力:35W

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★★★★
3・首振り機能  ☆☆☆☆☆(コアンダ)
4・静音性の良さ ★★★★☆
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

 イタリアのデロンギが発売するClean&Cool はスリムファンでしょう。

 201905011313.jpg

 「コアンダ効果」を利用して、スイングなしでもムラのない風を広範囲に送れる部分が、この用途に向くと思います。

 201905011328.jpg

 サイズは、縦横26cm×高さ85cmで、設置性も良いです。

 一方、DCモーター採用機ながら、最小でも24.5dBですから、うるさくもないですが、「極めて静か」ではありません

 ただ、「風の音」「モーターの音」というのは、安眠用のノイズキャンセラでも採用される「打ち消し音」です(他人が出している音は気になるが)自分が発生させている音は、(たいがい)気にならないものです。

 この用途には、実際割と向きそうです。

 先述のように、エアフィルターは「余計」だと思うのですが、Atlasも実は、寝室に欲しいです。


 第3に、家中持ち運んで利用したい方にオススメなのは、 

  201805191317.jpg

 【2018】

 【シルバー】【ハイポジション】

 3・コイズミ コードレス KTF-0580
  ¥12,596 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:最大180度
風量:16段階
センサー:
消費電力:44W

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★☆
3・首振り機能  ★★★★★
4・静音性の良さ ★★★★☆
5・省エネ性   ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★☆

 コイズミのードレスタワーファンでしょう。

 201805191320.jpg

 バッテリー内蔵で、キャスターの付属する機種はこれだけです。普段はコンセントで利用しつつ、一時的に持ち運びたいというようなニーズには、最適ですね。

 やや高いですが、すぐ外せる、マグネット式の電源ケーブルを採用するなど、設計思想も良いので、買って後悔することはないでしょう。


 第3に、1万円前後か、それ以下の予算で購入できる機種でおすすめなのは、

  201805191439.jpg

 【2019】

 13・YAMAZEN YSR-UD903(B)
  ¥9,876 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約60度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:16W

1・風の強さ   ★★★★☆
2・風の拡散性  ★★★★☆
3・首振り機能  ★★★☆☆
4・静音性の良さ ★★★★☆
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★☆

 山善のSR-UD902をオススメします。

 201805191500.jpg

 このグレードの製品は、「外観に値段の安さが出る」傾向にありますが、こちらについては、円形のオシャレなデザインと、見た目も良く、立ち仕事中の操作もしやすい上部のタッチパネルなど、配慮があります。

 その上で、消費電力や静音性に優れるDCモーター採用機なので、このグレードの製品では「一歩抜けた」モデルとも言えそうです。

ーー 

  201905011404.jpg

 【2018】

 19・アイリスオーヤマ TWF-C82T
  ¥5,890 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:45度
風量:3段階
センサー:
消費電力:51W

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★☆
3・首振り機能  ★★★☆☆
4・静音性の良さ ★★☆☆☆
5・省エネ性   ★★★☆☆
6・総合評価   ★★★☆☆

 一方、さらに安い機種となるとアイリスオーヤマWF-C82Tが良いでしょう。

 201905011406.jpg

 ACモーター採用ですから、静音性と、風量の微調整は期待値は「価格相応」です。

 しかし、その分、パワーは強いです。

 201805191607.jpg

 スイング角度の狭さも、風量と柔軟性の良いルーパーで解決し得ます

 こうした点で、ちょっとした補助的な空調が欲しいならば、堅実なデザイン性を含めて、この程度の価格の格安機の中では、現状「イチオシ」です。

補足・このブログの関連記事の紹介

  というわけで、今回は、羽根なし扇風機(タワーファン)を紹介しました。

  なお、このブログ「モノマニア」には、扇風機についてほかに4つの記事があります。

 201902191339.jpg

1・静音DCモーター扇風機
2・ACモーターの激安扇風機
3・ダイソンのエアマルチプライアー
4・タワーファン型スリム扇風機
5・サーキュレーター

 これらについても、よろしくお願いいたします!

 ではでは!

posted by Atlas at 14:40 | 扇風機

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png