Top オーディオ製品 比較2023' 新型Bluetoothイヤホン35機の性能とおすすめ・選び方 (1)

2023年11月03日

比較2023' 新型Bluetoothイヤホン35機の性能とおすすめ・選び方 (1)

【今回レビューする内容】 2023年 ワイヤレスBluetoothイヤフォンの性能・おすすめ・選び方:機種の違いと性能ランキング:ワイヤレスステレオヘッドセット ワイヤレスイヤホン:SONY BOSE JVCなど

【比較する製品型番】 SONY WI-1000XM2 WI-C400 WI-C310 WI-C100 WI-XB400  WI-SP500 WI-C600N WI-H700 Beats Flex Powerbeats3 wireless JVC HA-FX87BN HA-FX67BT ヤマハ Empower Lifestyle EP-E50A EP-E30A EP-E70A Anker Soundcore Life NC A32010F1 beats Powerbeats Beats Flex JBL TUNE T115BT TUNE125BT TUNE215BT REFLECT MINI 2 Panasonic RP-HTX20B RP-NJ310B RP-NJ320B Audio-technica ATH-CC500BT ATH-CKS770XBT ゼンハイザー IE 100 PRO Wireless AVIOT WE-BD21d WE-BD21d-pnk

今回のお題
Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今回は、2023年11月現在、最新のBluetoothイヤホン比較です。

 各社の製品を主にスペック面から比べていきます。  

 201810061318.jpg

 記事は、大きく2つの記事に分けて書いています。

 1回目記事(今回)は、左右にケーブルがあるタイプのみの比較です(写真)。

 写真のような、イヤーハンガー型ネックバンド型を比較します。

 このタイプは、以前、需要がありますが、(TWS型への移行で)大手のBOSE・SHUREが撤退するなど元気はないです。

 SONYほかの大手も新機種を投入しない状況になっているため、(音質面に課題のある骨伝導式を除けば)現行機種は(ほぼ)網羅しました。

 201810061319.jpg

 2回目記事は、左右独立のTWS型イヤホンの比較です。

 はっきり言えば、近年の進化著しい新技術を各社投入しているのは(ソニーの上位機を除けば)このタイプだけになってきました。

 初期の問題(左右の音ズレ、ハイレゾ非対応)も解決されたと言って良い状況ですので、個人的には、このタイプを選ぶのに躊躇する理由はないかと思います。

 いずれにしても、TWS型イヤホンは「完全に記事を分けた」ので、このタイプでお探しの場合、2回目記事こちら】をご覧ください。

 よろしくお願いします。

音質の良さ    ★★★★★
重低音      ★★★★★
ノイズキャンセル ★★★★★
軽量性      ★★★★★
防塵・防滴性   ★★★★★
ハイレゾ音源   ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 というわけで、今回は、イヤーハンガー型ネックバンド型のBluetoothイヤホンを見ていきます。

 最後の「結論」部分では、上表のようなポイントから、「Atlasのおすすめ機種!」を提案する形で記事を進めていきます。

ーーー

1・Bluetoothヘッドホンの比較
2・Bluetoothイヤホンの比較
3・完全ワイヤレスイヤホンの比較
4・ハイレゾヘッドホンの比較
5・ハイレゾイヤホンの比較
6・ノイキャンヘッドホンの比較
7・ノイキャンイヤホンの比較
8・Beatsのヘッドホンの比較
9・ライトニング端子イヤホンの比較
10・ウェアラブルネックスピーカーの比較
11・おすすめヘッドホンの選び方 【結論】

 今回の記事は、このブログのヘッドホン・イヤホン比較シリーズ全体としては、2回目記事として書きました。

1-1・Bluetoothイヤホンの選び方の基本

 201810061341.jpg

1・Bluetoothの圧縮転送規格
2・ノイズキャンセリング機能

 はじめに、Bluetoothイヤホンの「選び方の基本」からです。

 ドライバ(振動板)のサイズなど、Bluetoothイヤホンの選び方の「基本の基本」は、このブログの【イヤホンの選び方のまとめ】の記事で、詳しく書きました。

 この記事から読み始める方も多いと思いますので、ここでは、音質を決める「最も重要な2点」といえる上表2点について、改めて解説をしておきます。


 202201210042.jpg

 第1に、Bluetoothの圧縮転送規格です。

 Bluetoothは、回線が細いので、スマホなどから音を飛ばす際に、音源を圧縮します。

 その際の圧縮規格をBluetoothコーデックと言います。

 SBCだけなら、どのイヤホンも対応しますが、それ以上は機種によります。

 202304051952.jpg

 その上で、PC・スマホほか、音楽を送る側の「再生機器側」も、同じコーデックに対応することが必要です。

iOS
 SBC AAC
Android
 SBC Apt-X
Xperia
 SBC AAC LDAC
Mac&Windows
 SBC AAC Apt-X

 上表は、各OS(機器)のコーデック対応状況を示したものです。

---

 結論的にいえば、iOSの場合はAAC、AndroidやPCの場合はApt Xに対応していれば、(まずまず)OKなイヤホンです。

 ただ、圧縮音源を「独自の味付け」で音質を高める技術に強みがあり、SBCでも「自社の色に音源を染めるのでOK」という場合もあります。

 そういった機は特別なので、注意して書こうと思います。

 202304051651.jpg

 「ハイレゾ」対応のイヤホンを買って、ハイレゾ音源を聴きたい方も多いかと思います。

 その場合、PC・Mac・スマホのほうが、ハイレゾ用コーデック(LDAC・Apt-X adaptive)に対応しないと、音質は(CD以下に)劣化します。

 ただ、トラスミッタやポタアンなど、さほど高くない小型の周辺機器を「かませ」ば、問題は解決できます。

 ハイレゾに興味がない方には無用な話なので、詳しくは、【ハイレゾイヤホンの比較記事】のほうで、説明することにします。


 202205201028.jpg

 第2に、ノイズキャンセル機能のグレードです。

 イヤホンは外出先で使う場合がほとんどでしょう。

 電車などの騒音下で使う場合は、実際の所、音質よりもノイズキャンセリング機能を装備していることが重要です

 ただ、ノイキャンは諸方式があります(上表)。

 機種によってノイキャンの精度が大きく変わります。

 詳しい仕組みは「特化型」の記事になる【ノイキャンイヤホンの比較記事】の冒頭で書きました。

 そちらをお読みただいても良いですが、今回の記事の本編(製品紹介)でも、各機のノイキャン性能の違いが分かるように書くので、大丈夫だと思います。

ーーー

 201802141135.jpg

 以上、Bluetoothイヤホンの「選び方の基本」の紹介でした。

 あとは、スポーツに使う場合など「利便性」に関わる部分、ドライバーサイズなど「音質」にかかわる部分、音漏れなど「構造」に関わる部分など、いろいろ説明するべきことはあります。

 ただ、先述のように、【イヤホンの選び方のまとめ】の記事ですでに示していますし、以下の個別の製品説明で、フォローしていくことにします。

ーー

 よろしくお願いします。

1・Bluetoothイヤホンの比較(1)
 1-1:選び方の基本の解説【導入】
 1-2:JVC 〈日本〉
 1-2:ソニー〈日本〉
 1-3:ヤマハ〈日本〉
 1-4:オーディオテクニカ〈日本〉
2・Bluetoothイヤホンの比較(2)
 2-1:Anker〈米国〉
 2-2:Beats〈米国〉
 2-3:JBL〈米国〉
 2-4:パナソニック〈日本〉
 2-5:ゼンハイザー〈ドイツ〉
 2-6:AVIOT〈日本〉
3・Bluetoothイヤホンの比較 (3)  
 =最終的なおすすめの提案【結論】

 以上のような企業順で、各社のBluetoothイヤホンを比較していきます。

1-2・JVCのイヤホンの比較

 202106151524.jpg

 はじめに、日本の音響メーカーJVCケンウッド(JVCビクター)のイヤホンの紹介です。

 比較的、格安路線に強いメーカーですが、特長のある製品をいくつか出しています。

---

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤系の文字色で、イマイチだと思う部分を青字で書きます。


 201911061414.jpg

 【2019年発売】

 1・JVC HA-FX87BN
  ¥6,169 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC
連続再生時間:5時間
ドライバー:9.1mm
ノイキャン:1マイク式
防水性能:
重さ:22g  

 HA-FX87BN は、日本のJVCケンウッド(日本ビクター)の販売する製品です。

 「格安で高品質」路線に強い音響ブランドですが、この製品も、独自性が強く人気です。

 201911061417.jpg

 装着方法は、図のような、首にロープをかけるようなコード型となります。

 本体色は、ゴールド(HA-FX87BN-B)と黒(HA-FX87BN-N)です。

 重さは、この方式としては、軽量な22gです。

  201911061419.jpg

 ドライバーは、イヤホンの音を鳴らす「スピーカーユニット」部分です。

 基本的には、サイズが大きな程、音に余裕が生まれます。

 本機の場合、ドライバー(スピーカー)が1つの1way方式で、9.1mmサイズのドライバーを採用しています。

 この価格帯の製品としては、大きめであり、優秀です。

 音質は、JVCのメーカーとしての特徴通り「バランス重視」です。

 低音域も高音域も、過度に強調されない「落ち着いた」サウンドです。個性がないとも言えますが、逆に言えば、どのような音源でも合いやすいです。

 イヤーピースは、3サイズ添付です。

 音質のパーソナライズは、特段機能性を持ちません。

 最近の機種は、(カスタムメイドのように)周波数帯など、個人個人の視聴特性(耳の状況)に応じてアプリで調整できる機種が増えました。

 そういった機種も今回は見ています。

 202202101058.jpg

 Bluetoothコーデックは、しかしながらSBCのみの対応です。

 SBCは、一昔前と較べると、328kbpsのBitPool 53規格が広まっているため、音質面で、上位のAACに相当近づいています。

 ただ、遅延の問題は引き続きあるため、動画の視聴にも使う場合、この機種は向かないでしょう。

 立体音響は、規格的に非対応です。

 この部分は次に見るソニーが強いです。

 通信安定性の面では、最近の製品の一部は、通信断がすくなく安定性の高いBluetooth5.0に対応する機種が出ています。

 しかし、本機は、Bluetooth4.2ですので、従来水準です。

 連続再生時間は、5時間です。このタイプの製品としては短く、価格的限界が出ている部分ですね。

 201911061425.jpg

 ノイズキャンセリング技術は、この機種の見どころです。

 低価格品では珍しく、しっかりした機能を搭載するからです。

 リモコンのNCスイッチで起動する仕組みで、外部マイクが拾う音を打ち消す音を発することで、電車やバスの騒音を打ち消せます。

 ただし、他社の1万円台のNC対応機と比較すると、レベルが調整できないほか、完全に無音化はできません。

 値段相応のかなり単純な装置ですから、過大な期待は禁物です。

 防水性については、この機種は未対応です。

---

 以上、JVCHA-FX87BN の紹介でした。

 5000円前後のBluetooth製品は、「これと言った特徴が無い」製品が多いですが、ノイズキャンセラ搭載という、明らかな見どころがあるのが、人気の利用でしょう。

 ドライバーもそこそこ大きめですし、5000円前後の予算で選ぶならば、良いと思います。

 ただ、以下で見ていくような1万円台の上級機と比べると音質の差はありますので、「音の綺麗さ」を重要視するならば、より上位の機種が良いでしょう。

 201911061431.jpg

 【2019年発売】

 2・JVC HA-FX67BT
  ¥3,980 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC
連続再生時間:7時間
ドライバー:9.1mm
ノイキャン:
防水性能:
重さ:20g

 なお、同社からは、同型状の下位機種として、HA-FX67BTも売られています。

 ただ、こちらについては、ノイズキャンセラ未装備です。同社の特徴とも言える部分が削がれていますので、あまりおすすめできません。

3・SONYのイヤホン

 202106151512.jpg

 続いて、SONYのBluetoothイヤホンを紹介していきます。

 小型音楽機器に古くから力を入れる日本メーカーです。ノイキャンやコンバート技術などの面で、独自の特許技術も多く、商品展開もユニークで


 202208211030.jpg

 【2022年発売】 WI-C200後継

 3・SONY WI-C100
  ¥4,500
Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC・AAC
連続再生時間:25時間
ドライバー:9mm
ノイキャン:
防水性能:IPX4
重さ:20g

 SONYWI-C100は、2022年に登場した、ソニーのエントリークラスのBluetoothイヤホンです。

 202208211032.jpg

 装着方法は、コード型となります。

 首に回して利用しますが、耳の部分にハンガーがないので、アクティブに歩きながら利用するのにはあまり向かないです。

 ドライバーは、ネオジウムマグネットを利用した、1way方式です。

 サイズ的には、9mmの大きめドライバーを採用します。

 シングルドライバの場合、基本的には、大きいほど音域に余裕が生まれます。

 さらに密閉型なので、低音域は、スペック通りに力強いと言えます。

 音質は、したがって、この価格としては低音域は力強いと言えます。

 最近の左右独立型の格安小型機だと6mmサイズのドライバが多いですが、それらと比べても音はやはり良いです。

201901221905.jpg

 加えて、ドライバサイズは同じですが。圧縮音源の音質を再計算で向上させるDSEE技術が搭載となります。Bluetoothは送信時かならず圧縮送信になるので、この技術は割と活きます。

 202106151130.jpg

 立体音響は、対応です。

 本機が「360 Reality Audio」の認定製品である点は強調できます。

 Appleの「空間オーディオ」に相当するもので、同名の専用アプリ経由で、最先端の3D立体音源を楽しめます。

 簡単に言えば、映像(映画)におけるDolby Atmosを、音楽用にしたもので、最近音源が増えていて(マニア以外鳴かず飛ばずだったハイレゾ音源より)流行しそうです。

 なお、360 Reality Audioコーデックは、アプリベースの処理なので、対応しないソニー製品ほか、同社製品でなくても、Bluetooth搭載のイヤホンならば、他社製品でも使える点で汎用性があります。

 しかし、本機を含めて、SONYの認定製品の場合、耳の形やヘッドホン特性に応じた、カスタマイズが可能な点で、仕様が高度になります。

 2022年という発売時期の関係で、下位機種ながら対応となりました。

 202202101058.jpg

 Bluetoothコーデックは、標準的なSBC規格のほか、動画の遅延が少なく、音質の劣化も少ないAAC規格が採用されています。

 通信安定性の面では、本機はBluetooth5.0に対応し、優秀です。

 連続再生時間は、最大で25時間と相当長いです。

 充電はパソコンなどのUSBコネクターから充電する方式です。

 ノイズキャンセリング技術は、未搭載です。

 値段的に仕方ないでしょう。

 防水性は、IPX4等級です。

 スポーツ向きではないですが、屋外でも問題ありません。

---

 以上、WI-C100の紹介でした。

 「音楽用」として作られたソニーのBluetoothイヤホンとしては入門クラスの製品です。外側はシンプルな構成ですが、そこそこのサイズのドライバと、音質向上化技術が採用されており、この価格帯では「侮れない」実力があると言えます。

 ただ、アクティブなシーンでは使いにくいですし、ノイキャンや重低音の強化を機能として持つわけでもないため、あくまで、入門クラスで優れていると言えます。

----

 201907290935.jpg

【2019年発売】 

 4・SONY WI-C310【各色】 
  ¥4,950
Amazon.co.jp (11/3執筆時)

【2018年発売】 

 5・SONY WI-C300【各色】 
  ¥6,841
Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:8Hz-22kHz
コーデック:SBC・AAC
連続再生時間:15時間
ドライバー:9mm
ノイキャン:
防水性能:
重さ:19g

 なお、本機より先行発売されていたモデルとして、WI-C310が併売中です。

 202208211109.jpg

 装着方法は、コード型と同じです。

 ただ、外観部分のグレードとして、本体に光沢があるほか、左右イヤホンをまとめるマグネットが採用になります。ケーブルもまとめやすいフラットケーブルです。

 しかし、本機は、IPX4防滴性能がなく、バッテリーの持続時間も15時間です(旧機種は8時間)。

 201901221905.jpg

 音質も、先述の圧縮音源の音質を再計算で向上させるDSEE技術が未搭載となるほか、先述の「360 Reality Audio」の認定製品ではないです。

---

 結論的にいえば、(型番的にはコード式の上位機種ですが)発売時期の関係もあり、WI-C100に対して劣るといえる部分が多いです。

 とくに、音質向上化技術はこちらのほうが高度ですし、この価格帯で、ソニーから今選ぶならば先ほどの機種か、あるいは、これから見ていくような、重低音・ノイキャンなどに特徴のあるモデルでしょう。


 201711241212.jpg  

【2017年発売】

 6・SONY ワイヤレスイヤホン WI-C400
  ¥9,550 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:8Hz-20kHz
コーデック:SBC・AAC
連続再生時間:20時間
ドライバー:9mm
ノイキャン:
防水性能:
重さ:35g

 SONYWI-C400は、ソニーワイヤレスヘッドホンです。

 2017年発売のロングセラー機です。

 201810061404.jpg

 装着方法は、図のようにクビにかけて利用するネックバンド型です。

 コード型より外れにくい方式です。

 重さは増えますが、首掛けなので気になりません。

 201911061435.jpg

 再生周波数帯域は、本機は、ドライバ自体のスペックを公開します。

 それによると、低音域(値が小さいほど良い)が、8Hz高音域(値が大きいほど良い)が20kHzです。

 再生周波数帯域は、低域は「数字が小さいほど」低音域が広く、高域は「数字が大きいほど」、音域が広くなります。

 測定基準などが異なるので、メーカー横断的な比較には使えない場合が多いです。しかし、メーカー内の「音の傾向・グレード」を確認する要素となります。

 ドライバーは、本機も9mmの大きめドライバーを採用します。

 音質は、低音域もある程度ある上で、高音域も伸びやかで、伝統的なソニー・オーディオの特長がでています。

 イヤーピースも、シリコン製のハイブリッドイヤーピースが3サイズ付属しています。

 202202101058.jpg

 Bluetoothコーデックは、SBC・AACに対応です。

 AACは、iOSで標準対応なので、iPhoneユーザーには特に向く製品です。

 通信安定性の面では、Bluetooth4.2です。

 最新ではないです。

 201806041141.jpg

 連続再生時間は、20時間です。

 長めの文、重さは35gですが、ネックバンド型ですのであまり問題ないと思います。

 ノイズキャンセリング技術は、未搭載です。

 防水性は、保証されません。

---

 以上、ワイヤレスイヤホン WI-C400の紹介でした。

 ネックバンド型のBluetoothイヤホンで安いモデルを探しているならば、候補の1つになりそうです。

 音質については、そこそこ大きめなドライバーではありますが、発売時期の関係もあり、DSEEなどの音質向上化技術が不採用です。ノイキャンもなく、「360 Reality Audio」の認定製品でもないです。

 ソニーの場合、ネックバンド型には上位機もあるので、そちらと比較することは重要でしょう。後ほどみるつもりです。


 201911061119.jpg

【2019年発売】 

 7・SONY WI-XB400 【各色】 
  ¥8,200
Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC・AAC
連続再生時間:15時間
ドライバー:12mm
ノイキャン:
防水性能:
重さ:21g

 SONYXB400は、2019年に登場したBluetoothイヤホンです。

 こちらは、XBシリーズに属しており、低音域(重低音)の充実度に重きを置いた製品です。

 201911061121.jpg

 装着方法は、こちらも、コード型となります。

 形状は、下位機種と同じです。

 再生周波数帯域は、20Hz-20kHz表記なので、とくに計測したものではないでしょう。

 ただ、後述するように、増幅方式の違いで、逆に低音域は充実する製品です。

 201911061124.jpg

 ドライバーは、しかし、大きめの12mmのドライバーを採用します。

 音質は、ドライバのサイズと、振動板前面の容積の工夫で、低音域が充実します。

 この点で、格安機では、高音域と低音域に特長のある「ソニーサウンド」を最も実現している製品とも言え、迫力重視ならば、良い選択肢です。

 再生周波数帯域も、ユーザーが、ある程度ボリュームを出すことを想定しての値でしょう。

 一方、圧縮音源を向上させるDSEE技術は未搭載で、3D立体音源の「360 Reality Audio」利用時の個人最適化機能は利用できません。

 202202101058.jpg

 Bluetoothコーデックは、こちらも、SBCとAACに対応します。

 AACに対応できるiOS系ならば、音の遅延が少ないため、ある程度まで、動画などにも耐えられるでしょう。

 通信安定性の面では、本機もBluetooth5.0に対応し、優秀です。

 連続再生時間は、最大で15時間と相当長いです。

 充電はパソコンなどのUSBコネクターから充電する方式です。

 ノイズキャンセリング技術は、この機種は、未搭載です。

 防水性は、保証されません。

---

 以上、WI-XB400 の紹介でした。

 低音域の迫力を重視するならば、この機種が選択肢となります。

 一方、値段的も値頃感があることから分かるように、ターゲット層は若い世代です。

 いわゆる「ドンシャリ」系なので、自然さ、中音域の聞きやすさなどを重視したい方は、選択肢にはならないでしょう。


 201810061503.jpg

 【2018年発売】

 8・SONY WI-SP500 
  ¥5,150
Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:
コーデック:SBC・AAC
連続再生時間:8時間
ドライバー:13.5mm  
ノイキャン:
防水性能:IPX4
重さ:18g

 SONYWI-SP500は、2018年に発売されたソニー製品です。

 201810061509.jpg

 装着方法は、こちらは、図のような、コード型となります。

 一方、イヤホンは、(カテゴライズしにくい)変則設計です。

 形状的に言って運動時にも利用できますが、イヤホンが開放型です。

 そのため、図書館や電車などで利用すると激しく音漏れして「迷惑」になります。

 逆にトレーニング時に利用する場合は、環境音を取り込めるため安全性が高いでしょう。

 SONYもその用途を想定しているようで、IPX4等級の防滴性能を付与して、雨天に強くしています。

 再生周波数帯域は、開放型を採用しているためか、スペック非開示です。

 ドライバーは、13.5mmというかなり大きなドライバーです。

 ただ、「音を綺麗に聴く」ことを目的とした製品ではないでしょう。

 音質は、試聴しましたが、トレーニング時と割り切っても音質面は「平凡」です。

 開放型なので音抜けは良いですが、その程度です。設計も昔のものなので、DSEE技術や「360 Reality Audio」の個人最適化機能はないです。

 Bluetoothコーデックは、こちらも、標準的なSBCとAACに対応します。

 通信安定性の面では、本機は、Bluetooth4.2ですので、旧来の水準です。

 連続再生時間は、8時間です。

 ノイズキャンセリング技術は、この機種は非対応です。

 202307221302.jpg

 防水性は、IPX4等級です。

 水没しなければOKというレベルですから、汗や雨くらいでは壊れないでしょう。

----

 以上、WI-SP500の紹介でした。

 JBLにもありましたが、防滴性能があるためスポーツ時に利用するのに向くタイプです。

 カナル型(密閉型)でないため、トレーニング時に(汗などで)耳に違和感を感じる方には「救い」となる製品でしょう。

 ただし、日常生活で利用する場合は音漏れがするので、トレーニング時に専門特化したイヤホンとして使いましょう。


 201901221900.jpg

 【2019年発売】

 【Google Assistant対応】

 9・SONY ワイヤレスイヤホン WI-C600N
  ¥23,760 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:
コーデック:SBC, AAC, aptX
連続再生時間:6.5時間
ドライバー:6mm
ノイキャン:1マイク式
防水性能:
重さ:27g

 SONYWI-C600N は、ソニーの中級Bluetoothイヤホンです。

 201901221902.jpg

 装着方法は、ネックバンド型です。

 重さはありますが、方式的に、装着時の重量感は気にならないでしょう。

 再生周波数帯域は、非公開です。

 ドライバーは、1つのみ搭載されるダイナミック型(1WAY)です。

 ネオジウムの一般的なドライバで、サイズは6mmと小さめです。

201901221905.jpg

 音質は、ドライバーの口径の小ささもあり、総合的な、音質は価格からするとイマイチです。

 圧縮音源の音質を向上させるDSEE技術は搭載です。

 立体音響は、「360 Reality Audio」の個人最適化機能は(発売時期の関係で)ないです。

 202202101058.jpg

 Bluetoothコーデックは、SBCとAACに対応です。

 その上で、低遅延で、CDグレードの音質のApt-Xにも対応します。

 iOS系はスマホ側の未対応で利用できませんが、Android系の対応スマホなどでの利用には向きます。

 通信安定性の面では、一方、本機は、Bluetooth4.2ですので、一般的な水準です。

 連続再生時間は、6.5時間です。

 201911061210.jpg

 ノイズキャンセリング技術は、この機種は、対応します。

 そのため、電車やバスの騒音を打ち消せます。

 とくに、ソニーの場合、AIノイズキャンセリング(フルオートノイズキャンセリング)に対応し、シーンに合わせてキャンセルレベルが調整されます。

 通勤中・飛行機の中・職場など、騒音の質に合わせて、周波数カットするため、効果は、他社の同価格帯の製品より高いです。

  201911061206.jpg

 特に、SONYの場合、アプリで、外音取り込みモードを選択できます。

 人の声や、電車のアナウンスなどをマイクから拾うため、利便性が高いです。

 なお、本機の場合、同社の高級品とちがって、ノイズキャンセルのために集音するマイクは外側のみなので、より徹底した機種はあります。

 防水性は、ありません。

---

 以上、WI-C600Nの紹介でした。ドライバーが小さく、静粛な場所での音質面ではイマイチです。

 ただし、通勤電車など、そもそも騒音がある場所では、こういった音質よりも、ノイズキャンセラの精度のがより重要です。

 その点で言えば、通勤電車専用!などで考える場合は、選択肢となるでしょう。


 201911061721.jpg

 【2019年発売】

 10・SONY WI-1000XM2 BM
 11・SONY WI-1000XM2 SM
  ¥39,420 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:3Hz-40kHz
コーデック:SBC AAC, LDAC
連続再生時間:10時間
ドライバー:9mm+BA
ノイキャン:Wマイク式(自動)
防水性能:
重さ:58g

 SONYWI-1000XM2は、SONYのBluetoothイヤホンの最上位機です。

 Atlasも仕事・出張用に利用していた、WI-1000Xの後継機として登場しました。

 201911061241.jpg

 装着方法は、ネックバンド型です。

 見ての通りかなり太く、重さも58gです。

 ただ、耳の部分は片側7gですし、ネックバンド式なので、違和感はないし、疲れません。

 なお、重みがあるのは、後ほど紹介するように、高精度なノイズキャンセラが搭載されているためです。その点で言えば、アクティブな利用には向かないという製品です。

 再生周波数帯域は、低音が3Hz、高音が40kHzまでです。

 スペック的に、耳の可聴域やCDの収録範囲(20Hz-20kHz)を超えます。

 しかし、先ほども書いたように、帯域幅の余裕は、音の自然さを一般的に高めるため、意味があります。

  201401261031.jpg

 その上で、高音域40kHz以上のため、CD音質を越える、ハイレゾ音源に対応できます。

 202106101101.jpg

 CD音源に変わる形で最近広まっている音源で、定額聴き放題サービスでも、対応が開始しつつあります。

 例えば、アマゾンの定額聴き放題サービスでは、「Amazon Music」で、ハイレゾ音源の配信がはじまっています。

 2021年6月からは、通常音質の聴き放題サービスであるAmazon Music Unlimited契約だけで、CD・ハイレゾ音質となるこちらのサービスが聴けるようになっています。

 詳しくは、同社の説明サイト(こちら)をご覧ください。無料試用も可能です。

 201911061244.jpg

 ドライバーは、ソニーの上位機特有のハイブリッド型です。

 9mmのダイナミックドライバーと、高音域要のバランスド・アーマチュア型ドライバーを採用した、Wドライバー仕様です。

 低音域と高音域をそれぞれ別のドライバー(スピーカー)が対応します。

 とくに、専用ユニットで、高音域がしっかり出る点で、ハイレゾ向きなシステムであり、高音域における繊細な音の再生が可能です。

 音質は、CDレベルの音源を含めて、クリアな中・高音域が特長です。

 帯域の広さを十分感じられる仕様です。

 Atlasは、ユニットがこれと同様の旧機を所有しています。

 そちらの場合、ソニーの高級ラインなので、Wドライバーでも、過度に「ドンシャリ感」はなく、中音域の聞きやすさも兼ね備え、「出来が良い」です。

 201711241147.jpg

 また、こちは、DSEE HXも採用です。

 先ほどのDSEEの上位互換です。圧縮音源をCD音質にするだけではなく、ハイレゾ音質に満たない通常のCDなどの音質も再計算し、ハイレゾ並みの音質にアップコンバート再生する機能です。

 202307221701.jpg

 音質のパーソナライズは、対応です。

 ノイキャンのかかりを最適化させるため、内蔵マイクを使いつつ調整する機能があります。

 また、周囲の気圧状態も見ながら調整する点はソニーの独自性です。

 202202101058.jpg

 Bluetoothコーデックは、SBC・AACに加えて、 LDACにも対応します。

 LDACは「高性能コーデック」で、ハイレゾ音源を含めて、音質を劣化させずに送れます

 これには、機器側(スマホ・ウォークマン側)の対応も必要です。

 ただ、この部分は順次対応されていくでしょうから、気にして損がない部分です。

 202106151130.jpg

 立体音響は、対応です。

 先述の「360 Reality Audio」の認定製品です。

 先述のように、Appleの「空間オーディオ」を含めて、3D立体音源は(ある意味ハイレゾより)普及しそうな勢いのある音源です。

 本機は「360 Reality Audio認定ヘッドホン」ですので、耳の形やヘッドホン特性に応じた、カスタマイズが可能です。

 202106151103.jpg

 なお、空間オーディオは、、360 by deezernugs.netほか、定額聴き放題サービスでも、「Amazon Music Unlimited」でも、3Dオーディオは配信がはじまりました。

 イヤホンも2021年後半からアマゾンで使えます。(こちら)で無料体験も可能です。

 ハイレゾより対応が簡単なので、(イマイチ拡がらなかった)ハイレゾより急速に普及する気がします。

 立体音源は、本機も、「360 Reality Audio」の認定製品ですので対応です。

 通信安定性の面でも、Bluetooth 5.0で、接続安定性が高まってもいます。

 201810072014.jpg

 ノイズキャンセリング技術は、この製品から一次元高い「上級技術」が採用されます。

 下位機種の場合、外部マイク1つのみの構成でした。

 しかし、この製品は、内部にフィードバックマイクがあり、聴いている音楽自体もデジタル化し、同じくデジタル化した外音を打ち消す仕組みです。

 デュアルノイズセンサーテクノロジーとソニーは呼びますが、効果は下位機種よりも高いです。

 201911061249.jpg

 その上で、ノイキャンを制御するチップについて、2019年登場の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」が採用となっています。

 従来の4倍の処理能力を有しており、優秀です。

 201911061251.jpg

 また、下位機種にも搭載があった、フルオートAIノイズキャンセリング機能・外音取り込みモードを進化させた、アダプティブサウンドコントロールも注目点です。

 この場合、スマホの加速度センサーを利用し、ノイズキャンセラ・外音取り込みレベルを、自動切り替えしてくれます。

 202205201028.jpg

 なお、周囲の環境に応じて調整できる、アダプティブハイブリッドANCは、現状のノイズキャンセルの諸方式では「最強」と言える方式です。

 201810072021.jpg

 通勤時は、歩いたり、座ったり、止まったり状況が変わるため、都度、モードを変更してくれるのは便利です。

 変更時には「ピー」という音声で案内があります。

 そのほか、飛行機などを利用する際の気圧の変化を検知して、音を最適化する機能も搭載しますので、出張時にも便利です。

 イヤホンのノイキャン技術としては、最高レベルです。

 連続再生時間は、10時間です。

 ノイキャン搭載機ですし、その他の機能性を考えれば及第点です。

 一般的には十分です。

 防水性は、ありません。

---

 以上、ソニーのWI-1000XM2の紹介でした。

 ハイレゾ対応とノイキャン対応の「いいとこ取り」と言って良い機種です。

 通勤のほか、勉強時など静かな場所で着座しても利用する方には、便利でしょう。その場合に重要なバッテリーの保ちも良いです。

 難点は重さですが、これは、スポーツイヤホンではないので、個人的にはあまり気にしなくて良いと思います。

ーーー

  201711241143.jpg

 【在庫限り】

 12・SONY h.ear in 2 Wireless WI-H700
  ¥18,532 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:5Hz-40kHz
コーデック:SBC AAC, aptX LDAC
連続再生時間:6.5時間
ドライバー:9mm  
ノイキャン:
防水性能:
重さ:38g

 なお、現在は生産終了ですが、 SONYWI-H700という下位機が以前ありました。

 201606171027.jpg

 こちらについては、ノイズキャンセラ未搭載で、9mmのシングルドライバーとはなりますが、ハイレゾ対応で、DSEE HXも搭載でした。

 まだ在庫はあるので、ハイレゾ対応機でできるだけ安いもの、が欲しいならば、選択肢になります。

1-4・ヤマハのイヤホン

 202110271048.jpg

 続いて、ヤマハのBluetoothイヤホンです。

 これまでは、開発会社のSNEXTが同社の製品を開発してきました。

 クアルコムから新しいノイズキャンセラ用の汎用チップがでたタイミングで、Bluetoothイヤホンに本格参入してきました。


 202002120945.jpg

 【2020年発売】

 【ノイズキャンセラ搭載機】

 13・ヤマハ Empower Lifestyle EP-E50A
  ¥7,165 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 【ノイズキャンセラなし】

 14・ヤマハ Empower Lifestyle EP-E30A
  ¥3,418 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC, AAC, aptX-HD
連続再生時間:9時間
ドライバー:9mm
ノイキャン:1マイク式
防水性能:
重さ:

 ヤマハEP-E50Aは、同社から新登場したノイズキャンセラ搭載Bluetoothイヤホンです。

 価格的にはソニーのノイキャン入門機のライバルとなります。

 なお、EP-E30Aという下位機種も同時発表されましたが、ノイズキャンセラ・外音取り込み・Apt-Xに非対応です。

 202002120959.jpg

 装着方法は、コード型です。

 ネックバンドがない分軽量ですが、装着安定性の部分は削がれます。

 再生周波数帯域は、20Hz-20kHz表記です。

 ドライバーは、1つのみ搭載されるダイナミック型(1WAY)です。

 ただ、9mmサイズですので、ソニーの入門機よりは大きめです。

 202002111347.jpg

 音質は、SONYのDSEEなど音質向上を目的とする技術は非搭載です。

 音質のパーソナライズは、同社の製品の特長です。

 独自機能の「リスニングケア」が搭載です。

 これは、再生音源のボリュームにより、高音域・低音域の周波数を調整する機能で、リアルタイム補正の1つです。大音量にしすぎることを防ぎ、耳をケアする機能です。

 イヤホンは、この部分を問題視されていますし、割と良い機能です。

 202202101648.jpg

 Bluetoothコーデックは、SBC・AAC・Apt-Xに対応します。

 また、ハイレゾ音質のApt-X HDにも対応しますが、本体自体がハイレゾ再生に対応するグレードではないため、ハイレゾには未対応です。

 通信安定性の面では、最新機として、Bluetooth5.0に対応です。

 連続再生時間は、9時間と長めです。

 202002121006.jpg

 ノイズキャンセリング技術は、この機種は、対応します。

 外音取り込みモードも装備です。

 本機の場合、米国クアルコムのQCC5124チップを利用することで、可能になったものです。

 これまでは、SONYなど開発環境と特許技術を持つ企業のみしか、「ほぼほぼ」ノイズキャンセラ搭載機が出せませんでした。

 しかし、この汎用チップの登場でヤマハからも出た形です。

 このチップの登場は、サードパーティが比較的容易にノイズキャンセラ搭載機を開発できることを意味するため、今後他社からも出てくるでしょう。

 ただし、Wマイク仕様ではない点と、(再生音量に伝道するのみで)移動などのシーンに合わせたノイズキャンセラの制御には未対応ですので、ソニーとは差があります。

 防水性は、ありません。

---

 以上、ヤマハEP-E50A紹介でした。

 汎用チップの採用で、比較的安くノイズキャンセラ搭載機を手に入れられる点が売りです。

 その上で、「リスニングケア」の装備が魅力ですが、外音に連動するソニーの形式のほうが、通勤通学にはやや実用的かとも思います。


 202011301019.jpg

 【2020年発売】(在庫限り)

 15・ヤマハ Empower Lifestyle EP-E70A-B
 16・ヤマハ Empower Lifestyle EP-E70A-W
  ¥23,643 楽天市場 (11/3執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC, AAC, aptX adaptive
連続再生時間:9時間
ドライバー:9.2mm
ノイキャン:Wマイク式
防水性能:
重さ:62g

 ヤマハEP-E70Aは、同社のノイズキャンセラ搭載Bluetoothイヤホンの上位機です。

 同社の上位機ですが、原稿在庫をもって生産完了です。後継機はないです。

 202011301020.jpg

 本体色は、ブラック(EP-E70A(B))とホワイト(EP-E70A(W))です。

 装着方法は、ネックバンド型です。

 重さは、ソニー機とほぼ同等で、重めです。

 ただ、このタイプは、主な重量が首に掛かるので、とくに不快感はないです。

 再生周波数帯域は、20Hz-20kHz表記です。

 ドライバーは、ダイナミック型(1WAY)です。

 9.2mmサイズです。後発の利点で、わずかですがソニーより大きめとしています。

 202011301027.jpg

 音質のパーソナライズは、「リスニングケア」の搭載が目立ちます。

 本機は、「リスニングケア(アドバンスド)」として、上位の機能を持ちます。

 この場合、単純に音量レベルを、「音量」に基づいて調整するだけでなく、コンテンツ自体の録音レベル情報と、ノイキャン用のインマイクの背景雑音の解析情報とをデータとして利用します。

 ネックバンド型として性能の良いエンジンを搭載したため可能になった技術でしょう。

 202202101648.jpg

 Bluetoothコーデックは、SBC・AACに対応します。

 一方、本機は、Apt-XApt-X adaptiveにも対応します。

 ソニー機は対応しない部分なので、特にAndroid系のスマホユーザーには、遅延対策の部分で有利です。

 立体音響は、規格的に非対応です。

 通信安定性の面では、最新機として、Bluetooth5.0に対応です。

 連続再生時間は、ノイキャンONでも、18時間と長めです。

 202011301032.jpg

 ノイズキャンセリング技術は、この機種は、対応します。

 ヤマハの場合もWマイク式です。

 ソニー機と比較する場合、両側の騒音を解析する部分は同じですが、インマイク(フィードバックマイク)側について、音楽信号とノイズを切り分けて、ノイキャン特有の音質変化を防ぐという方向性です。

 ヤマハは「音のクリアさ(ピュアオーディオ)」を優先するメーカーなので、ノイズキャンセラの効きより、「ノイキャンを使ってもできるだけ自然な音質」であることを重視したようです。

 ただし、その分、騒音の打ち消し効果は(1マイク式と比べても)低いので、没入感はイマイチでしょう。

 外音取り込みモードは、本機も付属です。

 防水性は、ありません。

---

 以上、ヤマハEP-E70Aの紹介でした。

 「音のクリアさ」という同社の哲学を保持しつつ、「ノイキャン」を搭載した機種としてかなり評価できます。

 通勤通学でも加工感のない(できるだけ)ピュアな音で聴きたい層は一定数いますので、訴求力は高いと思います。

1-4・オーディオテクニカのイヤホン

 202106151526.jpg

 続いて、オーディオテクニカの 完全ワイヤレスイヤホンです。

 日本の老舗で、スタジオモニター用など、原音忠実性が売りです。


 201810061758.jpg

 【2018年発売】

 17・オーディオテクニカ ATH-CKS770XBT
  ¥6,500 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:5Hz-42kHz
コーデック:SBC AAC aptX
連続再生時間:7時間
ドライバー: 11mm
ノイキャン:
防水性能:
重さ:28g

 ATH-CKS770XBT は、日本のオーディオテクニカが販売するBluetoothイヤホンの最上位機です。

 古くからのイヤホンメーカーで、割と格安な製品に強いですが、中高級機も一定数出しています。

 201810061802.jpg

 装着方法は、図のような、コード型となります。

 アクティブな活動には向かない仕様で、防水機能も持ちません。

 201810061803.jpg

 再生周波数帯域は、低音域が5Hz、高音域が40kHzまで対応です。

 測定値としては良く、(性能だけならば)ハイレゾレベルです。

 ドライバーは、11mmです。

 この価格帯の製品として大きめです。

 音質は、1ウェイなので、ドンシャリ感もなく、試聴の限り、できがよい製品です。

 ただし、SOLID BASSという同社のシリーズに属し、その設計思想を踏襲しているため、どちらかと言えば、重低音を強調する特性です。

 AKGとは性質が異なりますが、それはそれで「面白い」でしょう。

 202202101058.jpg

 Bluetoothコーデックは、SBC規格のほか、CD音質での電送に対応するaptXに対応する機種です。iPhone系でもAACに対応します。

 ただ、LDACには対応しないため、残念ながらハイレゾは未対応です。

 通信安定性の面では、本機は、Bluetooth4.1ですので、少し以前のタイプです。

 ノイズキャンセリング技術は、未装備です。

 連続再生時間は、7時間です。

 防水性は、ありません。

---

 以上、オーディオテクニカATH-CKS770XBTの紹介でした。

 音質面でのスペックは、他社機と比べても高いです。あまり売れている製品ではないですが、2018年のVGPの金賞を受賞するなど、「識者」の評価もある製品です。

 一方、外観のデザインの「格好良さ」と、バランスを含めた装着感の良さはやや課題ですが、音の実力は侮れない製品です。


 201911062247.jpg

 【2019年発売】

 18・オーディオテクニカ ATH-ANC400BT
  ¥24,980 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

再生周波数帯域:5Hz-40kHz
コーデック:SBC AAC, AptX HD
連続再生時間:10時間
ドライバー: 12mm
ノイキャン:Wマイク式
防水性能:
重さ:87g

  ATH-ANC400BT は、日本のオーディオテクニカが販売するイヤホンです。

 201911062250.jpg

 装着方法は、ネックバンド型です。

 ソニーの最上位機 WI-1000Xと同形式ですが、重さも87gとです。

 さすがに(もうすこし)軽量化して欲しい数字です。

  201401261031.jpg

 再生周波数帯域は、低音が5Hz、高音が40kHzまでです。

 ハイレゾに対応できる、余裕のあるスペックです。

 201911062252.jpg

 ドライバーは、12mmのダイナミック型のシングルドライバーです。

 大きめのユニットで、2層式の振動板にしている部分が独自性です。

 音質のパーソナライズは、特段機能性を持ちません。

 202202101058.jpg

 Bluetoothコーデックは、この機種はSBC・AACに加えて、Aptx-HDに対応します。

 したがって、ハイレゾ再生は、Aptx-HDにての対応です。

 ソニーの場合、自社のウォークマンやスマホがLDAC対応なので、わりと融通が効きやすいですが、Aptx-HDはさほど普及していないため、この部分はネックでしょう。

 立体音響も、非対応です。

 通信安定性の面では、本機はBluetooth5.0に対応です。

 201911062257.jpg

 ノイズキャンセリング技術は、内部にマイクが2つある、Wマイク式です。

 ソニー上位機と同等の方式で、現状では最高水準です。

 一方、外音取り込みモードに相当する「クイックヒアスルー機能」はありますが、自動でキャンセルレベルを変更する機能は無いため、利便性は、ソニー系に負けます。

 稼働時間は、20時間です。

 割と長寿命です。

 その他、付属のUSB-Cケーブル経由で、PCなどとUSB接続ができる構造です。

---

 以上、ATH-ANC400BTの紹介でした。

 ハイレゾ対応とノイキャン対応に対応する機種は「ソニーの独壇場」だったのでライバル出現と言えます。

 音質の部分では、オーディオテクニカも、対抗配置のドライバーなど優れたメーカーなのですが、ノイキャンユニットを搭載するためか、上位技術を採用しない普通の形式を採用します。

 その上で、軽量化が十分でない部分もあり、(値段次第ですが)能力面では、ソニーの上位機に及ばない点が目立ちます。

次回につづく!
Bluetoothイヤホンのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、音楽用のBluetoothイヤホンの比較の1回目記事でした。

 しかし、記事はまだまだ「続き」ます。

 201810061341.jpg

2・Bluetoothイヤホンの比較(2)
 2-1:Anker〈米国〉
 2-2:Beats〈米国〉
 2-3:JBL〈米国〉
 2-4:パナソニック〈日本〉
 2-5:ゼンハイザー〈ドイツ〉
 2-6:AVIOT〈日本〉
3・Bluetoothイヤホンの比較 (3)  
 =最終的なおすすめの提案【結論】

 続く2回目記事こちら)では、のこしてしまったオーディオテクニカの製品をみたあと、上表の各社の製品を引き続き紹介します。

音質の良さ    ★★★★★
重低音      ★★★★★
ノイズキャンセル ★★★★★
軽量性      ★★★★★
防塵・防滴性   ★★★★★
ハイレゾ音源   ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 その上で、3回目記事こちら)で、今回紹介したBluetoothイヤホン全機種から、価格別・目的別に「Atlasのおすすめ機種!」を提案していきます。

 引き続きよろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら

 今回の前半記事がお役に立ったようならば幸いです。Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 14:34 | オーディオ製品

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png