Top 自動車関係 比較2020’【機能別】人気ドライブレコーダー57機のおすすめ・選び方(Car Dash Cam-2)

2020年05月21日

比較2020’【機能別】人気ドライブレコーダー57機のおすすめ・選び方(Car Dash Cam-2)

今回のお題
最新のドラレコで性能面からおすすめはどの機種? 

 ども、Atlasです。

 201812021242.jpg

 今回は、ドライブレコーダーの比較をしています。

 なお、この記事は、前編からの続き記事です。検索エンジンから来られた方は、前編【こちら】からご覧ください。

3・夜間に強めの中級ドラレコ(続き)

 201904201234.jpg

 【2018年】

 【Amazon限定】

  25・ユピテル ドライブレコーダー SN-SV40c
  ¥12,000 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素
画角:130度
液晶:1.5インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応: Starvis・HDR
防犯機能:
GPS記録:
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: microSD 8GB(32GBまで)

  SN-SV40c は、ユピテルも中級グレードの「SUPER NIGHTモデル」の製品です。

 201808191050.jpg

 ただし、先ほどのWD250S と比較した場合、画角が130度と制限される製品です。

 前面1カメラ設置の場合、ある程度広角に撮れないと、実用上やや問題があります。

 StarvisやHDRが装備され、夜間に強いのは、上位機同等ですが、価格差をふまえても、選ぶならば、WD250Sのほうでしょう。

---

 201808191054.jpg

 【2018年】【通常型番】

 24・ユピテル SN-SV60c
  ¥13,800 楽天市場 (5/21執筆時)

 なお、このグレードについては、販売網のことなる「同系機」として、以上の製品もあります。

 WD250Sと比較する場合、画角・解像度・夜間対応など基本的な仕様は同じですが、追加で、GPSと無線LANが搭載される製品です。

 とはいえ、中級グレードの製品としては「割高価格」になってしまうので、多少選びがたいと言えます。


 201907261424.jpg

 【内蔵+車載バッテリー録画対応】

  26・パイオニア VREC-DZ600C
  ¥18,677 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【内蔵バッテリー録画のみ】

  27・パイオニア VREC-DZ600
  ¥24,040 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素(裏面照射型)×2
画角: 160度
液晶:2インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応: Starvis・HDR
防犯機能:バッテリー録画(最大90分)
GPS記録: 搭載
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: microSD 16GB(128GBまで)

 VREC-DZ600Cは、パイオニアの販売するドラレコです。

 なお、姉妹機として、VREC-DZ600が出ています。

 このモデルについては、車載バッテリーでの駐車監視機能が省略されます。

 201907261428.jpg

 画角は、対角160度です。

 画素数は、200万画素で、ハイビジョン画質です。

 ドラレコの画質は、ソニーの裏面照射型センサー(Starvis)を採用した上、ソフト的にもHDRを搭載します。

 夜間利用においては、確実な能力が期待できます。

 LED信号は、対応機です。

 安全機能は、こちらも、省略されている機種です。

 201907261431.jpg

 駐停車中のバッテリー録画は、パイオニアの「売り」ですから、もちろん対応です。

 オプション購入なしで、監視時間が90分が可能です。また、衝撃の前後の30秒の録画に制限すれば、24時間監視も可能です。

 面白いのは、レンズ部分が可動式で、室内に向けることも可能である点です。要するに、駐車時に室内側に向けることで、車内監視ができる点という工夫です。

 GPSは、付属するモデルになります。

 SDカードは、最初から16GBのMicroSDカードが付いている製品です。

 201907261356.jpg

 ネットワークは、Wi-Fiを搭載し、ワイヤレスモニターとして運用可能です。

---

 以上、パイオニアのVREC-DZ600Cの紹介でした。

 配線的に後方カメラを諦める場合で、車上荒らし対策として駐車監視機能が簡単に利用できるモデルを探している方には選択肢となるでしょう。

 やや高いですが、夜間運転が多い方で、夜間人気のない場所に駐車しがちな方は、有効な選択肢となりそうです。

 201907261437.jpg

  28・パイオニア VREC-DZ200
  ¥15,225 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 なお、パイオニアからは、より下位の機種としてVREC-DZ200もあります。

 ただ、対角111度と画角が狭いほか、ナイトサイトのほか、夜間の利用に重要なHDRが搭載されません

 実用的とは言えない水準ですので、選択肢にしなくて良いでしょう。


 201808191155.jpg

【2017】

 29・GARMINドライブレコーダー GDR S550
  ¥29,480 楽天市場 (5/21執筆時)

画素数:210万画素
画角: 124度
液晶:2インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応: Starvis・WDR
防犯機能:録画対応可
GPS記録: 搭載
安全機能:レーンキープ・前方衝突・発進遅れ
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード:16GB MicroSD(64GBまで)

 GDR S550 は、米国のガーミンの発売するドラレコです。

 日本では2017年からの展開です。

 201808191157.jpg

 画角は、対角124度です。

 本体価格からすると、もう少し能力があっても良いでしょう。

 画素数も、210万画素で、フルハイビジョン画質に止まります。

 やはり価格からするとイマイチです。

 ドラレコの画質は この機種もソニーの裏面照射型を採用します。

 ユピテルの「SUPER NIGHTモデル」と同等です。

 ただ、ソフト的な補正は、HDRに未対応で、WDRの採用に止まります。レンズは、夜間対応力はそれなりに高そうですが、やはりこの部分は弱点でしょう。

 201512191549.jpg

 LED信号対応は、日本市場向けでしょうか、LED信号機の信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能がつきます。

 海外製品としては珍しいです。

 安全機能は、レーンキープ・前方衝突・発進遅れ警告と大事な部分は網羅します。

 駐停車中のバッテリー録画は、バッテリー未搭載ですが、この製品は付属のパーキングケーブルをつなげる形で対応します。

 別売ではない点が注目ポイントでしょう。また、その場合、人感センサー付属で、検知の前10秒、後20秒を記録するため、防犯性は高いです。

 GPSは、付属するモデルになります。

  201710142251.jpg

 SDカードは、最初から8GBのMicroSDカードが付いている製品です。

 Wi-Fiは付属する機種です。その他、手元操作用のリモコンが付属する点が魅力ですね。

---

 以上、ガーミンGDR S550の紹介でした。

 米国製ながら、LED信号対応で、安全運転・防犯機能が充実している機種です。画質面もそれなりに優れているのですが、新発売と言うことで、価格競争力が現状ではイマイチですね。

 ただ、画像記録やエンターテイメント性の点で言えば、リモコンの付属は著しく利便性が高いです。ここが「ガーミンの強み」でしょう。

−−

 201808191155.jpg

 30・GARMIN GDR E560
  ¥29,800 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 31・GARMIN GDR E530
  ¥------ Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 なお、ガーミンからは以上2つの下位機種も発売されています。形状・サイズは上位機と同じです。

 E560は、GDR S550と比べると、320万画素と画素数高く、HDRにも対応する点で「上位」ですが、リモコンが付属しない製品です。

 E530は、GDR S550と比べると、WDRにも対応しない点で画質がより劣る製品です。リモコンもありません。

 その他の部分は同様で、Wi-Fiも搭載します。

 エンターテイメント性を重視する点は、こちらもガーミンらしい製品です。

 ただ、それを活かすためのリモコンがないのは大きなマイナス点ですね。ガーミンの魅力を削いでしまっていると言えます。

4・比較的価格の安いドラレコ

 ここからは、フルハイビジョン画質で、裏面照射型センサー(Starvis)に搭載しない代わりに、値段が安めの「入門用ドラレコ」を紹介します。

1・ユピテルの格安ドラレコ

 201910251551.jpg

 【2018年】

 【Amazon限定】

  32・ユピテルドライブレコーダー DRY-ST500P
  ¥6,600 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:100万画素
画角: 105度
液晶:2インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応:
防犯機能:
GPS記録:
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: microSD 8GB(32GBまで)

 DRY-ST500P は、ユピテルのウェブ限定製品で、同社では最も安いモデルです。

 201910251554.jpg

 画角は、さすがに、105度と相当狭いです。

 画素数も、100万画素です。

 フロントカメラで、フルHD解像度を達成していない点は相当問題で、実用性の部分では、他機より相当「落ち」ます。

 ドラレコの画質も、HDRを含めて、夜間視認性の向上に関わる工夫が一切ない機種です。

 「日中限定機」と言えます。

 201512191549.jpg

 LED信号は、対応です。

 安全機能は、省略されている機種です。

 A・マルチバッテリー OP-MB4000
  ¥23,376 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 B・電源直結ユニット OP-VMU01
  ¥5,673 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 駐停車中のバッテリー録画は、別売オプションパーツで対応します。

 上位機同様に、バッテリーに直接ケーブルでつなげるタイプです。

 GPSは、このモデルは、省略です。

 SDカードは、最初から8GBのMicroSDカードが付いている製品です。

 ネットワークは、Wi-Fi未装備となります。

---

 以上、ユピテルのDRY-ST500Pの紹介でした。

 性能面では、期待値が低い機種です。現在の標準に大幅に遅れを取っているため、性能を重視するならば、選択肢とはならないでしょう。


 201910251551.jpg

 【2018年】

 【Amazon限定】

  33・ユピテル DRY-ST700P  
  ¥10,380 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【通常型番】

  34・ユピテル DRY-ST1100c
  ¥8,580 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素
画角: 130度
液晶:2インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応:HDR
防犯機能:
GPS記録:
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: microSD 8GB(32GBまで)

 DRY-ST700P は、ユピテルの製品では、2番目に安いモデルです。

 なお、 流通の違いでDRY-ST1100cという型番もありますが、性能は同じです。

 画角は、130度です。

 1万円以上の上位機より性能が良いわけではないですが、「妥協できる」水準ではあります。 

 画素数も、200万画素であり、フルHD解像度に達しています。

 201910251604.jpg

 ドラレコの画質も、ソフト的な補正であるHDRには対応しますので、夜間やトンネル区間の性能は、まずます向上しています。

 その他の部分は、下位機種と同様です。

---

 以上、ユピテルのDRY-ST700P の紹介でした。

 予算1万円以内で「最低限必要な」機能を持つドラレコを選ぶ場合、有力な選択肢でしょう。

 秀でた部分はないですが、総合的に必要な能力は持っていると思います。


 201907261212.jpg

 【2019年】

 【Amazon限定】

 35・ユピテル WD310
  ¥9,980 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【通常型番】

 36・ユピテル DRY-ST2100c
  ¥14,300 楽天市場 (5/21執筆時)

画素数:200万画素
画角: 160度
液晶:2.0インチ
衝撃センサ:搭載(10段階)
夜間対応:HDR
防犯機能:オプション
GPS記録: 搭載
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: 8GB MicroSD(32GBまで)

 WD310は、同社の入門機のなかでは、「多少性能が高い」機種です。

 201804211002.jpg

 本体は、こちらも、長方形の形状で、フロントガラスに設置する一般的な方式です。

 画角は、一方、対角160度です。

 下位機種よりも水準が高く、実用面では「ワンランク上」です。

 画素数は、200万画素です。

 この部分では、下位機と同じです。

 201708301214.jpg

 ドラレコの画質も、同じく、HDR機能に対応します。

 LED信号も、識別に対応です。

 安全機能は、省略で、駐停車中のバッテリー録画は、別売です。

 GPSは、一方、この機は搭載されます。

 そのため、走行位置・場所をふまえた記録が可能です。

 SDカードは、最初から8GBのMicroSDカードが付いている製品です。

---

 以上、WD310の紹介でした。

 1万円前後では、画角が広く、GPSも搭載と、割と「贅沢な作り」です。「ちょっと良い入門機」が欲しいならばこちらでしょう。

 一方、夜間・トンネル走行にについては、HDRは付属しますが、裏面照射型センサーが不採用です。「石橋を叩いて渡る」ならば、前半に紹介した上位グレードをおすすめします。

---

 201904201210.jpg

 【2018/12】

 37・ユピテル DRY-ST1700c
  ¥10,963 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:300万画素
画角: 163度
液晶:2インチ
衝撃センサ:搭載(10段階)
夜間対応:HDR
防犯機能:
GPS記録:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: 8GB MicroSD(32GBまで)

 なお、画角や解像度の面でほぼ同様の性能を持つ製品として、DRY-ST1700cがあります。

 ただ、値段がやや高い上で、GPSが省略です。

 画素数は300万画素ですが、先述のように、フルHD解像度の場合、200万画素以上は意味をなさないため、こちらは、あまりおすすめできません。

2・HPの格安ドラレコ

 続いて、アメリカのHP(ヒューレット・パッカード)のドラレコです。

 正規輸入品ですが日本のHPの直販ではなく、プロジェクト琉球 という商社が輸入しているようです。

 そのため、本体の日本語対応はもちろん、国内保証と日本語の説明書も得られます。


  201808191201.jpg

 38・HP(ヒューレット・パッカード) f330s
  ¥8,500 Amazon.co.jp (5/21執筆時)  

画素数: 200万画素
画角: 140度
液晶:2.4インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応:WDR・F値1.9レンズ
防犯機能:バッテリー録画(最大30分)
GPS記録:
安全機能:
通信機能:
音声記録: (ON/Off)
SDカード:(32GBまで対応)

 f330sは、ヒューレットパッカードが販売する、ドラレコです。

 2017年発売のロングセラー機です。

 201808191204.jpg

 画角は、対角140度です。

 価格からすると十分な角度であり、広範囲を写真に収められます。

 画素数は、200万画素です。

 したがって、フルハイビジョン画質です。

 ドラレコの画質は 明るいF値1.9レンズの採用が目立ちます。

 ただし、こちらは、夜間に強いHDR機能は未搭載で、(写真合成をしないという点で)それに及ばないWDRの搭載に止まります。

 LED信号対応は、海外製共通の弱点で、未対応です。

 安全機能も、ありません。

 201801171914.jpg

 駐停車中のバッテリー録画は、HPの場合、低価格機でも搭載です。

 こちらの場合、人感センサーで、物体が動いたときのみ撮影できます。録画は、最大30分ですので、買い物の際などの「保険」的なものです。

 GPSは、未搭載です。

 SDカードは、未付属です。この点は残念です。

 ネットワークは、Wi-Fi未搭載です。

 ただ、この機種は、HDMI端子を装備するため、TVなどへの記録画像の投影に対応できます。

---

 以上、HPf330sの紹介でした。

 低価格機の中でも「安い」ですが、広めの対角と駐車録画機能は魅力でしょう。

 一方、LED信号の部分が国産機に較べての難点であり、いかんともしがたい部分でしょう。

---

 なお、HPからは、いくつかの低価格製品が他にも出ています。

  201808191224.jpg

 39・HP(ヒューレット・パッカード) f350s
  ¥5,540 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

  f350sは、HPが発売するドラレコの下位機種です。

 ただ、こちらについては、画角が約119度と実用性において上位機より劣ります。

 201808191227.jpg

 40・HP(ヒューレット・パッカード) f270
  ¥5,800 Amazon.co.jp (5/21執筆時)
 

 さらに下位機種については、画角は140度ながら、90万画素でフルハイビジョン画質に満たないため、現行水準のドラレコとは言えないでしょう。


  201808191210.jpg

 【2016】

 41・HP(ヒューレット・パッカード) f870g
  ¥8,970 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数: 200万画素
画角: 155度
液晶:3インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応:WDR・F値1.9レンズ
防犯機能:バッテリー録画(約30分)
GPS記録: 搭載
安全機能:レーンキープ・前方衝突・速度
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード:16GB(32GBまで対応)

  f550g は、HPでは、やや価格の高めな製品です。

 画角は、対角155度です。

 ただ、この機種の場合、最大記録画角は132度ですので、性能的には並です。

 画素数は、200万画素で、フルハイビジョン画質です。

 入門機としては十分でしょう。

 201808191217.jpg

 ドラレコの画質は 光学の部分で、明るいF1.8のレンズを利用している点が光ります。

 センサーはSONY製ですが、裏面照射型ではなです。HDRも非搭載で、(写真合成のない)WDRに止まります。

 LED信号は、やはり、未対応です。

 安全機能は、一方、レーンキープ・前方衝突・速度アラートの「3点セット」を搭載します。

 前方発車検知は、ありません。

 駐停車中のバッテリー録画は、下位機種同様に、バッテリーで、最大30分の録画に対応です。

 GPSは、搭載されます。

 専用ソフトで運転した経路を後日確認することも可能です。ただし、Wi-Fiは未搭載ですので、やりとりはSDカードを介します。

 SDカードは、16GB付属です。

---

 以上、HPf870gの紹介でした。

 格安機として、GPS搭載する点は見どころです。ただ、LED信号対応の部分のほか、HDRが搭載されない点は、値段を考えるとやや残念でしょう。

3・他社の格安ドラレコの比較

 201907261501.jpg

 【2019年】

 42・ケンウッド DRV-340 【16GB】
  ¥11,698 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:207万画素
画角: 111度
液晶:2.0インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応: HDR・F2.0レンズ
防犯機能:(オプション)
GPS記録: 搭載
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: 8/32GB Micro SD(64GBまで)

 DRV-340 は、ケンウッドドラレコです。

 本体は、設置写真はありませんが、プラケット込みでW93mm×32mmですので、小型です。

 画角は、しかし、対角115度です。

 あまり優秀とは言えない機種です。

201609071625.jpg

 画素数は、211万画素です。

 したがって、フルハイビジョン画質です。ナンバー視認性は十分な水準です。

 201812021058.jpg

 ドラレコの画質は 一方、この機種の自慢で、レンズが明るくF値が2.0ある製品です。

 明るさはこの機種の利点です。レンズが低光感知CMOSでないですが、そもそもレンズが明るいのと、HDR機能対応です。

 格安機としては、夜間やトンネル走行時の記録は、「十分以上」といってよい水準です。

 201512191549.jpg

 LED信号対応は、ケンウッドも日本のメーカーと言うことで、LED信号機の信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能がつきます。

 安全機能は、未搭載です。

 ただし価格が安いので仕方ないでしょう。

 B・ 電源ケーブルCA-DR150
   ¥4,270 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 駐停車中のバッテリー録画は、こちらも、ユピテルと同じで、別売オプションパーツで対応します。

 やはり、バッテリーに直接ケーブルでつなげるタイプです。

 GPSは、付属するモデルになります。Wi-Fiは未搭載です。

 SDカードは、16GBのMicroSDカードが付属です。

---

 以上、KNA-DR340の紹介でした。

 画角は狭いので、前方のみ対象の機種です。夜間対応は低価格機では「そつなくこなす」機種です。

 夜間運転などを重視するならば、低価格機の中ではある程度実力を期待できます。


 201812021149.jpg

 【2018】

 【GPSあり】  

 43・コムテック ZDR-024
  ¥13,823 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【GPSあり】【世界版】

 44・コムテック ZDR-024CE
  ¥12,980 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【GPSなし】

 45・コムテック ZDR-022
  ¥10,786 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素
画角: 150度
液晶:2インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応: HDR・F2.2レンズ
防犯機能:
GPS記録: (搭載)
安全機能:前方発進・レーンキープ・前方衝突警告
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード:8GB MicroSD(32GBまで)

  ZDR-024は、日本のカーエレクトロニクスメーカーのコムテックが販売するドラレコです。

 いくつかバージョンがありますが、ZDR-024CEは、仕様は同じですが、多言語対応です。カーシェア用でしょう。

 また、ZDR-022は、GPSがない、格安仕様です。

 201812021156.jpg

 画角は、対角150度です。

 ケンウッドの格安機種より広く、また、ユピテル・トランセンドの下位機など、他の1万円クラスの製品に較べても、遜色ない画角です。

 画素数も、200万画素で、フルHD解像度です。

 ナンバープレートの視認性において問題はありません。

 201812021158.jpg

 ドラレコの画質は HDRに対応します。その上で、レンズのF値は2.2です。

 ケンウッドよりは暗いレンズですが、一般的な水準は超えていますし、HDRには対応するため、問題ないでしょう。

 LED信号対応は、この機種も、信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能がつきます。

 日本メーカーは、さすがにどこも対応してきます。

 安全機能は、やや特殊です。

 他社に見られるレーンキープ・前方衝突警告などがない代わりに、前方発進・信号お知らせなどサポート機能が充実します。

 201907261313.jpg

 HDROP-09
  ¥2,178 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 駐停車中のバッテリー録画は、オプションにて対応です。電源はバッテリーから取る方式です。

 GPSは、ZDR-024のみ付属です。

 ただし、同社の上位機と違ってGPSに連動して、駐車監視エリアや速度取締り機の情報などをえる機能は未付属です。

 また、他社は最近は、アメリカのGPS衛星のほか、グロナス衛星に対応しますが、コムテックはGPSのみです。

 SDカードは、最初から8GBのMicroSDカードが付いている製品です。

 ネットワーク、Wi-Fiは未対応です。

---

 以上、コムテックのドラレコの紹介でした。

 エントリーモデルとして、手堅く機能をまとめている印象です。

 突出した部分がない機種ですが、価格重視で考えている場合、選択肢の1つになり得るでしょう。

 他社製品と比較した場合どうなるか?については、最後に改めてまとめます。


 202002050913.jpg

 【2019】【GPSあり】  

 46・コムテック HDR752G
  ¥19,580 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素
画角: 168度
液晶:2.4インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応: HDR・F2レンズ
防犯機能:
GPS記録: 搭載
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード:32GB MicroSD(32GBまで)

  HDR752G も、コムテックが販売するドラレコです。

 202002050918.jpg

 先ほどの製品に較べると、画質は同等程度で、やや高いです。

 ただ、ぶら下げず、フロントガラスに目立たずに取り付けられるメリット性があり、一定の人気があります。

 画角は、対角168度と広めです。

 画素数も、200万画素で、フルHD解像度です。

 201812021158.jpg

 ドラレコの画質は HDRに対応します。その上で、レンズのF値は2です。

 LED信号対応は、この機種も万全です。

 安全機能は、特殊配置のためか、急ハンドルの検知のみで、その他は見られません。

 201812021225.jpg

 GPSは、付属です。

 その上で、同社の上位機同様に駐車監視エリアや速度取り締まり地域の注意喚起機能が付属します。

 レーダーとの連動も可能です。

 202002050929.jpg

 HDROP-14
  ¥2,464 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 駐停車中のバッテリー録画は、オプションにて対応です。

 電源はバッテリーから取る方式です。

 SDカードは、最初から32GBのMicroSDカードが付いている製品です。

 ネットワーク、Wi-Fiは未対応です。

---

 以上、コムテックのドラレコの紹介でした。

 レーダーメーカー独特の機能が利用できる上で、目立たずフロントガラスに取り付けられるメリット性がある製品です。

 一方、画角は広く、HDRも搭載ですが、ナイトビジョン非搭載機としては、やや高めとはなります。

5・リア専用のドラレコの比較

 続いて、後方撮影に特化した、あおり運転対策モデルを紹介します。

 新車オプションでも、後方カメラが付いていない場合もあるため、一定数需要があります。

 なお、後方専用カメラは、電源が独立しているので、特にフロントカメラと同じメーカーでなくてもOKです。


 202002050913.jpg

 【2019】

 【後方専用】  

 47・JVC Everio GC-BR21-B
  ¥13,200 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【前方用】(組み合わせ可)  

 48・JVC Everio GC-DR20-B
  ¥10,838 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:211万画素
画角: 145度
液晶:2インチ
衝撃センサ:搭載
夜間対応: WDR・F2レンズ
防犯機能:
GPS記録:
安全機能:
通信機能:Wi-Fi
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード:8GB MicroSD(32GBまで)

  GC-BR21-B は、JVCケンウッドが販売するリア専用のドラレコです。

 同時発売のフロント用のGC-DR20-Bの姉妹モデルですが、単独での設置が可能です。

 202005211426.jpg

 画角は、対角145度です。

 画素数も、200万画素で、フルHD解像度です。

 リア専用のドラレコですし、このスペックなら十分です。

 ドラレコの画質は、一方、レンズのF値は2ですが、JVCの上位機同様にHDRは不採用です。

 そのかわりに、(写真合成を伴わないソフトウェア技術である)WDRが採用です。

 先述のように、WDRはHDRの「下位技術」ですが、ナンバー可読性はよいので、(情報が多く必要なフロント用と違い)リア専用のドラレコならば、この構成でも良いかと思います。

 LED信号対応は、リアなので、あまり関係なさそうですが、対応です。

 安全機能は、さすがにありません。

 GPSも、未付属です。

 駐停車中のバッテリー録画も、同様です。

 SDカード8GBのMicroSDカードが付いている製品です。

 202005211432.jpg

 ネットワークは、Wi-Fi対応です。

 本機はリアカメラの裏側にもモニターが付きますが、位置的に実用的ではないので、スマホで確認できる仕様にしています。

 先述のように、フロント用が別売りされていますが、同時に使用可能です。

 なお、設置は、シガーソケットですが、リアカメラがある他のドラレコと同じで、8Mのロングケーブルを使って、後方まで回すことになります。

---

 以上、JVCGC-BR21の紹介でした。

 値段も値ごろ感がありますし、上位機のの場合と違い、HDR不採用の部分はさほど弱点にはならないでしょうし、あおり運転対策の「おまもり」としては、良い選択肢の1つでしょう。


 202005211438.jpg

 【2020】

 【後方専用】  

 49・パイオニア VREC-RH200
  ¥20,000 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素
画角: 130度
液晶:
衝撃センサ:搭載
夜間対応: WDR・F1.8レンズ
防犯機能:搭載
GPS記録:搭載
安全機能:
通信機能:Wi-Fi
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード:16GB MicroSD(128GBまで)

 VREC-RH200 は、パイオニアが販売するリア専用のドラレコです。

 202005211442.jpg

 画角は、対角130度です。

 画素数も、200万画素で、フルHD解像度です。

 ドラレコの画質は、レンズのF値は1.8で、本機もWDRが採用です。

 これらの基本スペックの部分では、JVCよりレンズのF値は少し優りますが、画角はこちらが狭く、値段差を考えてもJVCのリアカメラに及ばない製品です。

 LED信号対応は、対応です。

 安全機能は、ありません。

 GPSは、JVCより優れる部分で、本機は付属です。

 202005211446.jpg

 駐停車中のバッテリー録画は、対応です。

 バッテリー録画で、衝撃後30秒記録することが可能です。

 SDカード16GBのMicroSDカードが付いている製品です。

 202005211447.jpg

 ネットワークは、本機もWi-Fi対応です。

 GPSが付属するため、無料の専用アプリで地図に連動させることが可能です。

 この部分もJVCより優れますが、本機の場合、確認用モニターがない点は、留意してください。

 RD-010
  ¥1,252 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 なお、設置は、シガーソケットですが、それ以外に、別売ケーブルを利用すれば、オーディオ電源からとれる電源ケーブルも別売されます。

---

 以上、パイオニアVREC-RH200 の紹介でした。

 JVCよりやや価格が高いですが、GPSが利用できる点は、便利でしょう。ただ、画角は狭いですし、やや割高感はあります。

 値段も値ごろ感がありますし、上位機のの場合と違い、HDR不採用の部分はさほど弱点にはならないでしょうし、あおり運転対策の「おまもり」としては、良い選択肢の1つでしょう。


 202005211458.jpg  

 【2020】

 【後方専用】  

 50・ユピテル SUPER NIGHT SN-R11
  ¥18,150 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素
画角: 163度
液晶:
衝撃センサ:搭載
夜間対応: Starvis・HDR
防犯機能:
GPS記録:搭載
安全機能:
通信機能:Wi-Fi
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード:8GB MicroSD(32GBまで)

  SN-R11は、ユピテルが販売するリア専用のドラレコです。

 202005211503.jpg

 画角は、対角163度です。

 かなり広いです。

 画素数も、200万画素で、フルHD解像度です。

 202005211504.jpg

 ドラレコの画質は、一方、優秀です。

 ソニーの裏面照射型センサーをのせた「SUPER NIGHTモデル」である点と、HDRに対応する部分で、リア専用のドラレコとして、画質は最も万全です。

 その代わり、写真にあるよう、リア用としては、やや本体は大きいです。

 LED信号対応は、非公表です。

 ただ、リア専用のドラレコですし、これで良いでしょう。

 安全機能は、ありません。

 GPSは、付属です。

 駐停車中のバッテリー録画は、非対応です。

 SDカード8GBのMicroSDカードが付いている製品です。

 202005211510.jpg

 ネットワークは、本機もWi-Fi対応です。

 一方、ユピテルは、スマホアプリ以外にWindowsアプリも用意されます。

 GPSが付属するため、無料の専用アプリで地図に連動させることが可能です。

 ただし、本機の場合、ドラレコに確認用モニターがない点は、留意してください。

---

 以上、ユピテルSN-R11の紹介でした。

 値段とサイズを度外視すれば、リア専用のドラレコでは現状で最も性能が良いです。

 スペック重視ならばこれが良いでしょうが、あおり運転対策の「おまもり」としては少し高いでしょう。

6・各社のナビ連動モデルの比較

 続いて、大手のナビと連動するモデルを3機種紹介します。

 なお、どの機種とも、同じメーカー製のナビであること対応するナビが限定されることは注意が必要です。

 また、必ずしも連動するモデルが高性能とは言えません。



  201808191231.jpg

 51・パイオニア カロッツェリア VREC-DS600
  ¥16,494 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:212万画素
画角: 121度
液晶:
衝撃センサ:搭載
夜間対応: F値2.0レンズ
防犯機能:
GPS記録: 搭載(カーナビと連動)
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: microSD 8GB付属(32GBまで対応)

 こちらは、Pioneerのドライブレコーダーのカロッツェリア VREC-DS600です。

 201808191232.jpg

 ナビ連動型としては、最も売れている機種です。カメラ自体はかなり小型で、ダッシュボードなどに容易に設置できます。

 ただし、基本的には、Pioneerの「楽ナビ」「サイバーナビ」の一部機種にのみ対応する製品です。

 201507132154.jpg

 画角は、対角121度です。

 ドラレコ専用機と比べると、最低限でしょう。

 画素数は212万画素とハイビジョン画質はキープします。

 ドラレコの画質は HDR技術や裏面照射型のセンサーの搭載がない機種です。

 下位のWDRのみ対応します。その割には画角も狭いですし、レンズはそこそこ良いとは言え、イマイチな部分が目立ちます。

 LED信号対応は、言及されません。

 安全機能は、レーンキープ・前方衝突警告などの安全機能は付属しません。ただ、カーナビ側で対応している機種はあるでしょう。

 駐停車中のバッテリー録画は、付属せず、駐車時の録画は不可です。

 GPSは、ナビのGPSを使う形になりますが利用できます。ただし、Wi-Fiは未搭載です。

 SDカードは、8GBのものが付属ですね。

---

 以上、カロッツェリアVREC-DS600の紹介でした。

 ナビと連動できる点は便利でしょうが、基本性能は、現在の高級機に比べると限定的で、物足りないスペックです。

 ドライブレコーダー部分に高機能を求めるならば、ナビとの連動性は重視しない方が良いかもしれません。


 201808191234.jpg

【2017】

 52・ケンウッド DRV-N530
  ¥14,340 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:400万画素(高感度MOS)
画角: 128度
液晶:
衝撃センサ:搭載
夜間対応: Starvis・HDR
防犯機能:バッテリー録画(25分)
GPS記録:
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: SDカード 8GB付属(32GBまで対応)

 DRV-N530 は、ケンウッド製ナビ専用のドライブレコーダーです。

 対応するのは、同社の「彩速ナビシリーズ」です。 

 画角は、対角128度です。

 価格からするとやや物足りないレベルでしょう。

 201808191235.jpg

 画素数は、しかし、400万画素で、フルHDをこえる3Mの高解像度記録に対応します。

 ケンウッドは単体のドライブレコーダーも製造しているため、割とこのあたりは充実します。

 ドラレコの画質は ソニーのStarvisに相当する、夜間に強い高感度CMOSセンサーと、HDR機能を搭載します。

 昼夜を問わず、画質については高水準ですね。

 LED信号対応は、国産機としてこの機種は対応します。

 安全機能は、車線逸脱警告・前方衝突警告・発進遅れ警告などの安全機能は一通り付属します

 駐停車中のバッテリー録画は付属し、駐車録画に対応できます。

 ただし、人感センサーは未付属で、ひたすら撮影し続ける方式ですね。

 GPSは、ナビのGPSを使う形になりますが利用できます。

 ネットワークは、Wi-Fi未搭載スマホ連動などの機能はありません。 

 SDカードは、8GBのものが付属ですね。

---

 以上、ケンウッドのDRV-N520の紹介でした。

 カーナビ連動型のドラレコとしては割と優秀です。同社のナビを利用している方は、選んでも良い機種です。

---

 202002050937.jpg

 53・ケンウッド DRV-MN940B
  ¥38,500 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:207万画素(高感度MOS)
画角: 133度+133度
液晶:
衝撃センサ:搭載
夜間対応:HDR(フロントのみ)
防犯機能:
GPS記録:搭載
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: SDカード 16GB付属(128GBまで対応)

 なお、ケンウッドからは、リアカメラ搭載の上位モデルも販売されます。

 202002050947.jpg

 ナビ連動型は、バックミラー代わりにできるのは魅力です。

 ただ、前半記事で紹介したような、各社の単独の2カメラ式に較べると、裏面照射型センサー(スタービス)が不採用で、HDR機能もフロントカメラのみとなります。

 画質もフルハイビジョンですし、ドラレコとしての性能は劣ります。


 201808191236.jpg

 54・パナソニック CA-DR03D
  ¥21,089 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素
画角: 約150度
液晶:
衝撃センサ:搭載
夜間対応: Starvis・F1.2レンズ
防犯機能:
GPS記録: 搭載(カーナビと連動)
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード: micro SD 8GB(32GBまで)

  CA-DR02Dは、パナソニックのナビです。

 201910251716.jpg

 こちらも、同社のカーナビ専用です。また、すべての同社製のナビと連動するわけではありません。

 画角は、対角のデータが非開示ですが、推定で150度画素数は200万画素です。

 フルHD画質なのでナンバーの視認性などは問題ないです。

 201910251715.jpg

 ドラレコの画質は、ドラレコではあまり見かけない、F値1.2というかなり明るいレンズを採用します。

 その上で、SonyのStarvisに相当する高感度センサーも搭載なので、夜間やトンネルには強いでしょう。

 ただし、HDR技術は採用されません

 LED信号対応は、国産機としてこの機種は対応します。

 安全機能は、独自には搭載しませんが、ドラレコ側と連動して、速度などの表示は可能です。

 201808191240.jpg

 駐停車中のバッテリー録画は、対応します。

 人感センサーで検知した場合、カーナビ側のバッテリーで短時間撮影できます。

 201507132216.jpg

 GPSは、ナビの部分ものを使い、地図と同時に画像を再生できる仕様です。

 おおよその速度も表示可能です。Wi-Fiは未搭載になります。

---

 以上、パナソニック CA-DR02Dの紹介でした。

 連動機能は便利ですが、画素数の低さは記録目的にはネックでしょう。ただ、カーナビとの連動面は魅力があり、この点でこの機種を選んでも良い気はします。

ーーー

 201910251719.jpg

 55・パナソニック CA-DR03TD
  ¥36,940 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 なお、Panasonicからは、リアカメラが付属するCA-DR03TDも発売です。

 解像度や画角は先ほどの機種と同じですが、こちらは、前面カメラ・リアカメラと、本体が別の仕様です。

 201910251722.jpg

 とくに、後方映像もストラーダにで出せるため、一般的なドラレコ以上に利用の幅は広いでしょう。

9・全方位監視対応の高級モデルの比較

 つづいて、やや高級ながら、1台で全方位監視できる最高級ドラレコを紹介します。


 201804211140.jpg

 【通常モデル】

 56・ユピテル marumie Q-01
  ¥35,000 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【Amazon限定モデル】

 57・ユピテル marumie Q-01dp
  ¥18,800 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

画素数:200万画素×2
画角: 全方位(720度)
液晶:
衝撃センサ:搭載
夜間対応: HDR
防犯機能:録画対応可
GPS記録: 搭載
安全機能:
通信機能:
音声記録: 対応(ON/Off)
SDカード:8GB MicroSD(32GBまで)

 marumie Q-01シリーズは、ユピテルの全方向監視カメラです。

 Amazon限定モデルもありますが、説明書が電子データになる以外は同等です。

 201804211108.jpg

 画角は、720度(全方位)です。

 以前【360度全天球カメラの比較記事】で紹介した、全方位カメラをドラレコに採用した初の機種となります。

 屋内設置になるため、死角はありますが、カバーできうる範囲は、業界最高でしょう。

 ただし、このタイプの場合、画角は広いですが、ナンバープレートなどの視認性については、動画の記録方式と、特殊な画角のため、言及がない点は注意でしょう。

 画素数も、一方で、200万画素で、フルハイビジョンです。

 以前は、最大で2560×1280WQHDだせる上位機がありましたが、価格面か、処理面の問題かで、販売が終わりました。

 201804211122.jpg

 ドラレコの画質は 一方、HDRには対応しますが、SUPER NIGHTは非対応です。

 HDR機能はありますが、F値は公開されず、カメラの性質もあり、夜間の実力は未知数です。

 一方、全方位を記録するという仕様的に、確認用の液晶画面は搭載が難しいらしく、未搭載です。

 そのため、画像は、SDカード経由でPCで確認する利用法となります。また、画像は図のように、「魚眼レンズ的」な映像になります。

 201512191549.jpg

 LED信号は、この機種も対応機です。

 安全機能は、省略されている機種です。「車に任せる」方針のようです。

 A・マルチバッテリー OP-MB4000
  ¥23,376 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 B・電源直結ユニット OP-VMU01
  ¥5,663 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 駐停車中のバッテリー録画は、同社の下位機種と同じで、別売オプションパーツで対応します。

 やはり、バッテリーに直接ケーブルでつなげるタイプです。

 GPSは、付属するモデルになります。

 SDカードは、最初から16GBのSDカードが付いている製品です。

 なお、同社の他製品と異なり、独自のフォーマットをかけているため、他社SDカードは非対応となる点が特殊です。

 ネットワークは、Wi-Fiは未搭載です。

---

 以上、ユピテルのmarumie Q-01の紹介でした。

 監視範囲は業界最高です。一方、夜間には必ずしも強いとは言えない点と、ナンバーの可読性が担保されない点は注意点です。

 結局、2カメラ式の方が流行しているのは、理由があると個人的には思います。

次回に続く!
ドライブレコーダーのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、各メーカーのドライブレコーダーを紹介しました。

 しかし、記事はもう少しだけ「続き」ます。

  201910251437.jpg

1・画角の広さ  ★★★★★
2・解像度の良さ ★★★★★
3・夜間の画質  
★★★★★
4・駐車監視機能 ★★★★★
5・安全運転支援 ★★★★★
6・後方監視   ★★★★★
7・総合評価   ★★★★★

 次回の最終回記事(こちら)では、コムテックの残りの機種(HDR360G HDR360GW)を紹介してから、いつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきます。

 長い記事になりましたが、最後までよろしくお願いします。

 3回目記事は→こちら

posted by Atlas at 15:33 | 自動車関係

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png