比較2017’【ランク別】新型ドライブレコーダー29機の性能とおすすめ・選び方(Car Dash Cam-2)

2017年10月14日

比較2017’【ランク別】新型ドライブレコーダー29機の性能とおすすめ・選び方(Car Dash Cam-2)

今回のお題
2016年最新のドライブレコーダーで性能面からおすすめはどの機種?


 ども、Atlasです。ドライブレコーダーの比較をしています。

 なお、この記事は、前編からの続き記事です。検索エンジンからきたかたは、前編【こちら】からご覧ください。

3・防犯機能付きの高級ドラレコ(続き)


 

 【下位機種】

 22・HP(ヒューレット・パッカード) f335
   
¥12,453 Amazon.co.jp  (10/14執筆時)

 【上位機種】
 23・HP(ヒューレット・パッカード) f330s
   
¥14,741 Amazon.co.jp  (10/14執筆時)

 画素数: 200万画素
 視野角:
140度
 液晶:2.4インチ
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
F値1.9レンズ
 防犯機能:
バッテリー録画(約60分)
 GPS記録:
なし
 安全機能
なし
 通信機能:なし
 
音声
記録: (ON/Off)
 SDカード:(32GBまで対応)  

 こちらは、HP(ヒューレット・パッカード)社の入門用格安モデルになります。2機種ありますが、下位機種の場合、音声記録に非対応になる点が、中位機種との唯一の相違点です。

 なお、いずれも正規輸入品ですが日本のHPの直販ではなく、プロジェクト琉球 という商社が輸入しているようです。そのため、本体の日本語対応はもちろん、国内保証と日本語の説明書も得られます。

 視野角は、対角140度と十分です。広範囲を写真に収められます。

 画素数は、200万画素で、フルハイビジョン画質に対応できる品質です。この値段の他社製品と比べて遜色はありません。

 ドラレコの画質は レンズは、明るいF値1.9レンズの採用が目立ちます。ただし、こちらは、夜間に強いHDR機能は未搭載で、(写真合成をしないという点で)それに準じるWDRの搭載に止まります。

 LED信号対応は、こちらも、LED信号機の信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能は付属していません。

 安全機能は、重視されておらず、運転をサポートする機能は未付属ですね。

 防犯機能は、しかし、HPの場合、入門機から搭載されており、録画は、最大60分と長めです。また、駐車中監視の場合、こちらは人感センサー付属のため、物体が動いたときのみ撮影されます。

 GPSは、しかしながら、この製品は未搭載ですね。

 SDカードは、未付属です。この点は残念ですね。一方、Wi-Fiは未搭載が、この機種は、先ほどの上位機種にはみられない、HDMI端子を装備するため、TVなどへの記録画像の投影に対応できます。

 以上、HPf335の紹介でした。格安機種ながら、長めの防犯録画が可能なので、自己記録と言うより、車上荒らしや、駐車場の当て逃げ予防をメインと考えるならば、こちらが良いでしょう。



   【2016】

 24・HP(ヒューレット・パッカード) f550g
   
¥21,700 Amazon.co.jp  (10/14執筆時)

 画素数: 270万画素
 視野角:
156度
 液晶:2.4インチ
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
IR赤外線フィルタ+F値1.8レンズ
 防犯機能:
バッテリー録画(約60分)
 GPS記録:
搭載
 安全機能
レーンキープ・前方衝突・発進遅れ
 通信機能:なし
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
 SDカード:(32GBまで対応)  

  f550g は、HPの中級機です。

 201606260832.jpg

 視野角は、対角156度と下位機種よりも広がっており、他社と比較しても十分です。

 画素数は、270万画素で、フルハイビジョン画質に対応できる品質です。ただ、この値段を出せば他所の場合、それ以上の解像度を持つ機種もあるため、やや劣ると言えます。

 ドラレコの画質は レンズは、あかるいF値1.9レンズの採用が目立ちます。また、夜間に強いHDR(WHR)記録にも対応しますので、他社に比しても性能は劣っていません。

 LED信号対応は、こちらも、LED信号機の信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能は付属していません。

 安全機能は、レーンキープ・前方衝突・発進遅れ警告の「3点セット」を網羅した上で、ヘッドライトアラート長時間運転アラート速度アラートとの設定も可能です。このあたりは、性能が充実しており、HPの「売り」と言えます。。

 防犯機能は、下位機種同様で録画は、最大60分と長めです。また、駐車中監視の場合、こちらは人感センサー付属のため、物体が動いたときのみ撮影されます。

 GPSは、搭載されます。専用ソフトで運転した経路を後日確認することも可能です。ただし、Wi-Fiは未搭載ですので、やりとりはSDカードを介します。

 SDカードは、未付属です。この点は残念ですね。

 以上、HPf550gの紹介でした。流通ルートが限られる製品ですが、特に、安全運転に関わる機能が充実している点とレンズの視野角が広いことが「売り」です。画質も良いので、映像を楽しむための録画にも向いているでしょう。ただ、LED信号に未対応である点と、マイクロSDカードが未添付である点は、やや残念な部分です。


 

【2016】

25・HP(ヒューレット・パッカード) f800x
   
¥27,292 Amazon.co.jp (10/14執筆時)

【2015】

25・HP(ヒューレット・パッカード) f800g
   ¥16,438 Amazon.co.jp
(10/14執筆時)

 画素数: 200万画素
 視野角:
140度
 液晶:2.4インチ
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
IR赤外線フィルタ+F値1.9レンズ
 防犯機能:
バッテリー録画(約60分)
 GPS記録:
搭載
 安全機能
レーンキープ・前方衝突警告
 通信機能:Wi-Fi・スマホ・タブレット連動
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
 SDカード:(32GBまで対応)

  f800xは、HPの新発売のカーナビです。こちらも機能がほぼ変わらない旧機種が売られています。

201612041410.jpg

 本体は、こちらも長方形です。ただ、多機種と較べての特長は、2.7インチのタッチパネル式液晶が採用されている点です。画面操作にキーを使わないため、スマホのように操作が可能です。

 視野角は、対角140度と、広いながらも下位機種には及ばない水準です。

 画素数は、200万画素で、フルハイビジョン画質に対応できる品質です。

 ドラレコの画質は レンズはF値1.9レンズながら、夜間撮影についてもWDRの搭載に止まるスペックです。この点では中位機種に負けています。

 LED信号対応は、こちらも、LED信号機の信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能は付属していません。

 安全機能は、レーンキープ・前方衝突・発進遅れ警告の「3点セット」を網羅し、ヘッドライトアラート長時間運転アラート速度アラートとの設定も可能で、この点ではひきつづき、HPの「売り」ですね。

 防犯機能は、下位機種同様で最大60分録画と長めです。また、駐車中監視の場合、こちらは人感センサー付属のため、物体が動いたときのみ撮影されます。

 GPSは、搭載されます。またWi-Fiも搭載されます。

 SDカードは、やはりこの機種は未付属です。この点は残念ですね。

 以上、HPf800の紹介でした。タッチパネルとWi-Fiが搭載された便利なモデルです。ただ、HDRが未搭載であるなど、画質面では、他機に及ばないのがネックでしょう。


 

【2015】

26・HP(ヒューレット・パッカード) f720
   ¥13,785 Amazon.co.jp
(10/14執筆時)

 画素数: 300万画素
 視野角:
150度
 液晶:4.3インチ
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
IR赤外線フィルタ+F値2.0レンズ
 防犯機能:
バッテリー録画(約60分)
 GPS記録:
搭載
 安全機能
レーンキープ
 通信機能:
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
 SDカード:(32GBまで対応)

  f720 は、駐車記録ができるタイプでは、唯一のミラー型のドラレコです。車のミラーと一体になっており、ミラー部に取り付けるタイプとなります。

 視野角は、対角150度と、ミラータイプとしてはかなり優れます。

 画素数は、300万画素で、解像度も、フルHDを超える2K画質で録画ができるため、記録画像の鮮明さも上です。

 ドラレコの画質は 夜間撮影についてもHDRに対応し、この部分でも品質は高いでしょう。

 LED信号対応は、しかしながら、LED信号機の信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能は付属していません。

 安全機能は、レーンキープ・前方衝突・発進遅れ警告の「3点セット」のうちレーンキープのみ搭載で、このあたりはミラー式の限界でしょうか。独自機能の、ヘッドライトアラート長時間運転アラートは装備します。

 防犯機能は、下位機種同様で最大60分録画です。また、駐車中監視の場合、こちらは人感センサー付属のため、物体が動いたときのみ撮影されます。

 GPSは、ただし非搭載ですね。位置情報と連動させた記憶はできません。

 SDカードは、やはりこの機種は未付属です。この点は残念ですね。Wi-Fiも未搭載です。

 以上、HPf720の紹介でした。ルームミラーと一体形状になった製品としては、最も性能が良い機種です。このタイプで、高画質な製品を探しているならば、こちらが良いでしょう。

4・各社のナビ連動モデル

 最後に、ナビと連動するモデルを3機種紹介します。

 なお、どの機種とも、同じメーカー製のナビであること対応するナビが限定されることは注意が必要です。また、必ずしも連動するモデルが高性能とは言えません。



 201507131627.jpg

 27・パイオニア カロッツェリア ND-DVR1
 ¥12,820 Amazon.co.jp
(10/14執筆時)

 画素数:207万画素(カラーCMOSセンサー)
 視野角: 120度
 液晶:------
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
HDR搭載+F値2.0レンズ
 防犯機能:
なし
 GPS記録:
搭載(カーナビと連動)
 安全機能
なし
 通信機能:なし
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
 SDカード: microSD 8GB付属(32GBまで対応)  

 こちらは、Pioneerのドライブレコーダーのカロッツェリア ND-DVR1です。ナビ連動型としては、最も売れている機種です。


 201507132144.jpg

 基本的には、Pioneerの「楽ナビ」の一部機種にのみ対応する製品です。最新機種でも、例えば、ポータブルナビ版の「楽ナビ」には非対応である点には注意が必要です。その他、映像入力対応のミニジャック端子を持つカーナビでも使えますが機種限定です。

 201507132154.jpg

 視野角は、対角120度です。ドラレコ専用機と比べると、最低限でしょう。

 画素数は207万画素とハイビジョン画質はキープします。

 ドラレコの画質は しかしながら、HDR技術が採用される上、F値2.0という明るめのレンズが採用されれます。この点で言えば、夜間などの状況の悪い場所での利用には強いと言えます。

 LED信号対応は、しかしながら、LED信号機の信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能は言及されません。

 安全機能は、レーンキープ・前方衝突警告などの安全機能は付属しません。

 防犯機能も、付属せず、駐車時の録画は不可です。

 GPSは、ナビのGPSを使う形になりますが利用できます。ただし、Wi-Fiは未搭載です。

 SDカードは、8GBのものが付属ですね。

 以上、カロッツェリア ND-DVR1の紹介でした。ナビと連動できる点は便利でしょうが、基本性能は、現在の高級機に比べると限定的で、物足りないスペックといえます。ドライブレコーダー部分に高機能を求めるならば、ナビとの連動性は重視しない方が良いかもしれません。


  

【2017】

 28・ケンウッド DRV-N530  
 ¥21,600 Amazon.co.jp (
10/14執筆時)

【2015】

 28・ケンウッド DRV-N520  
 ¥15,867 Amazon.co.jp (10/14執筆時)

 画素数:400万画素(高感度CMOS)
 視野角: 128度
 液晶:------
 衝撃センサ:搭載+ブレ補正
 夜間対応:
HDR搭載
 防犯機能:
バッテリー録画(25分)
 GPS記録:
なし
 安全機能
なし
 通信機能:なし
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
 SDカード: SDカード 8GB付属(32GBまで対応)

 こちらは、ケンウッド製ナビ専用のドライブレコーダーです。対応するのは、「彩速ナビシリーズ」です。なお、こちらは2015年旧モデルがありますが、違いは旧機種の場合、画素数が300万画素という点です。

 視野角は、対角128度です。価格からするとやや物足りないレベルでしょう。

 画素数は、しかし、400万画素で、フルHDをこえる3Mの高解像度記録に対応します。ケンウッドは単体のドライブレコーダーも製造しているため、割とこのあたりは充実します。

 ドラレコの画質は 夜間に強い高感度CMOSセンサーHDR機能を搭載します。昼夜を問わず、画質については高水準ですね。

 LED信号対応は、国産機としてこの機種は対応します。

 安全機能は、車線逸脱警告・前方衝突警告・発進遅れ警告などの安全機能は一通り付属します

 防犯機能は、付属し、駐車録画に対応できます。ただし、人感センサーは未付属で、ひたすら撮影し続ける方式ですね。

 GPSは、ナビのGPSを使う形になりますが利用できます。ただし、Wi-Fiは未搭載スマホ連動などの機能はありません。 

 SDカードは、8GBのものが付属ですね。

 以上、ケンウッドのDRV-N520の紹介でした。カーナビ連動型のドラレコとしては割と優秀です。同社のナビを利用している方は、選んでも良い機種です。


 

 29・パナソニック CA-DR01D
 ¥21,600 Amazon.co.jp (10/14執筆時)

 画素数:92万画素
 視野角: 115度
 液晶:------
 衝撃センサ:搭載+ブレ補正
 夜間対応:
HDR搭載+F値1.6レンズ
 防犯機能:
なし
 GPS記録:
搭載(カーナビと連動)
 安全機能
なし
 通信機能:なし
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
 SDカード: micro SD 8GB(32GBまで)

 こちらは、パナソニックのナビです。こちらも「美優ナビ(RX01/RS01)連動専用」で、すべての同社製のナビと連動するわけではありません。

 視野角115度、画素数は、92万画素といずれも低いです。ナンバーの視認性などは不十分でしょう。

 ドラレコの画質は、一方、F値1.6レンズHDR機能を搭載している点が目立ちますね。昼間に強いわけではないが、夜に弱いわけでもないという性能だと思います。

 LED信号対応は、国産機としてこの機種は対応します。

 安全機能は、独自には搭載しませんが、ドラレコ側と連動して、速度などの表示は可能です。

 201507132216.jpg

 GPSはナビの部分ものを使い、地図と同時に画像を再生できる仕様です。おおよその速度も表示可能です。Wi-Fiは未搭載になります。

 以上、パナソニック CA-DR01Dの紹介でした。連動機能は便利ですが、画素数の低さは記録目的にはネックでしょう。ただ、カーナビとの連動面は魅力があり、この点でこの機種を選んでも良い気はします。

今回の結論
人気のドライブレコーダーのおすすめはこの機種!


 というわけで、今回は、各メーカーのドライブレコーダーを紹介しました。

 最後に、いつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案してみたいと思います。


 第1に、事故対策・安全対策ともに総合力の高い機種としてオススメと言えるのは、

 

 【カーショップ型番】

  12・ユピテル DRY-AS410WGc
  ¥19,800 Amazon.co.jp (10/14執筆時)

 解像度:400万画素(カラーCMOSセンサー)
 視野角: 135度
 液晶:2.0インチ
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
HDR搭載
 防犯機能:バッテリー録画
 GPS記録:
搭載
 安全機能レーンキープ・前方衝突・発進遅れ警告
 通信機能:
なし
 音声記録: 対応(ON/Off)
  SDカード: microSD 16GB付属(32GBまで対応)

 ユピテルの最上位機種が良いと思います。高画質で夜間に強いHDR録画に対応し、駐停車中の防犯録画も可能な機種であり、安全面でもレーンキープ・前方衝突・発進遅れ警告という「3点セット」が網羅されている点を評価しました。

 画質面でも、フルHD画質を超えるQUAD HD対応のため、画質の総合性能はより高いです。視野角も十分広く、価格さえ折り合いが付けば、この機種は「ベストバイ」と言って良いですね

201512191549.jpg

 同社は、日本で古くからドラレコを作っているメーカーで、説明もサポートも期待できますし、日本独自の問題と言えるLED信号機の画像撮影にも対応しており、使い勝手の部分も改良を重ねて高水準ですから。


 第2に、画質面のほか、旅行撮影などにも利用できる便利な機種としてオススメと言えるのは、

 

 【上位機種】

 6・DrivePro 200 TS32GDP200A
     ¥15,800 Amazon.co.jp
(10/14執筆時)

 解像度:300万画素低光感知CMOS)
 視野角: 160度
 液晶:2.4インチ
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
HDR搭載+F値2.0レンズ
 防犯機能:なし
 GPS記録:
なし
 安全機能なし
 通信機能: スマホ・タブレット連動
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
  SDカード: microSD 8GB(32GBまで)

 Wifiを搭載し、スマホやタブレットと連動できるトランセンドの DrivePro 200 でしょう。

 画質面でも、F値1.8という相当明るいレンズを採用し、センサーも高性能な低光感知CMOSセンサーを採用しており、さらにHDR技術も搭載しており、この点でHPの製品と互角と言えます。画角も160度と最高水準なのも、高評価できます。

 また、GPSが装備されるほか、レーンキープ・前方衝突警告など、ドライバーの安全面での補助に有効な機能もあります。その意味で、総合性能はかなり高いです。バッテリーを搭載する機種のため、駐車時の事故対策・防犯対策も可能です。

 LED信号未対応というのが唯一のネックですが、それ以外の充実度は素晴らしく、この価格でこの機能が得られるというのは見逃せないため、旅行撮影重視ならば、やはりこちらです。


 第3に、ミラータイプのドラレコの中で、オススメできると言える機種は、

 

【2015】

26・HP(ヒューレット・パッカード) f720
   ¥13,785 Amazon.co.jp
(10/14執筆時)

 画素数: 300万画素
 視野角:
150度
 液晶:4.3インチ
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
IR赤外線フィルタ+F値2.0レンズ
 防犯機能:
バッテリー録画(約60分)
 GPS記録:
搭載
 安全機能
レーンキープ
 通信機能:
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
 SDカード:(32GBまで対応)

 HPの f720 でしょう。画質はこのタイプのなかでは、最も良いですし、防犯機能も搭載されており、マルチに使えるだろうからです。

 トランセンド microSDHC 32GB
   ¥1,990 Amazon.co.jp  (10/14執筆時)

 なお、HPはどの機種も、マイクロSDカードが付属しないので、別に買う必要がある点は注意してください。


 第4に、1万円前後の格安なドライブレコーダーとしてオススメと言えるのは、

 

 14・ケンウッド DRV-320 【8GB】
   ¥12,210 Amazon.co.jp
(10/14執筆時)
 15・ケンウッド DRV-325 【32GB】
   ¥13,100 Amazon.co.jp
(10/14執筆時)

 画素数:211万画素
 視野角:
111度
 液晶:2.0インチ
 衝撃センサ:搭載
 夜間対応:
HDR搭載+F値2.0レンズ
 防犯機能:
バッテリー録画(25分)
 GPS記録:
搭載
 安全機能
なし
 通信機能:なし
 
音声
記録: 対応(ON/Off)
 SDカード: 8/32GB Micro SD(64GBまで)  

 ケンウッドDRV-320でしょう。他機種に較べて、200万画素という基準をクリアした上で、明るいレンズや夜間に強いHDR機能の搭載など、この価格帯の機種としては、性能が良いです。

 また、ケンウッドとしてはこの機種のみバッテリー搭載で、25分間ながら、駐車時の「貰い事故」や、「車上荒らし」の記録まで対応できる点も魅力です。



 201512191549.jpg
 なにより、この機種は、LED信号機の信号画像が飛んでしまう現象を回避する機能がつきますので、事故記録用途というドラレコの本質部分においても性能が期待できるでしょう。 

ーーー

 というわけで、今回は、ドライブレコーダーの比較記事でした。

 

 トランセンド microSDHC 32GB
   ¥1,990 Amazon.co.jp  (10/14執筆時)

 なお、各社とも、長時間録画を考える場合MicroSDカードにが必要です。また、通常のマイクロSDカードの場合は、2000円以下で購入できますが、事故時の低温度耐性、静電気耐性、耐衝撃性を備える「頑強なマイクロSDカード」というものもあります。

 万全を期す場合は、検討をしても良いと思います。詳しくは、【MicroSDカードの比較記事】で紹介していますので、よろしければご覧ください。

1・カーナビの比較
2・ドライブレコーダーの比較

3・自動車用消臭剤・消臭機の比較

4・ポータブルDVDプレーヤーの比較   

  また、このブログには、自動車関連の記事が他にもあります。よろしければご覧ください。

  では、今回の記事はこれまでとします!

posted by Atlas at 23:15 | Comment(0) | 自動車関係

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png