Top オーディオ製品 比較2020'【高音質】 Lightningイヤホン32機のおすすめ :iPhone iOS

2020年08月27日

比較2020'【高音質】 Lightningイヤホン32機のおすすめ :iPhone iOS

【今回レビューする内容】2020年 iPhone向け有線イヤフォンの性能とおすすめ:ライトニング端子付きイヤホン 機種の違いと人気ランキング`

【紹介する製品型番】Beats by Dr.Dre urbeats3 Apple EarPods MMTN2J/A RHA MA650i with Lightning radius HP-NHL11R HP-NHL21R HP-NX30L HP-NHL21K HP-NEL11パイオニア RAYZ Plus SE-LTC3R SE-LTC5R UiiSii I8 エレコム EHP-LF12CM EHP-LFS12CM EHP-LFS10IM EHP-LFR10CM Razer Hammerhead for iOS LIBRATONE Q ADAPT LIGHTNING IN-EAR AZLA ORTA Lightning ゼンハイザー AMBEO SMART HEADSET

今回のお題
Lightning端子対応イヤホンのおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2020年8月現在、最新のiPhone向けのイヤホンの比較です。

  201810081133.jpg

 ライトニング端子で利用できるイヤホンを紹介します。

1・音質の良さ ★★★★★
2・DAC性能 ★★★★★
3・重低音   ★★★★★
4・ノイズ対策 ★★★☆☆
5・総合評価  ★★★★☆

 今回も、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後に「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種!を提案します。

ーーー

1・Bluetoothヘッドホンの比較
2・Bluetoothイヤホンの比較
3・完全ワイヤレスイヤホンの比較
4・ハイレゾヘッドホンの比較
5・ハイレゾイヤホンの比較
6・ノイキャンヘッドホンの比較
7・ノイキャンイヤホンの比較
8・Beatsのヘッドホンの比較
9・ライトニング端子イヤホンの比較
10・ウェアラブルネックスピーカーの比較
11・おすすめヘッドホンの選び方 【結論】

 なお、今回の記事はこのブログのヘッドホン比較シリーズの9回目記事として書きました。

1・iPhoneの対応状況と選び方の選択肢

 201810080953.jpg

 最新のiPhoneX系を含めて、iPhone7以降、Appleは、防水性強化のため、ヘッドフォン端子を廃止しました。

ーーー

1・スピーカー端子変換プラグの利用
2・Bluetooth対応製品の導入
3・ Lightning端子対応製品の導入

 そのため、現在は、iPhoneで音楽を聴く場合の選択肢は、上表の3つの方法に絞られました。

 はじめに、これらの接続法の「メリット」と「デメリット」の確認からはいりましょう。

1・変換プラグを利用する

 201810080816.jpg

 Lightning ヘッドフォンジャック変換アダプタ
  ¥1,100 楽天市場 (8/27執筆時)

 第1に、ヘッドフォン端子変換ケーブルを用いる方法です。

 メリット性は、現在所有するイヤホンなどがそのまま利用できる点です。

 デメリット性は、外観形状です。

 変換ケーブルは端子部分が大きく、見映えが良くないです。

 加えて、ケーブル内蔵DACの性能がイマイチなので、音質面も平均レベルの期待値です。

2・Bluetooth対応製品を買う

 201810080955.jpg

 第2に、Bluetooth対応のヘッドフォン/イヤフォンを購入する方法です。

 メリット性は、ラインナップがとにかく多く、音質面で優秀な機種を選びやすい点です。

 デメリット性は、定期的な充電が必要な部分と音質です。

 201805140948.jpg

 特に音質については、Appleは、Bluetoothを転送する際の圧縮規格として、SBC・AACしかサポートしない状況です。

 そのため、CDレベルの音源(ロスレス)の音質でも、AACグレードまで劣化します。

 また、AACは、動画試聴時の音ズレ(=音の遅延)が多少あるので、その部分も弱点となります。

3・Lightning端子対応製品を買う

 201806062036.jpg

 第3に、Lightningコネクターに接続できるイヤフォン/ヘッドホンを使う方法です。

 こちらが、今回詳しく紹介する方式です。

 メリット性は、バッテリー不要である点、Bluetoothコーデックに由来する音の劣化がない点です。

 加えて、ライトニング端子経由の場合「デジタル信号」で電送するため、左右の音声のクロストークノイズが生じにくく、アナログ製品較べて、ステレオ感が出ます。

 また、音質の割には低価格なのも、良い部分です。

 201810081027.jpg

 デメリット性は、音質がイヤホン内蔵のDAC部分の性能にも左右される面が大きい点です。

 ライトニング端子は、「デジタル端子」なので、人間の耳に聞こえる「アナログ」の音にするためには、DAC(デジタルアナログコンバーター)が必要です。

 そのため、低性能なDACしか搭載しない製品の場合、純正の変換アダプタを介した方法と、音質はさほど変わらない状況となります。

 201401261031.jpg

 加えて、(Appleがあまり推していないゆえに)ハイレゾ音源に対応する機種が圧倒的に少ないのも問題点です。

ーーー

 というわけで、ここまでは、3通りの接続方法に見られる、「メリット」と「デメリット」を確認してきました。

 以下では、ライトニングコネクターを持つ各製品を比較します。

 また、記事の最後では、全機種の分析をふまえて、Atlasのおすすめ機種を提案します。

2・Lightningイヤホンの比較

 では、具体的に、Lightning対応イヤホンをみていきましょう。

---

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめできるポイントを赤字で、イマイチと思う部分は青字で記していきます。


 201806062038.jpg

 1・Apple EarPods MMTN2J/A
   ¥2,945 Amazon.co.jp
(8/27執筆時)  

再生周波数帯域:
入力信号:
重さ:約11g
ノイズキャンセリング:非対応

  EarPodsは、Apple純正のLightningコネクタ対応イヤフォンです。

 201904241555.jpg

 iPhoneでも利用できるように改良が加えられた同社の純正品です。

  201806061837.jpg

 なお、Appleは、傘下にBeatという音響メーカーを抱えますが、この性雛は(あくまで)Appleブランドとしての開発です。

 そのために、さほど音質的ないみで、高性能ではありません

 201904241557.jpg

 装着方法は、オープンエアー(開放型)です。

 密閉型(カナル)ではないので、音が漏れます。

 したがって、屋外でボリュームを上げると周りに迷惑でしょう。開放型の中では音漏れしにくいとはいえ、オススメできません。

 201810081027.jpg

 DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)は、内蔵です。

 ただ、おそらく、変換ケーブル内蔵タイプと性能は同じで、音質の期待値は高くはないです。

 イヤフォンの音質は、Appleの場合、スペックについては、非開示です。

 試聴の限りですが、高音・低音とも強調されないフラットな音質でした。

 ただし、逆に言えば、高音質とは決して言えないイヤフォンです。したがって、音質を期待するならば他社製品が良いでしょう。

---

 以上、EarPodsの紹介でした。

 純正品の安心感はあります。しかし、恐らく、今回の比較記事をご覧頂いているかたは、「これ以上」の製品をお探しでしょう。

 実際、飛び抜けた音質は期待できない、あくまで「おまけ的」な製品です。


 201901222136.jpg

 2・Beats by Dr.Dre urbeats3
  ¥5,200 Amazon.co.jp
(8/27執筆時)  

再生周波数帯域:
入力信号:
重さ:18g
ノイズキャンセリング:非対応

 urbeats3は、米国のBeatsブランドのイヤフォンです。  201904241525.jpg

 ただし、同社はApple傘下なので、「Apple純正」と言えなくもない状況ではあります。

 本体色は、現在のところ、5色展開です。

 201806062056.jpg 

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 Apple純正の EarPodsと大きく異なる部分です。

 外出先で利用するならば、(迷惑にならない)密閉型である必要があります。

 201904241616.jpg

 イヤーチップは、4サイズ入っています。

 耳の大小にかかわらず、快適に聴けるでしょう。遮音性も高めです。

 DACの性能は、「非開示」です。

 Beatsは伝統的にスペックを公開しないブランドですが、Appleになっても、それは同じです。

 イヤフォンの音質は、他社と比べた場合、音質的にはフラットです。

 同社の強みである重低音をやや強調しつつも、あまり冒険していないフラットな感じです。

 なお、本体はアルミの削り出し立体成型が得意なAppleの技術を採用します。

 制振性がたかくノイズが乗りにくいです。

 201806062055.jpg

 ドライバーは、新形状の軸合わせドライバです。

 2つのドライバーを積層的に配置して、小型機のスケールを超える低音域を実現します。

 ただ、試聴の限り、バランス重視で、高音も中音も素直に聴けるスタンダードなイヤフォンです。

---

 以上、Beatsurbeats3の紹介でした。

 Apple純正の安心感がある製品です。

 音質的にフラットで、どんな音源でも利用しやすくなっているので、5000円前後の入門用として「Atlasが現在オススメ」するならば、これですね。


 202002121151.jpg

 3・UiiSii I8 ライトニングイヤホン
  ¥3,380 Amazon.co.jp (8/27執筆時)  

再生周波数帯域:10Hz-40kHz
入力信号:48kHz/24bit
重さ:
ノイズキャンセリング:非対応

 I8 は、UiiSiiの販売するライトニングイヤホンです。

 正確な名前は、「I8 MFI Certified Dual Driver Hi-Res Earphones for iPhone」です。

 202002121157.jpg

 なお、UiiSiiは、新興ながら、わりと大きめな中国深圳のイヤホン製造メーカーです。

 グローバルに販売網があります。

 こちらも、Apple認証済み製品です。

 202002121208.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 シリコン製のイヤーピースが5サイズ同梱されます。

 201401261031.jpg

 DACの性能は、非開示です。

 ただし、本機は、ハイレゾ認証表示はあります。

 ちなみに、ハイレゾとは、従来のCD音質よりも高音域が広く、高音質な音源です。現在、e-onkyo などで対応音源が購入でき、iPhoneでも聴くことが可能です。

 業界の規格では、48kHz/24bit以上のDACを装備し、イヤフォンのドライバー(スピーカー)の再生周波数帯域の高音域が40kHz以上あれば、「ハイレゾ対応水準」です。

 本機は、DAC性能のスペック的な開示がないのですが、業界のハイレゾ認証マークはあるため、少なくとも、その水準はあるのでしょう。

 再生周波数帯域は、10Hz-40kHzです。

 高音域で40kHzを超えているため、ハイレゾスペックと言えます。

 低音域のスペックも、10Hzですので、価格からすると音域は広いです。

 202002121205.jpg

 イヤフォンの音質は、この価格では「期待値が高い」です。

 なぜなら、並列構造のダブルドライバー仕様で、低音域用と高音域用のドライバーがそれぞれ用意されるからです。

 ドライバーサイズは6mmと平均的ですが、これは構造的に仕方ないでしょう。

 202002121212.jpg

 本体(ハウジング)は、アルミ製です。

 また、中間には、リモートコントローラも付属し使い勝手の部分も高いです。

 保証は、1年間です。

 ライトニング端子はデリケートですが、とくに、初期の故障の際は保証が効く点は安心感もあります。

---

 以上、UiiSii I8の紹介でした。

  EarPodsとほぼ値段が代わりませんが、音質面で、Wドライバーという明確な「売り」がある製品です。

 あまり高い製品は不要だが、「 EarPodsとは違う音を楽しみたい」という方には良いでしょう。


 201908201027.jpg

 【2019】

 4・エレコム EHP-LF12CMBK
 5・エレコム EHP-LF12CMBU
 6・エレコム EHP-LF12CMPN
 7・エレコム EHP-LF12CMRD
 8・エレコム EHP-LF12CMWH
 ¥2,224 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
入力信号:
重さ:6g(注:コード除く)
ノイズキャンセリング:非対応

 EHP-LF12CMBKは、日本のPC周辺機器メーカーELECOMが販売する、Lightning端子搭載イヤホンです。

 同社は、PC周りの音響製品は出しますが、純粋には音響メーカーではありません

 格安なスマホ周辺機器の一環として出していると思われます。

 202002121309.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 201908201030.jpg

 イヤーピースは、4種類です。

 超小型のXSサイズも付属する点が、特色です。

 201810081027.jpg

 DACの性能は、非開示です。

 ただ、「JEITAによるハイレゾオーディオの定義に準拠した高音質モデル」とあるため、おそらく48kHz /24bitあたりかと思われます。

 再生周波数帯域は、ただし、高音域側が、20kHzであり、ハイレゾ音源対応といえません

 また、低音域側も、20Hzですので、スペックは高くありません。

 イヤフォンの音質は、音響的な説明はほとんどありません。

 ドライバーは、シングルドライバーの10mmです。

---

 以上、ELECOMの製品でした。

 Lightning式は最近需要が下火の中だしてきた、高コスパ機です。

 音質的な部分は強調できませんが、ある程度需要はあるでしょう。

ーーー

  202008270844.jpg

 【2020】

 9・ エレコム EHP-LFR10CM
  ¥2,224 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
入力信号:
重さ:12g(注:コード除く)
ノイズキャンセリング:非対応

 なお、巻き取りケーブルと、昼間のリモコンマイクの付いた製品も同時発表されています。

 本体色は、ブラック(EHP-LFR10CMBK)ホワイト(EHP-LFR10CMWH)レッド(EHP-LFR10CMPN)の3色です。

 こちらは、ドライバーが9.2mmと少し小型のカナル型(密閉型)です。

 また「ハイレゾ対応」との表記がありますが、それはDACの話であり、ドライバーの部分で能力が足りないので、認証マークがないということになります。

 いずれにしても、音質で選ぶ製品ではありません。

-ーーー

 202008270834.jpg

 【2020】

 【カナル型(密閉型)】

 10・ エレコム EHP-LFS12CM
 ¥3,873 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 11・マクセル MXH-C120L
 ¥4,939 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
入力信号:
重さ:6g(注:コード除く)
ノイズキャンセリング:非対応

 同社からは、「高耐久」という付加価値がついた上位機となる EHP-LFS12CMも販売されました。

 ドライバーは、同じく10mmです。

 しかし、ケーブルについて極細のナイロンメッシュケーブルを採用し、屈曲に対する耐久性を高めたとされます。 ただ、エレコムは、保証が6ヶ月であり、耐久性が保証面で担保されないのが問題点です。

 同じく密閉型は、マクセルからも同時期に出ました。

 こちらについては、アルミハウジングを採用するものの、ドライバーサイズが8mmと小さいので、音質的には、エレコム機を下回るでしょう。保証期間の短さも同じです。

 202008270901.jpg

 【セミオープン型】

 12・ エレコム EHP-LFS10IM
 ¥2,224 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 13・ PGA Premium Style PG-SHE6
 ¥2,224 楽天市場 (8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
入力信号:
重さ:10g(注:コード除く)
ノイズキャンセリング:非対応

 また、このシリーズには、EHP-LFS10IMという、「セミオープン型」も用意されます。

 この場合、音漏れするかわりに、圧迫感がなく、外音も聴ける特性があります。ナイロンメッシュケーブルです。

 なお、セミオープン型は、PGAからも販売があります。しかし、そちらの場合、ドライバサイズも公開されない点は注意点です。

 201904241610.jpg

 14・Razer Hammerhead for iOS
   ¥8,397 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
入力信号:
重さ:20g
ノイズキャンセリング:非対応

 Hammerhead for iOS は、米国のRazerが発売するイヤホンです。

 同社も、オーディオが専業ではなく、プロゲーマー向けのPC周辺機器を多く出している、ゲーム周辺機器メーカーとなります。

 201810081036.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 イヤーピースは3サイズ同梱されます。こちらは、バイフランジ型イヤーチップですから、遮音性は高いでしょう。

 要するに、ゲームなどの没入感を重視する仕様です。

 DACの性能は、未開示です。

 再生周波数帯域は、20Hz 〜 20kHzです。

 CD音源レベルならば無難に再生できるスペックですが、性能は「月並み」です。

 201806062052.jpg

 イヤフォンの音質は、低音を強調させた迫力のあるタイプです。

 要するに、ゲーム用にチューンした仕様です。

 ドライバーは、ダイナミック型の10mmのドライバーです。

 イヤホンとしては決して「特大」ではないですが、DACの傾向もあわせて、低音はかなりの程度強調されます。

---

 以上、Hammerhead for iOSの紹介でした。

 独特の「平麺タイプ」のケーブルを採用し、フォルムとして面白い製品です。ただ、価格面ではやや割高でしょう。


 201908201054.jpg

 【2019年】

 15・RHA MA650i with Lightning
   ¥7,128 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
入力信号:
重さ:20g
ノイズキャンセリング:非対応

  RHA MA650i は、UK・スコットランドの音響メーカーRHAのイヤフォンです。

 音響技術が伝統的に高い国ですが、代理店のナイコム経由で、最近日本市場で存在感を増しています。

 201908201057.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 イヤーピースは、かなり充実します。

 3サイズの標準イヤーピース(デュアルデンシティシリコンイヤーチップ)が各サイズ2組、それに、遮音性の高いダブルフランジイヤーチップが2サイズです。

 さらに、大手メーカーで、別に買うパワーユーザーも多い、Complyのフォームイヤーチップも「おまけ」で試せます。

 相当充実しますが、このクラスのイヤホンの音質は、イヤーピースのフィット性による部分も大きいため、良い構成に思えます。

 DACの性能は、未開示です。

 音響メーカーなので、下手なことはしていないと思いますが、この部分は難点です。

 再生周波数帯域は、16Hz 〜 20kHzです。

 ハイレゾに対応しないスペックながら、低音域の周波数特性は「少し良い」と言えます。

 201908201109.jpg

 Lightningではない、MA650などと同じ、カスタムダイナミックドライバー(380.1)を採用します。

 バランスが良く評判が良いので、問題ないでしょう。

 イヤフォンの音質は、イヤーピースのこだわりの部分もあり、低音がこの値段としては充実します。

 CD音質ならば満足がいくでしょう。

 なお、「ノイズアイソレーション」の記述があります。

 これは、機械的なノイズキャンセルではなく、「耳せん」による物理的な遮断を意味するため、他社機と同等です。

 ただ、同社のエアロフォニック形状は、静粛性の評価が高いのは確かです。

 ドライバーは、サイズ非公開ですが、形状的に、小さいと言うことはないでしょう。

---

 以上、RHA MA650i の紹介でした。

 Aerophonicの採用など、最近発売されたLightning対応イヤホンでは、音響的な面白さ・音の主張を最も感じる製品です。イヤーチップを含めた、総合力は高いでしょう。

 Beatsが強力なライバルとなりますが、1万円以下の価格の製品としては、現状でおすすめできる機種の1つです。

 イヤーピースをしっかり選べば、静粛性もある程度あるため、高度なノイキャンが不要ならば、選んで良いでしょう。


 201904241621.jpg

 16・radius HP-NHL11R
  ¥20,950 Amazon.co.jp (8/27執筆時)  

再生周波数帯域:5Hz〜24kHz
入力信号:48kHz/24bit
重さ:14g
ノイズキャンセリング:非対応

 HP-NHL11R は、米国の音響メーカーのRadiusが発売するイヤフォンです。

 201904241626.jpg

 アップル出身の技術者が設立した会社となります。デジタルオーディオの面では最近強みのある会社です。

  201810081048.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 イヤーピースのフィット感もよく、遮音性もある程度まであります。

 202002121232.jpg

 DACの性能は、48kHz/24bitですから、ハイレゾ対応水準です。

 再生周波数帯域は、しかし、イヤホン側 (ドライバ側)として24kHzまでの性能なので、ハイレゾ認証マークは持ちません。

 同社の(別売DACを通して使う)普通のイヤホン(HP-NHR31など)は、再生周波数帯域の部分でハイレゾ対応(40KHz)です。

 しかし、こちらの場合は、出口のドライバの部分でハイレゾ対応しない製品と言えます。

 201904241628.jpg

 NePLAYERという同社のハイレゾ専用プレーヤー(iPhoneアプリ)がこの製品をつなげた場合に、無料で使えるという特典がある機種です。

 しかし、肝心のイヤフォン部分が対応していないのは多少「謎」です。

 201609241425.jpg

 イヤフォンの音質は、高級機として魅力があります。

 低音域については、とくに、背圧を逃がせるバスポート構造になっており、低音域のクリアさ・再現性は高レベルです。

 実際、周波数帯域をみても、低音域は5Hzと力強いです。

 とくに、ボリュームのある音が好きな人は、投資する価値がありそうです。

 ドライバーも、13mmと大きめです。

 前方にマグネットを装備する同社独自のHigh-MFD構造を採用し、高音域・低音域にわたり、音のキレ味も良いです。

---

 以上、Radiusイヤフォンの紹介でした。

 DAC・イヤフォン共に、性能は十分で、1万円代の(Lightning対応でない)イヤフォンと較べても音質は上々です。

 イヤフォンがハイレゾ基準に達していないのは残念ですが、今後もしばらく、ハイレゾ音源を導入する予定がないならば、この機種はとても良い選択肢です。


  201904241630.jpg

 17・radius HP-NHL21R 【赤】
 18・radius HP-NHL21K 【黒】
 
  ¥26,290 Amazon.co.jp (8/27執筆時)  

再生周波数帯域:5Hz〜24kHz
入力信号:48kHz/24bit
重さ:14g
ノイズキャンセリング:非対応

 HP-NHL21K も、米国の音響メーカーのRadiusイヤフォンです。上位機種となります。

 201810081054.jpg

 相違点は、コントローラーに、イコライザーやサラウンドを手元で調整できるノズルが装備された点です。

 これに伴い、DACも新型になっています。

 しかし、スペック部分は、下位機種と変化がありません

 利便性は高いですが、価格も高いので、基本的には下位機種でよいでしょう。


 202002121241.jpg

 【2020年】

 19・radius Ne EXTRA Ne HP-NX30LR
 20・radius Ne EXTRA Ne HP-NX30LK
  ¥16,470 Amazon.co.jp (8/27執筆時)  

再生周波数帯域:10Hz〜24kHz
入力信号:48kHz/24bit
重さ:14g
ノイズキャンセリング:非対応

 HP-NX30LRも、米国の音響メーカーのRadiusイヤフォンです。

 2020年に追加発売された新モデルです。

 202002121243.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 イヤーピースは、XSを含む4サイズが同梱です。

 202002121232.jpg

 DACの性能は、48kHz/24bitです。

 こちらも、ハイレゾ対応水準です。

 再生周波数帯域は、しかし、本機も24kHzまでなので、(業界統一の黄色の)ハイレゾ認証マークは付けていません。

 202002121247.jpg

 イヤフォンの音質は、2020年登場機ということで、新技術が採用されます。

 具体的には、FLW構造ドライバーの採用です。振動版にボイスコイルの振動版を接着させないことで、振動版の駆動を改善しています。

 低音域の歪みを改善し、音のクリアさを高めたとのことです。

 低音域の周波数帯域が10Hzからと、同社の他機よりスペックは悪いです。

 同様に大きめのバスポートは見られますが、位置づけとして「上位機」となるかは、読めない部分があります。

 ドライバーも、11mmと先ほどの機種より小さいですので。

 202002121253.jpg

 一方、本機は、操作部に充電ポートを備えるため、バッテリー充電中にもイヤホンが利用できる利便性を保ちます。

---

 以上、RadiusHP-NX30LRの紹介でした。

 音質部分は、同社の他機との比較が難しい機種です。ただ、充電ポートの工夫は、相当実用性が高まるといえ、いつも、モバイルバッテリーを持ち歩くような方には良いでしょう。

−−

 202008270824.jpg

 【2020年】

 21・radius Ne HP-NEL11N
 22・radius Ne HP-NEL11K
 23・radius Ne HP-NEL11S
 24・radius Ne HP-NEL11R
 25・radius Ne HP-NEL11S
  ¥3,190 Amazon.co.jp (8/27執筆時)  

再生周波数帯域:20Hz〜24kHz
入力信号:
重さ:14g
ノイズキャンセリング:非対応

 なお、2020年にラディウスから、エントリークラスの下位機種となるHP-NEL11も発売されました。

 ただ、こちらは、デンキヤで言えば「スマホ売り場」に置かれるグレードのもので、DACの情報がないほか、ドライバーが10mmと小さめです。

 基本的に、音質面では選択肢にはならないでしょう。


 201806062000.jpg

 【2017年】

 26・パイオニア RAYZ Plus SE-LTC3R-K
 27・パイオニア RAYZ Plus SE-LTC3R-W
  ¥10,773 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:10Hz〜22kHz
入力信号::48kHz/24bit
重さ:5g(コード含まず)
ノイズキャンセリング:対応

 SE-LTC3R は、パイオニアが発売するノイズキャンセリングイヤフォンです。

 こちらについては、第2世代Lightning Audio技術に対応する新型モジュール(LAM2)を採用します。

 これにより、電力消費効率は他機種よりも良くなっています。

 201810081105.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 DACの性能は、24bit/48kHzとハイレゾ対応水準です。

 再生周波数帯域は、10Hz 〜 22kHzです。

 高音域については、ハイレゾ音源には未対応なスペックです。

 低音域については、クラス平均よりスペックが良く10Hzですから、期待値は高いでしょう。

 イヤフォンの音質は、割と良いです。

 ドライバーは、9.2mmのダイナミック型ドライバーの搭載です。

 やや小さめですが、そこそこ低音はでており、ノイズキャンセリングに高度に対応できる部分を考えれば、優秀だと思います。

 201806062106.jpg

 ノイズキャンセリングは、この機種の「売り」です。

 マイクを利用したハイブリッド式ノイズキャンセリングに対応できます。

 騒音のある通勤・通学で利用することを考えると、ハイレゾ対応よりも、こちらを重視した方が、総合的な音質は上でしょう。

 とくに、パイオニアは、イヤホンの内外に6つマイクを配置する「ダブル式のアクティブノイズキャンセル」に対応します。

 一般的な、他社のノイズキャンセル付きの上位機と比較しても「引けをとらない」仕様です。

 その上で、駅や飛行場などでアナウンスを聴きたい場合、外音を取り込めるHearTrueモードを搭載するなど、実用部分も優れます。

---

 以上、SE-LTC3R の紹介でした。

 注目点は、性能の期待できるノイズキャンセラーの搭載です。

 ドライバーはさほど大きくないため、全体の音圧は標準的ですが、通勤・通学用として考えた場合、実際的には、この機種が最適です。

ーーー

 201806061956.jpg

 【2017年】

 28・パイオニア RAYZ Plus SE-LTC5R-S
 29・パイオニア RAYZ Plus SE-LTC5R-T
  ¥13,890 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:10Hz〜22kHz
入力信号::48kHz/24bit
重さ:5g(コード含まず)
ノイズキャンセリング:対応

 なお、上位機種として SE-LTC5Rも同時に発売されています。

 202002121314.jpg

 下位機種との相違点は、ラディウスと同じで、ケーブルの中間に充電用Lightningポートがあり、iPhoneを充電しながら利用できる点です。

 これ以外は、下位機種と同じです。


 201912041721.jpg

 30・LIBRATONE Q ADAPT LIGHTNING IN-EAR
  ¥25,831 Amazon.co.jp
(8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz〜20kHz
入力信号:
重さ:20g
ノイズキャンセリング:非対応

 Q Adapt は、デンマークの音響メーカーLibratoneが販売する製品です。

 同社は、比較的新興の会社でデジタル音響機器に強みのあるメーカーです。独特の北欧風なデザインが魅力です。

 201810081113.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 201810081115.jpg

 独特の形状ですが、イヤーチップ自体は多数から選択できるので、たいていの耳に合うでしょう。

 DACの性能は、この製品は未開示です。

 再生周波数帯域は、20Hz 〜 20kHzです。

 AKGと同様で帯域幅は狭く、バランスを重視したタイプです。

 ノイズキャンセリングは、この機種は、シングルマイクの普通タイプのものながら搭載します。

 また、パイオニア同様に、外音を取り込めるCityMix機能もあります。

 イヤフォンの音質は、傾向としては、同じく欧州系のAKGと同等で聴き疲れしないタイプです。

---

 以上、Q Adapt の紹介でした。

 誤解を恐れずに言えば、AKGと同じ傾向で、ノイズキャンセリングに対応させた製品です。

 輸入商社を通すので価格は割高ですが、落ち着いたサウンドが好きな方は有効な選択肢となるでしょう。


 201908201123.jpg

 31・AZLA ORTA Lightning 【各色】
  ¥11,000 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz〜20kHz
入力信号:
重さ:20g
ノイズキャンセリング:非対応

 ORTA Lightningは、新興音響メーカーのAZLAが販売するLightning対応イヤホンです。

 もともと、アイリバーにいた技術者が起業した高級音響ブランドで、日本でも数点のラインナップがあります。

 201908201126.jpg

 装着方法は、音漏れしにくい密閉型(カナル型)です。

 構造的に、フックしても問題ないです。

 イヤーピースは、6サイズで、それぞれ2ペア付属です。

 SednaEarfit Lightという同社開発のシリコンイヤーチップで、装着性が自慢です。

 201908201133.jpg

 イヤフォンの音質は、技術的なこだわりの部分では「最もレベルが高い」です。

 AZLA自体、音の直進を邪魔せず、伝送ロスを防ぎつつ、スピード感をだしていく、ALC(アクティブロスコントロール)を売りにしていますが、この機種も採用です。

 ドライバーは8mmですが、40μ厚アルミ合金製振動板を採用し、素材特有の透明感を出せています。

 そのほか、ヨリ線のハイブリッド4芯構造ケーブルや、防振性に関する工夫など、技術的に「語るべきポイントの多い」製品です。

 その上で、周波数特性が8Hz 〜 40kHzですから、イヤホン部分については、ハイレゾ水準です。

 DACの性能は、一方、この製品は未開示です。

 ハイレゾに対応できるスペックであるかは不明で、こちらが大きな弱点となっています。

 ノイズキャンセリングは、この機種は、非対応です。

---

 以上、ORTA Lightningの紹介でした。

 普通にCD音質までの音源だけを聴くとすると、1万円台の製品では、音質的な部分の工夫が最も高度と言える製品です。

 ノイズキャンセル不要ならば、良い選択肢に思います。


 201912041649.jpg

 【2018年】

 32・ゼンハイザー AMBEO SMART HEADSET
  ¥37,873 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:15Hz〜22kHz
入力信号::
重さ:5g(コード含まず)
ノイズキャンセリング:対応

 AMBEO SMART HEADSETは、ドイツのゼンハイザーが販売するイヤホンです。

 201912041655.jpg

 正確には、マイク付イヤホン(ヘッドセット)のカテゴリーで、マイクの部分に重きを置いた製品です。

 というのも、こちらは、バイノーラルレコーディング(耳で実際聞いたのと同じ音を記録する=3Dサウンド)ができるため、画像に専用のトラックを付けられるからです。

 装着方法は、イヤーフック型で、耳せんの部分はカナルです。

 外観、なんとなく、オープン型に見えますが、その部分はマイクです。

 DACの性能は、情報非開示となります。

 再生周波数帯域は、15Hz 〜 22kHzです。

 高音域については、ハイレゾ音源には未対応なスペックです。

 低音域についても、さほど強調できるスペックは出していません。

 イヤフォンの音質は、ドライバーサイズなどの情報非開示です。

 ただし、「透明感」という表現をメーカーは使っています。

 ノイズキャンセリングは、対応です。

 マイクの数や方式などは不明ですが、ダブル方式ではないようです。

 ただ、ノイキャンとともに、3段階の外音取り込み機能があるため、歩きながらの利用はかなり安全です。

---

 以上、AMBEO SMART HEADSETの紹介でした。

 今回は、イヤホンとしての比較なので、スペック的には「選外」ですが、録音もセットで考えるならば、面白い選択肢です。

 また、このタイプでは珍しく、外音取り込み機能があるので、没入感をだせるカナル式が欲しいが、「歩きながらのときは安全に聞きたい」というニーズには適うでしょう。

今回の結論
ライトニングイヤホンのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、ライトニング端子に対応するヘッドホンを紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。


 第1に、通勤通学時向けの製品で、音質面で最も期待できるのは、

 201806062000.jpg

 【2017年】

 26・パイオニア RAYZ Plus SE-LTC3R-K
 27・パイオニア RAYZ Plus SE-LTC3R-W
  ¥10,773 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:10Hz〜22kHz
入力信号::48kHz/24bit
重さ:5g(コード含まず)
ノイズキャンセリング:対応

1・音質の良さ ★★★★★
2・DAC性能 ★★★★★
3・重低音   ★★★★★
4・ノイズ対策 ★★★★★
5・総合評価  ★★★★★

 パイオニアのSE-LTC3R が良いでしょう。

  201810081105.jpg

 ドライバーのサイズは、9.2mmのダイナミック型ドライバーほどほどサイズです。

 しかし、ノイズキャンセリングはマイクを6つ搭載する新方式ですし、第2世代Lightning Audio技術に対応し、バッテリー消費効率が高いなど、独自の魅力があります。

 価格以上に性能は期待できるので、この機種を買うのも良いと思います。こちらも、日本にしっかりとした販売網があるので、断線時のサポートなども期待できます。


 第2に、イヤホンタイプで、低価格ながら信頼できる音質を持つのは、

 201901222136.jpg

 2・Beats by Dr.Dre urbeats3
  ¥5,200 Amazon.co.jp
(8/27執筆時)  

再生周波数帯域:
入力信号:
重さ:18g
ノイズキャンセリング:非対応

1・音質の良さ ★★★★★
2・DAC性能 ★★★★★
3・重低音   ★★★★★
4・ノイズ対策 ★★★☆☆
5・総合評価  ★★★★☆

 米国のBeatsブランドのurbeats3でしょう。

 201904241525.jpg

 実質上「Apple純正」ですが、 EarPodsとことなり、開放型でないため音漏れの心配がないです。

  201904241616.jpg

 音質面でも、同社の製品としては、どの音域もフラットなので使いやすいですし、入門用として良いと思います。

 なお、新形状の軸合わせドライバの採用で、サイズ感に比して低音域は出ているので、その部分も安心です。


 第3に、1万円台の製品で、最も音質面に工夫のある製品としておすすめなのは、

 201908201123.jpg

 31・AZLA ORTA Lightning 【各色】
  ¥11,000 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

再生周波数帯域:20Hz〜20kHz
入力信号:
重さ:20g
ノイズキャンセリング:非対応

1・音質の良さ ★★★★★★
2・DAC性能 ★★★★☆
3・重低音   ★★★★★★
4・ノイズ対策 ★★★☆☆
5・総合評価  ★★★★★★

 AZLAが販売するORTA Lightningでしょう。

 201908201133.jpg

 Lightning機では、例外的に、ドライバー部分に高度な工夫がある機種として評価できます。

 ALC(アクティブロスコントロール)40μ厚アルミ合金製振動板は、音響に関する明確な方針に基づく採用であり、Lightning搭載イヤホンでは、「例外的なプレミアムイヤホン」といえます。

 その他の部分も工夫がなされるため、ノイズキャンセルが不要ならばこれで良いでしょう。

 DACがハイレゾに対応すればなお良いですが、現実的にそのような機種は他社にもないため、その部分は「あきらめる」べきでしょう。

補足:イヤホン・ヘッドホン関連記事の紹介

 というわけで、今回は、ライトニング端子対応ヘッドホンの紹介でした。

 201810061305.jpg

 なお、このブログ「モノマニア」には、ヘッドホン・イヤホンについて、他に、以下のような比較記事があります。

1・Bluetoothヘッドホンの比較
2・Bluetoothイヤホンの比較
3・完全ワイヤレスイヤホンの比較
4・ハイレゾヘッドホンの比較
5・ハイレゾイヤホンの比較
6・ノイキャンヘッドホンの比較
7・ノイキャンイヤホンの比較
8・Beatsのヘッドホンの比較
9・ライトニング端子イヤホンの比較
10・ウェアラブルネックスピーカーの比較
11・おすすめヘッドホンの選び方 【結論】

 よろしければ、これらの記事をご覧ください。

 とくに、11番の記事は、全記事の「まとめ」として、どのようにイヤホンを選ぶべきか、スペック表の読み方などをまとめています。

 よろしければご覧ください。

 201809170924.jpg

アップルの iPod touchの比較
2・
ソニーのウォークマンの比較
3・ハイレゾ対応ポータブルアンプ

 また、このブログには、他にもオーディオ関係の記事がありますので、こちらもよろしくお願いします。

 最後になりましたが、この記事がお役に立ったようでしたら幸いです。Twitter Facebook はてなブックマークボタンから記事を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 09:13 | オーディオ製品

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png