比較2017' 高画質なポータブルDVDプレーヤー15製品の性能とおすすめ・選び方(ブルーレイ・車載対応):軽量モデル・子供向けのポータブルDVD・ブルーレイプレーヤー

2017年01月06日

比較2017' 高画質なポータブルDVDプレーヤー15製品の性能とおすすめ・選び方(ブルーレイ・車載対応):軽量モデル・子供向けのポータブルDVD・ブルーレイプレーヤー

今回レビューする製品:2016-2017年 軽量・高画質なポータブルDVDプレーヤー13機種のおすすめと選び方:車載用・自宅用のポータブルブルーレイプレーヤー・:ソニー・東芝・アズマ・グリーンハウス・:DVD-F914 DVD-P1160 BDP-SX910 REGZA SD-P710SW BDP-Z1 GH-PDV7V SD-BP900S アーウィンジャパン APD-100N-ONE DVP-FX780 DVP-FX980 GH-PBD10DT 人気機種の機能の違いと画質「最強」機種のランキング

今回のお題
ポータブルDVDプレーヤーの価格・性能別のおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。今回は、ポータブルDVDプレーヤーポータブルブルーレイプレーヤー比較です。

 映像機器では「マイナー」「レトロ」と言える家電ですが、現在でも一定数の需要がある家電ですね。とくに、自動車や自宅で「お子さんに映像を見せる」目的で買われる方が多いようです。デンキヤでもファミリー層が、この商品をちらほら見ています。

 以下では、いつものように、機種別に製品を比較した後で、最後に、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

ポータブルDVDプレーヤーの比較

 はじめに、「ブルーレイに対応しない」ポータブルDVDプレーヤーについて書いていきます。このような製品は、対応しない代わりに、軽量で価格が安いモデルが多いです。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチと思うポイントを青字系で記していきます。

 

 1・東芝 REGZA SD-P710SW 【白・7インチ
 1・東芝 REGZA SD-P710SG  【緑・7インチ
 1・東芝 REGZA SD-P710SP
【ピンク・7インチ
 1・東芝 REGZA SD-P710SL 【7インチ

  ¥12,080 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  

 液晶パネル:1024×600(IPS液晶)
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
未対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生
対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:最大5時間
 バッテリー充電時間:約3時間
 重さ:
0.77kg

 SD-P710SW は、東芝レグザシリーズに属するポータブルDVDプレーヤーです。1万円前後の製品としては、デンキヤでは最も売れている機種の一つです。

 201608171228.jpg

 画面サイズは、7v(15.5×8.cm)です。カーナビに良くあるサイズです。液晶パネルは、IPS液晶という液晶テレビにも使われる高視野角で見やすい液晶を採用します。今回紹介する機種では唯一のIPS液晶搭載タイプですので、画質だけで言えば、この機種が「最強」です。文字まではっきり見えるので、洋画をよく観る方は特にオススメですね。

 視聴できるメディア、DVDのみです。TVには対応しません。DVDのほか、USBメモリやポータブルHDDも利用可能ですが、こちらは、音楽ファイル(MP3)と、写真(jpeg)のみ再生可能です。なお、DVDは、DVD-Rなどご家庭で焼いたメディアにも対応できます。

 バッテリーは、最大5時間の再生が可能です。他機種と比較しても良い数字です。充電時間も3時間と短く、その点で使い勝手も良いでしょう。ご家庭で利用する場合は、AC電源(コンセント)でも利用可能です。

 自動車での利用はカーアダプターが付属されますので、車内利用可能です。ただ、7インチサイズと小画面なので、基本的には、据え付けずに、子供などに持たせるなどして利用するタイプと考えてください。リモコンは付属しますが、車載用のアダプタなども未装備です。

 以上、東芝のSD-P710SW の紹介でした。今回紹介する機種では、最も高画質で、視野角は広いモデルです。画面が小さいため、「1人で見るのに適した」高画質モデルですが、画質を重視するならば、選択肢として良いでしょう。お子さん用の他、出張・飛行機などの移動時に見るのにも適しますね。


 

 2・SONY DVP-FX780 【白・7インチ】
 2・SONY DVP-FX780 【黒・7インチ】
 2・SONY DVP-FX780 【ピンク・7インチ】
 2・SONY DVP-FX780 【ゴールド・7インチ

 
 ¥11,910 Amazon.co.jp (1/6執筆時)   

 液晶パネル:480×234
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
未対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:最大4時間
 バッテリー充電時間:約4時間
 重さ:
0.78kg

 DVP-FX780 は、ソニーの製品です。価格的にSD-P710SW のライバル機種です。視聴できるメディア、DVDのみです。TVには対応しない点など、ソニーと同じです。

 画面サイズは、この機種も7v(15.5×8.cm)です。ただ、液晶パネルが480×234という低品質のパネルであり、DVDビデオという比較的古い規格のメディアでも、本来の画質での再生は不可能です。

 バッテリーは、東芝より短いですが、最大4時間の再生が可能です。ACアダプターの利用ももちろん可能です。自動車での利用はカーアダプターが付属されますので、この機種も車内利用可能です。


 201608171250.jpg

 音質は、この機種の「売り」です。複数のサラウンドモードを搭載し、S-Forceという擬似的に映画館の5.1chサラウンドを再現する機能が付属するのが魅力ですね。この点では、東芝を上回るでしょう。ただ、ヘッドホンで聴く分には大差はありません。

 以上、SONYのDVP-FX780 の紹介でした。「お一人様用」の7インチの小型機で、音質が良いのが特長です。ただ、肝心の画質はイマイチですね。



 3・SONY DVP-FX980 【9インチ】
 
¥19,550 Amazon.co.jp (1/6執筆時)    

 液晶パネル800×480
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
未対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:最大5時間
 バッテリー充電時間:約5時間
 重さ:
0.96kg

 DVP-FX980 は、ソニーの上位機種になります。

 画面サイズは、この機種も9v(19.8×11.2.cm)です。1人用としては結構大きく見れます。解像度も800×480ありますので、DVD画質の映像の再生には問題ないスペックです。字幕も綺麗に見えるでしょう。

 バッテリーは、本体が200gほど重い分、大きなものを採用しており、画面が大型にもかかわらず5時間保ちます。出張中の移動時など長時間使いたい方はこの機種を選ぶのも良いでしょう。もちろん、ACアダプターと、カーチャージャー用のアダプターが付属されます。

 その他の部分は、TVチューナーが未付属な点や、充実したサラウンド機能などを含めて下位機種と同じです。

 以上、ソニーのDVP-FX980の紹介でした。ポータブル機としては比較的大画面の9インチを採用し、画質的にもDVDレベルならば、字幕を含めてはっきり見られる液晶を採用している点がメリットです。また、スピーカーの音質も比較的良いので、その点でもオススメできる機種です。

 一方、持ちはこび用としては、1kg弱の重さは多少重いと言えます。7インチの方が良いでしょう。


 

 4・グリーンハウス GH-PDV7V 【7インチ 
 
 ¥6,691 Amazon.co.jp (1/6執筆時)    
 5・グリーンハウス GH-PDV9V 【9インチ 
   ¥10,308 Amazon.co.jp (1/6執筆時)
 6・グリーンハウス GH-PDV10V   【10インチ 
   ¥12,633 Amazon.co.jp (1/6執筆時)   
 

 液晶パネル:800×480/1024×600
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:乾電池式(約4時間)
 バッテリー充電時間:ーーー
 重さ:
0.78kg/0.845g

 これら3機種は、台湾のグリーンハウスの製品です。画面サイズの違いで2機種あります。

 201608171305.jpg

 いずれも液晶パネルを、回転させてタブレットのように利用できるのが魅力な機種です。

 画面サイズは、7v(15.5×8.cm)9v(19.8×11.2.cm)のほかに、10v(22.2×12.5.cm)型も存在します。7Vと9VはSONYの7インチ機種と異なり、800×480のディスプレイを採用するため、DVD画質でも、字幕などの読み取りに問題ありません。10vはさらに高画質な1024×600のディスプレイを採用します。

 視聴できるメディア、DVDのみです。TVには対応しません。このあたりは、ソニーや東芝と同じですが、USBメモリに加えて、SDカードが利用できるのはこの機種だけですね。

 特に、この機種は、SDカードやUSBメモリーでも、MPEG1MPEG2 ならば、動画ファイルの再生にも対応できます。PCなどで保存してあるビデオファイルなどのデータを再生するのに便利です。

 バッテリーは、未搭載です。基本は、ACアダプターか、車載用のシガーソケットアダプターで利用する機種です。乾電池での動作に対応しますが、単三電池8本が必要と現実的ではありません。

 201608171313.jpg

 自動車での利用はカーアダプターの他、ヘッドレスト取付キットと、リモコンが付属します。素人でも簡単に設置できる点で、車向きな機種ですね。ヘッドホン出力端子が付きますが、カーオーディオと接続するにはパワー不足かもしれません。

 以上、グリーンハウスのポータブルDVDプレーヤーの紹介でした。便利なキットがふぞくするため、特に車載する方に売れている機種ですね。一方、ヘッドレストに付ける場合、手元でみるわけではないので、7インチだとかなり小さく視認性が悪いです。普通車ならば10インチが、小さめの普通車なら9インチほどがおすすめです。


 

 7・EAST(アズマ) DVD-F914【9インチ】
 
¥13,202 Amazon.co.jp (1/6執筆時) 

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:
地上波(ワンセグ・フルセグ)
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:約3時間
 バッテリー充電時間:不明
 重さ:0.98kg

 DVD-F914は、アズマから、比較的格安で売られているポータブルDVDプレーヤーです。

 画面サイズは、9v(19.8×11.2.cm)と車載にも向く比較的大きめのサイズです。画素数も、DVDの再生に十分な800×480のディスプレイを採用します。

 視聴できるメディアは、この機種の場合、DVDだけでなく、TVの視聴にも対応します。この点が、この機種が売れている秘密でしょう。ワンセグ・フルセグ対応なので、付属のアンテナを立てれば、外出先でもTVとして利用可能です。一方、SDカードやUSBメモリーに対応しますが、グリーンハウスと異なり、動画(MPEG1 とMPEG2 )は対応しません

 バッテリーは、最大3時間の再生と他社より短いです。チューナーなどが内蔵されているため、仕方ない部分ではあるでしょう。また、ACアダプターでも利用可能です。

 自動車での利用はカーアダプターの他、ヘッドレストに取り付けられる車載用カバーとリモコンが付属します。この機種も、グリーンハウスのように「タブレット」のように折り畳んで利用できるので車での利用も便利です。

 以上、アズマのDVD-F914の紹介でした。TVチューナーが付属する点車載用カバーが付属する点が、この機種の「売り」でしょう。TVチューナーも利用したい場合は、選択肢にいれても良いでしょう。


 

 8・EAST(アズマ) DVD-P116011.6インチ
 
¥11,217 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  

 液晶パネル:1366×768
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:約2.5時間
 バッテリー充電時間:不明
 重さ:1.23kg

 DVD-P1160も、アズマのポータブルDVDプレーヤーです。

 画面サイズは、11.6vと、モバイルノートPC並の大画面です。ただ、ポータブルとは言っても重さが1.23kgあるので、さほどコンパクトとは言えないかもしれません。

 視聴できるメディアは、注意が必要です。下位機種と較べると、TVチューナーが未搭載だからです。

 バッテリーも、最大2.5時間の再生と下位機種よりも短いです。基本は、持ち運ばず、電源の取れる場所で利用する機種だと思います。 

 自動車での利用はカーアダプターは付属しますが、車載用カバーは未付属です。大きさ的にもそのような用途は想定しにくいのでしょう。

 以上、DVD-P1160の紹介でした。画面サイズを優先するならば、解像度も高く良い選択肢の1つだと思います。ただ、モバイル性はないため、その部分は注意が必要ですね。


 

 9・アーウィンジャパン APD-100N 【10.1インチ 
  ¥8,300 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  

 液晶パネル:1024×600
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大3時間
 バッテリー充電時間:約
3.5時間
 重さ:0.95kg

 APD-100N は、10インチ前後の製品としては「激安価格」であるため、売れている製品です。激安ですが、タブレットのように折り畳んで利用できる仕様です。

 画面サイズは、10.1インチと、後部座席の車載にも向く大画面です。画面も1024×600と高解像度です。DVDなども綺麗に見れるでしょう。

 視聴できるメディアは、DVDのみで、TVチューナーが未搭載です。価格的には仕方ないでしょう。バッテリーも、最大3時間の再生と短いです。

 自動車での利用は、カーアダプターのほか、ヘッドレスト用バッグが付属します。その点で、車載については利用しやすい機種です。

 以上、APD-100N の紹介でした。格安で売られている機種ですが、液晶パネルの画質などが良くその点では問題ありません。ただ、ノンメーカー製品と言うことで、保証の点と、外観のデザインは「価格相応」です。


 

 10・ONEST リージョンフリーDVDプレーヤー PPDF-920BK 【9インチ
 
 ¥11,980 Amazon.co.jp (1/6執筆時)   

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:
地上波(ワンセグ・フルセグ)
 DVD-R/RW対応:対応(リージョンフリー)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大2時間
 バッテリー充電時間:約4-6
時間
 重さ:0.95kg

 PPDF-920BK は、ONESTから販売されている9インチのポータブルDVDプレーヤーです。

 画面サイズは、9v(19.8×11.2.cm)と大きめのサイズを利用しています。800×480のディスプレイを採用し、DVDなどの高画質メディアの再生にも対応できます。

 視聴できるメディアは、DVDだけでなく、TV(ワンセグ・フルセグ)の視聴に対応します。さらに、DVDについては、リージョンフリー対応で、外国から買ったDVDも再生できる点で人気のある機種ですね。

 バッテリーは、最大2時間の再生とかなり短いです。充電時間も長めなので、この点ではあまり魅力的ではありません。もちろん、ACアダプターが付属し、コンセントでも利用可能です。

 自動車での利用は、この機種もカーアダプターの他、ヘッドレストに取り付けられる車載用カバーとリモコンが付属します。

 以上、PPDF-920BK の紹介でした。リージョンフリーのDVDプレーヤーとして、映画ファンなどに人気が高い機種です。ただ、特殊な製品ですので、一般的な用途に利用するには、あまり向かないでしょう。

Blu-ray対応製品

 続いて、ここからは、DVDに加えて、ブルーレイの再生にも対応できる製品を紹介します。

 

 11・グリーンハウス GH-PBD10D 【10.1インチ・TVチューナーなし】
  ¥23,970 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  
 12・グリーンハウス GH-PBD10DT 【10.1インチ・TVチューナー付属】 
   ¥28,160 Amazon.co.jp (1/6執筆時) 

 液晶パネル:1024×600
 TVチューナー:
未搭載/搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
乾電池12本・2時間
 バッテリー充電時間:
ーーー
 重さ:1.15kg

 GH-PBD10 は、台湾のグリーンハウスの発売するポータブルDVD・ブルーレイプレーヤーです。2機種ありますが、上位機種のみ、TVチューナー(ワンセグ・フルセグ)が付属します。その他の点は同じなので、同時に紹介します。

 画面サイズは、10.1インチと大きな画面です。解像度は、1024×600ポータブルブルーレイプレーヤーとしては高いです。なおブルーレイの画質は1920×1080となるため、そのままの画質での表示は不可能ですが、現行製品でこの画質に対応する製品はありません。また、画面の小ささから言って、ポータブルの場合、この解像度でも十分な高画質です。

 視聴できるメディアは、DVD・ブルーレイなどです。SDカードやUSBメモリーも利用でき、動画フォーマットもMPEG1 / MPEG2 / MPEG4-AVCにそれぞれ対応します。TVチューナーは、先ほど書いたように、上位機種のみの搭載です。

 バッテリーは、未搭載で、基本、ACアダプターで利用する機種です。正確には、単三乾電池12本で稼働しますが、現実的にこのように利用する人は少ないでしょう。

 201608171420.jpg

 自動車での利用は、この機種もカーアダプターの他、ヘッドレストに取り付けられる車載用カバーとリモコンが付属します。また、この機種は、モニター下部がタッチパネルになっており、操作も楽です。

 以上、GH-PBD10 の紹介でした。ブルーレイが扱える機種としては、画面解像度も高い割に価格も安くお買得だと思います。とくに、グリーンハウスの製品は、車の後部座席に車載しやすいので、その用途では特にオススメですね。


 

 13・東芝 REGZA SD-BP900S 【9インチ
 
¥23,850 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大5時間
 バッテリー充電時間:
5時間
 重さ:1.2kg

 SD-BP900S は、東芝レグザのブルーレイプレーヤーです。ブルーレイプレーヤーとしては比較的価格が安いと言える機種ですね。折りたたんでタブレットの用にも使える機種です。

 画面サイズは、9v(19.8×11.2.cm)とグリーンハウスより一回り小さめです。その点は問題ないですが、液晶パネルが800×480とかなりの低解像度であるのは、ブルーレイ用としては相当残念な点です。

 バッテリーは、最大5時間の再生と高寿命です。もちろん、ACアダプターも付属します。

 自動車での利用はカーアダプターは付属しますが、ヘッドレストに付けるカバーは未付属です。この部分を意識した作りではなさそうです。

 以上、東芝のSD-BP900S の紹介でした。ポータブルDVDプレーヤーは高品質な液晶を使っていましたが、ブルーレイプレーヤーは逆にこの部分を軽視した作りです。この点が多少残念と言えそうで、「次回作に期待」です。


 

 14・SONY BDP-SX910 【9インチ
 
¥28,783 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大5時間
 バッテリー充電時間:
5時間
 重さ:1.2kg

 BDP-SX910 は、ソニーのポータブルブルーレイプレーヤーです。

 画面サイズは、東芝と同じで9v(19.8×11.2.cm)ですね。こちらも、解像度は800×480であり、ブルーレイのスペックをフルで活かせる商品ではありません。

 201608171433.jpg

 視聴できるメディアは、DVD・ブルーレイなどです。また、この機種は、SDカード・USBメモリーやポータブルHDDに対応します。フォーマットも、Mpeg系のほかWMVなどにも対応し充実しています。このほか、ドルビーサラウンド機能など、音質が他メーカーに比べて高いのが、ソニーの利点です。

 バッテリーは、最大5時間の再生と東芝同様長いです。ACアダプターも付属していますが、なしでも長時間使えそうです。

 自動車での利用はカーアダプターは付属しますが、カバーは未付属です。後部座席で利用するならば、グリーンハウスなどのほうがお手軽ですね。

 以上、ソニーのBDP-SX910 の紹介でした。やはり、ブルーレイプレーヤーとして画面解像度が低いのは多少ネックですね。一方、PCなどに保存した各種動画ファイルを、USBメモリーやポータブルHDDなどとつなげて再生するには、対応フォーマットが多く、向いている機種でしょう。


 

 15・SONY BDP-Z1 【10.1インチ
 
¥44,800 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  

 液晶パネル:1366×768
 TVチューナー:
地上波(ワンセグ・フルセグ)
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大5時間
 バッテリー充電時間:
5時間
 重さ:1.6kg

 BDP-Z1 は、ソニーのポータブルブルーレイプレーヤーの最上位機種です。

 画面サイズは、10.1インチで、やや大きめのサイズです。また、解像度が、1366×768画素とポータブルブルーレイプレーヤーとしては唯一ハイビジョン規格をクリアしています。そのため、画質で選ぶならばこれ以上の機種はないでしょう。

 201608171433.jpg

 視聴できるメディアは、DVDやブルーレイのほか、下位機種の場合と同じく、多数のフォーマットに対応します。SDカード・USBメモリー・ポータブルHDDから利用できる点は、上級者にとくに便利でしょう。また、TVチューナー(ワンセグ・フルセグ)もこの機種には搭載されます。

 バッテリーは、多機能な割に、最大5時間の再生と下位機種と同じに長いです。ACアダプターも付属しています。ただ、重さは1.6kgとかなりあるので、ポータブルと言えども、自宅内や車内に置きっ放しで利用するほうが良い機種ですね。

 自動車での利用はカーアダプターは付属しますが、カバーは未付属で、重量もあるので、利用シーンは限定的でしょう。

 以上、ソニーのBDP-Z1 の紹介でした。ブルーレイプレーヤーとしては、今回紹介した機種の中で最も高解像度です。ソニーは音質も秀でますので、画質・音質重視ならば、この機種はオススメです。TVも見れますし、自宅内で持ち運ぶ用途などには、多方面で活躍しそうです。

今回の結論
ポータブルブルーレイプレーヤーのおすすめ機種はこちら!

 というわけで今回は、ポータブルDVDプレーヤーとポータブルブルーレイプレーヤーを15機種ほど比較しました。

 最後に、いつものように、目的別・用途別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、家庭や持ち運んでの利用に便利な、DVDプレーヤーとしておすすめできるのは、

 

 1・東芝 REGZA SD-P710SW 【白・7インチ
 1・東芝 REGZA SD-P710SG  【緑・7インチ
 1・東芝 REGZA SD-P710SP
【ピンク・7インチ
 1・東芝 REGZA SD-P710SL 【青・7インチ
  ¥12,080 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  

 液晶パネル:1024×600(IPS液晶)
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
未対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生
対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:最大5時間
 バッテリー充電時間:約3時間
 重さ:
0.77kg

 東芝レグザシリーズSD-P710でしょう。最も重要視するべき、液晶パネルの品質がIPS液晶採用と他機種に抜きんでて性能が良いのが理由です。IPS液晶は、視野角も広く、目にも優しいため、お子さんが利用するのにも向いているでしょう。

 性能面でも、バッテリー寿命も長く、重さも軽量なので、使い勝手も良いと思います。価格も性能に比して抑えられており、費用対効果は高そうです。

ーーー

 

 7・EAST(アズマ) DVD-F914【9インチ】
 
¥13,202 Amazon.co.jp (1/6執筆時) 

 ただし、TVチューナーも欲しい場合は、こちらを選択肢に入れると良いでしょう。


第2に、自動車の後部座席に設置するのに向いたDVDプレーヤーとしておすすめできるのは、

 

 4・グリーンハウス GH-PDV7V 【7インチ 
 
 ¥6,691 Amazon.co.jp (1/6執筆時)    
 5・グリーンハウス GH-PDV9V 【9インチ 
   ¥10,308 Amazon.co.jp (1/6執筆時)
 6・グリーンハウス GH-PDV10V   【10インチ 
   ¥12,633 Amazon.co.jp (1/6執筆時)   
 

 液晶パネル:800×480/1024×600
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(DVD-RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:
対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:乾電池式(約4時間)
 バッテリー充電時間:ーーー
 重さ:
0.78kg/0.845g

 専用の車載用バッグの使い勝手が良い、グリーンハウスの製品でしょう。

 画質を重視するならば、画面解像度の高い10インチのGH-PDV10Vが特にオススメです。ただ、小型車や軽自動車の場合は、10インチは多少サイズが大きいので、それぞれ、9インチ・7インチにした方が良いでしょう。これらでもDVD画質ですしクオリティは高いです。

ーーー


 7・EAST(アズマ) DVD-F914【9インチ】
 
¥13,202 Amazon.co.jp (1/6執筆時) 

 なお、TVチューナーが欲しいならば、こちらを選ぶ必要があるでしょう。

第3に、自宅内だけなど余り動かさずに利用する場合におすすめなポータブルブルーレイプレーヤーは、

 

 15・SONY BDP-Z1 【10.1インチ
 
¥44,800 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  

 液晶パネル:1366×768
 TVチューナー:
地上波(ワンセグ・フルセグ)
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大5時間
 バッテリー充電時間:
5時間
 重さ:1.6kg

 画質が圧倒的に良いBDP-Z1 がオススメです。ブルーレイを高画質で見たいならば、ハイビジョン対応のこの機種が現状で最も良いです。価格が高いのが難点ですが、画質を追い求めたいならば、このグレードに選ぶ必要があるでしょう。


第4に、車載するのにおすすめなポータブルブルーレイプレーヤーは、

 

 11・グリーンハウス GH-PBD10D 【10.1インチ・TVチューナーなし】
  ¥23,970 Amazon.co.jp (1/6執筆時)  
 12・グリーンハウス GH-PBD10DT 【10.1インチ・TVチューナー付属】 
   ¥28,160 Amazon.co.jp (1/6執筆時) 

 液晶パネル:1024×600
 TVチューナー:
未搭載/搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
乾電池12本・2時間
 バッテリー充電時間:
ーーー
 重さ:1.15kg

 グリーンハウスの製品でしょう。比較的解像度が高いディスプレイを搭載し、車載用カバーが出来が良いからです。TVチューナーの有無は、カーナビに付いている場合もあるので、好みで選んで良いと思います。

ーーー

 以上、今回は、ポータブルDVDプレーヤーの紹介でした。

 もしこの記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 18:53 | Comment(0) | 映像機器

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg

コメント(知人の方)



          
商品名から本ブログの記事検索ができます!

カスタム検索

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png