比較2018'【画質重視】ポータブルDVDプレーヤー15機のおすすめと選び方(ブルーレイ・車載対応)・Blu-ray対応ポータブルプレーヤー

2018年07月07日

比較2018'【画質重視】ポータブルDVDプレーヤー15機のおすすめと選び方(ブルーレイ・車載対応)・Blu-ray対応ポータブルプレーヤー

【今回レビューする内容】高画質なポータブルDVDプレーヤー15機のおすすめと選び方:子供用:車載用・自宅用のブルーレイ対応ポータブルプレーヤー:ソニー・東芝・アズマ・グリーンハウス・ HDMI出力対応機種など機能の違いと画質「最強」機種のランキング

【比較する製品型番】DVD-F914 DVD-P1160 BDP-SX910 GH-PDV7K GH-PDV13VT-BK GH-PDV15VT-BK REGZA SD-P710SW BDP-Z1 GH-PDV7V SD-BP900S アーウィンジャパン APD-107F DVP-FX780 DVP-FX980 GH-PBD10DT APD-700N

今回のお題
ポータブルDVDプレーヤーのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今日は、ポータブルDVDプレーヤー比較です。

 201807071704.jpg

 「上位機種」と言える「ポータブルーレイプレーヤー」を含めて15機を紹介しました。

  201807071708.jpg

 いつものように各機種を比較してから、最後に目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

ーーー

1・ポータブルプレーヤーの比較記事
2・ブルーレイプレーヤーの比較記事

3・
ブルーレイレコーダーの比較記事

 なお、液晶画面が伴わないタイプについては、別記事です。2番のリンク記事をご覧ください。

1・ポータブルプレーヤーの選び方の基本

 201807071953.jpg

 ポータブルDVDプレーヤーは、古くからある家電ですが、現在でも人気が続く映像機器です。

 最近は、個人で楽しむほか、自動車や自宅で「お子さん・お孫さんに映像を見せる」目的で買われる方も多いです

 201807071715.jpg

 さらに、HDMI端子を備える機種を買って、自宅の大画面TVにつなげてDVDを見る方もいるようです。HDMI端子はデジタル映像と音声を共に伝送できるので、ご自宅にプレーヤーがない場合方に重宝します。 

 1・液晶パネルの品質と視認性
 2・TVチューナーの有無
 3・自動車への車載への対応の有無
 4・バッテリー持続時間

 このように「便利な家電」ですが、今回は「画質」を最大限重視しつつも、「TV視聴機能」「車載対応」「バッテリー量」などにも注目し、詳しく比較をしていきます。

 大きなデンキヤでの調査で見かけた機種は全機網羅しました。

2・ポータブルプレーヤーの比較

 201807071718.jpg

 はじめに、「ブルーレイに対応しない」普通のポータブルDVDプレーヤーを比較します。

 このような製品は、対応しない代わりに、軽量で価格が安いモデルが多いです。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチと思うポイントを青字系で記していきます。


 201807071720.jpg

 【7インチ】 

 1・東芝 REGZA SD-P710SW 【白
 1・東芝 REGZA SD-P710SG  【緑
 1・東芝 REGZA SD-P710SP
【ピンク
 1・東芝 REGZA SD-P710SL 【シルバー
  ¥13,491 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  

 液晶パネル:1024×600(IPS液晶)
 TVチューナー:未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
未対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応
 音楽再生
対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:最大5時間
 バッテリー充電時間:約3時間
 重さ:0.77kg

 SD-P710SW は、東芝レグザシリーズに属するポータブルDVDプレーヤーです。

 1万円前後の製品としては、デンキヤでは最も売れている機種です。

 201608171228.jpg

 画面サイズは、7v(15.5×8.cm)です。カーナビに良くあるサイズです。

 液晶パネルは、IPS液晶という液晶テレビにも使われる高視野角で見やすい液晶を採用します。今回紹介する機種では唯一のIPS液晶搭載タイプですので、画質だけで言えば、この機種が「最強」です。

 文字まではっきり見えるので、洋画をよく観る方は特にオススメですね。

 201807071722.jpg

 視聴できるメディア、DVDのみです。TVには対応しません

 DVDのほか、USBメモリやポータブルHDDも利用可能ですが、こちらは、音楽ファイル(MP3)と、写真(jpeg)のみ再生可能です。なお、DVDは、DVD-Rなどご家庭で焼いたメディアにも対応できます。

 201807071722.jpg

 バッテリーは、「映画2本分」に相当する、最大5時間の再生が可能です。他機種と比較しても良い数字です。

 充電時間も3時間と短く、その点で使い勝手も良いでしょう。ご家庭で利用する場合は、AC電源(コンセント)でも利用可能です。

 201807071725.jpg

 自動車での利用はカーアダプターが付属されますので、車内利用可能です。ただ、7インチサイズと小画面なので、基本的には、据え付けずに、子供などに持たせるなどして利用するタイプと考えてください。リモコンは付属しますが、車載用のアダプタなども未装備です。

 ご家庭のTVでの利用は、付属のAVケーブルで可能ですが、HDMI端子非搭載ですので、画質はアナログレベルです。

 以上、東芝のSD-P710SW の紹介でした。

 今回紹介する機種では、最も高画質で、視野角は広いモデルです。画面が小さいため、「1人で見るのに適した」高画質モデルですが、画質を重視するならば、選択肢として良いでしょう。お子さん用の他、出張・飛行機などの移動時に見るのにも適しますね。


 201807071731.jpg

 2・SONY DVP-FX780 【各色】
 
 ¥12,645 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  
 

 液晶パネル:480×234
 TVチューナー:未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
未対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応  
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:最大4時間
 
バッテリー充電時間:約4時間
 
重さ:0.78kg

 DVP-FX780 は、ソニーの製品です。価格的にSD-P710SW のライバル機種です。

 201807071730.jpg

 本体色は、多色展開で、カバーが5色から選べます。

 視聴できるメディア、DVDのみです。TVには対応しない点など、東芝と同じです。

 201807071727.jpg

 画面サイズは、東芝同様の7v(15.5cm×8.cm)です。

 ただ、液晶パネルが480×234という低品質のパネルです。DVDビデオの解像度は「720×480」ですから、本来的な画質では再生されない機種ですね。

 バッテリーは、東芝より短いですが、最大4時間の再生が可能です。ACアダプターの利用も可能です。

 201807071732.jpg

 自動車での利用はカーアダプターが付属されますので、この機種も車内利用可能です。


 201608171250.jpg

 音質は、この機種の「売り」です。複数のサラウンドモードを搭載し、S-Forceという擬似的に映画館の5.1chサラウンドを再現する機能が付属するのが魅力ですね。この点では、東芝を上回るでしょう。ただ、ヘッドホンで聴く分には大差はありません。

 ご家庭のTVでの利用は、付属のAVケーブルで可能です。ただこちらも、HDMI端子非搭載ですので、画質はアナログレベルです。

 そのほか、再生においてA-B自動リピートに対応しますので、語学学習やエクササイズなど、特定のシーンを繰り返し再生したい場合に便利です。

 以上、SONYのDVP-FX780 の紹介でした。7インチの小型機で、音質が良いのが特長です。ただし、肝心の画質はイマイチですね。


201807071736.jpg

 3・SONY DVP-FX980 【9インチ】
 
¥19,100 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  
  

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
未対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:最大5時間
 バッテリー充電時間:約5時間
 重さ:0.96kg

 DVP-FX980 は、ソニーの上位機種になります。

 201807071737.jpg

 画面サイズは、この機種も9v(19.8×11.2.cm)です。1人用としては結構大きく見れます。解像度も800×480ありますので、DVD画質の映像の再生には問題ないスペックです。字幕も綺麗に見えるでしょう。

 バッテリーは、本体が960gとやや重い分、大きなものを採用できています。そのため、画面が大型にもかかわらず5時間保ちます。出張中の移動時など長時間使いたい方はこの機種を選ぶのも良いでしょう。

 もちろん、ACアダプターと、カーチャージャー用のアダプターが付属されます。その他の部分は、TVチューナーが未付属な点や、充実したサラウンド機能などを含めて下位機種と同じです。

 ご家庭のTVでの利用は、付属のAVケーブルで可能ですが、こちらも、HDMI端子非搭載ですので、画質はよくないでしょう。

 以上、ソニーのDVP-FX980の紹介でした。

 ポータブル機としては比較的大画面の9インチを採用し、画質的にもDVDレベルならば、字幕を含めてはっきり見られる液晶を採用している点がメリットです。また、スピーカーの音質も比較的良いので、その点でもオススメできる機種です。

 一方、持ちはこび用としては、1kg弱の重さは多少重いと言えます。7インチの方が良いでしょう。


  

 【7インチ】 

 4・グリーンハウス GH-PDV7K
 
 ¥5,930 Amazon.co.jp (3/9執筆時)

 【10インチ】    

 5・グリーンハウス GH-PDV10V  
   ¥10,841 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  
  

 液晶パネル1024×600
 TVチューナー:未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応  
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間(約4時間)
 バッテリー充電時間:ーーー
 重さ:0.78kg/0.845g

 GH-PDVシリーズ、台湾グリーンハウスの製品です。サイズの違いで2機種あります。

 201807071740.jpg

 いずれも液晶パネルを、回転させてタブレットのように利用できるのが魅力な機種です。

 201807071741.jpg

 画面サイズは、7v(15.5×8.cm)10v(22.2×12.5.cm)型も存在します。また、7vと9Vと、SONYよりもさらに高解像度な「1024×600」のディスプレイを採用します。

 201807071743.jpg

 視聴できるメディア、DVDのみです。TVには対応しません。このあたりは、ソニーや東芝と同じです。

 ただし、USBメモリに加えて、SDカードが利用できるのはこの機種だけです。なおSDカードは32GBまで対応します。

 SDカードやUSBメモリーでも、MPEG1MPEG2 ならば、動画ファイルの再生にも対応できます。PCなどで保存してあるビデオファイルなどのデータを再生するのに便利です。

 バッテリーは、未搭載です。

 基本は、ACアダプターか、車載用のシガーソケットアダプターで利用する機種です。乾電池での動作に対応しますが、単三電池8本が必要と現実的ではありません。

 201608171313.jpg

 自動車での利用はカーアダプターの他、ヘッドレスト取付キットと、リモコンが付属します。

 初心者でも簡単に設置できる点で、車向きな機種ですね。ヘッドホン出力端子が付きますが、カーオーディオと接続するにはパワー不足でしょう。

 ご家庭のTVでの利用は、付属のAVケーブルで可能です。こちらも、アナログ方式で、HDMI端子非搭載です。

 以上、グリーンハウスのポータブルDVDプレーヤーの紹介でした。便利なキットが付属するため、特に車載する方に売れている機種ですね。一方、ヘッドレストに付ける場合、手元で見るわけではないので、7インチだとかなり小さく視認性が悪いです。10インチがおすすめです。

ーーー

 5'・グリーンハウス GH-PDV9V 【9インチ】 
   ¥8,470 Amazon.co.jp (3/9執筆時)

 なお、旧機種として9インチモデルが併売されています。ただ、こちらは、画面解像度が800×480に止まる点で、他機種と差がありますので、基本的にはおすすめできません。


   

【10.1インチ】 

 6・アーウィンジャパン APD-700N
    ¥4,780 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:

 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:対応
 HDMI出力:未対応  
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
約3時間
 バッテリー充電時間:約
3.4時間
 重さ:0.66kg

  APD-700N は、輸入商社のアーウィンジャパンが販売する「激安価格」ポータブルプレーヤーです。

 画面サイズは、7インチです。小型でよく見られるサイズで、車載向きですね。首振り(90度/180度)と折りたたみにも対応します。

 視聴できるメディアは、DVDのみです。TVは未対応です。ただ、32GBまでのSDカードについては対応です。

 バッテリーは、最大3時間です。あまり長くないですが、値段的には仕方ないでしょう。ACアダプターに対応します。

 自動車での利用は、12Vカーアダプターが付属します。

 ご家庭のTVでの利用は、こちらも付属AVケーブルで可能です。ただし、やはりHDMI端子非搭載ですね。

 以上、 APD-700Nの紹介でした。格安で売られている機種で、保証の点と、外観のデザインは「価格相応」です。長期間使うならば、もう少し上位機種でも良いでしょう。


  

 【13.3インチ】 

 7・グリーンハウスGH-PDV13VT-BK
 
 ¥16,391 Amazon.co.jp (3/9執筆時)

 【15.6インチ】 

 8・グリーンハウス GH-PDV15VT-BK
   ¥19,557 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  
  

 液晶パネル1355×768
 TVチューナー:
地上波(フルセグ可)
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応  
 音楽再生対応 (CD・MP3 MPEG 1 2)
 バッテリー持続時間:乾電池(約3時間/2時間45分)
 バッテリー充電時間:ーーー
 重さ:1.39kg/1.59kg

 GH-PDV13VTGH-PDV15VT も、台湾のグリーンハウスの製品です。

  201807071852.jpg

 構造は、基本的に、先ほどの機種と同じで、画面を折りたたんでタブレットのように利用できるのが魅力な機種です。

 201807071854.jpg

 画面サイズは、ノートパソコンによく見られる規格で、13.3インチ15.6インチがあります。

 特に、15.6インチは、「大画面ノートPC」と同じサイズなので、「ポータブルDVDプレーヤー」といって良いのかは微妙な部分ですね。ただ、視力の悪化を避けるため、ご家庭などで、大画面で子供に見せたいというニーズはあるでしょう。

 解像度は、1355×768の「ハイビジョン画質」に対応しますので、DVDならば画質劣化なしに視聴可能ですね。

 201807071855.jpg

 TVチューナーは、この機種の場合搭載です。

 そのため、TVの視聴にも対応します。ワンセグ・フルセグ対応なので、付属のミニアンテナを利用するか、家庭のアンテナ線を引き込めばTVとして利用可能です。

 視聴できるメディアは、DVDのほか、こちらも、SDカードやUSBメモリーです。PCなどで保存してあるビデオファイルなどのデータを再生するのに便利です。

 バッテリーは、下位機種同様に未搭載です。

 基本は、ACアダプターか乾電池で利用する機種です。なお、充電式のニッケル水素乾電池を利用した場合、3時間前後の再生が可能です。ただし、電池は10本必要なので、「非現実的」かもしれません。

 自動車での利用は、大きさゆえに想定されていない機種です。

 201807071857.jpg

 ご家庭のTVでの利用は、付属のAVケーブルで可能です。ただし、アナログ方式で、HDMI端子非搭載です。

 以上、グリーンハウスの大画面のポータブルDVDプレーヤーの紹介でした。さほど費用はかけず、子供の目に優しい大きめスクリーンの製品を探している場合、この機種は良い選択肢です。


 201807071901.jpg

 【9インチ】 

 9・EAST(アズマ) DVD-F924
 
 ¥12,078 楽天市場 (3/9執筆時) 

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:地上波(フルセグ可)
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応  
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:約3時間
 バッテリー充電時間:不明
 重さ:0.92kg

 DVD-F924は、アズマから、比較的格安で売られているポータブルDVDプレーヤーです。前年発売していたDVD-F914の後継です。

 画面サイズは、9v(19.8×11.2.cm)と車載にも向く比較的大きめのサイズです。画素数も、DVDの再生に十分な800×480のディスプレイを採用します。

 視聴できるメディアは、この機種の場合も、DVDだけでなく、TVの視聴にも対応します。ワンセグとフルセグとに対応なので、付属のアンテナを立てれば、外出先でもTVとして利用可能です。

 一方、SDカードやUSBメモリーに対応しますが、グリーンハウスと異なり、動画(MPEG1 とMPEG2 )は対応しません

 バッテリーは、この機種は内蔵されますが、最大3時間の再生と他社より短いです。チューナーなどが内蔵されているため、仕方ない部分ではあるでしょう。また、ACアダプターでも利用可能です。

 自動車での利用はカーアダプターの他、ヘッドレストに取り付けられる車載用カバーとリモコンが付属します。この機種も、グリーンハウスのように「タブレット」のように折り畳んで利用できるので車での利用も便利です。

 ご家庭のTVでの利用は、付属のAVケーブルで可能です。ただし、アナログ方式で、HDMI端子非搭載です。

 以上、アズマのDVD-F924の紹介でした。

 比較的小型の製品として、TVチューナーが付属する点車載用カバーが付属する点が、この機種の「売り」でしょう。TVチューナーも利用したい場合は、選択肢にいれても良いでしょう。


 

 10・EAST(アズマ) DVD-P1160
 
 ¥9,938 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  

 液晶パネル:1366×768
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:対応
 HDMI出力:未対応  
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:約2.5時間
 バッテリー充電時間:不明
 重さ:1.23kg

 DVD-P1160も、アズマのポータブルDVDプレーヤーです。

 201807071906.jpg

 画面サイズは、11.6vと、モバイルノートPC並の大画面です。ただ、ポータブルとは言っても重さが1.23kgあるので、さほどコンパクトとは言えないかもしれません。

 視聴できるメディアは、注意が必要です。下位機種と較べると、TVチューナーが未搭載だからです。USB端子とSDカードは引き続き搭載です。

 バッテリーも、最大2.5時間の再生と下位機種よりも短いです。基本は、持ち運ばず、電源の取れる場所で利用する機種だと思います。 

 自動車での利用はカーアダプターは付属しますが、車載用カバーは未付属です。大きさ的にもそのような用途は想定しにくいのでしょう。

 ご家庭のTVでの利用は、付属のAVケーブルで可能です。ただし、アナログ方式で、HDMI端子非搭載です。

 以上、DVD-P1160の紹介でした。画面サイズを優先するならば、解像度も高く良い選択肢の1つだと思います。ただ、モバイル性はないため、その部分は注意が必要ですね。


 

 【10インチ】 

 11・BLUEDOT BDP-1040W
   ¥13,480 Amazon.co.jp (3/9執筆時)   

 液晶パネル:1024×600
 TVチューナー:

 DVD-R/RW対応:
対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:対応
 HDMI出力:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大6.5時間
 バッテリー充電時間:約7
時間
 重さ:1.3kg

  BDP-1040W は、BLUEDOTから販売されている10インチのポータブルDVDプレーヤーです。

 201807071934.jpg

 画面サイズは、10vとこちらも大きめのサイズを利用しています。また、解像度も1024×600ポータブルDVDプレーヤーとしては高いです。

 視聴できるメディアは、DVDのみです。TVチューナーが未搭載です。リージョンコードは、日本です。

 バッテリーは、その一方で最大6.5時間と長寿命です。ただし、その分、重さは1.3kgとノートPC程の重さです。ただ、もACアダプターが付属し、コンセントでも利用可能です。

 自動車での利用は、この機種はカーアダプターが未付属です。基本的に長寿命バッテリーを利用してみるべき機種ですね。

 201704041719.jpg

 Amazonベーシック HDMIケーブル - 0.9m
   ¥598 Amazon.co.jp (3/9執筆時)

 ご家庭のTVでの利用は、こちらの機種はHDMI端子を備えます。

 そのため、自宅では大画面TVに接続して、高画質でDVD映像を見ることが可能です。「お子さん用」に考えるととくに、この部分は利便性が高いです。操作用のリモコンも付属します。ただし、ケーブルは「別売」ですので、この点だけは注意が必要でしょう。

 以上、BDP-1040W の紹介でした。比較的格安な製品ですが、HDMI端子を装備するため、自宅でデジタル画質の映像が見れるのが「売り」ですね。外出先でも、自宅でも利用したい人には最も良い選択肢でしょう。バッテリーも比較的長寿命なので、用途も広がりそうです。

3・携帯ブルーレイプレーヤーの比較

 201807071704.jpg

 続いて、ここからは、DVDに加えて、ブルーレイの再生にも対応できる製品を紹介します。


  201807071939.jpg

 【10.1インチ・TVチューナーなし】

 12・グリーンハウス GH-PBD10D
  ¥18,981 Amazon.co.jp (7/7執筆時)  

 【10.1インチ・TVチューナー付属】 

 13・グリーンハウス GH-PBD10DT
   ¥25,467 Amazon.co.jp (7/7執筆時) 

 液晶パネル:1024×600
 TVチューナー:未搭載/搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 USBメモリ:対応
 HDMI出力:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
乾電池12本・2時間
 バッテリー充電時間:
ーーー
 重さ:1.15kg

 GH-PBD10 は、台湾のグリーンハウスの発売する、Blu-ray対応のポータブルプレーヤーです。

 2機種ありますが、上位機種のみ、TVチューナー(ワンセグ・フルセグ)が付属します。その他の点は同じなので、同時に紹介します。

 201807071940.jpg

 画面サイズは、10.1インチと大きな画面です。

 解像度は、1024×600高い水準です。なおブルーレイの画質は1920×1080となるため、そのままの画質での表示は不可能ですが、現行製品でこの画質に対応する製品はありません。また、画面の小ささから言って、ポータブルの場合、この解像度でも十分な高画質です。

 視聴できるメディアは、DVD・ブルーレイなどです。

 SDカードやUSBメモリーも利用でき、動画フォーマットもMPEG1 / MPEG2 / MPEG4-AVCにそれぞれ対応します。TVチューナーは、先ほど書いたように、上位機種のみの搭載です。

 バッテリーは、未搭載で、基本、ACアダプターで利用する機種です。正確には、単三乾電池12本で稼働しますが、現実的にこのように利用する人は少ないでしょう。

 201608171420.jpg

 自動車での利用は、この機種もカーアダプターの他、ヘッドレストに取り付けられる車載用カバーとリモコンが付属します。また、この機種は、モニター下部がタッチパネルになっており、操作も楽です。

 201807071941.jpg

 ご家庭のTVでの利用は、こちらの機種もHDMI端子を備えます。そのため、自宅では大画面TVに接続して、高画質でDVD映像を見ることが可能です。

 以上、GH-PBD10 の紹介でした。ブルーレイが扱える機種としては、画面解像度も高い割に価格も安くお買得だと思います。とくに、グリーンハウスの製品は、車の後部座席に車載しやすいので、その用途では特にオススメですね。


 

 14・東芝 REGZA SD-BP900S
 
¥24,680 Amazon.co.jp (7/7執筆時)  

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 USBメモリ:対応
 HDMI出力:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大5時間
 バッテリー充電時間:
5時間
 重さ:1.2kg

 SD-BP900S は、東芝レグザのBlu-ray対応のポータブルプレーヤーです。

 ブルーレイ対応機としては比較的価格が安いと言える機種です。折りたたんでタブレットの用にも使える機種です。

 201807071950.jpg

 画面サイズは、9v(19.8×11.2.cm)とグリーンハウスより一回り小さめです。その点は問題ないですが、液晶パネルが800×480とかなりの低解像度であるのは、ブルーレイ用としては相当残念な点です。

 なお、本体は、他機種のように回転可能です。

 201807071949.jpg

 バッテリーは、最大5時間の再生と高寿命です。もちろん、ACアダプターも付属します。

 自動車での利用はカーアダプターは付属します。しかし、ヘッドレストに付けるカバーは未付属です。この部分を意識した作りではなさそうです。

 ご家庭のTVでの利用は、こちらの機種もHDMI端子を備えます。そのため、自宅では大画面TVに接続して、高画質でDVD映像を見ることが可能です。

 以上、東芝のSD-BP900S の紹介でした。

 ポータブルDVDプレーヤーは高品質な液晶を使っていましたが、ブルーレイ対応機は逆にこの部分を軽視した作りです。この点が多少残念と言えそうで、「次回作に期待」です。


 

 15・SONY BDP-SX910
 
 ¥31,500 Amazon.co.jp (7/7執筆時)  

 液晶パネル:800×480
 TVチューナー:
未搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 USBメモリ:対応
 HDMI出力:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
最大5時間
 バッテリー充電時間:
5時間
 重さ:1.2kg

 BDP-SX910 は、ソニーのBlu-ray対応のポータブルプレーヤーです。

 201807071951.jpg

 画面サイズは、東芝と同じで9v(19.8×11.2.cm)ですね。こちらも、解像度は800×480であり、ブルーレイのスペックをフルで活かせる商品ではありません。本体はこちらも、他機のように回転します。

 201807071954.jpg

 視聴できるメディアは、DVD・ブルーレイなどです。

 この機種も、SDカード・USBメモリーや、コンセント電源式限定ながら「外付けHDDに対応」します。フォーマットも、Mpeg系のほかWMVなどにも対応し充実しています。このほか、ドルビーサラウンド機能など、音質が他メーカーに比べて高いのが、ソニーの利点です。

 バッテリーは、最大5時間の再生と長いです。ACアダプターも付属していますが、なしでも長時間使えそうです。

 自動車での利用はカーアダプターは付属しますが、カバーは未付属です。後部座席で利用するならば、グリーンハウスなどのほうがお手軽ですね。

 201807071954.jpg

 ご家庭のTVでの利用は、こちらの機種もHDMI端子を備えます。そのため、自宅では大画面TVに接続して、高画質でDVD映像を見ることが可能です。

 以上、ソニーのBDP-SX910 の紹介でした。やはり、画面解像度が低いのは多少ネックですね。一方、PCなどに保存した各種動画ファイルを、USBメモリーやポータブルHDDなどとつなげて再生するには、対応フォーマットが多く、向いている機種でしょう。

今回の結論
ポータブルプレーヤーのおすすめ機種は結論的にこちら!

 というわけで今回は、ポータブルプレーヤーを15機種ほど比較しました。

 最後に、いつものように、目的別・用途別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、家庭や、持ち運んでの利用に便利な、DVDプレーヤーとしておすすめできるのは、

 201807071720.jpg

 【7インチ】 

 1・東芝 REGZA SD-P710SW 【白
 1・東芝 REGZA SD-P710SG  【緑
 1・東芝 REGZA SD-P710SP
【ピンク
 1・東芝 REGZA SD-P710SL 【シルバー
  ¥13,491 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  

 液晶パネル:1024×600(IPS液晶)
 TVチューナー:未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
未対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応
 音楽再生
対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:最大5時間
 バッテリー充電時間:約3時間
 重さ:0.77kg
 

  東芝レグザシリーズSD-P710でしょう。

 最も重要視するべき、液晶パネルの品質がIPS液晶採用と他機種に抜きんでて性能が良いのが理由です。IPS液晶は、視野角も広く、目にも優しいため、お子さんが利用するのにも向いているでしょう。7型サイズで持ちはこびにも有利です。

 性能面でも、バッテリー寿命も長く、重さも軽量なので、使い勝手も良いと思います。価格も性能に比して抑えられており、費用対効果は高そうです。

ーーー

  201807071901.jpg

 【9インチ】 

 9・EAST(アズマ) DVD-F924
 
 ¥12,078 楽天市場 (7/7執筆時) 

 なお、TVも見たい場合は、こちらを選択肢に入れると良いでしょう。画質はあまり期待できませんが、画面は9インチとあやや大きめです。

防水対応小型ポータブルTVの比較記事

 もし、自宅だけ使うならば、TVメインのポータブルTVを利用したほうが画質は期待できます。上のリンク記事で8機種ほど紹介したので、よろしければご覧ください。


第2に、自動車の後部座席に設置するのに向いたDVDプレーヤーとしておすすめできるのは、

 

 【7インチ】 

 4・グリーンハウス GH-PDV7K
 
 ¥5,930 Amazon.co.jp (3/9執筆時)

 【10インチ】    

 5・グリーンハウス GH-PDV10V  
   ¥10,841 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  
  

 液晶パネル1024×600
 TVチューナー:未搭載
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応  
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間(約4時間)
 バッテリー充電時間:ーーー
 重さ:0.78kg/0.845g

 専用の車載用バッグの使い勝手が良い、グリーンハウスの製品でしょう。

 サイズ的には視認性を考慮に入れれば、10インチのGH-PDV10Vが特にオススメです。

 ただ、小型車や軽自動車の場合は、10インチは多少サイズが大きいので、それぞれ、7インチにした方が良いでしょう。画質はいずれも同等で、クオリティは高いです。


第3に、自宅内など、あまり動かさずに利用する場合におすすめなポータブルプレーヤーは、

  201807071939.jpg

 【10.1インチ・TVチューナーなし】

 12・グリーンハウス GH-PBD10D
  ¥18,981 Amazon.co.jp (7/7執筆時)  

 【10.1インチ・TVチューナー付属】 

 13・グリーンハウス GH-PBD10DT
   ¥25,467 Amazon.co.jp (7/7執筆時) 

 液晶パネル:1024×600
 TVチューナー:未搭載/搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 USBメモリ:対応
 HDMI出力:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
乾電池12本・2時間
 バッテリー充電時間:
ーーー
 重さ:1.15kg

 現状ではグリーンハウスのGH-PBD10シリーズがおすすめです。現行機でブルーレイ対応の製品としては液晶の解像度に優れ、画面も十分大きいといえます。価格も相当に値頃感があるため、コスパも良さそうです。

 自宅では、HDMI端子経由で大画面TVへの出力も可能です。なお、HDMI端子は音声も伝送できるため、スピーカーもTVのものが利用できます。

ーー

 201507041825.jpg

 なお、ご自宅であまり動かさずに利用する場合で、「TVメイン」ならば、このブログの【家庭用防水テレビの比較記事】で書いた、Wi-Fi対応TVを購入するという選択肢もあります。

 お風呂でも利用できます。5万円程度の予算となりますが、詳しくは、上のリンクをご覧ください。

ーーー

 

 【10インチ】 

 11・BLUEDOT BDP-1040W
   ¥13,480 Amazon.co.jp (3/9執筆時)   

 ただ、グリーンハウスは、基本的にACアダプターで閲覧する機種です。

 そのため、ブルーレイが不要なならば、バッテリーでも「そこそこ」動く、ブルードットのこちらを選んでも良いでしょう。


第4に、小さなお子さんやお年寄り向けに、比較的画面の大きなポータブルDVDプレーヤーを選ぶならば、

  

 【13.3インチ】 

 7・グリーンハウスGH-PDV13VT-BK
 
 ¥16,391 Amazon.co.jp (3/9執筆時)

 【15.6インチ】 

 8・グリーンハウス GH-PDV15VT-BK
   ¥19,557 Amazon.co.jp (3/9執筆時)  
  

 液晶パネル1355×768
 TVチューナー:
地上波(フルセグ可)
 DVD-R/RW対応:対応(RAM除く)
 Blu-ray対応:未対応
 SDカード:
対応
 USBメモリ:対応
 
HDMI出力:未対応  
 音楽再生対応 (CD・MP3 MPEG 1 2)
 バッテリー持続時間:乾電池(約3時間/2時間45分)
 バッテリー充電時間:ーーー
 重さ:1.39kg/1.59kg

 グリーンハウスの「大画面」モデルが良いでしょう。やはり、小さすぎる画面は目に良くないので、持ち運ばないならば、これくらいあっても良いでしょう。

 ノートPCにも使われるサイズの液晶は大量生産効果で安いため、画面が大きい割に価格も安いです。


第5に、車載するのにおすすめなポータブルブルーレイプレーヤーは、

  201807071939.jpg

 【10.1インチ・TVチューナーなし】

 12・グリーンハウス GH-PBD10D
  ¥18,981 Amazon.co.jp (7/7執筆時)  

 【10.1インチ・TVチューナー付属】 

 13・グリーンハウス GH-PBD10DT
   ¥25,467 Amazon.co.jp (7/7執筆時) 

 液晶パネル:1024×600
 TVチューナー:未搭載/搭載
 DVD-R/RW対応:対応
 Blu-ray対応:対応
 SDカード対応:対応
 USBメモリ:対応
 HDMI出力:対応
 音楽再生対応 (CD・MP3)
 バッテリー持続時間:
乾電池12本・2時間
 バッテリー充電時間:
ーーー
 重さ:1.15kg

 グリーンハウスの製品でしょう。比較的解像度が高いディスプレイを搭載し、車載用カバーが出来が良いからです。

ーーー

 以上、今回は、ポータブルDVDプレーヤーの紹介でした。

 また、最後になりますが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 20:12 | 映像機器

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png