Top PC周辺機器 比較2022' 速度別!ポータブルSSD 49機の性能とおすすめ・選び方 (1)

2022年06月04日

比較2022' 速度別!ポータブルSSD 49機の性能とおすすめ・選び方 (1)

【今回レビューする内容】 2022年 高速なポータブルSSD・外付SSDドライブの性能とおすすめ・選び方:Windows 11 Mac ゲーム機対応 防水・高耐久SSDなど人気機種野性能ランキング

今回のお題
高速なポータブルSSDドライブのおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今回は、2022年6月現在、最新の外付ポータブルSSDドライブ比較です。

 「選び方の基本」を説明しつつ、速度的な観点などから各社のポータブルSSDを順番に比較します。

 201810182125.jpg

1・ポータブルSSDの比較 (1)
 1-1:SanDisk / WD〈米国〉
 1-2:バッファロー〈日本〉
2・ポータブルSSDの比較 (2) 
 2-1:キオクシア〈日本〉  
 2-2:サムスン〈韓国〉
 2-3:アイオーデータ〈日本〉
3・ポータブルSSDの比較 (3)
 3-1:エレコム /ロジテック〈日本〉
 3-2:トランセンド〈台湾〉
 3-3:ラシー〈フランス〉
 3-4:ソニー〈日本〉
4・ポータブルSSDの比較 (4) 【結論】
  =最終的な「おすすめ機種」の提案

 今回は、以上のような順番で、メーカーごと製品を比較します。

 SSD(中身)は、サンディスク-WD連合(米国)とキオクシア(日本)サムスン(韓国)が自社生産できます。

 これらの企業は信頼性の部分でメリット性があるので、基本「全機種」フォローしました。

 そのほか、シェアが最も大きい日本のバッファローをはじめ、一芸のある製品をだしている企業の代表製品も網羅します。

  202103140949.jpg

 とくに、今回記事では、速度に注目します。

 SSDはお持ちのPC側のUSB規格で「実効速度」が大きく変わってきます。

 同じ形のUSB端子でも「速度は異なり」ます。

 「選び方の基本」を最初に説明しますので、これらが「わからない」という方についても、安心してお読みいただければと思います。

読出速度  ★★★★★
書込速度  ★★★★★ 
軽量性   ★★★★★
堅牢性   ★★★★★
保証    ★★★★★
総合評価  ★★★★★

 というわけで、以下では、各社の製品を順番に比較します。

 そして、記事の「結論編」(こちら)では、上表の様なポイントから目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種を提案しています。

 (読み飽きたら)最後だけでもお読みください。よろしくお願いします。

ーーーー

1・ポータブルHDDドライブ
2・ポータブルSSDドライブ
3・Mac向きThunderbolt対応SSD
4・
内蔵SSDドライブ
5・USBフラッシュメモリー

6・外付けハードディスク(電源付)
7・NAS(ネットワークディスク)

 なお、今回の記事は、このブログ「モノマニア」のドライブ関係記事の2回目記事として書きました。

0・ポータブルSSDの選び方の基本

 202103140949.jpg

 はじめに、外付けSSDの「選び方の基本」を書いておきます。

 皆さんがお持ちの「パソコン側」のUSB端子は、(四角い)USB-A形状と(丸い)USB-C形状の端子が、あるかと思います。

 ポータブルSSDを選ぶ場合、最大速度の面で、この違いが重要になってきます。

 大事な部分なので、あらかじめ少し詳しく説明しておきます。

0-1・USB-A端子の場合

 201806181635.jpg

 第1に、PC側の(四角い)USB-A形状の端子にSSDを接続する場合です。

 昔は、シンプルにUSB3.0端子と言われることも多かった端子です。

 PCのほか、PS4などのゲーム機の多くもこの形の端子です。


 202203011450.jpg

 規格上の最高速度は、(四角い)USB-A形状の場合、USB 3.1(1250メガバイト/秒)が最高です。

 ただ、格安PCの場合、昔ながらのUSB3.0(625メガバイト/秒)がほとんどです。

 202203011354.jpg

 最近のノートPCやデスクトップPCの場合、PCに内蔵されるSSDは、第3世代SSD(PCIe-3rd)クラスである場合が多いので、それと比べればと少し遅く感じるかもしれません。

 ただ、HDDよりはだいぶ速いですから、ポータブルHDDからの買換としての導入効果は高いです。

0-2・USB-C端子の場合

   201706091633.jpg

 第2に、PC側にの(丸い)USB-C形状の端子にSSDを接続する場合です。


 202203011450.jpg

 規格上の最高速度は、Thunderbolt 3 (USB 4)で、最大40gbps(5000メガバイト/秒)まで対応できます。

Macbookの比較記事】で取りあげたAppleの最新ノートPCなどは、Thunderbolt 3 (USB 4)対応です。

 Windows用でも、Surface Bookをはじめ20万円前後の高級機だと、USB4端子を持ちます。

 ただ、ポータブルSSD側の速度がこの規格に(あまり)追いついていないため、現実的には、USB3.2(2500メガバイト/秒)あたりが、USB-C接続における外付けHDDの最高速と思ってください。

---

 少しわかりにくかったかもしれません。

 結論的にいえば、Thunderbolt 3 (USB 4)か、USB3.2に対応したパソコンをお持ちならば、現状で最高速と言えるUSB3.2(2500メガバイト/秒)の「ポータブルSSD」のスピードを活かせると考えてください。 

0-3・まとめ


 202203011351.jpg

 以上、端子ごとの「最大速度」について、選び方の基本として書いてみました。

 結論的にいえば、速度面の選び方は、以下のようになります。

 201905041328.jpg

 第1に、「ポータブルHDDより4-5倍し速ければOK」な方です。

 その場合、今回紹介する製品のなかから500MB/秒クラスのものを選べばOKです。

 価格としては、500GBでも1万円以内で買えます。

 サイズほか、USB-C・USB-Aどちらのケーブルが付属するかだけ注意して選べば問題ないです。

 202103140949.jpg

 第2に、「現状の平均より、少し速いSSDが欲しい」場合です。

 この場合、(四角い)USB-A端子でも、(丸い)USB-C端子でも構いませんが、どちらかにUSB3.1端子以上があることが「マスト」です。

 この条件をクリアできるならば、今回紹介する製品から、1000MB/秒クラスの製品を選ぶと良いでしょう。

 価格としては、こちらも1万円以内で買えます。

 201706091633.jpg

 第3に、「USB-Cの高速性を活かしたい」場合です。 

 この場合、(丸い)USB-C端子USB3.2端子以上に対応していることが「マスト」です。

 クリアできるならば、2000MB/秒クラスの製品を選ぶと良いです。

 価格は、500GBあたり2万円以上です。

 なお、各社のスペック的な速度はあくまで単一ファイルを読み込んだ際の、速度です。

 「超巨大な画像」など単一のファイルの読み込みは、表記通り高速になります。

 OSの読み込みや、ソフトの起動など複数のファイルを同時に展開する場合は、速度に限りがあるのは、HDDの場合と同じです。

ーーー

 201911181346.jpg 

 そのほか、良い製品を選びたい場合、軽量性・堅牢性なども見ないといけません。

 また、高速なSSDの場合、熱で速度低下しやすいものがあるので、その方面の注意も必要です。

1・ポータブルSSDの比較 (1)
 1-1:Sandisk & WD〈米国〉
 1-2:バッファロー〈日本〉
2・ポータブルSSDの比較 (2) 
 2-1:WD〈米国〉
 2-2:キオクシア〈日本〉  
 2-3:サムスン〈韓国〉
 2-4:アイオーデータ〈日本〉
3・ポータブルSSDの比較 (3)
 3-1:エレコム〈日本〉
 3-2:トランセンド〈台湾〉
 3-3:ラシー〈フランス〉
 3-4:ソニー〈日本〉
4・ポータブルSSDの比較 (4) 【結論】
  =最終的な「おすすめ機種」の提案

 こうした部分を含めて、詳しいことは具体的な機種を見ながら、おいおい説明します。

 次からみていく、サンディスクバッファローは、いろいろなタイプを網羅するので、そこまで読んで頂ければ、だいたいわかるかと思います。

1-1・サンディスクとWDのポータブルSSD

 202111101909.jpg

 というわけで、具体的な製品を紹介してきます。

 はじめに、米国のサンディスクとWDのポータブルSSDです。

 いわゆる「WD・サンディスク連合」として、世界最大のストレージ製造企業です。

 品質の安定性、特に、実際の速度面が理論スペック値に近く、「高品質路線」を行っていることで有名です。

---

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントについては、赤字系で、イマイチと思う部分については青字系で、本文を記していきます。


   202103141151.jpg

 【2021年】

 【サンディスク ポータブルSSD】

 【480GB】

  1・SANDISK SDSSDE30-480G-J25
  ¥6,980 楽天市場 (6/4執筆時)

  1・SANDISK SDSSDE30-480G-GH25
  ¥9,989 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 【1TB】

  2・SANDISK SDSSDE30-1T00-J25
  ¥16,800 楽天市場  (6/4執筆時)

  2・SANDISK SDSSDE30-1T00-GH25
  ¥15,068 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 【2TB】

  3・SANDISK SDSSDE30-2T00-J25
  ¥26,690 楽天市場  (6/4執筆時)

  3・SANDISK SDSSDE30-2T00-GH25
  ¥25,276 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

読出速度:520MB/s
書込速度:
接続:USB3.1
重量 :40g
保証 :3年間
ケーブル:USB-A

 これらは、サンディスクの「サンディスク ポータブルSSD」シリーズに属する入門機です。 

 なお、末尾が-J25の製品が日本向けです。-GH25については、【Amazon限定型番】で、簡易包装ですが、性能は同じです。

 202103141150.jpg

 本体の重さは、40gと十分軽量です。

 サイズも、 幅46,9mm x 高さ96.9mm x 奥行9.91mmです。

 かなり小さく、持ちはこびしやすい形状です。

  202111101622.jpg

 耐衝撃性は、かなり重視します。

 この機種の場合、最大2Mの耐落下性能を持つ上で、ゴム製素材を利用し、JIS規格のIP55水準の防滴性と防塵性を持ちます。

 例えば、一眼レフ用に屋外に持ちはこび出すようなタフな用途にも利用可能です。

 ゴム製フックも付きますし、HDDほど繊細に使うことを求められもしません。

 ドライブの速度は、読出速度550MB/sです。書込速度非公開です。

 ただ、グローバルに人気の製品で、ユーザーがベンチマークを多く取っています。

 比較参照しましたが、同等水準の550MB/sは持っています。

 接続規格は、USB 3.1です。

 付属するケーブルは、USB-Aケーブルです。

 USB-C端子とつなげたい場合は、USB-C to USB-Cケーブルが別に必要です。

 201902011256.jpg

 保証期間は、3年間です。

 中身のSSDごと製造できる米国メーカーはこのあたりはやはり手厚いです。

---

 以上、サンディスクエクストリーム ポータブルSSDの紹介でした。

 多少価格は高めですが、本体が頑丈で壊れにくいのは、落としやすい小型モデルには重要な部分です。

 また、同社は、自社でSSDの中身も生産できるため、3年間の長期保証が利用できる点もメリットです。

 そのほか、USB-TypeCへ対応する点で有利でしょう。

ーーーー

  202111101814.jpg

 【2021年】

 【WD Elements SE SSDシリーズ】

 【480GB】

 4・WD WDBAYN4800ABK-WESN
  ¥8,490 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 4・WD WDBAYN4800ABK-JESN
  ¥9,310 楽天市場 (6/4執筆時)

 【1TB】

 4・WD WDBAYN0010BBK-WESN
  ¥13,940 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 4・WD WDBAYN0010BBK-JESN
  ¥12,880 楽天市場 (6/4執筆時)

 【2TB】

 4・WD WDBAYN0020BBK-WESN
  ¥24,040 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 4・WD WDBAYN0020BBK-JESN
  ¥25,020 楽天市場 (6/4執筆時)

読出速度:400MB/s
書込速度:400MB/s
接続:USB3.0
重量 :27.2g
保証 :3年間
ケーブル:USB-A

 なお、この速度クラスWD(ウエスタンデジタル)ブランドの製品は、WD Elements SE SSDシリーズとなります。

 サンディスクは、伝統的に野外でアクティブに使うカメラユーザーに人気なので、ストラップ付きでした。

 202111101825.jpg

 WDは(ガチガチの)米国PCユーザーに人気のブランドなので、写真のように質実剛健なデザインです。

 重さは27,3gで、サイズも直径64.5xx高さ8.72mmなので本機の方が小型です。

 USB3.0仕様でやや速度は遅めですが、差を体感できる程ではないでしょう。

 USB-Aケーブルのみの付属である点だけ注意すれば、値段や好みでこちらを選んでも良いかと思います。保証も3年です。


 201911181342.jpg

 【2020年発売】

 【SANDISK エクストリーム V2】

 【500GB】

  5・SANDISK SDSSDE61-500G-GH25
  ¥ 11,907 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

  5・SANDISK SDSSDE61-500G-J25
  ¥12,379 楽天市場  (6/4執筆時)

 【1TB】

  6・SANDISK SDSSDE61-1T00-GH25
  ¥ 20,988 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

  6・SANDISK SDSSDE61-1T00-J25
  ¥21,350 楽天市場  (6/4執筆時)

 【2TB】

  7・SANDISK SDSSDE61-2T00-GH25
  ¥ 36,122 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

  7・SANDISK SDSSDE61-2T00-J25
  ¥41,457 楽天市場  (6/4執筆時)

 【4TB】

  8・SANDISK SDSSDE61-4T00-GH25
  ¥71,143 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

  8・SANDISK SDSSDE61-4T00-J25
  ¥77,332 楽天市場  (6/4執筆時)

読出速度:1050MB/s
書込速度:1050MB/s
接続:USB3.1
重量 :52g
保証 :5年間
ケーブル:USB-C (USB-Aは変換)

 SANDISK エクストリーム V2は、同社の中位機です。

 202111101630.jpg

 本体の重さは、52gです。

 サイズは、 幅57.34mm x 高さ110.26mm x 奥行10.22mmです。

 中速タイプですが、大きさは下位機と同じで、重さも大差ないです。

 HDDの半分以下の重さですから。 

 耐衝撃性は、下位機種同様です。

 202203011450.jpg

 ドライブの速度は、読出・書込とも1050MB/sです。

 接続規格は、これに対応させるために、USB3.1 にしています。

 ただ、互換性があるので、PC側端子がUSB3.0でも使えますが、上表のように速度的な625MB/秒にボトルネックがでます。

 本機は、NVMeタイプのSSDですから、発熱による速度低下があります。

 その対策で、放熱性の高い鍛造アルミ製のボディを採用します。

 付属するケーブルは、USB-C to USB-Cケーブルです。

 ただ、USB-A用には変換アダプタが付属します。

 冒頭書いたように、PC側がUSB3.1に対応さえしていれば、USB-Aでも最速でつながります。

 保証期間は、上位機ということで、5年間です。

---

 以上、サンディスクSANDISK エクストリーム V2の紹介でした。

 下位機種少し高いのですが、USBメモリやHDDを利用していた方で、実感として「超高速で快適」と思えるのは、この水準からでしょう。

 次に紹介する上位機もありますが、やや高いですし、本機は、「迷った場合選びやすい絶妙なラインナップ」でしょう。

ーーー

 202103141301.jpg

 【2021年発売】

 【My Passport SSD 2020 Hi-Speed】

 【500GB】

 9・WD WDBAGF5000AGY-WESN
  ¥10,920 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 9・WD WDBAGF5000ABL-JESN
  ¥11,096 楽天市場 (6/4執筆時)

 【1TB】

 9・WD WDBAGF0010BBL-WESN
  ¥19,798 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 9・WD WDBAGF0010BBL-JESN
  ¥20,628 楽天市場 (6/4執筆時)

 【2TB】

 9・WD WDBAGF0020BBL-WESN
  ¥33,094 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 9・WD WDBAGF0020BBL-JESN
  ¥29,980 楽天市場 (6/4執筆時)

 【4TB】

 9・WD WDBAGF0040BGY-WESN
  ¥65,,559 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

読出速度:1050MB/s
書込速度:1000MB/s
接続:USB3.1
重量 :45.7g
保証 :5年間
ケーブル:USB-C (USB-Aは変換)

 同じく、この速度レベルのWDブランドの製品が、My Passport SSD 2020 Hi-Speedシリー 

  202103141314.jpg 

 やはりデザイン面で、(アクティブに外回りで使う)サンディスクと違って、古式ゆかしい「アメリカンなPCデザイン」です。

 個人的にはこれも好きですが。

 重さは、やはり本機の方が少し軽量です。

 耐衝撃性も、2Mの落下試験を行っていいますし、変わらないでしょう。

 廃熱もボディはメタルですし差はないと思われます。保証も5年です。

---

 結論的にいえば、デザインの好みが合致するならば、本機を選んでOKです。


 202111101845.jpg

 【2021年発売】

 【G-DRIVE SSD

 【500GB】

  10・ WD SDPS11A-500G-GBANB
  ¥19,709 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 【1TB】

  10・ WD SDPS11A-001T-GBANB
  ¥27,940 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 【2TB】

  10・ WD SDPS11A-002T-GBANB
  ¥ 46,077 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 【4TB】

  10・ WD SDPS11A-004T-GBANB
  ¥ 98,782 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

読出速度:1050MB/s
書込速度:1050MB/s
接続:USB3.1
重量 :90g
保証 :5年間
ケーブル:USB-A USB-C

 G-DRIVE SSDは、WD / SanDisk Professionalという二枚看板で売られる同社の上位機です。

 202111101851.jpg

 本体の重さは、90gです。

 サイズは、 幅90mmx 高さ15mm x 奥行50mmです。

 202203011411.jpg

 耐衝撃性は、形状から察せられるように格段に高めています。

 本機の場合、防水・防塵性(IP67)3メートル落下耐性、2000ポンドの耐衝撃性をいずれもクリアします。

 野外でハードに使う方に特化したモデルです。HDDよりSSDは壊れにくいので、ストレージでは「最も固い」と言えるかもしれません。

 ドライブの速度は、読出・書込とも1050MB/sです。

 先述のように高速ドライブは発熱が課題ですが、冷却アルミニウムコアの採用ほか、廃熱には工夫があり、防水性などのタフネス性との両立をはかります。

 接続規格は、USB3.1 です。

 つまり、先ほどの機種と同じです。

 付属するケーブルは、USB -AとUSB-C双方を添付しています。

 保証期間は、5年間です。

---

 以上、サンディスク WDG-DRIVE SSDの紹介でした。

 野外でアクティブに使う製品は、後ほど紹介するLacieなども出しますが、本機も強そうです。特定目的用ですが、その目的に使うならばよさそうな製品です。

ーーー

 202203011415.jpg

 【2021年発売】

 10’・WD G-DRIVE ArmorLock SSD
  ¥34,800〜 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

1TB:SDPS41A-001T-SBANB
2TB:
SDPS41A-002T-SBANB
4TB:SDPS41A-004T-SBANB

 なお、本機については、黄色に配色が変更されたG-DRIVE ArmorLoc SSDという上位機も併売されます。

 こちらは、256bit AES-XTSでの暗号化に対応し、ペアリングしたスマホ(WIN/ Mac)の生体認証を利用してPWを解除できるという「パスワードレス機」です。WinとMacに対応します。

 この部分でセキュアですが、本格的な「業務用」です。あとは、速度(1000MB/s)や耐久性を含めて、ほぼ同じ仕様となります。


 201911181342.jpg

 【2020年発売】

 【SANDISK エクストリーム プロ V2】

 【1TB】

  11・SANDISK SDSSDE81-1T00-GH25
  ¥26,295 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

  11・SANDISK SDSSDE81-1T00-J25
  ¥28,921 楽天市場  (6/4執筆時)

 【2TB】

  11・SANDISK SDSSDE81-2T00-GH25
  ¥ 50,759 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

  11・SANDISK SDSSDE81-2T00-J25
  ¥53,210 楽天市場  (6/4執筆時)

読出速度:2000MB/s
書込速度:2000MB/s
接続:USB3.2 (gen2×)
重量 :77.1g
保証 :5年間
ケーブル:USB-A USB-C

 SANDISK エクストリーム プロ V2は、サンディスクのポータブルSSDの最上位機です。

 201911181344.jpg

 本体の重さは、77.1gです。

 サイズも、 幅57.34mm x 高さ110.26mm x 奥行10.22mmです。

 下位シリーズより、多少ですが大きいでし、重めです。

 もちろん、持ち運べますし、一般的なHDDと較べれば、まだまだ軽量水準です。

 201911181346.jpg

 耐衝撃性は、高いです。

 防水性は、IP55等級水準で、防塵性も確保されます。

 202203011351.jpg

 ドライブの速度は、読出・書込とも2000MB/sです。

 接続規格は、本機もUSB3.2です。

 最高速を得るためには、PC側もUSB3.2以上必要なので、本機は値段面のほか、性能面でも、USB-A端子だと速度面の性能を十分に活かせない点で、最新の高性能PCを使っている方向けです。 

 付属するケーブルは、USB Type AとUSB Type C双方を添付しています。

 保証期間は、5年間です。

---

 以上、サンディスクSANDISK エクストリーム プロの紹介でした。

 ここまでの速度が欲しい方は限られるでしょう。

 ただ、それが欲しい方には速度面のほか、保証の長さは、大きな魅力です。先述のように、NVMeタイプのSSDは、熱が出るので、保証がある程度合った方が安心です。

1-2・バッファローのポータブルSSD

 202107261229.jpg

 つづいて、日本のバッファローのポータブルSSDです。

 日本の三大PC周辺機器メーカーの一角を占める企業です。

 とくに、SSDドライブの展開数はかなり多いです。


 202002181838.jpg

 【2021年】

 【500GB】白 SSD-PGM480U3-WC/N

 12・バッファロー SSD-PGM480U3-BC/N
  ¥9,576 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 12・バッファロー SSD-PGM500U3
  ¥8,160 楽天市場 (6/4執筆時)

 【1TB】白 SSD-PGM1.0U3-WC/N

 12・バッファロー SSD-PGM1.0U3-BC/N
  ¥12,365 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 12・ バッファロー SSD-PGM1.0U3
  ¥14,380 楽天市場 (6/4執筆時)

 【2TB】黒 SSD-PGM2.0U3-BC/N

 12・バッファロー SSD-PGM2.0U3-WC/N
  (¥30,480) Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 12・バッファロー SSD-PGM2.0U3
  ¥24,880 楽天市場 (6/4執筆時)

読出速度:530MB/s
書込速度:(530MB/s)
接続:USB3.1
重量 :52g
保証 :1年間
ケーブル:USB-C (USB-Aは変換)

 続いて紹介するのは、バッファローのSSD-PGMU3Cシリーズです。

 さきほどみた、サンディスクの「サンディスク ポータブルSSD」のライバルといえる、最もオーソドックスで、最も安いラインです。

 202002181837.jpg

 一方、末尾が/Nで終わるのは、Amazon専用型番です。

 通常型番は以上の色目もありますが、こちらは、白と黒のみの展開です。

  202002181841.jpg

 本体の重さは、52gです。

 名刺サイズで小型です。

 ストラップこそないですが、「サンディスク ポータブルSSD」とだいたい同じ重さです。

 201905041134.jpg

 耐衝撃性は、米国軍の米国MIL規格に準拠した試験にクリアしています。

 120cmの高さからの26方向からの落下試験ですが、内蔵する耐衝撃剤などの効果で、高い落下耐性を持ちます。

 202002181844.jpg

 ドライブの速度は、読出速度530MB/sです。

 書込速度の情報はなく、この部分について、本機は保証されません。

 しかし、一般的に、読出速度と同等水準までは出るでしょう。

 202203011450.jpg

 接続規格は、USB3.1です。

 USB3.0でも、この速度では理論上ボトルネックにはなりません。

 ただ、実効速度と理論値は開きがあるので、本機で、SSDのパフォーマンスを引き出すには、USB3.1に対応する必要があるようです。

 202002181852.jpg

 付属するケーブルは、30cmのUSB-Cケーブルです。

 USB-Aへの変換アダプターも付属です。ただ、この形式は、ケーブルの美観を損ねますし、持ち運びには不便です。

 保証期間は、1年間です。

---

 以上、バッファローSSD-PGMU3Cシリーズの紹介でした。

 特段個性はない入門機です。これでも500MB/秒クラスは出せますので、値段次第で選んでも良いかと思います。ただ、SanDiskの入門機と違って、保証は1年である部分は、価格差のほかに注意するべき点でしょう。


 202111101651.jpg

 【2021年モデル】

 【500GB】白 SSD-SCT500U3-WA

 13・バッファロー SSD-SCT500U3BA/N
  ¥8,800 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 13・バッファロー SSD-SCT500U3-BA
  ¥9,594 楽天市場 (6/4執筆時)

 【1TB】白 SSD-SCT1.0U3-WA

 13・バッファロー SSD-SCT1.0U3BA/N
  ¥13,400 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 13・バッファロー SSD-SCT1.0U3-BA
  ¥15,442 楽天市場 (6/4執筆時)

 【2TB】

 13・バッファロー SSD-SCT2.0U3BA/N
  ¥23,101 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

読出速度:600MB/s
書込速度:
接続:USB3.1
重量 :17g
保証 :1年間
ケーブル:

 SSD-SCTA/Nシリーズは、バッファローの少し特殊といえる小型のポータブルSSDです。

 本機については、型番末尾が/Nで終わる「Amazon専用型番」があります。しかし、性能は、楽天市場などでうられる通常製品と同じです。

 その他特定量販店向けの型番【SSD-SCT500U3BA/D SSD-SCT1.0U3BA/D 】もありますが、やはり同じです。

 202106291107.jpg

 本体の重さは、17gとかなり軽量です。

 見て分かるように、【USBフラッシュメモリの比較記事】で紹介したようなUSBメモリに形を寄せている製品です。

 それらと比較する場合、Windows OSで「リムーバブルメディア」扱いのUSBメモリと違って、Winで「ローカルディスク」として認識される点に意味があります。

 つまり、USBメモリと違い、パーテションなどの操作がHDDと同等にできるメリット性があるため、売れています。

 サイズは、幅23mm×奥行68.2mm×高さ11mmです。

 幅が22mmになりますので、PCの隣のポートなどと被らないかは事前に注意が必要でしょう。

 202106291109.jpg

 TVでの利用も提案されますが、その場合も同様です。

 202106291055.jpg

 耐衝撃性は、米国軍の米国MIL規格に準拠した試験にクリアしています。

 ただ、SSDは基本的にHDDより頑丈なので、こうしたスペックが付いている機種が「標準」ではあります。


202111101701.jpg

 ドライブの速度は、読出速度600MB/sです。

 書込速度は、非公開ですが、原理的に、この値より過度に遅くなることはないでしょう。

 ベンチマークを見てもシーケンシャルアクセスは読出速度と同等です。

 むろん、上位のSSDと比べると「最高速度」とは言えませんが、十分に高速です。

 これでも、従来的な、ハードディスクを採用するドライブと比較すると3倍以上という速度で、大容量ファイルを保存する方には、「向く」といえます。

 202203011450.jpg

 接続規格は、USB3.1規格です。

 202206041718.jpg

 ケーブルは、構造的に不要なので未付属です。

 ただ、USB-Cで利用したい方のために、Type-Cアダプターが標準付属です。

 隣の端子とかち合う場合は、別のUSB延長ケーブルで対応となります。

 保証期間は、1年間です。

 期間の短さは、海外メーカーに比べて、ドライブの中身が製造できない日本企業の弱い部分です。

---

 以上、バッファローSSD-SCTA/Nシリーズの紹介でした。

 後ほどみるように、アイオーデータなども同じコンセプトの製品があるので比較は必要ですが、本機も携帯性は抜群です。

 多少幅広で、長さもあるので、隣の端子とかち合わないかは注意が必要ですが、それ以外は問題ないでしょう。モバイルPC用のほか、TV録画での利用など、用途は広そうです。

 (四角い)USB-A接続で利用する方で、小型なものを探している方は、わりと良い候補の1つとなるでしょう。

ーーー

  202012101428.jpg

 【2021年モデル】

 【通常モデル】

 14・バッファロー SSD-PUT3Cシリーズ
  ¥5,070〜 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

250GB:SSD-PUT250U3BC/N
500GB:
SSD-PUT500U3BC/N
1TB:SSD-PUT1.0U3BC/N

 【抗菌モデル】

 14・バッファロー SSDPUTVB/Nシリーズ
  ¥7,110 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

250GB:SSDPUTVB250U3B/N
500GB:
SSDPUTVB500U3B/N
1TB:SSDPUTVB1.0U3B/N

読出速度:430MB/s
書込速度:
接続:USB3.0
重量 :17g
保証 :1年間
ケーブル:

 なお、SSD-PUTU3Cシリーズという製品もあります。

 こちらは、USB3.0規格で、実行速度が30%ほど新機種より遅いです。

 その姉妹機となるSSDPUTVB/Nシリーズも速度は同じですが、スティックの樹脂部分に抗菌剤を練り込んでいます。

 いずれにしても、選ぶならば速度の速い先ほどの機種でしょう。


 201905041149.jpg

 【2021年型番】(上位機あり)

 【500GB】

 15・BUFFALO SSD-PH500U3-BC
  ¥11,000 楽天市場 (6/4執筆時)

 15・BUFFALO SSD-PH500U3-BC/N
  ¥9,650 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 【1TB】

 15・BUFFALO SSD-PH1.0U3-BC
  ¥17,140 楽天市場 (6/4執筆時)

 15・BUFFALO SSD-PH500U3-BC/N
  ¥17,290 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

読出速度:1000MB/s
書込速度:900MB/s
接続:USB3.1
重量 :40g
保証 :1年間
ケーブル:USB-A USB-C

 SSD-PHU3-Cシリーズも、やや形状がユニークな製品です。

  202111101747.jpg

 本体の重さは、40gです。

 形状が独特ですが、これは、ノートPC用のM2規格のSSD(M.2.SSD)を利用しているためです。

 サイズは、103×9.8×31.5mmですので、見た感じほど大きくはないです。

 ドライブの速度は、どのモデルも同じです。

 201905041154.jpg

 読出速度1000MB/sで、書込速度は、900MB/sです。

 かなり高速なのは、NVMe SSDを利用するためです、

 仕組み的に、連続利用すると発熱しやすいため、(適切に温度管理されないと)速度が低下しやすいです。

 そのため、ヒートシンクを被せたような形状にしています。

 201905041204.jpg

 耐衝撃性は、米国軍のMIL規格に準拠し、1.2mからの落下時化のクリアしています。

 接続規格は、USB 3.1(= USB3.2 (gen2))です。

 付属するケーブルは、USB Type AとUSB Type C双方を装備します。

 保証期間は、BUFFALOは1年間と短めです。

---

 以上、BUFFALOのSSD-PHU3-Aシリーズの紹介でした。

 長細いので大きく見えますが、同じ速度のサンディスクのSANDISK エクストリーム V2より、少し小型です。

 形が好みならこちらでも良いかと思いますが、保証期間が1年だけに、廃熱に関する情報はもう少し欲しい感じはします。

ーーー

 201905041149.jpg

 【2021年型番】

 【500GB】

 16・BUFFALO SSD-PHE500U3-BA
   ¥15,131 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

 【1TB】

 16・BUFFALO SSD-PHE1.0U3-BA
  ¥21,459 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

読出速度:2000MB/s
書込速度:2000MB/s
接続:USB3.2
重量 :100g
保証 :1年間
ケーブル:USB-A USB-C

 なお、本機を、USB3.2仕様にして、中身のドライブを、PCI-E接続の第3世代SSDにした高速版が出ています。

 202111101752.jpg

 ただ、重さが100gと、同スペックのサンディスクの最上位機より少し重いです。

 サイズも、120×37×16mmとなります。高速だと発熱するので、ヒートシンクの部分だけ、大きくなったといえます。

 202203011354.jpg

 冒頭書いたように、ノートPCなどの内蔵SSD(PCI-E 3rd)と(理論上)同水準だせますが、ここまで速度が必要な方はあまりいないかとは思います。


 201905041115.jpg

 【2021年発売】

 【250GB】

 17・バッファロー SSD-PGC250U3-BC
  ¥5,350 楽天市場 (6/4執筆時)

 【500GB】

 17・バッファロー SSD-PGC500U3-BC
  ¥9,345 楽天市場 (6/4執筆時)

 【1TB】

 17・バッファロー SSD-PGC1.0U3-BC
  ¥16,072 楽天市場 (6/4執筆時)

 【2TB】

 17・バッファロー SSD-PGC2.0U3-BC
  ¥25,545 楽天市場 (6/4執筆時)

読出速度:
書込速度:340MB/s
接続:USB3.0
重量 :110g
保証 :1年間
ケーブル:USB-A USB-C

 SSD-PGCU3シリーズは、バッファローのポータブルSSDです。

 201905041121.jpg

 本体の重さは、110gです。

 本機は、ある種、軽量性や小型化を志向しないタイプです。

 それでも、従来のHDDの半分ほどですが、やはり小型モデルに較べると多少重いと言えます。

 その速度のSSDの場合、特段大きいことに伴うメリットはないですが、そこそこ大きいため、なくしにくいというメリットはあるでしょう。

 201905041125.jpg

 耐衝撃性は、売り」です。

 同社の小型モデルと同じで、米国軍の米国MIL規格(MIL-STD-810G 516.6 procedure IV)クリアしています。

 内蔵される衝撃吸収剤の効果で、例えば高さ122cmからの落下試験をクリアします。

 201905041122.jpg

 ドライブの速度は、書込速度(コピー速度)のみ参考値として出されており、340MB/秒です。

 HDDに比べて相当なスピードですが、SSDだけで見ると、小型モデルよりスピードが出ていません

 201712061220.jpg

 接続規格は、USB3.0(=USB 3.2 gen1)規格です。

 ケーブルは、50cmのUSB3-Aケーブルと、USB-Cケーブルが1組ずつ付属です。

 保証期間は、1年間です。

---

 以上、バッファローのSSDドライブの紹介でした。

 先述のように、この速度で筐体を大きくする意義はあまりないため、従来のHDDのサイズ感がないと安心できない方向けのニッチな製品と言えます。

ーーー

 202106291419.jpg

 【通常モデル】

 【250GB】

 18・バッファロー SSD-PG250U3-BC
  ¥4,900 楽天市場 (6/4執筆時)

250GB
:SSD-PG250U3-BC
500GB
:SSD-PG500U3-BC
1TB
:SSD-PG1.0U3-BC
2TB
:SSD-PG2.0U3-BC

 【アマゾン限定モデル】

 18・バッファロー SSD-PGU3Cシリーズ
  ¥5,580〜 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

250GB
:SSD-PG250U3-BC SSD-PG250U3-WC
500GB
:SSD-PG500U3-BC SSD-PG500U3-WC
1TB
:SSD-PG1.0U3-BC SSD-PG1.0U3-WC
2TB
:SSD-PG2.0U3-BC SSD-PG2.0U3-WC

 【抗菌モデル】

 18・バッファロー SSD-PGVB/Nシリーズ
  ¥7,620〜 Amazon.co.jp (6/4執筆時)

250GB
:SSD-PGVB250U3B/N
500GB
:SSD-PGVB500U3B/N
1TB
:SSD-PGVB1.0U3B/N
2TB
:SSD-PGVB2.0U3B/N

読出速度:
書込速度:340MB/s
接続:USB3.0
重量 :110g
保証 :1年間
ケーブル:USB-A

 なお、これと同一型上の製品は型番がかなりたくさんあります。

 先ほどみた製品とは、USB-Cケーブルが付属しない点が共通の違いです。

 また、こちらのみ、樹脂部分に抗菌剤を練り込んだモデルが展開されます。時代に合わせたニーズで、最近のPC製品に拡がっています。

次回に続く!
ポータブルSSDのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、ポータブルSSDを比較の1回目記事でした。

 しかし、記事は、まだまだ続きます。

  202002191145.jpg

1・ポータブルSSDの比較 (1)
 1-1:SanDisk / WD〈米国〉
 1-2:バッファロー〈日本〉
2・ポータブルSSDの比較 (2) 
 2-1:キオクシア〈日本〉  
 2-2:サムスン〈韓国〉
 2-3:アイオーデータ〈日本〉
3・ポータブルSSDの比較 (3)
 3-1:エレコム /ロジテック〈日本〉
 3-2:トランセンド〈台湾〉
 3-3:ラシー〈フランス〉
 3-4:ソニー〈日本〉
4・ポータブルSSDの比較 (4) 【結論】
  =最終的な「おすすめ機種」の提案

 次回の2回目記事こちら)では、今回見たWD連合のように、SSDが自社生産出来るキオクシアサムスンほかの、ポータブルSSDを引き続き紹介します。

読出速度  ★★★★★
書込速度  ★★★★★ 
軽量性   ★★★★★
堅牢性   ★★★★★
保証    ★★★★★
総合評価  ★★★★★

 その上で、「結論編」となる4回目記事こちら)では、今回紹介してきた全製品から、いつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきます。

 引き続きよろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら

posted by Atlas at 18:23 | PC周辺機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png