比較2019'【解説】TVドアホン/インターホン23機の性能とおすすめ・選び方(door phones-2)

2019年08月08日

比較2019'【解説】TVドアホン/インターホン23機の性能とおすすめ・選び方(door phones-2)

前編からの続きです。前編は→こちら

今回の結論
最新のテレビドアホン・モニター付インターホンのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、前編記事【こちら】では、テレビドアホン(インターフォン)の比較でした。

 最後に、いつもどおりに、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種を提案しておきます。


 第1に、スマホに連動する新世代のテレビドアホンとして最もおすすめできるのは、

  201905041537.jpg

 【2017年発売】

 【子機付属】

 21・外でもドアホンVL-SWH705KL
  ¥47,000 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【子機別売】

 21・外でもドアホン VL-SVH705KL
  ¥51,127 Amazon.co.jp (8/8執筆時)  

 【無線カメラ付】

 21・外でもドアホン VL-SVH705KLC
  ¥63,000 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

モニター:7インチ
画素数:約100万画素
夜間照明:LED補助照明
撮影サイズ:広角ワイド
スマホ連携:Wi-Fi搭載(屋外応答可)
留守中撮影:動画録画対応 SD対応
玄関子機材質:難燃ABS樹脂

1・画面のみやすさ ★★★★★★
2・夜間対応    ★★★★★
3・スマホ連携   ★★★★★
4・防犯・みまもり 
★★★★☆
5・設置のしやすさ ★★★★☆
6・総合評価    
★★★★★

 ご家庭のドアホンの付け替えなど、2芯線が利用できるならば、パナソニックのVL-SWH705KLでしょう。

  201612161853.jpg

 完全に外出先で応答できるのはこのグレードだけであり、設置についてもWi-Fi搭載なので手軽ですから、予算さえ許せば、この機種が良いと思います。

 非常に高額ですが、子機が不用ならば、【子機別売】モデルを選べば、予算がだいぶ節約することも可能です。

 家族全員がスマホをお持ちの家庭ならば、この方式で良いでしょう。

 もちろん、本体性能も、デジタル接続の7インチ大画面モニター・広角レンズ・夜間照明・ズーム機能・SDカードでの動画録画と、「最強」なので、スマホ機能が不要な場合でも、こちらが最上位と言えます。

 予算が許せば「買って後悔しない機種」といえます。

−−

 201905041531.jpg

 【2019年発売開始】

 【子機付属】

 19・外でもドアホン VL-SWD505KF
  ¥41,612 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

モニター:5インチ
画素数:約100万画素
夜間照明:LED補助照明
撮影サイズ:広角ワイド
スマホ連携:Wi-Fi搭載(屋外応答可)
留守中撮影:8枚静止画 SD動画録画
玄関子機材質:難燃樹脂

1・画面のみやすさ ★★★★★
2・夜間対応    ★★★★★
3・スマホ連携   ★★★★★
4・防犯・みまもり 
★★★★★
5・設置のしやすさ ★★★★☆
6・総合評価    
★★★★★

 ただし、お子さんの「見守り機能」を重視するならば、外でもドアホンの中位機が良いでしょう。

 201902011414.jpg

 本体にカメラ搭載で、お子さんが、保護者のスマホに簡単に連絡できる機能は、現在のところ、この機種のみの搭載ですから。

  201902011426.jpg

 みまもりリモコン VS-WD100-K
  ¥1,956 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 ランドセルなどに取り付けることで、帰宅が分かるみまもりリモコンも一緒に購入すると良いでしょう。


 第3に、3万円前後の予算で、子機付きの中級機を選ぶならば、

  201905041523.jpg

 【プラグ式】

 16・アイホン ROCO KH-77
  ¥ 26,524 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

  【直結式】

 16・アイホン ROCO WK-24A
  ¥ 22,979 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

モニター:3.5インチ(タッチセンサー)
画素数:約23万画素
夜間照明:LED補助照明
撮影サイズ:広角ワイド
スマホ連携:不可
留守中撮影:6枚静止画
玄関子機材質:難燃ABS樹脂

1・画面のみやすさ ★★★★☆
2・夜間対応    ★★★★★
3・スマホ連携   ☆☆☆☆☆
4・防犯・みまもり 
★★★☆☆
5・設置のしやすさ ★★★★☆
6・総合評価    
★★★★☆

  アイホン ROCOタッチポータブルが良いでしょう。

 内部モニターは3.5インチながら、タッチセンサーを採用しており、インテリア性が格段に高いです。

 機能面でも、動画記録には未対応ながら、広角レンズ・夜間照明・ズーム機能は網羅しているため、この価格帯では優秀だと思います。

ーーー

  201905041521.jpg

 【子機付属】

 15・パナソニック VL-SWD303KL
  ¥30,117 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【子機別売】

 15・パナソニック VL-SVD303KL
  ¥25,182 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

モニター:3.5インチ(押ボタン式)
画素数:約30万画素
夜間照明:LED補助照明
撮影サイズ:広角ワイド
スマホ連携:不可
留守中撮影:8枚静止画 SD動画録画
玄関子機材質:難燃樹脂

1・画面のみやすさ ★★★★☆
2・夜間対応    ★★★★★
3・スマホ連携   ☆☆☆☆☆
4・防犯・みまもり 
★★★☆☆
5・設置のしやすさ ★★★★☆
6・総合評価    
★★★★☆

 次点は、パナソニックのVL-SWD303KLです。

 値段は多少高め水準ですが、3.5インチ液晶で、広角レンズ・夜間照明・ズーム機能は網羅している点で同等です。

 さらにSDカードでの動画録画に対応している点で、アイホンより基本性能は上です。

 モニターのインテリア性よりも性能を重視したいならば、この機種が良いでしょう。


 第4に、1万円前後で購入できる、入門機的なテレビドアホンとしておすすめなのは、  

  201709041023.jpg

 9・パナソニック VL-SV38KL
  ¥11,795 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

モニター:3.5インチ(押ボタン式)
画素数:約30万画素
夜間照明:LED補助照明
撮影サイズ: 通常
スマホ連携:不可
留守中撮影:8枚静止画
玄関子機材質:難燃樹脂

1・画面のみやすさ ★★★☆☆
2・夜間対応    ★★★★☆
3・スマホ連携   ☆☆☆☆☆
4・防犯・みまもり 
★★☆☆☆
5・設置のしやすさ ★★★★☆
6・総合評価    
★★★☆☆

 パナソニックの「テレビドアホンVL-SV38KLでしょう。

 格安ですが、夜間照明機能と、8枚の静止画撮影がある点で、同価格帯の他機種とあきらかな性能差がありますので。1万円前後の機種としては、費用対効果が最も高そうです。


 第5に、インターフォン用の2芯線を設置せず、手軽に付けられる点でおすすめなのは、

 201905041456.jpg

 2'・パナソニック VL-SGZ30K
  ¥ 21,657 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

モニター:3.5インチ(押ボタン式)
画素数:30万画素
夜間照明:LED補助ライト
撮影サイズ: 通常
スマホ連携:(対応可)
留守中撮影:3枚静止画
玄関子機材質:難燃樹脂

1・画面のみやすさ ★★★☆☆
2・夜間対応    ★★★★☆
3・スマホ連携   ★★★★★
4・防犯・みまもり 
★★★☆☆
5・設置のしやすさ ★★★★★★
6・総合評価    
★★★★★

 パナソニックが発売する「ワイヤレステレビドアホン」でしょう。

 201803041459.jpg

 下位機種もありますが、「ホームユニット(写真下部)で、外出先からインターネット回線経由で来訪者の応答ができるのは、この機種だけです。

 電池式ですが2年と長寿命ですし、交換の手間は気にせずに良いです。

 実際、2芯線を延ばすのは面倒なので、個人で取り付けるならば、未設の物件に取り付けるならば、こちらが良いでしょう。設置は手軽です。

 子機はつきませんが、屋内でもスマホを子機化できるため、現代的だと思います。

ーーー

 201905041453.jpg

 1・パナソニック VL-SGD10L
  ¥12,980 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

モニター:2.7インチ(押ボタン式)
画素数:30万画素
夜間照明:LED補助ライト
撮影サイズ: 通常
スマホ連携:不可
留守中撮影:3枚静止画
玄関子機材質:難燃樹脂

1・画面のみやすさ ★★☆☆☆
2・夜間対応    ★★★☆☆
3・スマホ連携   ☆☆☆☆☆
4・防犯・みまもり 
★★☆☆☆
5・設置のしやすさ ★★★★★★
6・総合評価    
★★★☆☆

 一方、賃貸物件の家主さんなどが、物件に導入するならば、格安なこちらでも良いでしょう。


 第6に、おそらく誰でもコツ要らずに付けられる点で、初心者におすすめなのは、

 201905041457.jpg

 【各色】

 3・パナソニック VL-SDM310
  ¥14,800 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

モニター:2.8インチ
画素数:31万画素
夜間照明:なし
撮影サイズ: 通常
スマホ連携:Wi-Fi搭載
留守中撮影:1枚静止画
玄関子機材質:ABS樹脂

1・画面のみやすさ ★★☆☆☆
2・夜間対応    ☆☆☆☆
3・スマホ連携   ★★★★★
4・防犯・みまもり 
★★★★
5・設置のしやすさ ★★★★★★
6・総合評価    
★★★★★

 パナソニックの VL-SDM310です。

 201612162005.jpg

 モニターの視認性はイマイチですが、基本スマホを子機にして利用する人が多いでしょうから、あまり問題にならないでしょう。

 201612162008.jpg

 また、メール送付機能で、ある程度の防犯性も期待できます。

 201612162015.jpg

 音感センサーを使って既存のチャイムを活かす形での設置ができる点で、とてもユニークな製品です。

 クラウドファンディングで募集がありそうな、大胆な発想の製品ですが、利便性は高いです。

 なお、チャイム自体がない環境の場合は、上でオススメした「ワイヤレステレビドアホン」が良いでしょう。

ーーー

 というわけで、今回は、TVドアホン・インターホンの比較でした。

   

  【アマゾン限定】

  トランセンド 32GB SDHCカード UHS-1
   ¥1,798 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 なお、パナソニックのドアホンで、動画撮影する場合、SDカードは別売です。容量的には32GBあると安心でしょう。詳しくは、【こちらの各社SDカードの比較記事】で別に紹介しています。よろしければ、ご覧ください。

---

 最後になりましたが、今回の「モノマニア」の記事が皆さんのお役に立ちましたら幸いです。

 Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただけば嬉しいです。(今回は後編なので、前編記事ごご紹介頂けると、なお嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 11:40 | 情報家電

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png