比較2018' 音が綺麗!完全ワイヤレスイヤホン16点のおすすめ・選び方:iPhone/Androidスマホ向け

2018年10月06日

比較2018' 音が綺麗!完全ワイヤレスイヤホン16点のおすすめ・選び方:iPhone/Androidスマホ向け

【今回レビューする内容】 2018年 iPhone向け完全ワイヤレスイヤホンの音質・性能とおすすめ:ブルートゥースイヤホンiPhone Android SONY APPLE JBL ONKYO フィリップス JBL Apple AirPods SONY機種の違いとランキング

【評価する製品型番】 Apple AirPods JBL FREE JBLFREEBLKBT ONKYO W800BTB SONY WF-SP700N WF-1000X Bose SoundSport Free wireless headphones EARIN M-1 Aluminium ERATO APOLLO7 Yell Acoustic Air Twins SOL REPUBLIC AMPS AIR fFLAT5 Aria One B&O PLAY Beoplay E8 Anker Zolo Liberty+ JVC XX HA-XC70BT-R

今回のお題
iPhone向けの「完全ワイヤレスイヤホン」のおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今回は、左右独立した完全ワイヤレスイヤホンの比較です。

 201810061223.jpg

 新しいタイプのブルートゥース製品として、ヘッドホン端子が廃止された新型iPhoneユーザーなどに注目されている、オーディオ製品となります。

 201802141115.jpg

 いつものように、機種ごと比較をし、最後に「Atlasのおすすめ機種!」を提案する形で記事を進めていきます。

ーー 

1・Bluetoothヘッドホンの比較
2・Bluetoothイヤホンの比較
3・完全ワイヤレスイヤホンの比較
4・ハイレゾヘッドホンの比較
5・ハイレゾイヤホンの比較
6・ノイキャンヘッドホンの比較

7・Beatsのヘッドホンの比較
8・ライトニング端子イヤホンの比較
9・ウェアラブルネックスピーカーの比較
10・おすすめヘッドホンの選び方 【結論】

 なお、今回はヘッドホン・イヤホン比較シリーズの、3回目記事として書きました。

1・ワイヤレスイヤホンの選び方の基本

 201810061308.jpg

 はじめに、Apple純正のAirPadsを紹介しながら、完全ワイヤレスヘッドホンを選ぶ場合に注意するべき点を紹介していきます。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチだと思う部分を青字系で書きます。


  201611291658.jpg

 1・Apple AirPods
   ¥16,800 AppleStore (10/6執筆時)

再生周波数帯域-----
コーデック:
SBC・AAC
連続再生時間:5時間
重さ:8g(左右)

 AppleのAirPodsは、完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、おそらく一度は「比較対象」にするだろう、売れ筋の機種です。

 とりあえず、簡単にスペックを説明する所から入りましょう。

 重量は、8gです。装着性は良く、この重さは完全ワイヤレスイヤホンにおける1つの「快適性の基準」となり得ます。

 音質面では、Appleの伝統ですが、「バランス重視」です。ただ、やはりBeats買収後のエンジニアの特性か、低音がやや強くでており、迫力重視の印象が強いです。

 一方で、高音域・中音域はあまり充実せず、この点ではライバルに負ける印象です。 

 201802141118.jpg

 Bluetooth無線は、SBC規格AAC規格に対応です。

 Bluetoothイヤホンの場合、スマホなどからBluetoothイヤホンに音を飛ばす際に、音源を必ず圧縮して送ります。

 その際の圧縮規格を「Bluetoothコーデック」と言います。AirPodの場合、音質が良くないと言われるSBC規格のほか、AACという上級規格に対応します。

 そのため、基となる音質はSBCのみ対応する製品より基本的には上と言えます。また、動画なやゲームの音声を再生差せる場合に発生する音の遅延は、SBCに較べて約半分と優秀です。

 201802141009.jpg

 ノイズ対策については、左右に指向性マイク(デュアルビームフォーミングマイクロフォン)が付属し、周囲の音のノイズキャンセリングを行えます。混線対策としては、Bluetooth4.1対応ですので、干渉ノイズは少なめです。

 ただ、今回紹介する他社製品も、この点を全てクリアします。

 連続再生時間は、ステレオ再生で5時間と、平均以上のスタミナです。また、付属する収納ケースは、充電器を兼ねており、15分の充電でも3時間の再生ができます。

 そのほか、装着時に自動的にON/OFFになる機能など、使い勝手の配慮も高いです。

 以上、Apple AirPodsの基本性能を書きました。音質はそこそこですが、ノイズキャンセリングやAACの搭載など、利便性の良い純正品として、人気の理由が分かります。

ーーー

 ただし、以下の3点については、選ぶ場合注意が必要でしょう。

1・動画やゲームの音の遅延
2・装着時の音漏れ
3・割高と言える価格

 比較において「大事なポイント」となるので、順番に解説しておきます。

1・音の遅延問題

 201802141019.jpg

 第1に、動画やゲームの音の遅延です。

 結論的に言って、動画と音声の音ズレ(=画像に対する音の遅延)を気にする方は、Appleを含めて完全ワイヤレスヘッドホンは不向きです。

 先述のように、AACに対応するAirPodsは、完全ワイヤレスヘッドホンでは遅延が少ない方です。

 しかし、「無遅延」ではないので、気になるような方は、そもそも(現状では)ワイヤレス製品を選ぶべきはありません。【ハイレゾ対応イヤホンの比較記事】で紹介したような、ワイヤードの高性能機を選ぶべきでしょう。

 そういった点で言えば、完全ワイヤレスヘッドホンというのは、「音楽を聴く専用」です。

2・装着時の音漏れ

 201806040916.jpg

 第2に、装着時の音漏れです。

 この部分は、「周囲に気遣う」日本社会では特に気にされる部分です。しかし、AirPodsは、従来のアップル製品のイヤホンの形状を踏襲し、完全に密閉型ではないため、音漏れがあります。没入感もやや低めです。

 こうした点が気になる方は、他社の完全ワイヤレスヘッドホンが良いでしょう。

3・割高と言える価格

 201806040918.jpg

 第3に、価格です。

 どこでもほぼ定価販売のため、性能・音質の割に高いのが現状です。とくに音質の面では、同価格帯で音質がより期待できる他社製品もあります。

ーー

 以下では、こうした点を考慮しつつ、他社の完全ワイヤレスヘッドホンを比較していきましょう。

1・完全ワイヤレスイヤホンの比較

 では、AirPods以外のワイヤレスイヤホンを比較していきましょう。

 ここでも、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチだと思う部分を青字系で書きます。


 201806040922.jpg

 【2017年】

 2・JBL FREE JBLFREEBLKBT
   ¥12,364 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

 3・JBL FREE JBLFREEWHTBT
   ¥12,380 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:10Hz-22kHz
コーデック:SBC
連続再生時間:4時間
重さ:7.5g

 JBL FREEは、アメリカの大手音響メーカーJBLが発売する完全ワイヤレスタイプイヤホンです。

 同社は、音響メーカーとしては老舗であり、高級オーディオも多数出しているブランドです。2017年10月発売の新機種ですが、左右独立型としてはかなり安めです。

 201810061218.jpg

 重量は、7.5gです。

 Bluetoothイヤホンは、バッテリーを搭載するために重めなモデルも多いですが、こちらは軽量です。使い勝手の部分も、JBLのロゴ部分がボタンとなっており、そこで音楽の再生操作ができる仕様です。

 イヤーピースは、各サイズ添付されます。

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が10Hz高音域が22kHzです。

 価格の割に大健闘のスペックです。ドライバーは、5.8mm径ドライバーとやや小さめですが、同社らしいバランスのとれた音質は価格以上でしょう。

 201805140948.jpg

 Bluetooth無線は、SBC規格です。

 一部の音響大手は、独自にSBCを「アップコンバート」する独自技術を搭載する場合がありますが、こちらには言及がありません

 また、SBC規格の場合、AACに較べて動画再生の際に音ズレが起こりやすいので、この点で言えば「音楽再生専用機」です。

 ノイズ対策については、この機種は、ノイズキャンセラーなどは未付属です。

  201711241246.jpg

 連続再生時間は、ステレオ再生で4時間と、平均以上のスタミナです。また、付属する収納ケースは、充電器を兼ねており、内蔵されるバッテリーで最大20時間の充電が可能です。また、15分の充電でも1時間の再生ができます。

 201810061219.jpg

 また、IPX5等級の防滴仕様ですので、雨天の際などの装着も可能です。

---

 以上、JBL FREEの紹介でした。

 スマホ用の完全ワイヤレスイヤホンとしては安価です。ただ、外出用として考えた場合、生活防水である点は嬉しいですが、ノイズキャンセリングが未搭載なのは難点です。


 201611291744.jpg

 【2015年】

 4・ONKYO フルワイヤレスイヤホン W800BTB
  ¥9,980 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:6Hz-22kHz
コーデック:SBC
連続再生時間:3時間
重さ:125g(ケース含む)

  W800BTB は、日本のONKYOから発売される完全独立タイプのイヤホンです。

 ドライバーを自社生産できる音響機器メーカーの製品としては初めての製品でした。

 201810061224.jpg

 重量は、非公開です。

 特徴的な形のイヤホンですが、試着の限り、疲れることはありませんでした。移動しながらの視聴も問題ありません。スタビライザーが内蔵されているためでしょう。

 イヤーピースも3サイズ同梱されています。

 201611291755.jpg

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が6Hz高音域が22kHzです。

 なお、再生周波数帯域は、低音域は値が小さいほど、高音域は値が大きいほど、音域に余裕があると言えます。

 数値をJBLに比べたばあい、低音域がよく出ているといえます。

 これは、8.6mmの大きなドライバーを搭載できているからです。中・高音域も比較的余裕があり、バランスの取れたONKYOらしい味がありました。ユニットは1つで、ダイナミック型ですね。

 Bluetooth無線は、こちらも、SBCのみの対応です。

 スマホなどからの圧縮音源の再生ならば、SBCでも音質的には十分レベルです。ただ、特性として音が遅延する(=伝わりが遅い)ため、例えば、ゲームや動画視聴では、「音ズレ」が生じます。繰り返しますが、音楽再生ならば、問題ないです。

 ノイズ対策については、ノイズキャンセリングは未装備で、マイクも未搭載で通話機能はありません。

 連続再生時間は、ステレオ再生で3時間と短いです。ただ、こちらも、ケースが充電器を兼ねていて、本体に5回分の充電が可能です。

---

 以上、 W800BTB の紹介でした。

 完全に独立したタイプのイヤホンでは、ドライバーの性能が突出してよい機種です。コーデックがSBCのみ対応ですので、音楽専用として音質を重視したい場合は、この機種はよい選択肢です。


 201806040932.jpg

 【2018年】

 5・ SONY ノイキャン WF-SP700N BM
   ¥19,500 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC・AAC
連続再生時間:3.5時間
重さ:7.6g

 WF-SP700N は、SONYが販売する完全ワイヤレスタイプのイヤホンです。

 SONYはこのジャンルに力を入れており、すでに「2世代目」となります。

 201810061229.jpg

 重量は、7.6gです。

 他社に比べてやや重量感はありますが、重心バランスが良いので違和感はありません

 201806040935.jpg

 イヤーピースは、ハイブリッドイヤーピースロングが別に3サイズ添付されます。その上で、外れにくいアークサポーターが2サイズ付属します。運動時の外れにくさは優れるでしょう。

 防滴設定も、この機種については「対応」なので、雨天時のジョギングなども問題なく利用できます。

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が20kHzです。

 201806040943.jpg

 なお、この機種は、ドライバーは6mmで、ONKYOに比べると小さいです。

 そのため、従来 多少低音部が弱めでした。ただ、この「2代目」は、音響的な調整を行ったようで、低音域は従来より出やすくなっています。その点、メーカーも「自信」があるようで、SONYの低音重視ブランド名であるEXTRA BASSシリーズの名を冠しました。

 加えて、ソニーの特色でもある、高音域はしっかり聞こえ、聴き疲れしにくいバランスの良さを感じます。

 201805140948.jpg

 Bluetooth無線は、ただし、標準的なSBC規格のほか、無線による遅延に強く、音質の劣化も少ないAAC規格が採用されています。

 AACは、AirPodsにもみられましたが、スマホのほか、ウォークマンなどの再生機器も一般的に対応する規格です。

 圧縮音源の再生について言えば、飛ばす際の音の劣化は少ないでしょう。ただし、音の遅延については、AACでも発生するため「音楽専用」にかぎっておすすめという点は、他モデルと変わりません。

 201711241058.jpg

 ノイズ対策については、この機種の「売り」の部分です。

 SONYはノイズキャンセラの技術水準が高いメーカーです。この機種も、通常のノイズキャンセルのほか、電車のアナウンスなどは聴き取れるようにする外音取り込みボイスモードと、走行中などに周囲の音もある程度聞き取れる外音取り込みノーマルモードが、スマホ操作で選べます。

 その他、マイクが搭載で、ヘッドセットとして利用することができます。

 201711241102.jpg

 連続再生時間は、ステレオ再生で3.5時間と、ONKYOなどのライバル機より長寿命化が図られています。

 バッテリーケースの仕様は先行する他社と同じで、こちらは2回のフル充電に対応します。

 201810061231.jpg

 その他、こちらもIPX4相当の防滴対応です。JBLの方が等級は上ですが、問題ありません。

---

 以上、ソニーのWF-SP700Nの紹介でした。

 半年で早くも「新機種」を出してきたソニーですが、従来的な「ソニーらしさ」がより出ている良機種です。ONKYOが当面のライバルでしょう。

 比較すると、ドライバーサイズは劣りますので、低音の充実度はEXTRA BASS搭載とは言え新機種でもやや劣ります。

 ただ、高音域と低音域がハッキリした「ソニーらしいサウンド」が楽しめます。

 とくに、音質面では、MP3レベルの音質のSBCではなくAACにも対応するため、総合的な音質は差がなさそうです。また、ソニーのノイズキャンセラーの利便性は圧倒的です。

 通勤通学に使うならば、音質よりも外音ノイズ対策と防滴処理をしたこの機種を選ぶメリット性は高そうです。

 【2017年】

 6・ SONY ノイキャン WF-1000X
   ¥20,900 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

 なお、2017年後半に登場した「1代目」がまだ売られています。ただし、防滴処理がないほか、低音についてEXTRA BASSが非搭載です。

 この点から、新機種を選んだ方が良いでしょう。


 201806040951.jpg

 【2017年】

 7・BOSE SoundSport Free wireless headphones
   ¥27,540 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:
コーデック:SBC
連続再生時間:5時間
重さ:9g

 こちらは、アメリカのBOSEが販売する完全ワイヤレスタイプイヤホンです。

 201810061234.jpg

 重量は、9gです。

 試着するとやや大きめであり、それなりに存在感がある仕様です。ただ、ソニー同様に、防滴仕様のスポーツイヤホンとして販売されている機種ですから、フィット感・ジョギング中の安定感は期待できます。密閉性も十分です。

 イヤーピースは、StayHear+ Sportチップが3サイズ添付されます。密閉型で、フィット性は強めですね。

 音質面では、BOSEの伝統でスペックは「非公開」です。

 Bluetooth無線は、SBCです。

 ただし、BOSEは伝統的に低音質ソースのアップコンバート再生に強いメーカーです、そのため、SBC規格で劣化した音源を上手に再生させています。

 しっかりした低音と、中音域と高音域のバランスを持ったBOSEサウンドの傾向をしっかりもっています。音質も、AirPodと聞き比べた場合、ハッキリとした違いが分かり、価格相応に満足できます。

 ただ、SBC規格ゆえに、動画と音声の再生の場合は遅延は起こりやすいでしょう。あくまで、音楽専用端末です。

 ノイズ対策については、この機種は未付属です。

 ただ、おそらく大きめの本体にそれなりの回路をもたせたためか、Airpods並に混線に強い点では定評が出ています。

201802141048.jpg

 連続再生時間は、ステレオ再生で5時間と、かなりのスタミナです。本体が重めの分有利だったのでしょう。一方、充電ケースは、先行他社に準じる仕様で、2回のフル充電が可能です。

-----

 以上、BOSESoundSport Free wireless headphonesの紹介でした。

 やや価格は高めですが、ワンランク上の音質が期待できます。防滴仕様で外れにくいタイプですので、ジョギングなどのさいには特に向く機種です。


 201806041013.jpg

 【2018年】

 8・Bang&Olufsen B&O PLAY Beoplay E8
   ¥29,902 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC・AAC
連続再生時間:4時間
重さ:7g

 こちらは、デンマークのBang&Olufsenが販売する完全ワイヤレスタイプイヤホンです。

 こちらも世界的なオーディオブランドで、固定ファンが多いです。BOSEに比べると(良い意味で)保守的な音響思想を持つメーカーだと思います。

 201810061237.jpg

 重量は、7gです。

 後発のライバル機として、AppleのAirPodより「軽い」ことを意識していそうです。実際、この程度の重さが快適に使える最大重量に近いでしょう。

 防滴処理は、しておらず、雨天には対応しません。ただし、装着感は良いので、外れにくいです。

 201810061238.jpg

 イヤーピースは、シリコンイヤーチップが4サイズです。外国製は、日本人の耳に合わないこともあるので、多ければそれに越したことはないでしょう。

 加えて、低反発のComplyの Sportイヤーピースが「おまけ」で付きます。コアなファンがいるイヤーピースで、試したいと思っていた人も多そうです。

 201810061239.jpg

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が20kHzです。

 ソニーと同程度のスペックですが、比較すると、低音が邪魔をせず、中音域と高音域がスッキリ聞こえます。欧州の音響機器らしく「落ち着いてキレイに聴かせる」大人向きなイヤホンと感じました。

 なお、スマホを使ったイコライジングに対応できます。

 ドライバーも5.7mmと大きさを重視していません。

 Bluetooth無線は、SBCのほかAACに対応します。

 ノイズ対策については、この機種は未付属です。

 連続再生時間は、ステレオ再生で4時間となります。BOSEには及びませんが、SONYより長めです。ただ、SONYはノイキャンがあるので、仕方ない部分はあるでしょう。

----

 以上、Bang&OlufsenBeoplay E8 の紹介でした。あまり「安売り」しないブランドなので価格は、平均より高めです。

 コスパは良くないのですが、とくに中音域が良く、ボーカル曲が聴き疲れせずに聴けそうです。防滴構造や、ノイキャンに非対応など、「保守的な」作りながら、さすがの「北欧デザイン」で、所有欲が湧きます。


 201606170930.jpg

 9・EARIN M-1 Aluminium
  ¥18,980 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC, AAC, aptX
連続再生時間:3時間
重さ:3.5g×2

  EARIN M-1は、クラウドファンディング(キックスターター)から生まれたイヤホンです。

 「完全にワイヤレス」仕様で、左右のイヤホンをつなぐケーブルがないタイプとしては、最もはじめに作られたといえる製品です。

 201810061241.jpg

 重量は、受信部分があるにもかかわらず3.5g(ペアで7g)と軽量です。

 装着感もよく、この点での不満は少ないと思います。イヤーピースも3サイズ同梱されており、装着感もよいです。

 201606171139.jpg

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が20kHzです。

 ソニーと同等です。ただし、インピーダンスは25Ωとなりますので、あまり大きな音で聴くようなモデルではありません。

 Bluetooth無線は、こちらも、SBCのほか、遅延と音質の劣化も少ないAACコーデックに対応します。

 繰り返しますが、Bluetoothは、さほど太い電波回線ではないため、再生機器から本体までは音を圧縮して送るため、対応するコーデックが多いのは重要です。

 201805140948.jpg

 さらに、CD音質の転送ができる、aptXコーデックにも対応するため、より優秀といえます。ただし、aptXはiPhone側が未対応ですので、ウォークマンなどか、Android系のスマホのみ利用できます。

 ノイズ対策については、ノイズキャンセリングは未装備です。

 また、マイクも未搭載で通話機能はありません。

 連続再生時間は、ステレオ再生で3時間と短いです。

 ただ、銀色の専用ケースが予備バッテリーとなっており、ケースに入れておけば75分でフル充電可能です。この部分の欠点を十分に克服していますね。

----

 以上、EARIN M-1 の紹介でした。

 完全ワイヤレスを実現した野心的な製品として魅力です。試用した限り、左右の音ズレはありませんでした。音量バランスも左右で調整できるので、この点は心配無用でしょう。


  201810061243.jpg

 10ERATO ワイヤレスイヤフォン APOLLO7
  ¥22,800 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC, AAC, aptX
連続再生時間:3時間
重さ:4g×2

 Apollo7は、アメリカの新興音響機器メーカーERATOが販売する独立型のイヤホンです。2016年秋月頃から家電量販店の店頭に並びはじめた、新しい製品です。

 201810061245.jpg

 重量は、片側4gとなり、このタイプとしては平均的な重さです。なお、本体がスイッチとなっており、クリック回数などで、音源の再生や停止などの操作が可能な面白い仕組みを持ちます。

 イヤーピースは、他機種と同じく3サイズです。

 こちらは、シリコン素材のイヤーピースと、低反発素材(コンプライ社製フォームチップ600シリーズ)のイヤーピースが同梱されているので、計6個付属します。

 201611291859.jpg

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が20kHzです。この点では、平均的と言えるスペックです。

 ただ、内蔵されるマイクロドライバーの性能に定評があり、特に、中・高音部に質の良さを感じます。高級イヤホンはこの音域にとくに違いが現れやすいですが、この機種の場合も当てはまります。良音です。

 Bluetooth無線は、SBC, AAC, aptX上位のコーデックにも対応します。この部分が弱いと、せっかくのイヤホンの性能が生かせませんが、この機種は問題がありません。

 ノイズ対策については、特段の機能はありませんが、こちらも、マイク内蔵で、ヘッドセットとしても利用できます。

 連続再生時間は、ステレオ再生で3時間となります。

 なお、こちらも、ケースで充電できる仕様で、また、本体完全防水です。悪天候時にも安心して利用できます。

----

 以上、Apollo7の紹介でした。コードレスイヤホンで、音質を重視する場合、現状最も優れた選択肢と言えます。

 優れたコーデックと、ドライバーが「きちんと」採用されているので、多くの人が満足できる音質を得られるでしょう。ただ、価格的に多少高いのがネックですね。


 201806041001.jpg

 11・Yell Acoustic Air Twins
  ¥7,400 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC
連続再生時間:3時間
重さ:5g×2

  Air Twins は、アマゾンなどで人気の独立型のBluetoothイヤホンです。

 Yell Acoustic自体は音響メーカとしては新興のようですが、日本の正規代理店(ロアインターナショナル)経由の製品です。保証は期待できるでしょう。

 201810061248.jpg

 重量は、5gで、重さとしては平均的です。

 イヤーピースは、割と充実して3サイズが1つずつと、低反発素材のイヤーピース計4つが付属です。

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が20kHzです。ドライバーは、ダイナミック型の1WAYと思われますが、ユニットの大きさなどは非開示です。

 Bluetooth無線は、しかし、音質の他遅延問題のあるSBCのみの対応です。ゲームや動画視聴というよりも、音楽に限定して使うべき製品です。

 ノイズ対策については、ノイズキャンセリング機能未装備です。こちらもマイクが搭載で、ヘッドセットとして利用することができます。防水の表示はありません。

 連続再生時間は、ステレオ再生で3時間です。こちらも、専用ケースが充電器を兼ねている仕様です。

---

 以上、 Air Twinsの紹介でした。独立型Bluetoothイヤホンはまだ「ニッチ市場」なので、新興メーカーが大手に立ち向かえる段階で、こうした製品が多く出ています。賑やかなのは良いと思います。

 一方、ドライバーユニットについての情報がないなど、従来的なオーディオファン向け製品といはいえません。どちらかといえば、一般的なスマホユーザーのうち、「新しもの好き」をターゲットにした製品だと思います。


 201806041003.jpg

 12・SOL REPUBLIC AMPS AIR
  ¥14,880 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC
連続再生時間:3時間
重さ:6g×2

  AMPS AIR は、アメリカ西海岸の新興のオーディオメーカーの製品です。日本では輸入商社の完実電気が代理店です。

  201810061250.jpg

 重量は、6g軽量です。

 イヤーピースは、4サイズが1つずつ初期添付されます。

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が20kHzです。規格として、こちらもEARIN と同じレベルです。ドライバーユニットは、6mmとやや小さめで、恐らくダイナミック型の1WAY方式です。

 Bluetooth無線は、こちらも、音質の他遅延問題のあるSBCのみの対応です。

 ノイズ対策については、ノイズキャンセリングは未装備です。

 連続再生時間は、ステレオ再生で3時間です。こちらも、専用ケースが充電器を兼ねている仕様です。

----

 以上、 AMPS AIR の紹介でした。低価格製品は、ドライバーユニットの提供元の関係か、仕様面でほとんど差がありません。正直、選びがたい部分もありますが、おすすめ機種については最後に改めてまとめたいと思います。


 

 13・fFLAT5 Aria One
  ¥15,980 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-18kHz
コーデック:SBC APT-X
連続再生時間:4時間
重さ:----

 fFLAT5 Aria Oneは、日本出自のベンチャー企業が発売する新製品です。

 201810061252.jpg

 重量は、非公開です。しかし、実測で7g-6.5gの普通の重さです。

 イヤーピースは、3サイズ同梱されています。

 シリコン素材のイヤーピースと、低反発素材(コンプライ社製フォームチップ600シリーズ)がそれぞれ1組ずつです。

 201611291832.jpg

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が18kHzです。

 ドライバーは9mmと大きく、とくに振動板は、古河電工のMCPET(超微細発泡光反射板)を利用している点が「売り」です。音に雑味が少なく、価格相応に高音質といえます。

 Bluetooth無線は、CD音質の伝送が可能な圧縮規格であるAPT-Xに対応します。一方、それ以外の規格には対応しませんので、事実上iPhoneでの利用には向かない点に注意してください。

 ノイズ対策については、ヘッドセットとしての利用時に有効な CVCノイズキャンセル機能が搭載です。ただ、音楽再生には関わりません。

 連続再生時間は、ステレオ再生で4時間となります。なお、こちらは、本体完全防水なので、悪天候時にも安心して利用できます。

----

 以上、fFLAT5 Aria Oneの紹介でした。

 振動板など音質に一定のこだわりが見られる独立タイプのイヤホンです。一方、難点は、対応コーデックの少なさで、iPhone系には合わないのが現状残念な部分でしょう。


 201806041039.jpg

 14・Anker Zolo Liberty+
  ¥14,980 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC AAC
連続再生時間:3.5時間
重さ:----

 Anker Zolo Liberty+ は、米国のバッテリーメーカーANKERが発売する完全ワイヤレスイヤホンです。

 同社は最近音響機器にも力を入れていますが、こちらは、キックスターターで「3億円」を集めたZoloの製品を販売しているものなので、正確には「ZOLO」のイヤホンと言えるでしょう。

 201810061255.jpg

 重量は、非公開です。しかし、実測で7g前後の普通の重さです。

 イヤーピースは、シリコン製のイヤーチップが3サイズで同梱です。

 防滴処理は、こちらもなされておりIPX5等級です。

 201806041048.jpg

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が20kHzです。

 他社並みの水準です。ドライバーは6mmです。

 グラフェン素材というところに面白みを感じます。音響工学的に最近欧米の大学で研究されている新素材です。キックスターター初らしいです。音の鮮明感に特徴があります。

 Bluetooth無線は、SBCのほかAACに対応です。一方、通信規格としては、Bluetooth 5.0対応なので、対応機器間の通信安定性は期待できます。

 ノイズ対策については、未対応です。ただ、ジョギング用などに「外音取り込み機能」は搭載です。

 連続再生時間は、ステレオ再生で3.5時間となります。一方、充電ケースはAnkerらしく、最大で48時間という充実したバッテリー量です。

----

 以上、Anker Zolo Liberty+ の紹介でした。最先端のグラフェン素材のドライバーというのが、所有欲をくすぐる製品です。

 最近は、大手が完全ワイヤレスイヤホンに参入してきたので、こうした素材部分の「目あたらしさ」で、「大手に勝負」になっていくのを予感させる製品でした。

ーーー

 201806041059.jpg

 15・Anker Zolo Liberty
  ¥7,999 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC AAC
連続再生時間:3.5時間
重さ:----

 なお、ANKERからは、下位機種としてZolo Libertyも販売されます。

 上位機と比べると、Bluetooth5.0に非対応のほか、充電ケースのバッテリー量が半分です。また、Zolo Lifeというイコライザーなどを調整するためのアプリに非対応となります。

 加えて、ドライバーも5.5mmのグラフェン製ドライバーとやや小さくなります。とはいえ、価格的には「激安」と言って良いですし、グラフェン製ドライバーをこの値段で試せるのは魅力です。


 201810061820.jpg

 【2018年】

 16・JVC XX HA-XC70BT-R
 16・JVC XX HA-XC70BT-B
   ¥14,598 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC
連続再生時間:3時間
重さ:5.5g×2

  XXシリーズは、JVCが満を持して発売した完全ワイヤレスイヤホンです。

 大手音響メーカーでは、最も遅かった会社の1つだと思います。それだけに「市場の隙間を練った」製品です。

 201810061828.jpg

 重量は、片側5.5gと比較的軽い製品です。

 イヤーピースは、シリコン製のイヤーチップが3サイズで同梱です。

 防滴処理は、こちらもなされておりIPX5等級です。

 201810061829.jpg

 音質面では、再生周波数帯域が、低音域が20Hz高音域が20kHzです。

 この製品の場合、大きなエクストリームディープバスポートが採用されているのが特長で、音が籠もらず、伸びやかな低音です。

 高音域も悪くないですが、バスブーストモードを使用したときの重低音の充実度が、やはりこの機種の「売り」ですね。 

 Bluetooth無線は、SBCのほかAACに対応です。

 ノイズ対策については、未対応です。ただ、ジョギング用などに「外音取り込み機能」は搭載です。

201810061835.jpg

 連続再生時間は、ステレオ再生で3時間となります。やや短いですが、12時間分の充電が可能なケースが付属します。

----

 以上、JVCXXシリーズの完全ワイヤレスイヤフォンの紹介でした。

 良質の低音が得られる製品としては、BOSESoundSport Freeが先発です。ただ、やや価格が高く手を出せなかった方に、この機種は「待ちに待った」製品ではないでしょうか。

 音質的に尖った作りなので、万人にはオススメしませんが、ニーズは確実にあるでしょう。実際売れています。

今回の結論
音楽用の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめはこの機種!

 というわけで、今回は音楽用の完全ワイヤレスヘッドホンを比較しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、通勤など移動中に利用する場合におすすめできる完全ワイヤレスイヤホンは、

 201806040932.jpg

 【2018年】

 5・ SONY ノイキャン WF-SP700N BM
   ¥19,500 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC・AAC
連続再生時間:3.5時間
重さ:7.6g

 ソニーの WF-SP700N でしょう。

 防滴処理を施した上で、定評のあるノイズキャンセラーを装備する点を評価しました。現状でこれを両立しているのは、この機種だけですから。

  201810061229.jpg

 その上で、AirPodsに較べても遮音性が高いため、移動中に使うにはとても向いた機種です。SBC規格に加えてAAC規格も対応しますし、日々の通勤に独立タイプを使うならばこちらでしょう。

 音質的にも、「2世代目」のこちらは、高音域と低音域が充実しているため、移動しながら利用するだろう、この手の製品には向くと思います。

 どれにするから迷ったら、総合力の高いこの機種が良いでしょう。


 第2に、アクティブな活動に組む、完全ワイヤレスイヤホンは、

 201806040951.jpg

 【2017年】

 7・BOSE SoundSport Free wireless headphones
   ¥27,540 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:
コーデック:SBC
連続再生時間:5時間
重さ:9g

 BOSESoundSport Free wireless headphonesでしょう。

 音質面ではSBCですが、BOSEは圧縮音源レベルでも高音質に聴かせる独自技術があり、実際、「高級完全ワイヤレスヘッドホン」のなかでも、聞き応えは抜群な機種の一つです。

 201810061234.jpg

 その上で、外れにくい形状と、Bluetoothの断線の少なさは定評があるため、この用途においては「最強」と言えそうです。


 第3に、左右独立タイプのイヤホンを、気軽な値段で試して見たい新しもの好きの方には、

 201806040922.jpg

 【2017年】

 2・JBL FREE JBLFREEBLKBT
   ¥12,364 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

 3・JBL FREE JBLFREEWHTBT
   ¥12,380 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:10Hz-22kHz
コーデック:SBC
連続再生時間:4時間
重さ:7.5g

 JBL FREEでしょう。新機種ですが1万円前後で試せる機種です。

 201810061218.jpg

 だいたい同じ価格のApple AirPodsと比較しても利便性は同等なうえ、カナル密閉型なので、没入感も高いです。

 後発の利点で徹底的に研究したからでしょう。予算が限られた状況で探す場合は、価格以上の価値がある製品だと思います。

ーーー

  201806041039.jpg

 14・Anker Zolo Liberty+
  ¥14,980 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC AAC
連続再生時間:3.5時間
重さ:----

  201810061255.jpg

 一方、予算を1万円以下で考える場合は、Anker Solo Libertyが面白そうです。

 グラフェン製ドライバーの利用という明確な「チャームポイント」がありますから。AACにも対応しますし、価格以上の価値観があると思います。

 バッテリー量もANKERらしく充実しますし、入門機として優れるでしょう。


 第4に、左右独立タイプのイヤホンで、音質が最も期待できそうなのは、

 201606170930.jpg

 9・EARIN M-1 Aluminium
  ¥18,980 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC, AAC, aptX
連続再生時間:3時間
重さ:3.5g×2

 本体価格のほか、対応するコーデックの多さと、相対的な音質のクリアさを評価すれば、EARIN M-1が最も良いと思います。

 201810061241.jpg

 ONKYOなど、専門的な音響機器メーカーからは、よりドライバーの性能が良さそうな製品が出ています。しかし、コーデックの部分が及ばない状況で、相対的にはこちらの方が上位と評価しました。

ーーー

  201810061243.jpg

 10ERATO ワイヤレスイヤフォン APOLLO7
  ¥22,800 Amazon.co.jp (10/6執筆時)

再生周波数帯域:20Hz-20kHz
コーデック:SBC, AAC, aptX
連続再生時間:3時間
重さ:4g×2

201810061245.jpg

 ただ、予算があれば、APOLLO7もおすすめです。

 音響機器メーカー純正の商品であり、ドライバーなどの部品が洗練されているため、音質面では、ワンランク上です。完全にコードレスタイプならば、音質は現状これが最高でしょう。

補足:イヤホン・ヘッドホン関連記事の紹介

 というわけで、今回は、完全ワイヤレスイヤホンの紹介でした。

 201810061305.jpg

 なお、このブログ「モノマニア」には、ヘッドホン・イヤホンについて、他に、以下のような比較記事があります。

1・Bluetoothヘッドホンの比較
2・Bluetoothイヤホンの比較
3・完全ワイヤレスイヤホンの比較
4・ハイレゾヘッドホンの比較
5・ハイレゾイヤホンの比較
6・ノイキャンヘッドホンの比較

7・Beatsのヘッドホンの比較
8・ライトニング端子イヤホンの比較
9・ウェアラブルネックスピーカーの比較
10・おすすめヘッドホンの選び方 【結論】

 ワイヤードモデルなども含めて探しているかた、よろしければ、これらの記事をご覧ください。

 また、10番の記事は、全記事の「まとめ」として、どのようにイヤホンを選ぶべきか、スペック表の読み方などをまとめています。

 よろしければご覧ください。

 201809170924.jpg

アップルの iPod touchの比較
2・ソニーのウォークマンの比較
3・ハイレゾ対応ポータブルアンプ

 また、このブログには、他にもオーディオ関係の記事がありますので、こちらもよろしくお願いします。

 今回の記事がお役に立ったようならば幸いです。Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 13:08 | オーディオ製品

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png