Top 日用品 比較2021’【強くて軽量】折りたたみ傘46点のおすすめ:男女対応 (2):撥水性・遮光性重視モデル編

2021年06月10日

比較2021’【強くて軽量】折りたたみ傘46点のおすすめ:男女対応 (2):撥水性・遮光性重視モデル編

【今回レビューする内容】2021年 折りたたみ傘の性能とおすすめ・選び方:男性用・女性用

【今回評価する製品型番】WPC アンヌレラUNNURELLA MINI 60 AUTOMATIC un003 UN-003 HANDOPEN un002 UN-002小宮商店 ミラトーレ 998215-57 688028-04BK 688193-24BK mabu 12本骨折りたたみ傘 江戸 SMV-40541 ストレングスミニ AUTO SMV40371 Bodyguard 折り畳み傘 ワンタッチ自動開閉 TSUNEO ワンタッチ SAN mont-bell ロングテイルトレッキングアンブレラ hands+ 1級遮光 自動開閉 折りたたみ傘 55cm 1級遮光 新簡単開閉折りたたみ傘 50cm 軽量1級遮光日傘 53cm 全天候型簡単開閉折傘2 60cm 55cm hands+ 超軽量一級遮光折りたたみ傘 60cm バックパックを守れる折傘 55cm   hands+ 超撥水折りたたみ傘 55cm

今回のお題
軽量で頑丈な折りたたみ傘のおすすめはどの製品?

 どもAtlasです。

 今回は、2021年6月現在、最新の折りたたみ傘(男性用・女性用)の比較の2回目記事です。

  201806251103.jpg

1・折りたたみ傘の比較 (1)
 1-1:定番の傘(クニルプス)
 1-2:軽さ重視の傘
 1-3:耐風性重視の傘
2・折りたたみ傘の比較 (2)
 2-1:撥水性重視の傘
 2-2:遮光性重視の傘
 2-3:そのほかの傘
3・折りたたみ傘の比較 【結論】
 =予算別・目的別おすすめ製品の提案

  201806250957.jpg

 前回の1回目記事では、高級折りたたみ傘の定番とえるドイツの「クニルプス社」の傘を総覧した後、各社の、軽さ重視の折りたたみ傘と、耐風性重視の折りたたみ傘をみました。

 201911201939.jpg 

 今回の2回目記事では、前回紹介できなかった「撥水性重視の折りたたみ傘」や「遮光性重視の折りたたみ傘」を追加で見ていきます。

 一応、どこから読んでも分かるようにしましたが、(折りたたみ傘の発明企業でもある)ドイツのクニルプスの製品をだいたいの比較基準に構成しています。

 そのため、検索エンジンからいらしてくれた方は、1回目記事こちら)からお読みいただいたほうがわかりやすいかもしれません。

 よろしくお願いします。

4・撥水性の良い折りたたみ傘の比較

 201911201843.jpg 

 はじめに、傘の撥水性に特色があり、雨天時、収納する際に「水滴落としが簡単な」製品を紹介します。

---

 なお、前回と同じように、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチとおもう部分を青字で記していきます。


 201801221217.jpg

 28・hands+ 超撥水折りたたみ傘 55cm
   ¥5,049 楽天市場(東急ハンズ店) (6/10執筆時)

サイズ:98cm(実寸)
重量:280g
傘の骨:6本
収納時長さ:長さ28.5×5cm
自動開閉:
UVカット:
耐風力:

 hands+ 超撥水折りたたみ傘は、東急ハンズが販売しているオリジナルの折りたたみ傘です。

 カラーバリエーションは、どちらかといえば暗い色目の製品が多く、男性向きのラインナップです。

 201911201926.jpg

 撥水性は、この製品の特長です。

 東急ハンズの撥水性重視の傘は、日本の高機能繊維メーカーである東レの対磨耗撥水素材を利用しています。恐らく、キューダスだと思われます。

 防水スプレーでの手入れなしに、ある程度、撥水性がキープされるため、水はじきを重視したい場合には良い選択肢です。

 201911201923.jpg

 広げた時の傘のサイズは、実寸で98cmです。

 男性用の一般サイズです。

 収納時のサイズは、長さ28.5×5cmです。

 傘の開閉は、マニュアル式です。

 重さは280gです。

 軽量性はそれなりに重視した設計と言えます。

 傘の強度は、しかし、通常の6本骨であり、強風対策をされた傘ではありません

 紫外線カットは、特に記述はないです。

---

 以上、hands+ 16の紹介でした。

 東急ハンズの折りたたみ傘は、撥水性について従来から定評があります。

 この点を重視して、自動開閉モデルを選ぶならば、この製品は選択肢になるでしょう。ただし、剛性がイマイチなので、他モデルとの比較は重要です。


 201905061522.jpg

 【自動開閉】UNNURELLA MINI 60 AUTOMATIC

 29・WPC アンヌレラ ミニ un003 UN-003
   ¥5,940 楽天市場(WPC直営店) (6/10執筆時)

サイズ:直径100cm
重量:265g
傘の骨:5本  
収納時長さ:長さ31cm×5.5cm
自動開閉: 対応
UVカット: 90%
耐風力:  


 202006021618.jpg

 【手動開閉】UNNURELLA MINI 60 HANDOPEN

 30・WPC アンヌレラ ミニ un002 UN-002
   ¥4,620 楽天市場(WPC直営店) (6/10執筆時)

サイズ:直径106cm
重量:220g
傘の骨:6本
収納時長さ:長さ27cm×5.5cm
自動開閉:
UVカット: 90%
耐風力:  

 アンヌレラは、レイングッズを多く開発している日本のWPCが発売する製品です。

 東急ハンズでも売られている製品で、人気もあります。

 201712241314.jpg

 撥水性は、この機種も良く、実際、商品名の由来は傘の撥水性生地からです。

 石川県の小松精練と共同開発した撥水度試験5等級の高密度繊維を利用しています。

 そのため、防水・防汚効果を期待できます。撥水性は、通常のテフロン加工以上で、「すぐに雫が落ちる」ことで有名です。

 202106102045.jpg

 カラーバリエーションは、結構多いです。

 以前は、明るい色目が多いですね。

 傘の開閉は、マニュアル式自動開閉式が選択可能です。


 広げた時の傘のサイズは、自動開閉式100cmです。

 女性に限らず、男性の常備用にもなります。

 マニュアル式だと、106cmですから、かなり大きめで濡れにくいでしょう。

 収納時のサイズは、自動開閉モデルが長さ30cmです。

 手動開閉の場合、26cmと少し短めとなります。

 重さは、自動開閉モデルでも260gと割と軽いです。

 202106102107.jpg

 傘の強度は、一方、本機は注意点です。

 マニュアル式は「並」といえる6本骨ですが、自動開閉対応モデルが、5本骨です。

 傘の骨削減にコストカットか、軽量化のためかは判断しにくいですが、いずれにしても、耐久性を考えると、大幅にマイナスでしょう。

 紫外線カットは、 UV遮蔽率90%ですので、そこそこ水準で対応となります。

---

 以上、アンヌレラの紹介でした。

 使用後の手入れの楽さが画期的で売れている製品です。Atlasも実験してみましたが、しっかり弾きました。

 高密度ナイロンを採用している関係で、手脂などで当初の撥水性は減衰していきます。水洗いと裏からのアイロン掛けである程度復活しますが、永久に水を弾くわけではない点は注意点と言えます。

 一方、この部分は、どうにかなるとしても、自動開閉対応モデルについては特に骨が少ないので、撥水性の部分ほか、耐久性の部分でも、あまり長くは使えない気がします。


 201911201934.jpg

 【10本骨】

 31・小宮商店 ミラトーレ 折り畳み傘 998215-57
   ¥13,200 Amazon co.jp (6/10執筆時)

サイズ:105cm(実寸)
重量:315g
傘の骨:10本(耐風仕様
収納時長さ:長さ38cm
自動開閉:
UVカット:
耐風力:  

 ミラトーレは、日本の小宮商店が製造する、高級折りたたみ傘です。

 同社の場合、格安品は海外工場ですが、このレベルについては、老舗だけに国産しています。

 201911201939.jpg

 撥水性は、この製品の特長です。

 生地にミラトーレを利用します。東レの高級高密度繊維ですが、撥水性が定評があるほか、その持続性についても、折り紙付きです。

 難点は、やや素材が高額な部分ですが、仕方ないでしょう。

 202002201739.jpg

 広げた時の傘のサイズは、105cmです。

 男性用としても、やや大きめで濡れにくいサイズです。

 201911201945.jpg

 収納時のサイズは、長さ38.cmです。

 長めであり、この部分は欠点です。

 ただ、この傘は、畳まずとも、溝に収まる独特な構造なので、大雨で利用したのちは、乾くまで、普通の傘のように持ち運べる点は、面白いです。

 傘の開閉は、マニュアル式です。

 重さは、315gですから、それなりにあります。

 201911201947.jpg

 傘の強度は、一方この機種は「10本骨のグラスファイバー」です。

 8本以上は、骨が多いほど耐久性が高いとも言えない部分もありますが、それでも耐風性能は強調されます。

 紫外線カットは、特に記述はないです。

---

 以上、小宮商店のミラトーレ傘の紹介でした。

 大きめのA3ブリーフケースを使っている方など、38cmの長さが問題とならない場合、撥水性の部分では最も良い選択肢でしょう。

 また、使用後に、普通の傘としても持ち歩ける点は、言い換えれば、レストランなどの「傘立てに入れられる」わけで、この部分を含めて、利便性も高い製品です。

 さすがに、傘専門店と思わせる製品でした。


 202002201534.jpg

 【8本骨】

 32・小宮商店 ミラトーレ 2段折り 折り畳み傘 58cm 8本骨
   ¥14,300 楽天市場(小宮直営) (6/10執筆時)

サイズ:101cm(実寸)
重量:320g
傘の骨:8本
収納時長さ:長さ44cm
自動開閉:
UVカット:
耐風力:  

 こちらも、日本の小宮商店が製造する、高級折りたたみ傘です。

 201911201939.jpg

 撥水性は、この製品も、生地に東レのミラトーレを利用します。

 撥水性は定評があり、性能は期待できます。

 202002201539.jpg

 広げた時の傘のサイズは、101cmです。

 先ほど紹介した製品と比較すると小さいですが、それでも男性用としても大きめです。

 また、こちらも2段折りですが、写真のように「トップレス二段」な傘骨なので、収納時に、骨を「カチカチ」おらずに簡単に収納できる工夫があります。

 収納時のサイズは、長さ44.cmです。

 形状的にステッキがあるため、仕方ないでしょう。

 傘の開閉は、マニュアル式です。

 重さは、320gです。

 202002201546.jpg

 傘の強度は、8本骨のグラスファイバーです。

 一般的に言って、十分な強度です。

 紫外線カットは、特に記述はないです。

 雨傘として作られています。

---

 以上、小宮商店 ミラトーレ 58cmの紹介でした。

 先ほど紹介した「10本骨のミラトーレ」とは狙いが異なりますが、さしているときに「綺麗にみえる傘」だと思います。

 収納性を誇る機種ではないですが、それ以外の部分は「バッチリ」な製品です。プレゼントにも喜ばれそうです。


 201911201834.jpg

 【マニュアル開閉】

 33・小宮商店 70cm 688193-24BK
   ¥4,200 Amazon co.jp (6/10執筆時)

サイズ:122cm
重量:220g
傘の骨:8本
収納時長さ:長さ27cm
自動開閉:
UVカット:
耐風力:   

 34・小宮商店 65cm 688028-04BK
   ¥4,224 Amazon co.jp (6/10執筆時)

サイズ:114cm
重量:195g
傘の骨:8本
収納時長さ:長さ30×6cm
自動開閉:
UVカット:
耐風力:    

 688028-04シリーズは、日本の老舗傘メーカー小宮商店の製品です。

 こちらは、高級品以外にも、海外工場で生産した格安品も多く扱っています。

 2種類ありますが、特徴的な70cmサイズについて紹介します。

 カラーバリエーションは、シックな配色が多いです。

 201911201838.jpg

 広げた時の傘のサイズは、122cmです。

 傘の開閉は、ただし、マニュアル式です。

 重さは、それでいて220gです。

 自動開閉ではないマニュアル開閉ですが、このサイズで、この重さは、かなり珍しいです。

 201911201843.jpg

 薄い生地に撥水加工を施した製品は同社の得意とするところですが、小型ではなく、大きな傘に搭載したのは「面白い」です。

 収納時のサイズは、長さ30cmです。

 傘のサイズを考えれば、短めです。自動開閉がない製品は、収納性にもある程度強みがでる印象です。

 202106111401.jpg

 傘の強度は、軽量な分気になるところです。

 しかし、しっかり「8本骨」です。さらに、親骨にカーボンファイバーを利用します。

 剛性と重さに特長がある製品です。ただ、クニルプスの部分でも書いたように、太さも関係するので、必ずしも、これだけで「上位素材」というわけではないです。

 こちらの場合も、「軽量化」のため使っているので、堅牢性重視のモデルに比べると細めです。

 紫外線カットは、特に記述はないです。

---

 以上、小宮商店の688028-04シリーズの紹介でした。

 格好良い「自動開閉」は諦める必要はあると言え、この軽量性とこのサイズは、あきらかに見どころです。

 堅牢性の部分でも「カーボン8本骨」は頼りになるでしょう。

5・紫外線カットに強い傘の比較

 続いて、紫外線カットに対応し、晴雨兼用となる傘を紹介します。

 なお、ここまでも「晴雨兼用」できる製品は紹介してきましたが、こちらについては、「主に日傘として利用する方向け」で、雨天にも(まあ)対応できる製品となります。


 202106102126.jpg

 35・ hands+ 超軽量一級遮光折りたたみ傘 60cm
   ¥4,730 楽天市場(東急ハンズ店) (6/10執筆時)

サイズ:約105cm(実寸)
重量:179g
傘の骨:6本    
収納時長さ:約長さ30×7cm
自動開閉:
UVカット: 99.99%
耐風力:

 hands+ 超軽量一級遮光折りたたみ傘 は、東急ハンズが販売しているオリジナルの折りたたみ傘です。

 季節商品なので、秋冬は入荷がない時期があります。晴雨兼用なので、梅雨前後にはかなり人気になる定番モデルです。

 撥水性は、本製品については、特段の記述はないです。

 ただ、ポリエステルなので、手入れは楽でしょう。

 広げた時の傘のサイズは、実寸で約105cmです。

 女性用の日傘と考えると、大きめで、機能性重視です。

 202106102134.jpg  

 収納時のサイズは、実寸ですが約長さ30×7cmです。

 傘の開閉は、マニュアル式です。

 ただ、ワンアクションで開ける簡単開閉骨は採用ですし、日傘ならばまあ、自動で閉まらなくても良いかとも思います。

 重さは、179gです。

 名前に違わず、軽量です。

 遮光性は必ずしも、記事を厚くする必要がないので、軽量化が可能です。

 202106102137.jpg  

 傘の強度は、通常の6本骨です。

 特段の、強風対策をされた傘ではありません

 ただ、「おちょこ」になっても壊れにくい構造との指摘はあります。

 202106111401.jpg

 おそらく、親骨にグラスファイバーではなく、カーボンファイバーを使ったことを示すのだと思います。

 紫外線カットは、商品名通り、「1級遮光」です。

 むしろカーテンでよく聞く指標ですが、遮光率99.99%以上であり、この部分では、最高です。

---

 以上、hands+ 超軽量一級遮光折りたたみ傘 の紹介でした。

 晴雨兼用傘は、いくつか紹介してきましたが、「日傘メイン」で、非常時に「雨傘」という漢字ならば、本機は候補でしょう。

 生地感も日傘として違和感ない質ですし、この用途ならば、有力な候補です。

ーーー

 202106102144.jpg

 36・hands+ 軽量一級遮光日傘 53cm
   ¥2,750 楽天市場(東急ハンズ店) (6/10執筆時)

サイズ:約95cm(実寸)
重量:199g
傘の骨:6本    
収納時長さ:長さ28.5×7cm
自動開閉:
UVカット: 99.99%
耐風力:

 なお、本機より安い軽量一級遮光日傘53cmという製品もあります。

 こちらの場合、小さめなほか、簡単開閉骨は採用されず、傘骨も普通のグラスファイバー製です。

 これらの店で、単純に「廉価版」といえます。



  202006021451.jpg

 37・hands+ 1級遮光 新簡単開閉折りたたみ傘 50cm
   ¥4,730 楽天市場(東急ハンズ店) (6/10執筆時)

サイズ:約90cm(実寸)
重量:290g
傘の骨:6本    
収納時長さ:長さ30×5cm
自動開閉:
UVカット: 99.99%
耐風力:

 hands+ 1級遮光 新簡単開閉折りたたみ傘 50cm も、東急ハンズが販売している折りたたみ傘です。

 こちらも 晴雨兼用です。

 撥水性は、こちらも、素材的に特段の記述はないです。

 ただ、こちらは、ポリエステル繊維のほか、20%の綿が入るので、しっかり乾かした方が良いかと思います。

 広げた時の傘のサイズは、実寸で90cm前後です。

 先ほどの製品と比較して、携帯性を重視しています。

 202006021500.jpg

 収納時のサイズは、3段折りで長さ30×5cmです。

 傘の開閉は、ただし、マニュアル式です。

 こちらも、新簡単開閉構造採用です。

 重さは、290gです。

 コンパクトな分、すこしだけ軽量です。

 傘の強度は、こちらも強風対策をされた傘ではありません

 202006021501.jpg

 紫外線カットは、商品名通り、「1級遮光」です。

 カラフルな色合いですが、裏手が遮光性の高いブラックになっています。

 遮光率99.99%以上であり、最高です。

---

 以上、hands+ 1級遮光 新簡単開閉折りたたみ傘 50cm の紹介でした。

 やはり、「日傘メイン」の利用で、非常時のみ雨天という製品です。

 カラフルなので、ファッション性重視で、小さめを探している方には、オススメできます。


  202009051258.jpg

 38・hands+ 全天候型簡単開閉折傘2 60cm
   ¥5,830 楽天市場(東急ハンズ店) (6/10執筆時)

サイズ:約105cm(実寸)
重量:335g
傘の骨:6本    
収納時長さ:長さ28×7cm
自動開閉: 99.99%
耐風力:

 39・hands+ 全天候型簡単開閉折傘2 55cm
   ¥5,390 楽天市場(東急ハンズ店) (6/10執筆時)

サイズ:約98cm(実寸)
重量:300g
傘の骨:6本    
収納時長さ:長さ26×6.5cm
自動開閉:
UVカット: 99.99%

 hands+ 全天候型簡単開閉折傘2 も、東急ハンズが販売している折りたたみ傘です。

 2020年に「第二世代」になり、軽量化されています。

 こちらも 晴雨兼用です。

 202006021539.jpg

 撥水性は、本機については、配慮があります。

 生地に東レのサマーシールドを使っています。

 こちらは、遮熱性が高くUVカットのために使われますが、テント素材にも使われるもので、先ほど書いた綿混の製品より、ある程度、撥水性が期待できます。

 広げた時の傘のサイズは、2製品で異なります。

 いずれも、サイズ感からすると、雨でも十分に使えます。

 収納時のサイズは、60cmモデルで、長さ28×7cmです。

 少し長めですが、問題ないでしょう。

 傘の開閉は、普通のマニュアル式です。

 重さは、60cmサイズで335gです。

 マニュアル式の日傘としては少し重めで。

 サマーシールドという高性能繊維を使うためでしょうが、軽量性については、やや犠牲になります。

 202006021546.jpg

 傘の強度は、一方、本製品は6本骨です。

 実は、「第一世代」は図のように8本骨でした。先述のように、生地的に重いので、第二世代では骨の本数を減らしたのだと思います。

 紫外線カットは、本製品も「1級遮光」です。

 サマーシールドは、特殊三層ラミネート構造で「遮熱性」という追加効果もあります。

---

 以上、hands+ 全天候型簡単開閉折りたたみ傘の紹介でした。

 名前の通り「全天候型」な傘です。ただ、マニュアル開閉式にしては重めなので、用途は選ぶでしょう。

 例えば、車に入れっぱなしなどには良いでしょう。そのほか、自宅から日傘としてさし歩きつつ、店などでは姉妹、また、急な夏の夕立に対応、というニーズにも良いかもしれません。

6・その他の傘の比較

 最後に、ここまで見てきたような特長とは異なるが、機能性やデザイン面で「一芸」があるといえる傘を数種類紹介します。


 201801221157.jpg

 【木製ハンドル】

 40・FOX UMBRELLAS TELESCOPIC TEL1
  ¥8,280 Amazon co.jp (6/10執筆時)

  201810210945.jpg

 【破竹製ハンドル】

 41・FOX UMBRELLAS TELESCOPIC TEL4
  ¥11,280 Amazon co.jp (6/10執筆時)

サイズ:直径105cm
重量:450g
傘の骨:10本骨
収納時長さ:長さ45×7cm
自動開閉:
UVカット:
耐風力:

 テレスコピック TEL1は、英国のフォックスアンブレラの折りたたみ傘です。

 「王室御用達」傘メーカーとして有名で、国際的にも評価の高いブランドです。昔ながらの職人の手作業で作られる傘として、このメーカーは有名です。

 百貨店の正規輸入品は、この倍ほどの値段ですが、こちらは並行輸入品で割安です。

 Amazonで販売しているChelsea Gardens UKは、ニチエイ・リミテッド という老舗の貿易会社です。出所がハッキリしており、偽物リスクは低いでしょう。

 カラーバリエーションは、黒を基本として、ブラウン系が2色です。なお、この製品は、伝統的な製品と言うことで「マニュアル開閉」です。


 201801221202.jpg  

 広げた時の傘のサイズ直径105cmと大きめです。

 傘の開閉は、マニュアル式です。

 クラシックな傘ですから、これでOKでしょう。

 重さは、450g重量感はあります。

 201806251100.jpg

 収納時のサイズは、こちらについては、2段折りで収納時の長さは45cmです。

 2段折りは扱いやすく、キレイに巻きやすいですが、バッグに入れて持ち運ぶのではなく、手で携帯して「ファッション」として持ち歩くものです。

 202106111401.jpg

 傘の強度は、スチール製の10本骨です。

 イギリスに台風はないですが、風は強いので、しっかりスチールです。

 ただ、骨も10本もあれば、(乱暴にささなければ)簡単には壊れないでしょうし、そうした使い方ができる方のための製品です。

 紫外線カットは、特に記述はないです。

---

 以上、テレスコピック TEL1の紹介でした。

 ここまでは機能性重視のブランドを主に紹介しましたが、フォックスアンブレラは、「古式ゆかしい」伝統を重視するタイプのブランドです。

 軽量性・携帯性などは期待できませんが、世界的・歴史的な傘を「ファッション」として持ち歩きたいならば、良い選択肢です。


 201911201802.jpg

 42・mabu 12本骨折りたたみ傘 江戸 SMV-40541
   ¥3,849 Amazon co.jp (6/10執筆時)

サイズ:95cm
重量:320g
傘の骨:12本    
収納時長さ:長さ28cm
自動開閉:
UVカット:
耐風力:   

 12本骨折りたたみ傘 江戸は、SMV JAPANがMabuというブランドで販売している製品です。

 カラーバリエーションは、和風な配色が多いですが、カラフルです。

 201911201803.jpg

 広げた時の傘のサイズは、98cmです。

 男性ならば「おおきめ」、女性ならば「かなり大きい」と感じるサイズでしょう。

 雨には濡れにくそうです。

 202106102157.jpg

 なお、このシリーズは、江戸切子をモチーフとした伝統柄と、日本の伝統色をモチーフとした製品で、この部分が「受けて」います。

 収納時のサイズは、長さ28cmです。

 収納性は良いです。

 重さは、320gです。

 軽量性重視の他社製品と比較すると、それなりに重量はあります。

 また、自動開閉モデルではない点をふまえれば、あきらかに、重いです。

 201911201806.jpg

 傘の強度は、こちらも親骨にグラスファイバーを利用します。

 その上で、傘の骨は和傘のように「12本骨」です。

 ただし、多軸はどちらかと言うと、和傘に寄せるためのデザイン上のためで、同社の他製品のように「耐風性能」は強調されない製品です。

 強風で「おちょこ」になったときの回復力を考えると、12本骨は必ずしも「最強」ではないからでしょう。

 紫外線カットは、特に記述はないです。

---

 以上、mabu12本骨折りたたみ傘 江戸の紹介でした。

 和傘的な製品で、折りたたみ傘というのは「珍しい」です。ある種のファッション性もありますので、この部分を重視するならば、選択肢になるでしょう。

 ただ、耐久力を期待しての製品ではない点には注意が必要です。


 202002201555.jpg

 【執筆時売り切れ】

 43・Bodyguard 折り畳み傘 body05
  (¥1,799) Amazon co.jp (6/10執筆時)

サイズ:直径105cm
重量:445g
傘の骨:11本
収納時長さ:直径6cm×長さ32cm
自動開閉:対応
UVカット:
耐風力:   

 Bodyguard 折り畳み傘は、Amazonで売られている、折りたたみ傘です。

 中国のメーカーですが、2016年の発売以来、相当数売れている製品です。

 なお、2020年に型番が変わりました。

 201911202031.jpg

 広げた時の傘のサイズは、説明には 「118cm」とあります。

 しかし、これは曲線に沿ったサイズです。直径105cmです。

 だいたいクニルプスのT.300と同じほどのサイズで、男性用の「大きめの傘」といえます。

 重さは、445グラムです。

 決して軽いとは言いませんが、クニルプスのT.300に比べて健闘しているとも言えます。

 201911202030.jpg

 収納時のサイズは、ただし、32センチと大ぶりです。

 傘の開閉は、こちらも、自動開閉ボタンが付きます。

 傘の強度は、クニルプス系の8本骨に対して10本骨で、こちらもグラスファイバー製の骨を使用しています。

 強度が相当程度保証されているのが、ネットで人気がある最大の理由でしょう。ただ、総合的な剛性は、シャフト部分などに工夫がある8本骨のクニルプスと同等でしょう。

 201911202029.jpg

 撥水性は、この製品は、テフロン加工の記述があります。

 紫外線カットは、特に記述はないです。

---

 以上、Bodyguard 折り畳み傘の紹介でした。

 現物を使用しましたが、剛性は十分で、実力はある傘で、コスパは相当の魅力です。

 ただ、同サイズの傘に比べて、収納時に32cmと大ぶりな点と、縫製や特に傘のマジックテープの部分が貧弱である点など、「ブランド品」に敵いません。

 また、ずっしりと重さがあるため、普段の携帯用と言うより、自動車などのダッシュボードへの携帯に本来的に向く製品ですね。


 202002201605.jpg

 44・TSUNEO 折りたたみ傘 ワンタッチ SAN
 44・TSUNEO 折りたたみ傘 ワンタッチ kasa
    ¥2,380 Amazon co.jp (6/10執筆時)

サイズ:直径103cm
重量:480g
傘の骨:12本
収納時長さ:長さ33cm
自動開閉:対応
UVカット:
耐風力:   

 TSUNEOも、Amazonで売られている、折りたたみ傘です。

 こちらも中国製品です。Amazonでは、モバイルバッテリーの輸出販売でも目立っているところですね。

 202002201611.jpg

 広げた時の傘のサイズは、103cmです。

 男性用として、広めと言えるでしょう。

 重さは、480グラムです。

 傘のサイズは大きめとはいえ、あまり重視されない造りです。

 収納時のサイズは、ただし、33センチと大ぶりです。

 傘の開閉は、こちらも、自動開閉ボタンが付きます。

 202002201614.jpg

 傘の強度は、あまり見たことのない12本骨です。

 親骨はグラスファイバーですので、素材的に問題ありません。

 ただ、先述のように、8本以上あっても、耐久力が本数なりに向上するかは、疑問の余地があります。

 国内大手が、いたずらに本数を増やさないには、重さが増すだけと考えているからでしょう。

 撥水性は、加工自体はされていませんが、1枚地、高密度のポリエステルタフタですので、配慮はあります。

 紫外線カットは、特に記述はないです。

---

 以上、SUNEOの傘の紹介でした。

 面白い見映えですが、ずっしり重い点と、素材的にシワがより安い点がネックとなるでしょう。


 202006021629.jpg

 45・hands+ バックパックを守れる折傘 55cm
   ¥3,740 楽天市場(東急ハンズ店) (6/10執筆時)

サイズ:約98cm
重量:300g
傘の骨:6本   
収納時長さ:
自動開閉:対応
UVカット:90%
耐風力:   

 hands+ バックパックを守れる折傘 55cm は、東急ハンズの販売するニッチな折りたたみ傘です。

 202006021635.jpg  

 広げた時の傘のサイズは、(後ろの出っ張りを含めず)約98cmです。

 形状からわかるように、リュックサックやバックパックを濡らさないことを主眼に置く製品です。

 もともと大きな傘なので、、後ろも濡れないが前も濡れにくいと言えます。

 重さは、300グラムです。

 大きめなので仕方ないですが、軽量ではないです。

 202006021637.jpg

 収納時のサイズは、情報非開示です。

 傘の開閉は、マニュアル式ですね。

 傘の強度は、形状が変則的な7本骨です。

 読めませんが、値段綿からしても、この部分が重視されているとは必ずしも言えないでしょう。

 撥水性は、特別な加工はありません。

 紫外線カットは、90%以上と高めです。

---

 以上、hands+ バックパックを守れる折傘 55cm の傘の紹介でした。

 確実にバックパックを濡らさないだろうサイズなので、この目的には適うでしょう。

 「一芸」での一点突破型の製品ですが、それなりに安いため、気軽に試せそうです。

---

 202002201520.jpg

 【#1128553】

 46・mont-bell ロングテイルトレッキングアンブレラ
  ¥5,500〜 モンベル直販 (6/10執筆時)

サイズ:直径92cm
重量:145g
傘の骨:8本   
収納時長さ: 直径5cm×長さ26cm
自動開閉:
UVカット:
耐風力:   

 一方、モンベルの「ロングテイル トレッキングアンブレラ」も、コンセプトとしては似ており、面白い傘です。

 ただし、重さはかなり軽量で、登山などのアウトドア向けの設計です。

 202002201522.jpg

 こちらは、直径92cmですが、前後が非対称で、バックパック(リュックサック)が濡れにくい仕様となっています。

 この傘は、モンベル直販しか見られないですし、形状的に「アウトドア用」なのですが、旅の際に便利なので、Atlasも持っています。

 ただ、前が短い分、足の辺りは、88cmよりかなり濡れますので、吹き降りには非対応です。 

次回につづく
最新折りたたみかさのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回も、折りたたみ傘の紹介でした。

 しかし、記事は、もう少しだけ「続き」ます。

  201811031320.jpg

1・折りたたみ傘の比較 (1)
 1-1:定番の傘(クニルプス)
 1-2:軽さ重視の傘(各社)
 1-3:耐風性重視の傘 (各社)
2・折りたたみ傘の比較 (2)
 2-1:撥水性重視の傘(各社)
 2-2:遮光性重視の傘(各社)
 2-3:そのほかの傘 (各社)
3・折りたたみ傘の比較 【結論】
 =予算別・目的別おすすめ製品の提案

1・軽さ     ★★★★★
2・耐風力    ★★★★★
3・濡れにくさ  ★★★★★
4・収納性    ★★★★★
5・デザイン   ★★★★★
6・日傘利用   ★★★★★
7・総合評価   ★★★★★

 つづく、3回目記事こちら】は、結論編です。

 上表のようなポイントから 目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を「最終提案」していきます。

 もうしばらく、お付き合いください!

 3回目記事は、→こちら

posted by Atlas at 22:24 | 日用品

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png