比較2019’ 【涼しい!】DCモーター扇風機30機の性能とおすすめ !:パナソニック・ダイソン・東芝・日立・シャープ・山善・テクノス・三菱電機:静音DCモーター/リビング用・1人暮らし用小型扇風機 (2)

2019年08月05日

比較2019’ 【涼しい!】DCモーター扇風機30機の性能とおすすめ !:パナソニック・ダイソン・東芝・日立・シャープ・山善・テクノス・三菱電機:静音DCモーター/リビング用・1人暮らし用小型扇風機 (2)

前編からの続き記事です→前編はこちら

10・東芝の扇風機の比較

 つづいて、東芝の扇風機の紹介です。

 同社は、扇風機から一時期撤退していましたが、2018年から復活しました。


   201904301602.jpg

 【2019】

 22・東芝 リビング扇 F-DLX70-W
  ¥11,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:7枚はね
首振:左右自動
静音性:18-43db

  F-DLX70は、東芝のDCモーター扇風機としては最も安いモデルです。

 高さは、67cm〜86cmの幅で調整可能です。

 リビング用の平均サイズに対応しつつ、背も低くできるタイプですね。

 201904301601.jpg

 風質の工夫は、こちらは、一般的な7枚はねです。

 東芝は、羽根の形状の工夫はないので、昔ながらのプロペラタイプの方向性で、枚数を増やしています。

 ただ、同社の上位機は「9枚羽根」なので、風質面で「差を付けられた下位機種」と言えます。

 一方、バルミューダやパナソニックのように風を中央に集める仕組みがないため、涼風の直進性(力強さ)はイマイチです。

 風量は、5段階から選べます。

 日立の「うちわ風」に相当する「ふわり風」を搭載します。

 リズム風は3段階ですが、パナソニックのような、風質のアルゴリズムには言及がないです。

 一方、プロペラ形状は従来の扇風機を踏襲するため、比較的短距離の設置でも風は拡散しやすいでしょう。

 首振り機能は、左右のみ対応です。上向き調整もできませんし、価格から考えると、低機能でしょう。

 201804181525.jpg

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切双方のタイマーが付属です。

 静音性は、最小18dBで、最大で43dBです。

 静音DCモーターなので、昔ほどうるさくはないですが、それでも静音性に特化したモデルではないです。

---

 以上、東芝のF-DLW65-Wの紹介でした。

 期待の新機種ながら、立体首振り機能や高性能な羽根などが省略されている点でやや物足りないと言えます。

 ただ、東芝の他の白物家電の発売パターンを見ると、翌年度以降には、高級機が増えていく可能性が高く、Atlasとしては、そのあたりには、期待しています。


  201904301612.jpg

 【2019】

  23・東芝 リビング扇 F-DLX80-W
  ¥16,145 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

  23・東芝 リビング扇 F-DLW75-W
  ¥9,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:9枚はね
首振:左右自動
静音性:18-43db

 F-DLX80は、東芝のDCモーター扇風機のハイポジション対応機です。

 新旧両機種ありますが、性能面での差はありません。

  201902191400.jpg

 高さは、81.5cm〜109cmの幅で調整可能です。

 家庭ならば完全にリビング用で、事務室・待合室でも使えるサイズです。

 201904301615.jpg

 風質の工夫は、こちらは、9枚はねです。

 下位機種より枚数を増やしています。枚数を増やすことで、羽根が風を切る際の風厚さ、きめ細やかにして、自然風に近づける工夫です。

 ただ、他社に比べると独創的な工夫はあまりみられません。

 また、その他のスペックは、1つ上で見た下位機種と同じです。

  201804181518.jpg

 ただし、下位機種と較べた場合、 温度センサーの搭載は、このグレードからとなります。

 方法は、シャープと同じで、適温時を微風にして、温度に応じて風量を上げていく方式です。

---

 以上、東芝のF-DLX80の紹介でした。

 羽根の枚数は増えたので、風質は下位機種より良いと思います。ただ、他社のハイポジション機と比較して、明確に優れる部分がないので、(下位機種同様に)現状では選びにくい機種です。


   201904301623.jpg

 【2019】

 24・東芝 DCスタンド扇風機 F-DSX1000
  ¥20,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:10枚羽根
首振:左右自動
静音性:13-44db

 F-DSX1000は、扇風機市場に復活した東芝が2019年に発売した「ハイエンド機」です。

 201904301627.jpg

 高さは、125cm1サイズ固定です。

 したがって、「超ハイポジションな機種」であり、リビングならば吹き抜けの相当広い部屋を想定した作りです。

 201904301630.jpg

 風質の工夫は、こちらは、相当ユニークで面白いです。

 羽根については40cmと、他社の30cmより大きな羽根を採用した上で、5枚の大きな羽根と5枚の小さな羽根を、組み合わせた面白い形状です。

 羽根の径が大きいことは、後述するように静音性に寄与します。

 201904301634.jpg

 その上で、小さな羽根が起こす気流と、モーター回転軸が旋回する独特なギミックにより、「ワイドかつロングな風」を起こします。

 グリーンファンを含めて、10メートル届く風は従来ありました。この機種は、その上で、「広範囲に風を届ける」というプラスアルファを加えた点が、独創的で面白いです。

 なお、東芝は以前の機種では、「斜流ファン」を利用した合計17枚羽根の機種がありました。

 それは、2種類の風を作るグリーンファンと、ワイドな風を出すパナソニックの扇風機との「良いとこ取り」した羽根でした。方向性としては、今回の機種はそれの延長線にある機種だと思います。

 201904301640.jpg

 風量は、24段階から選べます。

 リズム風は3段階です。こちらは、上高地の風を再現したものです。

 一方、リビング機なので、「ふわり風」は非対応です。

 首振り機能は、左右のみ対応です。

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 首振りの制御もリモコンで対応できます。

 タイマーは、入・切タイマーが付属です。

 静音性は、最小13dBで、最大で44dBです。

 割と静かなのは、羽根の径が大きいからでしょう。

 なお、用途的に不要と判断したのか、センサー運転は省略されます。

---

 以上、東芝のF-DSX1000の紹介でした。

 サイズ的には「15畳を超えるような広いリビング」や「事務所」、もしくは「温泉の脱衣所」などの向けの製品です。

 ただ、そのような用途で、考えた場合、新しい「ワイドかつロングな風」を起こす10枚羽根の機種は、かなり良い選択肢だと思います。遠くまで風を飛ばせるでしょう。

 一方、この機種は、「ムラのない直進風」など風当たりの心地よさを重視したものではないです。風当たりの気持ちよさを考える場合は、他機が良いでしょう。

11・シロカの扇風機の比較

 つづいて、シロカの扇風機の比較です。


  201904301507.jpg

 【2018】

  25・ siroca DCサーキュレーター扇風機 SF-C112
  ¥9,690 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:4枚はね
首振:左右自動
静音性:

  SF-C112 は、日本のシロカ(旧オークセール)から販売される扇風機です。

 調理家電に存在感のある会社ですが、同じくモーターを利用する点から、扇風機も売っています。

 201904301516.jpg

 高さは、56.9cm〜67.9cmの幅で調整可能です。

 サイズとしては小型であり、他者にもあった、小部屋に向くタイプです。

 201904301519.jpg

 風質の工夫は、一方、この製品は4枚はねであり、他社がしのぎを削る風質については工夫はありません

 ただし、「一点突破型」と大きな特長があります。

 それは、扇風機のモーターを逆回転できる構造です。要するに「風を吸い込める」ので、床にあてた微風を、間接的に体に届けられる仕組みです。

 空気の入替にも使える、面白い発想です。 

 風量は、8段階から選べます。

 首振り機能は、左右のみ対応です。

 角度も60どの1パターンであまり力を入れません。

 201904301523.jpg

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切双方のタイマーが付属です。

 静音性は、スペックは非開示です。

 羽根が小径なので、この部分に期待して買う製品ではないでしょう。

---

 以上、シロカのSF-C112の紹介でした。

 逆説的ですが、「扇風機の風が嫌いで欲しくない」人に向く扇風機です。直接風に当たりたくない人には、かなり良い選択肢でしょう。

 ただし、一般的な扇風機としての風質は期待できないですし、(面白いですが)一般向きではない機種です。

ーーー

 201904301526.jpg

  26・ドウシシャ FLU-231D WH
  ¥8,988 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:4枚はね
首振:左右自動
静音性:

 なお、同じような機種が、ドウシシャからも販売されています。

 201904301529.jpg

 こちらの23pの小径の(普通の)4枚はねの扇風機で、逆回転に対応します。

 リモコンが付属する点など、殆ど試用は同じですが、風量調節は4段階となります。

12・テクノスの扇風機の比較

 続いて、ジェネリック空調家電が得意な、日本のテクノスの扇風機の紹介です。

 DCモーターを採用する扇風機では最も安いメーカーの1つです。


 201902191446.jpg

【2018】

 27・TEKNOS Fの羽根 KIFI-372DC
  
¥6,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:5枚羽(Fの羽根)
首振:左右のみ
静音性:48.5dB

 こちらの機種は、テクノスの最上位機となるKIFI-372DCです。

 とはいえDCモーター搭載機としては安価なモデルです。

 201804181243.jpg

 風質は、同社が「Fの羽根」と呼ぶ、ツメが2つある面白い構造です。

 ただこの仕組みは、風質自体の改善というより、風を二重に送り込むことで、消費電力と静音性を高めるための仕組みです。

 そのため、直進風を強調する他機種に較べると、風ムラは起こります。

 風量は、6段階で調整できる仕様です。

 形状的に、短距離での空気拡散性も問題なさそうです。

 首振り性能は、単純な左右首振りができるだけの仕様です。

 静音性は、モーターと羽根の効果で、強運転時で48.5デシベルと優秀ですね。

 リモコンは、付属します。この価格の扇風機では珍しく、首振りのON/OFFも操作できる「フルリモコン」であり、便利です。

 タイマーは、入・切タイマーが付属です

 このほか、「テクノイオン」と呼ぶ、マイナスイオン発生装置があるので、衣服のニオイとりや、静電気対策にも、一定の効果が見込めます。

---

 以上、テクノスのKIFI-372DCの紹介でした。

 特長のある「Fの羽根」を採用する機種ですが、風質は多少現在の流行からは外れていると言えます。

 本体デザインもやや実用重視で面白みという点ではイマイチでしょう。

---

 201804181255.jpg

【2019】

 28・TEKNOS 扇風機 KI-323DC
  
¥5,378 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 29・TEKNOS 扇風機 KI-342DC  
  
¥6,974 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:5枚羽
首振:左右のみ
静音性:

 なお、テクノスからは、同じくDCモーター採用機として、以上の2機も販売されています。

 ただ、いずれも、従来的なオーソドックスな5枚羽根で、工夫に乏しいです。現状ではオススメできません。

13・山善の扇風機の比較

 最後に、同じくジェネリック空調家電が得意な、日本の山善の扇風機の紹介です。

 同社は、格安機にかなり勢力を持っており【1万円以下の激安扇風機の比較記事】のほうに、良い製品をいくつか紹介しています。

 今回は、(わりと)高級な扇風機の比較なので、同社で「最も高級な」機種の紹介です。


 201906091052.jpg

 【2019】【Amazon限定】

 30・山善 扇風機 ALEXA対応 AHX-ALD30(BK)
 30・山善 扇風機 ALEXA対応 AHX-ALD30(W)
  ¥19,976 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:9枚羽根
首振:左右のみ
静音性:

 こちらの機種は、山善がAmazon限定で販売している扇風機です。

 201906091103.jpg

 そのため、この機種は、店頭やショールームで試せないので、(タイムセールがあったこともあり)自腹で購入してレビューしました。

 201809072213.jpg

1・各社のスマートスピーカーの比較
2・Amazonのエコーの比較
3・家電コントローラーの比較

 この機種のポイントは、「初めてのAlexa対応扇風機」という点です。

 上の記事で紹介したAmazonの各種スマートスピーカがあれば、「声で」オン・オフ操作や風量調整が行えるという製品です。

 201711181646.jpg

 他社の扇風機でも、上記3番の記事(こちら)で紹介したような、別売の専用コントローラー(リモコン信号の発信装置)があれば、音声での扇風機の操作が「可能」です。

 しかし、山善機は、「これらが不要で直接Alexにつながる!」という点で新しいです。

 なお、発売月現在(6月)amaze lifeという連携スキルが利用できない状況で、Smart Lifeという連携アプリを利用する必要があります。

 201906091105.jpg

 風質は、この機種の場合、9枚羽根です。

 風速などの詳しい説明がなかったので、バルミューダデザインの「GreenFan」と並べて実際に試しました。

 結論的にいえば、単純に強運転の風力という部分では、山善機は、かなり強力です。

 一方、この製品は、「どうしてこの羽根の形状にしたのか?」という、空力的な設計思想が非開示です。

 しかし、実際、風にあたってみると、「心地よい風」「きめの細かい自然に近い風」という表現は適当でないものの、「強烈な強風力」という個性を感じます。あまり拡散せずにすすむ直進風で、リビングの隅に置いても「端まで涼しい風」です。

 201906091110.jpg

 風量は、8段階で調整できる仕様です。

 「リモコン」や「音声入力」のほか、本体下部のタッチパネルでの制御が可能です。

 201906091112.jpg

 首振り性能は、単純な左右首振りができるだけの仕様です。ただ、4段階の角度調整は可能です。

 また手動時に、上向きにできるので、空調としても利用できる製品です。

 201906091115.jpg

 一方、扇風機の高さは、バルミューダデザインのように中間の棒を取るタイプで、伸縮機能がないです。

 とくに、高さは、約100cmと約57cmのみ選択可能です。

 100cmは、結構な「ハイポジション」です。椅子・テーブルを利用する家庭でないと「しんどい」でしょう。

 この点は注意してください。

 タイマーは、入・切タイマーが付属です。

 そのほか、この機種は、室温センサーが付属するので、室温に応じた運転が可能です。

 駆動は、20度で停止しそれ以外の風量は「おまかせ」です。暑がり、寒がりに応じた調整機構がないのは欠点です。

 静音性は、この製品のあきらかな欠点であり、注意が必要です。

 なぜなら、デシベル値の開示がないからです。

 実際、羽根の形状から、購入前にある程度予想していましたが、強風運転時の風切り音がかなり強いです。

 また、モーター部のスタイリッシュな設計が影響してか、弱風運転時は金属質のモーター音を感じます。

 リモコンは、付属します。

 首振りのON/OFFも操作できる「フルリモコン」です。

 201906091148.jpg

 外観は、バルミューダデザインの「グリーンファン」に寄せています。

 台座部分は、それなりに高級感があります。一方、伸縮棒の塗装と、ファンを覆うガード部分のプラスチックの質感は、(グリーンファン)と値段の差を感じる品質です。

 その上で、扇風機のファンの掃除に(いちいち)「ドライバー」によるネジ回しを要する構造など、ユーザーフレンドリーな部分でも、やや課題があります。

---

 以上、山善のAHX-ALD30の紹介でした。

 扇風機の風質は、「到達距離の長い直進風」という方向性ならば、おそらく満足がいく機種でしょう。

 ただし、高さが簡単に調整できない「ハイポジション機」である点と、静音性には、あまり配慮ない点は注意点です。

 総合的に考えると、この機種は、環境雑音が多い部屋、例えば、仕事場や、待合室などには向く機種です。

 家庭用としても、「遠くまで届く」という意味での「強い直進風力」を重視して、広いリビングの隅に置くならば、良いでしょう。

 ただし、運転時の静粛性が欲しい寝室や、畳など床座りもする部屋、シアタールーム兼用のリビングには、不向きです。

 201803191107.jpg

 なお、この製品の購入希望者は、スマートスピーカー連携機能に魅力を感じている方でしょう。

 その点でいえば、扇風機に同封される説明書に、連携方法を含めた初心者向けの詳しい解説が同封されていない状況です。利用するべきアプリ名すら「不記載」であり、Atlasも困りました。

 購入者へのメールなどによる、アフターフォローに、期待せざるを得ないレベルです。

 201809191022.jpg

 現状で言えば、Alexaのスキルを完全に使いこなせる方以外は、おすすめできません。(こちら)で紹介したような、専用コントローラーを使いつつ、他社機の扇風機と連携を図ったほうが、正直「分かりやすい」状況です。

 扇風機の風質の部分は「及第点」ながら、連携部分は「要改善」といえます。

今回の結論
最新のDCモーター搭載扇風機のおすすめモデルはこの機種!

 というわけで、前回の記事【こちら】と今回の記事では、夏にむけて扇風機を紹介しました。

 最後に、いつものように、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種を数機あげておきます。


第1に、ワンルームや8畳間程度におすすめな、高性能な小型扇風機を探している方ですが、

 201804181347.jpg

 【2019】

 5・SHARP 3Dターン PJ-J2DS-W
 6・SHARP 3Dターン PJ-J2DS-T
   ¥12,280 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 5・SHARP 3Dターン PJ-H2DS-W
 6・SHARP 3Dターン PJ-H2DS-T
   ¥12,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:ネイチャーウイング
首振:上下左右(3D首振り)
静音性:17dB-41dB

1・直進風の強さ  ★★★★☆
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★

5・総合評価    ★★★★★

 シャープのPJシリーズ を推します。

 新旧ありますが、色以外の部分の性能は同じです。値段で決めて良いでしょう。

 pic03.jpeg

 DCモーターを採用した上で、新形状の羽根立体首振り機能という2大トレンドを押さえているというのが理由です。

 独特の3枚羽のおかげで、小型機種ながら直進10mのパワーを生み出すことに成功しており、技術としても面白みを感じます。

 強風を立体首振りでかくはんすれば、エアコンの風のかくはんに便利だと思います。

 201902191244.jpg

 風質としても強力な直進風が得られるため、風呂上がりや帰宅直後など、パワフルな直進風にあたりたい場合などはかなり良い選択肢です。


 第2に、リビングルームにおいて、風質の心地よい高級扇風機を探している方ですが、    

 201704230957.jpg  

 【2018年】【各色】

 1・The GreenFan EGF-1600-WK
  ¥38,880 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:14枚羽根
首振:左右自動
静音性:最小14デシベル

1・直進風の強さ  ★★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★★★
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★★

5・総合評価    ★★★★★★

 3万円台の予算が出せるならば、やはり、バルミューダデザイン社の GreenFan Japanでしょう。

 まさに「名風」といってよい快適な風であり、製品としての出来もずば抜けて良いからです。

 201804181236.jpg 

 自然の風に近い「グリーンファン」は、一度体験するとやみつきになる快適さです。強さも十分で、遠くまで風が届きます。

 また、風切り音のなさは、強風時でも秀逸で、、抜群の静音性を誇ります。

 もちろんデザイン性も高く、従来の扇風機とは異なる、プラスチックのガードは、とてもお洒落で、高級感があります。プラスチックは、硬質で高品質で、安っぽさを全く感じさせません。   

   201303112112.jpg

 継ぎ目の無いデザインは、アップルのデザインコンセプトにも通じる気がします。

 また、リモコンや本体のインジケータはシンプルで、必要機能を突き詰めた構成には、産業デザインとして完成された機能美を感じました。

 また、プラスチックのガードは、小さな子供が羽根にアクセスするのを防ぐ点でもメリット性があるでしょう。真ん中の棒を除けば、ミニ扇風機としても使えるのも面白いアイデアです。

 静音性も高く、また、消灯モード搭載で、本体パネルのライトをリモコンで消せるので、就寝時の利用にもメリット性があります。

 201902191127.jpg

 飛び抜けて価格が高いですが、一度買えば10年は使う家電ですし、ある程度のモノを揃えるのは手だと思います。こちらは、棒を分解して補完できるため、オフシーズンの収納も余裕です!


 第3に、リビングルームなので、近接利用時の「パワフルさ」を最大限重視する場合は、 

 201902191427.jpg

 【2019】

 【羽根 30cm】

 18・ドウシシャ カモメファン FKLU-302D
  ¥31,190 楽天市場 (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:カモメファン(9枚羽根)
首振:左右のみ
静音性:9.2dB〜

1・直進風の強さ  ★★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★☆☆

5・総合評価    ★★★★☆

 風質・辺り心地の良さというよりも、近接利用時のパワフルさに特化して考えると、最も優秀なのは、ドウシシャのカモメファンです。

 201902191431.jpg

 デザイン性はこちらも高く、リビングのインテリアとしても映えます。

 201804181614.jpg

 風質は、おそらく家庭用では最大級であり、飛んでくる空気を面で感じられるパワーがあります。

 一方、弱運転時はやや風質が落ちるため、とにかくパワー、という以外の方は控えた方が良いでしょう。個人的には、温泉の脱衣場などにあったら嬉しい機種です。

ーー

 201908051556.jpg

 【2019】

 【羽根 30cm】

 18'・ドウシシャ カモメファン UKLF-1303D
  ¥24,558 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:カモメファン(9枚羽根)
首振:左右のみ
静音性:13.1dB〜

1・直進風の強さ  ★★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★☆☆
4・静音性の良さ  ★★☆☆☆

5・総合評価    ★★★★☆

 なお、カモメファンは、バリエーションが多いのですが、多くの機種は、羽根の径が小さいです。

  FKLU-302Dと同じ30cmの径を持つ機種は、ほかには、こちらのUKLF-1303D(FKLU-303D)のみです。


201908051610.jpg

 独特のクロス形状の台座で、操作パネルが脇にあるなど、デザイン的に独特です。

 風質に関する性能は、FKLU-302Dと同等で、空力的な発想は同じです。リモコンも付属しますし、中間の棒は、こちらも外せます。

 一方、上位機と比較すると、全体形状の違いから、最小運転時の静音性が多少悪く、首振りの角度が75度固定となります。

 ただ、FKLU-302Dの在庫が尽きかけで割高傾向であるため、値段面で、こちらを選ぶのは「あり」でしょう。


 第3に、リビングルームでエアコンの補助として利用するために、高級扇風機を探している方ですが、

   201902191209.jpg

 【2019】

 3・パナソニック F-CS339-N
  ¥27,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 3・パナソニック F-CR339-N
  ¥31,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:なめらか気流7枚羽根
首振:立体首振り機能
静音性:11dB-49dB

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★★
3・首振り機能   ★★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★

4・総合評価    ★★★★★

 エアコンと併用する場合、立体首振りは絶対あった方が良いです。

 この機種も、新旧ありますが、色以外の部分の性能は同じです。値段で決めて良いでしょう。

 p01_03_01_img.jpg

 それをふまえた場合、空気のかくはんを意識するなら、「7枚ひねり羽」でワイドに送風でき、また、立体首振り機能も装備するパナソニックの F-CM339-N がもっともおすすめできます。

 温度センサーを搭載するなど、利便性も高いですし、特にスティック部とヘッド部はデザイン性も高く、デザイン家電の要素もありおすすめです。

 201902191146.jpg  

 風質についても、なめらか気流7枚羽根で、最近のトレンドである「ムラのない直進風」も楽しめます。


 第4に、強風でも静音性が保てる「静かな」扇風機としてオススメできるのは、

 201904301424.jpg

 【2019】

 14・三菱 R30J-DW-K ブラック
 14・三菱 R30J-DW-W ホワイト
  ¥24,600 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 14・三菱 R30J-DV-C アイボリー
  ¥23,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:エクストラウイング(7枚羽)
首振:立体首振り機能
静音性:12dB-30dB

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★★

4・総合評価    ★★★★★

 静音性を最大限重視したい場合は、三菱電機のR30で良いと思います。

 新旧ありますが、こちらも色以外の部分の性能は同じです。値段で決めて良いでしょう。

 201605221122.jpg

 エクストラウィングレットファンの採用で、強風運転時の静音性は、最も高い機種ですから。その点で、オーディオやTVの音声を最も妨げにくい製品と言えます。

 201804181859.jpg

 風力の面でも、ファンガードに注目した独自の発想で、10M級の直進風が期待できます。羽根のサイズも30cmと十分ですから、リビング用として、パワフルに使えます。

 機能面でも、立体首振りに対応し、空気のかくはんもできますし、中間棒を取り除くと、ミニファンとして畳間や寝室でも利用できる利便性もあります。

 こうした点で、総合力の面でも、極めて高い機種だと言えるでしょう。

ーーー

  201904301341.jpg

 【2019】

 13・日立 DCモーター HEF-DH2000A
  ¥19,278 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 13・日立 DCモーター HEF-DC6000
  ¥18,826 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:8枚はね
首振:左右自動
静音性:

1・直進風の強さ  ★★★☆☆
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★☆

5・総合評価    ★★★★★

 ただし、静音モード(弱運転)を多用する方で、その場合においてもある程度の「風圧」を感じたい場合は、日立の扇風機は良い選択肢です。

  201902191357.jpg

 日立の8枚はねは、強風運転時の直進風の力強さ・なめらかさという部分では工夫に欠きます。

  201904301331.jpg

 しかし、弱運転時の「うちわ風」は、こだわって開発されており、しっかり風量を感じられる仕様です。

 一般的な形状を保ったまま「8枚はね」にしているのも、おそらく、この部分に配慮したいためでしょう。

 201804181459.jpg

 したがって、必ずしも、パワーを追い求めめるのでなければ、この機種も選択肢として良いと思います。

 温度センサーも搭載するため、体への優しさにも配慮がありますし、良い機種だと思います。


 第5に、15畳を超えるような広いリビングや、業務用として脱衣所や待合室に置くならば、

  201904301623.jpg

 【2019】

 24・東芝 DCスタンド扇風機 F-DSX1000
  ¥20,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:10枚羽根
首振:左右自動
静音性:13-44db

1・直進風の強さ  ★★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★☆☆
4・静音性の良さ  ★★★★☆

5・総合評価    ★★★★★

 F-DSX1000でしょう。

 201904301627.jpg

 ハイポジション機で、背の高さが調整できないので、一般向きではないです。

 201904301634.jpg

 ただ、大小の10枚はねと、独特の回転軸が生む、「ワイド&ロング気流」は、広い場所での利用には最も向きます。

 なお、こちらは2019年からの機種ですが、先述のように、この方向性は、(扇風機撤退前の)東芝が追求していた方向性なので、ある程度信頼して問題ないと思います。


 第6に、1万円台の予算で、できるだけ優秀な扇風機を選ぶとすると、

  201804181300.jpg

 【2019】

 2・パナソニック F-CS338-C
  ¥14,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:なめらか気流7枚羽根
首振:左右自動
静音性:11dB-49dB

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★☆

5・総合評価    ★★★★☆

 パナソニックのF-CR338-Cでしょう。

 201902191135.jpg

 79cmから96cmまで調整できますから、どこでも使えそうです。

 201504241731.jpg

 その上で、「高級扇風機」と「普通の扇風機」の区分として重要な「独自形状のはね」を搭載する点が魅力です。

 とくに、パナソニックの場合は、同社の3万円台と上位機とおなじ「なめらか気流7枚羽根」を採用している点が評価できます。

 名前の通り、「自然でなめらかな風当たり(直進風)」では定評のある扇風機です。21世紀水準の「高級感のある風」を十分堪能できるでしょう。 

 201804181318.jpg

 そのほか、機能面でも、「F/1の揺らぎ」という特徴のあるリズム風や、静音性の高さ、温度センサーの搭載など、面白い機能が目白押しです。

 この機種には、日本に残る、ほぼ唯一の「総合家電メーカー」の製品らしい、総合力の高さを感じます。弱点は、立体首振りに未対応な点くらいです。

 デンキヤ店頭では2万円をやや超えますが、ネットではそれに収まっており、お買得感も高いです。

 費用対効果を重視すると「最もオススメできる機種の1つ」です。選んで損はないでしょう。

ーー

  201905240959.jpg

 【2019】

 17・ツインバード COANDA AIR EF-E949W
  ¥11,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:コアンダ(10枚羽)
首振:左右のみ
静音性:

1・直進風の強さ  ★★★★☆
2・風当たりの良さ ★★★★★
3・首振り機能   ★★★☆☆
4・静音性の良さ  ★★★★☆

4・総合評価    ★★★★☆

 一方、パナソニックなどが追求する「なめらかな自然に近い直進風」という部分をより突き詰めている点では、ツインバード工業のコアンダエアも良いでしょう。

 ダイソンも同様の傾向ですが、やや価格が高いため、費用対効果の点から、今回はこちらを「推し」ました。

 201707082208.jpg

 この製品も、ダイソン同様に「コアンダ効果」を狙う独特の設計思想で、均一性の高い直進風を得ることが可能です。

 一方、その形状ゆえに、風の拡散性について30cmクラスのリビング扇に及ばないため、今回は「次点」としました。

 その部分を除けば、良い製品だと思いますし、直下の風量も強いです。

 なお、ツインバード工業は、パナソニックのような総合家電メーカーではありませんが、東証2部に上場する、信頼度の高い日本の家電メーカーです。最近は、「デザイン家電」にも力を入れています。

 こちらの製品も、外観デザインの面白さや、羽根のオリジナリティを含めて、かなりおすすめできる製品です。

補足・このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回は扇風機の話でした。

 201804182053.jpg

 なお、今回は、価格的に多少高い扇風機の紹介でした。

 一方、1万円前後で買える扇風機でも、(山善など)いわゆる「ジェネリック家電メーカー」の製品を選べば、立体首振りや、工夫のある羽根の製品を選ぶことも可能です。

1・静音DCモーター扇風機
2・1万円以下の激安扇風機

3・ダイソンのエアマルチプライアー

4・タワー型のスリム扇風機
5・サーキュレーター

 そういった機種をお探しの方、詳しくは、上の2番の記事をご覧ください。

 また、最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマーク などで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 16:14 | 扇風機

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png