比較2019'【1人暮らし〜】小型電子レンジ26機の性能とおすすめ・選び方 (2)

2019年09月09日

比較2019'【1人暮らし〜】小型電子レンジ26機の性能とおすすめ・選び方 (2)

前編からの続きです。前編は→こちら


 201906062003.jpg

 【2017年発売】

 26・三菱 レンジグリル ZITANG RG-HS1-R
 26・三菱 レンジグリル ZITANG RG-HS1-W
  ¥54,555 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

レンジ出力:700W【ヘルツフリー】
庫内容量:13L
自動あたため:あり
オーブン機能:あり
トースト:あり
センサー:赤外線・蒸気・温度
オーブン最高温度:250度
サイズ:約51.8×51.8×41.2cm

 こちらは、三菱から発売されているジタング(「時・短・具」)というオーブンレンジです。

 スチーム式ではないにもかかわらず、ひときわ価格が高い機種です。ただ、「一点突破型」の面白い機能があり、家電好きには割と知られた製品です。

 庫内容量は、13Lで、サイズとしては完全に「1人暮らし用」です。

 ただ、上に容量が狭いタイプなので、トースト2枚を加熱できるサイズは確保しています。

 201808081751.jpg

 電子レンジ機能は、センサー面で、赤外線センサーと蒸気センサーを搭載します。

 これらは、レンジ加熱の時間と程度を決めるために搭載されます。

 加えて、絶対温度センサーも搭載です。

 これは、オーブンやグリルの際の加熱時間を制御するために搭載されます。赤外線センサーは、グリル加熱時は、庫内が赤外線で一杯になり用をなさないため、搭載されているものです。

 こちらは、レンジ出力が最大で700Wと控え目ですが、庫内が小さいのでこれで十分です。

 201706271836.jpg

 オーブン機能・グリル機能については、温度設定が250度までです。

 また、この機種は、レンジ加熱をした後、自動で、グリル調理に移行する自動リレー調理が可能です。

 ここが時・短・具の名前の由来で、余熱不要かつ全自動でグリル調理ができるため、愛用者がとても多いです

 以前紹介した【スチーム式オーブンレンジ】の場合、大抵、油を水分で落とすことで「ヘルシー」な調理を可能にする仕組みでしたが、こちらの場合は、加熱を短時間にすることでビタミンを封じ込めることを主眼に置いています。

 自動メニューは、この機種は未搭載です。

 ただ、こちらは、赤外線センサー・蒸気・温度センサーを駆使し、ワンボタンで、レンジとグリルを動じ調理する「時短」に主眼をおく機種ですから、問題ないでしょう。

 トーストは、2枚まで同時に焼くことが可能です。

 保証については、1年間です。

 三菱も技術員による訪問修理サービスがあります。

---

 以上、三菱のジタングの紹介でした。

 グリルを多用し、お肉やお魚などを料理する方に向く高級機です。電子レンジとしては高級ですが、通常のレンジ機能に「プラスアルファ」がある機種として、選ぶ価値はあると思います。

今回の結論
小型電子レンジ・オーブンのオススメは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、前編記事(こちら)から、比較的安い価格の電子レンジ・オーブンレンジを比較してきました。

 最後に、いつものように、予算別・目的別にAtlasのオススメ機種を書いておきたいと思います。


第1に、一人暮らしでも、ある程度高性能な小型のオーブンレンジが欲しい方におすすめできるのは、

 201909091848.jpg

 【2018年9月発売】

 23・Panasonic エレック NE-T15A2-W
  ¥22,491 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

 【2019年11月発売】

 23・Panasonic エレック NE-T15A3-W  
  ¥32,781 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

レンジ出力:950W【ヘルツフリー】
庫内容量:15L
自動あたため:あり
オーブン機能:あり
トースト:あり
センサー:重量センサー
オーブン最高温度:230度
サイズ:幅450×奥行365×高さ290mm

1・対応人数   1-2人程度まで
2・レンジ性能  ★★★★★
3・オーブン性能 ★★★★★
4・トースト性能 ★★★★★
5・総合評価   ★★★★

 パナソニックエレックをオススメします。

 新旧ありますが、新機種に「チャイルドロック」が新搭載されただけの違いですので、値下がりした2018年モデルがおすすめです。

 庫内容量は、15Lの小型機種であり、オーブンレンジとしては「最も省スペースでコンパクト」である点を評価しました。専用のレンジ台がなくても置けるサイズです。

 201808081706.jpg

 電子レンジの性能は、この価格帯では貴重である重量センサーが搭載される点で能力が高いです。

 自動あたためでも、加熱ムラや加熱不足は生じにくいでしょう。お弁当のあたためにも向きます。

 オーブンの性能は、温度面では、小型ゆえに最高230度ですが、ピザやグラタン、簡単な肉料理などに、支障なく利用できるでしょう。

 あまり凝った料理をしないだろう方も、「総菜をカラッとあたためる」には、オーブン機能はあるに越したことはないです。

 201808071630.jpg

 トーストも、2枚まで比較的短時間で焼けますので、パンも焼きたい方にはこの機種が良いと思います。

 サイズ的にも、横幅45cmなら冷蔵庫の耐熱板の上に設置できそうですし、「1人暮らしの方が迷ったらこれを買えば良い」と言える機種です。

 型式としては10年以上のロングセラーなので、時間に裏打ちされた品質を期待できるでしょう。


第2に、家族が増えても対応できる、やや大きめ庫内のオーブンレンジとしておすすめできるのは、

 201808081654.jpg

 【2018年発売】

 20・SHARP オーブンレンジ RE-S70B-B【黒】
 20・SHARP オーブンレンジ RE-S70A-W 【白】
  ¥19,605 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

レンジ出力:950W【ヘルツフリー】
庫内容量: 20L
自動あたため:あり
オーブン機能:あり
トースト:あり
センサー:重量・温度センサー
オーブン最高温度:250度(5分)
サイズ:幅470×奥行395×300mm

1・対応人数   1-4人程度まで
2・レンジ性能  ★★★★★
3・オーブン性能 ★★★★★★
4・トースト性能 ★★★★★
5・総合評価   ★★★★

 シャープのRE-S70Aでしょう。基本性能が変わらないので、2017年モデルで構いません。

 201808081820.jpg

 オーブンの性能が、この機種を選んだポイントです。

 こちらは割と大きめの庫内なので、将来にわたって長く使えます。

 そうなると、最高250度だせるオーブンは「有利」といえます。格安機では、この機種が唯一の選択となります。

 レンジ性能も、重量センサーの搭載で性能が期待できます。

 トースト機能も、問題なく使え、バランスは取れていると思います。

 外形寸法は、幅470×奥行395×300mmなので冷蔵庫の上は無理でしょうが、キッチンで邪魔にならないサイズです。庫内も意外と広いので、2-3人家族までならば、普通に使えるでしょう。

---

 ただ、上火はさほど強くないため、グリル調理はできず「トースターグリル」となります。その意味で「本格的な製品」とは言えない部分があります。

 201808071526.jpg

 予算的に、上を見たらキリがないでしょう。

 しかし、料理が好きで、2万円台前半の予算が出せそうな人ならば、スチームオーブンを検討しても良いかもしれません。この場合、もうすこし、しっかりした(焦げ目を付けられる)グリルを搭載する機種もあります。

 このブログには、【おすすめの小型スチームオーブンの比較記事】があり、そこで詳しく紹介しています。小型機種もあるので、興味があればご覧ください。


第3に、単機能のレンジで良いが、ある程度庫内が広く、特大の盛りな弁当も温めたい人は、

 201808081617.jpg

 12・TWINBIRD ミラーガラス DR-D269B
  ¥11,220 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

レンジ出力:600W【ヘルツフリー】
庫内容量: 20L(庫内フラット)
自動あたため:
オーブン機能:
トースト:
センサー:
オーブン:
サイズ :幅460x奥行350x高さ275mm

1・対応人数    1-4人程度まで
2・レンジ性能  ★★★☆☆
3・オーブン性能 
☆☆☆☆☆
4・トースト性能 
☆☆☆☆☆
5・総合評価   ★★★☆☆

 オーブンも不要で、トーストを焼く必要もない状況ならば、ツインバードのDR-D269B がオススメです。

 201709271351.jpg

 シンプルな電子レンジですが、20Lと庫内が相当広い上、ターンテーブル(回転式の丸皿)がないフラットタイプの加熱システムなので、お弁当などの温め直しにはメリットがあります。

 実際、2人暮らし以上の「世帯用」としても利用できるサイズだと思います。

 201808081830.jpg

 マジックミラー構造でデザイン性もよいです。本体もわりと小型ですので、設置場所の節約にもなります。

 センサーは非搭載ですが、コンビニなどの冷凍食品の加熱については、600Wと500Wの設定ができる機種なので、面倒はないと思います。

−−

 201807151357.jpg

 ただ、トーストができない点は多くの場合は面倒だと思います。

 そういう方は、別にオーブントースターを買えば良いでしょう【おすすめオーブントースターの比較記事】で紹介しましたので、興味があればご覧ください。


第4に、単機能レンジを探しているが、ある程度性能の良いものを、できるだけ安く選びたい人は、

  201909091820.jpg

 【2018年9月発売】

 14・Panasonic エレック NE-E22A2-W
  ¥12,812 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

 【2019年11月発売】

 14・Panasonic エレック NE-E22A3-W
  ¥21,781 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

レンジ出力:850W【ヘルツフリー】
庫内容量: 22L
自動あたため:あり
オーブン機能:
トースト:
センサー:蒸気センサー
オーブン:
サイズ 488x279x368mm

1・対応人数   1-4人程度まで
2・レンジ性能  ★★★★☆
3・オーブン性能 
☆☆☆☆☆ 
4・トースト性能 ☆☆☆☆☆
5・総合評価   ★★★★☆

   201906062039.jpg

 【2018年11月発売】

 15・東芝 電子レンジ ER-SS17A-W【縦開き】
 15・東芝 電子レンジ ER-SS17B-W 【横開き】
  ¥14,670 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

レンジ出力:900W【ヘルツフリー】
庫内容量: 17L
自動あたため:あり
オーブン機能:
トースト:
センサー:蒸気センサー
オーブン:
サイズ 458x354x281mm

1・対応人数   1-4人程度まで
2・レンジ性能  ★★★★☆
3・オーブン性能 ☆☆☆☆☆ 
4・トースト性能 ☆☆☆☆☆
5・総合評価   ★★★★☆

 201906062054.jpg

 【2018年11月発売】

 16・日立 HMR-FS182
  ¥13,980 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

レンジ出力:800W【ヘルツフリー】
庫内容量: 17L
自動あたため:あり
オーブン機能:
トースト:
センサー:蒸気センサー
オーブン:
サイズ 458x349x281mm

1・対応人数   1-4人程度まで
2・レンジ性能  ★★★★☆
3・オーブン性能 ☆☆☆☆☆ 
4・トースト性能 ☆☆☆☆☆
5・総合評価   ★★★★☆

 パナソニック・日立・東芝の電子レンジのうち、購入時に「最も販売価格が安いもの」をおすすめします。

 より安い機種はあります。しかし、引っ越しの可能性を考えると、ヘルツフリー対応の方が良いでしょう。

 また、引っ越しの可能性が低い場合も、不要品を売る際に、ヘルツフリー機のほうがオークションなどで「売りやすい」です。

 その上で、いずれも、1万円前後の単機能レンジとしては、非常に水準が高いです。

 201501091053.jpg

 電子レンジの性能面では、いずれ機種も蒸気センサー搭載ですから、自動あたためができます。

 湿度センサーは、(きつく)ラップをかけたままでは正確に測定できない弱点はありますが、慣れれば問題ないでしょう。

 (いちいちワット設定しなくてよい)「自動あたため」機能くらいは欲しい!」は、このグレードをおすすめします。 

 201906062041.jpg 

 庫内の広さは、パナソニックのみターンテーブル式ですが22Lですし、フラット庫内ながら17Lの東芝・日立と、サイズ感はそう変わらないでしょう。

 ただ、掃除のしやすさは、フラット庫内にメリットはあります。

 アフターサービス面では、どの会社も信頼感があります。そのため、5年以上継続的に利用しようと考えている場合は、この製品を選んでも良いと思います。

補足:電子レンジの関連記事について

 というわけで、今日は、電子レンジの紹介でした。

 201811021844.jpg

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン
3・中型のスチームオーブン
4・オーブントースター
5・コンベクションオーブン
6・オーブン全体のおすすめ 【まとめ】

 なお、オーブントースターについては、他にもいくつかの記事あります。とくに6番の記事は、基本的な選び方をまとめたものなので、ぜひご覧ください。

  201803121416.jpg

7・ひとり暮らしに必要な家電・家具のまとめ

 また、ひとり暮らしや、2人以上の新生活をはじめようと思っている方、必要なもののリストについて上でまとめてみました。よろしければ、こちらもご覧ください。

ーー

 では、最後になりましたが、今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題をシェアしていただければ嬉しいです。

 (前編からの続きとなりますので、前編記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 19:28 | 調理家電

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png