比較2019'【全機テスト】Amazon Echo 24機の音質とおすすめ:Alexa対応スピーカー(2)

2019年07月12日

比較2019'【全機テスト】Amazon Echo 24機の音質とおすすめ:Alexa対応スピーカー(2)

今回のお題
音質面でAmazon Echo系端末のおすすめはどの製品?

 ども、Atlasです。

 201809072118.jpg

 今回は、Amazon Echo Plusをはじめ、Alexa対応スピーカーの比較記事の後編です。

 前回の前編こちら)では、Atlasが所有する実機を含め、対応スピーカーを全機種紹介してきました。

 今回の後編では、こうした機種を使って「一体何ができるのか?」を紹介します。

 その後、いつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案していくつもりです。

3・Alexa対応スピーカーにできること

続いて、Alexa対応端末の便利な使い方について、書いてみます。

A・大量の音楽を聴く!

 Alexa対応スピーカーを買う場合、「聴き放題」サービスを利用するため、というニーズが恐らくもっとも多いと思います。

 201803191518.jpg

 Amazon系の場合、3つの選択肢があります。

 第1に、Prime musicの利用です。

 201803121710.jpg

 Amazon Musicは、「送料無料」「お急ぎ便無料」などのサービスが受けられるAmazonプライム会員に付帯する「追加料金不要のサービス」です。

 楽曲数は、その割には、100万曲を誇ります。

 体験されたい場合は、現在キャンペーン中の【Amazonプライム会員】の「30日間の無料体験登録」を利用すると良いでしょう。 

 音質的には、Wi-Fiでの伝送となるため、AACグレードの音質が期待できるでしょう。要するに、Apple Musicなどと同じです。

 なお、大学生・専門学校生の方ならば、よりお得なPrime Student会員になれます。

 会員になると、Amazon Musicが使えるほか、「Amazonお急ぎ便無料」になるほか、「本、マンガ、雑誌の読み放題」などの追加特典も利用できます(こちら)。ただし、大学の学籍番号・メアドが必要です。

 201807151122.jpg

 第2に、Amazon Music Unlimited の利用です。

 楽曲数は、4000万曲で、日本の楽曲もかなりの程度対応します。

 対応する楽曲については【こちら】の上部の検索窓(デジタルミュージック)で探せば分かります。

 いずれにしても、Alexaへの音声入力で、「アルバム名」「ジャンル」「アーティスト名」などをリクエストし、完全に「クラウドのミュージックサーバー」的に利用するならば、【Amazon Music Unlimited 】への加入は必須でしょう。

 契約料金は、月額980円(プライム会員は780円)です。ただし、エコーだけで聴く予定ならば、「Echoプラン」が用意され、月380円で済みます。

  201907121851.jpg

 第3に、外部サービスです。現状はまだ少ないですが、日本でもSpotify・Apple Musicに対応しました。

2・秘書として利用する!

 201803191539.jpg

 アレクサは、「○○について教えて!」「今日の天気を教えて!」「タイマーをかけて」「60ひく50は?」など、色々教えてくれます。

 このほか、Alexaアプリ経由で、スマホのカレンダーアプリ(Appleカレンダー・Googleなカレンダー)とリンクさせて、「明日の予定は?」などと、教えて貰うことも可能です。

 この点は、他社のスマートスピーカーと同じです。

 201711180920.jpg

 一方、面白いのは、スマホでいうところの「アプリ」に相当する「対応スキル」を追加できる点です。

 201803191542.jpg

Amazon Alexa スキル一覧表】には、2017年11月現在で「265のスキル」が掲載されています。

 タクシーが呼べる全国タクシーや、ネットでAM・FMが聴けるRadiko.jpクックパッドYahooニュース交通情報など「対応スキル」の種類は多いです。

 なかでも有用なのは「フラッシュニュース」機能で、NHKラジオニュースなど、数分で速報的なニュースをながしてくれます。

  201711180936.jpg

 なお、Amazonとマイクロソフトは、人工知能の「同盟」を結びます。

 そのため、Windowsシステムに搭載されるCortana(コルタナ)も呼び出して使えるようになる見込みです。ビジネス系に強いコルタナと、ショッピングに強いエコーの「同盟」は、将来性を考えても力強いでしょう。これによって、より高度なカレンダー・TODOなどの情報と結びついた分析ができるようになるでしょう。

3・家電リモコンとして使う!

 201809072107.jpg

 ・LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥7,601 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

 家電リモコン機能は、おそらく日本で、スマートスピーカーを導入する「きっかけ」としては、音楽サービス同様に、最も大きな動機になりそうです。

 アレクサもこの部分は重視していますが、Amazonは家電メーカーではないため、他社製のコントローラー(Wi-Fi送受信+赤外線信号発生装置)を利用することになります。


201809072103.jpg

 LinkJapan eHome
  ¥0 iTunes Store
 LinkJapan eHome
  ¥0 Google Play

 例えば、LinkJapan eRemoteという家電コントローラーは、「Alexa対応」です。そのため、上述のスマホアプリをインストールし、AmazonのAlexaサービスとリンク付けできます。

  201809072104.jpg

 「アレクサ!照明オン(オフ)」「アレクサ!TVオン(オフ)」「アレクサ!エアコンオン/オフ」などの音声入力で、家電が操作できるため、非常に便利です。

 なお、こうした機器については、このブログの【学習リモコンの比較記事】で詳しく説明しています。現状では、LINK JAPANやラトックシステムのスマート家電コントローラが、Alexa端末に対応しています。


 201807151222.jpg

 なお、Amazon Echo plusとEcho Showに限定されますが、「スマートホームハブ機能」があります。

 これは、Wi-Fiを使って家電を操作できるようにする規格です。Philips Hue のように、これに対応する製品ならば、別売のコントローラー無しでも家電の操作ができます。

 対応する製品は、こちらの【スマートホームハブ機能対応製品リスト】で、確認できますが、まだ発展途上です。


 201711181113.jpg

 なお、「上級者向き」ですが、IFTTTという無料ネットワークサービス【こちら】も利用可能です。

 これを介せば、lexaに対応しない家電コントローラーでも、Alexaで音声制御可能です。ただ、基本的に英語サイトで、かなり「上級者向き」です。

 できるかみ砕いて説明しますが、分からない方は、以下は、読み飛ばしても良いです。

ーー

 IFTTTについて簡単に言えば、例えば、もし、Amazon Echoの「アレクサ」にTVを付けて」とお願いしたとします。

 そうすると、そのお願い(コマンド)が、Wi-Fi経由で、ネットワーク上のIFTTPのサーバーに送られます。その後、IFTTTが、ご家庭の「家電コントローラー」に対して、『家電コントローラーからONの信号をつけて』と「命令」が送られます。

 このような「仲介者」的な役割をしてくれるので、「対応スキル」が用意されていない家電コントローラーでも操作できるという仕組みです。

 なお、Echo「IFTTT用のスキル」はないのですが、IFTTTはAmazonと正式に契約を結んでいるために、IFTTTのWebサイトにログインした後、ご家庭のEchoをIFTTPに登録することができます。

4・Kindle本を読んでもらう!

 201803191223.jpg

 Amazon Alexa(iOS)
  ¥0 iTunes (7/12執筆時)

 Amazon Alexa (Android)
  ¥0 Google Play (7/12執筆時)

 Amazonらしいサービスとしては、Kindleで買った本(文庫本)の読み上げサービスにも対応します。


 201803191559.jpg

 アプリ(ないし音声入力)から、該当する本を指示して、Alexaの声で読んで貰えます。

 「人間のようになめらか」とは行きませんが、「ボーカロイド」レベルではあるので、思った以上に使えます。

 201811031648.jpg

 なお、最近、Amazonは、ナレーター(声優)が本をちゃんと読んでいる【Audible (オーディブル)という新しい定額サービス をはじめました。こちらも要注目でしょう。1ヶ月の無料体験も可能です。

今回の結論
Amazon Alexa対応機器のおすすめは結論的にこちら!

 というわけで、、AmazonのEchoなど、Alexa対応のスマートスピーカーを紹介してきました。

 後半記事では、結論として、特に音質面を重視した場合のオススメ機種を提案しておきます。


 第1に、Alexaの声が聞き取りやすく、小音量でもしっかりしたサウンドが期待できる製品は、

  201811031619.jpg

 【サンドストーン】【第2世代】

 1・Amazon Echo Plus with Alexa
  ¥17,980 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

 【チャコール】【第2世代】

 2・Amazon Echo Plus with Alexa
  ¥17,980 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

 【ヘザーグレー【第2世代】

 3・Amazon Echo Plus with Alexa
  ¥17,980 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

スピーカー:360度全方位
ユニット: 2ウェイ
ユニット口径:20mm+76.2mm
再生周波数帯域:
センサー:温度センサー
本体サイズ:148x99x99mm

1・Amazon Musicの音質 ★★★★★
2・スマホ再生時の音質  
★★★★☆
3・Alexaの発声     
★★★★★★
4・小音量再生時の音質  ★★★★★

5・総合評価       ★★★★★

 Amazon Echo Plusでしょう。

 Alexaの声の聞き取りやすさについては、「専用設計」といえるこの機種は優秀です。声の発生において最も重要な中音域が充実し、聞き取りやすさの点では、サードパーティ製を凌ぎます。

 また、どの方向に向けても、聞き取りやすい声で発生をしてくれます。

 201811031621.jpg

 音質についても、一般的にどの音源にも柔軟に対応する作りであり、Amazon Musicのような圧縮音源の再生において、あまり「聴き劣り」はしません。

 とくに、聴き疲れのしにくさという点では、純正のこちらが優れています

 201811031628.jpg

 【第2世代専用】

 Echo Sub Echoシリーズ用サブウーファー
  ¥15,980 Amazon.co.jp(7/12執筆時)

 Echo Sub+Echo Plus(セット販売)
  ¥22,960 Amazon.co.jp(7/12執筆時)

 低音域の迫力については、音響メーカーの専用機に及びません。

 そのため、専用のサブウーファーである Echo Subを導入しても良いでしょう。

 201811031626.jpg

 一方、先述のように、2台でステレオ再生も可能にできますので、余裕があればこの仕組みを試しても良いでしょう。ただ、360度全方位スピーカーですから、音の定位(ステレオ感)を得るのは(普通より)難しいでしょう。

 その点で言えば、(どちらか1つに絞るならば)2本揃えるように、サブウーファーの導入の方が効果があるでしょう。

 設置性も、無指向性の360度スピーカーであり、また、形状もコンパクトなので、どこにでも置ける!というメリットもあります。

 保証やアフターケアも、(他社製と異なり)スピーカー本体の故障と、Alexaのソフト的な不良を切り分けずに、Amazonのサポートセンターを頼れるため、初心者の方は、とくにEchoシリーズがオススメです。

---

 201807151208.jpg

【チャコール】【第2世代】

 9・Amazon Echo with Alexa
  ¥11,340 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

【サンドストーン】【第2世代】

 10・Amazon Echo with Alexa
  ¥11,340 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

【ヘザーグレー】【第2世代】

 11・Amazon Echo with Alexa
  ¥11,340 Amazon.co.jp (7/12執筆時) 

スピーカー:360度全方位
ユニット:2WAY式
ユニット口径:16mm+63.5mm
再生周波数帯域:40Hz-20kHz
センサー:
本体サイズ:約193×166×166mm

1・Amazon Musicの音質 ★★★★☆
2・スマホ再生時の音質  
★★★★☆
3・Alexaの発声     
★★★★★
4・小音量再生時の音質  ★★★★★

5・総合評価       ★★★★☆

 一方で、完全に「流し聴き」のような用途であったり、ラジオ中心の利用、もしくは、寝室であまりボリュームを上げずに利用するならば、Echoを選ぶの良い選択肢でしょう。

 小型で設置性が良いですし。

 201809071752.jpg

 ただし、本体素材的の面で、経年変化でやや汚れやすい傾向にあるので、キッチンに置く場合は、金属製のEcho Plusのほうが汚れは目立たないでしょう。

 そちらをオススメします。

ーーー

 201807151122.jpg

 なお、Echoは、インターネットの聴き放題サービスを利用してこそ、満足感がえられるという類のものです。

 スピーカー入手前に、Amazon Music Unlimited30日間無料体験を登録して、自分に合った楽曲が利用できるか試すのは「あり」でしょう。

 聴き放題サービス自体は、EchoなどAlexa対応端末を入手せずとも、スマホ・PC・Macで試すことができます。このサービスと加入については、【Amazon Music Unlimitedの説明サイト 】をご覧ください。


 第2に、360度全方位スピーカー「1台」で充実した低音域を再生する場合に最適なのは、

 201809072114.jpg

 5・Harman Kardon ALLURE アルーア
  ¥13,964 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

スピーカー:360度全方位
ユニット: 3スピーカー+SW
ユニット口径:38mm×3+90mm
再生周波数帯域:40Hz-20kHz
センサー:
本体サイズ:約193×166×166mm

1・Amazon Musicの音質 ★★★★★★
2・スマホ再生時の音質  
★★★★☆
3・Alexaの発声     
★★★★☆
4・小音量再生時の音質  ★★★★☆

5・総合評価       ★★★★★

 ハーマン・カードンの360度スピーカーのALLUREです。

 試聴した中で、圧縮音源を含めて、従来の音楽スピーカーの基準から「最も品質が良い音」と感じるのはこちらです。

 201809072115.jpg

 Atlasは、ステレオスピーカー好きで、テクニクス社の結構な価格なトールボーイを愛用しています。

 しかし、インターネットの音楽サービスの再生レベルならば、それと引けを取らない音質を出せていたので、びっくりしました。

 ただし、音圧が強めで、落ち着いてゆっくり聴くと聴き疲れしてくる感じはあります。音量を下げてもその傾向はあるので、長時間の聞き流し用は、Amazon Echo Plusが向きます。

 また、100Wのサブウーファーを利用する場合の音圧もそちらに負けますが、ウーファーは、(特に下方の階に)響くので、住宅環境を考えて、この機種を選ぶというのありだと思います。

 201811031901.jpg

 【シルバー】

 7・Bose Home Speaker 500
  ¥50,760 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

 【ブラック】

 8・Bose Home Speaker 500
  ¥50,760 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

スピーカー:ステレオ
ユニット:フルレンジ
ユニット口径:woofer×2
再生周波数帯域:
センサー:
本体サイズ:約170×204×110mm

1・Amazon Musicの音質 ★★★★★★
2・スマホ再生時の音質  
★★★★★★
3・Alexaの発声     
★★★★★
5・小音量再生時の音質  ★★★★★★

6・総合評価       ★★★★★★

 ただし、予算に余裕があれば、Bose Home Speaker 500をオススメします。

 だいぶ高いですから「イチオシ」とは言えません。しかし、とくに、小音量時再生の音質バランスは「さすが」の一言です。寝室用などに向くと言えます。

 また、Alexaの反応(発声)についても、Amazon純正品を除けば、一番反応が良く、聴きとりやすかったです。


 第3に、Amazon music以外のスマホなどの音源を中心に聴く方におすすめなのは、

 201809072112.jpg

 4・ONKYO P3 VC-PX30(B)
  ¥6,380 Amazon.co.jp 7/12執筆時)

スピーカー:ステレオ
ユニット: フルレンジ
ユニット口径:64mm×2
再生周波数帯域:28Hz-20kHz
センサー:
本体サイズ:166.7× 201.5 × 106 mm

1・Amazon Musicの音質 ★★★★★
2・スマホ再生時の音質  
★★★★★
3・Alexaの発声     
★★★☆☆
5・小音量再生時の音質  ★★★☆☆

6・総合評価       ★★★★☆

 ONKYOが発売する VC-PX30(B)でしょう。

 Amazon Musicを利用するためにAlexa対応スピーカーをお探しならば、純正のEcho plusが良いでしょう。ただ、自所有のスマホ音源を聴きたい場合は、この機種は良い選択肢だと思います。

 Bluetoothを用いずに、Wi-FiでスマホからiTunesなどの音楽が伝送できるため、この用途での音は良いです。

 201807151133.jpg

 その場合の音質も、フルレンジ式のスピーカーらしく、聴き疲れしない中音域において音質が期待できる製品です。また、パッシブラジエーターを含めれば4機のユニットですから、低音部の厚みも十分あります。

 一方、完全な360度スピーカーではないので壁際設置が原則である点と、小音量再生が不得意なのが欠点ですね。

 Alexaの発声は、中音域が良いため割と聞き取りやすいですが、音楽とAlexaの声との音量のバランスは純正の方が優れるでしょう。

ーーー

 201907121822.jpg

 【各色】

 6・SONOS ONE
  ¥25,704 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

スピーカー:モノラル(サラウンド)
ユニット:2ウェイ式
ユニット口径:
再生周波数帯域:
センサー:
本体サイズ:約162×119.7×119.7mm

1・Amazon Musicの音質 ★★★★★
2・スマホ再生時の音質  
★★★★★
3・Alexaの発声     
★★★★☆
4・小音量再生時の音質  ★★★★☆

5・総合評価       ★★★★★

 一方、Apple MusicやSpotifyなど、かなり多くの音楽配信サービスを並行的に利用する「ヘビーユーザー」は、SONOS ONEが選択肢になり得ます。

 201907121903.jpg

  ただ、スピーカーはステレオ構成ではないため、音質にこだわりたい場合は、同じ機種を2台用意して、ペアリングする方向性が良いでしょう。


 第4に、画面付きで、スマートスピーカーを超えた利便性が得られる機種は、

 201811031520.jpg

 【チャコール】

 19・Amazon Echo Show
  ¥27,980 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

 【サンドストーン】

 20・Amazon Echo Show
  ¥27,980 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

 【チャコール】
 【Hueランプ付き特別モデル】

 21・Amazon Echo Show
  ¥27,980 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

 【サンドストーン】
  【Hueランプ付き特別モデル】

 22・Amazon Echo Show
  ¥27,980 Amazon.co.jp (7/12執筆時)

スピーカー:ステレオ
ユニット:2WAY式
ユニット口径:20mm×2+PR
再生周波数帯域:
液晶解像度:10.1インチ 1280×800
カメラ:5Mピクセル
センサー:温度センサー
本体サイズ:246 x 174 x 107 mm

1・Amazon Musicの音質 ★★☆☆☆
2・スマホ再生時の音質  
★★☆☆☆
3・Alexaの発声     
★★★★☆
4・小音量再生時の音質  ★★★☆☆

5・総合評価       ★★★★☆

 Amazon Showでしょう。

 201811031525.jpg

 Atlasは、Echo Spotを(2台も)持っていますが、「ホームハブ」として利用するには、画面が小さく、できる事が限られるということを実感しています。

 同時発売ならば、(絶対に)Amazon Showを選んでいたと思います。動画など、アマゾンのサービスを総合的に受けやすい点でも、こちらはオススメできます。

 201807151258.jpg

 ただし、内蔵スピーカーの音質には限界があるので、音質を重視する場合は、【Bluetoothスピーカーの比較記事】で書いたような外部機器を用いて、こちらはジャケット写真などの表示用にするのが良いでしょう。

補足:Amazon Alexa関連記事について

 というわけで、今回は、Amazonのエコーの紹介でした。

 201807111742.jpg

 なお、このブログには、スマートスピーカー関連記事として、以下のようなものがあります。

 ーー

1・各社のスマートスピーカーの比較
2・Amazonのエコーの比較
3・家電コントローラーの比較

 これらの記事もよろしくお願いします。

----

 また、最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで、話題を共有して頂ければ嬉しいです。

 (前半からの続きとなりますので、前半記事をご紹介いただけると、いっそう嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 19:45 | 情報家電

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png