比較2019’【まとめ】コードレス掃除機45機の性能とおすすめ・選び方(4)

2019年09月09日

比較2019’【まとめ】コードレス掃除機45機の性能とおすすめ・選び方(4)

今回の結論
コードレス掃除機のおすすめは結論的にこの機種!

 ども、Atlasです。

 今回は、コードレス掃除機の比較記事の4回目(最終回)です。 

1・強力なコードレス掃除機の比較(1)
2・強力なコードレス掃除機の比較(2)
3・軽量なコードレス掃除機の比較
4・コードレス掃除機のおすすめ 【結論】

 上記リンク記事にて比較してきた全商品から「最終的な」目的別・価格別のおすすめ機種をあげていきます。


 第1に、ワンルームマンションのメイン機、家庭用のサブ機としておすすめな軽量機は、

  201807121540.jpg

 【2018年発売開始】

 31・マキタ 充電式クリーナーCL108FDSHW
  ¥13,431 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

重さ:1300グラム(本体1000g)
吸い込み仕事率: 30W
標準駆動時間:標準25分
集塵方式:紙パック
充電時間: 22分

1・吸引力の強さ  ★★★☆☆
2・バッテリー量  ★★★★★
3・掃除機の軽さ  ★★★★★★
4・ヘッドの性能  ★★★☆☆
5・センサー性能  ★★★☆☆
6・ゴミ箱のサイズ ★★★★★
7・総合評価    ★★★★☆

 マキタ充電式クリーナーCL108がおすすめです。

 201807121927.jpg

 本体が1000グラムと軽量であり、取り回しやすさの点で高いメリット性があります。

 価格も相当安いため、1人暮らしの初心者などについて「財布に優しい」点も評価できるでしょう。

 ヘッドが簡易的であり、絨毯に対応する力はありませんが、フローリングや畳に住んでいる方の「メイン」の掃除機としても十分です。

 一方、「2台目のサブ機」として、フローリングなどのちょっとしたほこりや、ペットの毛の掃除などをするための2台目の掃除機としてもおすすめできます。

 201803271111.jpg 

 makita ダストバック 1枚入 A-43957
  ¥290 Amazon.co.jp
(3/9執筆時)

 マキタ 高機能ダストバッグ(1枚入り)A-58257
  ¥793 Amazon.co.jp
(3/9執筆時)

 なお、コスパを考えると、紙パックより、繰り返し利用できるダストバッグが有利です。また、製品に標準添付されているダストバッグ以外に、集塵力の高い高機能ダストバッグもあります。

 消耗品も安くアマゾンで手に入るので、こちらは、非常にお手軽なコードレス掃除機といえます。

 「蔦屋家電」などでもたまに特集される、「家電好きなら誰でも知っている」掃除機ですし、そうした意味での安心感もあります。


 第2に、「掃除好き」にとくにおすすめできる、フローリング向けの軽量機種は、

 201807121749.jpg

 【2019年6月発売】

 42・シャープ REACTIVE Air EC-AR3S-P
  ¥39,100 楽天市場 (9/9執筆時)

 【2018年2月発売】

 43・シャープ REACTIVE Air EC-AR2S-P
 43'・シャープ REACTIVE Air EC-AR2S-V
  ¥33,111 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

重さ:1500グラム
吸い込み仕事率: 非公開
標準駆動時間:20分
集塵方式:サイクロン式(ペーパーフィルタ不要)
充電時間: 80分

1・吸引力の強さ  ★★★★☆
2・バッテリー量  ★★★★★★
3・掃除機の軽さ  ★★★★★★
4・ヘッドの性能  ★★★★★
5・センサー性能  ★★★☆☆
6・ゴミ箱のサイズ ★★★★★
7・総合評価    ★★★★★★

 シャープのREACTIVE Airです。

 201807121844.jpg

 性能・デザイン面で「マキタの上位機種」といえる性能で、家庭用家電メーカーが「初めて真面目に作った」軽量機であり、「名機」です。

  201704091320.jpg

 本体の重さは、マキタより400g重い1500gとなります。

 しかし、回転ブラシ自体が付属しないマキタと比べると、回転式のエアータービンヘッドが付属するのは、推進力のほか、掃除の効率と、ゴミの取り残しやすさの面で「相当有利」です。

 一方、自走式ヘッド搭載の「重い掃除機」に比べても、本体重量が極めて軽いため、フローリングにおける操作性は全機種の中で「最上位」です。

 201704091308.jpg

 充電器を含めたデザイン性も良く、どこに置いても「見映え」がするデザイン家電です。

 本体の収納性も、収納スタンドなしに、壁際に立て掛けるだけで安定するため、良いといます。ゴミも直接手を触れずに捨てることができるサイクロン式です。

 201902251701.jpg

  SHARP バッテリー BY-5SB
   ¥6,980 楽天市場 (6/6執筆時)

 バッテリー持続時間は、標準で最大30分駆動できます。なお、バッテリーは1つ付属しますが、買い足すことも可能です。

 もちろん、マキタでも、十分手軽かつ軽快にフローリング掃除はできます

 ただ、設計が良いので、お掃除好きの方で、もし十分に予算があれば、こちらを「おすすめ」します。絨毯に対応しなくて良いならば、現状で最も軽量で、高性能な機種だと思います。

 201906061626.jpg

 なお、先述のように、2019年新機種から、モーターのパワーとヘッド構造が進化しています。

 ただ、フローリング+ラグ程度ならば、旧機種でも「十分強力」なので、値段差があるうちは、旧機種のほうがお買い得だと思います。


 第3に、カーペットやふとんも掃除でき、メイン機としても使える強力掃除機としては

  201906060804.jpg

 【2018年発売開始】

 【下位機種】(隙間ノズルなし)

 1・ダイソン V6 Slim Origin DC62 SPL
  ¥30,300 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

 【上位機種】(隙間ノズル付属)

 1・ダイソンV6 Slim Pro DC62 SPL PLS
  ¥24,800 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

重さ:2100グラム
吸い込み仕事率: 100W
標準駆動時間:20分
集塵方式・サイクロン式
充電時間・ 3時間30分

1・吸引力の強さ  ★★★★★★
2・バッテリー量  ★★★★★★
3・掃除機の軽さ  ★★★★☆
4・ヘッドの性能  ★★★★★★
5・センサー性能  ★★★★☆
6・ゴミ箱のサイズ ★★★★★
7・総合評価    ★★★★★★

 ダイソンV6 シリーズでしょう。

 201807121357.jpg

 絨毯(カーペット)に対応できる機種は、国内メーカーからも出ています。

 ただ、基礎となるパワーについては、18気筒のサイクロン11万回転のハイパワーモーターの力が特にものをいいます。

 その意味で、ダイソンの「信頼性」は安心感につながります。

 バッテリーは、標準運転で20分保ちますし、日本の家屋ならば十分「メイン機」として通用します。

 201705270034.jpg

 さらに、別に付属するミニモーターヘッドを使えば、ハンディクリーナーにもできます。ふとんの掃除に特化して使えば、引き布団やマットレスのダニ対策にも使える点も高評価できます。

ーーー

 201803270916.jpg

 【2018年発売開始】(一部在庫限り)

 【フローリング向け】

 7・ダイソン Dyson V10 Fluffy SV12 FF
   ¥46,260 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

 7・ ダイソン V10 Fluffy+ SV12 FF COM
   ¥48,800 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

 【じゅうたん向け】

 8・ ダイソン V10 Animal+ SV12 AN COM
   ¥72,667 楽天市場(dyson直販) (6/6執筆時)

 8・ ダイソン V10 Absolutepro SV12 ABL
  ¥51,838 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

重さ:2580グラム
吸い込み仕事率: 130W(推定)
標準駆動時間:40分
集塵方式・サイクロン式
充電時間・ 3 時間30分

1・吸引力の強さ  ★★★★★★★
2・バッテリー量  ★★★★★★
3・掃除機の軽さ  ★★★☆☆
4・ヘッドの性能  ★★★★★★
5・センサー性能  ★★★★☆
6・ゴミ箱のサイズ ★★★★★
7・総合評価    ★★★★★★

 ただし、予算が十分あるならば、ダイソン V10 を選ぶのが良いでしょう。

 201606111250.jpg

 掃除機のヘッドは、こちらも機種によって異なり、面倒ですが、復習しておくと、

 第1に、V10 FluffyV8 Fluffy+は、フローリングに向く、ソフトローラークリーナーヘッドが付属します。

 第2に、V10 Animalproは、絨毯に向く、ダイレクトドライブクリーナーヘッドが付属します。

 第3に、V10 AbsolutePro は、これらの両方のヘッドが搭載されるプレミアモデルです。

201803271006.jpg

 また、V10 V10 Fluffy+V10 Absolutepro は、これに加えて、フトンツール延長ホースアップセットアダプターも付属します。

 吸引力も、モーターの改良で入門機より強くなっていますし、バッテリーも、40分と長く使えます。

 201807121341.jpg

 ダイソンコードレスクリーナー 用壁掛け収納
  ¥6,980 Amazon.co.jp (3/9執筆時)

 しかし、便利な壁掛け収納が他社から出ていますので、こうしたものを利用すると良いでしょう。


 第4に、広めのご自宅で間断なく使える点でオススメできる強力機は、

 201807121728.jpg

【2017】【各色】

 25・シャープ FREED EC-SX530-P
 25・シャープ FREED EC-SX530-N
  ¥30,000 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

重さ:2400グラム
吸い込み仕事率: 非公開
標準駆動時間:〜30分
集塵方式・サイクロン式(ペーパーフィルタ不要)
充電時間・ 80分

1・吸引力の強さ  ★★★★★
2・バッテリー量  ★★★★★★
3・掃除機の軽さ  ★★★★☆
4・ヘッドの性能  ★★★★★
5・センサー性能  ★★★★☆
6・ゴミ箱のサイズ ★★★★★
7・総合評価    ★★★★★

 シャープのFREED EC-SX520でしょう。

 201612031229.jpg

 外付けバッテリーが2個付属し、しかもワンタッチで交換できるため、長めの絨毯などで連続的な強力運転した場合も、長時間、間断なく使える点が評価できます。

 201612031223.jpg

 車輪を利用した新型のモーターヘッドや、新しい給気機構、電気自動車にも利用される小型で高効率のSRモーターを使い、カーペットにも対応できるパワーを持っています。

 そのほか、自立できる本体設計で、別売の壁掛け収納を買わずとも良い点は、ダイソンより「財布には優しい」でしょう。

 ゴミセンサーも搭載していますし、弱点と言えば、サイクロンが圧縮式ではない点くらいです。

 性能面では最近のトレンドがほぼおさえられており、バランスがとれた良い機種だと思います。賃貸用に考えるならば、これが良さそうです。

 一方、ダイソンと比較した場合、パワーの点ではダイソンが強力です。そのため、ご自宅のほぼ全部の部屋が絨毯の場合で、コードレス掃除機を選ぶとすると、ダイソンです。そうでないならば、「ターボモード」もあるシャープも良いでしょう。


 第5に、壁際や細かい隙間部分まで綺麗に掃除したいと考えている方は、

 201902251454.jpg

 【2018年7月発売開始】

 【充電器・ロングホース付き】

 13・パナソニック MC-VGS8000-W
  ¥56,563 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

 14・パナソニック MC-SBU820J-W
  ¥77,400 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

 【充電器・ロングホースなし】

 15・パナソニック MC-VGS6000-R
  ¥49,800 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

 16・パナソニック MC-SBU620J-R
  ¥64,800 Amazon.co.jp (6/6執筆時)

重さ:2500グラム
吸い込み仕事率: 200W
標準駆動時間:40分
集塵方式・サイクロン式
充電時間・ 3時間0分

1・吸引力の強さ  ★★★★★★
2・バッテリー量  ★★★★★
3・掃除機の軽さ  ★★★☆☆
4・ヘッドの性能  ★★★★★
5・センサー性能  ★★★★★★
6・ゴミ箱のサイズ ★★★★★
7・総合評価    ★★★★★

 パナソニックのMMC-SBU820Jが良いでしょう。

 201902251511.jpg

 使い勝手の部分で、実際の運用を考えた場合、足で外してノズルで掃除したほうが操作性は良いです。

 201902251512.jpg

 壁際のゴミ取りの点では、日立のブーストサイクロンも良い機種です。

 ただ、壁際のほか、隙間への対応力を含めると、パナソニックの方が、最終的な掃除の完成度は高いでしょう。

 201902251506.jpg

 パワーの点でいえば、(6分間限定ながら)仕事率200%を表明できているのは、パナソニックのこの機種だけです。これは、カーペットに十分対応できる出力です。

 201902251525.jpg

 設置も、壁に立て掛けた状態で設置・充電できるため、賃貸用としても向いています。

 201902251457.jpg

 上位機は、自動車掃除に便利なロングホースのほか、充電台がつくため、さらに便利でしょう。

 結論的にいえば、部屋にモノがたくさんあり、日常的に綿ぼこりで悩んでいる方は、キッチリ隅まで掃除できるこの機種は、かなりのメリット性があるでしょう。

 201811041502.jpg

 その上で、高度なゴミセンサーも搭載されますので、「隅から隅まで徹底的に」というきれい好きの方に向きます。


 第6に、スティックとハンディタイプが併用できる掃除機としては、

 201811041659.jpg

 【2019年2月発売】

 51 ・日立 スティッククリーナー PV-B200G
  ¥22,365 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

重さ:2800グラム
吸い込み仕事率: 非公開
標準駆動時間:40分
集塵方式:サイクロン式
充電時間: 4時間00分

1・吸引力の強さ  ★★★★☆
2・バッテリー量  ★★★★★
3・掃除機の軽さ  ★★☆☆☆
4・ヘッドの性能  ★★★★★
5・センサー性能  ★★★☆☆
6・ゴミ箱のサイズ ★★★★★
7・総合評価    ★★★★★

 日立のスティックタイプの PV-B200Gが良いでしょう。

 性能が変わらないので、値段が安い間は、旧機種でも良いです。

  201409051321.jpg

 重さは、エルゴラピードやパナソニックの製品とさほど変わらないですが、自走式ヘッド圧縮サイクロン式を両方とも採用している点で、快適性はこちらの方が高いと思います。

  201612031109.jpg

 収納性も、自立可能や折りたたみ収納が可能な、こちらが良いと思います。


 第7に、階段がある一戸建てでの利用に便利そうなコードレス掃除機は

 201811041512.jpg

 【2019年8月発売】

 【上位機種】

 18 ・日立 パワーブースト PV-BH900G-N
 19 ・日立 パワーブースト PV-BH900G-R
  ¥63,196 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

 【2018年8月発売】

 【上位機種】

 21 ・日立 パワーブースト PV-BFH900-R
  ¥43,301 Amazon.co.jp (9/9執筆時)

重さ:2100グラム
吸い込み仕事率: 非公開
標準駆動時間:40分
集塵方式・サイクロン式
充電時間・ 3時間30分

1・吸引力の強さ  ★★★★★★
2・バッテリー量  ★★★★★
3・掃除機の軽さ  ★★★★☆
4・ヘッドの性能  ★★★★★
5・センサー性能  ★★★☆☆
6・ゴミ箱のサイズ ★★★★★
7・総合評価    ★★★★★

 日立の新型のPV-BEH900-Nでしょう。

  201909091519.jpg

 新機種のゴミレバーは便利ですが、値段的にお買得なのは2018年旧モデルでしょう。

  201711271337.jpg

 スマートホースが付属するため、キャニスター掃除機のようにも利用できますから。

 ロングホースだけならば、他社でも付属モデルがありますが、自走式ヘッドを取り付けられる機種は日立だけですから、階段や高所の掃除には、この構成は有利でしょう。

201811041514.jpg

 掃除機のヘッドは、自走式の「パワフルスマートヘッド」です。

 新型モーターでじゅうたん敷きにも対応できるパワーをもつのに加えて、独自の前後のフラップ構造で、「じゅうたんに引っ付きにくい」という面白い工夫もあります。

 難点は、充電時間ですが、それ以外の点では、メイン機として問題のないスペックです。

補足:掃除機の関連記事の紹介

 というわけで、今回は、スティック式の掃除機の話でした。

 201807131321.jpg

 なお、本ブログ「モノマニア」では、掃除機に関して以下のような関連記事があります。

1・サイクロン式掃除機の比較
2・紙パック式掃除機の比較
3・ロボット掃除機の比較
4・おすすめ掃除機の選び方 【まとめ】

 とくに5番の記事は、全体の「まとめ」としておすすめの選び方を書いています。こちらもよろしくお願いします。


  201803121523.jpg

5・1人暮らしに必要な家電の紹介記事

  また、このブログ「モノマニア」では、1人暮らし向けに必要な家電や家具類を20ジャンル以上まとめた記事もあります。

 新生活をはじめる方で、掃除機のほかに色々お探しのものがありましたら、このリンク記事もよろしくお願いします。

---

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどから話題を共有していただければ、嬉しいです。

 (全3回からの続き記事なので、1回目記事をご紹介いただけると嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 16:53 | 掃除機・掃除用品

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png