Top 文具と文房具 比較2020'【目的別】シュレッダー65機の性能とおすすめ:仕事用/家庭用 (2)

2020年08月03日

比較2020'【目的別】シュレッダー65機の性能とおすすめ:仕事用/家庭用 (2)

前編からの続きです。前編は→こちら


 202005012018.jpg

 【最大160枚】【2×10mm幅】

 【ゴミ箱23.5L】

 28・ アイリスオーヤマ AFS160M
  ¥39,000 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

 【ゴミ箱39L】(通常型番)

 29・ アイリスオーヤマ AFS160HM   
  ¥44,700 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

 【ゴミ箱39L】(特定量販店用型番)

 30・ アイリスオーヤマ KTF160HM   
  ¥52,624 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(2x10mm
最大投入枚数: 160枚
連続使用時間: 20分
裁断速度:1.9m/分
ゴミ箱容量:23,5リットル/39リットル
サイズ:幅430x奥行352x高さ520/710mm
切断種類:CD/クレカ/ホッチキス(10号針)
安全性能:
静音性:

 AFS160MAFS160HMは、アイリスオーヤマオートフィードシュレッダーの上位機です。

 201603181239.jpg 

 先ほど見た、上面に原稿を置くタイプの同社のクロスカット機と同型の上位機です。

 ゴミ箱のサイズの違いで、2モデルあります。

 

 コクヨ シュレッダー メンテナンスシート 13枚
  ¥941 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

 なお、39Lモデルは、流通経路の違いで2種ありますが、「特定量販店用型番」とあるモデルは、シュレッダー用のお手入れシートが「3枚」オマケで付く以外は、性能はおなじです。

 202005012024.jpg

 本体サイズは、「中型」は、幅435x奥行352x高さ520mm大型」は、 幅43.5×奥行35.2×高さ71cmです。

 大きな方は、背丈も高いので、場合によっては、作業効率が良いかもしれません。

 裁断サイズは、こちらもA4までです。

 切断方法は、本機はマイクロシュレッドに対応し、切断幅は2x10mmです。

 DIN規格は、高水準の「セキュリティレベル5」をクリアします。

 202005012028.jpg

 ゴミ箱のサイズは、「中型23.5リットルA4用紙約590枚ほど、「大型」は、39リットルで、A4用紙で960枚ほどで満タンです。

 同社のクロスカット機の下位機に比べて、マイクロシュレッドは圧縮率が高いため、このような優秀な数値になります。

 ホチキス針は、10号針まで対応します。25枚以上の厚綴じをしてあるような場合は、無理なようです。

  201603181239.jpg 

 同時切断枚数は、先述のように、用紙を載せる台がつくため160枚まで同時に処理ができます。

 速度的には同時に6枚まで処理しつつ、1.9m/分となります。

 あまり速くはないですが、置きっぱなしにできるので問題ありません。

 202005012030.jpg

 使用時の安全対策は、オートリバース機能を搭載しており、紙詰まりによる危険なメンテが防止できます。

 訪問修理は、非対応です。

 カード・メディア切断は、CD/DVD/クレジットカードの裁断に対応します。

 静音性は、本機については非公開です。

---

 以上、アイリスオーヤマAFS160M とAFS160HMの紹介でした。

 大量処理に向くオートフィードシュレッダー式であり、かつ、「セキュリティレベル5」をクリアしている点で優れる機種です。

 一方、同社のクロスカット機より、値段が相当高い点と、静音性の部分が不明瞭なのが、ネックではあります。

 ただ、作業効率は良いですし、職場に(騒音を含めて)邪魔にならない専用スペースがああるならば、本機を選ぶのも良いでしょう。


  201910141335.jpg

 【2017/8】

 31・ アイリスオーヤマ AFS100M
  ¥20,640 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(2x10mm)
最大投入枚数: 100枚
連続使用時間: 15分
裁断速度:1.9m/分
ゴミ箱容量:22リットル
サイズ:幅345x奥行240x高さ556mm
切断種類:クレカ/ホッチキス(11号針)
安全性能:
静音性:65db

 AFS100M は、アイリスオーヤマシュレッダーです。

 201901121506.jpg

 本体サイズは、幅34.5x奥行24.0x高さ55.6cmです。

 こちらは、100枚まで対応ですが、上図の様に、縦に紙をセットするシートフィード式なので、他機よりとくに奥行がスマートです。

 裁断サイズは、A4までです。

 切断方法は、マイクロシュレッド対応で、切断幅は2x10mmと優秀です。

 DIN規格は、したがって、「セキュリティレベル5」です。

 201901121512.jpg

 ゴミ箱のサイズは、22リットルです。

 マイクロシュレッド対応機とはいえ、やや小さめです。

 ホチキス針は、11号針まで対応します。

 同時切断枚数は、シートフィードに載せる形で100枚まで同時に処理ができます。

 ただし、定格裁断枚数は4枚で、裁断速度は、1.9m/分となりますので、処理が終わるまで時間はかかります。

 使用時の安全対策は、刃の部分にアクセスが起こるこのタイプの場合重要です。

 しかし、オートリバース機能が付属しません

 訪問修理は、非対応です。

 カード・メディア切断は、プラスチックカードのみ対応です。

 静音性は、情報がありません。

---

 以上、アイリスオーヤマAFS100M の紹介でした。

 比較的低価格で、大量の自動処理ができ、かつ、セキュリティレベル5をクリアしており優秀です。

 201901121506.jpg

 ただ、家庭用のプリンターの用に上部から挿す方式は、本体コストが安くできる反面、処理中に異常終了するリスクが高いです。

 オートリバース機能もないので、アイリスオーヤマから選ぶとしても、この用途では、一般的な「横に原稿をセットするタイプ」が良いでしょう。 

−−

 201910141338.jpg

 【最大60枚】【2×10mm幅】

 32・ アイリスオーヤマ AFS60M
  ¥14,400 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(2x10mm
最大投入枚数: 60枚
連続使用時間: 20分
裁断速度:2,3m/分
ゴミ箱容量:13.7リットル
サイズ:幅328x奥行226x高さ468mm
切断種類:ホッチキス(11号針)
安全性能:
静音性:

 【最大60枚】【4×10mm幅】

 33・ アイリスオーヤマ AFS60C
  ¥10,280 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(4x10mm)
最大投入枚数: 60枚
連続使用時間: 15分
裁断速度:2,3m/分
ゴミ箱容量:13.7リットル
サイズ:幅328x奥行226x高さ468mm
切断種類:ホッチキス(11号針)
安全性能:
静音性:

 【最大100枚】【4×10mm幅】

 34・ アイリスオーヤマ AFS100C
  ¥15,984 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(4x10mm)
最大投入枚数: 100枚
連続使用時間: 10分
裁断速度:1,9m/分
ゴミ箱容量:22リットル
サイズ:幅345x奥行240x高さ556mm
切断種類:クレカ/ホッチキス(11号針)
安全性能:
静音性:

 なお、同じ給紙方式を採用する機種は、ほかにも3タイプあります。

 いずれもかなり安いですが、オートリバースがない部分などは、同様です。

 やはり、同社から大量処理タイプを選ぶならば「原稿横置きタイプ」でしょう。

今回の結論
業務用シュレッダーのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回の前編記事(こちら)では、現在最新機種のシュレッダーを紹介しました。 

 最後に、いつものように、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種をあげておきたいと思います。


 第1に、比較的低価格で、「個人用の大きめ」としても向くシュレッダーとしておすすめできるのは、

 201904131308.jpg

 【2019】【白】

 13・アコ・ブランズ・ジャパン GCSSM20M
  
¥28,800 Amazon.co.jp  (8/3執筆時)

 【2017】【黒】

 14・アコ・ブランズ・ジャパンGSHM07M
  ¥17,418 Amazon.co.jp  (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(2x12mm
最大投入枚数: 9枚
連続使用時間: 10分
裁断速度:2.3m/分(2.2m/分)
ゴミ箱容量:20リットル
サイズ:幅35.0x 高さ54.0 x 奥行25.6cm
切断種類:ホッチキス/CD/クレジット
安全性能:オートリバース機能
静音性:47dB

1・裁断の細かさ ★★★★★
2・処理速度   ★★★★★
3・ゴミ箱容量  ★★★★☆
4・耐久性    ★★★★☆
5・総合評価   ★★★★☆  

 アメリカのアコブランズGCSSM20Mでしょう。

 新旧ありますが、スピードがほんのわずか違う程度なので、格安の旧モデルが良いと思います。

  201805301643.jpg

 裁断幅は、マイクロシュレッド(2×12mm)です。

 「セキュリティレベル5」の製品が、この価格で買える点が非常に魅力です。

 201809201112.jpg

 最大投入枚数は、やや少なめで、定格運転時間も短いですが、ゴミ箱20リットルで、本体の設置性を良くしているタイプで。

 個人用としては、「必要十分」でしょう。

 安全面も、高級機とそうでない機種をわける基準と言える「オートリバース」に対応します。

 その上で、過熱警告・半ドア警告・インターロックスイッチなど、この部分の水準の高さも強調できる機種です。

 静音性も、47デシベルですから、家庭での利用にも向く水準だと言えます。

---

 結論的にいえば、個人用として、オフィスの机の横に置くならば、この機種が、費用対効果が最も高そうです。

ーーー

  201910141324.jpg

 9・オーロラジャパン 業務用 AS1236C
   ¥14,518 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

切断方法:ミニクロスカット
裁断サイズ:A4まで4x12mm
最大投入枚数: 12枚
連続使用時間: 8分
裁断速度:1.8m/分
ゴミ箱容量:25.4リットル
サイズ:幅29.2x 高さ55.0 x 奥行35.5cm
切断種類:ホッチキス/CD/クレジット
安全性能:
静音性:65db

1・裁断の細かさ ★★★★☆
2・処理速度   ★★★★☆
3・ゴミ箱容量  ★★★★★
4・耐久性    ★★★★☆
5・総合評価   ★★★★☆  

 ただ、セキュリティレベル5である必要性がない方については、オーロラジャパンが販売しているシュレッダーでもよいでしょう。

 201809201109.jpg

 裁断幅は、普通のクロスカットよりは細かい、4×12mmミニクロスカットですし、ゴミの圧縮性は期待できます。

 加えて、ゴミ箱容量も多少大きいメリット性もあります。

 ただ、静音性の部分と、オートリバースが付属しない点で差はあるので、Atlasが個人的に選ぶならば、アコブランズでしょうか。


 第2に、業務用シュレッダーとして、性能とコスパが両立した機種としておすすめできるのは、

  201910141439.jpg

 【2019年】

 15・アコ・ブランズ・ジャパン GCSSM30M
  ¥39,167 Amazon.co.jp  (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(2x12mm
最大投入枚数: 11枚
連続使用時間: 15分
裁断速度:2.2m/分
ゴミ箱容量:30リットル
サイズ:幅38.0x 高さ60.8 x 奥行29.0cm
切断種類:ホッチキス/CD/クレジット
安全性能:オートリバース機能
静音性:55dB

1・裁断の細かさ ★★★★★
2・処理速度   ★★★★★
3・ゴミ箱容量  ★★★★★★
4・耐久性    ★★★★☆
5・総合評価   ★★★★★

 アメリカのアコブランズGCSSM30M でしょう。

 それなりの価格がするモデルですが、業界最高水準の2×10mmのマイクロシュレッドに対応します。

201805301643.jpg

セキュリティ 裁断面積(縦×横) 基準幅
レベル4 160㎟ 6mm
レベル5 30㎟ 2mm
レベル6 10㎟ 1mm

 裁断幅は、マイクロシュレッド(2×12mm)です。

 したがって、「セキュリティレベル5」に合致する機種です。

 201805301645.jpg

 ゴミ箱も、30Lありますし、マイクロシュレッドは、ゴミの圧縮率も高いため、オフィスでも問題ないでしょう。、500枚以上の書類の切断に耐えるサイズです。

 安全装備も、オートリバースをしっかり装備します。その上で、ゴミ量センサー(満杯センサー)もあります。

 同時切断枚数も、11枚/分と、通常利用時には、利便性を削がないレベルをキープします。

 耐久性の面でも、ホチキスやクリップの裁断に対応する点から高いと言えます。

 一方、サイズ感からすると、家庭用には大きいので、その場合は、設置スペースだけは注意が必要です。


 第3に、業務用として処理速度が速く、堅牢性も十分なシュレッダーを探している方は、

  201904131212.jpg

 19・明光商会 MSR-15MCM
  ¥43,480 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(2x10mm)
最大投入枚数: 15枚
連続使用時間: 15分
裁断速度:2.7m/分
ゴミ箱容量:26.5リットル
サイズ:幅43.5×高さ64.0 × 奥行30.2cm
切断種類:CD/DVD/クレジットカード
安全性能:オートリバース機能
静音性:

1・裁断の細かさ ★★★★★
2・処理速度   ★★★★★★
3・ゴミ箱容量  ★★★★☆
4・耐久性    ★★★★★★
5・総合評価   ★★★★★★  

  201904131250.jpg

 20・明光商会 MSR-17MCM
  ¥52,555 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(2x10mm)
最大投入枚数: 15枚
連続使用時間: 30分
裁断速度:3.0m/分
ゴミ箱容量:34.1リットル
サイズ:幅43.0×高さ64.0 × 奥行30.2cm
切断種類:CD/DVD/クレジットカード
安全性能:オートリバース機能
静音性:

1・裁断の細かさ ★★★★★
2・処理速度   ★★★★★★★
3・ゴミ箱容量  ★★★★★
4・耐久性    ★★★★★★
5・総合評価   ★★★★★★★

 会社などの備品として、耐久度の高い製品を揃えるならば、明光商会のシュレッダーでしょう。

  201603181129.jpg

 切断性能は、2x10mmのマイクロシュレッドに対応します。

 その上で、裁断枚数が15枚、速度は3.8m/分とスピードが相当速いです。

 さらに、明光商会については 日本のシュレッダー会社では、唯一訪問修理網を持っています。 201904131119.jpg

 もちろん、安全性・堅牢性が高レベルな点も評価できるでしょう。

 とくに、クリップの裁断にも公式対応する頑丈さは、国内メーカーならではです。

 シュレッダーの耐用年数は5年なので、法人の場合、この機種ほど堅牢なものを揃えても良いと思います。 


 第4に、主に業務用で、大量に書類をシュレッダーに掛けることが予想される方ですが、

  201809201137.jpg

 【130枚対応】

 25・アコ・ブランズ・ジャパン GSH130AFM
  ¥52,476 Amazon.co.jp  (8/3執筆時)

 【200枚対応】

 26・アコ・ブランズ・ジャパン GSH200AFM
  ¥43,980 Amazon.co.jp  (8/3執筆時)

 【300枚対応】

 27・アコ・ブランズ・ジャパン GCS300AFM-ST
  ¥79,800 Amazon.co.jp  (8/3執筆時)

切断方法:マイクロシュレッド
裁断サイズ:A4まで(2x15mm
最大投入枚数: 130枚
連続使用時間: 10分
裁断速度:1,6m/分
ゴミ箱容量:26リットル
サイズ:幅310x奥行435x高さ445mm
切断種類:CD/クレカ/ホッチキス(10号針)
安全性能:
静音性:

1・裁断の細かさ ★★★★★
2・処理速度   ★★★★★(オート)
3・ゴミ箱容量  ★★★★☆
4・耐久性    ★★★★★
5・総合評価   ★★★★★  

 オートフィード型アコブランズ社のこちらのシュレッダーが良いでしょう。

 201603181254.jpg

 原稿をセットする方式ですが、 「セキュリティレベル5」のマイクロシュレッドタイプで、機密書類の裁断も安心です。

 また、こちらの機種の場合は、CD/DVD/クレジットカードが切断できるだけではなく、ホッチキスの針も対応する点も便利です。

 サイズ的にも、家庭や、オフィスの個人用としても使えるほどで、利便性も高いでしょう。


 第5に、機密書類・個人情報を扱う仕事で最大限のカット精度を期待する場合は、

  201809201147.jpg

 21・フェローズ JB-315SR 4705501
  ¥71,057 Amazon.co.jp (8/3執筆時) 

切断方法:マイクロスパイラル
裁断サイズ:A4まで(2x2mm
最大投入枚数: 8枚
連続使用時間: 20
裁断速度:2.0m/分
ゴミ箱容量:34リットル
サイズ:幅43.0 x 高さ70.0x 奥行35.9cm
切断種類:
安全性能:オートリバース機能
静音性:

1・裁断の細かさ ★★★★★★★★
2・処理速度   ★★★★★
3・ゴミ箱容量  ★★★★★
4・耐久性    ★★★★★
5・総合評価   ★★★★★★  

 米国のフェローズJB-315SRでしょう。

 201809201205.jpg

セキュリティ 裁断面積(縦×横) 基準幅
レベル4 160㎟ 6mm
レベル5 30㎟ 2mm
レベル6 10㎟ 1mm

 DIN規格における「セキュリティレベル6」をクリアした製品は、(市販品では)これ以外ないと思います。

 2×10mmの場合、縦方向にはフォントが読める水準なので、「紙の溶解処理」に準じる精度を要求するならば、最高性能のこちらが唯一でしょう。

 ただし、用途的には「相当に特殊」ですので、この点は勘違いしないでください。

補足:シュレッダーのメンテナンス

 最後に「おまけ」で、メンテナンスの話です。

 201809201212.jpg

 GBC シュレッダメンテナンスシート OP12S
  ¥753 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

 シュレッダーは、いわば「刃物」なので、メンテをしないと切れ味が鈍ります。

 細断精度にも影響を与えるため、メンテナンスシートを定期的に使うことをおすすめします。使い方は単純で、このシートをシュレッダーにかけるだけです。

 こちらは、アコ・ブランズ・ジャパンの純正品ですが、仕組み上、どれを使っても変わらないでしょう。

  201809201213.jpg

 シュレッダー用 ゴミ袋 S 静電気抑制(100枚)
  ¥1,896 Amazon.co.jp (8/3執筆時)

 また、シュレッダーにゴミ袋を利用する場合、静電気が帯電しないものを選ぶ方が良いです。

 100枚入りの製品が発売されています。今回紹介したシュレッダーの場合(業務用でも小さめなので)Sサイズが適合します。 

ーーー

というわけで、今回は業務用のシュレッダーを紹介しました。

  201603181047.jpg

1・業務用の中型・大型シュレッダー
2・家庭用の小型シュレッダー

 なお、このブログには、もう少し小さめのシュレッダーを紹介した記事も別にあります。

 上記2番の記事になりますが、家庭用として、いくぶん小さなモデルも合わせて比較したい場合は、ご覧ください。

ーー

 また、最後になりましたが、もし今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどから話題を共有していただければ嬉しいです。

 (前半からの続きとなりますので、前半記事をご紹介いただけると、いっそう嬉しいです)

 ではでは。

posted by Atlas at 16:16 | 文具と文房具

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png