比較2019'【誰でもプロ級!】電動コーヒーミル26機のおすすめ・選び方:手挽と電動ミルの違いなど (2)

2019年08月29日

比較2019'【誰でもプロ級!】電動コーヒーミル26機のおすすめ・選び方:手挽と電動ミルの違いなど (2)

 前編からの続きです。前半記事は→こちら

今回の結論
コーヒー豆を挽くのに最適なミルは結論的にこの機種!
 

 というわけで、前編記事(こちら)では、コーヒーミル(グラインダー)について紹介しました。

 最後にいつものように、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種について書いておきたいと思います。


 第1に、性能と価格をふまえて、もっともオススメといえるコーヒーミルは?

   201810191056.jpg

 12・デロンギ コーン式グラインダー KG364J
  ¥9,241 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

ミル方式:カッティングミル式
極細挽き:対応
ポッパー容量:110g

 デロンギのコーヒーグラインダーのKG364Jでしょう。

 201806201857.jpg

 比較的格安ですが、熱でフレーバーが飛びにくいカッティングミル方式を採用している点が評価できます。

 この構造は、挽いた粉の均一性が高く高水準であるため、かなり美味しいコーヒーを期待できます。

 据え置き型にはなりますが、大きさも、幅135×奥行195×高さ275mmとコンパクトです。

 さらに、動作音も抑えられているので、家庭用としてオススメです。粗挽きのフレンチプレスから、細挽きのエスプレッソ用の粉まで挽ける汎用性も「売り」ですね。

−−

  201810191034.jpg

 13・デロンギ デディカ KG521J-M
  ¥19,124 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

ミル方式:カッティングミル式
極細挽き:対応
ポッパー容量:120g

 おなじく、エスプレッソにも対応できるデロンギのデディカ KG521J-Mもオススメです。

 新型の低速モーターの採用で香りがさらに飛びにくく、ミルの改良で、豆の均一性も高まっているため雑味も出にくいでしょう。

 値段差なりの性能の向上を期待できます。ただし、性能が良い分、幅15.5×奥行25.5×高さ38cmとサイズ感はあるので、キッチンの広さから、下位機種を選択することも必要でしょう。


 第2に、5000円以下の予算で、気軽な家庭用として選ぶ場合にオススメできるのは、

   201810191101.jpg

 5・ラッセルホブス グラインダー 7660JP
  ¥4,280 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

ミル方式:プロペラ式
極細挽き:非対応
ポッパー容量:60g

 臼式のメリタの「パーフェクトタッチ2」と迷いました。

 しかし、ミキサー式のラッセルホブズ社のコーヒーグラインダーをオススメします。

 臼式にくらべて手入れが楽ですし、12.5×12.5×21.5cmと使わないときは収納できるサイズですから。

 201806201900.jpg

 また、味の点でも臼式よりは熱が入りにくいですし、ケースの形状に工夫があり、挽いた豆の均一性の点でもこの機種が最も期待できると思います。

ーーー

 201803051216.jpg

 1・メリタ ECG62-3W
 2・メリタ ECG62-1B
  ¥2,980 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

ミル方式:プロペラ式
極細挽き:非対応
ポッパー容量:70g

 一方予算が限られている方は、メリタセレクトグラインドでも良いでしょう。

 201806201858.jpg

 コップが取り外して洗えないという端点を抱えますが、必要十分のコーヒー粉は得られます。

 ただし、細かい挽きカスは毎回手入れしないと、コーヒーの味を落とす原因になるので、注意してください。豆の均一性の点では、動作を途中で止めて攪拌しながら回すと、意外と上手に挽けます。


 第3に、予算を考えず家庭用の最高性能の機種を選ぶとすると、

 201803051213.jpg

 22・ナイスカットミル NEXT G グリーン
 23・ナイスカットミル NEXT G ブルー
   ¥34,340 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

ミル方式:カッティングミル式
極細挽き:対応
ポッパー容量:100g

 家庭用として、都度挽く使い方ならば、カリタのナイスカットNEXTGでしょう。

 大きめ機種としては、一度に挽ける量は少なめで、速度もゆっくりですが、万全な静電気対策は使い勝手の部分で非常に有利です。

 業務用機で培われたノウハウが十分活かされた商品で、こちらの商品自体もロングセラーでの人気商品です。そういった意味での安心感もあります。  

 201806201857.jpg

 挽き加減も、粗挽きから極細挽きまで選択可能ですので、エスプレッソ用にも使え、この点で不満に感じる方はいないでしょう。

ーーー

  201803051214.jpg

 24・フジローヤル みるっこDX レッド R-220
 25・フジローヤル みるっこDX ブラック R-220
   ¥46,500 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

ミル方式:カッティングミル/臼式
極細挽き:対応
ポッパー容量:110g

 ただし、喫茶店などで備えるならば、ナイスカットGよりも大量かつ高速に挽くことができるこちらでしょう。

 味の面でもコーヒー粉の均質性は、ここで紹介した機種のなかで最も良いと言えます。そのため、通常のコーヒーの味は、こちらのほうが上でしょう。耐久性の面でも刃を含めて頑強な本体ですので、小規模な喫茶店などの業務用に向きます。

 ただし、家庭用と考えた場合、結構静電気を帯びる点で、キッチンでの使い勝手はイマイチです。家庭に置くならば、家庭用「専用設計」であるナイスカットNEXTGのほうが、一般的には良いでしょう。

補足:コーヒー関連記事の紹介

 以上、今回は、コーヒーグラインダーを比較してみました。

 最後に「おまけ」です。

  201810101058.jpg

おすすめコーヒー豆の比較記事

 このブログでは、コーヒ豆については、産地別の味の違いと特長について、以上の記事でまとめています。こちらもよろしくお願いします。

----

 加えて、このブログでは、以下のようなコーヒーメーカーの記事もあります。

1・紙フィルタ式コーヒーメーカー
2・全自動コーヒーメーカー
3・ペーパーレスコーヒーメーカー
4・
ネスレのカプセルコーヒーメーカー
5・
デロンギのエスプレッソメーカー
6・コーヒーメーカーのまとめ 【結論】

 関連記事としては、以下のようなものもあります。

7・ペーパードリップ用の電気ケトル
8・断熱対応コーヒー用マグカップ

 これらの記事もよろしくお願いします。

 また、最後になりますが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 前編からの続きですので、前半記事をご紹介いただけると、いっそう嬉しいです!

 ではでは。

posted by Atlas at 18:32 | 珈琲関連の家電

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png