Top ノートPC・タブレット 比較2020'【安いが高性能】小型ノートPC28機の特長とおすすめ:ASUS レノボ HP デル(10.1型 11.6型 13.3型) (2)

2020年02月18日

比較2020'【安いが高性能】小型ノートPC28機の特長とおすすめ:ASUS レノボ HP デル(10.1型 11.6型 13.3型) (2)

前編からの続きです。前編は→こちら


 201911171834.jpg

 【2019年1月登場】(後継機あり)

 28・Microsoft Surface Laptop 2 LQL-00025
  ¥112,400 Amazon.co.jp (2/18執筆時)

CPU:intel Core i5 8250U 1.8GHz
メモリ:8GB
ストレージ:128 SSD
モニター:13.5型 2256×1503(201ppi)

ドライブ:
重さ: 1.26kg
サイズ:308.1x223.27x14.48 mm
接続:USB 3.0×1 Mini DisplayPort×1
通信:Bluetooth 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー:最大14.5時間
カメラ:HDカメラ(背面) +前面カメラ
OS: Windows 10S(64 bit)
保証:1年間

 Surface Laptop 2は、2019年1月発売のマイクロソフトのノートPCです。

 201807141653.jpg

 こちらについては【Microsoft Surfaceの比較記事】でも詳しく紹介した「Surface Laptop 2」廉価モデルという位置づけです。

 今回の「10万円以下」という基準を少々オーバーはしますが、インテル純正のCorei5以上を搭載して、かつ、オフィスが付属しているモデルでは「最安」といえます。

 OSとオフィスソフト部分にお金をかけなくて済むマイクロソフトだからこそできた「やや反則的な製品」でしょう。

 201911171843.jpg 

 本体の重さは、1250グラムです。

 13インチ前後の最近のモバイルPCとしては平均的な重さで、薄さが1.4cmである点からも、持ち運びやすいと言えます。

 OSは、Windows.10S です。

 こちらは、通常のWindows10と異なり、Windows Store以外からのアプリケーションのインストールができないOSです。教育機関で管理しやすいような仕様です。

 ただし、こうした制限については、(不可逆的に)簡単に解除可能です。その場合は、(普通の)Windows 10 Proとして運用できます。 

 201807141657.jpg

 画面サイズは、13.5インチです。

 また、こちらは、フルハイビジョン画質を超える、13.5 インチPixelSenseディスプレイを採用します。

 画面密度は201ppiですので、Macbookでいうところの「Retinaグレード」をクリアした高詳細ディスプレイです。

 iPhone並の解像度を期待できる点で、格安のノートPCと一線を画します。 

 さらにマイクロソフトの場合、タッチパネルを採用している点が見所です。Windows系OSはタッチパネルへの対応力が高いからでしょう。

 なお、タッチペンSurface ペン)も利用可能ですが、別売となります。

 201911171846.jpg

 CPUは、第8世代 intel Core i5 8250U 1.8GHzを採用します。

 スコア的には、AMDのRyzen5と同等な4コアですが、インテル純正のCPUという点で信頼性はあります。

 メモリは、8GBです。

 201803281211.jpg

 内蔵ストレージ(ストレージ)は、高速のSSDドライブを採用します。

 容量は、128GB とやや割り切っています。

 バッテリーは、14.5時間ほど保ちます。

 ノマドワークにも問題ない水準です。

 ネットワーク機能は、こちらも、Wi-Fi 802.11acという最新の高速規格にも対応します。

 もちろん、Bluetooth無線も搭載されます。

 201905111349.jpg

 OfficeソフトOffice Home & Business Premium 2019が付属します。

 なお、Officeソフトについては、このブログでは、【必要ソフト別Office 2019の選び方と激安購入法】という記事がありますので、ソフト構成など、詳しくはそちらをご覧ください。

 カメラは、前面と後面に2つ搭載されます。ただ、用途としてタブレットのように使うものではないので、背面カメラも720pHDカメラと最低限です。

 光学ドライブは、未付属です。

 なお、利用可能な外付けディスクについては、最後にまとめて書きます。

---

 以上、Surface Laptopの紹介でした。

 こちらは、教育機関向け製品であり、一般市場向けとは言えない部分も見られます。

 ただ、フルハイビジョン画質を超える液晶を装備した、高画質として、需要がありそうです。

 バッテリー持続時間も長いです。

 冒頭にも書きましたが、快適性が高いと言える「スコア8000」を越えるレベルのインテル純正のCPUを「マスト」とした上で、Office込みで10万前後とするならば、この機種以上にお買得な機種は、実際、あまり見られません。

今回の結論
激安ノートパソコンのおすすめは、結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、前編記事(こちら)から、モバイル用の格安ノートパソコンを比較してきました。

 最後に、いつものように、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種を提案したいと思います。


 第1に、超小型の格安「ネットブック」として、現在おすすめできる製品は、

 201911171538.jpg

 【2018年12月発売】

 1・ASUS TransBook T101HA-64MGZP
 2・ASUS TransBook T101HA-64PGZP
 3・ASUS TransBook T101HA-64GRZP
   ¥42,720 Amazon.co.jp (2/18執筆時)

CPU:Atomx5 Z8350
メモリ:4GB
ストレージ: 64GB(eMMC)
モニター:10.1型 1,280×800ドット
グラフィックス:Intel HD Graphics 400
ドライブ:なし
重さ: 1.08kg
サイズ:幅26.1×奥行き17.5×高さ2 cm
接続:microHDMI, USB2.0×1 microUSB×1
通信:Bluetooth 4.1 11ac/b/g/n
バッテリー:最大12.8時間
カメラ:192万画素
OS:Windows 10 Home 64ビット
保証:1年間(液晶のみ3ヶ月)

1・マシンパワー   ★★★☆☆
2・読み書き速度   ★★★★☆
3・ストレージの量  ★★★☆☆
4・軽量性      ★★★★★
5・バッテリーの保ち ★★★★★
6・画面の見やすさ  ★★★☆☆
7・総合評価     ★★★☆☆

 台湾のASUSが発売するVivoBookT101HAでしょう。

 201803031007.jpg

 このサイズは、ASUS手を引いてあまり選択肢がないです。

 しかし、ネットブックブーム時代からの古豪である同社の製品の製品は、タブレットとしても使える2-in-1式という点で、新しさもあります。

  201911171726.jpg

 CPUは、4コアとはいえ、ATOMなのであまり期待できないとはいえ、ブラウジングや、動画視聴などなら、難なくこなせます。

  201904301104.jpg

 その上で、先述のように、このサイズに限っては、オフィスモバイルの編集機能が無料なので、超小型のサブノートとして、格安で「ワープロ」できます。

 メインマシンとしては「全くおすすめできない性能」ですが、用途を選べば、面白く使えそうです。


 第2に、2台目のセカンドマシンとして、ビジネスモバイルに使うのに向く格安機は、

 201911171652.jpg

 【2019】

 【下位機種】

 11・DELL Inspiron 11 3000 2-in-1 3195
   ¥48,400 Amazon.co.jp (2/18執筆時)

CPU:AMD A6-9220e
メモリ:4GB
ストレージ: 64GB(eMMC)

 【上位機種】

【Officeなし】

 12・DELL Inspiron 11 3000 2-in-1 3195  
   ¥59,980 DELL直販 (2/18執筆時)

【Office付属】

 13・DELL Inspiron 11 3000 2-in-1 3195  
   ¥49,980 DELL直販 (2/18執筆時)

CPU:AMD A9-9420e
メモリ:4GB
ストレージ: 64GB/128GB(eMMC)

モニター:11.6型 1,366×768
グラフィックス:Intel HD Graphics
ドライブ:なし
重さ: 1.16kg
サイズ:幅26.2×奥行17.2×高さ15.7 cm
接続:microHDMI, USB3.0×1 MicroUSB×1
通信:Bluetooth4.0 11b/g/n
バッテリー
カメラ:付属
OS:Windows 10 Home 64ビット
保証:1年間

1・マシンパワー   ★★★★☆
2・読み書き速度   ★★★★☆
3・ストレージの量  ★★★☆☆
4・軽量性      ★★★★★
5・バッテリーの保ち ★★★★★
6・画面の見やすさ  ★★★★☆
7・総合評価     ★★★★☆

 おすすめは、「場合分けで」2機種あります。

 まず、PC上級者で、しっかり、外部ストレージや、ネット上の「クラウドディスク」を使いこなせる方については、DELL Inspiron 11 3000 2-in-1が良いでしょう。

 201806171328.jpg

 内蔵ストレージは、たいへん小さな、64GBのeMMCドライブを採用する点で、記憶ストレージ「節約術」を心得ていない人には、決して「おすすめ」できません。

 201911171706.jpg

 ただ、逆に言えば、問題はその部分だけで、重さも軽いですし、タブレット的に使える利便性もあります。

 201911171726.jpg

 CPUは、 AMDA6-9220eですが、格安サブノートとして「そこそこ快適に使える」といえるベンチマーク1500を越えています。

 こうした点で、現状では、これが良いでしょう。

ーーーー

 202002181558.jpg

  【SSD 240GB】【LTE可】

 26・マウスコンピュータ m-Book J322SN-S2
  ¥59,800 マウスコンピューター (2/18執筆時)

 【SSD 240GB】【メモリ8GB】【LTE可】

 27・マウスコンピュータ m-Book J322XN-S2
  ¥62,800 マウスコンピューター (2/18執筆時)

CPU:Celeron 3867U
メモリ:4GB/8GB
ストレージ:(上記参照)
モニター:13.3型 フルHD(非光沢)
グラフィックス:Intel HD Graphics
ドライブ
重さ: 1.4kg
サイズ:292x207x24.5mm
接続:USB3.0×1 USB2.0×2 HDMI Dsub
通信:Bluetooth 4.2 11b/g/n/ac
バッテリー:最大6.5時間
カメラ:HD 720p カメラ
OS:Windows 10 64bit
保証:1年間

1・マシンパワー   ★★★☆☆
2・読み書き速度   ★★★★★
3・ストレージの量  ★★★★★★
4・軽量性      ★★★★★
5・バッテリーの保ち ★★★☆☆
6・画面の見やすさ  ★★★☆☆
7・総合評価     ★★★★☆

 一方、「パソコンに詳しくない方」については、むしろ、マウスコンピューターのm-Book C100SN-S5のほうが良いでしょう。

 201911171910.jpg

 こちらについては、割と安めで、240GBのSSDを搭載ですから。 

 初心者に「高スペック」をおすすめするのは記憶容量の「節約術」に慣れてない部分があるからです。

 その点で、11インチの小型・格安ノートながら、大事な部分のスペックを妥協していない本機は好感が持てます。

  202002181603.jpg

 ただし、CPUパワーは、さほど高くはないため、ゲーム用などには向きません。


 第3に、メインマシンとしても利用できる、13インチ前後のノートPCでおすすめできるのは、

  201901261510.jpg

 【2018】【価格コム限定】

 【下位機種】

 16・HP ENVY x360 13-ar000
  ¥72,600 HPダイレクト (2/18執筆時)

CPU:AMD Ryzen 3 3300U
メモリ:8GB
ストレージ:256 SSD

 【中位機種】

 17・HP ENVY x360 13-ar000
  ¥85,250 HPダイレクト (2/18執筆時)

CPU:AMD Ryzen 5 3500U
メモリ:8GB
ストレージ:512 SSD

 【上位機種】

 18・HP ENVY x360 13-ar000
  ¥101,200 HPダイレクト (2/18執筆時)

CPU:AMD Ryzen 7 3700U
メモリ:16GB
ストレージ:512 SSD

モニター:13.3インチフルHDタッチ(IPSパネル)
ドライブ:
重さ: 1.28kg
サイズ:306x215x14.5mm
接続:USB-C(3.1)×3
通信:Bluetooth4.2 11b/g/n/ac
バッテリー:最大14.5時間
カメラ:92万画素Webカメラ
OS:Windows 10 64bit
保証:1年間

1・マシンパワー   ★★★★★
2・読み書き速度   ★★★★★
3・ストレージの量  ★★★★★
4・軽量性      ★★★★★
5・バッテリーの保ち ★★★★★
6・画面の見やすさ  ★★★★★
7・総合評価     ★★★★★

 こちらも「場合分け」で、2機種オススメがあります。

 201901261512.jpg

 第1に、タブレット的に利用したい場合は、HPENVY x360 を推します。

 単に、タッチディスプレイを採用するだけでなく、フルHDのIPSパネルを使うため、視認性もワンランク上ですから。

 201911171754.jpg

 3機ありますが、CPU的には中位機種が良いと思います。

 この場合、CPUとして、AMD Ryzen 5 3500Uを採用します。

 互換ではないですが、10万円代前半までの高性能ノートPCで「平均値といえる」5000のスコアを大きく超えたCPU性能を保つ点が高く評価できます。

 ストレージも、高速な256GBのSSDです。容量的に言えば、初心者でも余裕を持って使いこなせるサイズと言えます。

 重さ的には、モバイルできますし、画面も広めで、自宅で使うにも快適でしょう。PCを1台だけ持ちたいならば、こちらが良いでしょう。

ーー

  202002181525.jpg

 【2018】

 【下位機種】

 19・ThinkPad L13 20R30001JP
   ¥95,040 レノボダイレクト (2/18執筆時)

CPU: Core i3-10110U (2.10GHz)
メモリ:4GB
ストレージ:128 SSD
モニター::13.3型 フルHD

ドライブ:
重さ: 1.38kg
サイズ:311x219x17.6mm
接続:USB-C×2 USB3.0×2 HDMI×1
通信:Bluetooth 11b/g/n/ac
バッテリー:最大14.7時間
カメラ:HD 720p カメラ
OS:Windows 10 64bit
保証:1年間

1・マシンパワー   ★★★★★
2・読み書き速度   ★★★★★
3・ストレージの量  ★★★★☆
4・軽量性      ★★★★★
5・バッテリーの保ち ★★★★★★
6・画面の見やすさ  ★★★★★
7・総合評価     ★★★★★★

  第2に、主に入力業務中心に仕事に使うという方は、・ThinkPad L13が良いでしょう。

 201901261531.jpg

 キーボードの品質は、10万円代までのPCのなかでは「折り紙付き」です。

 その上で、CPUも、ストレージも、液晶パネル品質もHPと同程度ですから。

 さらに、ディスプレイは、HPが、動画視聴の画質を重視して「光沢」なのに対して、この機種は非光沢ですから、この部分でも「仕事向き」です。

 202002181533.jpg

 CPUもスコア5000以上と十分です。

 重さも、持ち運ぶのに支障の無いレベルですので、総合力は相当良いと言えます。


 第3に、10万円前後のオフィス搭載機として、ワンランク上の製品は、

 201911171834.jpg

 【2019年1月登場】(新機種あり)

 28・Microsoft Surface Laptop 2 LQL-00025
  ¥117,692 Amazon.co.jp (2/18執筆時)

 28・Microsoft Surface Laptop 2 LQL-00025
  ¥121,015 楽天市場 (2/18執筆時)

CPU:intel Core i5 8250U 1.8GHz
メモリ:8GB
ストレージ:128 SSD
モニター:13.5型 2256×1503(201ppi)

ドライブ:
重さ: 1.26kg
サイズ:308.1x223.27x14.48 mm
接続:USB 3.0×1 Mini DisplayPort×1
通信:Bluetooth 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー:最大14.5時間
カメラ:HDカメラ(背面) +前面カメラ
OS: Windows 10S(64 bit)
保証:1年間

1・マシンパワー   ★★★★★★
2・読み書き速度   ★★★★★
3・ストレージの量  ★★★★☆
4・軽量性      ★★★★★
5・バッテリーの保ち ★★★★★
6・画面の見やすさ  ★★★★★★★
7・総合評価     ★★★★★★

 Surface Laptop 2でしょう。

 「カスタマイズ可能」で、オフィスソフト込みで10万円で収まる機種はほかにもありますが、ただ、どれも10万円近くにはなります。

 201911171846.jpg

 その点で言えば、この製品は、オフィスを搭載した上で、性能の良いCPUと、256GBのSSDも搭載します。

 201807141657.jpg

 さらに、搭載されるタッチパネル式液晶は、IPS液晶である上、解像度がフルHDを越える 2256×1503(201ppi)画質です。

 Windows10は、最近の改良で、iPhoneのような高解像度表示もできるため、「文字が細かすぎて、システムの文字が見えなくなる」弊害もないです。

 本体も軽量で、バッテリー持続時間も長く、かなりお買得感が高いです。

 201807141653.jpg

 など、同社の製品については、本機の後継機を含めて、【Microsoft Surfaceの比較記事】でも詳しく紹介しましたので、よろしくお願いします。

ーーーーーー

 201810171157.jpg

5・格安な大画面ノートPCの比較

 なお、予算不足の方で、お子さんのプレゼントとして考えている方や、自分用でも自宅でしか使わないという方については、15インチ前後の大画面ノートをむしろオススメします。

 液晶モニターは大きさでほとんど部品単価が変わらないようで、価格的にはモバイル用とさほど価格が変わりませんから。

 201810171128.jpg

 大画面モデルは、本体を過度に小型化する必要がないので、(小型・省電力ではない)CPUが利用できます。

 201902011014.jpg

 そのため格安機でも、ベンチマークスコアが8000を超えるものがあります。

 ストレージも、容量の多い内蔵ストレージを選択することもできます。そのため、モバイル性にこだわらないならば、それらと比較検討をオススメします。

 詳しくは、このブログの【おすすめ大画面ノートPCの比較記事】をご覧ください。

 201411221236.jpg

 一方、動画やゲームなどのかなり重たい処理を考えている方で、もう少し予算が出せそうならば、以下のブランドのモデルもおすすめです。

1・VAIOのノートPCの比較
2・Surface Bookの比較

3・AppleのMacbookの比較
4・格安な小型ノートPCの比較
5・格安な大画面ノートPCの比較

 例えば、比較的低価格なVAIOなどから選んでも良いでしょう。その場合は、1番の記事をご覧ください。

補足・必要な周辺機器の情報など

 というわけで、今回は、小型のノートPCの比較でした。

 最後に、いくつかの点で、補足しておきます。


 201802071051.jpg

 【DVD書込ソフトのみ】【USB3.0】

 1・Logitec LDR-PUE8U3LBK
   ¥3,728 Amazon.co.jp (2/18執筆時) 

 【DVD書込・再生ソフトあり】【USB3.0】

 2・Logitec LDR-PUE8U3VBK
  ¥4,530 Amazon.co.jp (2/18執筆時)

 第1に、DVDドライブです。

 先述のように、13インチまでのノートPCの場合、ほぼDVDドライブが付属しません。

 そのため、別に購入する必要があります。

 度時にお求めを考えている方については、このブログに、【Windows向けブルーレイ・DVDドライブの比較記事】が別にありますので、選んで買いたい方は、ぜひご覧ください。


   201902071633.jpg

  Microsoft Office Home & Business 2019
  ¥34,443 Amazon.co.jp (2/18執筆時)

 第2に、オフィスソフトです。

 各社ともオプション対応で購入できますが、買ったノートPCに限り、1台のみのライセンスです。

 そのため、2台以上にインストールを考えている場合は、単品を買った方が有利な場合があります。格安購入法などは、このブログの【Office 2019などオフィスソフトの選び方のまとめ】をご覧ください。

 201808091204.jpg

1・マウスの比較
2・プリンターの比較

3・ウイルス対策ソフトの比較
4・PC対応ビジネスバッグの比較

 そのほか、一緒に周辺機器やバッグの購入を考えている方は、上記記事をご覧ください。

  201805191007.jpg

 なお、今回紹介した商品は価格帯的に、お子さんへのプレゼントとしても利用する方もいると思います。、最近のウイルス対策ソフトには、特定サイトへのアクセスを制限できるペアレンタルコントロール機能が標準搭載されています。同時に買われても良いと思います。

 というわけで、今回は、低価格の大画面ノートPCの話でした!

-----

 最後になりましたが、もしこの記事がお役に立てたようならば、Twitter・Faceboook・はてなブックマークなどで話題を共有していただければ幸いです。

 (前編からの続きですので、前半記事をご紹介いただけると、いっそう嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 16:26 | ノートPC・タブレット

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png