比較2019’【美味/安全】家庭用浄水器27機の除去性能とおすすめ・選び方:ポット式 蛇口式 カードリッジ式 (2)

2019年08月18日

比較2019’【美味/安全】家庭用浄水器27機の除去性能とおすすめ・選び方:ポット式 蛇口式 カードリッジ式 (2)

前回からの続きです。前半記事は→こちら

今回の結論
家庭用浄水器のおすすめは結論的にこちら!

 というわけで、前半記事(こちら)では、家庭用の浄水器についてレビューしてきました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!について書いてみたいと思います。


 第1に、水の除去性能を最大限重視し、美味しさと安全性が両立できる機種は、

  201807251023.jpg

 26・パナソニック TK-CJ23-H
  ¥9,866 Amazon.co.jp
  (8/18執筆時)

除去対応物質:20種類
カードリッジ寿命:1.5年
流水量:1.8L/分

1・除去性能   ★★★★★★
2・消耗品の安さ ★★★★★★
3・流水量    ★★★★★
4・使い勝手   ★★★★★
5・総合評価   
★★★★★★

 パナソニックのミズトピアTK-CJ23-Hでしょう。

 201807251037.jpg 

 カードリッジは、1日平均使用量3.5リットルならば、1日3.5Lならば、571日利用可能です。

 除去できる汚染物質は、JIS基準を含めて、総計20種類と最も多く、現在段階でもっとも信頼性の高いフィルタを採用する点が評価できます。

 本体の性能についても、泡沫シャワー搭載で20%の節水性もあるので、水道代を合わせた総経費は他機種にくらべても有利です。

 水流の量も、1分間に1.8リットルですので、「超高速」な東レを除けば「速い」です。

 201807251217.jpg

 交換用カートリッジ 1個 TK-CJ23C1  
  ¥4,520 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

 交換用カートリッジ 2個 TK-CJ23C2  
  ¥8,329 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

 1年間のランニングコストは、2700円前後です。

 他社にはより安いコストの機種もあります。しかし、除去できる汚染物質の数と、水流の速さを考えれば、「相当優秀」な製品です。

 こうした点から言えば、現時点で最も性能が良いと言えるのはこの機種でしょう。長期的な視点で考えると、最も有利です。


 第2に、料理などに便利な、高速水流が出せる機種としておすすめなのは、

  201807251011.jpg

 15・東レ トレビーノ カセッティ MK206SMX
  ¥5,697 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

除去対応物質:13種類
カードリッジ寿命:6ヶ月
流水量:3.0L/分

1・除去性能   ★★★★★
2・消耗品の安さ ★★★★☆
3・流水量    ★★★★★★
4・使い勝手   ★★★★★
5・総合評価   
★★★★★

 東レのカセッティの現在最上位モデルである、MK206SMXが良いと思います。

 201807251041.jpg

 水流の量は、パナソニックに比べても2倍に近い、3.0リットル/分と相当な高速性をもちます。

 そのため、例えば、炊飯や、ペットボトルでの冷却の際など「イライラ」しながら水を汲んでいた方には「最も向く」機種です。

 除去できる物質は、下位機種と同じで、こちらも13種類の物質を全て除去できます。

 201807251133.jpg

 なお、流水量は「高速」ですが、これは内部に2つの流水経路を持つからで、「速いから、除去が適当」ということはないので、安心できます。

  201807251124.jpg

 交換用カートリッジ 2個入りMKC.SMX2
  ¥4,959 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

 1年間のランニングコストは、一方で、2つの流水経路を持つ関係で、年間5400円前後と、他社モデルを含めて、良いとは言えない水準です。

 この点をどう評価するべきかがこの機種のポイントですが、「効率重視」で考えれば、倍速の水流で、やはり利便性から選べば、この機種です。


 第3に、JIS基準をクリアした上で、ランニングコストが安い機種としておすすめなのは、

 201807251157.jpg

 21・三菱レイヨン・クリンスイ CSP701
  ¥5,880 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

除去対応物質:13種類
カードリッジ寿命:8ヶ月
流水量:1.6L/分

1・除去性能   ★★★★★
2・消耗品の安さ ★★★★★★
3・流水量    ★★★★☆
4・使い勝手   ★★★★★
5・総合評価   
★★★★★

 三菱レイヨンのCSP801が良いでしょう。

 除去できる物質は、JIS規格13の汚染物質全てアルミニウム15種類です。

 201807251151.jpg

 【アマゾン限定】

 スーパーハイグレード 3個入 HGC9SW
  ¥5,891 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

 スーパーハイグレード 2個入 HGC9SW
  ¥3,713 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

 1年間のランニングコストは、その上で、年間で2400円前後と、JIS基準をクリアする機種では「最安値」ですから。

201709191120.jpg

 一方、長寿命化の弊害として、流水量は、1分間に1.6Lと少なめです。

 また、この点と除去できる汚染物質の数で、パナソニックの最上位機に及びません。

 とはいえ、外部のデザイナーの採用で、外観デザインは、他社に比べても「最もモダン」であり、お洒落なキッチンに置くならば、性能面でも十分「おすすめ」できます。


 第4にJIS基準をクリアした上で、本体価格も安い機種としておすすめなのは、

 201807251150.jpg

 20・三菱レイヨン・クリンスイ CSP601
  ¥4,752 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

除去対応物質:13種類
カードリッジ寿命:8ヶ月
流水量:1.6L/分

1・除去性能   ★★★★★
2・消耗品の安さ ★★★★★
3・流水量    ★★★★☆
4・使い勝手   ★★★★☆
4・総合評価   
★★★★☆

 クリンスイ CSP601をおすすめします。より安い機種で、ランニングコストも同等な機種はありますが、外観のデザイン面も評価できるとすると、これですね。

 1年間のランニングコストは、1日3.5リットルの利用で257日という寿命で、こちらも年間で2400円前後と安いです。

 201807251151.jpg

 【アマゾン限定】

 スーパーハイグレード 3個入 HGC9SW
  ¥5,891 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

 除去できる物質は、JIS規格13種フル対応できますし、アルミニウムという「オマケ」も付きます。十分でしょう。

 水量は、引き続き1.6L/分遅めですが、この点さえ妥協できるならばコスパは良いです。

 いずれにしても、低価格でこれだけの性能を持つ機種はないため、予算を節約する場合はこの機種でしょう。


 第4に、家庭用のポットタイプの浄水器としてオススメなのは、

  201908181128.jpg

 【2017年発売】 

 1・BRITA(ブリタ) スタイル 【1.4L】
   ¥3,480 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

除去対応物質:12種類
カードリッジ寿命:計6ヶ月
流水量:0.25L/分
本体容量:1.4リットル

1・除去性能   ★★★★☆
2・消耗品の安さ ★★★★☆
3・流水量    ★★★★☆
4・使い勝手   ★★★★★★
4・総合評価   
★★★★★

 サイズ的に冷蔵庫に入る機種は他にもありますが、流水量を図り、適切なカードリッジの交換時期を教えてくれるのは、この機種だけです。

 目の詰まった浄水器を使い続けるのは、全く意味が無いですし、却って不潔です。その点、上部のLEDで「黄色」と、カードリッジの交換時期を教えてくれる機能はかなり重宝するでしょう。

 片手で水を注げる構造など、デザイン面でも優秀だと思います。

ーーー

 201803041754.jpg

 【2017年発売】 

 4・BRITA(ブリタ) アルーナ XL【青】
 4・BRITA(ブリタ) アルーナ XL【白】
   ¥3,081 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

除去対応物質:12種類
カードリッジ寿命:計6ヶ月
流水量:0.25L/分
本体容量:2リットル

1・除去性能   ★★★★☆
2・消耗品の安さ ★★★★☆
3・流水量    ★★★★☆
4・使い勝手   ★★★★★★
4・総合評価   
★★★★★

 ただし、料理用に常温でおいて使うならば、大容量のアルーナXLを選ぶと良いと思います。

 201807250957.jpg

 交換カートリッジ マクストラプラス ×4個
  ¥3,880 Amazon.co.jp (8/18執筆時)

 カードリッジの寿命は、1日3.5Lの利用で約2ヶ月です。合計210リットルほどです。

 1年間のランニングコストは、カードリッジ1年間の利用で、年間5000円強です。

 蛇口式よりは高いですが、格安のミネラルウォーターを同量買い続けるのと比べると25%のコストですし、冷蔵庫で冷やすのならば、利便性は高いでしょう。

補足:このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回は浄水器についての紹介でした。

 201408261743.jpg

 なお、個人で蛇口に取り付けられ、アルカリ水も出せるタイプについては【アルカリイオン整水器の比較記事】で紹介しています。こちらの記事もよろしくお願いします。

 201810122233.jpg

 また、【ミネラルウォーターの比較記事】もありますので、お水もお探しの方は、こちらもどうぞ。

ーー

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (前半からの続きとなりますので、前半記事をご紹介いただけると、いっそう嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 12:00 | キッチン用品

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png