Top 生活家電 比較2020’【省エネ重視】ドラム式洗濯機21機の性能とおすすめ・選び方【小型・中型】:シャープ・パナソニック・日立・東芝 (2)

2020年09月28日

比較2020’【省エネ重視】ドラム式洗濯機21機の性能とおすすめ・選び方【小型・中型】:シャープ・パナソニック・日立・東芝 (2)

前半からの続きです。前半記事は→こちら


 201811192038.jpg

【2019年9月】【各色】

 19・東芝 TW-127X9L  【左開き】
 19・東芝 TW-127X9R  【右開き】
  ¥299,950 楽天市場 (9/28執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:7kg
消費電力量:710Wh
使用水量:61L
サイズ:645×750×1060mm

 TW-127X9 は、東芝ドラム式洗濯機の最上位機です。

 201909111615.jpg

 高級機の位置づけで、本体の7インチの液晶ディスプレイを持ちます。

 一般的な設定のほか、洗剤の自動投入量などの調整も、タッチ操作で感覚的に行えて便利です。

 201903111816.jpg

 乾燥容量は、下位機種同様に、業界最高の7kgまで対応です。

 光熱費は、消費電力量710Wh使用水量61Lとなります。

 使用されているセンサーは、下位機種と同じで「水温・布質・乾燥・布量・室温センサー」です。

 やはり、特に水量の点では、他社に比べて多少、多めです。

 201701201859.jpg

 乾燥機の方式は、こちらも、ヒートポンプ式です。

 強風を使ったふんわリッチ乾燥にも対応します。

 201909111715.jpg

 洗濯機能は、このグレードから、高圧水流を使ったシャワーに加えて、温水を使った温水ウルトラファインバブル洗浄Wを搭載し、汚れに強くなっています。

 温水を用いる点は、最近の洗濯機の上位機種の「基準」とも言えますので、東芝ではこのグレードから「高級機」と言えそうです。

 東芝の場合も、11kgの洗濯物で15度の温度に対応します。

 この点ではパナソニックと並びますが、さらに3kgまで60度、5kgまで50度と実用性はパナソニックより高めです。

 201710081228.jpg

 さらに洗剤については、パナソニックの洗剤泡立て機構と似ていますが、1マイクロメートルの極小のウルトラファインバブルを発生させ、洗剤の洗浄成分を強化する独自技術が加えられます。

 技術として新しいもので、業務用分野で応用されている信頼性のある技術であることから、洗濯機に置ける効果も期待できます。

 おそらく、東芝は、今後、この技術を研ぎ澄ませていくことになるでしょう。実際、今年度は「ウルトラファインバブル洗浄W」として、発生器を2つ搭載させてきました。

 東芝は、温水機能ももちますが、「温水を利用せずとも綺麗に落ちて経済的!」という基本発想です。

 201909111614.jpg

 洗剤の自動投入は、この機種も「対応」です。

 東芝の場合は、洗剤1000mLと柔軟剤700mLとなります。

 各社の平均値よりも多めで、日立と同じです。

 一方、お手入れの際にタンクが自立する構造は便利ですが、同じサイズでも、構造的には、日立の方が掃除はしやすいでしょう。頻度は2-3ヶ月に1度となります。

 202009281207.jpg

 一方、パナソニックと同じで、洗剤を3度投入する「自動2度洗いコース」を備えます。ただ、洗いだけを2度するパナソニックとは異なり、脱水を含めた「洗濯を2度する」コースです。

 ようするに、パナソニックは、ほかの衣服への汚れ移りの対策で、東芝は、がんこな汚れを落とすための対策となります。

 201909111617.jpg

 ネットワーク機能は、本機もWi-Fiを搭載します。

 やはり、スマホで、洗剤銘柄を設定し、適切な分量を自動投入できるように調整できます。

 この機能は他社も搭載しますが、東芝が初でした。

 201909111620.jpg

 利便性の部分では、下位機種同様に、乾燥ダクトの自動洗浄機能をもつほか、乾燥フィルターのゴミをまとめる機能が付属します。

 メンテナンス性に対する配慮は、シャープの最上位機並みに良い機種です。

 静音性は、乾燥運転時に49dBと静かではないです。

 繰り返しますが、東芝が静かなのは、洗濯・乾燥までです。

---

 以上、東芝のTW-127X9の紹介でした。

 ヒートポンプ式の欠点を同社としては最大限克服した上で、温水洗浄、高圧水流というトレンドもしっかり押さえている点で高評価できます。

 日々のメンテナンス性についても高い配慮があります。その上で、7kgで正規の乾燥運転が可能な点も魅力です。

4・ドラム式洗濯機の比較

 最後に、ドラム式「洗濯機」の紹介です。

 要するに「乾燥機能がない」縦型の洗濯機で、アイリスオーヤマが例外的に発売しています。


 201912211804.jpg

【2019年9月】

 20・アイリスオーヤマ FL81R-W【右開き】
  ¥87,670 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

洗濯容量:7.5kg
乾燥容量:
消費電力量:
使用水量:72L
サイズ:607×672×954mm

【2019年9月】【AG+除菌機能付属】

 21・アイリスオーヤマ HD81AR-W【右開き】
  ¥69,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

洗濯容量:8kg
乾燥容量:
消費電力量:
使用水量:77L
サイズ:595×672×860mm

  FL81R-Wは、アイリスオーヤマが販売するドラム式洗濯機です。

 先述のように、こちらは「乾燥機能がない」製品ですので、洗濯機としての側面を見ていきましょう。

 光熱費は、アイリスオーヤマはどの製品も、消費電力量を公開しません

 そのため不明ですが、後述するように、「湯沸かし機能」を利用する場合は、小型の乾燥機能付きドラ向きに匹敵する「消費電力」です。

 使用水量は、71Lとなります。

 乾燥機能がないため、比較は難しいのです。

 ただ、一般的な縦型の8kg前後の洗濯機として「普通」です。乾燥機が付属した他社の小型のドラム式を、洗濯のみに利用した場合とだいたい同じです。

 201912211815.jpg

 洗濯機能は、この製品については、先述のように「温水洗浄機能」があります。

 温度は最大60度ですので、パナソニックと同じです。一方、洗うだけの機能なので、容量制限などはないですが、800Wの発熱体を利用する構造なので、電気代はかかります。

 なお、温水洗浄する場合は、通常より15%ほど洗剤量を増やす必要があるため、全体的には家計に優しくはないです。

 静音性については、洗濯時40、脱水時50デシベルなので、他社の小型ドラム式より、洗濯時・脱水時共にうるさめです。

 201912211826.jpg

 なお、上位機のみ、Ag+(銀イオン)による除菌システムが付属します。ただ、部品代(おそらく2000円ほど)を考えると、この部分だけで価格差を正当化できるかは「微妙」です。

 なお、イオンカードリッジ(C-AG1)は2年間の消耗品となります。

---

 以上、アイリスオーヤマのFL81Rの紹介でした。

 洗濯の部分だけについて言えば「縦型」の方が洗浄力が高められるのは「通説」ですので、あえて、ドラム式にする必然性は、個人的には乏しい気がします。

 201902181849.jpg

 一方、メーカーは、「縦型」と比較した場合の「節水力」を強調します。

 しかし、【縦型洗濯機の比較記事】や【縦型洗濯機の比較記事】で紹介したように、例えば、シャープの「穴なし」洗濯機などは、安い上に、節水水準が良い機種があります。

 そうなると「温水機能」がポイントとなりますが、相当の電力を使っている上で、消費電力量に関する情報開示がないので、光熱費の心配もあります。

 ただ、今後のモデルチェンジで、乾燥機能も付いてこの値段になれば、相当の存在感が出ると思います。

今回の結論
ドラム式洗濯機のおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、前半記事(こちら)から今回に欠けて、小型と中型のドラム式洗濯機を紹介しました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種を紹介します。


第1に、小型の洗濯台にも置ける洗濯機として最もおすすめできるのは、

 201811192043.jpg

 【2020年2月発売】

 1・シャープ ES-S7E-WL 【左開き】
 1・シャープ ES-S7E-WR  【右開き】
  ¥139,800 楽天市場 (9/28執筆時)

洗濯容量:7kg
乾燥容量:3.5kg
消費電力量:1600Wh
使用水量:80L
サイズ:640×600×1039mm

1・洗浄力の強さ ★★★★★
2・光熱費の安さ ★★★★☆
3・しわの伸び  ★★★★☆
4・静音性    ★★★★★

5・スマホ連携  ☆☆☆☆☆
6・故障しにくさ ★★★★☆
7・総合評価   ★★★★★

 シャープ小型ドラム式洗濯機でしょう。

 202003131056.jpg

 このサイズでは唯一3.5kgの乾燥に対応しますので、洗濯乾燥の回数の点で有利だろうと思います。

 省エネ性はよりよい機種が他にありますが、回数を考慮に入れれば、あまり変わらないでしょう。

 201808091350.jpg

 乾燥は、伝統的なヒーターセンサー式で、比較的故障が起こりにくく、乾燥後の仕上がりも上々です。選択機能も、ひまわりガラスの採用など、価格面からすれば十分だと思います。

 とくに、シャープの場合、乾燥時の運転音が他社に比べてだいぶ小さいため、夜間の利用にも差し支えなく、1人暮らしの人などに特に向きそうです。


第2に、中型のドラム式洗濯機で、費用対効果の点でおすすめできるのは、

  201811192049.jpg

 【2020年7月発売】

 5・シャープ ES-H10E-WL 【左開き】
 5・シャープ ES-H10E-WR 【右開き】
  ¥160,250 楽天市場 (9/28執筆時)

洗濯容量:10kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:1880Wh
使用水量:96L
サイズ:640×729×1114mm

1・洗浄力の強さ ★★★★★★
2・光熱費の安さ ★★★★☆
3・しわの伸び  ★★★★★★
4・静音性    ★★★★★
5・スマホ連携  ☆☆☆☆☆
6・故障しにくさ ★★★★★★
7・総合評価   ★★★★★

 シャープES-H10ラインでしょう。

 201903111703.jpg

 中型としては、最近では唯一安定性の高いヒーターセンサー乾燥式を利用しており、乾燥の仕上がりや、故障のしにくさの点で、メリット性が高いと感じます。

 もちろん、ヒートポンプ式の方が省エネではありますが、固有の弱点が完全には解決されていないですし、価格や耐用年数を考えても、総合的にはこちらが経済的だと判断しました。

  201701201618.jpg

 洗浄力の点でも、マイクロ高圧シャワーを採用しており、トレンドを押さえているのもポイントです。

 

 しわスッキリソフラン 柔軟剤 本体 650ml
  ¥406 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 個人的に、この機種の同系機の使用経験は長いです。 

 しわについて言えば、しわ対策系の柔軟剤とのコンビならば、(形状安定しなすい)ワイシャツ・ポロシャツなど、アイロンなしで着れています。

 あえて言えば、最近、近所で、「しわすっきりソフラン」が入手しにくいのは難点ですが。


第3に、光熱費の安いヒートポンプ式として現状完成度が高いと言えるのは、

 201811192038.jpg

【2019年9月】【各色】

 19・東芝 TW-127X9L  【左開き】
 19・東芝 TW-127X9R  【右開き】
  ¥299,950 楽天市場 (9/28執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:7kg
消費電力量:710Wh
使用水量:61L
サイズ:645×750×1060mm

1・洗浄力の強さ ★★★★★★
2・光熱費の安さ ★★★★★
3・しわの伸び  ★★★★★
4・静音性    ★★★★☆
5・スマホ連携  ★★★★★
6・故障しにくさ ★★★★★
7・総合評価   ★★★★★★

 東芝TW-127Xでしょう。

 ヒートポンプ式としては、シワ、ふんわり感、ゴミ詰まり問題を高レベルで解決しており、スペック的に言って、最も機能面でまとまった機種です。

 201909111614.jpg

 その上で、最近のトレンドと言える、洗剤の自動投入と、スマホ連携による「洗剤に合わせた設定」に対応するため、その部分でもおすすめできます。

  201710081228.jpg

 洗濯機能面でも、「ウルトラファインバブル洗浄W」という売りの機能があります。

 高圧水流による洗浄と、温水洗浄という最近のトレンドをしっかり押さえた上、騒音対策と清潔性の問題にも踏み込んでおり、とても優秀です。

 201909111715.jpg

 温水洗浄機能は、パナソニック同様に、洗濯容量の柔軟性が最も高い機種なので、実用的に使えると思います。

 さらにいえば、乾燥容量が7kgと他社よりも大きめなので、世帯向けとしてかなりおすすめできます。

201909111620.jpg

 その上で、乾燥フィルターの掃除や、乾燥ダクトの自動洗浄機能など、「実際使うと便利」といえる部分にも配慮が行き届いており、親切な設計だと感じます。

 一方、難点は、

ーーー

 201912211438.jpg

【2020年10月発売】【各色】

 10・パナソニック NA-VX900BL【左開き】
 10・パナソニック NA-VX900BR 【右開き】
  ¥388,000 楽天市場 (9/28執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:890W
使用水量:55L
サイズ:600×722×1009mm

1・洗浄力の強さ ★★★★★★
2・光熱費の安さ ★★★★★
3・しわの伸び  ★★★★★
4・静音性    ★★★★★
5・スマホ連携  ★★★★★
6・故障しにくさ ★★★★★
7・総合評価   ★★★★★★

 一方、東芝は奥行が深いので、設置性を考えると、パナソニックの NA-VX900も良いでしょう。

  201710081133.jpg

 東芝同様に、洗剤の自動投入も可能です。

 202009280925.jpg

 また、洗濯容量に制限されないで利用できる、温水W泡洗浄の搭載がされます。

 なお、いずれの機能についても、先行していたのはパナソニックでした。

 モデルチェンジを経験している分、問題点の見直しもなされているでしょうし、(東芝同様)安定して利用できそうです。

 202009280952.jpg

 利便性の面でも、洗濯の進捗状況がスマホで確認できる部分を含めて、高級機として能力が高いです。

ーーー

   201909111503.jpg

 【2020年9月発売】

 6・シャープ ES-W113-SL 【左開き】
 6・シャープ ES-W113-SR 【右開き】
  ¥305,555 楽天市場 (9/28執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:600Wh
使用水量:52L
サイズ:640×729×1114mm

1・洗浄力の強さ ★★★★★
2・光熱費の安さ ★★★★★★
3・しわの伸び  ★★★★★
4・静音性    ★★★★★★
5・スマホ連携  ★★★★★★
6・故障しにくさ ★★★★★★
7・総合評価   ★★★★★★

 一方、集合住宅の共働きなどの方で、夜間に乾燥運転を多用する場合は、シャープの最上位機も選択肢です。

 201901241327.jpg

 静音性が、乾燥運転時のシャープの場合他社より抜きんでて良いからです。

 最上位機の本機も39dB(値が小さいほど静か)と相当静音で運転されます。

 洗浄力は、マイクロ高圧シャワーの工夫はあるものの、温水系使い勝手がイマイチですので、高級機としては多少落ちます。

 201808091350.jpg 

 ただ、その分、節電性は相当良い上で、サポートヒーターが付属する、乾燥時の乾燥ムラとふんわり感については、期待値が高いです。

 202009280831.jpg

 さらに、洗剤の自動投入機のメンテ期間が6ヶ月と長いほか、乾燥ダクトの自動掃除機能も付属するため、「故障の原因が少ない」のも魅力でしょう。

 なお、デンキヤで延長保証に入る場合でも(たいていの場合)、ゴミの詰まりについては保証外でお金が取られます。

 シャープだけではないですが、トラブルフリーになるよう多重の対策をとっている機種は、ランニングコストの面でも評価できます。

  201903111706.jpg

 その上で、IOTの部分でも、先述のように、シャープはできが良いです。

 この部分だけならば、全社を通しても総合力が高いです。


 201808131902.jpg

 なお、ドラム式洗濯機は高いですが、Amazonの場合、「Amazonギフト券チャージタイプ 」の販売があります。

 銀行経由でプリペイドしておけば、年間ライセンスならば、実質で最大2%引で購入可能です。クレジットカードのポイント割を除けば、この方法での購入が一番安い価格だと思います。

 ギフトカードは、Amazonの別の買い物でも利用でき、有効期限は10年です。検討しても良いでしょう。詳しくは【こちら】に解説があります。

補足:このブログの洗濯機関連記事

 というわけで、今回は、ドラム式洗濯機の話でした。

  201808091719.jpg

1・タテ型の小型洗濯機 (4.2kg-6kg)
2・タテ型の中型洗濯機 (7kg-10kg)
3・タテ型の洗濯乾燥機 (5.5kg-12kg)
  
4・ドラム式洗濯乾燥機 (7kg-11g)

 なお、ドラム式洗濯機は普及が進んでいるとは言え、まだ10万円以上と高いです。

 また、形状的に洗濯水栓や洗濯台の交換が必要になる場合もあるため、タテ型洗濯機も検討対象に加えたいという方は、上記の記事もご覧ください。

 技術革新が進み、新機軸を加えたものも出はじめていますので。

---

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (前半からの続きですので、前半記事をご紹介いただけるといっそう嬉しいです!)

 ではでは!

posted by Atlas at 12:27 | 生活家電

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png