比較2019'【R-1も!】新型ヨーグルトメーカー17機のおすすめ:飲むヨーグルトメーカー

2019年09月14日

比較2019'【R-1も!】新型ヨーグルトメーカー17機のおすすめ:飲むヨーグルトメーカー

【今回レビューする内容】2019年 ヨーグルトメーカーの性能とおすすめ・使い方:飲むヨーグルトの適切な温度設定を検証:明治 LG21 R1 PA- 3雪印 恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト ブルガリアヨーグルト カスピ海ヨーグルト・ギリシャチーズ対応

【紹介する製品型番】アイリスオーヤマ IYM-013 IYM-014 IYM-012 ビタントニオ VYG-11TO-PLAN TKSM-016 TKSM-020 TKSM-019 TKY-041R タイガー CHF-A100-AC BRUNO 発酵フードメーカー LOE037 クビンス ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM TANICA ヨーグルティアS YS-01 R 山善 発酵美人 YXA-100(W)

今回のお題
失敗しない!ヨーグルトメーカーのオススメ機種と使い方は?

 どもAtlasです。

 今日は、2019年9月現在、最新のヨーグルトメーカーの比較です。

 201903141705.jpg

 Atlasが購入して利用しているヨーグルトメーカーを含め、各社の製品を紹介します。

 201903151051.jpg

 本格的な、クビンズなどのヨーグルト・チーズメーカーも紹介しました。

 201903141827.jpg

 今回の記事では、作るのが難しい「飲むヨーグルト」については、1年近く「試行錯誤」を重ねたので、その辺りのことも詳しく書いていきます。

ーーー

 以下では、いつものように各機種を紹介したあと、目的別・予算別に、Atlasのおすすめホームベーカリー!を提案する形式で書いていきます。

1・ヨーグルトメーカーのレシピと使い方

 201903141712.jpg

 ヨーグルトメーカーは、基本的にとても「単純な」調理器具です。

 30度〜60度程度出せるヒーターのほか、温度センサータイマーだけあれば基本OKなので、とても格安です。

 マイコン制御で、一定温度を、指定した時間だし続けるだけの機械です。

 それだけで「固形のヨーグルト」や「飲むヨーグルト」がしっかりできるのだから、不思議です。

1・必要な材料と作り方

 201903141711.jpg

 利用する材料は、最低限必要なものは「パック牛乳」です。ケースが付属するモデルもあります。

 しかし、ヨーグルトメーカーは「紙パックのままでヨーグルトになる」点が、便利であり、清潔である、という利点を持つ製品です。

 201903141720.jpg

 ヨーグルト種は、市販の固形ヨーグルトや飲むヨーグルトが種にできます。

 例えば、人気がある、明治R-1ならば、固形でも液体でも、1個の100g(100cc)あれば、10倍に「増やせ」ます。

 明治R-1は、100g(100cc)ほどの内容量なので、牛乳パックから100ccほど牛乳を飲んでしまい、これらのヨーグルトを加えます。

 201903141724.jpg

 利用可能なヨーグルトは、「ヨーグルト」としてスーパーに並んでいるものならば、固形でも液体でも、例えば、LG21PA-3を含めて、どの製品でも種になります。

  201903141729.jpg

 明治製品以外でも、雪印の「恵」など、ドリンクタイプのヨーグルトも利用可能です。

 ただし、グリコの(ボトルの)ビフィックスヤクルトなどは、乳酸機飲料ですから、うまくいきません

 ようするに、「ドリンクのヨーグルト」はOKでも、「乳酸菌が活きている」だけでは駄目ということです。

2・成功しやすい基本レシピ


 201903141738.jpg

 ヨーグルトメーカーは、スプーンですくって食べる固形のヨーグルトを作るだけならば、どの菌種でも「ほとんどコツ要らず」に、失敗なく作れます。

 温度は、40度-42度程度時間は、8-9時間に設定し、ボタンを押すだけで、勝手にできあがります。

 粉末のヨーグルト種を使う場合は、話は変わってきますが、スーパーやコンビニに売っている、固形のヨーグルトや、ドリンクヨーグルトを種にするのならば、基本、この設定で問題ありません。。

 201903141827.jpg

 一方、難しいのは、牛乳をつかって、「機能性を持つ「飲むヨーグルト」を作りたい」場合です。

 

 201903141752.jpg

 結論的にいえば、最も失敗しないのは、ボトルタイプならば、コンビニならどこでもある明治のLG21です。

 それを種にして、(スーパーやセブンなどで)一般的な乳脂肪率が3.6の牛乳を使うのが、最も成功率が高いです。

 だいたい、「30度・8時間」ほどの設定で、比較的簡単に「液状」になります。「34度」だと、固形のヨーグルトに近い流動感、「27度」だと、牛乳に近い液体感です。

 

 アイリスオーヤマ IYM-013
  ¥3,662 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

 さらに、後ほど紹介するアイリスオーヤマIYM-013の場合、500MLと1L用の「飲むヨーグルト専用ボタン」があります。

 明治のLG21との相性も良いため、自動ボタン1つで、「飲むヨーグルト」ができます

 201903141734.jpg   

 この場合、とりあえず、牛乳とヨーグルトさえ用意すれば、あとは、終了のアラームが鳴るまで、ふたをして半日ほどおいておくだけです。

3・飲むヨーグルト作成上の注意点

1・室温
2・牛乳の種類
3・ヨーグルトの種類

 飲むヨーグルトを失敗なく作りたい場合、上表の3点に注意してください。

 重要な部分ですから、多少詳しく書いておきます。


 201903141832.jpg

 第1に、キッチンの「室温」です。

 先述のように、ヨーグルトメーカーは、極めて単純なメカです。

 室温に応じた内部温度の調整が不得意で、非力です。

 そのため、冬場の寒い台所、夏のエアコンのない暑い台所では、固まらなかったり、固形のヨーグルトになったりします。

---

 結論的にいえば、人間が心地よく暮らしているリビングなどの場所で作るのが「正解」です。そこならば、30度前後の温度で、内部が安定します。

 そして、一度「飲むヨーグルト」が作れさえすれば、次回以降は同じ設定で、ほぼ再現可能でしょう。


 201903141802.jpg

 第2に、「牛乳の種類」です。

 最近ある、キャップ式の牛乳では、発酵しません

 加えて、パス殺菌などの低温殺菌牛乳や、濃いめの牛乳も、(原理上できないこともないですが)再現性は低いです。低脂肪乳はより難しいです。

 ---

 結論的にいえば、コンビニなどで売っている、成分無調整の「安価な3.6牛乳」で固定するのが、失敗しないコツです。正確には、乳脂肪分の量は季節で変化しますが、それが原因で失敗することは、Atlasの経験上、少ないです。


 201903151016.jpg

 第3に、利用するヨーグルトの種類です。

−−

明治 LG21:30度・8時間
明治 R-1:33度・8時間
雪印 ガゼリ株:34度・9時間
明治 PA-3:35度・9時間  

 先述のように、一般的なヨーグルト(明治の青い容器のLG-21ブルガリアヨーグルト)は、アイリスオーヤマの自動モードと同じ設定(30度・8時間)で、他社機でも再現可能です。

 しかし、コンビニ人気の明治のR-1PA-3、雪印のガゼリ株は、(実験の結果)、やや高めの発酵温度でないととろみがつかないので、上表のような、温度設定が必要です。

ーー

 第1に、明治のR-1は、Atlasの場合、硬さを含めて成功率は「75%程度」です。

 室温に気をつけながら、「33度・8時間」ほどで、「飲むヨーグルト」になります。

 第2に、ガゼリ株は、Atlasの場合、硬さを含めて成功率は「50%程度」です。

 かなりクセのある菌らしく、30度前後では発酵しにくく、高温にしすぎるとすぐ固まる性質があります。

 それでも「34度・9時間」で様子を見れば、半分は成功します。

 第3に、明治のPA-3は、「プリン体と戦う」、割と新しい製品です。

 また、一度しか試していないですが、「35度・10時間」で成功しました。33度ではびくともしなかったので、高めで長時間の加熱が必要でしょう。

ーー

 201903141818.jpg

 カスピ海ヨーグルトは、「きわめて粘る」性質上、飲むヨーグルトにはむかないでしょう。

 種にして固形のヨーグルトを作る場合も、元種から作る場合、24時間かかる場合もあり、相当程度に時間がファジーです。

 ただ、フジッコのヨーグルト自体を種にすると、「27度・9時間」で、可能です。ただし、脂肪ゼロのモデルは利用しないでください。

 なお、カスピ海ヨーグルトは、専用モードが付属するヨーグルトメーカーもあるため、後ほど詳しく紹介します。

ーーー

 以上、飲むヨーグルト作成上の注意点の紹介でした。

 結論的にいえば、基本的に、室温や牛乳の乳脂肪分の量が制御できない以上、飲むヨーグルトについては、「再現性100%」は期待できません

 そのため、この家電は、総じて大らかな気質で、失敗も楽しめる方に向きます。

 ただ、失敗した場合も、清潔な牛乳パック方式なので、(腐敗するなどではなく)、固形のヨーグルトになるだけなので、その部分を気にして、かうのを「ためらう」必要もないかと思います。

 その場合はその場合で、美味しく頂きましょう

2・各社のヨーグルトメーカーの比較

 以上、ここまでは、主に「飲むヨーグルト」を作る場合のレシピや、ポイントについて書きました。

 ここからは、各社が出すヨーグルトメーカーの機能を具体的に比較していきます。

 以下では、高評価できるポイントについては赤字で、イマイチな点については青字で書いていきます。

1・アイリスオーヤマの製品

 

 1・アイリスオーヤマ IYM-013
  ¥3,662 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:5種類
設定可能温度:25度から65度
飲むヨーグルト:
自動
カスピ海ヨーグルト:自動

 IYM-013 は、アイリスオーヤマの発売するヨーグルトメーカーでは、最も高価な製品です。

 201903141849.jpg

 自動機能は、他社と比べても最も充実します。

 作るのが難しい「飲むヨーグルト」については、500ml・1000ml用のボタンがあるため、先述のような、牛乳と種の組み合わせならば、セットとして、「チャイムが鳴るまで待つ」だけで、仕上がります。

 この点で、機能性食品のヨーグルトを増やしたい入門者の方に向きます。

 温度設定は、25度から65度の範囲で対応します。

 40度以上の高温は、基本的にヨーグルトメーカーとしては不要ですが、これは応用的なレシピのために付属します。

 201903141854.jpg

 ヨーグルト以外のレシピは、甘酒・カスピ海ヨーグルト・塩麹に対応です。

 甘酒は、炊飯器でつくれますが、麹を60度ほどの一定温度で温めればできる食品です。甘酒用のプラスチックケースが付属するため、麹さえあれば、そのまま作れます。

 201903141856.jpg

 カスピ海ヨーグルトは、この機種で自動対応します。

 液体ヨーグルトからの培養を意識しています。ただ、27度・9時間という時間設定で、温度条件にシビアですので、割と難しいです。

 なお、これらの自動機能は、例えば、カスピ海ヨーグルトについては「27度・9時間」をひたすら出すだけですから、他機でも手動で「27度・9時間」に設定すれば、再現性はあります。

 アイリスオーヤマは「ワンボタンで設定できて便利」というだけえす。

 201903141904.jpg  

 付属品は、甘酒用の容器のほか、水切りヨーグルト(ギリシャヨーグルト)を作るためのカップ、牛乳パックに封をするためのクリップなどです。

ーー

 以上、アイリスオーヤマの IYM-013の紹介でした。

 各社とも単純な作りのヨーグルトメーカーですが、飲むヨーグルトを含めた自動ボタン(ショートカットボタン)があるため、初心者には、最も「とっつきやすい製品」でしょう。

 実際、Atlasも最初はこの機種を購入しています。


 

 【2018】

 2・アイリスオーヤマ IYM-014  
  ¥3,017 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:2種類
設定可能温度:25度から65度
飲むヨーグルト:手動

カスピ海ヨーグルト:手動

  IYM-014 は、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーの下位機種です。

 構造や仕組みは場行きと同じですが、自動メニュー(ショートカットボタン)から、飲むヨーグルトとカスピ海ヨーグルトが消えている、機能限定モデルです。

 それ以外の部分は同じです。


    

 【2018】

 3・アイリスオーヤマ IYM-012  【白】
  ¥3,914 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:
設定可能温度:25度から65度
飲むヨーグルト:手動

カスピ海ヨーグルト:手動

 IYM-012 は、さらに自動メニュー自体なくした機種です。

 先述のように「単純な機械」なので、マニュアル(手動)で温度と時間を設定しさえすれば、上位機のレシピの再現性は、この機種でもあります。 

 ただ、さほど価格差もないですし、基本的には上位機で良いと思います。

2・ビタントニオの製品

 

 4・ビタントニオ VYG-11
  ¥5,380 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:
設定可能温度:25度から75度  
飲むヨーグルト:手動
カスピ海ヨーグルト:手動

  VYG-11は、輸入商社の三栄が、ビタントニオというブランドで売るヨーグルトメーカーです。

 201903141925.jpg

 キッチン家電では、お馴染みのシリーズで、アルミのオシャレな本体で、作りもしっかりしています。Atlasが二台目にかったのがこちらの製品です。

 201903141924.jpg

 保温性能は、利用の限り、アイリスオーヤマよりしっかりしています。

 大きな要因は、内部の断熱構造が徹底している点のほか、開いた牛乳パックを止める部分が、アイリスオーヤマのようなクリップではなく、紙パックの形状に合わせたふただからだと思います。

 使用時期の違いを考慮しても、全体的な出来(成功確率)は、この機種のほうが(値段分は)良いです。

 201903141927.jpg

 自動機能は、一方、搭載しません。

 全て、マニュアル操作で温度と時間を設定して、スタートボタンを押す方式です。

 ただ、先述のように、ヨーグルトメーカーにおける「自動ボタン」というのは、(特に高度に温度をセンシングしているわけでなく)、特定の設定温度と時間を記憶した「ショートカットボタン」にすぎません。

 慣れれば、基本不要なので、これで問題ありません。

 201903141930.jpg

 温度設定は、25度から70度の範囲で対応します

 おもしろいのは、タイマーの最大値が99時間(アイリスオーヤマは48時間)と長めで、天然酵母おこしにも使える点でしょうか。

 201903141932.jpg

 レシピは、くりかえしになりますが、温度と時間さえ「覚えて」しまえば他機でも可能です。

 ただ、温泉卵だけは、(70度ほどは必要なので)、アイリスオーヤマの製品では再現できないでしょう。

 一方、自動メニューとしては、カスピ海ヨーグルトと飲むヨーグルトはないです。

 ただ、手動でアイリスオーヤマと同じ温度設定(例えば、カスピ海ヨーグルトならば、27度・9時間)と設定すれば、再現は可能です。

 201903141935.jpg

 付属品は、甘酒用の容器のほか、牛乳用のふたなどです。

 アイリスオーヤマと比べると、水切りヨーグルト(ギリシャヨーグルト)を作るためのカップがない点、甘酒などを入れるための容器が500MLと小さい点が違いです。

---

 以上、ビタントニオのVYG-11の紹介でした。

 アイリスオーヤマもレシピ集は充実しますが、幅の広さという点で、ビタントニオも負けていません。

 自動モードがない点は、初心者にはとっつきにくいでしょうが、一方、温度安定性は良いため、その方面を期待する場合は、この機種が良いと思います。

3・トープランの製品

 

 【2015年】

 5・TO-PLAN TKSM-016
  ¥2,600 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:2種類
設定可能温度:マニュアル操作不可  
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:自動

  TKSM-016 は、トープラン(東京企画販売)が、販売するヨーグルトメーカーです。

 紙パックが利用できるヨーグルトメーカーを初めて発売し、ブームの火付け役になった会社です。

 201903141946.jpg

 保温性能は、温度センサーがなかった同社の前モデルより進化して、温度管理の部分で機能アップしました。

 ただ、後発メーカーは基本搭載のため、技術的な優位はないです。

 201903141948.jpg

 自動機能は、カスピ海ヨーグルトと普通のヨーグルトの2種類です。

 温度設定は、この製品は、マニュアルの温度設定・時間設定ができないため、失敗する場合は失敗する機種です。

 温度も40度前後(8時間)で加熱している様子のため、飲むヨーグルトは対応できません

 付属品は、計量カップのみです。

ーー

 以上、TO-PLAN TKSM-016 の紹介でした。

 一時代を築いた製品ですが、家電メーカーの参入で、やや立ち位置が厳しくなっている製品です。

 費用対効果で言えば、イマイチとなります。


 

 【2017年】

 6・TO-PLAN TKSM-020
  ¥2,936 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:3種類
設定可能温度:マニュアル操作不可  
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:自動

  TKSM-020 は、トープラン(東京企画販売)が、販売するヨーグルトメーカーの上位機です。

 201903141956.jpg

 下位機種と比較すると、甘酒の自動モードが付属し、専用ケースも加わっています。

 ただし、マニュアルの時間設定と温度管理は引き続きできない機種です。

 要するに、「ボタン1つで、色々考えたくて良い」ので、プレゼントには良いでしょうが、凝りたい方には物足りないとも言えます。


 201909142155.jpg

 【2016年】

 7・TO-PLAN TKSM-019
  ¥1970 楽天市場 (9/14執筆時) 

 【2015年】スイッチなし

 8・TO-PLAN TKY-041R
  ¥------ Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:1種類
設定可能温度:マニュアル操作不可  
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:

 TKY-041R  も、トープラン(東京企画販売)が、販売するヨーグルトメーカーです。

 ただ、これは、「初代版」の型番を変更しただけのモノですので、「プレーンヨーグルト」を作るだけの製品です。

 なお、 TKY-041Rは、スイッチがありません。壁コンセントにプラグを差し込めば、加熱がはじまります。また、自動的に切れないため、安全面でかなり問題のある仕様です。

 いずれにしても、あまりオススメできません

4・その他の製品

   

 【2017年】

 9・ タイガー CHF-A100-AC
  ¥3,608 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:
設定可能温度:20度から60度
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:

 CHF-A100-AC は、タイガーが販売するヨーグルトメーカーです。

 大手の調理家電メーカーで、機能的な期待が高まりますが、残念ながら、さほど特徴的な機能はないです。

 自動機能は、ビタントニオと同様に、搭載しません。

 設定した温度で、最大48時間までの幅で、自分で手動で設定する方式です。

 温度設定は、20度から60度の範囲で対応します。

 他社と異なり20度の設定が可能ですが、その温度を活かせるメニューはイマイチ不明です。

 201903142014.jpg

 付属品は、ビタントニオ同様の形状の牛乳パックのふたと、甘酒用などのケースです。

ーー

 以上、タイガーのCHF-A100-Aの紹介でした。

 2017年の販売で、ちょうどヨーグルトメーカーが流行ったあたりに出た製品です。

 ただ、その後手を入れていない機種で、「売り」の部分がイマイチはっきりしない機種です。


  201903151037.jpg

 【2017年】

 10・ BRUNO 発酵フードメーカー LOE037-BE
 11・ BRUNO 発酵フードメーカー LOE037-RD

  ¥5,400 Amazon.co.jp (9/14執筆時)
 

自動メニュー:
設定可能温度:25度から65度
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:

 LOE037は、イデアインターナショナルが販売するヨーグルトメーカーです。

 自動機能は、この機種も搭載しません。 

 温度設定は、25度から65度の範囲で対応します。

 201903151039.jpg

 付属品は、この製品の場合、甘酒など用のケースは2個付属しますが、牛乳を止めるクリップやフタが付属しないため、正確な再現性を狙うには、付属品の部分でイマイチです。

 201903151040.jpg

 レシピは、一方で、発酵食品のレシピが充実します。

 塩麹は、乾燥こうじ200g、塩60g、水300mlをほぐして混ぜる準備が必要です。

 利用するのがなま麹の場合は、水は100ml減量します。

 しょうゆ麹は、乾燥こうじが200g、醤油300mlで、水100mlで、同じようにほぐします。

 その上で、「60度で6時間の保温」で作るという仕組みです。

 くりかえしになりますが、ヨーグルトメーカー自体単純な機械のため、設定温度と時間さえ合わせれば、他機でも再現可能です。

 ただ、多めに容器が付いているのは、こうした点で便利でしょう。

ーー

 以上、RUNO 発酵フードメーカーの紹介でした。

 デザイン的には、ビタントニオ同様に良いモデルです。今回の「ヨーグルト」を作る趣旨ではイマイチですが、発酵食品中心に考える場合、1Lケースが2本付いているのは、利便性が高いと言えます。

3・本格的なヨーグルトメーカー

 201903151051.jpg

 続いて、紙パックを用いる方式ではないやや本格的なヨーグルトメーカーを紹介します。


  

 【2015年】

 12・クビンス ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM
  ¥12,410 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:4
設定可能温度:20度から65度
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:

 KGY-713SM は、韓国の調理家電メーカーのクビンズが販売するヨーグルトメーカーです。

 紙パック牛乳には対応しない製品ですが、2L容器(適正容量1.4L)のため、パーティには便利でしょう。

 201903151115.jpg

 ただし、サイズは、幅18x奥行18x高さ20cmです。

 自動機能は、4メニューが搭載されます。

 飲むヨーグルトかカスピ海ヨーグルトの専用モードは付属しません

 一方、「ヨーグルト(ギリシャ)」・「酢」・「納豆」・「麹・チーズ」の各モードは独自性が強いといえます。

 201903151101.jpg

 水切りヨーグルト(ギリシャチーズ)は、チーズフィルターが付属しており、ヨーグルト完成後、本体を回転させる形での脱水が行えます。

 201903151106.jpg

 市販のギリシャチーズである、森永のパルテノなどを種にすると面白いと思います。

 そのほか、納豆・甘酒・梅エキスなどが自動で作成できます。

 納豆については、菌種が違うので、併用は心配ですが、仕組み上密封容器にいれる形態ですし、容器自体、熱湯を使わずとも、電子レンジで消毒できるため、心配は無用でしょう。

 温度設定は、20度から65度の範囲で対応します。

 99時間まで時間が設定できるので、【ホームベーカリーの比較記事】で紹介した、(速いホシノ以外の)酵母の生種起こしでも利用できるでしょう。

 201903151111.jpg

 付属品は、大きな容器が2つと、チーズ用のフィルター、納豆用の「ろうと」と「専用容器」が付属します。

---

 以上、クビンス ヨーグルト&チーズメーカーの紹介でした。

 大きな製品ですが、基本的な仕組みとしては、小型の紙パック対応のヨーグルトメーカーと同じで、指定した時間、一定温度をキープするのみのシンプルな機械です。

 一方、紙パック式に較べると一手間かかりますが、容器をしっかり密閉して発酵させる方式なので、一度確立したレシピの再現性は「他機より高い」でしょう。

 ただ、飲むヨーグルトを作るだけの目的だと保存容器を別に用意しなくてはならない点で面倒ですが、とくに、ギリシャチーズを大量に作り、料理にするには、良さそうです。


  201903151125.jpg

 【2016】

 13・TANICA ヨーグルティアS 1200ml YS-01 R
 14・TANICA ヨーグルティアS 1200ml YS-01 G
 15・TANICA ヨーグルティアS 1200ml YS-01 W
  ¥10,800 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

 【特別セット】

 16・TANICA ヨーグルティアS 1200ml YS-01
  ¥11,880 楽天市場 (9/14執筆時) 

自動メニュー:
設定可能温度:25度から70度
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:

 ヨーグルティアSは、岐阜県のタニカ電器が国内製造するヨーグルトメーカーです。

 大きな業務用のヨーグルト製造機も手がける会社ですが、こちらは家庭向けの製品です。

 201903151131.jpg

 サイズは、幅18.8x奥行18.8x高さ16cmですから、クビンズよりやや小型ですが、大きいです。

 ただ、付属容器の内容量は、1.2L(定格1L)なので、紙パック対応形式と同じです。

 201903151133.jpg

 自動機能は、付属しません。

 温度設定は、一方で、25度から70度の範囲で対応します。

 70度に対応できるため、ビタントニオのように温泉卵ができます。

 201903151140.jpg

 付属品は、通常モデルはケースが2つです。

 一方、特別セットの場合、1つがギリシャチーズなどに対応できる水切りカゴとなるほか、一度に4個作成可能な温泉卵用のスタンドが付属します。

ーー

 以上、ヨーグルティアSの紹介でした。

 仕組み上、ライバルはクビンズでしょう。

 比較した場合、70度の高温対応で、温泉卵ができる部分がメリット性です。一方、自動メニューの部分は負けます。

 201903151149.jpg

 一方、同社サイトでは、ヒーターのパワーの点と到達温度への時間が短い点が強調されますが、こちらは2016年で、比較対象となる他社製品がわからないため、比較優位とも言えないでしょう。

 いずれにしても、ヨーグルトメーカーとしては40度程度でこと足りるため、発酵食品を作る場合しか(ほぼ)関係ないです。

 ただ、国産で、業務用のヨーグルトメーカーを作っているという安心感があるため、この部分を重視するならば、選んで良いと思います。


  

 【2017】

 17・山善 発酵美人 YXA-100(W)
  ¥2,806 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:
設定可能温度:25度から65度
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:

  発酵美人は、輸入商社の山善が発売するヨーグルトメーカーです。

 いわゆる「ジェネリック家電」を発売するメーカーで、ヒーター分野でも強みがあるため、かなり安く本体が出せています。

 201903151200.jpg

 サイズは、幅17×奥行20.5×高さ16.5cmですから、クビンズとだいたい同じです。

 付属品は、かなり特色があります。他社の様に、1Lの普通の容器も付属しますが、150mlの小分け瓶1-4本でも発酵対応できる製品です。

 201903151203.jpg

 余った牛乳など少量でもできる利点があるほか、レシピ集記載の発酵食品、例えば、塩麹と醤油麹はだいたい時間がおなじなので、同時に作れるなどのメリットがあります。

 自動機能は、付属しません。

 温度設定は、一方で、25度から65度の範囲で対応します。

 70度に対応できるため、ビタントニオのように温泉卵ができます。

---

 以上、山善の発酵美人の紹介でした。

 小分けにできる点が面白い個性である製品です。一方、コストを安くするため、外観部分は「安っぽい」実用重視の設計です。

 ボトルの殺菌も熱湯のみで、レンジでの殺菌に対応できないなど、クビンズとは利便性の部分で差もあります。発酵メーカーは、雑菌が大敵なので、(紙パック対応形式でない)ヨーグルトメーカーとしては、この部分は弱点でしょう。

今回の結論
ヨーグルトメーカーのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、各社のヨーグルトメーカーの紹介でした。

 最後に、いつものように、目的別、用途別に、Atlasのおすすめ機種を提案しておきます。


 第1に、比較的格安で、入門用のヨーグルトメーカーとしておすすめできるのは、

 

 1・アイリスオーヤマ IYM-013
  ¥3,662 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:5種類
設定可能温度:25度から65度
飲むヨーグルト:
自動
カスピ海ヨーグルト:自動

 アイリスオーヤマの発売するIYM-013でしょう。

 201903141849.jpg

 3000円〜4000円以内という、水準の製品はライバルが多いですが、そのなかで、特にヨーグルトに関する自動メニュー(ショートカットボタン)が豊富なので、初心者には「とっつきやすい」でしょう。

 固形のプレーンヨーグルトならば、先ほど書いた注意点を守れば、ほぼ自動メニューで失敗なく作れます。

 201903141752.jpg 

 飲むヨーグルトについても、LG21明治ブルガリアヨーグルトなどを種にすれば、自動メニューでしあがりやすいでしょう。

 収量ブザー音で試してできていない場合も、手動で1-2時間ほど追加すればいいので、お手軽です。

 201903141854.jpg

 ヨーグルト以外のレシピも、甘酒・カスピ海ヨーグルト・塩麹について自動メニューが付属します。

 水切りチーズ(ギリシャヨーグルト)用の「水切り」もついているため、先発した各社が取り入れた(乳酸菌系)メニューの多くは再現可能です。

 とりあえず「試したい」かたには、この機種はオススメできます。


 第2に、比較的安定した温度管理ができる点で、機能性をもつ飲むヨーグルトの作成に向くのは、

 

 4・ビタントニオ VYG-11
  ¥5,380 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:
設定可能温度:25度から75度  
飲むヨーグルト:手動
カスピ海ヨーグルト:手動

  ビタントニオというブランドで売るヨーグルトメーカーでしょう。

 201903141925.jpg

 価格は高いですが、作りがしっかりしています。

 201903141924.jpg

 一方、自動メニューがないので、簡単にすませたい人向けではないかもしれません。

 とはいえ、「温度を設定して、時間を設定するだけ」なので、本当に機械が苦手な人以外は問題ありません。

 201903151016.jpg

 その上で、アイリスオーヤマのようなクリップではなく、紙パックの形状に合わせた蓋であり、内部の断熱性、ヒーティングの均一性も良いため、割と難しい、これらの機能性ヨーグルトの「成功確率」は高めです。

 201903141932.jpg

 温度設定は、25度から70度の範囲で対応しますから、温泉卵を含め対応できるレシピは多いです。

 マニュアル操作になるとはいえ、レシピ集も充実します。

 こうした点で、「飲むヨーグルトを増やしたい」方は、温度安定性が良いこの機種でしょう。ただし、その場合も、室温や利用する牛乳などの注意は守ってください。


 第3に、一度に多めのヨーグルトやチーズを作りたい方には、

  

 【2015年】

 12・クビンス ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM
  ¥10,845 Amazon.co.jp (9/14執筆時) 

自動メニュー:4
設定可能温度:20度から65度
飲むヨーグルト:
カスピ海ヨーグルト:

 クビンスヨーグルト&チーズメーカーが良いでしょう。

 201903151115.jpg 

 2L容器(適正容量1.4L)のサイズは、最大級であり、料理用のギリシャチーズなどを大量に作りたい場合に向きます。

 塩麹・醤油麹などの発酵食品作りでも、サイズを重視したいならばこちらでしょう。一方、納豆も対応できますが、ヨーグルトメーカーで他菌種(納豆菌)と併用するのは、結構心配です。

 ただ、密封容器がレンジ対応で、熱湯消毒だけでなく、レンジで殺菌できるため、ヨーグルトが雑菌に負ける心配は少ないでしょう。

 こうした点で、併用するのには、最も向きそうです。

ーーー

 というわけで、今回は、ヨーグルトメーカーの紹介でした。

 最後になりましたが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 22:09 | 調理家電

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png