比較2019'【速度/容量別】ポータブルSSD50機の性能とおすすめ・選び方:外付SSDドライブ (2)

2019年08月08日

比較2019'【速度/容量別】ポータブルSSD50機の性能とおすすめ・選び方:外付SSDドライブ (2)

前回からの続き記事です。前半記事は→こちら

今回の結論
ポータブルSSDのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、前半記事(こちら)では、各社のポータブルSSDを比較してきました。

 最後に、いつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、小型で持ち運びやすいポータブルSSDの入門機としておすすめな製品は、

 201902011149.jpg

 【2017年モデル】

 【120GB】【各色】

 1・バッファロー SSD-PM120U3A-B
 1・バッファロー SSD-PM120U3A-S
  ¥5,356 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【240GB】【各色】

 2・バッファロー SSD-PM240U3A-B
 2・バッファロー SSD-PM240U3A-S
  ¥7,959 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【480GB】【各色】

 3・バッファロー SSD-PM480U3A-B
 3・バッファロー SSD-PM480U3A-S
  ¥10,508 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

読込速度:421.6MB/s
書込速度:370MB/s
接続:USB3.1 TypeA (gen1)
重量 :30g
保証 :1年間

1・読込速度  ★★★★☆
2・書込速度  ★★★★☆ 
3・軽量性   ★★★★★★
4・堅牢性   
★★★★★
5・保証    
★★★★☆
6・総合評価  
★★★★★

 バッファローの超小型ポータブルSSDでしょう。

 最近、SSDの市場価格が暴落したため、相当安く買えるお買得製品です。

 201612151152.jpg

 本体の重さは、30gとかなり軽量ですが、読込速度・書込速度が明視され、しかも高速です。

 接続の部分でも、付属のUSB3.0ケーブルで従来通りに接続可能なので、初心者にも優しいです。

 ハードディスクに較べた場合の優位性である、サイズと速度は十分なので、初めて買うポータブルSSDとしてふさわしいでしょう。

 堅牢性も、MIL規格試験をクリアしていますし、「迷ったからこれを買えば問題ない」といえる製品です。


 第2に、壊れにくい上で、SSDの速度的なメリット性を最大限に活かせる小型機種としては、

 201905041237.jpg

 【2018年発売開始】

 【SANDISK エクストリーム ポータブルSSD】

 【250GB】

  16・SDSSDE60-250G-J25
  ¥ 11,226 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【500GB】

  17・SDSSDE60-500G-J25
  ¥ 11,631 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【1TB】

  18・SDSSDE60-1T00-J25
  ¥ 22,321 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【2TB】

  19・SDSSDE60-2T00-J25
  ¥ 48,835 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

読込速度:550MB/s
書込速度:(550MB/s)
接続:USB3.1 gen2
重量 :38.9g
保証 :3年間

1・読込速度  ★★★★★
2・書込速度  ★★★★☆ 
3・軽量性   ★★★★★
4・堅牢性   
★★★★★★
5・保証    
★★★★★★
6・総合評価  
★★★★★

 アメリカのサンディスクのエクストリーム ポータブルSSDでしょう。

   201806181521.jpg

 本体の重さは、38.9gと十分軽量ですが、それに加えて耐熱・耐寒・耐衝撃・耐振動性能が高いです。

 ラフに使わない方も、堅牢性の高さは、故障確率の低さにつながる部分があるので、重要視して良い部分です。

 読込速度も、550MB/sの水準です。書込もベンチマークでは同等水準ですし、中身のSSDが製造できる会社として、性能は十分です。

 201806181527.jpg

 接続も、新しいUSB-TypeC端子で、ケーブルも付属します。

 一方、ポータブルSSDという性質を考慮すると、職場のPCなど通常のUSB端子(3.0)に付けることもあるでしょう。

  

 usb type-cot USB 3..0 Aケーブル
  ¥ 688 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 ただ、新しいケーブルを購入すれば、問題は解決可能です。


 第3に、比較的大容量が必要な方で、できるだけ安いポータブルSSDをお探しの方には、

 201905041322.jpg

 【2019年発売開始】

 【500GB】

 14・WD MY PASSPORT GO WDBMCG5000ABT  
  ¥7,980 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【1TB】

 15・WD MY PASSPORT GO WDBMCG0010BBT
  ¥14,800 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

読込速度:400MB/s
書込速度:400MB/s
接続:USB3.0
重量 :55g
保証 :3年間

1・読込速度  ★★★★★
2・書込速度  ★★★★☆ 
3・軽量性   ★★★☆☆
4・堅牢性   
★★★★★
5・保証    
★★★★★★
6・総合評価  
★★★★★

 米国のWD(ウエスタンデジタル)が販売する MY PASSPORT GOでしょう。

 500GBを超える製品の中では「コスパが最も良い」ですから。

 201905041328.jpg

 本体の重さは、55gですので、持ちはこびとしては「重め」ですが、ある程度存在感があった方がなくしにくいとも言えるでしょう。

 201905041332.jpg

 ケーブルがUSB3.0ケーブルの内蔵式である点で、Macユーザーには向きませんが、Windows系やゲーム用として考えた場合ば、こちらが良いでしょう。

 速度400MB/秒と充分ですし、堅牢性高いです。その上で、3年保証が付くのは、SSD製造メーカー「ならでは」でしょう。


 第4に、データ保存用の中型クラスのポータブルSSDの高速機としておすすめなのは、

 201612151314.jpg

 【2016年発売開始】

 【SANDISK エクストリーム 900】

 【480GB】

 43・ SDSSDEX2-480G-J25
  ¥21,172 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【960GB】

 44・SDSSDEX2-960G-J25
  ¥31,181 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【1.92TB】

 45・SDSSDEX2-1T92-J25
  ¥50,306 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

読込速度:850MB/s
書込速度:850MB/s
接続:USB3.1 gen2
重量 :210g
保証 :3年間

1・読込速度  ★★★★★★
2・書込速度  ★★★★★★
3・軽量性   ★★☆☆☆
4・堅牢性   
★★★★★
5・保証    
★★★★★★
6・総合評価  
★★★★★★

 サンディスクエクストリーム 900でしょう。

  201810182031.jpg  

 より安いモデルもありますが、小型のポータブルSSDが軒並み安くなっているので、この機種を除けば選ぶメリット性はあまり感じられませんでした。

 読込速度800MB/s書込速度800MB/sと、第2世代のUSB-Cのメリットを生かし、性能面では突出して優れるます。

 大容量データの保存や、PCの丸ごとバックアップなどの用途には最適だと思います。

 また、(下位機もですが)サンディスクは、中身のSSDが製造できる会社ですから、3年間の長期保証が付く点も安心でしょう。


 第4に、超高速のThunderbolt3対応のSSDとしておすすめできるのは、

 201902011252.jpg

 【2018年発売開始】

 【500GB】

 46・Samsung SSD X5 MU-PB500B/EC
  ¥35,418 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【1TB】

 47・Samsung SSD X5 MU-PB1T0B/EC
  ¥60,498 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

 【4TB】

 48・Samsung SSD X5 MU-PB2T0B/EC
  ¥ 141,198 Amazon.co.jp (8/8執筆時)

読込速度:2800MB/s
書込速度:2300MB/s
接続:Thunderbolt 3
重量 :150g
保証 :3年間

1・読込速度  ★★★★★★★
2・書込速度  ★★★★★★★
3・軽量性   ★★★☆☆
4・堅牢性   
★★★★★
5・保証    
★★★★★★
6・総合評価  
★★★★★★★

 Samsung Portable SSD X5はでしょう。

 201810182042.jpg

 現状のポータブルSSDで突出して速度が速いですから。Thunderbot3はこの速さに耐える規格なので、「宝の持ち腐れ」にもなりません。

 本体の重さは150gですから、携帯や持ちはこびも容易でしょう。とはいえ、値段的には、大事に自宅などで使うものかもしれません。

補足:記憶ストレージ関連記事の紹介!

 というわけで、今回の「モノマニア」は、ポータブルSSDを中心とする話でした。

 201809141056.jpg

1・ポータブルHDDドライブ
2・ポータブルSSDドライブ
3・Mac向きThunderbolt対応SSD
4・
内蔵SSDドライブ
5・USBフラッシュメモリー

6・外付けハードディスク(電源付)
7・NAS(ネットワークディスク)

 なお、SSD以外の別の形式の記憶ドライブの導入も検討している方は、上記のリンク記事もご覧ください。

----

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (前半からの続き記事ですので、前半記事をご紹介いただけると、いっそう嬉しいです)

 ではでは。

posted by Atlas at 08:58 | Comment(0) | PC周辺機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png