比較2019'【靴の種類別】疲れない!インソール31点のおすすめ・選び方:男女対応 (2)

2019年08月27日

比較2019'【靴の種類別】疲れない!インソール31点のおすすめ・選び方:男女対応 (2)

前回からの続きです→こちら

今回の結論
インソールのおすすめは、結論的にこれ!
 

 というわけで、前回の前編記事(こちら)では、シューズ用のインソールを紹介してきました。

 後編では、いつものように、オススメ機種について書いておこうと思います。


 第1に、疲れにくいウォーキング・ランニングシューズ用のインソールを探している方、

 201603051137.jpg

 12・エアーセレクト S 12741 (22.5-24cm)  
 12・エアーセレクト M 12742(24.5-26cm)  
 12・エアーセレクト L 12743(26.5-28.0cm)
   ¥2,926〜 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

1・安定性・グリップ ★★★★☆
2・衝撃吸収性    ★★★★★
3・快適性・通気性  ★★★★☆
4・総合評価     ★★★★★

1・ウォーキング   ★★★★★
2・ジョギング    ★★★★☆
3・競技用シューズ  ★★☆☆☆
4・ビジネスシューズ ★☆☆☆☆

 ソフソールの「エアーセレクト」が良いでしょう。

 201603051144.jpg

 高機能インソールとしては価格が値頃ですが、高性能エアーやジェルのほか、安定性を高めるためのスタビリティプレートが採用されており、歩行やジョギング時に疲れにくいインソールです。

 201902141031.jpg

 用途として、ウォーキング・ランニング・トレッキング・ゴルフシューズなど、万能に使えるでしょう。

 表面も蒸れにくいクールマックス素材を使っており、快適性も高いです。普段使いのシューズ用として3000円前後で選ぶならば、これが最も良いと思います。


 第2に、5000円前後で高性能なウォーキング・ランニング用のインソールを探している方は、

 201807291928.jpg

 18・ SP0991 Xアクティブ ウルトラ2

 【ウォーキングシューズ用】

 23.5cm-24.5cm #10022
 24.5cm-25.5cm #10023
 26.0cm-27.0cm #10024
 27.5cm-28.5cm #10025
  ¥4,692〜 Amazon.co.jpp (8/27執筆時)

1・安定性・グリップ ★★★★★★
2・衝撃吸収性    ★★★★★
3・快適性・通気性  ★★★★★
4・総合評価     ★★★★★

1・ウォーキング   ★★★★★★
2・ジョギング    ★★★★☆
3・競技用シューズ  ★★☆☆☆
4・ビジネスシューズ ★★☆☆☆

  ショックドクターのXアクティブ ウルトラ2でしょう。

 立体成型なので、インソールが外せない靴や、浅底の靴には向きませんが、とくにウォーキング用としては、信頼性・機能性が最も高いです。

  201804051546.jpg

 どの製品よりも立体感が強く、特に、大きなコントロールバーで、サポート力が強いため、長時間の歩行にはこの製品は向きます。

 通気性も良いため、しっかりした衝撃吸収メカニズムのあるスニーカーなどに利用すれば、靴を相当程度「アップグレード」できます。

 一方、ジョギング用としても向きますが、通常の高機能インソールより多少重みを増してしまうため、一長一短な部分があります。


 第3に、競技スポーツ用に、フィット感・グリップ性能の強いインソールを探している方は、

 201807291927.jpg

 17・ウルトラ2 ロープロフィール SP0972

【競技シューズ用薄型】

 23.5cm-24.5cm #70022
 24.5cm-25.5cm #70023
 26.0cm-27.0cm #70024
 27.5cm-28.5cm #70025
 ¥4,904〜 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

1・安定性・グリップ ★★★★★★
2・衝撃吸収性    ★★★★☆
3・快適性・通気性  ★★★★★
4・総合評価     ★★★★★

1・ウォーキング   ★★☆☆☆
2・ジョギング    
★★☆☆☆
3・競技用シューズ  
★★★★★★
4・ビジネスシューズ ★★☆☆☆

 コントロールバーが搭載されているこちらのモデルが良いでしょう。

 201804051543.jpg

 高額ですが、コントロールバーによるフィット感・グリップ性能は代え難く、投資する価値は十分にあると思います。

 陸上競技の他に、インソールが外せないタイプの靴で利用する場合、また、野球・サッカー・ゴルフなどのスパイクシューズ用として、または自転車用としてレベルが高いです。


 第3に、自転車用バイクシューズ・ゴルフシューズ、登山靴など用途が特化された靴に最適と言えるのは、

 201807291931.jpg

 19・SIDAS RUN 3D 326903 【ランニング】
 19・SIDAS OUTDOOR 3D 3125750 【登山】
 19・SIDAS COMFORFT3D 312531【自転車】
 19・SIDAS GOLF 3D 326914 【ゴルフ】
 19・SIDAS WINTER 3D 329500 【スキー】
   ¥2,990〜 Amazon.co.jp (8/27執筆時)
 

1・安定性・グリップ ★★★★★
2・衝撃吸収性    ★★★★★
3・快適性・通気性  ★★★★★
4・総合評価     ★★★★★

1・ウォーキング   ★★☆☆☆
2・ジョギング    
★★★★★
3・競技用シューズ  
★★★★★
4・ビジネスシューズ ★★☆☆☆

 スポーツ毎に最適化されたシューズを出しているシダスのインソールでしょう。

 ランニングシューズやウォーキングシューズなど、日常の汎用性が求められるようなものでない靴ならば、シダス社のモデルは最適と思います。


 第4に、ビジネスシューズで疲れにくいインソールを探している方は、

 201804051607.jpg

 (22cm-29.5cm)

 25・SIDAS ビジネス用 ウォーク 3D
   ¥3,500〜 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 26・SIDAS ビジネス用 ウォーク 3Dスリム
   ¥3,585〜 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

1・安定性・グリップ ★★★★☆
2・衝撃吸収性    ★★★★★
3・快適性・通気性  ★★★★★
4・総合評価     ★★★★★

1・ウォーキング   ★★★☆☆
2・ジョギング    
★★☆☆☆
3・競技用シューズ  
★★☆☆☆
4・ビジネスシューズ ★★★★★

 シダスのウォーク 3D・オフィス3Dでしょう。

 ビジネスウォーキング専用に薄く作られた機能性インソールですが、立体形状のナイロンアーチフレックスシェルは、スニーカーの場合と同じようなホールド性と体圧分散性を確保します。価格も値頃感があるので、1度試してみると良いと思います。

  201807291913.jpg

 28・インソールプロ 足底筋膜炎対策インソール
 29・インソールプロ 外反母趾対策インソール  
 30・インソールプロ O脚対策インソール
 31・インソールプロ 偏平足対策インソール
   ¥1,490〜 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 ただし、「外反母趾」など疲れやすさの「原因」が分かっている場合は、村井のインソールを選ぶのがよいでしょう。

補足:このブログの関連記事の紹介

 201811181237.jpg

 というわけで、今回はインソールを比較しました。

1・歩き疲れないインソール
2・歩き疲れないスニーカー

 なお、スニーカーも同時にお探しの方は、上記2番のリンク記事もよろしければご覧ください。ビジネス寄りの製品も紹介しています。

 また、最後になりましたが、記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題をシェアしていただければ、嬉しいです。

 (前半からの続き記事ですので、前半記事をご紹介頂けるといっそう嬉しいです)

 ではでは。

posted by Atlas at 13:31 | 日用品

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png