Top スマホ関連機器 比較2020'【強かった!】ライトニングケーブル75点のおすすめ・選び方:長さ別・断線しにくいiPhoneケーブルの比較 (2)

2020年05月21日

比較2020'【強かった!】ライトニングケーブル75点のおすすめ・選び方:長さ別・断線しにくいiPhoneケーブルの比較 (2)

前半記事からの続きです。前半記事は→こちら


 201907261921.jpg

 【2019年】

 【70cm】

 56・ELECOM MPA-CLS07BK
  ¥2,288 楽天市場  (5/21執筆時)

 【1.2m】

 57・ELECOM MPA-CLS12BK
  ¥2,007
楽天市場  (5/21執筆時)

 【2.0m】

 58・ELECOM MPA-CLS20BK
  ¥2,102
楽天市場  (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★☆
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  ★★★☆☆

 MPA-CLSシリーズは、エレコムが販売する、USB-C to Lightningケーブルです。

 同社は、先ほど見たロジテックと同会社ですが、今後は「ELECOM」のほうのブランドでケーブルを販売していくようです。

 ただ、ラインとしてはロジテックの「高耐久ケーブル」シリーズの技術を使っていますので、継続的な信頼性は期待できます。

 もちろん、Apple認証製品です。

 201907261926.jpg

 ケーブル素材は、ロジテックの「高耐久ケーブル」シリーズと同じで繊維質のナイロンメッシュ素材を採用し、内部の配線密度を高めた製品です。

 ただ、「通常の10倍」ではなく「通常の5倍」という表記のため、普通のケーブルよりは「軟弱」ではあります。

 この方式は、堅く曲げにくいですが、Apple純正もさほど曲げやすいとは言えないため、通常モデルに較べたら差は少ないです。

 接合部の剛性は、保護用のブッシュが長くある程度の堅牢性は期待できます。

 コネクターは、一般的なプラスチックで、特別な工夫はありません。

 ケーブルの長さは、70cm・1.2m2mの3種類です。

 保証は、1年間です。

---

 以上、ロジテックMPA-CLSシリーズの紹介でした。

 純正よりも多少安いため、「ちょっと試したい!」という方はこちらが良いと思います。

 一方、純正同様にケーブルが太めなので、「寝ながら充電」のような用途には向かない点は注意が必要です。


 202002061112.jpg  

 【2019年】

 【1.2m】

 59・ベルキン DuraTek Plus F8J243BT04-BLK-A
  ¥2,949 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  ★★★☆☆

 DuraTek Plusは、米国のベルキンが販売するUSB-C to Lightningケーブルです。

 もちろん、Apple認証製品です。

 202002061115.jpg

 ケーブル素材は、二重編みのナイロンメッシュをふくめ三層構造で、さらに内部にアラミド繊維の導線がある構造です。

 USB-Cタイプではないモデルにも似た構成のものがありましたが、ケーブルの剛性はエレコムの高耐久モデルより良いでしょう。

 接合部の剛性は、継ぎ目のない一体成形なので、問題ないでしょう。

 コネクターは、一般的なアルミニウム合金です。

 202002061122.jpg

 ケーブルの長さは、1.2mのみです。

 保証は、5年間です。

---

 以上、ベルキンDuraTek Plusの紹介でした。

 サイズの選択肢はないですが、剛性については(純正を除けば)水準は高いでしょう。

 やや太めですが、ある程度の柔軟性はあるため、携帯も可能です。ただ、長さの選択肢は欲しいですね。


 202005211917.jpg

 【新製品】(耐久3.5万回)

 【0.9m】

 60・Anker PowerLine+ III USB-C 0.9m
  ¥2,290 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【1.8m】

 61・Anker PowerLine+ III USB-C 1.8m
  ¥2,390 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【旧製品】(耐久3万回)

 【0.9m】

 62・Anker PowerLine+ II USB-C 0.9m
  ¥2,000 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【1.8m】

 63・Anker PowerLine+ II USB-C 1.8m
  ¥2,390 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  
★★★★★

  PowerLine+ III USB-C & ライトニング ケーブルは、米国のアンカーの販売するUSB-C to Lightningケーブルです。

 もちろん、Apple認証製品です。

 202005211929.jpg

 ケーブル素材は、多層構造のナイロンメッシュです。

 耐久性は十分で、折り曲げ試験3万回クリアという同社では最も堅牢なスペックです。

 また、旧機種のPowerLine+U よりも細いのですが、耐久性評価はこちらのモデルのが高いです。

 接合部の剛性は、継ぎ目のない一体成形なので、ある程度堅牢と言えます。

 202005211931.jpg

 コネクターは、スチール製です。

 さらに端子については、さび止め処理の言及もあります。

 ケーブルの長さは、1.8mと90cmです。

 保証は、18ヶ月です。

---

 以上、アンカーPowerLine+ III USB-C & ライトニング ケーブルの紹介でした。

 通常のケーブルにもありましたが、同社のケーブルでは、最も合成の期待できる製品です。

 他社の剛性モデルと値段はあまり変わりませんが、剛性が高いモデルとしては、線が細めで保証期間が長めなのは見どころでしょう。

 202005211937.jpg

 【0.3m】

 64・Anker PowerLine+ III USB-C 0.3m  
  ¥1,699 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★
2・耐久度  ★★★★☆
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  
★★★★★

 なお、本製品については、30cmもありますが、耐久度評価が多少劣る2.5万回なので、名前から「プラス」の字が除かれています。


 201907261921.jpg

 【2019年】

 【10cm】

 65・ELECOM MPA-CL01BK
  ¥1,580 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【50cm】

 66・ELECOM MPA-CL05BK
  ¥1,579 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【1.0m】

 67・ELECOM MPA-CL10BK
  ¥1,679 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【1.5m】

 68・ELECOM MPA-CL15BK
  ¥1,779 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【2.0m】

 69・ELECOM MPA-CL20BK
  ¥2,015 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★☆
2・耐久度  ★★★★☆
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  ★★★★☆

 MPA-CLシリーズも、エレコムが販売する、USB-C to Lightningケーブルです。

 先ほどの機種と異なり、耐久性を重視したモデルではなく、むしろ、「しなやか」で取り回しの良さを重視するタイプです。

 201907261941.jpg

 ケーブル素材は、したがって、通常のゴムで、コネクター部分のブッシュも「普通クラス」の強度です。

 ケーブルの長さは、一方、10cm〜2mの5種類です。

 保証は、1年間です。

---

 以上、ロジテックMPA-CLシリーズの紹介でした。

 USB-PD対応の高速モデルをモバイル用、出張用に考えている場合、こちらの10cm・50cmモデルは有用です。耐久性はさほど期待できませんが、その分、取り回しやすいため、この用途には合うでしょう。

 値段もお手頃です。


 202002061126.jpg

 【2019年】【1.2m】

 70・ベルキン F8J239BT04-BLK-A
 71・ベルキン F8J239BT04-WHT-A  
  ¥1,773 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★☆
2・耐久度  ★★★★☆
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  ★★★★☆

 F8J239BT04は、米国のベルキンが販売するUSB-C to Lightningケーブルです。

 こちらも、耐久性よりも「しなやか」で取り回しの良さを重視するタイプです。


 202002061132.jpg

 ケーブル素材は、通常のゴム系素材です。

 接合部の剛性は、付け値の部分は他者と大差ないですが、コネクター側については、ある程度ですが、堅牢性が確保されていそうです。

 ケーブルの長さは、1.2mのみです。

 短いケーブルは、現状他社から出ていないので、モバイルバッテリー用に考えている方は、この製品は便利でしょう。

 保証は、2年間です。

---

 以上、ベルキンF8J239BT04の紹介でした。

 サイズに選択肢はないですが、保証期間がやや長めで、接続部分の剛性もある程度ありそうです。

 取り回し重視で、1m前後の格安ケーブルを探している場合は、候補として良いでしょう。


 202005211944.jpg

 【2019年】

 【0.9m】

 72・Anker PowerLine II USB-C 0.9m
  ¥1,599 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【1.8m】

 73・Anker PowerLine II USB-C 1.8m
  ¥1,773 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★☆
2・耐久度  ★★★★☆
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  ★★★★☆

 Anker PowerLine IIは、米国のアンカーのUSB-C to Lightningケーブルです。

 やはり、本製品も、耐久性よりも「しなやか」で取り回しの良さを重視するタイプです。

 202005211949.jpg

 ケーブル素材は、通常のゴム的な性質を持つTPE素材です。

 先ほど見たような、ANKERの製品よりは折曲げ耐久度の評価は低く、1.2万回です。

 接合部の剛性は、ブッシュとコネクタの一体成形です。

 このグレードならば十分でしょう。

 ケーブルの長さは、2種類のみです。

 保証は、18ヶ月です。

---

 以上、アンカーAnker PowerLine IIの紹介でした。

 やわらかめなケーブルを価格重視で選ぶとすると有力な選択肢でしょう。

7・巻き取り式ケーブルの比較

 最後に、あまり最近流行りませんが、巻き取り式ケーブルを紹介しておきます。


  201807262121.jpg

 【70cm】

 74・Logitec 巻取り 0.7m UALRLN07WH
  ¥655 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【1.2m】

 75・Logitec 巻取り 1.2m UALRLN12WH
  ¥945 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★☆
2・耐久度  ★★★☆☆
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★★★☆

 こちらは、ロジテック社の巻き取り式ライトニングケーブルです。

 最近モデルチェンジした「2世代目」です。巻き取り式ですがアップルの認証を取っています。

 201801101150.jpg

 色は、ホワイトとブラックの2色のナインナップです。

 ケーブルの長さは、70cm120cmがあります。

 ケーブル素材は、「平麵タイプ」のフラットケーブルでさほど堅牢ではありません。

 ただ、メーカーによれば、配線密度を高めることで屈折耐久性を向上させたようです。また、最も断線する付け値の部分は堅牢に補強しており、このタイプとしては、耐久性が期待できそうです。

 コネクターは、こちらもスリムタイプです。問題ないでしょう。

---

 以上、ロジテックの巻き取り式ケーブルの紹介でした。

 バッグに入れて持ち運ぶ場合は、収納の面で有利でしょう。

 ただ、こうした収納方法のケーブルは、几帳面にケーブルの絡んでいないか注意できない方は、絡まってうまく収納できないトラブルがあるので、その点だけは注意です。

今回の結論
ライトニングケーブルのオススメは結論的にこれ!

 以上、前半記事(こちら)ではライトニングケーブルについて書いてみました。

 最後にいつものように、目的別・予算別に「おすすめ機種」について書いておきます。


 第1に、安価な製品で最も信頼性が担保される製品としては、 

 201811171243.jpg

 【Amazonベーシック】

 【10cm】

 9・USBライトニングケーブル 4インチ
  ¥720 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【90cm】

 10・USBライトニングケーブル 3フィート
  ¥748 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【1.8m】

 11・USBライトニングケーブル 6フィート
  ¥798 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【3m】

 12・USBライトニングケーブル 10フィート
  (¥1,098) Amazon.co.jp (5/21執筆時)


1・信頼性  ★★★★★
2・耐久度  ★★★★☆
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★★★★
5・総合評価 ★★★★★

 【Amazonベーシック】アップルの認証ケーブルです。

 201811171249.jpg

 取り回しやすい「細いゴム製ケーブル」の製品では、ノイズ対策・ケーブル・コネクタの部分で、信頼感は一番です。

 ロジテックも同レベルの信頼性はあるものの、コネクタ接続部分の強度はAmazonが優れます。

 折り曲げがちな極短10cmケーブルや、あまり長すぎるケーブルはおすすめしませんが、90cmと180cmについては、同価格帯の他の競合ケーブルより、価格面・堅牢性の面でとくに期待できるでしょう。

 ただし、「多少断線しにくいケーブル」ではなく「断線しにくいケーブル」を選びたいならば、以下で紹介する機種を選ぶのが良いと思います。


 第2に、モバイル電源用の10cm程度の短いケーブルとして最もおすすめできる機種は、

 201804031926.jpg

 【15cm】

 23・ベルキン15cm F8J144BT06IN
  ¥2,309 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★★★★
5・総合評価 ★★★★★

 やはり、ケーブルの剛性が十分確保された米国ベルキンプレミアムケーブルです。

 201509051238.jpg

 先ほども書きましたが、USBモバイル電源とつなげて充電する場合、ケーブルの付け根の部分をかなり曲げて使います。

 そのため、この部分の被膜割れでLightningケーブルが駄目になる場合が圧倒的に多いです。Atlasも年に4〜5回は、これで駄目にしてます。

 これを防ぐには10cmのケーブルでは難しいのですが、15cmあるベルキンのケーブルの長さだと、意外とうまくいきます。

 201807262150.jpg

 ケーブル素材は、熱可塑性樹脂素材を使った編み被服ケーブルを採用します。

 ゴム製に較べると、よれや捻りに強い頑丈なケーブルで、ナイロンケーブルと違いある程度までの柔軟性も期待できます。

 そのため、「断線しにくさ」と「取り回しやすさ」が絶妙なラインで両立しているといえます。

 したがって、ベルキンプレミアムケーブル「長さ」「堅牢性」「柔軟性」の3点で、レベルが高いといえます。デザイン性も高いため、投資する価値はあると思います。

---

 202002060957.jpg

 【15cm】【25cm】

 26・BigBlue 15cm MFi ライトニング ケーブル
  ¥1,099 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★★★★

 ただ、ベルキンの15cmは市価が高めです。

 繰り返しますが、極短ケーブルは、折り曲げることが多いので、(どんなケーブルでも)長持ちしにくいです。

 ようするに、「値段面でのリスク」があるので、1000円程度で抑える、という発想ならば、BigBlueのケーブルでも良いでしょう。

 202002061006.jpg

 極短ケーブル専用設計で、シリコン樹脂の一体成形なので、折り曲げ・引っ張り耐性は高いですから。


 第3に、ビジネスで持ち歩くのに便利な、50cm前後のケーブルとしておすすめできるのは、

 201807261941.jpg

 20・Apple純正 ME291AM/A【0.5m】
  ¥1,890 Amazon.co.jp
(10/25執筆時

1・信頼性  ★★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★★★★
5・総合評価 ★★★★★★

 Apple純正の50cmケーブルが良いでしょう。

 持ち運びやすさの点で言えば、ナイロンケーブルを利用するような太い線のケーブルを持ち運ぶのは「ナンセンス」です。

 しかし、この手のケーブルは、ビジネスバッグに入れてかなり「ずさん」に扱うわけで、堅牢性はマストと言えます。

 そうなると、Apple純正の50cmのケーブル以外に有効な選択肢が思いつきません。補足で堅牢性が保証できるモデルが他にないからです。

 長さの点では、50cmというケーブルの長さは、出張時に特に便利です。

 ホテルでコンセントが机になく、壁のコンセントから電源を取る場合など、高低差を考えても、50cmあればたいていの場合余裕ですから。

 201811171327.jpg

 Anker PowerPort 2 Elite
  ¥1,399 Amazon.co.jp
(5/21執筆時)

 なお、出張時には、2ポートのコンパクト型USB充電器を持っていると便利です。

 ANKERのこちらの製品は、コンセントプラグを折った状態で収納でき、同等製品のなかでは最もコンパクトだと思います。


 第4に、机などでの利用に向く1m前後のケーブルで、品質的におすすめなのは、

 201804031926.jpg

 【1.2m】

 24・ベルキン1.2m F8J144BT04
  ¥1,879 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★★★★
5・総合評価 ★★★★★

 品質やデザイン性を重視する場合は、ベルキンのプレミアムケーブルでしょう。

 先述のように、「断線しにくさ」と「取り回しやすさ」が絶妙なラインで両立している点で希少と言える機種ですから。

 見た目にも高級感があるので、机の上の「アクセント」としても効果的です。

  201807262049.jpg

 【90cm】

 48・Anker PowerLine II 0.9m
  ¥880 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★☆
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★★★☆
5・総合評価 ★★★★☆

 一方、価格を考慮するならば、Anker PowerLine II おすすめです。

 やや太めですがゴム素材ですから、机の上である程度曲げて利用できます。iMacやデスクトップPCからの充電の場合、重宝するでしょう。


 第5に、ベッドや自動車で使う2m前後のケーブルとしておすすめできるのは、

 201807261941.jpg

 22・Apple純正 MD819AM/A【2m】
  ¥4,001 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★★★★
5・総合評価 ★★★★★★

 基本的にはアップルの純正ケーブルが良いでしょう。

 ケーブルは、長くなるほど信頼度が落ちるため、純正であるにこしたことはありません。

 先述のようにApple純正ケーブルは、しっかり検品した質の良いケーブルを利用する上、長さが細めで取り回しが良いです。

 201811171332.jpg

 iBUFFALO USBシガーチャージャー
  ¥712 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 なお、車での利用ならば、USBシガーチャージャーを購入して使うと良いと思います。

ーーーー

 201807262037.jpg

 【各色】

 【1.5m】

 42・オウルテック OWL-CBKLT15
  ¥1,530 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 43・オウルテックA15LK-BK 【直販】
  ¥1,430 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【2m】

 44・オウルテック OWL-CBKLT20
  ¥1,580 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 45・オウルテックA20LK-BK 【直販】
  ¥1,480 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【3m】

 46・オウルテック OWL-CBKLT30
  ¥1,880 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★
2・耐久度  ★★★★★★★
3・スピード ★★★★☆
4・柔軟性  ★★☆☆☆
5・総合評価 ★★★★★

 ただし、Appleにないサイズが欲しい場合で、配線的にケーブルの柔軟性は不要の場合は、オウルテックが良いでしょう。

  2年保証という点も含めて「安心感」があります。 


 第6に、耐久性のほか、スマホの充電速度に重きを置きたい方におすすめできるのは、

 202005211917.jpg

 【新製品】(耐久3.5万回)

 【0.9m】

 60・Anker PowerLine+ III USB-C 0.9m
  ¥2,290 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

 【1.8m】

 61・Anker PowerLine+ III USB-C 1.8m
  ¥2,390 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  
★★★★★

 202005211937.jpg

 【0.3m】

 64・Anker PowerLine+ III USB-C 0.3m  
  ¥1,699 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★
2・耐久度  ★★★★☆
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  
★★★★★

 USB-C PDに対応する製品を選ぶのが「マスト」です。

 剛性の高い製品は各種ありますが、値段と保証期間を考えると、ANKERが良いでしょう。

 202005211929.jpg

 2020年の更新で配線が見直され、細くなったにもかかわらず、耐久性は上がっています。

 その上で、さび止め処理なども新たになされ、全体的に堅牢性が上がっている点が評価できます。

 一方、同社や他社製品では、取り回しやすいモデルがありますが、USB-C方式のケーブルは、普通より高いので、耐久性がある程度ある本機を押します。

 モバイル用には、耐久性は2.5万回となりますが、柔軟性がある程度保証された上で強いといえる、0.3mモデルを選ぶと良いでしょう。

----

  201807261941.jpg

 【2.0m】

 55・Apple USB-C - Lightning 2m MKQ42AM/A
  ¥4,001 Amazon.co.jp (5/21執筆時)

1・信頼性  ★★★★★★
2・耐久度  ★★★★★
3・スピード ★★★★★★
4・柔軟性  ★★★★☆

 ただし、1mを超える長いケーブルについては、スマホとの相性の部分でトラブルを抱える可能性もあるので、素直に、アップルの純正USB-CLightningケーブルを選ぶと良いと思います。

 201812291539.jpg

 なお、USB-C PDによる高速充電については、このブログの【MacBookの比較記事】で紹介した、MacBook付属のAppleの純正アダプタでも利用可能です。

  201907261859.jpg

 【60W】

 Anker PowerPort Speed 1 PD 60W
  ¥2,799 Amazon.co.jp (5/21執筆時)
 

 一方、「専用」で新しく買う場合は、サードパーティ製で構いません。

 201808181517.jpg

1・小型モバイルバッテリー
2・大容量モバイルバッテリー
3・USB-C PD対応バッテリー

 そのほか、モバイルバッテリーをお探しの方は、このブログの、上記の記事で、USB-PD対応機を紹介しています。

 とくに、3回目の【USB-C PD 対応バッテリーの比較記事】は、PD対応機限定で紹介していますので、一覧性があるかと思います。

ーーーー

 というわけで、今回はライトニングUSBケーブルの話でした。

 この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークボタンから記事を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 20:23 | スマホ関連機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png