Top 研究道具(その他) 比較2021’【疲れない】PC用チェア39機の性能とおすすめ・選び方:自宅用オフィスチェアのレビュー (2)

2021年10月25日

比較2021’【疲れない】PC用チェア39機の性能とおすすめ・選び方:自宅用オフィスチェアのレビュー (2)

今回のお題
パソコンなどの長時間作業に向く、パソコン向けチェアのおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2021年10月現在、最新のオフィスチェア(PCチェア)の比較の2回目記事です。

 201802161806.jpg  

1・PCチェアの比較 (1)
 1-1・低価格なオフィスチェア
  企業:サンワ・アイリス
  予算:3000円
 1-2・中級オフィスチェア
  企業:プラス・コクヨ など
  予算:2万円
 1-3・高級オフィスチェア
  企業:リープ・アーロン・オカムラなど
  予算:8万円〜  
2・PCチェアの比較 (2)
 2-1・ゲーミングチェア
  企業:AKRACING など
  予算:4.5万円  
 2-2・最終的なおすすめ機種の提案

 今回は、1回目記事で紹介できなかった、各社のゲーミング用チェアを追加で紹介します。

---

座りやすさ     ★★★★★
リクライニング機能 ★★★★★
腰のサポート力   ★★★★★
通気性       ★★★★★
総合評価      ★★★★★

 その上で、最後の「結論」部分では、上表のような観点から、目的別・予算別に、Atlasのおすすめ商品を紹介していきます。

2-1・ゲーミングチェアの比較

 202009111132.jpg

 はじめに、やや特殊なニーズとなりますが、ゲーミングチェアの比較です。

 この製品は、ゲーム用として売られますが、(椅子は椅子なので)仕事用として利用しても良いです。

 姿勢を崩しても疲れにくい機種が多いです。剛性とフィット感を重視なので、通気性が悪い場合が多いですが、合う人は合うでしょう。

---

 なお、以下の本文では、Atlasがおすすめできるポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で書いていきます。


 202006050921.jpg

 【2020年】

 36・AKRACING ゲーミングチェア NITRO V2
  ¥44,033 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 NITRO V2は、AKRACINGの、ゲーム向けのオフィスチェアです。

 同社は中国揚州の企業で、自社工場で、10年以上ゲーム用の椅子を製造しています。

 自動車や、欧州のサッカースタジアムでみかけるレカロ の椅子に似たシルエットの椅子です。

 長年の人気製品ですが、2020年にVer.2になり、張地の耐久性がアップしました。

 201904211720.jpg

 AKRACING オットマン フットレスト
  ¥15,226 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 ゲーミングの名が付きますが、正式には、ゲーミング・オフィスチェアという名前で売られており、仕事用にも適します

 なお、オットーマン(フットレスト)は別売です。

 201810061019.jpg

 また、この製品は、図のように、180度まで倒せる構造です。そのため【PCデスクの比較記事】で書いたような、「寝ながらゲーム環境」という、ニッチニーズにも対応できます。

 椅子の調整機能は、充実します。

 7cmの高さ調節、背もたれの強弱調節、最大12度のロッキング機構、アームの高さの調節と必要な機能は全て装備されます。

体格に合わせたオートフィット機能はないですが、構造的には不要でしょう。

 201904211723.jpg

 腰のサポート力は、期待できます。

 背もたれの包み込むような形状は、レカロのシートのように、人間工学に基づいた設計です。

 背骨や肩に掛かる加重を効果的に分散してくれるでしょう。とくに、腰の部分にも、かなりしっかりしたランバーサポートもつきます。

 背面と座面素材は、外面にPUレザーを貼っており、高級感があります。

 革張りの製品は、拭き取り掃除が容易なので、清潔に使えると思います。ただし、革張りなので、通気性は期待できません

201607291247.jpg

 構造面では、結構「ごつい」メタルフレームを使っています。

 そのため、耐荷重150kgまでと、多少ハードに利用しても安心といえる性能です。

---

 以上、AKRACINGゲーミング・オフィスチェア NITROの紹介でした。

 価格は高いですが、しっかりした作りの椅子です。

 耐久製もあるため、長年利用することも可能でしょう。もちろん、オフィスで利用するには、デザイン的に問題がありそうですが、家庭で利用する場合は、良い選択肢の1つでしょう。

----

 202009111106.jpg

 37・Fantasista A ゲーミングチェア
  ¥13,800 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 なお、最近、中国製の「レカロ風」の格安チェアが割と出回っています。

 本製品のほか、GALAXHERO・CYBER GROUND・GTRACING Dowinxなどのブランド名でも出ています。 

 しかし、自社工場で製造し、また、長年の日本での販売歴のあるAKRACINGと比較する場合、製造元・販売元が明確とは言いがたいので、ややオススメしにくいです。


  201810061023.jpg

 38・AKRACING PRO-X V2 GREY
 38・AKRACING PRO-X V2 RED
  ¥54,321 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 AKRACING ゲーミングチェア PRO-Xは、上で紹介した機種の上位版です。

 NITROに較べると違いは主に2点あります。

 201904211729.jpg

 第1に、幅55cm、背もたれ95cmとサイズをゆったりさせた点です。

 動きのあるゲームにさらに特化した仕様でしょう。

 下位機種のNitroは、背もたれの圧迫感がややきつめの設定なので、オフィス用としても、ゲーミングとしても、あまり締め付けられたくない方は、こちらが適当です。

 ただ、ある程度の締め付けがあった方が良い姿勢が保てるのも事実なので、どちらを選ぶかは難しい部分もあります。

 201904211731.jpg

 第2に、アームレストの位置を前後左右上下に自由に動かせるようにした点です。

 10万円越えの高級チェアでは普通の機能ですが、疲れの軽減に最適です。

ーーー

 202009111118.jpg

 39・noblechairs EPIC NBL-PU-BLA-003
  ¥59,800 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 なお、少し高めの「ゲーミングチェア」としては、ドイツnoblechairsの製品も、アーキサイトが輸入をはじめており、最近は手に入ります。

 デンキヤにあったので、短時間ですが、試座する機会がありました。

 202009111132.jpg

 AKRACINGに比べると、さらに余裕がある作りで、体型によってはフィット感は弱めです。

 ただ、大柄な人には、形状的に本機のほうが合いやすいです。

 耐荷重も120kgとのことです。

 作りも丁寧ですし、ゲーム用のほか、仕事兼用としても選択肢にできるでしょう。

今回の結論!
疲れにくいオフィスチェアのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、オフィスチェアを紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。


 第1に、疲れにくさや腰へのサポートを目的に、品質の高い椅子を探している方におすすめできる機種は、

 201712181351.jpg

 9・オカムラ ビラージュ 8VCM1A-FHR8
  ¥19,691 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 9・固定肘セット 8VCM18-GB85
  ¥3,876 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 9・可動肘セット 8VCM19-GB85
  ¥5,490 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

1・座りやすさ     ★★★★☆
2・リクライニング機能 ★★★☆☆
3・腰のサポート力   ★★★☆☆
4・通気性       ★★★★★
5・総合評価      ★★★★☆

 岡村製作所ビラージュVCMシリーズでしょう。

 201810061143.jpg

 シンプルなデザインながら、機能性・通気性を高いレベルで確保し、デザイン性も良いです。

 国産メーカーが作る信頼性の高い椅子としては、オートフィットシンクロリクライニング機構を装備するなど、背中に対するサポート性能が高い機種です。

 各種調整機能も充実しているので、キチンと体型に合わせた調節をすれば、長時間使っても疲れにくい良い椅子だと思います。


 第2に、3万円前後の予算で、高性能な椅子をお探しの方には、

 201810060947.jpg

 10・オカムラ ビラージュ 8VCM2A-FHR1
  ¥25,325 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

1・座りやすさ     ★★★★★
2・リクライニング機能 ★★★★☆
3・腰のサポート力   ★★★★☆
4・通気性       ★★★★★
5・総合評価      ★★★★★

 岡村製作所ビラージュVCM2シリーズでしょう。

 201607291327.jpg

 下位機種に比べて、特にランバー部分のサポート力は構造的に優れます。その上で、背もたれに樹脂製のメッシュを採用し、デザイン性も高いです。

 下位機種同様、リクライニングについても、オートフィットシンクロリクライニング機構を装備し、体重や体格に応じた反発力の自動調整に対応しますし、レベルが高いです。

 機能性・デザイン性が良い「高級PCチェア」の「入り口」とも言える機種ですから、「良い椅子」を低予算で探していた方には特にオススメです。

 201810060953.jpg

 10・ビラージュ (8VCM2A)用ヘッドレスト
  ¥4,431 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 10・固定肘セット 8VCM18-GB85
  ¥3,876 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 10・可動肘セット 8VCM19-GB85
  ¥5,490 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 ヘッドレストやアームレストも別売ながら利用できるため、応用の範囲は広いでしょう。


 第3に、5万円前後の予算で、特に、PC利用時にワンランク上のサポート力を持つ椅子をお探しの方には、

 201907272049.jpg

 【アジャスト肘付属】

 12・プラス Fita フィータ KD-FT60ML
  ¥54,937 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 【アジャスト肘なし】

 13・プラス Fita フィータ KC-FT60ML
  ¥38,308 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

1・座りやすさ     ★★★★★
2・リクライニング機能 ★★★★★
3・腰のサポート力   ★★★★★
4・通気性       ★★★★★
5・総合評価      ★★★★★

 プラスオフィスチェア FITAでしょう。

 201907272103.jpg

 ビラージュも良い椅子ですが、こちらの場合、オートフィットシンクロリクライニング機構に加えて、シートスライドロッキング機能が搭載されます。

 PC利用時に、リクライニングしても目線の移動がないため、疲れにくさの部分でかなりの改善が見込めます。

 腰のサポート力についても、(あまりケチらず)しっかりした骨組みがなされるため、(相当姿勢が悪くない限り)問題なく利用できます。

 201907272057.jpg

 ただし、背面はメッシュで、通気性も申し分ありません。

 やや高いですが、投資する価値はある製品です。椅子の買換えで「今のものより良いもの」を選びたい場合、第1の選択肢となるでしょう。


 第4に、比較的格安な椅子で、疲れにくく、品質の高い椅子を選ぶとするならば、

 201810060939.jpg

 【低反発座面】

 7・アイリスプラザ オフィスチェア H-935L-2RT
  ¥6,448 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 【通常座面】

 8・アイリスプラザ オフィスチェア H-935L-2RN
  ¥5,980 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

1・座りやすさ     ★★★☆☆
2・リクライニング機能 ★★★☆☆
3・腰のサポート力   ★★★☆☆
4・通気性       ★★★★★
5・総合評価      ★★★☆☆

 アイリスプラザ(アイリスオーヤマ)オフィスチェアでしょう。

 「My座布団」を使いたい方は、通常座面、そうでもないかたは、低反発が良いと思います。

  201810061145.jpg

 より安い機種もありますが、ロッキング角度の調整に加えて、背もたれの強弱を調整できる点を評価しました。

 背もたれも大きめである点も有利でしょう。

 座面素材の工夫など、値段の制限の中ながら、わりと頑張っています。


 第5に、長時間座ってゲーム・TV・映画視聴などをする方におすすめの製品は、

 202006050921.jpg

 【2020年】

 36・AKRACING ゲーミングチェア NITRO V2
  ¥44,033 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 【ゆったりめ】

 38・AKRACING PRO-X V2 GREY
 38・AKRACING PRO-X V2 RED
  ¥54,321 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

1・座りやすさ     ★★★★★
2・リクライニング機能 ★★★★★
3・腰のサポート力   ★★★★☆
4・通気性       ★★☆☆☆
5・総合評価      ★★★★★

 AKRACINGゲーミング・オフィスチェア NITROでしょう。

 背もたれがレカロのような人間工学的な形状で、疲れにくい製品だと思います。

 201904211720.jpg

 オフィス用としては、デザイン面と、通気性の面であまりおすすめできません。しかし、家庭で利用するならば、服装である程度暑さは調整できます。

 レザーシートなので、夏場はやや蒸れやすいですが、その場合は、通気性のよさげな薄めの座布団を利用すると良いでしょう。

 なお、背の高い人と恰幅のあるかたは、PRO-X V2 を選ぶと良いでしょう。


 第6に、デスクワークをしつつ、身体を鍛えたい方におすすめなのは、

 201810061030.jpg

 【2017年】【各色】

 14・コクヨ イング CR-G3203E6G41S-VN
  ¥82,491 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

1・座りやすさ     ★★★★☆
2・リクライニング機能 ★★★★☆
3・腰のサポート力   ★★★★★
4・通気性       ★★★★☆
5・総合評価      ★★★★★★

 コクヨオフィスチェアであるイングでしょう。

  201712181447.jpg

 優しく背中をフォローしてくれる高級チェアが多い中で、「身体を鍛える」方向性の椅子はこれだけでしょう。

 方向性は異なりますが、腰のサポートがさほど不要である方で、運動を兼ねて利用するような場合は、試す価値はあるでしょう。

ーーー

 202012161131.jpg

 【2018年】【各色】

 15・コクヨ イング CR-G3403E6G4B6-V
  ¥89,956 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 暑がりの方は、メッシュタイプも用意されます。

 個人的には、クッションタイプが好みですが、好みで良いかとも思います。


 第7に、長時間座っても疲れにくい高級チェアとしておすすめできるのは、

 201802161756.jpg

 23・スチールケース リープチェア Leap
  ¥137,500〜 楽天市場(くろがね) (10/25執筆時) 

1・座りやすさ     ★★★★★★
2・リクライニング機能 ★★★★★★
3・腰のサポート力   ★★★★★★
4・通気性       ★★★★☆
5・総合評価      ★★★★★★

 スティールケースの椅子であるLeep V2でしょう。

 高級機は、どれも性能が高く、「疲れにくい」要素が満載されています。ただ、腰回りと太もも周りの疲労度の点では、個人的にリープチェアは「傑作」だと思っています。

  201904211751.jpg

 アームの使い勝手については、最近のモデルは他メーカーに負けていますが、椅子自体は、この機種の性能が最も高いです。

 また、比較的姿勢が悪い状況でも、対応してくれる点も魅力ですね。

 なお、スチールケースは、さほど日本国内在庫を持たないため、多くが「取り寄せ」です。

 Amazonで到着期間がやや長めなのは、そのためです。これは、代理店を通す場合も同じですね。

ーーー

 201810061122.jpg

 【標準Bサイズ】

 【AER1A12PWZSSG1G1G1BBBK23103】

 31・アーロンチェア リマスタード ライト
   ¥125,434 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 【AER 22NNZSSG1G1G1BB23103】

 32・アーロンチェア リマスタードライト アームレス
   (¥111,100) Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 【小さめAサイズ】

 【AER1A12PWZSSG1G1G1BBBK23103】

 33・アーロンチェア リマスタード ライト
   ¥125,434 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

 【AER1A12NNZSSG1G1G1BB23103】

 34・アーロンチェアライト リマスタード アームレス
   ¥120,831 Amazon.co.jp (10/25執筆時)

1・座りやすさ     ★★★★★
2・リクライニング機能 ★★★★★★
3・腰のサポート力   ★★★★★★
4・通気性       ★★★★★
5・総合評価      ★★★★★★

 ただ、160cm以下の小柄な方や、固定された良い姿勢で作業ができる方は、通気性が良いアーロンチェアライトを選ぶのも「手」ですね。

ーーー

   201802161806.jpg  

 【中古】

 ・スチールケース
  ¥19,800〜 楽天市場 (10/25執筆時)

 ・アーロンチェア
  ¥47,300〜 楽天市場 (10/25執筆時)

 ・オカムラ(コンテッサ)
  ¥47,300〜 楽天市場 (10/25執筆時)

 なお、スチールケース・アーロンチェア・オカムラの各種ブランドの椅子は、採用する企業が多いため、状態の比較的良い「中古」が割と出ています。

 中古品に抵抗がないならば、こうした「出物」を探して買われるのも手でしょう。

 新品時に3万円前後の椅子と、新品時に10万円後の椅子は、明確な機能差がありますから。

 Atlasも若い頃、こうした中古品をよく購入していました。

補足:机まわりの製品の比較記事の紹介

 というわけで、今回は、オフィスチェアの話題でした。

 なお、このブログには、「疲れない!製品シリーズ」として、以下のような比較記事を用意しています。

 201810051842.jpg

1・疲れないPC向けデスク
2・疲れないPC向けチェア
3・目が疲れない液晶モニター
4・目が疲れないデスクライト
5・手が疲れないマウス
6・手が疲れないキーボード

 よろしければ、これらもご覧ください。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 18:22 | 研究道具(その他)

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png