Top スキャナー 比較2022'【高画質】フィルムスキャナ13機の性能とおすすめ・選び方:写真用高画質スキャナ (2)

2022年09月15日

比較2022'【高画質】フィルムスキャナ13機の性能とおすすめ・選び方:写真用高画質スキャナ (2)

今回の結論
写真の取り込みに実力を発揮するおすすめスキャナーはこれ!

  202110021856.jpg

1・フィルムスキャナの比較 (1)
 1-1・シートフィード型
  用途:現像写真9/15執筆時
  価格:1.5万円〜
  初心者向け
 1-2・フィルムスキャナ型
  用途:フィルム〈ネガ/ポジ〉
  価格:2万円〜
  中級者向け  
 1-3・フラッドベット型
  用途:写真・フィルム〈ネガ/ポジ〉
  価格:3万円〜
  上級者向け   
2・フィルムスキャナの比較 (2)
 =最終的なおすすめ機種の提案

 というわけで、今回は、各社のフィルムスキャナーを比較しました。

 最後に、いつものように、目的別におすすめ機種を書いておきます。


 第1に、画質重視で、現像写真やフィルム、あるいはカラー雑誌などを取りこみたい方には、

  201904281954.jpg

 Windows XP〜11 Mac 10.5〜12.0

 11・EPSON Colorio GT-X830
  ¥36,673 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

センサー方式:α-Hyper CCD II
読取階調:48bit入出力
解像度:6,400dpi
接続:USB2.0
サイズ:280×485×118mm
対応OS:Windows Mac

画質の良さ     ★★★★★
作業速度      ★★★☆☆

ネガフィルムの取込 ★★★★★
プリント写真の取込 ★★★★☆
総合評価      ★★★★★

 GT-X830が価格と性能の点で最もバランスが取れています。

 高画質化の狙えるセンサー、高い画像補整機能を備えており、「実用レベル」を越えた一定のクオリティが期待できます。

 さすがに本格的な銀塩カメラで撮影したものには向きません。

 しかし、スナップ写真や、小型カメラやハーフ判、または使い捨てカメラで撮ったネガやスライドの取り込みを考えている人は、これがおすすめです。

 agjitr.gif

 とくに、「コミック表紙・カラー雑誌・写真集」の取り込み用途の場合は、同社の上位機よりもラインが多く、光源に工夫があるこの機種が「ベスト」だと思います。


 第2に、「速度重視」で、アルバム写真の断捨離を進めたい方には、

 202206161915.jpg

 Windows 8.1〜11 Mac 10.15〜12.0

 【2021年発売】

 4・CANON imageFORMULA RS40
  ¥49,860 楽天市場 (9/15執筆時) 

センサー方式:CIS
読取階調:24bit出力
解像度: 600 dpi (1200pi)
対応OS:Windows, Mac

画質の良さ     ★★★★☆
作業速度      ★★★★★★

ネガフィルムの取込 ☆☆☆☆☆
プリント写真の取込 ★★★★★
総合評価      ★★★★★

 キヤノンのRS40でしょう。

  202206161910.jpg

 一度に40枚まで一括処理できるため、速度重視ならば本機は良い候補です。

 画質は、CISセンサー600dpiですので、「本当にクオリティ優先」でやりたいならば、先ほど「おすすめ」にしたフラッドベッド型のが良いです。

 202206161946.jpg

 ただ、一般的人が「十分綺麗」と思えるクオリティを、あまり設定を詰めずに「自動補正」でできる部分で、本機の方が初心者向けと言えます。

 補整についても、本編で書いたように、キヤノンは充実しますので、この用途には最も適します。

ーーー

 201904281835.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.11〜12.0

 【2019年発売】

 3・エプソン フォトスキャナー FF-680W
  ¥53,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時) 

センサー方式:CIS
読取階調:24bit出力
解像度: 600 dpi (1200pi)
対応OS:Windows, Mac

画質の良さ     ★★★★☆
作業速度      ★★★★★★

ネガフィルムの取込 ☆☆☆☆☆
プリント写真の取込 ★★★★★
総合評価      ★★★★★

 ただ、パソコンでの作業が面倒と感じる方で、スマホやタブレットで仕事を進めたいのならば、Wi-Fiを装備するエプソン機が良いです。

 一方、取り込み後の画質は、キヤノンと(ほぼ)差は生じませんので、PC編集でも良いならば、値段の安いキヤノンをオススメします。


 第3に、銀塩カメラで本格的に撮影した写真のデジタル画像化を考えている人、

  201904281955.jpg

 12・EPSON GT-X980
  ¥72,000 Amazon.co.jp
  (9/15執筆時)

センサー方式:α-Hyper CCD II
読取階調:48bit入出力
解像度:6,400dpi
接続:USB2.0/IEEE1394
サイズ:308x152.5x503mm
対応OS:Windows Mac

画質の良さ     ★★★★★★
作業速度      ★★★☆☆

ネガフィルムの取込 ★★★★★★
プリント写真の取込 ★★★★★
総合評価      ★★★★★★

 GT-X980でしょう。

 大判がある場合は特にオススメです。

 bjdf6ggag-7.png

 下位機種に較べても、解像度や被写体深度が高いため、10万円以内の機種では、最も高画質と言える家庭用スキャナだと思います。

 価格は高く、本体もコンパクトとは言えませんが、4K解像度という新時代に、銀塩写真の実力を発揮させたいならば、このグレードは良い選択肢です。


 第4に、フィルムの取り込みを効率優先で考えている方にオススメな高性能機は、

 201806271238.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.11〜12.0

 【画像編集ソフト・赤外線ホコリ除去あり】

 8・Plustek OpticFilm 8200i AI
  ¥46,127 Amazon.co.jp
(9/15執筆時)

 【画像編集ソフト・赤外線なし】

 9・Plustek OpticFilm 8100
  ¥29,800 Amazon.co.jp
(9/15執筆時)

センサー方式:CCD
読取階調:48bit入出力
解像度: 7200 dpi
接続:USB2.0
サイズ:120 x 272 x 119 mm
対応OS:Windows, Mac

画質の良さ     ★★★★★
作業速度      ★★★★★★

ネガフィルムの取込 ★★★★★
プリント写真の取込 ☆☆☆☆☆
総合評価      ★★★★★

 オーグが販売する、Plustek OpticFilm 8200i AIでしょう。

 フィルムだけならば、専用機の方が総合的な処理にかかる時間は短いです。

 大きな写真への対応は、このグレードでは不可ですが、一眼で撮ったような普通の35mmフィルムならば問題ありません。

  film7200_2.jpeg

 フラッドベッドスキャナでの取り込み経験者で、コマの自動切り出しに難を感じた方は、このタイプを試すと良いと思います。スライダー仕様ですので、フィルムも傷みにくいです。

  202005281452.jpg

 また、赤外線によるホコリ・傷検出ができるため、こだわる方は、ある程度の作業の時短効果も期待できそうです。

 画質についてもCCDセンサーですから、水準は高いでしょう。

補足:スキャナー関連記事の紹介

 というわけで、今回はフィルムスキャナの紹介でした。

  201806251953.jpg  

  なお、このブログでは、スキャナーの比較記事をいくつか書いています。

1・フィルムスキャナの比較 (1)
 1-1・シートフィード型
  用途:現像写真
  価格:1.5万円〜
  初心者向け
 1-2・フィルムスキャナ型
  用途:フィルム〈ネガ/ポジ〉
  価格:2万円〜
  中級者向け  
 1-3・フラッドベット型
  用途:写真・フィルム〈ネガ/ポジ〉
  価格:3万円〜
  上級者向け   
2・フィルムスキャナの比較 (2)
 =最終的なおすすめ機種の提案

 これらの記事もよろしくお願いいたします。

 ではでは。

posted by Atlas at 19:38 | スキャナー

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png