比較2019'【写真向き】フィルムスキャナ17機の性能とおすすめ・選び方:高画質スキャナー (2)

2019年08月05日

比較2019'【写真向き】フィルムスキャナ17機の性能とおすすめ・選び方:高画質スキャナー (2)

前半記事からの続きです。→こちら

今回の結論
写真の取り込みに実力を発揮するおすすめスキャナーはこれ!

 というわけで、前半記事(こちら)では、各社のフィルムスキャナーを比較しました。

 最後に、いつものように、目的別におすすめ機種を書いておきます。


 第1に、画質重視で、現像写真やフィルム、あるいはカラー雑誌などを取りこみたい方には、

  201904281954.jpg

 16・EPSON Colorio GT-X830
  ¥28,982 Amazon.co.jp (8/5執筆時) 

センサー方式:α-Hyper CCD II
光源:白色LED(二本)
解像度:6,400dpi
接続:USB2.0
サイズ:280×485×118mm
対応OS:Windows Mac

1・画質の良さ     ★★★★★★
2・作業速度      ★★★☆☆
3・ネガフィルムの取込 ★★★★★
4・プリント写真の取込 ★★★★☆
5・総合評価      ★★★★★

 GT-X830が価格と性能の点で最もバランスが取れています。

 高画質化の狙えるセンサー、高い画像補整機能を備えており、「実用レベル」を越えた一定のクオリティが期待できます。

 さすがに本格的な銀塩カメラで撮影したものには向きませんが、スナップ写真や、小型カメラやハーフ判、または使い捨てカメラで撮ったネガやスライドの取り込みを考えている人は、これがおすすめです。

 agjitr.gif

 とくに、「コミック表紙・カラー雑誌・写真集」の取り込み用途の場合は、同社の上位機よりもラインが多く、光源に工夫があるこの機種が「ベスト」だと思います。


第2に、銀塩カメラで本格的に撮影した写真のデジタル画像化を考えている人、

  201904281955.jpg

 17・EPSON フラットベッドスキャナー GT-X980
  ¥57,533 Amazon.co.jp
  (8/5執筆時)

センサー方式:α-Hyper CCD II
光源:白色LED
解像度:6,400dpi
接続:USB2.0/IEEE1394
サイズ:308x152.5x503mm
対応OS:Windows Mac

1・画質の良さ     ★★★★★★★
2・作業速度      ★★★☆☆
3・ネガフィルムの取込 ★★★★★★
4・プリント写真の取込 ★★★★★
5・総合評価      ★★★★★★

 GT-X980でしょう。

 大判がある場合は特にオススメです。

 下位機種に較べても、解像度や被写体深度が高いため、10万円以内の機種では、最も高画質と言える家庭用スキャナだと思います。

 価格は高く、本体もコンパクトとは言えませんが、4K解像度という新時代に、銀塩写真の実力を発揮させたいならば、このグレードは良い選択肢です。


第3に、スナップ写真やネガを、簡単に取り込み「断捨離」したい方には

  201904281829.jpg

 1・サンワダイレクト 400-SCN041
  ¥19,800 Amazon.co.jp
(8/5執筆時)

 2・Kenko COMBOフィルムスキャナーKFS-14CB
  ¥18,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時) 

センサー方式:(固定焦点)
光源:LED
解像度: 3200 dpi
対応OS:(SDカード)

1・画質の良さ     ★★★★☆
2・作業速度      ★★★★★★
3・ネガフィルムの取込 ★★★☆☆
4・プリント写真の取込 ★★★★★
5・総合評価      ★★★★★

 サンワダイレクトの 400-SCN041 でしょう。SDカードに保存できるため、手軽に写真やネガの取り込みが可能です。ブログの写真掲載用にも便利です。

 専門機のような高いクオリティは期待できません。

 しかし、「インスタントカメラ」など、もともと画質にこだわって撮影したものでないならば、このグレードでも十分以上です。スマホや、TVやPCで家族で昔の写真を見たい、というような用途には最適です。

 201810151648.jpg

  トランセンド 32GB TS32GSDC500S-E
   ¥1,798 Amazon.co.jp  (8/5執筆時) 

 なおSDカードは別売りです。注意してください。容量は32GBもあれば十分ですが、SDカードは格安モデルを含めて、こちらのSDカードの比較記事で別に紹介しています。よろしければご覧ください。


 第4に、フィルムの取り込みを効率優先で考えている方にオススメな高性能機は、

 201806271238.jpg

 【画像編集ソフトなし】

 10・Plustek OpticFilm 8100
  ¥28,700 Amazon.co.jp
(8/5執筆時)

 【画像編集ソフトあり】

 11・Plustek OpticFilm 8200i AI
  ¥44,500 Amazon.co.jp
(8/5執筆時)

センサー方式:CCD
光源:LED
解像度: 7200 dpi
接続:USB2.0
サイズ:120 x 272 x 119 mm
対応OS:Windows, Mac

1・画質の良さ     ★★★★★
2・作業速度      ★★★★★★
3・ネガフィルムの取込 ★★★★★
4・プリント写真の取込 ☆☆☆☆☆
5・総合評価      ★★★★★

 オーグが販売する、Plustek OpticFilm 8200i AIでしょう。

 フィルムだけならば、専用機の方が総合的な処理にかかる時間は短いです。

 大きな写真への対応は、このグレードでは不可ですが、一眼で撮ったような普通の35mmフィルムならば問題ありません。

 フラッドベッドスキャナでの取り込み経験者で、コマの自動切り出しに難を感じた方は、このタイプを試すと良いと思います。

 画質についてもCCDセンサーですから、水準は高いでしょう。

補足:スキャナー関連記事の紹介

 というわけで、今回はフィルムスキャナの紹介でした。

  201806251953.jpg  

  なお、このブログでは、スキャナーの比較記事をいくつか書いています。

1・A4フラッドベッドスキャナー
2・フィルムスキャナー

3・ドキュメントスキャナー

4・書籍用ブックスキャナー

5・モバイル用のスキャナー
6・A3対応のスキャナー

 これらの記事もよろしくお願いいたします。

---

 また、最後になりましたが、今回の記事がお役に立ったようならば、twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 13:37 | スキャナー

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png