Top プリンター 比較2022’ インクも安い!カラープリンタ37機のおすすめ・選び方(3)

2022年09月15日

比較2022’ インクも安い!カラープリンタ37機のおすすめ・選び方(3)

1回目からの続き記事です→こちら

3-1・ブラザーの低コストプリンタ

 201807181900.jpg

1・A4カラープリンタの比較 (1)
 1-1:エプソン
 1-2:ブラザー
 1-3:キヤノン
2・A4カラープリンタの比較 (2)

 2-1:HP
 2-2:エプソン〈特大インク〉
 2-3:キャノン〈特大インク〉
3・A4カラープリンタの比較 (3)
 3-1:ブラザー〈特大インク〉
 3-2:最終的なおすすめ機種の提案

 3回目記事では、ブラザーの発売する、低コストのインクジェットプリンターをみています。

----

 今回も以下の本文では、高評価できる部分は赤字で、イマイチな部分は青字で書いていくことにします。


 202109071842.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.11〜12.0

 【2021年モデル】

 【FAXなし】

 37・BROTHER PRIVIO DCP-J1200N
  ¥24,250 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

インク種類:染料+顔料インク
カラーインク数:3色
黒インク数: 1色
印刷速度:約16枚/分(A4普通紙/黒)
自動両面印刷:非対応
サイズ:横幅435×奥行351×高さ161mm

  DCP-J1200Nは、ブラザーのファーストタンク搭載機です。

 大容量タンク搭載で、印字品質を落とさず、「インクコストが安い」のが自慢というシリーズになります。

 202109071846.jpg

 本機のシステムは、プリンタ・スキャナ・コピー機能が付いた「複合機」です。

 液晶パネルがなく、本体は、実用重視で「割り切った」感じの外観です。

 本体サイズは、横幅435×奥行351×高さ161mmです。

 ADF(原稿自動送り)ほか、自動両面印刷もないので、背は低めです。

 いずれにしても、設置に問題なく、家庭用の省スペースモデルと言えます。

 201809240837.jpg

 【モノクロ2500枚、カラー1500枚】

 インクカートリッジ LC414BK【黒】
  ¥2,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 インクカートリッジ LC414C【シアン】
  ¥2,100〜 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 純正インクの単価は、上記の通りです。 

 注意点は、セット販売がなく単品販売の価格だと言うことです。

 ただし、「ファーストタンクモデル」で、モノクロ2500枚、カラー1500枚というかなり多めの印刷可能枚数を実現しています。

メーカー公表印刷コスト
  L判光沢紙 約16.2円
  A4普通紙カラー 約5.5円
  A4モノクロ 約0.9円 
実際の印刷コスト
  L判光沢紙 約11.1円
  フォト年賀状印刷 16.2円 
  A4フォトカラー 約60.8円

 インクのコストパフォーマンスは、上表の通りです。

 写真印刷のコストは、Amazonでの売価基準でみても、先ほどの機種より、さらに25%ほど安いです。

 普通紙印刷のコストは、公開印刷コストベースでも、A4カラー印刷1枚5.5円前後A4白黒印刷の場合は、約0.8円程度です。

 201807191351.jpg

 XKI-N21 + XKI-N20 6色パック
  ¥3,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 XKI-N20PGBK ブラック[通常量]
  ¥729 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

メーカー公表印刷コスト
 L判光沢紙 約9.8円
 A4普通紙カラー 約3.8円
 A4モノクロ 
実際の印刷コスト
  L判光沢紙 約5.0円
 フォト年賀状印刷 約7.4円
  A4フォトカラー 約27.8円

 本機は、タンク詰め替え式ではなく、カードリッジ式ですので、先ほどみたキヤノンのPIXUS XK100(上表)がライバルと言えます。

 比較すると、本体価格は本機が有利で、印刷コストは多少負けます。

 ただ、キヤノンは(写真のように)「セット販売品」を買った場合の印刷コストになので、表に示したほどは、大きくは変わらないと思います。

 ただ、ブラザーは1回のインク交換にかかるコストは、1本2000円前後と高めです。そのこともあり、仕事用でも、あまり一般家庭向きではないとは言えます。

 インクは使わず放置しておくと劣化します。2年寿命ですから、「1回買って5年使おう!」というような動機ならば、この機種は避けた方が良いです。

 少なくとも1ヶ月に100枚は印刷する方にだけオススメします。

 201807191620.jpg

 カラー印刷のクオリティは、本機に限っては2021年モデルながら、1.5plの最小液滴量です。

 この部分だけでみると、(諸説あるものの、ブラザー基準では)2plの2021年機より画質は上でしょう。

 大容量インク搭載のビジネスモデルだからといって、ヘッドの質などが妥協された作りではないです。

 文字印刷のクオリティも、下位機種と同じ水準です。

 ここは、評判が良いため、期待して良い部分です。

 印刷速度は、1分間にカラー9枚・モノクロ15枚です。

 カラーはそこそこですが、仕事で速度が必要なのはモノクロなので、たいていは問題ないでしょう。 

 202109071932.jpg

 ネットワークは、本機も、Wi-Fiが装備されます。

 ブラザーは2021年に新アプリになったのですが、(液晶のない)本機でも、スマホで全体の設定ができる用にするためでしょう。

 スキャナー解像度は、1200dpi×2400dpiと平均値をクリアします。

 ただし、1回目記事でみた同社の(大容量インクではない)中級機と比べた場合、ADF(原稿自動送り)が装備されません。

 また、CDのレーベル印刷には非対応となり、NFCも未装備です。

---

 以上、 ブラザーのDCP-J1200Nの紹介でした。

 本体価格がやや高額な分、インク価格を「相当やすくしている」というモデルです。

 例えば、PTA活動で大量のチラシの印刷が想定されるなどの場合は、総コスト面でこの機種は有利でしょう。

 一方、年間の印刷枚数が1000枚以下ならば、インクの対応期限からして、さきほどの機種で良いと思います。また、自動両面印刷がない部分も注意してください。

 自動両面印刷を含めて、家庭向きにもう少し使いやすい仕様ならば、もう少し評価できるという意味では少し残念な製品ではあります。

ーーーー

 202109071257.jpg

 なお、これ以外の、ブラザーの仕事向けインクジェット機は、(カラーインクを含めて)「全量顔料インク」のビジネス向けです。

 そのため、【ビジネスインクジェットプリンタの比較記事】で、別に紹介しています。

今回の結論
インクジェット複合機のおすすめは結論的にこちら!

  201807191453.jpg

1・A4カラープリンタの比較 (1)
 1-1:エプソン
 1-2:ブラザー
 1-3:キヤノン
2・A4カラープリンタの比較 (2)

 2-1:HP
 2-2:エプソン〈特大インク〉
 2-3:キャノン〈特大インク〉
3・A4カラープリンタの比較 (3)
 3-1:ブラザー〈特大インク〉
 3-2:最終的なおすすめ機種の提案

 というわけで、今回は、4色インクジェットプリンター複合機について比較しました。

 最後に、いつものように、目的別・予算別に「Atlasのおすすめ機種」を提案していきます。


 第1に、最大限のクオリティ(ベスト)は期待しておらず、人より優れた程度(ベター)のクオリティで満足できる人には、

  201908161021.jpg

 Windows XP〜11 Mac 10.6〜12.0

 【2019年8月発売】

 1・EPSON Colorio EW-052A
  ¥6,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 1・EPSON Colorio EW-052A
  ¥8,790 楽天市場 (9/15執筆時)

インク種類:染料+顔料インク
カラーインク数:3色
黒インク数: 1色
印刷速度:約4枚/分(A4普通紙/黒)
自動両面印刷:
サイズ:高さ146×長さ390×奥行300mm

インクコスト ★★★☆☆
画質(普通紙)★★★★☆
画質(写真) ★★★★☆ 
印刷スピード ★★★☆☆
総合評価   ★★★★☆

 エプソンのEW-052Aで十分だと思います。

 201908160956.jpg

 4色インクの構成ですが、黒が顔料インクであり、文字印刷にも強いため、「普通紙」や「普通紙年賀状」に印字するならば、こちらで良いと思います。

 ただし、写真印刷をしたい方、自動両面印刷が必要の方、印刷速度を要求する方は、他の上級機のほうが良いでしょう。

 201908160942.jpg

 EPSON 4色パック MUG-4CL
  ¥3,772 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 EPSON ブラック RDH-BK-L
  ¥1,690 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 交換インクは、こちらです。

メーカー公表印刷コスト
 L判光沢紙 約25.7円
 A4普通紙カラー 約13.2円
実際の印刷コスト
  L判光沢紙 約19.2円
 フォト年賀状印刷 28.2円   
  A4Photoカラー 約105.8円

 インク価格は標準的ながら、独立インク式なので、(ブラザーは除き)HPやキャノンの下位機種より有利です。

 なお、他メーカーの「入れ替えインク」を使うと、万一の場合保証が効かなくなるので、最低1年間は純正インクを使いましょう。

 202010261209.jpg

 Amazonベーシック USB2.0ケーブル
  ¥592 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 なお、EPSONのプリンターは基本的に無線LANでつなぐことを前提としてか、USBケーブルが別売りです。

 写真のような形状のケーブルがご自宅にない場合は、アマゾンで同時に購入されれば良いでしょう。


 第2に、1万円台の予算で買える家庭向きの「中級モデル」として、総合性能が最も高いと言えるのは、

 202209151338.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.14〜11.0

 【2022年11月発売予定】

 3・ブラザー PRIVIO DCP-J526N
  ¥14,500 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

インク種類:染料+顔料インク
カラーインク数:3色
黒インク数: 1色
印刷速度:約17枚/分(A4普通紙/黒)  
自動両面印刷:対応
サイズ:高さ151×奥行341×横幅400mm

インクコスト ★★★★★
画質(普通紙)★★★★★
画質(写真) ★★★★★ 
印刷スピード ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 ブラザーの DCP-J526Nが良いでしょう。

 先ほど「おすすめ」にしたエプソン機より少し高いですが、値段差分、性能は良いです。

メーカー公表印刷コスト
  L判光沢紙 約22.2円
  A4普通紙カラー 約9.4円
  A4モノクロ 約2.9円 
実際の印刷コスト
  L判光沢紙 約17.0円
  フォト年賀状印刷 約25円       
  A4Photoカラー 約93.7円

 印刷コストは、エプソン機に比べると、はっきりわかるほど安めです。

 同じ4色インクタンク機のエプソンと比較して、純正インクタンクの価格が、写真印刷で約15%、モノクロ印刷で約30%低コストです。

 印刷速度も、1分間カラー9.5枚・モノクロ17枚です。

 とくに黒印刷は、約3-4倍ほどエプソン機より速いです。

 mymio_piezo2.jpeg

 画質の面も、ブラザー機では、上位にあたる1.5plの詳細さをだせます。

 先述のように、ブラザーは、他社と違ってインクを増やさずに「4色」にこだわって、その水準を上げてきました。

 201807191606.jpg

 そのため、文字も写真も、4色機だけで言えば、水準が高いです。

 もう少し予算を出せば、だいたい同じコストで、印字水準がさらに良いキャノンの5色機が射程に入ります。しかし、上を見たらキリがないでしょう。

 いずれにしても、エントリークラスの機種の中では、最も「家庭向き」で、費用対効果もよいオススメの機種が本機です。

  202109071119.jpg

 Brother 4色パック LC411-4PK
  ¥3,906 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 Brother ブラック2個 LC411BK-2PK
  ¥2,509 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 なお「注意」ですが、プリンターに初期付属するインクは、各社とも「スターターインクカートリッジ」と呼ばれる「印刷枚数がやや少ないものです」。

 これは、ブラザーだけではなく、本体の実売価格を下げるため、どのメーカーもやっています。そのため、できれば、インクを1セット購入しておけば良いと思います。

 アマゾンでは、本体や交換インクなどブラザー製品がデンキヤよりもかなり安く売っているので、ランニングコストも低く済むでしょう。

 すぐ減っていく黒インクは、最初にまとめて買っておけば送料と手間の節約になります。


 第3に、家庭用だが、主にテレワークなどの仕事に利用するという方におすすめな中級モデルは、

 202109071109.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.14〜11.0

 【2021年10月発売】

 【FAXなし】

 4・ブラザー PRIVIO DCP-J926N-W
 4・ブラザー PRIVIO DCP-J926N-B
  ¥19,500 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 【FAXあり】

 5・ブラザー PRIVIO MFC-J904N
  ¥25,000 楽天市場 (6/15執筆時)

インク種類:染料+顔料インク
カラーインク数:3色
黒インク数: 1色
印刷速度:約17枚/分(A4普通紙/黒)  
自動両面印刷:対応
サイズ:高さ172×奥行341×横幅400mm

インクコスト ★★★★★
画質(普通紙)★★★★★
画質(写真) ★★★★☆ 
印刷スピード ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 ブラザーのDCP-J926Nでしょう。

 「テレワーク時代」に適応できる「仕事寄りの家庭機」として、まとまった性能ですので。

 202109071117.jpg

 本体の設置性は、他社の家庭用と同等程度で、邪魔になりにくいと言えます。

 202109071119.jpg

 Brother 4色パック LC411-4PK
  ¥3,906 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 Brother ブラック2個 LC411BK-2PK
  ¥2,509 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

メーカー公表印刷コスト
  L判光沢紙 約22.2円
  A4普通紙カラー 約9.4円
  A4モノクロ 約2.9円 
実際の印刷コスト
  L判光沢紙 約17.0円
  フォト年賀状印刷 約25円       
  A4Photoカラー 約93.7円

 インクのコストパフォーマンスは、さきほど「「おすすめ」とした同社の下位機種と同じインクなので、やはり安いです。

 この部分は、テレワークで手元資料の印刷が増えた方などには、重要です。

 ヒューレット・パッカードの上位機もインクコストは安そうですが、独立タンクではなく、コストが読めないので、やはりブラザーの方が安心でしょう。

 201905121024.jpg

 印刷スピードも、1分間カラー16.5枚・モノクロ17枚です。

 ビジネス用機に匹敵する速度が出せます。

 その上で、USB・無線LAN(Wi-Fi)・有線LANと接続法も多様です。

 もちろん、他社機も搭載する両面印刷機能を含めて、ビジネスに必要な機能は網羅します。

 201807191606.jpg

 印字品質は、速度を高めたので、最小液滴量が1.5plではなく2plに落ちます。

 ただ、ビジネス用文書の印刷では目に見えて分かる差は出ないでしょう。

 インクの種類・構成もは同で、カラーは染料インク・黒は顔料インクという、「写真も文字も得意!」という組み合わせで、値段相応のクオリティを期待できます。

 年賀状にしても、(凝った写真年賀状などでないならば)十分に対応できるでしょう。

 202012011937.jpg

 スキャナの部分も、格安の家庭用中級機では珍しく、片面ながらADF付きです。

 紙の書類のコピーなどが必要になった場合、あるいは、紙書類をPDFとして送るようなシーンにも便利です。


 第4に、仕事で、カラー図表入りの文字印刷もする方で、高い印刷クオリティが欲しい方におすすめなのは、

 202203081339.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.12〜12.0

 【スキャナ・コピーなし】(2022年)

 10・Canon PIXUS TR703a
  ¥16,500 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

サイズ:幅372×奥行365×高さ158mm

 201909151458.jpg

 【スキャナ・コピーあり】(2019年)

 11・Canon PIXUS TS6330 【各色】
  ¥27,500 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

サイズ:幅372×奥行315×高さ139mm

 201909151455.jpg

 【スキャナ・コピーあり】(2020年)

 12・Canon PIXUS TS7430【各色】
  ¥29,000 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

インク種類:染料+顔料インク
カラーインク数:3色
黒インク数:2色
印刷速度:約15枚/分(A4普通紙/黒)
自動両面印刷:対応
サイズ:幅376×奥行359×高さ141mm

インクコスト ★★★★★
画質(普通紙)★★★★★★
画質(写真) ★★★★★ 
印刷スピード ★★★★★
総合評価   ★★★★★★

 キヤノンのピクサスがよいでしょう。

 とくに、中位機と上位機は(新機種がでたので)値段が下がり目ですからお買得感があります。

 3機ありますが、印刷速度・品質・コストはどれも同じです。

 ただ、下位機種のTR703aは、スキャナ・コピー機能がない点には注意してください。

 201909151510.jpg

 また、印刷する際に、勝手にトレイが空いてプリント完了してくれるのは、上位機TS7430のみです。

 このギミックは、他社ではもう少し上級機しか搭載しないので、「結構高級感を感じ」ます。

 202006080956.jpg

 文字印刷は、どの機種も同等です。

 というより、他社と比較した場合、本機のような5色でなくとも、ブラザーの4色モデルで十分綺麗です。

 201409282219.jpg

 ただし、例えば、飲食店のメニュー表作りなど、白黒文字とカラー写真の混在文書を印刷する際に、特にカラー部分の4色インクでは限界があります。

 そのような用途に使いたい場合、予算が許すならば、5本インクタンクを使用しているキヤノンの上位機種 を選択するのは、おおいに「あり」でしょう。 

 202009121253.jpg

 Canon BCI-381 5色マルチパック
  ¥5,368 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 Canon BCI-380XLPGBK ブラック大容量
  ¥1,645 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 純正インクは、こちらになります。

 キヤノンの上位機種は、文字に強く、水でにじみにくい顔料黒インクと、写真に強い染料黒インクを独立して両方搭載しています。そのため、文字と写真が混在したビジネス文書には特に強いです。

 印字速度も、モノクロA4普通紙で15.0枚/分カラーA4普通紙でも10枚/分と、ブラザー並の速度です。

メーカー公表印刷コスト
 L判光沢紙 約19.7円
 A4普通紙カラー 約11.0円  
実際の印刷コスト
 L判光沢紙 約14.8円
 フォト年賀状印刷 約21.8円
  A4Photoカラー 約81.8円

 印刷コストは、5色ながら、(2021年にコストアップする前の世代のインクなので)かなりの安値水準です。コスト面でも安心して利用できます。

ーー

 201807191316.jpg

2・A4インクジェット複合機(6色)の比較

 ただ、「上には上がある」もので、キヤノンには、中間色のグレーインクを採用した、文字・カラー印刷にさらに向く上位機があります。

 予算は2万円ほどからあるので、興味のある方は、上記の記事(こちら)をご覧ください


 第4に、家庭で仕事をしている方などで、かなり多く印刷するだろう方におすすめな機種は、


202110111749.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.12〜12.0

 【2021年モデル】

 34・Canon PIXUS XK100
  ¥36,230 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

インク種類:染料+顔料インク
カラーインク数:3色
黒インク数: 2色
印刷速度:15枚/分(A4普通紙)
ふちなし印刷:対応
自動両面印刷:対応
サイズ:幅372×奥行345×高さ142mm

インクコスト ★★★★★★
画質(普通紙)★★★★★
画質(写真) ★★★★☆
印刷スピード ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 Canon PIXUS XK100でしょう。

 202110111801.jpg

 例えば、年間1000枚以上は印刷するという方は、本機を導入すれば、インクを合わせたトータルコストを大きく削れると言えます。

メーカー公表印刷コスト
 L判光沢紙 約9.8円
 A4普通紙カラー 約3.8円
 A4モノクロ 約1.5円
実際の印刷コスト
  L判光沢紙 約5.0円
 フォト年賀状印刷 約7.4円
  A4フォトカラー 約27.8円

 インク代は、A4普通紙の白黒印刷1.5円・カラーでも3 .8円と相当安いです。

 エプソンエコタンク搭載プリンターの上記には及びませんが、クオリティは同等の上で、印刷速度はこちらが上位です。

 L判光沢紙 約5.0円ですし、インクカードリッジ式では「最安」です。

 普通紙印刷でも、同じことが言えます。

 201807191351.jpg

 XKI-N21 + XKI-N20 6色パック
  ¥3,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 XKI-N20PGBK ブラック[通常量]
  ¥729 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 タンクも過度に大きくない普通サイズなので、家庭の個人用としては、インクの消費期限を気にしなくて良い部分で、扱いやすいでしょう。

 202110111808.jpg

 本体価格は、一方、ここまで挙げた機種より高いです。

 しかし、黒インクが文字に強い顔料黒インクのほか、写真に強い染料黒インクという構成です。

 そのため、専用紙への写真印刷のクオリティは、普通の4色機より確実に上です。

ーーー

 202109071842.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.11〜12.0

 【2021年モデル】

 【FAXなし】

 37・BROTHER PRIVIO DCP-J1200N
  ¥24,250 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

インク種類:染料+顔料インク
カラーインク数:3色
黒インク数: 1色
印刷速度:約16枚/分(A4普通紙/黒)
自動両面印刷:非対応
サイズ:横幅435×奥行351×高さ161mm

インクコスト ★★★★★★
画質(普通紙)★★★★★
画質(写真) ★★★★☆ 
印刷スピード ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 一方、本体価格を多少節約するとすれば、ブラザーの大容量タンク搭載のDCP-J983Nでしょう。

 202109071846.jpg

 本体サイズは、横幅435×奥行351×高さ161mmです。

 やや幅広である点には注意してください。

 また、ADF(自動原稿送り)はともかく、自動両面印刷がない点は、正直問題点である機種です。

 ただ、これらの部分に問題を感じないならば、割と良い機種です。

メーカー公表印刷コスト
  L判光沢紙 約16.2円
  A4普通紙カラー 約5.5円
  A4モノクロ 約0.9円 
実際の印刷コスト
  L判光沢紙 約11.1円
  フォト年賀状印刷 16.2円 
  A4フォトカラー 約60.8円

 インク代は、A4普通紙の白黒印刷0.9円・カラーでも5.5円と本機も安いです。

 普段の仕事から、年賀状印刷まで幅広く使えるでしょう。

 201809240837.jpg

 【モノクロ2500枚、カラー1500枚】

 インクカートリッジ LC41BK【黒】
  ¥2,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 インクカートリッジ LC414C【シアン】
 インクカートリッジ LC414M【マゼンダ】
 インクカートリッジ LC414Y【イエロー】
  ¥2,100〜 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 純正インクの単価は、上記の通りです。

 本機は、1カードリッジでモノクロ2500枚、カラー1500枚も印刷できる機種です。

 そのため、1年間で1000枚も印刷しないという水準の方は、こういった機種はあまり向かないことは、改めて言及しておきます。

---

 一方、ブラザーにせよ、キャノンにせよ、普通紙を含めて、相当枚数(年間1000枚前後)印刷する上で、写真(年賀状)も印刷するという方にオススメと言えます。

 201809240831.jpg

 逆に、印刷するのが、「普通紙のモノクロ」と「普通紙のカラー」で、年賀状など、専用紙への写真(ふちなし印刷)は考慮しなくて良いならば、いずれの機種も、最上級の「おすすめ」とは言えません。

 冒頭にも書いたように、カラーインクも含めて(にじまない)「顔料インク」を全量使うビジネス専用を買うほうが、満足度が高いでしょう。

 このブログでは、そういった機種は【A4ビジネスインクジェットの比較記事】で紹介しています。


 第5に、「年末だけ」など、プリンターを使う時期が不定期な方には、

 202007051146.jpg

 【2020年7月発売】

 Windows 7〜11 Mac 10.12〜12.0

 【ADFなし】

 15・HP ENVY 6020 7CZ37A#ABJ
  ¥11,636 楽天市場 (9/15執筆時)

 【ADFあり】

 16・HP ENVY Pro 6420 6WD16A#ABJ
  ¥15,091 楽天市場 (9/15執筆時)

インク種類:染料+顔料インク
カラーインク数:3色(一体型)
黒インク数:1色
印刷速度:約10枚/分(A4普通紙/黒)
自動両面印刷:対応
サイズ:幅433×奥行361×高さ132 mm

インクコスト ★★★★☆
画質(普通紙)★★★★★
画質(写真) ★★★★☆
印刷スピード ★★★★☆
総合評価   ★★★★☆

 HP(ヒューレット・パッカード)HP ENVY 6020をおすすめします。

 ADFが必要ならば、上位機でも良いでしょう。

 201807191739.jpg

メーカー公表印刷コスト
 L判光沢紙 非公開
 
A4普通紙カラー 約19.0円
 A4モノクロー 約8.0円 

 独立タンクを不採用で、インクのコスパもイマイチですが、ヘッドがインクタンクに付属するという、素晴らしい「美点」を評価しました。

  202007051034.jpg

 【400枚印刷可能】

 HP 67XXL インク 黒増量 3YM59AA
  ¥2,955 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【400枚印刷可能】

 HP 67XL カラー 3YM58AA
  ¥2,045 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 長期間ヘッドを利用しないと、ヘッドの目詰まりなどのトラブルを抱えやすいです。

 その場合、インクをまるごと取り替えるだけで「新品ヘッド」になるため、(逆説的ですが)プリンタをあまり使わない方こそ使って欲しい機種です。

 202007051111.jpg

 そのほか、片方のインクタンクが切れた場合、「黒だけ」で、黒印刷も可能です。逆に「カラーインクだけを混ぜて」黒も疑似的に再現できるので、「買い忘れ」対応力が高い点も「あまり使わない人向け」です。

 こうしたニーズは、非常にありそうで、アメリカらしいメンテナンス性をよく考えたグローバル製品だと感じました。

 202003141720.jpg

 サンワサプライ マルチカバー DCV-MLT2BK
  ¥910 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 なお、ほとんどしまっておく場合は、内部にホコリがかからないように、プリンターカバーを購入しても良いでしょう。

 単なる風呂敷タイプなので、他機でも利用可能です。


 第6に、写真印刷や年賀状など、クオリティがある程度必要なカラー写真印刷をメインに考えている人には

 202203081440.jpg

 Windows XP〜11 Mac 10.6〜12.0

 【2021年発売】

 ・EPSON Colorio EP-884AW 【白】
 ・EPSON Colorio EP-884AB 【黒】
 ・EPSON Colorio EP-884AR 【赤】
  ¥33,500 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

インク種類:染料インク
カラーインク数:5色
黒インク数: 1色
印刷速度:5.5枚/分(A4普通紙)
自動両面印刷:対応
サイズ:幅349×奥行340×高さ142mm

メーカー公表印刷コスト
 L判光沢紙 約22.7円
実際の印刷コスト
  L判光沢紙 約14.6円
 フォト年賀状印刷 約21.4円
  A4 Photoカラー 約80.3円

インクコスト ★★★★★
画質(普通紙)★★★★☆
画質(写真) ★★★★★★
印刷スピード ★★★★☆
総合評価   ★★★★★★

 今回紹介してきた4色インクの商品だと品質が落ちます

 201807191219.jpg

 その場合、エプソンの6色インク採用の EP-882AWを選ぶとよいと思います。

 ただし、エプソンの6色インクの機種は、基本的に、文字に弱く写真に強い性質の染料インクを全量使うため、普通紙印刷にはさほど向きません。

 どちらかと言えば、カラー写真印刷用ですから、その点は留意しましょう。

 つまり、マット紙や光沢紙で写真年賀状を印刷するような用途ではなく、モノクロ普通紙への印刷や、普通紙にカラー印刷する程度の場合は、今回紹介した4色でも十分です。

 201907191112.jpg

 【 EP-881AW】

 EPSON 6色増量パック KAM-6CL-L
  ¥6,825 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 EPSON 大容量ブラック KAM-BK-L
  ¥1,182 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 純正インクは、こちらになります。

2・A4インクジェット複合機(6色)の比較

 なお、EP-780Aを含む、高品質な6色インクのインクジェット複合機については、最新モデルを含めて上記のリンク記事を参考になさってください。

補足:用紙やインクに関する注意点!

 ということで、今日は、最新機種のカラー複合機・インクジェットプリンターのオススメについて書いてみました。

 201908160942.jpg

 最後に、インクに関する、注意点です。

 第1に、スターターインクカートリッジについてです。

 この点は先ほど説明したように、「オマケ程度の容量」しか入っていません。

 アマゾンはプリンタ本体の価格もデンキヤより安いですが、純正インクは量販店よりかなり安いです。インク代と本体と総合的に考えれば、かなり費用を節約できます。

 202105121301.jpg

 第2に、互換トナーや詰め替えインクについてです。

 インクについては純正インクではない「互換インク」「入れ替えインク」があります。

 しかし、1年間の本体保証期間中は(少なくとも)純正インクを使いましょう。不良品も中にはありますし、まさかの場合にプリンタの無料修理保証が効きません

 なお、故障については、各社共にメーカーのサポートセンターに電話をかけて、宅急便での引き取って修理して貰う方式なので、実店舗で買っても、ネットで買っても手間は変わりありません。 


 続いて、用紙の話です。

 201807191946.jpg

 コクヨ PPC用紙 A4 500枚
  ¥886 Amazon.co.jp (9/15執筆時)  

 コクヨ プリンター用上質普通紙250枚 A4
  ¥569 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 富士フイルム 画彩 100枚【各サイズ】
  ¥698 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 プリンター複合機を買われた場合に適切な用紙ですが、「おすすめ」は上記のものです。

 普通紙については、コクヨのPPC用紙の品質が高いです。格安品は紙厚が薄いものがあり、紙詰まりの原因になりますが、品質が安定しています。

 上質普通紙は、高品質で仕上げたい場合利用する普通紙です。白色度が高く「にじみ」の少ない印刷を得ることができます。

 写真光沢紙は、富士フイルムの画彩シリーズが、価格と品質を備えています。自社生産できるのでメーカー純正品より安く、品質が良いです。

ーーー

 というわけで、今回は、前編と後編で4色インクのプリンターについて紹介しました。

 201807212147.jpg

1・A4インクジェット複合機(4色)
2・A4インクジェット複合機(6色)
3・A4ビジネスインクジェット
4・A3インクジェット複合機
5・A4モノクロレーザー
6・A4モノクロレーザー 複合機
7・A4カラーレーザープリンタ
8・A3カラーレーザープリンタ
9・プリンターの基本的な選び方 【まとめ】

 なお、プリンター関連の記事は他にもありますので、これらもよろしくお願いします。

 また、最後になりますが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (なお、1回目からの続き記事ですので、1回目記事をご紹介いただけると、いっそう嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 16:44 | プリンター

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png