Top 無線LANルーター 比較2024’【爆速】Wi-Fi6ルーター55機の性能とおすすめ・選び方:11ax対応Wi-Fiルーター (2-1)

2024年01月19日

比較2024’【爆速】Wi-Fi6ルーター55機の性能とおすすめ・選び方:11ax対応Wi-Fiルーター (2-1)

【今回レビューする内容】2024年 Wi-Fi 6対応無線LANルーターの性能とおすすめ:11axルーター Wi-Fi 6E・ Wi-Fi7情報: 4804Mbps 10Gbps 10ギガビットイーサネット回線対応 IEEE802.11ax IPv6 WPA3対応情報:機能の違いと性能ランキング:ゲーミングルーター Wi-Fi6ゲーミングWi-Fiルーター

【比較する製品型番】バッファロー WXR-11000XE12/N WXR-11000XE12 WXR-6000AX12P WXR-6000AX12P/D WXR-6000AX12P/N WXR-6000AX12B WXR-6000AX12S WSR-6000AX8 WSR-6000AX8/NCG SR-6000AX8/NMB WXR-5700AX7B WXR-5700AX7S WSR-5400AX6B/NCG WSR-5400AX6B/NMB WSR-5400AX6B-CG WSR-5400AX6B-MB WXR-5700AX7P/N WXR-5700AX7P WSR-6000AX8P/NCG WSR-6000AX8P/NMB WSR-6000AX8P-CG WSR-6000AX8P-MB WSR-5400AX6P/NWH WSR-5400AX6P/NBK WSR-5400AX6P-WH WSR-5400AX6P-BK NEC Aterm PA-WX7800T8 PA-AX7800T8 PA-WX11000T12 PA-AX11000T12 PA-WX5400HP AM-AX5400HP AM-AX6000HP PA-WX6000HP ASUS ROG Rapture GT-AX6000 TUF-AX4200 TP-Link Archer AX73 エレコム WRC-X6000XS-G IODATA WN-DAX6000XR ほか

今回のお題
Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2024年1月現在、最新の無線LANルーターの比較です。

 各社の「最速」といえるWi-Fi 6対応機を比べていきます。

 また、新しい6GHz帯を使える2022年登場のWi-Fi 6Eや、Wi-Fi 7も、速報的にフォローしました。

   201909251739.jpg

1・高速な無線LANルーターの比較
 速度:1733~ 2402Mbps
 予算:7000円〜1.5万円
 用途:2LDK・一戸建て
2・超高速なWi-Fi 6ルーターの比較
 速度: 4804Mbps(×2)
 予算:1.5万円-6万円
 用途:大家族・ゲーマー・トレーダー
3・格安な無線LANルーターの比較
 速度:866~1300Mbps
 予算:3000円〜1万円
 用途:1LDK・ワンルーム
4・多人数向けメッシュWi-Fiの比較
 速度:~ 2492Mbps×2
 予算:3万円-7万円
 用途:旅館・自営業・3F建ての家庭
5・おすすめの無線LANルーター 【結論】
 =予算別・目的別のおすすめ機種の提案

 このブログには、無線LANルータ関連の記事が、全部で5記事あります。

 今回は、2回目の記事です。

 202107270832.jpg

 「フレッツ 光クロス」や「Nuro光」など、普通の光回線より高速な10Gbps回線・2Gbps回線を引いて利用している方ほか、家庭内のサーバーを構築されている方が、低遅延で使いたい場合に向くグレードです。

 202111032204.jpg  

 なお、Wi-Fi6ルーターは、アンテナ数やバンド対応の関係で、速度が少し遅い格安版もあります。

 このブログでは、中速2401Mbpsクラス1回目記事こちら)のなかで、並速1201Mbpsクラスは、3回目記事こちら)のなかでフォローしています。

 よろしくお願いします。

ーーーー

対応人数   世帯向き
速度(ネット)★★★★★
速度(宅内) ★★★★★
無線の安定性 ★★★★★
設定の容易さ ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 というわけで、各社の対応ルーターの紹介をしていきます。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、価格別・性能別にAtlasのおすすめ機種を提案していきます。

1-1・Wi-Fi6ルーターの選び方の基本

 202003131710.jpg

 はじめに、基本となる「Wi-Fi6とはなにか?」「どのくらい速度が改善できるのか?」など「選び方の基本」を書いておきます。

 Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)とは、簡単に言えば、2019年にはじまった、Wi-Fiの新しい業界規格の名前です。

 202111251411.jpg

 従来のWi-Fi5(11ac)は、5GHz帯(11ac)アンテナを4本搭載する高級機でも、最大1734Mbps(約162メガバイト/秒)という速度が限界でした。

 しかし、これだと、4K・8K時代の超高速通信には、しだいに耐えられなくなります。

 そのため、Wi-Fi6という業界規格が新しく生まれました。 

1・Wi-Fi6のメリット性

・Wi-Fi 6のメリット性
 1・速度向上効果(2.7倍)
 2・遠距離の通信速度の向上
 3・同時接続時の安定性の強化
 4・スマホのバッテリーの節約

 Wi-Fi6の良い部分と言えるのは、次の4点です。


 202111251410.jpg

 第1に、通信速度の向上効果です。

 Wi-Fi6の最大速度を示した上表と、1つ前に見たWi-Fi5の速度表と比べるとわかりますが、同じアンテナ本数なら、Wi-Fi6のほうが25%ほど速度が高まります。

 これは、Wi-Fi6が新しい圧縮規格(1024QAM)を使うためです。

 202003131701.jpg

 さらに、ワイドバンド160MHz)に対応することで、アンテナ4本の場合、2倍の4804Mbpsまで速度を速めることができます。

 ワイドバンドを利用できない端末もありますが、その場合は、2401Mbpsクラス以下です。

 なお、調査時、iPhoneは未対応で、23年機以降だとMacは対応、Androidは高性能だと対応する状況でした。

 202003131700.jpg

 Wi-Fi6は、従来の2倍となる、アンテナを8本制御できる技術も導入されました。

 理論上、最大では、8ストリームで9608Mbps(1201メガバイト/秒)まで速度が出せるようになります。

 もっとも、ルーターと子機の性能限界から、現状の最大値は、4ストリームの4804Mbps(600メガバイト/秒)です。

ーーーー

 202107270851.jpg

 第2に、遠距離通信の安定性の向上効果が期待できる点です。

 Wi-Fi6は(速度が速い)5GHz帯だけでなく、(速度はでないが遠くまで電波が飛ぶ)2.4GHz帯についても、先ほど書いた1024QAMが働きます。

 そのため、2.4GHz帯でも最大1147Mbpsとなり、少し離れた場所での速度向上も見込めます。

ーーーー

 202107281033.jpg

 第3に、同時接続時の安定性の強化が可能な点です。

 ポイントとなるのは、OFDMAMU-MIMOという2つの技術です。

 OFDMAは、直交周波数分割多元接続(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)の略です。

 無線LANは、1チャンネルの周波数帯域幅(20MHz・40Hzなど)をいくつかのサブキャリアに小分けして伝送に使います。

 Wi-Fi5までは、1つのサブキャリアから1つの端末にしか通信できないため、ミリ秒単位で、順番に電送される仕組みでした(OFDM)。

 OFDMAは、サブキャリアを「さらに小分け」して、多数の端末に同時伝送できますので、効率が良くなりました。Wi-Fi端末が家庭内に多数ある現代において、通信安定性の部分で革新的な技術と言えます。

 202107281037.jpg  

 MU-MIMOは、ルーターに搭載されるアンテナ(各帯域で平均4本)ごと、各端末に通信できる技術です。

 Wi-Fi5でもある機能ですが、最大4台までの上下交互通信でした。Wi-Fi6は、最大8台までの相互同時通信を行えます。

---

 結論的にいえば、この2つの技術によって、Wi-Fi5より、Wi-Fi6は、同時接続時の安定性は格段にアップしました。むろん、端末側のWi-Fi6対応も必要ですが。

ーーーー

 202107270857.jpg

 第4に、スマホのバッテリーの節約です。

 TWT(Target Wake Time)と言いますが、スマホのWi-Fi待機時間を節約して、バッテリーを節約する技術です。

 ただ、iPhoneを含めて対応していないため、この部分は「未来への投資」です。

2・Wi-Fi6EとWi-Fi7について

 202304151802.jpg

 以上、Wi-Fi6の「良い部分」を紹介しました。

 続いて2022年に登場したWi-Fi 6E規格と、2024年までに対応予定のWi-Fi7について、補足的に説明しておきます。


 202210061147.jpg

 第1に、Wi-Fi 6Eです。

 こちらは、2.4GHz帯・5GHz帯の周波数に加えて、6GHz帯の周波数を扱えるのが特長です。NECなどから、すでにWi-Fi 6E対応ルーターも出はじめました。

 速度は、5GHz帯6GHz帯同じですので、Wi-Fi6と変わりません。

 それゆえに「Wi-Fi7」という名前ではなかったとも言えます。

 202210061713.jpg

 6GHz帯は、しかし、チャンネル数が多く、とくに、安定通信に有利なワイドバンド帯域(160MHz)にチャンネルが3つ確保できます。

 また、6GHz帯は、Wi-Fi4(11n)・Wi-Fi5(11ac)など、遅い端末は入ってこれないので、速度が稼げる帯域と言えます。

 202210061719.jpg

 ようするに、高速道路に、歩行者や自転車が入れないようなもので、スピードが出せるということです。

 5GHz帯と異なり、全帯域で飛行機や気象レーダーと被らない帯域ですので、(一時的な)ネットの断線(DFS待機)の懸念も減少します。

 むろん、端末対応が必要です。

 スマホだと、iPhoneは 2022年の14世代でも未対応でした。Android系でもGalaxy・Pixel 6など一部の新型が対応したところです。

 PCは、Macは、2022年発売機(mac min)から対応が始まりました。

 USB子機は【無線LAN子機の比較】で書いたようにWindows11向けが出ています。

ーーーー

 202304151758.jpg

 第2に、WiFi 7 (802.11be) です。

 日本だと2023年〜24年にかけてはじまる新規格です。

 理論上は最大46Gbpsまで対応できる、本格的な次世代規格です。

 海外では「アンテナ4本」がではじめていて、最速で11.5Gbps(1440メガバイト/秒)です。

 新しい変調方式(4096QAM)をフォローする上で、6GHz帯に限っては超ワイドバンド320MHz)が使えるためです(日本は予定)。

 日本では、TP-LINKのDeco BE85が2023年9月に初めて出ました。ただ、メッシュ機なのでこのブログだと【メッシュWi-Fiの比較記事】でみています。

 結論的にいえば、家庭用の上級機と考える場合でも、Wi-Fi6(の高性能機)で普通十分以上の水準です。

 Wi-Fi 6Eは、ただ「普及は確実」なので、先行投資と考えるならば、機種の「選定要素の1つ」にできそうです。

 Wi-Fi7は、現状のインフラ状況でいえば、当分は企業向けでしょう。「次の買い換え」くらいで考えれば、上級者でも今のところは良いかなと思います。

3・Wi-Fi6の弱点

・Wi-Fi 6の弱点
 ・本体の消費電力
 ・本体のサイズ
 ・機器側の対応

 最後に、Wi-Fi6Wi-Fi 6Eに共通する弱点について、書いておきます。

 公平を期して言えば、誰にも向くという製品グレードではないからです。


 201906141137.jpg

 第1に、本体の消費電力です。

 4804MbpsクラスのWi-Fi6の場合、消費電力が平均30W(最大)になります。

 ゲーム用のフラッグシップだと、CPUの関係で、60W前後です。

 Wi-Fi5の高性能機の約2-3倍で、年間電気代が2000-3000円強は上がりそうです。

 本体価格も高めなので、中速の2402Mbpsクラスとは総コストが異なります。

ーーーー

 202107270906.jpg

 第2に、本体のサイズです。

 売れ筋のバッファロー機を例にしますが、結構大きいです。 

 アンテナの本数と、CPUの廃熱などをふまえて、かなり巨大化してきます。

 ある程度「小型」のモデルもなくはないですが、アンテナ本数やLAN速度など、どこかしらが犠牲になっている場合が多いです。

ーーーー

 202401191148.jpg

 第3に、機器側の対応です。

 現状でWi-Fi6に対応する主な機種について補足しておきます。

 iPhoneは、2019年発売のiPhone11以降の機種が対応です。

 MacBook・iMacは、2020年末のApple M1プロセッサ搭載機から対応です。

 Microsoft Surfaceは、2020年以降のノートPCは対応です。

 WindowsPCも、2021年頃から格安ノートにも(ちらほら)搭載がはじまっています。

---

 ただし、速度的に、だいたいの端末は、上表のように、アンテナの本数が2本(2×2)なので、いくらルーターが高速でも、上表のように速度にボトルネックはあります。

 202401191141.jpg

 一方、それ以外の場合、Wi-Fi5での接続となるため、PC・スマホ側のアンテナ数に応じて、以上の速度がボトルネックです。

3・選び方のまとめ

 以上、Wi-Fi6Wi-Fi 6Eに共通するメリットデメリットについて順番に見てきました。

 結論的にいえば、4804MbpsクラスのWi-Fi6は、一般人にとって、現在は「オーバースペック」な場合が多いです。

 実際、3DKクラスのマンションや、一軒家でも、(フレッツ光など)一般的な1Gbpsの光ファイバー回線をご利用中ならば、、オーバースペックです。

 202210061214.jpg

 ただ、必要とされる方もいるのは確かです。

 第1に、家庭内で完結するネットワークを高速化したい場合、

 第2に、NURO光・フレッツ光クロスなど、超高速回線を特別に契約している場合、

 です。

 例えば、Eスポーツのプレーヤー・トレーダー・高度なNAS使いなどは該当者です。

 それ以外の方の場合、しっかりした「目的」が思いつかないならば、場所と電気を食うだけで値段に見合う改善はしないと言えます。

1・高速な無線LANルーターの比較
 速度:1733~ 2401Mbps
 予算:7000円〜1.5万円
 用途:2LDK・一戸建て

 そういった方は、1回目の記事で紹介した、【高速な無線LANルーターの比較記事】をご覧ください。

 そちらでは2402MbpsクラスWi-Fi6も紹介しています。

 先述の「複数同時接続時の安定性」というWi-Fi6のメリットはそとらもあるので、一般家庭で選んでも良いかと思います。

  201802211543.jpg

 一方、「電波の届き」「多人数での利用」に悩むような、民泊や商業施設など、多くのユーザーが利用する場所での導入を考えている方は、【メッシュWi-Fiの比較記事】で紹介した製品で構築した方が良いでしょう。

 そちらにも、Wi-Fi6対応の製品があります。

ーーー

1・爆速Wi-Fi6 ルーターの比較 (1)
 1-1:選び方の基本の解説【導入】
 1-2:バッファロー 〈日本〉
 1-3:NEC〈日本〉
2・爆速Wi-Fi6 ルーターの比較 (2)  
 2-1:ASUS 〈台湾〉
 2-2:ネットギア〈米国〉
 2-3:TP-LINK〈中国〉
3・爆速Wi-Fi6 ルーターの比較 (3)
 3-1:エレコム〈日本〉
 3-2:アイオーデータ〈日本〉
 3-3:Synology〈台湾〉ほか
4・無線LANルーターの比較 (4)【結論】
 =最終的なおすすめ機種の提案

 というわけで、4804MbpsクラスのWi-Fi6ルーターの比較をはじめます。

 今回は、以上のような順番で、メーカー別に製品を紹介します。

1-2・バッファローの無線ルーター

 202107261229.jpg

 はじめに、日本のバッファローのWi-Fi6ルーターです。

---

 以下の本文では、Atlasのおすすめポイントは赤系の文字色で、イマイチだと思う部分は青字で書いていきます。


  202307271644.jpg

 【2023年発売】(全て同じ性能)

 1・バッファロー AirStation WXR-11000XE12
  ¥37,170 楽天市場 (1/19執筆時)

 2・バッファロー AirStation WXR-11000XE12/N
  ¥44,980 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

Wi-Fi規格:Wi-Fi 6E(11ax)
2.4GHz帯速度:1147Mbps
5.0GHz帯速度:4803Mbps
6.0GHz帯速度:4804Mbps
有線LAN:1000BASE-T×3 10G×1
WAN:10Gbps〈WAN専用〉
メッシュ:EasyMesh
USB:USB3.0×1
IPv6: 対応
WPA3: 対応

  WXR-11000XE12シリーズは、BUFFALOハイエンドルーターです。

 2022年登場のWi-Fi 6E対応機になります。

 本体サイズは、幅300×奥行75×高さ195mmです。

 アンテナ部分は考慮しないサイズですし、結構な存在感と言えます。

 202210061147.jpg

 無線の最大速度は理論上、4804Mbps(約601メガバイト/秒)です。

 Wi-Fi 6Eに対応する上で、アンテナが3セット装備される「トライバンド」機です。

 少し細かくみておきます。

 2.4GHz帯は、4本の共用アンテナを利用します。

 11axとして接続する場合は、1147Mbpsという数字になります。

 5GHz帯は、(2.4GHZ帯との)4本の共用アンテナです。

 ワイドバンド対応なので、4804Mbpsでます。

 6GHz帯は、4本の専用アンテナです。

 ワイドバンド対応で、同じく4804Mbpsです。

 Wi-Fi 6Eは、電波が遠くまで飛びやすい2.4GHz帯も拡張できるため、速度だけでなく、距離も改善できる可能性があるでしょう。

 また、トライバンド機ですから、PC・スマホ・TVなど多くの端末を同時使用する場合、通信速度の部分で大きなメリットもあります。

202210061713.jpg

 また、今回の記事の冒頭でもふれたように、Wi-Fi 6Eは、ワイドバンド帯域(160MHz)を含めてチャネル数が多い点と、6GHz帯が、飛行機や気象レーダーと被らない点で、通信安定性に対する期待値は高いです。

 端末側で対応する機器も徐々に出はじめてきましたし、将来への投資となります。

 なお、本機は、64台までの端末接続まで対応できます。

 201909251823.jpg    

 無線の安定性は、複数の工夫があります。

 第1に、ビームフォーミングです。

 アンテナ構成的に、8x8 ビームフォーミングに対応します。

 ただ、iPhoneでさえ2×2の状況なので、複数端末の同時接続に有効です。

 201706211230.jpg

 第2に、バンドステアリングです。

 この機種は、スマホなどを、混雑していない帯域に自動的に誘導する機能です。

 とくにBUFFALO機は、2019年7月に当局から開放された144ch帯をフォローできるため、チャンネルの柔軟性も他社より高いです。

 第3に、干渉波自動回避機能です。

 これは、電子レンジなどの電波を感知した場合、自動的にノイズを回避する機能です。とくに、双方向性のデータ通信が必要なゲームなどの断線対策に有効です。

 第4に、アドバンスドQoS4Kモードです。

 複数の端末で、通信速度の優先順位を設定できる機能です。

 例えば、動画やゲームに通信量を優先設定しておけば、データが切れてしまうような事態を防げます。

 バッファローは、4K映像を識別できますが、この点は独創的です。

 検知した場合、その映像を優先的に配信します。4Kはネット配信が始まっているので、今後さらに重要になるでしょう。

 第5に、CPUです。

 2.2GHzクアッドコアCPUです。

 他社ライバル機と比べても良く、安定性の部分で本機も「安心感」があります。

 202009301246.jpg

 接続端子は、充実します。

 とくに、WAN・LANそれぞれに単独の10G(2.5G対応)端子が付属します。

 他社の場合、仮想的なリンクアグリゲーションという「特殊」なつなげ方が必要な機種もありますが、本機は普通のつなげ方で、有線で超高速回線が利用できると言えます。

 1000BASE-Tも3つなので、LANについての接続性は良いでしょう。

 201909252007.jpg

 BUFFALO LUA-U3-A2G/C
  ¥5,841 楽天市場 (1/19執筆時)

 ちなみにBUFFALOは、USB-3.1端子でPCに観戦を引き込むアダプターを発売しました。

 Windowsに対応します。

 デフォルトで2.5Gbpsを引き込めるPCを除けば、速度を得たい場合、こうしたものが必要です。

 201912251624.jpg 

 インターネット速度は、有線LANなら、10Gbpsがそのままスルーされて端末まで届きます。

 Wi-Fiの場合は、4803Mbpsが限界ですが、ボトルネックとは普通言わないでしょう。

 USB端子も、付属です。

 AppleのTime Machine用を含めて、ストレージ用にニーズがありそうです。

 202107261154.jpg

 メッシュは、業界の標準規格のEasyMesh対応です。

 業界共通規格で、他社対応機ともネットワークが組みやすい仕様です。

 いざ、買ってみて電波の届きにくい部屋が合った場合、増設しやすいです。

 消費電力は、最大43Wです。

 一般的なルーターの高性能モデルは15W前後です。ただ、ここまで速い機種になるとこの程度は普通です。

 セキュリティは、WPA3に対応です。

 iPhoneなども対応がはじまっている新しい暗号化で、従来のWPA2より強固で、実際的に突破は無理と言われる規格です。

 202307271750.jpg

 このほか、ネット脅威ブロッカー2 プレミアムという、オンラインセキュリティソフトの「1年間の無料利用権」が付属です。

 IOT家電をセキュアにしたい場合特に良いです。ただ、PC用セキュリティソフトではないので、ウイルス対策は不可です。

---

 以上、BUFFALOWXR-11000XE12シリーズの紹介でした。

 CPU性能が良いほか、10GbpsポートをWAN・LAN独立して搭載している点が、将来を見こすと「実用的」です。

 その上で、バンドステアリング干渉波自動回避機能、アドバンスドQoS4Kモードなど、「狭くてごちゃごちゃしている」日本住宅事情をふまえた技術を多く搭載する点が、魅力と言えます。

 Wi-Fi 6自体は新しい技術ですが、本機は定評のある既存の技術を割と活かしている感じで、安心して使えそうな上位機だと感じます。

 設定自体も、説明書を含めて分かりやすいです。

ーーー

  201909251814.jpg

 【2023年発売】WXR-6000AX12B/D後継機

 3・バッファロー WXR-6000AX12P
 4・バッファロー WXR-6000AX12P/D
  ¥29,984 楽天市場 (1/19執筆時)

 5・バッファロー WXR-6000AX12P/N
  ¥35,980 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

Wi-Fi規格:Wi-Fi6 (11ax)
2.4GHz帯速度:1147Mbps
5.0GHz帯速度:4803Mbps
有線LAN:1000BASE-T×3 10G×1
WAN:10Gbps〈WAN専用〉
メッシュ:EasyMesh
USB:USB3.0×1
IPv6: 対応
WPA3: 対応

 なお、最近まで最上位機だったのがWXR-6000AX12Pシリーズです。

 複数の型番がありますが、流通ルートの違いで、性能は同じです。

 旧機種も先述のセキュリティソフトの1年利用権がないほどの違いです。

 202111251410.jpg

 上位機と較べる場合の違いは、アンテナ構成のみです。

 無線の最大速度は、4804Mbps(約601メガバイト/秒)です。

 しかし、Wi-Fi6世代なので6GHz帯に非対応です。

 その代わりに、5GHz帯は、(2.4GHZ帯との)4本の共用アンテナほか、4本の専用アンテナが別にあり8本です。ワイドバンド対応です。

 上表のように4804Mbps4本の共用アンテナだけでも出せる速度です。

 8本のアンテナを搭載するのは、複数の端末との同時接続させる場合、通信安定性を高めるための工夫になります。

 本機は、36台までの端末接続まで対応できます。

 消費電力は、最大34Wです。

 あとの部分の仕様は先ほどの機種と同じです。

---

 結論的にいえば、特段Wi-Fi6Eに対応する必要がないと考える場合、値段面でこちらを選んでもOKに思えます。

 ただ、ハイエンドなスペックを求める方のニーズを考えると、少し余分に出せば上位機が買える今の値段差と、これからの普及拡大を考えると、選ぶべきは(先行投資と考えて)上位機のような気はします。

ーーー

  202006220957.jpg

 【2023年発売】

 6・バッファロー WXR-5700AX7P/N
  ¥22,480 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

 7・バッファロー WXR-5700AX7P
   ¥17,800 楽天市場 (1/19執筆時)

 【2022年発売】 WXR-5700AX7S後継機

 8・バッファロー WXR-5700AX7B
   ¥22,470 楽天市場 (1/19執筆時)

Wi-Fi規格:Wi-Fi6 (11ax)
2.4GHz帯速度:860Mbps
5.0GHz帯速度:4803Mbps
有線LAN:1000BASE-T×4
WAN:10Gbps〈WAN専用〉
メッシュ:EasyMesh
USB:USB3.0×1
IPv6: 対応
WPA3:対応

 一方、同じ形状で、もう1ランク下の下位機となるのがWXR-5700AX7Bシリーズです。

 新旧両機種ありますが、上位機同様、2023年機のみ「ネット脅威ブロッカー2」が付く以外は同じです。

 サイズは、巨大には変わりませんが、幅3cmほどは小型です。

1・2.4GHz帯のアンテナ(4→3)
2・5GHz帯のアンテナ(8→4)

 アンテナは、ただし、目立つ違いです。 

 上図のように減ります。

 接続安定性も、これに伴いビームフォーミングについて8×8に非対応です。

 CPUも1.5GHの2コアになります。アンテナ数が減るので、CPUはこれで良いと考えるにしても、機能面でアドバンスドQoSから4Kモードが省略され、実用性が落ちます。

 端子はWAN側(インターネット側)は10Gpbs対応端子が引き続きあります。

 しかし、LAN側は省略となっています。

--

 結論的にいえば、本機の場合、上位機とは結構な差です。あえてこの速度クラスを選ぶならば、1つ上のスペックを選ぶべきといえます。


  202301071120.jpg

 【2023年発売】

 【ネット限定型番】

 9・バッファロー WSR-6000AX8P/NCG
 9・バッファロー WSR-6000AX8P/NMB
  ¥17,980 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

 【通常型番】

 10・バッファロー WSR-6000AX8P-CG
 10・バッファロー WSR-6000AX8P-MB
  ¥14,963 楽天市場 (1/19執筆時)

 【2022年発売】

 【ネット限定型番】

 11・バッファロー WSR-6000AX8/NCG
 11・バッファロー WSR-6000AX8/NMB
  ¥13,990 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

 【通常型番】

 12・バッファロー WSR-6000AX8-MB
  ¥19,223 楽天市場 (1/19執筆時)

 【特定店用型番】

 13・バッファロー WSR-6000A8/DCG
 13・バッファロー WSR-6000A8/DMB
  ¥15,800 楽天市場 (1/19執筆時)

Wi-Fi規格:Wi-Fi6 (11ax)
2.4GHz帯速度:1147Mbps
5.0GHz帯速度:4803Mbps
有線LAN:1000BASE-T×4
WAN:1000BASE-T
メッシュ:EasyMesh
USB:
IPv6: 対応
WPA3:対応  

 WSR-6000AX8シリーズは、BUFFALOのWi-Fi6対応ルーターでは、中位機種です。

 (いかつい)指向性アンテナがない部分で、外観は「一般人向け」といえます。

 新旧両機種ありますがこちらの場合も、先述の「ネット脅威ブロッカー2」の有無だけの違いです。そのほか、

 ネット限定型番と通常型番がありますが、性能は同じです。

 202210061053.jpg

 本体サイズは、80×177×186mmで収まります(スタンド込み)。

 サイズとしてだけ言えば、このクラスならば、家庭でも違和感なく置けます。

 (いかつい)指向性アンテナは、見た目ほどは効果がないので、個人的には、家庭向けは、このような内蔵アンテナ式で良い気がします。

 202111251410.jpg

 無線の最大速度は、本機も結構速いです。

 2.4GHz帯は、1147Mbpsです。

 5GHz帯も、4803Mbpsです。

 両帯域とも上位機と速度は同じです。

 5GHz帯は1系統で、トライバンド(3バンド)ではないので、多くの端末がある場合の安定性の部分に上位機とはありますが、一般家庭ではこれで十分以上です。

 インターネット速度は、ただし、1000Mbpsにボトルネックがあります。

 本機は、WAN側(インターネット側)も1Gbpsですから。

 超高速な光回線を導入していても、ここがボトルネックになります。

 202006221044.jpg

 無線の安定性は、注意が必要です。

 第1に、バンドステアリングLITEです。

 上位機と異なり「ライト」の文字が付きます。

 電波強度を把握して帯域切り替えをしますが、混雑状況・接続台数を見ることができません

 IOT対応家電の増加で家庭でもWi-Fi端末は増えているので、この点は、各家庭のWi-Fi6ルーターの導入意図をふまえると、不利です。

 第2に、その他の高速化機能です。

 本機は、ビームフォーミングほか、Wi-Fi6規格に準じる装備はあります。しかし、独自の干渉波自動回避機能・アドバンスドQOSが、は非対応です。

 独自の工夫は、バッファローの優位性なので残念です。

 CPUは、3コアの1.5Ghzです。問題なさそうです。

 接続端子は、1000BASE-Tが4つです。

 USB端子は、付属しません。

 消費電力は、17Wです。

 このクラスの場合、さほど処理にパワーを要さないようです。

 このほか、サブスクですが、子供向けのコンテンツ視聴制限のため「iフィルター for BUFFALO(60日無料)」が付属です(年3,300円)。

---

 以上、BUFFALOWSR-6000AX8シリーズの紹介でした。

 本製品は、同社のWi-Fi6ルーターでは「プレミアムモデル」として売られています。

 ただ、実際的に速度を活かしきる部分(WAN速度)で限界があるほか、安定化技術もはっきり言えば、下位です。

 これならば、1回目記事で見た、1クラス下の2401MbpsクラスのWi-Fi6の同社機で良いかと思います。 

ーーー

  202311071535.jpg

 【2023年発売】

 【ネット限定型番】

 14・バッファロー WSR-5400AX6P/NWH
 14・バッファロー WSR-5400AX6P/NBK
  ¥15,280 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

 【通常型番】WSR-5400AX6S-CG後継機

 15・バッファロー WSR-5400AX6P-WH
 15・バッファロー WSR-5400AX6P-BK
  ¥12,980 楽天市場 (1/19執筆時)

 【2022年発売】

 【ネット限定型番】

 16・バッファロー WSR-5400AX6B/NCG
 16・バッファロー WSR-5400AX6B/NMB
  ¥11,980 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

 【通常型番】WSR-5400AX6S-CG後継機

 17・バッファロー WSR-5400AX6B-CG
 17・バッファロー WSR-5400AX6B-MB
  ¥14,828 楽天市場 (1/19執筆時)

 【特定店用型番】WSR-5400AX6S/DCG後継機

 18・バッファロー WSR-5400AX6B/DCG
 18・バッファロー WSR-5400AX6B/DMB
  ¥12,980 楽天市場 (1/19執筆時)

 【2021年発売】

 【ネット限定型番】

 19・バッファロー WSR-5400AX6S/NCG
 19・バッファロー WSR-5400AX6S/NMB
  ¥11,980 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

Wi-Fi規格:Wi-Fi6 (11ax)
2.4GHz帯速度:573Mbps
5.0GHz帯速度:4803Mbps
有線LAN:1000BASE-T×4
WAN:1000BASE-T
メッシュ:EasyMesh
USB:USB3.0×1
IPv6: 対応
WPA3:対応  

 なお、WSR-5400AX6Bシリーズという下位機種もあります。

 1つ上でみた上位機と比べると、同じ筐体ですが、2.4GHz帯のアンテナ数が少ないので、最大速度が劣ります。あとの基本仕様はほぼ変わりません。

 なお、新旧は、この機種も、付属するセキュリティサービスの違いだけです。

1-3・NECの無線ルーター

 202107261419.jpg

 続いて、NEC(NECプラットフォーム)の、Atermシリーズの紹介です。

 バッファローと並ぶ、国内シェア2強といえる企業です。


  202210061139.jpg

 【2022年発売】

 【通常型番】

 20・NEC PA-WX11000T12
   ¥45,200 楽天市場 (1/19執筆時)

 【Amazon限定】

 21・NEC PA-AX11000T12
   ¥---- Amazon.co.jp (1/19執筆時)

Wi-Fi規格:Wi-Fi 6E(11ax)
2.4GHz帯速度:1147Mbps
5.0GHz帯速度:4804Mbps
6.0GHz帯速度:4804Mbps
有線LAN:10Gbps 1000BASE-T×3
WAN:10Gbps〈WAN専用〉
メッシュ:対応〈自社機のみ〉
USB:
IPv6: 対応
WPA3:対応   

  PA-WX11000T12は、NECの最上位機です。

 バッファロー機の最上位機と同じで、新しいWi-Fi 6Eに対応する無線LANルーターです。

 対応ルーターは、日本では本機で初登場でした。

 Amazon限定型番APA-AX11000T12 もありますが、性能は同じです。

 202210061142.jpg

 本体サイズは、幅90×奥行257×高さ237mmです。

 トライバンド機でもあるため、同社の製品としては存在感はあります。設置場所は選ぶでしょう。 

 202203181515.jpg

 一方、外部アンテナはないですが、「実効速度」でNECが劣ると言うことはありません。

 同社の場合、高いアンテナの小型化技術を採用しており、伝統的に「360度方向への電波の飛び」は、アンテナが目立つモデルと変わらないという評価です。

 さらに、本機は、立体的に3直交するワイドレンジアンテナPLUSを採用することで、水平方向への実効速度もキープされます。

 202210061147.jpg

 無線の最大速度は、Wi-Fi 6Eに対応する上で、アンテナが3セット装備される「トライバンド」機です。

 5GHz帯・6GHz帯は、それぞれ4本の専用アンテナを搭載します。

 いずれも4804Mbps(約601メガバイト/秒)に対応できます。

 2.4GHz帯も、4本のア専用アンテナを搭載します。

 速度は、1148Mbps(約144メガバイト/秒)です。

 NECは、全アンテナが専用で、共用アンテナがない部分が強調できます。

 バッファローは、8本のうち2本が2.4GHz帯と共用でした。単独で8本なので、通信速度・暗転度とも、すこし良いでしょう。伝統的にNECがこだわる部分です。

 無線の安定性は、バッファローとは仕組みが異なる部分があります。

 第1に、ビームフォーミングとバンドステアリングです。

 これらは、新チャンネルの対応を含めて、バッファローと構成は同じです。

 第2干渉波自動回避機能です。

 本機の場合、ノイズ回避を目的とした回避機能は見られません

 接続数の点で混雑した帯域を自動的に回避するオートチャネルセレクトはみられますが、やや意味合いが異なると思います。

 ゲームの断線などは、バッファローのほうやが、対策数はやや上でしょう。

 202003131358.jpg

 第4に、アドバンスドQoSです。

 名前に、4Kはつきませんが4K動画を含めて設定が可能です。

 ただ、自動検知ではなく、端末ごとに優先度を選ぶ方式です。

 第5に、CPUです。

 4コアCPUとの言及があります。ただ、バッファローと違い、クロック数の開示がないです。

 接続端子は、10G(2.5G対応)端子は、WAN側(インターネット側)のみです。

 構成的に上位機として物足りないです。 

 ただ、アンテナを共用にせず、制御処理を簡単にしている点で、あまり性能のよいCPUが要らないという部分はあるのかもしれません。

 ストレージ用のUSB端子は未付属です。

 接続端子は、「豪華」です。

 WAN側・LAN側とも(共用でない)単独の10Gbps対応端子が1つずつあるため、高速回線の契約を活かせます。

 インターネット速度は、したがって、理論上、10Gbps(=1250メガバイト/秒)です。

 ボトルネックがないので優秀です。

 202210061214.jpg

 メッシュは、対応です。

 Wi-Fi 6Eによる6GHz帯通信は、この部分で活かせると言えます。

 本機は、メッシュ中継機にもなるので、同じものを2台以上購入すれば、中継機との間の経路の安定性の向上が望めます。

 なお、同社のメッシュは自社の独自規格なので、他社のメッシュ中継機などとメーカー横断的に組むことはできません。NECのメッシュ対応機とのみつながります。

 また、CPUの弱さからか最大9台の中継機、36台の端末までですので、オフィス・旅館などのインフラ用というより、家庭用の「いいやつ」です。

 メッシュの仕組みは、親機部分の説明から少し外れるので、詳しくは【メッシュWi-Fiの比較記事】の説明をご覧頂ければと思います。

 消費電力は、38Wです。

 劇的に高いわけではないですが、平均より上です。

 202210061250.jpg

 セキュリティは、WPA3の暗号化に対応です。

 一方、トレンドマイクロの「ホームネットワークセキュリティ」の90日間の無料利用権が付属します(月額550円)

 IOT家電の保護まで考えないならば、CPU処理量も増えますし不要です。実際、説明されている機能の一部は(しっかり設定すれば)ルーターだけでも設定できます。

---

 以上、NEC Aterm WX11000Tの紹介でした。

 しっかり、WAN側・LAN側に10Gbps対応端子を用意する部分を含めて、性能面で妥協がないルーターです。 

 「親機」と考える場合、Wi-Fi 6Eは対応端末の数からすれば、一般家庭では未来への投資でしょう。そのため、親機単独では(上級者除き)オススメしませんが、2台以上で同じものを用意するならば、意味性はより出ると思います。

 ちなみに、本機は、このブログの【メッシュWi-Fiの比較記事】でもふれていますが、そちらでは「オススメ」の1つにしています。

ーーーー

  202210061255.jpg

 【2022年発売】

 【通常型番】

 22・NEC PA-WX7800T8
   ¥19,315 楽天市場 (1/19執筆時)

 【Amazon限定】(同じ性能)

 23・NEC PA-AX7800T8
   ¥25,278 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

Wi-Fi規格:Wi-Fi 6E(11ax)
2.4GHz帯速度:574Mbps
5.0GHz帯速度:4804Mbps
6.0GHz帯速度:2401Mbps
有線LAN:1000BASE-T×4
WAN:1000BASE-T
メッシュ:対応〈自社機のみ〉
USB:
IPv6: 対応
WPA3:対応   

 本機の兄弟機としてAterm WX7800T8という兄弟機も同時に登場しています。 

 ただ、本機は、6GHz帯2.4GHzがアンテナ2本で遅いです。

 その上で、WAN側・LAN側ともに、1000BASE-Tなので回線速度も遅くなります。

 また、アンテナ本数が少なく、LAN・WANのスペックが低いからそれで十分とも言えますが、CPUもデュアルコア(2コア)です(消費電力23.5W)。

---

 結論的にいえば、本機は先述の「メッシュ中継機」用として、WX11000Tを親にして「中継機」に使う場合を除けば、あまりおすすめできません。

 どうしてもWi-Fi 6Eを試したいならば、やはり先ほどの上位機でしょう。

 実際、実空間で利用する場合、やはり2.4GHz帯でないと届かない場所というのはあるので、高級機として心許ない感じがあります。


  202003131339.jpg

 【2019年発売】

 【Amazon限定】

 24・ NEC Aterm AM-AX6000HP
   ¥31,680 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

 【通常型番】

 25・ NEC Aterm PA-WX6000HP
   ¥25,980 楽天市場 (1/19執筆時)

Wi-Fi規格:Wi-Fi6 (11ax)
2.4GHz帯速度:1147Mbps
5.0GHz帯速度:4804Mbps
有線LAN:1000BASE-T×4
WAN:10Gbps〈WAN専用〉
メッシュ:
USB:
IPv6: 対応
WPA3:対応   

  WX6000HP は、NECのWi-Fi 6対応ルーターです。

 バッファロー機と同じで、1つ上でみた上位機がでるまで「最上位」だったものです。

 Amazon限定型番AX6000HPもありますが、性能は同じです。

 202003131343.jpg

 本体サイズは、幅51.5×奥行215×高さ200mmです。

 下位機種より小さめです。

 同社の製品は、伝統的に外部アンテナがないので、スッキリ設置できます。

 サイズも20cmですので、それなりに設置性はよいです。

 202111251410.jpg

 無線の最大速度は、Wi-Fi 6規格に準拠したスピードです。

 2.4GHz帯は、4本の専用アンテナで、最大1147Mbpsです。

 5GHz帯は、WB(ワイドバンド)対応の8本の専用アンテナを装備し、4804Mbpsです。

 6GHz帯は対応しませんが、この速度ならば、一般家庭だと十分以上でしょう。

 無線の安定性は、上位機と同じ技術を装備します。

 正確にはアンテナの世代が1つ前なのですが、さほど違わないと思います。

 接続端子は、上位機との違いです。

 10G(2.5G対応)端子が、WAN側(インターネット側)のみになります。

 インターネット速度は、入り口の段階では10Gbps(=1250メガバイト/秒)です。

 しかし、LANでつなげる場合は1000Mbps(125メガバイト/秒)となります。

 最速となるのはWi-Fiの場合で、理論上、最大4.8Gbpsです。

 消費電力は、30Wです。

 このクラスの高性能機のだいたいの平均値です。

 セキュリティは、WPA3の暗号化に対応です。

---

 以上、NECPA-WX6000HPの紹介でした。

 先ほどみたバッファローの(角付きの)Wi-Fi6対応機がライバルです。較べる場合、LAN側に高速ポートがないのがすこし残念です。

 ただ、主にWi-Fiで速度を得られれば良いならば、全アンテナが「専用」となるNECを選んでも良いかと思います。

 とくに、外観形状が良いです。リビングなど目立つ場所に置く場合は、本機の(角のようなアンテナのない)スッキリしたデザイン性は魅力でしょう。

 繰り返しますが、内蔵アンテナだから実効速度が落ちるということは、あまり考えられません。


 202203181437.jpg

 【2022年発売】

 【上位機】(同じ性能)

 26・ NEC Aterm AM-AX5400HP
   ¥19,778 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

 26・ NEC Aterm PA-WX5400HP
   ¥16,580 楽天市場 (1/19執筆時)

2.4GHz帯速度:574Mbps
5.0GHz帯速度:4804Mbps

 【下位機】(2023年追加)

 27・ NEC Aterm AM-AX4200D5
   ¥18,678 Amazon.co.jp (1/19執筆時)

 27・ NEC Aterm PA-WX4200D5
   ¥14,787 楽天市場 (1/19執筆時)

2.4GHz帯速度:574Mbps
5.0GHz帯速度:3603Mbps

Wi-Fi規格:Wi-Fi6 (11ax)
有線LAN:1000BASE-T×4
WAN:1000BASE-T
メッシュ:自社方式
USB:
IPv6: 対応
WPA3:対応   

  Aterm WX5400HP は、NECのWi-Fi 6に対応する無線LANルーターのスタンダード機です。

 一方、下位機がありますが、5GHz帯が3アンテナ(+WB)なので、理論上の速度が少し落ちます。

 NECによると、実効速度は上位機とほぼ変わらないとのことですが、通信安定性では差がありそうです。ただ、発売時期の関係で、下位機種は4コアCPUになりましたし、決定的な差はないとは思います。

--

  結論的にいえば、どちらを選ぶかは難しいところがありますが、この程度の値段差ならば、やはり上位機でしょう。

 202203181442.jpg

 本体サイズは、幅46.5×奥行180×高さ180mmです。

 さきほどみた上位機より少しだけ小さいです。 

 202304151521.jpg

 無線の最大速度は、上で見た上位機とは構成が異なります。

 2.4GHz帯は、2本のアンテナです。

 遠くまで飛ばせる帯域になりますが速度は574Mbpsです。

 5GHz帯は、WB対応の4本のアンテナです。

 余分に8本のアンテナを装備していませんが、ワイドバンド対応で、速度は最大4804Mbps(約601メガバイト/秒)です。

 速度部分は、先発したバッファローの下位機に合わせていて、変わりないです。

 202203181451.jpg

 無線の安定性は、上位機と構成は同じです。

 ビームフォーミング・バンドステアリング・オートチャネルセレクト・QOSです。

 アンテナも、しっかりワイドレンジアンテナplusです。

 バッファローの下位機は、同社の上位機にみられる諸機能の一部を削っていました。

 NECはそうでもないので、下位機種同士で比べるならば、安定化技術はNECのが高度と言えます。

 CPUは、発売時期の関係で2コア(下位機は4コア)ですが、この速度の機種ならば、及第点かと思います。

 接続端子は、1000BASE-TのLAN端子が4つです。

 インターネット速度は、WAN側も1000BASE-Tですので、1000Mbps(125メガバイト/秒)にボトルネックがあります。

 消費電力は、19.5Wです。

 この部分は5W近く、同じクラスのバッファロー機に負けています。

 ただ、20Wを超えていないですし、このクラスの平均値です。問題ありません。

 セキュリティは、WPA3の暗号化に対応です。

 また、本機は、トレンドマイクロの「ホームネットワークセキュリティ」の無料利用権が90日分付属します。他社機の場合同様、マストではないと思います。

 202012311014.jpg

 このほか、本機も中継機能もあり、メッシュが組めます。

 ただEasy meshに非対応なので、自社の特定製品とのみ、ネットワークが組めます。

 そのほか、本機は「リモートワークWi-Fi」と言う機能があります。

 ネットワーク名(SSID)を2つ別にして仕事用とプライベート用のアクセスポイントを分けることで、セキュリティレベルを上げる機能です。

 ただ、「ネットワーク分離機能」として、先ほどの上位機や本機の旧機種を含めて従来のNEC機にもあったもので、それが「工場出荷時の標準」となったという話に止まります。 

---

 以上、NECAterm WX5400HPの紹介でした。

 同じ値段の競合機に比べても、通信安定性にかかわる機能は良いです。

 プロバイダから提供された終端装置などがNEC製の場合ならば、素直にこちらを選んで良いかなと思えます。 

 ただ、インターネット速度1000Mbpsに限界があります。

 自宅内でネットワークを組んでいる方で速度が欲しいと思っている場合を除くと、本機のスペックは活かしきれないとは言えます。

次回に続く
Wi-Fi6対応ルーターのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、Wi-Fi 6(11ax)対応家庭用無線LANルーターを紹介してきました。

 しかし、記事はもう少しだけ「続き」ます。

  201909251916.jpg

2・爆速Wi-Fi6 ルーターの比較 (2)  
 2-1:ASUS 〈台湾〉
 2-2:ネットギア〈米国〉
 2-3:TP-LINK〈中国〉
3・爆速Wi-Fi6 ルーターの比較 (3)
 3-1:エレコム〈日本〉
 3-2:アイオーデータ〈日本〉
 3-3:Synology〈台湾〉ほか
4・無線LANルーターの比較 (4)【結論】
 =最終的なおすすめ機種の提案

 次回の2回目記事こちら)では、今回紹介できなかった、台湾のASUSのルーターほか、同じく海外勢のティーピーリンク・ネットギアなどの製品を紹介します。

対応人数   世帯向き
速度(ネット)★★★★★
速度(宅内) ★★★★★
無線の安定性 ★★★★★
設定の容易さ ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 その上で、このブログで紹介していた全機種から、価格別・目的別にAtlasのおすすめ機種!を提案する結論編こちら)に進んでいきます。

 引き続き、よろしくお願いします!

 後半記事は→こちら

--

 前半記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題をシェアしていただければ嬉しいです!

posted by Atlas at 17:41 | 無線LANルーター

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png