Top PC用液晶モニター 比較2020'【目に優しい】PC液晶モニター53機のおすすめ:27インチ (2)

2020年07月02日

比較2020'【目に優しい】PC液晶モニター53機のおすすめ:27インチ (2)

前回からの続き記事です。→こちら


 201804111327.jpg

 [ブラック]

 26・EIZO FlexScan EV2780-BK
 27・EIZO FlexScan EV2780-WT
  ¥95,900 Amazon.co.jp
(7/2執筆時)

解像度:2560x1440
輝度:350cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
接続端子: Display port USB-C×1 HDMI×1
スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:5年

 なお、EV2780は、EIZOの最上位機です。

 201804111328.jpg 

 先ほど説明した同社の下位機種との主な違い2点です。

 第1に、下位機種の3辺フレームレス設計に対して、本機は下部のベゼルも狭い4辺フレームレス設計である点です。

 上下のマルチディスプレイを利用する場合に違和感のない設計です。

 201811231358.jpg

 第2に、 USB-Type-Cでの接続にも対応する点です。

 この場合、30Wの給電が同時にできるほか、データ・音声の転送も1本のケーブルでフォローできて便利です。

 Macbookなど、USB-C端子をフォローする製品には良いでしょう。

 なお、ケーブルは、HDMIケーブルとUSB-Cケーブルが、各2m付属します。

---

 これらの部分以外は同じなので、不要な場合は下位機種で良いと思います。


 202003301752.jpg

 【2020】

 28・HP EliteDisplay E273q
  ¥52,000 HPダイレクト (7/2執筆時)

解像度:2560x1440
輝度:350cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
接続端子: DP HDMI VGA USB-C
スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
スピーカー:
保証期間:3年

 E273q は、米国のHPの高級モニターです。

 自社調査ながら「次に買いたいモニター1位」というモデルで、同社イチオシのモデルとなります。

 本体形状は、下のみベゼルが厚めの3辺フレームレスですが、色を含めて、見かけが「格好良い」です。

 液晶の品質は、こちらも、IPS液晶の2Kモニターです。

 輝度・コントラスト比・応答速度などのスペックはEIZOの上位機と同等です。

 おそらくLGからの共有でしょう。

 自動画質調整は、一方、充実しません。

 米国メーカーは基本的に、ユーザーのマニュアル調整可、PC側の調整に任せる場合が多いです。

 202003301806.jpg

 画像補正機能は、フリッカー対策・ブルーライトカットなどは網羅します。

 ただ、それ以上の機能は、搭載しません。

202003301807.jpg

 ディスプレイスタンドは、ただし、上下左右高さ回転をすべてフォローしており、値段相応に高機能です。

 接続端子Display port・USB-C・HDMI・VGAがフル装備です。

 一方、USBについては、HPについては、給電機能はないようです。

 ケーブルは、1.8MのHDMIケーブルと、DPケーブル、USBC to Aケーブルが付属です。

 スピーカーは、付属しません。

----

 以上、HPのEliteDisplay E273q の紹介でした。

 同社のコーポレートカラーの1つと言える「シルバー」貴重で、格好良いモニターです。

 一方、高性能スタンドを含めて、基本的な部分は網羅しているのですが、高価な割には、抜きんでている部分がないのが難点でしょう。


 202007021106.jpg

 【2020】

 【通常モデル】

 29・HP Pavilion 27 Quantum Dot Display
  ¥27,900 HPダイレクト (7/2執筆時)

 【価格.com限定モデル】

 30・HP Pavilion 27 Quantum Dot Display
  ¥32,400 HPダイレクト (7/2執筆時)

解像度:2560x1440
輝度:400cd/m2
液晶方式:PLS(量子ドット)
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR: 対応(無印)
接続端子: DP HDMI USB-C
スタンド:上下チルト【VESA100mm】
スピーカー:
保証期間:1年

 HP Pavilion 27 Quantum Dot Display も、米国のHPの高級モニターです。

 「価格コム限定」が人気ですが、性能は同じで、少し価格が安いです。

 202007021109.jpg

 液晶の品質は、一方、本機も2Kモニターですが、PLS液晶です。

 韓国のSamsun系のIPSの名称で、この部分の品質は問題ないです。

 一方、本機は、Quantum dot(量子ドット)ディスプレイ技術を採用します。

 最近日本に進出した、中国のTCLが同社のテレビに使っていた技術です。これは、光源に青色LEDを採用した上で、パネルの後部に特殊フィルムを差し込むことで、色再現性を高めた技術です。

 202007021110.jpg

 最近のゲーム・映画コンテンツなどは、輝度表現力を出せるHDR対応になっています。

 そのため、PC用液晶モニターも、ある程度、輝度を高める必要が出てきました。Quantum dot技術は、割と安価で、輝度・彩度表現を高められるため、本機にも採用されます。

 実際、輝度は400cd/m2で、DCI-P3カバー率90%以上の色精度で、非光沢液晶としては豊かな発色です。

 自動画質調整は、やはり、充実しません。

 画像補正機能は、フリッカー対策・ブルーライトカットなどは網羅します。

 ただ、それ以上の機能は、搭載しません。

 ディスプレイスタンドも、上下角度(チルト)しか動かせない仕様です。

 接続端子Display port・USB-C・HDMIです。

 本機の場合も、USB-C端子は接続したノートPCに対しての給電は非対応です。

 ケーブルは、HDMIケーブルの未付属です。

 スピーカーは、付属しません。

----

 以上、HPHP Pavilion 27 Quantum Dot Displayの紹介でした。

 量子ドット技術採用で、本体の値段からすると、動画・ゲームにも向く「鮮やかさ」が出せるといえます。

 一方、スタンドが貧弱であるほか、この表示形式は、テキストなどについて「目に優しい」とは言えない側面がある点は、注意してください。長時間のデスクワークには少なくとも不向きです。

 同社のコーポレートカラーの1つと言える「シルバー」貴重で、格好良いモニターです。

 一方、高性能スタンドを含めて、基本的な部分は網羅しているのですが、高価な割には、抜きんでている部分がないのが難点でしょう。


  201808141056.jpg

 31・BenQ デザイナーズ モニター PD2700Q
  ¥36,181 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

解像度:2,560×1,440
輝度:350cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:4ms(GTG)
HDR:
接続端子: DisplayPort miniDP、HDMI
スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間: 1年(本体は3年)

 PD2700Q は、台湾のBenQが販売する2K解像度のモニターです。

 201908211809.jpg

 液晶の性能は、この機種は、IPSパネルを採用します。

 その上で、sRGB色域の100%をカバーできるAQCOLOR技術を採用します。出荷前に、キャリブレーション(色の個体差の調整)もしているので、画像関係の仕事には、特に向く仕様です。

 画質調整機能は、他社も多くの機種で採用するフリッカー対策と、ブルーライト軽減モードは、搭載となります。

 その上で、応答速度は4msと速く、スペック的にも優れた製品です。マニュアルで設定値もかなり細かく替えられるため、やはりデザイナー向けの製品と言えます。

 一方、超解像技術やブラックスタビライザーなど、動画視聴向けの性能は「ざっくり省略」されています。

 201801131710.jpg

 自動画質調整は、写真向けのsRGBモードのほか、輝度が低い状態で階調を明確にできる「暗室モード」や、画像のコントラストを強調できる「CAD/CAMモード」、10段階の明るさ調整で外光の影響を排除できる「アニメーションモード」などを搭載します。

 一般用としても、半自動的に細かい調整ができる点は「目の疲れにくさ」の点で有利でしょう。

 201801131722.jpg

 モニタースタンドの性能も良いです。

 こちらは、上下左右の角度調整と回転による縦表示に対応できます。高さも13cmの範囲で変えられるなど、調整面で不満はありません。

 接続端子は、 DisplayPort・miniDisplayPort・HDMI×1という構成です。

 ケーブルは、1.5mのHDMIケーブルminiDP to DPケーブルが付属です。

 スピーカーは、オマケ程度で、1Wのステレオスピーカーが搭載されています。

---

 以上、BenQPD2700Q の紹介でした。

 2Kモニターとしては、価格面・目の疲れにくさの面で性能的にかなりまとまった良機種だと思います。アイオーデータが価格面でもライバルとなります。

 比較する場合、IPS液晶を採用する点、写真・デザイン関係の能力が極めて高いと言えます。

 一方、動画やゲームの処理については、アイオーデータの方が機能的に優れると言えるでしょう。

 文章などの仕事用としては、いずれも、フリッカー対策がなされ、モニタースタンドの性能も互角なので、「どちらでも良い」と言えます。

 あえて言えば、ADSパネルを採用しないこちらのほうが「わずかに有利」でしょう。


 202007021125.jpg

 32・BenQ EW2780Q
  ¥36,181 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

解像度:2,560×1,440
輝度:350cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:HDR10
接続端子: HDMI×2 DP
スタンド:上下チルト【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(5w×2)
保証期間: 1年(本体は3年)

 EW2780Qも、台湾のBenQが販売する2K解像度のモニターです。

 こちらは、デザイン用というより、ゲーム・動画など、マルチメディア利用に強い製品です。

 液晶の性能は、本機も、IPSパネルを採用します。

 その上で、本機も、350cd/m2と高めの輝度表現ができる製品です。

 応答速度も、5msだせますので、パネル部分の性能は優秀な製品です。

 201905201250.jpg

 画質調整機能は、充実します。

 「マルチメディア用」と書きましたが、目への優しさに関するフリッカーフリー・ブルーライト軽減などの基本を押さえます。

 加えて、同社のフルHD機でも見た環境光センサー(明るさセンサー)を搭載し、室内の明るさに応じた輝度調整に対応します。

 適切な輝度でモニターを見れるため、「目の疲れにくさ」の部分で、本機は優秀です。

 とくに、マルチメディア利用の場合、部屋を暗くしての利用も想定されるため、この部分の使い勝手は評価できます。

 201905201254.jpg

 加えて、ブライトネスインテリジェンス(B.I.)テクノロジーも注目点です。

 画面内の画像を分析し、露出オーバーにならないよう輝度を的確に調整します。

 方法は全く異なりますが、LGのブラックスタビライザーのように、映像のコントラストを鮮明にする効果が期待できます。

 202003301651.jpg

 その上で、本機の場合、HDR10(ハイダイナミックレンジ)に対応します。

 HDR10は、先ほども紹介しましたが、最近のTVやゲームに採用されつつある技術です。対応した動画を再生する場合、階調表現に優れる画像を楽しめます。

 また、ベンキューは、HDRiをいう独自の技術も持ちます。HDRに対応しないコンテンツも、先述のB.I.テクノロジーで、階調表現を高めています。

 そのほか、LG同様に超解像技術にも対応するため、TV代わりに使うのにも向くでしょう。

 自動画質調整は、「目の優しさ」の部分で言えば、電子ペーパーモードが目を引きます。

 電子書籍や書類などの表示をクリアにできる、特別なモードです。

 202007021141.jpg

 モニタースタンドの性能は、本機の欠点です。

 角度変更のみ対応なので、合わないようならば、別売のアームなどに換えた方良いでしょう。

 接続端子は、 DisplayPort・HDMI×2という構成です。

 複数のHDMIがあるので、やはりマルチメディア利用に向きます。

 ケーブルは、1.5mのHDMIケーブルのみ付属です。

 スピーカーは、5Wの2スピーカーです。

 他社より同社は少しですが、音の部分にこだわりがあります。

 サラウンド機能も充実するため、どうしても別売スピーカーが付けられない場合は、良い選択肢です。

---

 以上、BenQEW2780Qの紹介でした。

 27インチでは、ゲーム・映画に向いた機種の一つです。その上で、今回の観点である「目の優しさ」も、(EIZOなどを例外とすると)他社より配慮があるので、長時間の視聴をする方などには良いでしょう。

 ただ、スタンド性能がイマイチです。

 量子ドットなど無理に輝度を上げた製品ではないですし、明るさセンサーなどの「アイケア」技術は評価できるため、アームの交換するならば、その用途も含めて、汎用的にオススメできます。


 202007021202.jpg

 【USB-C端子あり】

 33・Dell P2720DC
  ¥50,679 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

 【USB-C端子なし】

 34・Dell P2720D
  ¥-------- Amazon.co.jp (7/2執筆時)

解像度:2,560×1,440
輝度:350cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
接続端子: HDMI DP USB-C
スタンド:上下チルト【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(5w×2)
保証期間:3年

  P2720DC は、米国のデルが販売する2K解像度プロフェッショナルシリーズモニターです。

 USB-C端子の付属しない兄弟機もありますが、今回は付属タイプの紹介です。

 202007021205.jpg

 液晶の性能は、IPS液晶を採用します。

 3辺フレームで、マルチモニター利用がしやすい仕様です。

 なお、LEDバックライトは「エッジ型」との記載がありますが、このサイズのPC用モニターで直下型というのはないので、液晶TVの場合と違って問題ないです。

 応答速度輝度の部分も問題ない仕様です。

 画質調整機能は、フリッカー対策とブルーライト軽減機能が搭載です。

 自動画質調整は、「標準・ムービー・ゲーム」と数は少ないながら対応します。

 201908211856.jpg

 モニタースタンドは、上下左右・チルト・スイーベルに全対応し、高性能です。


 202007021212.jpg

 接続端子は、DisplayPort・HDMI・VGA×1という標準的な構成に加えて、USB-C端子があります。

 本機は、USB-Cで映像出力時、ノートPCに対して65Wの給電ができるので、MacBookなどは、電源ケーブルフリーで利用可能です。

 付属ケーブルは、DisplayPortケーブルとUSB-Cケーブルが付属です。

 スピーカーは、付属しません。

 202007011739.jpg

 保証は、3年保証に加えて、プレミアムパネル交換保証があります。

 フルHD機でも説明しましたが、「ドット抜け(常時点灯)の交換保証」です。EIZOの無輝点保証は6ヶ月ですが、DELLは3年なので、より充実します。

---

 以上、DELLの P2720DCの紹介でした。

 USB-C端子で充電可能な2Kモニターですので、テレワーク需要がある程度ありそうです。

 画質調製部分はやはり「あっさり」ですが、スタンド性能などほかの部分は問題ないです。プレミアムパネル交換保証もありますし、高級機の中では選択肢になるでしょう。

今回の結論
目に優しい液晶モニターのおすすめ結論的にこれ!

 というわけで、前編記事(こちら)では、「目に優しい」「目の疲れない」という観点で、27インチのモニターを比較しました。

 最後に、予算別・目的別に、Atlasのおすすめモニターを提案しておきます。


 第1に、「目に優しい」フルHD画質のモニターとしておすすめできるのは、

  201908211835.jpg

 【2018年】

 10・DELL P2719H プロフェッショナル
  ¥34,416 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

解像度:1,920×1,080
輝度:300cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
接続端子: HDMI VGA, DP
スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
スピーカー:
保証期間:3年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 フルハイビジョン解像度(1920×1080)のモニターでは、DELL P2719Hがおすすめです。

 201908211842.jpg

 目の優しさにおいて重要な「フリッカー対策」「IPS液晶」・「高性能なモニタースタンド」という部分が備わっているのが理由です。

 その上で、他社では初期不良とはならない、1つからの「ドット抜け」保証が付属するため、ドット抜けの「残念感」がないのも「売り」でしょう。

 201908211856.jpg

 画質調整機能の部分は、「あっさり」ですが、モニターの稼働性を含めて、それより大事なの部分で優れるため、フルハイビジョン機では、この機種がおすすめです。


 第2に、仕事用で比較的価格の安い2Kモニターとしておすすめできるのは、

  201808141056.jpg

 31・BenQ デザイナーズ モニター PD2700Q
  ¥36,181 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

解像度:2,560×1,440
輝度:350cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:4ms(GTG)
HDR:
接続端子: DisplayPort miniDP、HDMI
スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:3年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 2,560×1,440対応の高解像度な機種では、BenQPD2700Q が良いでしょう。

 201801131722.jpg

 モニターアームが高品質で使いやすく優れていますし、パネル品質や、画質の調整機能など高レベルでまとまっています。

 価格的にも、他社に比べて相当お買得だと思います。


 第3に、2K高解像度で「目に優しい」モニターとして最も優れた製品は、

 202003301734.jpg

 【2020】

 24・EIZO FlexScan EV2760-BK
 25・EIZO FlexScan EV2760-WT
  ¥62,573 Amazon.co.jp
(7/2執筆時)

解像度:2560x1440
輝度:350cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
接続端子: Display port USB-C×1 HDMI×1
スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:5年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★★
5・総合評価     ★★★★★★

 EIZOのEV2760でしょう。

 201804111331.jpg

 明るさセンサーを利用したアイケア機能など、ここで紹介した機種の中では間違いなく、最も使い勝手が良く、目にも優しいといえる商品です。

 とりわけ優れた輝度調整は目が疲れやすい人には効果的です。また、EIZOは検品体制がしっかりしているので、「液晶ムラ」などの問題に遭遇するリスクが低いと言えます。

 202007011519.jpg

 5年保証に加えて、無輝点保証が無料で付属する点も見逃せません。

  201804111329.jpg 

 特に、静止画の文書作業(ワープロなど)がメインの人は、輝度調整が広範囲でできるこの機種を選ぶと良いでしょう。動画性能も他機種に引けを取りません。

  screen-cfaagaapture-12.png

 値段が高いのが難点ですが、伝統的に評価が高い、そのスタンド性能を含めて、効果は確実に期待できます。


 第4に、パソコンでは動画がメイン、またはゲーム機用モニターとしても利用を考えている方には、

 202007021125.jpg

 32・BenQ EW2780Q
  ¥36,181 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

解像度:2,560×1,440
輝度:350cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:HDR10
接続端子: HDMI×2 DP
スタンド:上下チルト【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(5w×2)
保証期間: 1年(本体は3年)

 台湾のBenQが販売する2K解像度のモニターEW2780Qでしょう。

 202003301651.jpg

 ゲーム・動画など、マルチメディア利用を考える場合、最近の傾向として、ある程度の輝度が出せ、HDRに対応できるほうが良いです。

 本機の場合、この部分に対応するほか、HDR未対応のコンテンツの際も、HDRiテクノロジーでアップコンバートするため、能力が高いです。

 201905201250.jpg

 その上で「目の優しさ」について言えば、IPSパネルを採用する上で、環境光センサー(明るさセンサー)を搭載し、室内の明るさに応じた輝度調整に対応します。

 映画などを暗くして観る方も多いでしょうし、この部分は利便性の高さとしても評価できます。

 しっかり、フリッカー対策もなされますし、超解像技術など画像補正もしっかりしており、この部分で穴はないです。

 202007021145.jpg

 スピーカーも、5Wの2スピーカーで、別売をつけないならば、水準が高いでしょう。

 202007021141.jpg

 一方、弱点は、モニタースタンドの稼働性の悪さです。

 映画やゲームならば、対応できる場合もありますが、テキストを見つめるような仕事・レポートとの併用には、調整力の部分であまり向きません。

 この部分については、【モニターアームの比較記事】で紹介した製品から、少し安いものに換えるのも良いでしょう。交換は時間はかかりますが、難しいわけではないので、初心者でもOKです。

----

 202003301647.jpg

 【2020年】【HDR10対応】

 12・BenQ EW2780
  ¥24,877 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

解像度:1920×1080
輝度:250cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:HDR10
接続端子: HDMI 3
スタンド:上下チルト【VESA100mm】
スピーカー:なし
保証期間: 1年(本体は3年)

1・液晶パネルの品質 ★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★☆☆
3・動画ゲーム対応  ★★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 一方、ゲームでも、テキスト表示中心のゲームが主で、その視認性を重視する場合は、2K機を選ぶ意味はあまりないでしょう。特に、レトロなゲームをやる場合はそうなります。

 ワープロなどと異なり、フルHD解像度で作られたゲームを2Kで表示させると、文字がボケやすいので。

 その場合は、フルHD機では、最もゲーム向きといえるベンキューEW2780が良いと思います。

 202003301651.jpg

 本機も、HDR対応に加えて、独自のHDRi対応で、ゲームのほか、エンターテインメント系全般に向いていると言える機種です。

 目の優しさの部分でも、IPS液晶を採用した上で、環境光センサー(明るさセンサー)を利用した各種調整機能は、EIZOの高級機を除けば、最も高性能と言えます。

 難点は、やはり、スタンド調整が効かない点ですが、別にアームを導入する考えがあるならば、問題とはならないでしょう。

ーーー

 201908211747.jpg

 【3年保証】

 18・IODATA GigaCrysta EX-LDGCQ271DB
  ¥34,200 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

 【5年保証】

 19・IODATA GigaCrysta LCD-GCQ271XDB
  ¥45,600 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

解像度:2,560×1,440
輝度:250cd/m2
液晶方式:ADS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
接続端子: DisplayPort×1、HDMI×3
スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(2w×2)
保証期間:3年/5年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 一方、どうしてもスタンド交換に抵抗がある場合は、 2K解像度のモニターですが、アイオーデータの EX-LDGCQ271DB が良い選択肢です。

 201908211802.jpg

 モニタースタンドの稼働性が良い上に、画質調整機能がかなり充実します。

 201908211751.jpg

 液晶はIPSと同等の視野角をもつ、互換のADSパネルですが、信頼性も最近は向上しており、大きな問題はないでしょう。

 その上で、スタンドの性能が高く、フリッカー対策もなされます。2K解像度で、画面も広く使えるので、仕事用としても問題ないです。

補足:液晶モニター関連記事の紹介

 というわけで、今回は、27インチの液晶を紹介しました。

 201801131824.jpg

1・31.5インチの液晶モニタ
2・27インチの液晶モニタ
3・24インチの液晶モニタ
4・23インチの液晶モニタ
5・21インチの液晶モニタ
6・4K5K解像度の液晶モニタ
7・タッチパネル式モニタ
8・ゲーム向けの液晶モニタ
9・Mac向けの液晶モニタ

 なお、次回の3回目記事こちら 】では、24インチ・25インチの小型ディスプレイを紹介します。

 さほど大きなモニターが不要と考えている方は、引き続き第3回目の記事もご覧ください。

 201804130736.jpg

10・液晶モニターの選び方とおすすめ 【まとめ】

 また、上のリンク記事では、主にモニターサイズの観点から、このブログの全10回のモニター関連記事を横断的にまとめています。

 サイズの部分で決めかねている方などは、こちらもぜひご覧ください!

補足:PCモニター関連製品について

 最後に「おまけ」で、液晶ディスプレイに関係する周辺機器についてです。

 201810050906.jpg

 第1に、モニターアームです。

 より「目への負担の軽減」をお考えならば、新しいモニターと同時に、別売のモニターアームを導入するのも効果的です。

 予算としては+1万円ほどです。このブログの【モニターアームの比較記事】で詳しく紹介していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

 なお、今回の記事のスペック表記の部分で【VESA100mm】と書いてある製品については、モニターアーム用の統一規格のネジ穴があるため、こうしたモニターアームが利用可能です。

ーーー

 201810201107.jpg

 第2に、PC用スピーカーです。

 ここで挙げたディスプレイの一部には内部スピーカーが付属します。しかし、スピーカーの口径が圧倒的に小さく、音質は全く期待できません

おすすめPCスピーカーの比較記事
おすすめBluetoothスピーカーの比較記事

 そのため、少しでも音にこだわりたい方は、上記の記事で紹介しているような外部スピーカーを買われると満足度が高いでしょう。

ーーー

202007011636.jpg

 ディスプレイ用クリーニングリキッド
  ¥303 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

 第3に、PC用液晶クリーナーです。

 液晶モニターを手入れする場合、普通のティッシュペーパーなどで拭かないでください

 液晶に傷がつきますので、専用のクリーニング・リキッドの使用をおすすめします。

 アルコール・界面活性剤を使っていませんので、モニター表面のコーティング塗装に影響しないからです。

 202007011639.jpg

 液晶画面用ハイテククロス DK-KC5
  ¥681 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

 ドライクリーニングティッシュ60枚入り
  ¥580 Amazon.co.jp (7/2執筆時)

 これを、ハイテククロスに吹きかけて使うのがオススメです。

 ただ、スプレー式のクリーナーは拭いた後に「ふき跡」が画面に白く僅かに残ります。

 拭いた後が気になる人は、仕上げにドライクリーニングティッシュを使うのが良いです。

 皮脂汚れはあまりとれませんが、拭き跡をとるための仕上げにはもってこいです!

---

 また、最後になりましたが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで記事を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 13:51 | PC用液晶モニター

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png