Top 掃除機・掃除用品 比較2021’【超強力】スチームクリーナー35機のおすすめ・選び方:アイリスオーヤマ・ケルヒャーなど (2)

2021年11月08日

比較2021’【超強力】スチームクリーナー35機のおすすめ・選び方:アイリスオーヤマ・ケルヒャーなど (2)

今回のお題
家庭用のスチームクリーナーのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2021年11月現在、最新の家庭用のスチームクリーナーの比較です。

 202111081237.jpg

1・スチームクリーナーの比較 (1)
 1-1:ハンディ型
 1-2:キャニスター型
 1-3:スティック型 (1)
2・スチームクリーナーの比較 (2)
 2-1:スティック型 (2)
 2-2:最終的なおすすめ製品の提案【結論】

 2回目記事となる今回は、前回紹介できなかった、スティック型の残りの機種を紹介します。

キッチン掃除 ★★★★★
窓・壁の掃除 ★★★★★
フロア床掃除 ★★★★★
準備時間   ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 そのうえで、最後の「結論」として、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

2-1・スティック式クリーナーの比較

 202002191737.jpg

  というわけで、フローリングなどの床掃除に特化したスティックタイプのスチームクリーナーを紹介します。

---

 以下では、いつものように、高評価する部分は赤色、イマイチな点は水色で表記していきます。


  202012101739.jpg

 29・Light'n'Easy SteamGo S5 LE-ST-05
   ¥9,820 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:改良ボイラー式
吐水圧力:不明
準備時間:20秒
最大運転時間:12-17分
本体重量:1.8kg

 スチームモップ E-ST-05 は、中国香港のLight’n’Easyが販売するスチームクリーナーです。

 日本では、ダイレクト販売の他、アンドエレファントが代理店で、デンキヤなどにも供給されます。

 なお、同社の「イギリス生まれ」というキャッチフレーズは、香港の成り立ちに由来すると思われます。

 202111081357.jpg 

 スチーム方式は、こちらは「改良型ボイラー式」です。

 また、表記上、モップ式の場合、同社の第5世代G5ボイラーのパワーで、ボイラーでは140度前後の高温が出せると言うことです。実質的に吐水圧力は、約3.5気圧あたりしょう。

 この部分で他社のスティック式を凌ぎます。

 202012101749.jpg

 準備時間も、20秒です。

 ボイラー式でもこのタイプは速いです。

 最大運転時間も、450mLタンクを装備し、最大で30分です。

 つまり、本機の場合、ボイラー式で20秒で準備でき、吐出圧力は3.5気圧、ボイラー内は140度で、運転時間は30分です。

 ただ、ケルヒャー機でも書きましたが「改良型ボイラー式」は、吐出するスチーム量はその分少なめになるので、完全に(普通の)ボイラー式を凌ぐわけでもないでしょう。

 本体の重さは、ただ、重心が高い設計ですので、1.8kgと軽量です。

 ホース部込みでも2kg前後なので、軽く使えるでしょう。

 付属ホースは、とくにありません。


202012101748.jpg

 アタッチメントは、マイクロファイバー製のモップが付属です。

---

 以上、Light'n'EasyE-ST-05の紹介でした。

 あまり汚れていないような場所での日常利用ならば、「改良型ボイラー式」でも良いかと思います。

 ただ、ケルヒャーが、モップ式では(あえて)パネル式を採用している点を含めて、このタイプにボイラー式がふさわしいかは、微妙な部分はあります。

ーーー

  201911201203.jpg

 30・Light'n'Easy SteamGo LE-ST-03
   ¥7,980 楽天市場 (11/8執筆時)

 31・SteamGo by Light’n’Easy S3101
   ¥8,620 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

 なお、本機の旧機種となるのが以上の2機です。

 こちらについても、ボイラーのパワーは同じですが、仕組み的に、モップなしで利用する方式なので、ムラは出やすいでしょう。


   202009041656.jpg

 32・Shark 2-IN-1 プロ スチームモップ S3974J
  ¥12,524 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:
吐出圧力:
準備時間:30秒
最大運転時間:
本体重量: 4.1kg

 2-IN-1プロスチームモップは、米国のシャークが販売するスチームモップです。

 アメリカでは有名な掃除機メーカーですが、近年日本に進出しています。

 202009041636.jpg

 本機の特長は、モップ面の広さです。

 他社に比べても広めのかけ面です。

 202009041640.jpg

 また、手を使わずヘッドをひっくり返し、高温スチームを直接噴射する仕組みや、手を使わずパッドを外せる仕組みなど、ユニークで面白い発想な製品です。

 スチーム方式は、非公開です。

 カタログには、「100度を超える」との表記があります。

 ただ、一般的な意味でのボイラー式ではありません。ただし、発生量は3段階で調整できます。

 準備時間は、30秒です。

 202009041631.jpg

 最大運転時間は、情報がないです。

 ただ、380mLサイズのタンクと大きめなので、この部分の不備はないでしょう。

 本体の重さは、4.1kgです。

 広めのかけ面ほか、面白いギミックが満載なので、この部分は犠牲になります。

 その部分で「プロ用」と製品名に入っているのでしょう。

 ただ、重心が低いので、掃除し疲れるということはないでしょう。

 202009041643.jpg

 ホースは、本機も長めのロングホースです。

 アイリスオーヤマ同様に2in1式で、外した際に付けるハンディモップ形状のポケットツールも付属です。

 202009041646.jpg

 アタッチメントは、ポケットツールほか、衣類のシワトリやカーテンの手入れができるスチーマーが付属です。

 アイデアとして面白いです。床用のパッドは2組付属です。

 202009041706.jpg

 【622356226325

 ・スチームモップパッド S3974J/S5013J専用
  ¥1,650 楽天市場 (11/8執筆時)

 なお、本機の交換用のパッドは洗えますが、買い直す場合は、正規品は以上の製品です。米国でのシェアが多いこともあり、互換製品はAmazonでは一杯あります。

---

 以上、シャーク2-IN-1プロスチームモップの紹介でした。

 2WAY式としてアイリスオーヤマの上位機のライバルでしょう。

 どちらを選ぶかは難しいところですが、本機は「アメリカ仕様」というか、割と広い空間を手早くざっくり掃除するのにはかなり向きそうです。

 ものが多く、和室もあるような空間はあまり向かないでしょうが、広いご自宅用で、重さをあまり気にしない方ならば、本機は良いと思います。

 日本でも確実にニーズはありそうです。

ーーー

 202009041653.jpg

 33・Shark GENIUS スチームモップ S5013J
  ¥13,682 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:
吐出圧力:
準備時間:30秒
最大運転時間:
本体重量: 3.5kg

 なお、シャークからは兄弟機が2つ発売されています。

  202009041658.jpg

 第1に、GENIUS スチームモップ S5013Jは、2in1式をやめて、床専用にしたタイプです。

 そのかわり、上図のようなすみ掃除に便利な三角ヘッドが付属します。

 便利な仕組みパワーは先ほどの製品と同等です。

 一方、軽量とはいえないですが、機構が変わった関係で3.5kgまで減っています。

 202009041706.jpg

 【622356226325

 ・スチームモップパッド S3974J/S5013J専用
  ¥1,650 楽天市場 (11/8執筆時)

 アクセサリーは、一方、本機は通常パッドは1枚のみです。

 もう1枚は、三角ヘッドに利用するブラシ付き三角ヘッドになります。

---

 結論的にいえば、床掃除にだけ利用するならば、本機を選んだ方が良いでしょう。

ーーーー

  202009041712.jpg

 34・Shark スチームモップ S1000J
  ¥13,682 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:
吐出圧力:
準備時間:30秒
最大運転時間:
本体重量: 1.7kg

 第2に、スチームモップ S1000J は、軽量タイプです。

 ただ、本機については、かけ面の大きさが狭いほか、スチーム量の調整ができない仕様です。

 その分軽いのですが、パワーも弱いので、あえて選ぶ必要はなさそうです。

ーーーー

  201905041604.jpg

 35・ブラックアンドデッカー FSM1215W
  ¥12,091 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:パネル式
吐水圧力:1気圧
準備時間:30秒
最大運転時間:
本体重量: 2.2kg

 そのほか、100度 1気圧までの「パネル式」のスティックタイプが、米国のブラックアンドデッカーから発売中です。

 201902011540.jpg

 本機の特長は、フロアヘッドが180度稼働するため、隙間に強い点です。

 ただ、たのパネル式との相違点はその程度です。

今回の結論
家庭用スチームクリーナーのおすすめは結論的にこの機種!

  というわけで、今回は、家庭用のスチームクリーナーを13機種紹介しました。

 最後に、いつものように、目的別のAtlasのオススメ機種!について書いておきます。


 第1に、主にキッチンで利用し、レンジの庫内やレンジフード油汚れ対策として購入を考えている場合は、

 202009041804.jpg

 【2020年発売】

 2・アイリスオーヤマ STM-304KC
  ¥4,984 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:ボイラー式
吐出圧力:3気圧
準備時間:5分
最大運転時間:12分
本体重量:2kg

1・キッチン掃除 ★★★★★★
2・窓・壁の掃除 ★★★☆☆
3・フロア床掃除 ★★★☆☆
4・準備時間   ★★★☆☆
5・総合評価   ★★★★☆

 アイリスオーヤマ社のSTM-304W でしょう。 

 202111081357.jpg

 「ボイラー式」で3気圧がかけられるパワーがあるため、ガンコなこびり付き汚れの対応力が高い点を評価しました。

  202009041814.jpg

 また、こちらのホースは長いので、本体を置きっぱなしで利用できる点で利便性が高いです。

 202009041813.jpg

 アタッチメントも、コンロの焦げ付きや電子レンジ掃除に便利なパーツも付きますし、構造的にもキッチン以外の高い場所の掃除にも対応でき、その点でも便利でしょう。


 第2に、キッチン中心の利用で、とくにガステーブル周りのふき掃除に特化しておすすめできるのは、

  201905041601.jpg

 【2017年】(型番:FSH10SM)

 11・ブラック&デッカー スチームミット
  ¥7,062 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:パネル式
吐水圧力:1気圧
準備時間:15秒
最大運転時間:
本体重量:

1・キッチン掃除 ★★★★★★
2・窓・壁の掃除 ★★★★☆
3・フロア床掃除 ☆☆☆☆☆
4・準備時間   ★★★★★
5・総合評価   ★★★★★

 ブラック&デッカーSteaMittでしょう。

 201810191145.jpg

 他の機種と異なり「拭き取る」ことに特化した機種ですが、ミット形状を採用することで「さっさと高速にふける」ので、特にキッチン周りでは、拭き掃除が短時間で終わります。

 専門特化した製品で価格も高いですが、油汚れの拭き掃除にはワンランク上の利便性を持つと思います。

 2017年からのロングセラーですが、予算と目的が合えば、とてもおすすめと言えます。

  201905041602.jpg

 マイクロファイバーパッド2枚 FSHSMPA
  ¥1,100 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

 また、キッチンのほか、窓掃除にも便利に利用できるでしょう。パッドは最初から2枚付属するので、使い分けられます。また、あとからでも購入できます。


 第3に、キッチンのほか、窓掃除や床掃除にも利用したいと考えている方は、

 201905041559.jpg
 7・アイリスオーヤマ ホワイト STP-102

  ¥9,480 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:パネル式
吐水圧力:1気圧
準備時間:30秒
最大運転時間:10分
本体重量:1.6kg

1・キッチン掃除 ★★★★★
2・窓・壁の掃除 ★★★★☆
3・フロア床掃除 ★★★☆☆
4・準備時間   ★★★★★
5・総合評価   ★★★★☆

 キッチンを中心にしつつ、窓・壁・床などもカバーするならば、アイリスオーヤマのSTP-102(62-9032-62) がよいでしょう。

  201806211410.jpg

 キッチンに「強い」のはもちろん、その上で、窓掃除用に充実したパーツが付属する点を評価しました。 

 201611301404.jpg

 付属のフレキシブルホースがやや短いのが難点ではありますが、フローリング掃除(まで対応できる汎用性は高い魅力です。

 パワーの面では、最大100度のパネル式のため、スチーム安定度は「ボイラー式」のが上とは言え、30秒と準備時間が短いのは魅力です。

 窓や天井などの高所を含めて、家中便利に掃除ができて、1万円を切る価格は「お買得」だと思います。


 第4に、フローリングの除菌に主に使う場合におすすめといえる機種は、

  202111081447.jpg

 【1.513-349.0】

 27・ケルヒャー SC Upright
  ¥18,556 楽天市場 (11/8執筆時)

 【1.513-361.0】

 28・ケルヒャー SC Upright プレミアム
  ¥20,680 楽天市場 (11/8執筆時)

方式:パネル式
吐水圧力:1気圧
準備時間:40秒
最大運転時間:10分
本体重量: 2.9kg

1・キッチン掃除 ★★★★★
2・窓・壁の掃除 ★★★★★
3・フロア床掃除 ★★★★★
4・準備時間   ★★★★☆
5・総合評価   ★★★★★

 ドイツのケルヒャーのケルヒャー SC Upright がおすすめです。

 202111081357.jpg

 本機については、パネル式です。

 ただ、床掃除については、ボイラー式である必要性はあまりないので、これで良いかと思います。

 2段階でかかりが調整できますし、値段相応に作りは良いです。

 202111081427.jpg  

 給水しての連続使用も簡単ですし、スキマ対応もわりと考えられています。

  202111081425.jpg

 マイクロファイバークロス2枚組
   ¥1,481 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

 なお、 SC Upright プレミアムは、マイクロファイバークロスが2枚よけいに付属です。

 1500円程の価値なので、比べて考えれば良いかと思います。

 カーペットスライダー 2.863-298.0
   ¥1,671 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

 一方、カーペット掃除に対応するためのスライダーは別売です。

ーーー

  201905041603.jpg

 23・アイリスオーヤマ スティック式 STP-201
  ¥6,766 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:パネル式
吐水圧力:1気圧
準備時間:30秒
最大運転時間:10分
本体重量: 2.4kg

1・キッチン掃除 ★☆☆☆☆
2・窓・壁の掃除 ★★☆☆☆
3・フロア床掃除 ★★★★★
4・準備時間   ★★★★★
5・総合評価   ★★★★☆

 一方、少し安めで考える場合は、アイリスオーヤマのSTP-201が良いでしょう。

 201806211432.jpg

 他機種もスチームのパワーは調整できますが、本機は、明示的に畳対応を表明しているのはアイリスオーヤマのみです。

 アイリスオーヤマ3気圧のキャニスター式も対応しますが、準備時間の部分を考えると、家庭向けとしては、パネル式のこちらで良いでしょう。

 価格も安いですし、キッチンに利用できるフレキシブルホースも付属するため、ある程度の汎用性も期待できます。


 第5に、比較的広い場所での利用で、汚れたフローリングの床を強力に掃除したい方は、

  202111081440.jpg

 【2019年】

 16・ケルヒャー SC 2 EASYFIX 1.512-059.0
  ¥16,142 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

 17・SC 2 EASYFIX プレミアム1.512-093.0
  ¥18,800 Amazon.co.jp (11/8執筆時)

方式:強力ボイラー式
吐水圧力:3.2気圧
準備時間:6分
最大運転時間:30
本体重量:2.9kg

1・キッチン掃除 ★★★★★
2・窓・壁の掃除 ★★★★★
3・フロア床掃除 ★★★★★★
4・準備時間   ★★★☆☆
5・総合評価   ★★★★★

 ケルヒャーのSC2でしょう。

 202111081357.jpg

 6分とやや準備期間はかかりますが、強力ボイラー式を採用し、かけられる気圧は、3..2気圧と高性能です。

 玄関の床タイル(石)など明らかに酷い汚れが想定できる場所についても完璧に掃除をしたいのならば、こちらの機種が良いと思います。

 一方、上位機としてSC3もありますが、先述のようにパワーとその持続性の部分で疑問点があるため、長年の実績があるこちらを推します。

 201806211512.jpg

 ロングホースも付属なので、床以外の掃除もかなり広範囲にこなせます。

 キャニスター式は本体が床におけるので、操作時に軽量である点も、嬉しい部分です。まさに「掃除の達人」向き製品といえます。

補足1・スチームクリーナーのレンタル

 最後におまけで、スチームクリーナーのレンタルについて紹介します。


 202005311330.jpg

 【2日間〜30日間】

 ・ケルヒャー スチームクリーナー【各種】
  ¥4,240〜 DMMレンタル 

 とりあえず、「大掃除に1回つかうだけ」という方や「本当に使うか、試してから買いたい」というかたは、レンタルしてしまうのも手かもしれません。

 業界最大手のドイツの「ケルヒャー」のものが試せます。

 なお、往復送料は合計1400円で、レンタル会社に先払いという形です。

補足2・このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回の「家電批評モノマニア」は、スチームクリーナーの紹介でした。

 なお、このブログ「モノマニア」には、「大掃除」関連記事として以下のものがあります。

  201808151233.jpg

1・掃除機の比較
2・スティック掃除機の比較
3・高圧洗浄機の比較
4・スチームクリーナーの比較

 これらの記事もよろしくお願いします。

 また、最後になりますが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 15:11 | 掃除機・掃除用品

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png