Top PC用液晶モニター 比較2022'【目に優しい】小型PCモニター40機のおすすめ・選び方:21.5インチ 20.7インチ(2)

2022年07月16日

比較2022'【目に優しい】小型PCモニター40機のおすすめ・選び方:21.5インチ 20.7インチ(2)

【今回レビューする内容】2022年 目が疲れない小型ワイドディスプレイのおすすめ:21.5インチ 22.5インチ 23.0インチ

【比較する製品型番】ASUS VZ229HE-J VA229HR VP229HE VC239H-J VZ239HR Acer AlphaLine B227Qbmiprzx KA222QAbmiix KA220HQbid SA220QAbmi
PHILIPS 221V8L/11 221E9/11 223V7QJAB/11 223V7QJAW/11 BenQ GW2283 GW2280 HP 22fw HP 22f HP M22f FHD グリーンハウス GH-LCW22LH-BK GH-LCW22P-BK JAPANNEXT JN-V2150FHD-C65W JN-V2150FHD-C65W JN-V215DF-C65W JN-V2150FHD JN-V215DF 富士通 VTF22011BT

今回のお題
目に優しい小型液晶モニターのおすすめはどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、2022年7月現在、最新の小型液晶ディスプレイの比較の2回目記事です。

 202108101112.jpg

1・小型液晶モニターの比較 (1)
 1-1:イイヤマ〈日本〉
 1-2:LG〈韓国〉
 1-3:EIZO〈日本〉
 1-4:DELL〈米国〉
 1-5:アイオーデータ〈日本〉
2・小型液晶モニターの比較 (2)
 2-1:ASUS〈台湾〉
 2-2:ACER〈台湾〉
 2-3:フィリップス〈欧州〉
 2-4:BenQ〈台湾〉  
 2-5:HP〈米国〉
 2-6:その他〈各社〉  
 2-7:最終的なおすすめ機種の提案

 前回の1回目記事で見れなかった、各社のディスプレイを追加でみていきます。

 scrogeen-capture-2.png

 ただ「小型液晶ディスプレイの選び方の基本」は、1回目記事の冒頭で書きました。

 検索エンジン経由でいらした方で、お時間があれば、1回目記事こちら)からお読みいただければ分かりやすいかと思います。

 よろしくお願いします。

ーー

液晶パネルの品質 ★★★★★
スタンドの性能  ★★★★★
動画ゲーム対応  ★★★★★
品質保証     ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 以下では、各社のモニターを一機ずつ比較していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表のような観点から、「Atlasのオススメ機種」を提案していきます。

2-1・ASUSのモニターの比較

 202108071443.jpg

 はじめに、台湾エイスースのモニターです。

 日本では、ゲーミング全般に強い印象のあるメーカーです。

ーー

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 202108072057.jpg

 【2021年発売】【21.5インチ】

 16・ASUS VA229HR
  ¥18,990 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 16・ASUS VP229HV
  ¥19,600 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 【スピーカーなし】

 17・ASUS VP229HE
  ¥17,319 楽天市場 (7/16執筆時)

 【スピーカーなし・VESAなし】

 18・ASUS VZ229HE-J
  ¥19,033 楽天市場 (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:
HDMI D-SUB
スタンド:チルト
VESA:100mm
スピーカー:
保証期間:3年

 VA229HRは、ASUSの21.5インチの液晶モニターです。

 また、兄弟機となる複数の製品があります。

 VP229HVは、応答速度がMPRTというゲーム用の数値表記になります。

 ただ、その部分を含めてパネル性能はVA229HRと同じです。

 それ以外の製品は、スピーカーの有無VESAマウントの有無が主な違いです。

 あとは、VZ229HE-Jのみ付属ケーブルがHDMIではなく、D-Subになるだけの違いだけですので、同時にみていきます。

 202204131039.jpg

 液晶パネルは、視野角が広く、品質も良いノングレアのIPS液晶です。

  202108071501.jpg

 フレームも流行の3辺ベゼルレスですし、質は良いです。

 応答速度は、オーバードライブ時、5ms(G to G)です。

  202108071502.jpg

 自動画質調整は、「ASUS Splendid」として、8つのモードを搭載です。

 海外メーカーは、この部分がない場合がありますが、本機はあります。

 シアター・ゲームモード・読書などの自動的な画像調整(Splendid映像設定モード)が付属です。

 ゲーミングは、FPSゲームに有利なGamePlusを装備するほか、VP229HE に限ってはFreeSyncに対応します。

 ただ、リフレッシュレートは低いので【ゲーミングモニターの比較記事】で書いたような、同社の専用機とは差があります。

 あくまで、「一般向き」モニターです。

 201908211015.jpg

 画像補正機能は、バックライトのフリッカー対策がなされます。

 チラツキ問題は少ないでしょう。

 「ブルーライト」低減に注目した「ASUS Eye Care技術」も搭載されます。

 ただ、ブルーライトを調整すると色調が変わるため、積極的にはおすすめしかねます。これは、他社機でも同じです。

 202108071511.jpg

 そのほか、「映像美」という方向では、VividPixelテクノロジーとして、画像の輪郭を強調する機能が付属です。

 暗い部分でのコントラスト表現を高めるASCRテクノロジーを含めて、他社の上位技術に匹敵する水準で搭載となっています。

 モニタースタンドは、チルト角度しか調整できないので、貧弱です。

 接続端子は、HDMI・D-SUB(アナログ端子)1つずつです。

 ケーブルは、スピーカー付きモデルはHDMIが、そうでないものはD-subケーブルです。

 おそらく、サイネージなどの業務用を想定しているのかもしれません。

 スピーカーは、先述のように、有無が選べます。

 保証期間は、3年です。

---

 以上、ASUSの21.5インチ製品の紹介でした。

 純正のIPS液晶を搭載する部分が魅力です。

 一方、スタンドについては、安い方(スピーカー付)については、VESA非対応で、あとから、スタンドを替えられない点がネックでしょう。

 画像補正が、やや良い印象ですので、「目に優しい」という部分を考慮に入れなければ、「おすすめ」にしたと思います。

ーーー

 202108072125.jpg

 【2021年発売】

 【23.0インチ】

 【VESA付属】

 19・ASUS VC239H-J
  ¥17,963 楽天市場 (7/16執筆時)

VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1.5w×2)
接続端子:HDMI D-SUB DVI

 【VESAなし IPS】

 20・ASUS VZ239HR
  ¥19,840 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

VESA:
スピーカー:内蔵(1.5w×2)
接続端子:HDMI D-SUB

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
USB給電:

スタンド:チルト
保証期間:3年

 なお、本機には、「1サイズ上」の23.0型もラインナップされます。

 202108071912.jpg

 この場合、上下に2-3cmほど拡がるだけなので、60cmも目から距離が取れるならば、このサイズでもOKでしょう。

 一方、機能面は、21.5型とほぼ同じです。

 ケーブルは、前者がDVIケーブル、後者がD-SUBケーブルのみで、いずれもHDMIケーブルが未付属です。

 気をつけるべきポイントは、VZ239HRについては、VESA対応とDVI端子がない点です。

 HDMIでシンプルにつなげるだけなら相当安いので良いでしょうが、「目に優しい」という部分では、やはり、低性能なスタンドがネックです。

2-2・ACERのモニターの比較

 202108071550.jpg  

 続いて、台湾のエイサーです。

 ASUS同様に、日本では、ゲーミングモニターに強い印象のあるメーカーです。


 202108072143.jpg

 【2018年】【21.5型 IPS】

 21・Acer AlphaLine B227Qbmiprzx
  ¥23,980 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 【2018年】【21.5型 VA】

 22・Acer AlphaLine KA222QAbmiix
  ¥17,746 楽天市場 (7/16執筆時)

 【2015年】【21.5型 TN】

 23・Acer AlphaLine KA220HQbid
  ¥12,862 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 【特定店向けモデル】【21.5型 IPS】

 24・Acer AlphaLine SA220QAbmi
  ¥15,732 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:4ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子: D-SUB HDMI DP
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:内蔵 (2W×2)
保証期間:1年(本体は3年)

 SA220Abmi は、台湾のAcerが出している21.5インチモニターです。

 202204131039.jpg

 なお、このラインには、VA液晶TN液晶の姉妹モデルもあります。しかし、先述のように、「目への優しさ」という今回の観点からは、あまりオススメできません。

 両モデルとも、スタンドも、チルト角度の調整しかできないため、実際的にはIPSモデルの下位機でしょう。

 一方、特定店向けに売られる SA220QAbmiは、通常版と同じくIPS液晶採用です。

 接続端子からDisplayPortを省くほか、ケーブルもD-subのみになります。その上で、やはスタンドがチルト角度のみ調整となります。VESAマウントもこちらは非対応で、スタンド交換できないので、ややオススメしにくいです。

 202007011235.jpg

 液晶パネルは、非光沢のIPSパネルとの表記です。

 3辺ベゼルレスで、ノングレア仕様と、この部分は他社機と同じです。

 応答速度は、オーバードライブ時、4ms(GTG)です。

 202007011239.jpg

 画像補正機能は、ただし、値段相応に最低限です。

 一応、フリーカーレス機能と、ブルーライトカットは持ちますが、その程度です。

 自動調整も特段強調できるものはないです。

 202108072153.jpg

 モニタースタンドは、しかし、上下左右高さ回転ができる「パーフェクトスタンド」です。

 他社平均よりやや可動範囲が狭めですが、問題ないレベルです。

 ただ、VESAマウントは非対応です。

 202203011450.jpg

 接続端子は、HDMID-Sub・Display Portを備えます。

 なお、本機は、USBハブ機能(USB-A)を備えます。

 速度はUSB3.0なので、SSDの高速ストレージを除けば規格的に問題なく使えます。

 ケーブルは、HDMIケーブルを除き、付属です。

 スピーカーは、2Wの貧弱なものですが、付属します。

 保証期間は、3年です。

 ただ、Acerは、バックライトとパネルという重要な部分の保証が1年です。

 この部分はマイナスです。

---

 以上、ACerSA220Abmi の紹介でした。

 画像補正部分はシンプルですが、IPS液晶搭載機で、スタンド性能が良いので、目には優しいといえます。

 値段も安いので、結構良い選択肢に思えます。保証部分だけは、もう一息ではあります。

2-3・フィリップスのモニターの比較

 202108071635.jpg

 続いて、オランダのフィリップスです。

 世界的な総合家電メーカーですが、わりとビジネス用のモニターに強いと言えます。


 202204121135.jpg

 【2019年】 【21.5インチ】

 25・PHILIPS 221E9/11
  ¥15,980 Amazon.co.jp (7/16執筆時) 

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:D-SUB HDMI×2  
スタンド:チルト
VESA:75mm
スピーカー:なし
保証期間:5年

 226E9QDSB/11は、オランダの家電メーカーのフィリップスの製品です。

 こちらには姉妹機として226E9QDSB/11という製品もありましたが、現在は終売です。

 液晶パネルは、非光沢のIPSパネルを採用します。

 応答速度は、オーバードライブ時、5ms(GTG)です。

 201908211419.jpg

 自動画質調整は、同社のSmartImageを搭載です。

 一方、本機はSmartImage ゲームモードを搭載し、ゲームにより特化した構成にしています。

 AMD FreeSyncにも対応ですが、リフレッシュレート的に、本格的なゲーム用ではないです。

 201908211246.jpg

 画像補正機能は、一方、LEDバックライトのチラツキを防止するフリッカー対策と、ブルーライト軽減機能は持ちます。

 自動画質調整を含め、細かい調整機能はとくになく、価格なりの製品です。

 一応、AMD FreeSyncには対応です。

 モニタースタンドは、本機は、チルトのみと貧弱です。

 ただし、「VESA規格に対応」するため、モニターアームだけ後から良いものに取り替えることは可能です。

 接続端子は、HDMI・ DVI・D-subという構成です。

 ケーブルは、HDMIケーブルとアナログケーブルが付属します。

---

 以上、フィリップスの226E9QDSB/11の紹介でした。

 5年の長期保証とIPSパネルが注目点です。

 画像調整もそれなりに良いと思いますが、やはりスタンドがネックです。

ーーー

 202108072220.jpg

 【23.8インチ】

 【2020年】〈IPS〉

 26・フィリップス 223V7QJAB/11
 27・フィリップス 223V7QJAW/11
  ¥18,899 楽天市場 (7/16執筆時)

接続端子: D-SUB HDMI DVI
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1

 【21.5インチ】

 【2021年】〈VA〉

 28・フィリップス221V8L/11
  ¥18,480 楽天市場 (7/16執筆時)

接続端子: D-SUB HDMI
液晶方式:VA ノングレア
コントラスト比:3000:1

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:4ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子: D-SUB HDMI DP
スタンド:チルト
VESA:100mm  
スピーカー
保証期間:5年

 なお、本機については、特定量販店限定で台座形状の異なるモデルが販売されます。

 ただし、241V8/11については、21.5インチで、液晶がIPSでなくVAです。

 202108072237.jpg

 一方、IPS液晶採用モデルは、先ほどの機種と同じ23.8インチですし、スペックもほぼ同じです。

 あえて言えば、画質調整の部分で、ゲーム部分を簡略化し、シンプルに、オフィス、写真、映画、ゲームモードの搭載としています。

 先ほど機種も、本格的なゲーム用ではないですし、基本的には、値段で決めてOKです。

2-4・ベンキューのモニターの比較

 202108071626.jpg

 最後に、台湾のベンキューのモニターです。


 202007011626.jpg

 【2018年】 【21.5インチ】

 29・BenQ GW2283
   ¥18,980 楽天市場 (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI×2 D-Sub
スタンド:チルト
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間: 1年(本体は3年)

 GW2283は、BenQの21.5インチのモニターです。。

 201811210901.jpg

 液晶パネルは、IPSパネルを採用します。

 応答速度は、4msです。

 202007011330.jpg

 自動画質調整は、特段の名前はないですが、ゲーム・動画・写真などのモードはあります。

 画質調整機能は、特長があります。

 BenQフリッカーフリー・ブルーライト軽減などの基本は当然抑えます。

 その上で、このモデルは、EIZO機のように環境光センサー(明るさセンサー)を搭載し、室内の明るさに応じた輝度調整に対応します。

 適切な輝度でモニターを見ることは「目の疲れにくさ」にとって重要なので、「かなり良い製品」と言えます。

201811210906.jpg

 加えて、こちらは、「ブライトネスインテリジェンス(B.I.)テクノロジー」を搭載し、バックライト制御により、輝度の暗い部分を底上げできます。

 BenQは、より上位の機種でもHDRに速くから対応するなど、輝度コントロールに力を入れています。そのため、画質調整は期待して良い会社です。

 モニタースタンドは、しかし、チルトのみで調整力はないです。

 角度調整は上方向に20度とそれなりですが、優れるとも言えません。

 接続端子は、HDMIが2つD-SUB(アナログ端子)1つです。

 このあたりは各社共通ですね。

 スピーカーは、内蔵です。

 保証期間は、本体3年、パネル1年です。

 Acerと同じで、多少不利です。

---

 以上、BenQGW2283の紹介でした。

 バックライト連動の輝度調整という明確な「売り」がある機種です。

 その点で、特に動画の再生にはパワーを発揮するでしょう。ただ、モニタースタンドはシンプルな機種ですから、アームの交換などは視野に入れるべき製品です。

ーーー

 202003301508.jpg

 【2018年】 【VA液晶】

 30・BenQ GW2280
   ¥19,091 楽天市場 (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:VA ノングレア
コントラスト比:3000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI×2 D-Sub
スタンド:チルト
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間: 1年(本体は3年)

 なお、ほぼ同額で、ベンキューから GW2280という製品が発売予定です。

 ただ、こちらはIPS液晶を不採用で、VA液晶を採用するモデルとなる点、注意しましょう。

2-5・HPのモニターの比較

 202108072242.jpg

 最後に、米国のHPーのモニターです。


 202207161139.jpg

 【2021年】

 【21.5インチ】2E2Y3AA-AAAA

  31・HP M22f FHD
  ¥14,600 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:300cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI D-SUB
スタンド:チルト
VESA:100mm
スピーカー:
保証期間:3年

  HP M22f FHDは、アメリカのヒューレットパッカード(HP)が販売する、21.5型のモニターです。

 202104241132.jpg

 液晶パネルは、ノングレアのIPS液晶です。

 応答速度は、本機は、オーバードライブ時で5msです。

 画像補正機能は、特に高機能ではないです。

 しっかり、フリッカー対策はありますが、画像の自動調整機能の部分は多少弱く、シーンに応じた調整機能を持たない仕様です。

 基本的に「PC側の調整に任せる」という機種です。米国系はこの方式が多いです。

 モニタースタンドは、角度(上下チルト)のみしか変更できないスタンドです。

 接続端子は、 HDM・D-SUBが1系統ずつです。

 ケーブルは、HDMIケーブルが付属します。

 スピーカーは付属しない製品です。

 保証期間は、3年です。 

---

 以上、HPの M22f FHDの紹介でした。

 画像調整とスタンド調整力が「」な代わりに、大手メーカー製として「安い」のが売りです。

 ただ、外観は、下部以外フチのない3辺ベゼルレスで格好良い上で、IPS液晶採用なので、価格にしては「悪くない」と思える製品ではあります。

ーーーー

 202204121141.jpg

 【2022年】

 【21.5インチ】7UZ36AA-AAAR

  32・HP 21.5インチ P22h
  ¥22,480 楽天市場 (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI D-SUB DP
スタンド:上下高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:
保証期間:3年

 なお、HPからは、2022年に上位機といえるP22hが出ました。

 202204121147.jpg

 比較すると本機は、稼働性のよいスタンドです。

 稼働範囲は、上チルト23度、下チルト5度、高さ100mの範囲と90度の回転です。

 左右(スイーベル)はできない点と、高さ調整の幅がやや狭い部分はあるのですが、小型モニタなら十分でしょう。

 保証も、3年です。端子構成もDPがあるこちらの方が良さそうです。

 ただ、先ほどの機種と比べると、輝度が250カランと落ちます。

 そうなると、性能の良いスタンドを持つ他社機と横並びですし、調整面でさほど個性もないため、抜き出て目立つ機種でもないかと思います。

2-6・その他のモニターの比較

 最後に、ここまで見た以外のメーカーの製品を「ざっくり」みておきます。


 202204121231.jpg

 【Amazon限定】(USB-PD非対応)

  33・JAPANNEXT JN-V2150FHD-C65W
  ¥19,980 Amazon.co.jp (7/16執筆時) 

 【USB-C PD対応】

  34・JAPANNEXT JN-V2150FHD-C65W
  ¥19,980 楽天市場 (7/16執筆時)

  35・JAPANNEXT JN-V215DF-C65W
  ¥17,480 楽天市場 (7/16執筆時)

 【USB-C PD非対応】

  36・JAPANNEXT JN-V2150FHD
  ¥17,480 Amazon.co.jp (7/16執筆時) 

  37・JAPANNEXT JN-V215DF
  ¥13,980 楽天市場 (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:VA ノングレア
コントラスト比:3000:1
応答速度:3ms (GTG)
HDR:
USB給電:65W(一部)
接続端子:下で説明
スタンド:チルト
VESA:75mm
スピーカー:2W×2
保証期間:1年

 N-V2150FHD-C65W などは、ジャパンネクストが販売する液晶モニターです。

 同社は近年目立つようになってきた、格安モニターを得意とする日本のファブレス企業です。

 202204121237.jpg

 複数機種があります。

 基本的に、USB-C PD給電(65W)に対応するかどうかの違いで、あとは、販路の違いと考えてOKです。

 とはいえ、USB給電に対応する機種はDELLも出しますが珍しいです。

 ノートPCがUSB-C PD対応で、ノートPCへの給電を考えていた方には、候補となるかもしれません。

 202204131039.jpg 

 液晶パネルは、ただ、本機はVA液晶です。

 繰り返し書いているように、仕事には向きません。

 応答速度は、オーバードライブ時で3msです。

 画像補正機能は、特に高機能ではないです。

 フリッカー対策はあります。

 モニタースタンドは、シンプルなチルトだけ対応です。

 接続端子は、USB-PD充電ができるものは、HDMI・USB-Cという構成です。

 そうでないものは、USB-C端子の代わりに、アナログのS-SUB(VGA)があるという構成です。

 いずれもモニターの裏側に端子があります。

 ケーブルは、HDMIケーブルが付属です。

 USB-Cモデルはそちらのケーブルも付きます。

 スピーカーは、2Wのステレオです。

 保証期間は、1年です。 

---

 以上、ジャパンネクストの N-V2150FHD-C65W などの紹介でした。

 USB-C PD対応モデルは、液晶の性質上仕事向けには向かないです。

 その点で言えば、基本的には、ノートPCを普段利用している方が、自宅で映像やゲーム用につないで使うような使い方をする場合、格安機の中では候補の1つになるでしょう。


 202201191230.jpg

 【21.5インチ】

  38・グリーンハウス GH-LCW22LH-BK
  ¥20,999 楽天市場 (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:FSA ノングレア
コントラスト比:3000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI D-SUB DP
スタンド:チルト・高さ・回転
VESA:100mm
スピーカー:2W×2
保証期間:5年

  GH-LCW22LHは、グリーンハウスが販売する液晶モニターです。

 202204131039.jpg

 液晶パネルは、ノングレアのFSA液晶です。

 FSAパネルは、VA系の「ジェネリック」と言えます。性質はVAとみて良いです。

 ただ、商標などの関係でVAを名乗れないのとなり、信頼性の部分ではやや劣るといえます。

 応答速度は、本機は、オーバードライブ時で5msです。

 一方、未使用時に7msというスペックが出ていますが、VAにしては速いため、何らかの革新がある可能性はあります。

 画像補正機能は、特に高機能ではないです。

 フリッカー対策はあります。


202201191304.jpg

 モニタースタンドは、左右の角度調整以外は柔軟に動きます。

 小型機ですし、問題ないでしょう。

 接続端子は、 HDM・D-SUB・Display Portが1系統ずつです。

 ケーブルは、全ての種類が付属します。長さは1.5mです。

 スピーカーは、2Wのステレオです。

 保証期間は、5年です。

 長めです。 

---

 以上、グリーンハウスのGH-LCW22LHの紹介でした。

 格安品では、スタンドが豪華な製品です。一方、パネルについてば、ジェネリックの部分はおいておいても、VA系なので、テレワークを含めた書類仕事には向きません。

 用途としては、(ライトな)ゲームや動画鑑賞などに向くと言えます。

ーーー

 202204121308.jpg

 【21.5インチ】

  39・グリーンハウス GH-LCW22P-BK
  ¥29,960 楽天市場 (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:FSA ノングレア
コントラスト比:3000:1
応答速度:7ms (GTG)
HDR:
USB給電:65W
接続端子:HDMI USB-C
スタンド:チルト
VESA:100mm
スピーカー:2.5W×2
保証期間:5年

 なお、グリーンハウスからもUSB-C PD給電(65W)対応の製品がでました。

 202204121306.jpg

 ノートPCとつなげる場合に有利ですが、仕事用にFSA(VA)は向かないので、用途として限られます。

 スタンドも本機は、チルトしか調整できないので、低機能です。

 202204121307.jpg

 また、USBハブ(USB3.0)が2組付きますが、後面で、しかも上下重なる形式の構造なので、使いやすいとも思えません。


 202207162126.jpg

 【2022年】【21.5インチ】

  40・富士通 VTF22011BT
  ¥22,980 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:4ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDM D-SUB DP
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:1.5W×2
保証期間:5年

  VTF22011BT は、富士通の販売する21.5インチモニターです。

 同社の単品モニターは、今年初めて目にしました。

 202207162123.jpg

 パネルは、LGなど多くのメーカーが採用している、250cd/uのIPS液晶です。

 応答速度などの部分も、そういった機種とほぼ変わりません。

 ただ、四辺のベゼルが厚いので、デザインとして洗練されず、「もっさり感」があります。法人が、あまり考えず、納入価格だけで選ぶような印象を受けました。

 202207162117.jpg

 スタンドは、ただ、しっかり上下左右高さ回転と全方向対応です。

 高さの可動幅も15cmと十分なので、「使った際の不満」は少ないように思えます。

 あとは保証期間が5年と長い部分が目に付いたところです。フリッカー対策は本機も採用です。

---

 以上、VTF22011BT の紹介でした。

 「目の優しさ」の部分で最低限欲しい要素(IPS液晶・スタンド・フリッカー対策))は網羅します。

 値段面でも他社機に勝負できていると感じますが、画質補正の部分で主張がないのと、外観が相当「無骨」なので、個人用として「オススメ」できるかと言えばすこし微妙に思えます。

今回の結論
目に優しい小型液晶モニターは、結論的にこれ!

 というわけで、今日は、21.5インチ23.0インチのモニターを「目に優しい」という観点から比較してみました。

----

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種を提案してみます。


 第1に、仕事用のモニターとして「目が疲れない」小型モニターといえるのは、

  202104241139.jpg

 【2020年発売】

 【22.5インチ】

 8・EIZO FlexScan EV2360-BK  
 8・EIZO FlexScan EV2360-WT
  ¥33,666 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

解像度:WUXGA(1920×1200)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:DVI HDMI D-sub
スタンド:上下左右高さ
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:5年

液晶パネルの品質 ★★★★★★
スタンドの性能  ★★★★★
動画ゲーム対応  ★★★★☆
品質保証     ★★★★★★
総合評価     ★★★★★★

 EIZOのEV2360-BKが良いでしょう。

 202108072304.jpg

 本機は、22.5インチWUXGAです。

 書類を少し縦長に出せるので、仕事オンリーで考え場合、フルHDよりむしろ使いやすいです。

 201502111235.jpg

 パネル部分は各社同じですので、割高な機種にも思えます。

 ただ、 「目の優しさ」の部分は、同社独自の工夫も目立ち、値段相応に性能を期待できます。

 特に、低輝度の調光機能に優れているため「眼の優しさ」を重視した場合、最もおすすめと言えます。

202003301531.jpg

 スタンド部分を含めて、細かい調整も得意なので、マニュアルで「自分仕様」にしたい方にも向きます。

 逆に、「おまかせ」でも、自動調整機能が充実するため、あまり詳しくない方にも良いでしょう。

 202007011519.jpg

 検品体制や、ユーザーサポートも充実していますし、5年間の長期保証・6ヶ月の無輝点保証も付きます。

 値段が高めですが、「その価値はある」と言えるため、主に仕事用に小型機を選ぶならば、こちらでしょう。

ーーー

 202207161053.jpg

 【2021発売】【21.5インチ】

 11・Dell P2223HC
   ¥34,685 楽天市場 (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:65W
接続端子:HDMI DP USB-C
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:
保証期間:3年

液晶パネルの品質 ★★★★★
スタンドの性能  ★★★★★
動画ゲーム対応  ★★★★☆
品質保証     ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 一方、主にテレワーク用としてノートPCの接続を考えている場合は、利便性の部分でDell P2223HCも候補です。

 202207161205.jpg  

 65W給電対応のUSB-C端子を搭載するので、ノートPCの接続に便利だからです。

 ディスプレイ側にUSB3.0ながら、4ポートのUSBハブがある部分も便利と言えます。

 モニター性能も、「目への優しさ」の部分で、特に低輝度調光の部分でEIZOほどの作り込みはないとはいえ、IPSで、フルスペックのモニタースタンドであり、及第点です。

 202007011739.jpg

 パネルの、「常時消灯(輝点)の交換保証」もありますし、この部分でも候補となるでしょう。


 第3に、動画視聴やゲームを主軸において、目に優しいモニターを選ぶ場合は、 

 202104241036.jpg

 【2020年】【21.5インチ】

 【通常型番】

 7・LG Electronics 22MN430H-B
  ¥15,180 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 【特定販売店向け】

 7・LG Electronics 22MN430M-BAJP
  ¥16,672 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:
HDMI D-SUB
スタンド:チルト
VESA:75mm
スピーカー:なし
保証期間:3年

液晶パネルの品質 ★★★★★
スタンドの性能  ★★★☆☆
動画ゲーム対応  ★★★★★
品質保証     ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 22MN430H-Bでしょう。

 ただ、特定店向けの22MN430M-BAJPのほうが、HDMIの端子が2系統となる分、ゲームほか、テレワークなどでノートPCなども接続する可能性のある方には便利でしょう。

 201505151139.jpg

 IPS液晶・フリッカー対策という「目の優しさ」にかかわる基本を抑えつつ、超解像技術・ブラックスタビライザーを搭載する点が評価できます。

 価格的にもパネルの生産メーカーだけあって「コスパが良い」ため、低価格で探している場合は、良い候補です。

ーーーー

 202112091716.jpg

 【2021年】【21.5インチ】

 【上位機種】 XUB2294HS-1

  3・iiyama 21.5型 XUB2294HS-B1
  ¥21,000 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 【下位機種】 XU2294HS-1

  4・iiyama 21.5型 XU2294HS-B1
  ¥19,999 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:VA ノングレア
コントラスト比:3000:1
応答速度:4ms(GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI D-SUB DP
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:3年

液晶パネルの品質 ★★★★☆
スタンドの性能  ★★★★★
動画ゲーム対応  ★★★★★
品質保証     ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 一方、「完全にゲームや動画視聴に使う」と考えるならば、VA液晶モデルでも良いでしょう。

 202204131039.jpg

 先述のように、書類仕事には全く向かない液晶ですが、コントラスト比が高く「黒が引き締まる」点で、テレビ的に使うならば、悪くないです。

 202010131035.jpg

 本機は、モニターは可動式ですし、VA液晶搭載機では、最も「疲れにくさ」に配慮があります。

 ただ、繰り返しますが、「文字を見つめるような」仕事には向かず、同じ理由で、テキストをわりと読むようなゲームにも向かないと言えます。


 第3に、低予算で性能の良いモニターを探しているのならば、

 202007011626.jpg

 【2018年】 【21.5インチ】

 29・BenQ GW2283
   ¥18,980 楽天市場 (7/16執筆時)

 29・BenQ GW2283
   ¥18,980 Amazon.co.jp (8/7執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI×2 D-SUB
スタンド:チルト
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:1年(本体は3年)

液晶パネルの品質 ★★★★★
スタンドの性能  ★★★☆☆
動画ゲーム対応  ★★★★☆
品質保証     ★★★★☆
総合評価     ★★★★★

 BenQGW2283でしょう。

201811210906.jpg

 IPS搭載は低価格機でも「マスト」と言えます。

 ベンキューの場合は、その上で、環境光センサーの搭載と、バックパネルの輝度を部分調整する「ブライトネスインテリジェンス(B.I.)テクノロジー」という明確な「見所」がある点が評価できます。

 室内環境に合わせて適切に輝度を調整することは「目の疲れにくさの部分」ではとても重要です。

 その点で、この製品は優れており、この価格帯の小型モニターとして「おすすめ」できます。

ーーー

 202104241124.jpg

 【2021年型番】 【21.5インチ】

 【Amazon限定】 【3年保証】

  17・IODATA EX-LDH221DB
  ¥15,980 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:ADS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:4ms(GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI D-SU
スタンド:上下チルト
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:5年

1・液晶パネルの品質 ★★★★☆
2・スタンドの性能  ★★★☆☆
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 一方、【Amazon限定】のアイオーデータのEX-LDH221DBも、比較的安価に購入できます。

  202204131039.jpg

 液晶モニターは、IPSのジェネリックといえるADSですが、先述のように、信頼性は近年上がっています。

 201912061004.jpg

 一方、本機も、スタンドがイマイチです。

 ただ、「目の疲れにくさ」の部分で、画面(画像)の輝度レベルに応じて、明暗を軽減させるコントラストリダクション機能が搭載です。

 他社に見られない「ワンポイント」ですし、

 一方、本機も、スタンドがイマイチです。この部分は、気になったらモニターアームを増設するなどを検討するなどすれば良いでしょう。

補足:液晶モニター関連記事の紹介

 というわけで、今回は、21.5インチの液晶モニターを紹介しました。


  201810050906.jpg

モニターアームの選び方とおすすめ

 なお、低価格機は、スタンドが良いモデルが少ないです。

 そのため、その部分について、不満を感じたら「交換」も視野に入れれば良いでしょう。 今回のブログのスペック欄に、VESA対応の有無は書いたので参考になさってください。

 75mmか100mmのVESAマウント対応モニターなら、交換はできるので、気になったら交換しても良いでしょう。

 交換自体は(手間がかかるだけで)難しくはないので、初めてでもOKです。

 このブログの以上の記事で紹介していますので、よろしければご覧ください。


  201908211112.jpg

1・31.5インチ液晶モニターの比較
 ・画面サイズ:31.5型
 =TV兼用にも使える大きめサイズ
2・27インチ液晶モニターの比較
 ・画面サイズ:27型
 =個人用に最も人気の大画面機
3・24インチ液晶モニターの比較
 ・画面サイズ:24型・24.1型・25型
 =ビジネス向けに人気の中型
4・23.8インチ液晶モニターの比較
 ・画面サイズ:23.6型・23.8型
 =テレワークでも人気なコンパクト型
5・小型液晶モニターの比較
 ・画面サイズ:21.5型・22.5型・23型
 =奥行のない机でも使える超小型

 なお、21インチモデルは、家庭用としては多少小型です。

 そのため、もし、もう1ランク上の動画性能・液晶性能・スタンド性能を期待するならば23インチモデルを検討してもよいでしょう。

 23インチについては【こちら】で紹介しています。

 201804130736.jpg

【まとめ記事】
9・Mac向けの液晶モニターの選び方
10・液晶モニターの選び方とおすすめ

 また、上の2つの「まとめ記事」では、主にモニターサイズの観点から、このブログの全10回のモニター関連記事を横断的にまとめています。

補足:液晶モニターのお手入れ

 つづいて、「ディスプレイのお手入れ」について補足しておきます。

 202007011636.jpg

 ディスプレイ用クリーニングリキッド
  ¥504 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 液晶モニターを手入れする場合、普通のティッシュペーパーなどで拭かないでください

 液晶に傷がつきますので、専用のクリーニング・リキッドの使用をおすすめします。

 アルコール・界面活性剤を使っていませんので、モニター表面のコーティング塗装に影響しないからです。

 202007011639.jpg

 液晶画面用ハイテククロス DK-KC5
  ¥757 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 ドライクリーニングティッシュ60枚入り
  ¥580 Amazon.co.jp (7/16執筆時)

 これを、ハイテククロスに吹きかけて使うのがオススメです。

 ただ、スプレー式のクリーナーは拭いた後に「ふき跡」が画面に白く僅かに残ります。

 拭いた後が気になる人は、仕上げにドライクリーニングティッシュを使うのが良いです。

 皮脂汚れはあまりとれませんが、拭き跡をとるための仕上げにはもってこいです。

ーーー

 最後になりましたが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

  (前半からの続き記事ですので、前半記事をご紹介いただけるといっそう嬉しいです)

 ではでは。

posted by Atlas at 21:53 | PC用液晶モニター

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png