Top 珈琲関連の家電 比較2022'【豆香る】ミル付コーヒーメーカー25機の性能とおすすめ・選び方

2022年06月26日

比較2022'【豆香る】ミル付コーヒーメーカー25機の性能とおすすめ・選び方

【今回レビューする内容】2022年 ミル付きコーヒーメーカーの性能とおすすめ・選び方:格安なミル付きのコーヒーメーカー:人気製品の紹介と性能ランキング

【紹介する製品型番】象印 EC-CB40-TD パナソニック NC-R400-C NC-R400-R NC-R500 カリタ Kalita MD-102N

今回のお題
ミル付きコーヒーメーカーのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今回は、2022年6月現在、最新のミル付きのコーヒーメーカーの紹介です。

 201807061325.jpg

1・ミル付きコーヒーメーカーの比較
  
方式:手動
  予算:5000円〜
2・全自動コーヒーメーカーの比較
  方式: 全自動
  
予算:1万円〜

  2回連続の記事となります。

 今回は、1回目記事で、「手動式」のミル付きのコーヒーメーカーの比較です。

 201807061348.jpg

 ミルで豆を挽く家庭と、ドリッパーでコーヒーを淹れる家庭が「独立」した製品です。キッチンの「省スペース化」が計れる製品です。

 ただし、最近「廃れて」きていて、数はさほどありません。

  201807061315.jpg

 一方、豆をホッパーに投入すれば、サーバーにコーヒーが出るまで「全自動」という機種は、2回目記事こちら)で扱います。

 よろしくお願いします。

抽出の工夫 ★★★★★
長時間保温 ★★★★★
お手入れ  ★★★★★
濃さの調整 ★★★★★
総合評価  ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各社のミル付きコーヒーメーカーを比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のような観点から、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。

ーーー

1・紙フィルタ式コーヒーメーカー
2・ミル付きコーヒーメーカー
3・全自動コーヒーメーカー
4・ペーパーレスコーヒーメーカー
5・ネスレのエスプレッソメーカー
6・デロンギのエスプレッソメーカー
7・他社のエスプレッソメーカー
8・おすすめのコーヒーメーカー 【結論】

 なお、今回の記事は、このブログのコーヒーメーカー関連記事全体としては、2回目記事として書いたものです。

1・ミル付きコーヒーメーカーの比較

 では、具体的な機種のレビューに入ります。

 以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で書いていきます。


 201905290946.jpg 

 1・象印 珈琲通 EC-CB40-TD
  ¥4,639 楽天市場 (6/26執筆時)

抽出方式:ペーパーフィルター
抽出温度:
ミル:プロペラ式
サーバー:ガラス製
最大容量:4杯分
サイズ:幅305×奥行150×高さ245mm

 EC-CB40-TDは、象印が発売するミル付きコーヒーメーカーです。

 ミル付きのコーヒーメーカーでは、最安クラスの製品です。かなりのロングセラー機です。

 サイズは、30.5×15×24.5cmです。

 ミル付きコーヒーメーカーとしては「大ぶり」です。「ロングセラー」製品だけに設計がやや古く、小型化への配慮はやや欠けます。

 コーヒーポットは、4杯分です。

 本体サイズからすると少ないです。

 201807061348.jpg

 豆の挽き方は、回転するプロペラカッターを使う手動式です。

 また、この製品については「挽く過程」が自動化されておらず、スイッチを押している間ミルが作動する構造です。

 ただし、挽き加減を調整できるため、できるコーヒー粉の質はこの方式の枠内では、それなりに良いです。

 もちろん、中細挽きも可能です。

  202206261435.jpg

 【100枚】【2-4杯用】

 メリタ ペーパーフィルター 1×2
  ¥297 Amazon.co.jp (6/26執筆時)

 コーヒーの抽出は、ペーパードリップ式です。

 対応するのは、1×2のフィルターです。

 201807061352.jpg

 コーヒーの味は、ハンドドリップにおける「ペーパードリップ」同様、雑味がなく「クリア」でオーソドックスな味です。

 一方、バスケットの構造的に「蒸らし」に対する配慮は欠けます。

 202111071535.jpg

 抽出温度についても、高温抽出に非対応です。

 その点で言えば、(深煎りなどの豆を買わない限り)苦みは強調されない味と言い得ます。

 201807061355.jpg

 使用後のお手入れは、ルの部分も水タンクの部分も外して水洗いが可能です。

 ミル付きコーヒーメーカーとしてはお手入れは、簡単と言って良い機種です。

 また、2年間保つ浄水フィルターが採用されています。

 コーヒーメーカーは、沸騰温度にはならないのでカルキ対策が必要です。そのため、メンテ面でメリット性があるでしょう。

 201807061358.jpg

 保温は、ガラス製ポッド採用のため電気により煮詰まっていくタイプです。

 基本的に利用しない方が良いでしょう。

---

 以上、象印のEC-CB40-TDの紹介でした。

 今回紹介する機種の中では最も安い機種です。「安かろう悪かろう」ではなく、浄水機能の搭載や、丸ごと洗える構造など使い勝手の部分も評価できる機種です。

 ただ、味の面では、温度・水流・蒸らしに関する特段の工夫がないので、本機を選ぶ意義はあまりなさそうです。

 以前は、本機の姉妹機で、95度の抽出温度を達成できる構造の上位機がありましたが、ラインナップの整理でなくなりました。


 201807061411.jpg

 2・パナソニック NC-R400-C
 3・パナソニック NC-R400-R
  ¥14,800 Amazon.co.jp (6/26執筆時)

抽出方式:ペーパーフィルター
抽出温度:
ミル:プロペラ式
サーバー:ガラス製
最大容量:5杯分
サイズ:幅245×奥行170×高さ300mm

 NC-R400は、パナソニックのコーヒーメーカーです。半自動式のミル付きコーヒーメーカーとしては、「しっかりした価格」です。

 201807061413.jpg

 サイズは、24.5×17.0×30.0cmと象印よりスリムです。

 設計の新しさが出ている部分でしょう。

 コーヒーポットは、5杯までの分量に対応します。家庭用としては「ちょうど良いサイズ」でしょう。

 201807061425.jpg

 豆の挽き方は、こちらもプロペラカッターです。

 また、自動では挽けませんが、「ミルサイン」というLEDランプの点滅回数で、中細挽きと粗挽きを調整できる工夫が見られます。粉を見ても、挽き加減が自分では分からない方にはオススメです。

 なお、粗挽きだと「スッキリ系」中細挽きだと「濃厚系」な味が出やすいです。

  202206261435.jpg

 【100枚】【2-4杯用】

 メリタ ペーパーフィルター 1×2
  ¥297 Amazon.co.jp (6/26執筆時)

 コーヒーの抽出は、こちらもペーパードリップ式です。

 サイズは、こちらも、1×2の「Sサイズ」フィルターが適当です。

 201611291112.jpg

 コーヒーの味は、この機種は、レベルが高いです。

 パナソニックの場合、独特のバスケット構造を採用し、蒸らし時間にこだわっています。

 抽出口の構造をWドリップ構造にすることで、蒸らし時間を効果的に伸ばしています。コーヒーのコク・香りはよいでしょう。

 さらに、お湯を注ぐ際、ある程度の水を貯めてからシャワーで注ぐ方式のため、粉全体に湯が行き渡ります

 ムラがない点で、ペーパードリップの「お手本」と言える淹れ方ができる機能です。

 201611291108.jpg

 また、マイコン制御で蒸らし時間などの制御ができるため、コーヒーの味を「マイルド・リッチ・アイス」の3通りに制御可能です。

 「アイス」はアイスコーヒー用に、リッチより濃く抽出するモードです。

 201807061427.jpg

 保温は、こちらも、電気により煮詰まっていくタイプです。

 抽出したらボトルなどに移すのが良いでしょう。ただし、改善の工夫として、保温にマイコン制御が使われているため、煮詰まりにくい仕様ではあります。

 使用後のお手入れは、ミル部分は、水洗い不可です。

 そのため、付属ブラシなどで掃除した後、ふきんを利用します。

---

 以上、パナソニックのNC-R400の紹介でした。

 1万円を超える高級機ですが、「蒸らし」と「ミルの挽き方」と味に関わる部分にこだわりがあるのが「売り」です。

 完全に自動な製品もありますが、挽き加減を目視し、粉をフィルタに均一に淹れた方が「仕上がりがよい」のは確かです。

 手間を惜しまずコーヒーメーカーを選ぶ場合、本機は良い選択肢の1つです。


 201810221449.jpg

 4・パナソニック NC-R500
  ¥23,800 Amazon.co.jp (6/26執筆時)

抽出方式:メッシュフィルタ(紙も可)
抽出温度:
ミル:プロペラ式
サーバー:ガラス製
最大容量:5杯分
サイズ:幅245×奥行170×高さ300mm

 NC-R500は、上で紹介した、パナソニックのNC-R400の上位機です。

 201611291122.jpg

 ただし、性能差の違いは付属品だけです。

 NC-R500は、ステンレス製のメッシュフィルターが付属しており、紙フィルターを使わずにコーヒーを淹れることができます。

 もちろん、紙フィルターを利用してもOKです。

 202112191648.jpg

 コーヒーの味は、紙に較べて、油分が多くコクのある味のコーヒーが抽出されます。

 ただ、プロペラ式のミルは、構造上、微粉がどうしても出やすいので、メッシュフィルターとの相性は必ずしも、良いとは言えないです。

 雑味がでやすいからです。

 その他の部分は、NC-R400と同じです。

 なお、このジャンルの製品については【ペーパーレスコーヒーメーカーの比較記事】でも、別に数機種紹介しいます。

 多少雑味があっても、「トロッと」濃い野性的なコーヒーが好みならば、この方式はマッチしやすいでしょう。


 202007151515.jpg

 カリタ3つ穴ドリッパー

 5・Kalita コーヒーメーカー MD-102N
  ¥5,610 楽天市場 (6/26執筆時)

抽出方式:ペーパーフィルター
抽出温度:
ミル:プロペラ式
サーバー:ガラス製
最大容量:5杯分
サイズ:幅215×奥行170×高さ310mm

  MD-102N は、日本の老舗のコーヒー器具メーカーのKaritaが販売する製品です。

 サイズは、幅215×奥行170×高さ310mmです。

 コーヒーポットは、5杯までの分量に対応します。

 したがって、パナソニックと同クラスです。

 豆の挽き方は、プロペラカッターです。

 【コーヒーミルの比較記事】でも書きましたが、同社はこの方式の単品も出している企業ですし、ミルの部分の信頼性はあります。

 202206261438.jpg

 【2-4人用】【40枚】

 カリタ ペーパーフィルター 102
  ¥127 Amazon.co.jp (6/26執筆時)

 コーヒーの抽出は、ペーパードリップ式です。

 カリタだと102番が2-4杯用です。

202007151438.jpg

 コーヒーの味は、格安機の中では、「軽めでマイルド」といえます。

 カリタは、伝統的に「三つ穴ドリッパー」を採用します。

 縦に長く入るリブも作用して、よく見るメリタ(1つ穴)に比べて、抽出速度が速いので、「じっくり型」メリタに比べると、ライトなコーヒーの味です。

 アロマシャワーで全体に満遍なくかける仕組みはありますが、その部分を含めてもマイルドです。

 保温性能は、機能としては持ちますが、ガラス製ですし煮詰まるでしょう。

 使用後のお手入れは、ガラスジャグは洗えますが、上側の水タンク・ミルは取り外せない仕様です。

---

 以上、KalitaMD-102Nの紹介でした。

 同社の「三つ穴ドリッパー」機は、(プロでない人の)ハンドドリップの再現性が高いとよく言われます。

 実際、「のの字淹れ」でゆっくり注がない時に近い「マイルド」な味のコーヒーが再現できるのは確かなので、この傾向が好きな人には割と良いでしょう。

今回の結論
ミル付きコーヒーメーカーのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今日は、ミル付きコーヒーメーカーを紹介しました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、手頃な値段のミル付きコーヒーメーカーとして、オススメできる機種は、

 202007151515.jpg

 カリタ3つ穴ドリッパー

 5・Kalita コーヒーメーカー MD-102N
  ¥5,610 楽天市場 (6/26執筆時)

抽出方式:ペーパーフィルター
抽出温度:
ミル:プロペラ式
サーバー:ガラス製
最大容量:5杯分
サイズ:幅215×奥行170×高さ310mm

抽出の工夫 ★★★★☆
長時間保温 ★★★☆☆
お手入れ  ★★★★☆
濃さの調整 ★★★☆☆
総合評価  ★★★★☆

 カリタのMD-102Nでしょう。

 以前は、象印が抽出温度を95度まで高める独自技術を採用する上位機を発売していました。

 しかし、撤退したため、先ほど紹介したような、味の面で個性のない下位機だけが残っている状況です。

 202007151438.jpg

 その点で言えば、本機が採用する「三つ穴ドリッパー」の部分が目立ってきます。

 割とライト・マイルドな味に入る製品ですが、均一的に蒸らしつつ、しっかり抽出できる点で定評もありますし、現状では本機を推します。

 他機もそうですが、ミル部分コーヒーメーカー部分が別の「半自動式コーヒーメーカー」ですから、コーヒー豆の挽きムラは少ないでしょう。 

 一手間かける根気があれば、この機種は低価格でお買得です。

 202206261438.jpg

 【2-4人用】【40枚】

 カリタ ペーパーフィルター 102
  ¥127 Amazon.co.jp (6/26執筆時)

 コーヒーの味も、ペーパードリップですから「クリアで雑味のない喫茶店の味」が期待できます。

 なお、最大5カップですが、ペーパーフィルターは、1×2サイズ(102)を利用するような指示です。


 第2に、キッチン映えするオシャレなミル付きコーヒーメーカーとして、オススメできる機種は、

 201807061411.jpg

 2・パナソニック NC-R400-C
 3・パナソニック NC-R400-R
  ¥14,800 Amazon.co.jp (6/26執筆時)

抽出方式:ペーパーフィルター
抽出温度:
ミル:プロペラ式
サーバー:ガラス製
最大容量:5杯分
サイズ:幅245×奥行170×高さ300mm

抽出の工夫 ★★★★★
長時間保温 ★★★☆☆
お手入れ  ★★★★★
濃さの調整 ★★★★★
総合評価  ★★★★★

 パナソニックの NC-R500でしょう。

  201807061413.jpg

 ミル付きコーヒーメーカーは、フルモデルチェンジした新型が出ないので、古典的な外観が多いなか、本機はなかなか「おしゃれ」です。

  201611291112.jpg

 コーヒーの味の部分でも、滞留時間を長くして味を引き出す構造で、コーヒーの味を引き出しやすいと言えます。

 手動式のミル付きのコーヒーメーカーでは珍しく、抽出方法にこだわっている製品ですから。

 201611291108.jpg

 濃さも、柔軟に設定ができますし、同じ豆でも味の変化は付けやすく、飽きが来ないと思います。

  202206261435.jpg

 【100枚】【2-4杯用】

 メリタ ペーパーフィルター 1×2

  ¥297 Amazon.co.jp (6/26執筆時) こちらも、紙フィルターを利用する場合は、1×2サイズとの指定です。

ーーーー

 201810221449.jpg

 4・パナソニック NC-R500
  ¥23,800 Amazon.co.jp (6/26執筆時)

抽出方式:メッシュフィルタ(紙も可)
抽出温度:
ミル:プロペラ式
サーバー:ガラス製
最大容量:5杯分
サイズ:幅245×奥行170×高さ300mm

抽出の工夫 ★★★★★
長時間保温 ★★★☆☆
お手入れ  ★★★★★
濃さの調整 ★★★★★
総合評価  ★★★★★

 一方、ステンレスフィルター付きの製品もあります。

 202112191648.jpg

 この場合、コーヒーオイルが強く出るので、濃厚で、また、豆の個性がはっきり分かる点が魅力です。

 ただ、先述のように、プロペラカッターとはあまり相性が良くないので、あえてなくても良いかと思います。

補足:コーヒーメーカー関連記事の紹介

 というわけで、今回は、ミル付きのコーヒーメーカーの紹介でした。

 202108252303.jpg

 なお、今回のような「一体型」は、プロペラ刃(右図)のモデルしかありません。

 202112181854.jpg

 単品のミルの場合、挽きムラ・熱対策・微粉のなさの部分でよりすぐれる形式も選べます。

1・コーヒーミルの比較 (1)
 1-1:メリタ〈ドイツ〉
 1-2:デロンギ〈イタリア〉
 1-3:ボダム〈北欧〉
 1-4:カリタ〈日本〉
 1-5:ラッセルホブズ〈英国〉  
2・コーヒーミルの比較 (2)
 2-1:みるっこDX〈各社〉
 2-2:Wilfa〈北欧〉
 2-3:他の製品〈各社〉
 2-4:最終的なおすすめ機種の提案

 興味のある方は、以上の記事で、比較しています。

 よろしければご覧ください。

  201807062127.jpg

1・ミル付きコーヒーメーカーの比較
  
方式:手動
  予算:1万円〜
2・全自動コーヒーメーカーの比較
  方式: 全自動
  
予算:1万円〜

 また、そういった高性能ミル搭載機機種は、一体型でも、今回の2回目記事でみるような「全自動製品」ならば、(少し高いですが)あります。

 合わせて検討されても良いかと思います。

1・紙フィルタ式コーヒーメーカー
2・ミル付きコーヒーメーカー
3・全自動コーヒーメーカー
4・ペーパーレスコーヒーメーカー
5・ネスレのエスプレッソメーカー
6・デロンギのエスプレッソメーカー
7・他社のエスプレッソメーカー
8・おすすめのコーヒーメーカー 【結論】

 そのほか、このブログ「モノマニア」では、コーヒーメーカーの記事がほかにもあります。

 今回扱った全機種から、最終的な「オススメ商品」を紹介した8回目の記事などもありますので、よろしければ、ご覧ください。

 201810101058.jpg

9・おすすめコーヒー豆の比較記事

 また、オススメできるコーヒー豆については、産地別に以上の記事でまとめています。こちらもよろしくお願いします。

---

 最後になりましたが、記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題をシェアしていただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 14:41 | 珈琲関連の家電

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png