Top PC周辺機器 比較2024'【目的別】NAS 56機の性能とおすすめ・選び方 (2)

2024年02月15日

比較2024'【目的別】NAS 56機の性能とおすすめ・選び方 (2)

 1回目記事からの続きです→こちら

1-3・SynologyのNAS

 202110071144.jpg

 つづいて台湾のSynologyです。

 同社の場合【ケースNASの比較】で書いたような、HDD別売の上級者向けが主力です。

 ただ、1機のみ、仕事向け(一般向け)と言えるシリーズがあるので、そちらの紹介です。


 202402151611.jpg

 【2024年発売】

 【4TB】

 56・Synology BeeStation BST150-4T
  ¥36,359 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:4TB
読出速度:125MB/秒(最大)
動画のムーブ:有料(DTCP-IP)
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

 BeeStation BST150-4T は、サイノロジーの販売するNASです。

 202402151619.jpg

 ハードディスクは、4TBの1サイズ展開です。

 HDDへの転送速度は、非開示です。

 ただ、実際的には125MB/秒(最大)にボトルネックがあります。LANが普通のギガビット(1000BASE-T)ですから。

 CPUは、一方、同社の場合は開示がありますす。

  Realtek RTD1619Bです。22年頃から家庭用NASだと最近増えているCPUで、4コアの1.7GHzですので、優秀と言って良いです。 

 202402151618.jpg

 接続端子は、USB-AとUSB-Cが付属です。

 これらは、PCとの連結用ではなく、バックアップ用外付HDDをつなげるためです。

 接続すると自動でコピーする仕様です。

  201904121937.jpg

 ファイルサーバー機能は、みどころです(BeeFiles)。

 同社のケースNASと同じで、Google Drive、OneDrive、Dropboxなどのクラウドとの連携ができます。

 特定のファイルにリンクを付けて、知人と共有化するDropboxなどにみられる機能もあります。ネットワーク上の複数のパソコンのデータの同期もできます。

 CPUが強力なこともあり、素早くファイル検索もできます。ただ、全文検索まではできません。これは、上位の専用NASでは、対応のものはありますが。

 アクセス可能な端末は、パソコン(Win Mac)のほか、タブレットやスマホ(iOS Android)です。

 202402151628.jpg

 メディアサーバー機能は、写真・動画については、高度です。

 スマホのOSほか、ケースNASの上位機だと最近割とありますが、AIによる写真整理に対応します。

  顔(人間・動物)の区別含めた写真画像の分析で項目ごとに自動的に分類できます。撮影に関するEXiF情報ほか、位置情報タグなどもふまえ利用しやすいように整理します。

 TV関連の機能は、未搭載です。

 外出先からのファイルへのアクセスは、対応です。

 無料のSynologyのサーバーを経由させて利用する方式です。

---

 以上、BeeStation BST150-4Tの紹介でした。

 写真整理の部分と、他社クラウドとの連携の部分に「強み」がある製品です。

 同社のケースのみの製品に比べて、細かい検索機能や動画編集をふくめた機能面での制限はありますが、搭載しないことで、実際「分かりやすく」なっていると言えます。

 普通のLANなので、速度面でのメリットもないですが、新しめの4コアCPUで、ソフト的には、サクサク動くだろう部分を含めて、値段相応の価値はありそうです。

今回の結論
最新のNASのおすすめは結論的にこの機種!

 202102081133.jpg

1・ケースNAS NASキットの比較 (1)
 1-1:Synology
 1-2:QNAP
 1-3:ASUSTOR
2・ケースNAS NASキットの比較 (2)
 2-1:ASUSTOR〈続き〉
 2-2:最終的なおすすめの提案【結論】

というわけで、今回は、最新のNAS(ネットワークアタッチトストレージ)比較しました。

 2回目記事では、いつものように、目的別、予算別に、Atlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。


 第1に、主に自宅で、PCデータのバックアップに利用するための低価格製品としては、

   201901121044.jpg

 【2018年発売】

 【HDD1台モデル】

 【1TB】

 33・IODATA HDL-TA1
   ¥13,525 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【2TB】

 34・IODATA HDL-TA2
  ¥16,700 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【3TB】HDL-TA3同等品

 35・IODATA HDL-TA3/E
  ¥20,558 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【4TB】HDL-TA4同等品

 36・IODATA HDL-TA4/E
  ¥22,800 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:1-4TB
読出速度:97MB/秒(最大)
動画のムーブ:非対応
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応


 202008031217.jpg  

 【HDD2台モデル】

 【2TB】HDL2-TA2同等品

 37・IODATA HDL2-TA2/E
  ¥24,309 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【4TB】HDL2-TA4同等品

 38・IODATA HDL2-TA4/E
  ¥29,800 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【6TB】HDL2-TA6同等品

 39・IODATA HDL2-TA6/E
  ¥29,800 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【8TB】HDL2-TA8同等品

 40・IODATA HDL2-TA8/E
  ¥40,620 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:2-8TB
読出速度:約86MB/秒(最大)
動画のムーブ:非対応
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

アクセス速度   ★★★★☆
ビジネスでの利用 ★★★★★
テレビ録画の保存 ★★★☆☆
動画・写真の保存 ★★★☆☆
オフィスでの共用 ★★★★☆

総合評価     ★★★★☆

 アイ・オー・データ機器が「LAN DISK」シリーズでしょう。

 特に動画に対応する必要がないならば、最も低価格な水準である入門機のこちらで十分です。

 201711281140.jpg

 マルチギガビット級のLANを導入しないならば、スピードも上位機と変わりません。

 また、ファイルサーバー機能・外出先からのアクセス機能など、仕事に使う場合のNASの基本と言える機能は網羅的です。

ーーー

 202303141852.jpg

 【2018年発売】

 【HDD1台モデル】

 【1TB】

 11・バッファロー LS510D0101G
  ¥14,380 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【2TB】

 12・バッファロー LS510D0201G
  ¥18,500 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【3TB】

 13・バッファロー LS510D0301G
  ¥19,500 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【4TB】

 14・バッファロー LS510D0401G
  ¥27,166 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:2-12TB
読出速度:100MB/秒(最大)
動画のムーブ:対応(DTCP-IP)
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

 【HDD2台モデル】

【2TB】

 15・バッファロー LS520D0202G
  ¥23,527 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

【4TB】

 16・バッファロー LS520D0402G
  ¥29,873 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

【6TB】

 17・バッファロー LS520D0602G
  ¥34,673 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

【8TB】

 18・バッファロー LS520D0802G
  ¥40,400 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:2-12TB
読出速度:100MB/秒(最大)
動画のムーブ:対応(DTCP-IP)
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

アクセス速度   ★★★★☆
ビジネスでの利用 ★★★★★
テレビ録画の保存 ★★★☆☆
動画・写真の保存 ★★★☆☆
オフィスでの共用 ★★★★☆

総合評価     ★★★★☆

 ただ、現状では、バッファローの中級機が少し安めに見えます。

 202303141906.jpg

 本機の場合、CPUが2コアで確定なので、性能面も、実行速度を含めて上でオススメにしたアイオーデータをすこし上回ります。

 両社で値段差がない場合は、本機のが良いかもしれません。

 ビジネス利用はアイオーデータのほうが、サービス面でやや強いかと思いますが、決定的な差ではないので。


 第2に、主に自宅で、書類データ保存から写真や動画コンテンツの再生まで、広く利用できる入門機と言えるのは、

   201904121851.jpg

 【2020年発売】

 【HDD1台モデル】

 【1TB】

 41・IODATA HDL-AAX1
  ¥15,500 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【2TB】HDL-AAX2 同等品

 42・IODATA HDL-AAX2/E
  ¥19,190 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【3TB】HDL-AAX3 同等品

 43・IODATA HDL-AAX3/E
  ¥22,250 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【4TB】HDL-AAX4 同等品

 44・IODATA HDL-AAX4/E
  ¥19,277 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【6TB】HDL-AAX5 同等品

 45・IODATA HDL-AAX6/E
  ¥34,490 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【8TB】HDL-AAX8 同等品

 46・IODATA HDL-AAX8/E
  ¥55,920 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【12TB】

 47・IODATA HDL-AAX12
  ¥69,800 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:1-12TB
読出速度:173.5MB/秒
動画のムーブ:有料(DTCP-IP)
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

アクセス速度   ★★★★☆
ビジネスでの利用 ★★★★★
テレビ録画の保存 ★★★★☆
動画・写真の保存 ★★★☆☆
オフィスでの共用 ★★★★☆

総合評価     ★★★★☆

 アイオーデータ上級機となるHDL-AAXシリーズが良いでしょう。

 ビジネス用の機能と、写真や動画の再生に関わる機能バランスが良い点を評価しました。

 同社からは、より安い入門機もあります。しかし、動画などの保存にも利用したいならば、DTCP-IP機能がないのがネックです。

 201901121120.jpg

 一方、ライバルのバッファロー機(LS710Dシリーズ)でも良い機種です。

 ただ、そちらは、法人モデルと家庭用とを系統として分けていることもあり、マルチメディア向け機能ビジネス向きな機能とのバランスは、アイオーデータのが良いです。

  201912251624.jpg

 その上で、2.5GBASE-T対応ですので、本機はLANが「マルチギガビット級」です。(今すぐ導入しないにしても)将来への投資になります。

 本体も3年保証(HDDは1年)ですし、導入して損はないでしょう。

ーーー

  201904121854.jpg

 【2020年発売】

 【HDD2台モデル】

 【2TB】HDL2-AAX2同等品

 48・IODATA HDL2-AAX2/E
   ¥26,330 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【4TB】HDL2-AAX4同等品

 49・IODATA HDL2-AAX4/E
  ¥30,410 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【6TB】HDL2-AAX6同等品

 50・IODATA HDL2-AAX6/E
  ¥42,660 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【8TB】HDL2-AAX8同等品

 51・IODATA HDL2-AAX8/E
  ¥46,740 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【12TB】HDL2-AAX12同等品

 52・IODATA HDL2-AAX12/E
  ¥73,260 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【16TB】HDL2-AAX16同等品

 53・IODATA HDL2-AAX16/E
  ¥98,182 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【ケースのみ】

 54・IODATA HDL2-AAX0/E
  ¥23,270 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:2-16TB
読出速度:226.6MB/秒(最大)
動画のムーブ:有料(DTCP-IP)
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

 なお、本機にはHDD2台タイプもあります。

 ただ、一般家庭用として考えた場合、HDDを2台搭載するタイプは、電力がかかるほか発熱も2倍です。

 速度面(raid0)や、バックアップ面(raid1)で確実に必要性というわけでないならば、1基モデルが無難でしょう。


 第3に、特に、家庭で利用する場合で、写真・動画の整理においてメリットを発揮しそうな上位機は、

 202402151611.jpg

 【2024年発売】

 【4TB】

 56・Synology BeeStation BST150-4T
  ¥36,359 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:4TB
読出速度:125MB/秒(最大)
動画のムーブ:有料(DTCP-IP)
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

アクセス速度   ★★★☆☆
ビジネスでの利用 ★★★★★
テレビ録画の保存 ★☆☆☆☆
動画・写真の保存 
★★★★★
オフィスでの共用 ★★★★☆

総合評価     ★★★★★

 サイノロジーのBeeStation BST150-4Tでしょう。

 202402151619.jpg

 しっかりしたCPUを搭載することで、特にAIによる写真整理に高度に対応します。

 最近のスマホのように、分類整理されるため、この部分を重視する場合(少し高めですが)本機で決め打ちでも良いようにみえます。

 ファイルサーバーとしても、同社の上級機のノウハウが一部取り入れられていて、見やすく使いやすいように思います。

 Google Drive、OneDrive、Dropboxなどのクラウドとの連携面でも高度です。

 速度面でのメリット性はさほどないですが、それ以外は、問題ないです。

 2TBあたりでもう少し安めならば、もっと売れそうに思えました。


 第4に、オフィスで、複数ユーザーの同時アクセスが想定される方におすすめな低価格機は、

 202102081133.jpg

 【2022年発売】

 【法人向け3年保証:HDD1台】

 【2TB〜8TB】

 31・バッファロー LS720NDシリーズ
   ¥17,557〜 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

2TB:LS710DN0201/N LS710DN0201B
2TB:LS710DN0301/N LS710DN0301B
4TB:LS710DN0401/N LS710DN0401B
6TB;LS710DN0601/N LS710DN0601B
8TB:LS710DN0801/N LS710DN0801B

HDD容量:1-12TB
読出速度:188.4MB/秒
動画のムーブ:
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

 【法人向け3年保証:HDD2台】

 【2TB〜16TB】

 32・バッファローLS710NDシリーズ
   ¥26,680〜 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

2TB:LS720DN0202/N LS720DN0202B
4TB:LS720DN0402/N LS720DN0402B
6TB:LS720DN0602/N LS720DN0602B
8TB:LS720DN0802/N LS720DN0802B
12TB:LS720DN1202/N LS720DN1202B
16TB:LS720DN1602/N LS720DN1602B

HDD容量:2-16TB
読出速度:271.3MB/秒(最大)
動画のムーブ:
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

アクセス速度   ★★★★★
ビジネスでの利用 ★★★★★★
テレビ録画の保存 ★★★☆☆
動画・写真の保存 ★★★☆☆
オフィスでの共用 ★★★★★★
総合評価     ★★★★★★

 バッファローLS720D LS710Dシリーズでしょう。

 設定も簡単といえるHDD内臓のNASの中では、最も性能が期待できます。

  202102081141.jpg

 法人・企業用で使える製品は、アイオーデータにもあります。

 ただ、本シリーズについては、中身のHDDが各社のサーバー用の高耐久モデル(WD RED・Seagate IronWolf・東芝 MNシリーズ)のいずれかであることが確定しています。

 耐久性の面でこの仕様は重要ですし、本機を選ぶ意義はあります。

 202102081209.jpg

 読み出し速度の部分でも、本機は、LANの部分が2.5GBASE-T対応ですので、速度的なメリット性があります。

 とくに、2台搭載モデルでRAID 0で使うならば271.3MB/sとなります。

 202211161728.jpg

 ASUSTek XG-C100C V2
  ¥18,980 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 ミヨシ 5e対応 LANケーブル
  ¥198〜 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 もちろん、最高速を得るためには、【Wi-Fi6対応の無線LANルーターの比較記事】でも書いた2.5GBASE-T対応ルーターや、カードの換装も必要ではありますが、その意義はあるでしょう。

 バッファローの場合、法人モデルについては本体保証も3年付きますし、その点でも安心でしょう。

ーーー

  201904121854.jpg

 【2022年発売】

 【法人向け3年保証:HDD2台】

 55・IODATA HDL2-AAX2WB
   ¥37,590 楽天市場 (2/15執筆時)

 HDL2-AAX2WB【1TB】
 HDL2-AAX4WB【2TB】
 HDL2-AAX6WB 【3TB】
 HDL2-AAX8WB 【4TB】
 HDL2-AAX12WB 【6TB】
 HDL2-AAX16WB【8TB】

HDD容量:2-16TB
読出速度:226.6MB/秒(最大)
動画のムーブ:有料(DTCP-IP)
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

 ただ、アイオーデータの5年保証+重度データ復旧サービス付きとかなり迷ったことは附記しておきます。

 202303141817.jpg

 ただ、値段の部分と「障害を未然に防ぐ」部分ではバッファローが優る気がします。「障害が起こったあとの保証」も重要です。

 しかし、アイオーデータは中身のHDD自体が不確定なので、その部分の保証性があれば、値段が多少上でも、選ぶ価値は生じるかなと思いました。

ーーー

  201904121854.jpg

 【HDD2台】デュアルコアCPUモデル

 【2020年】【Amazon限定型番】

 【ケースのみ】

 54・IODATA HDL2-AAX0/E
  ¥23,270 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

HDD容量:
読出速度:226.6MB/秒(最大)
動画のムーブ:有料(DTCP-IP)
スマホでの動画視聴:対応
自宅外からのアクセス:対応

 一方、バッファロー機も含めてですが、(信頼性の面で最も定評のある)WD REDが指名できない部分はあります。

 202105261156.jpg

 【2TB】(1TB−14TBもあり)

 ・WD Red Plus NAS【2TB】
  ¥14,980 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 この部分が不満ならば、むしろ、ケースのみでも販売するアイオーデータの製品を購入し、好きなHDDレコーダーをいれるのも良いかと思います。

補足:関連記事の紹介

 というわけで、今回は、一般向けのNASの紹介でした。

 最後に、関連記事の紹介です。

  201904121729.jpg

1・一般向けのNASの比較
 用途:各種のデータ保存
 容量:1TB〜16TB
 価格:1万円〜
  = 入門者向けの格安NAS
2・マルチメディアNASの比較 
 用途:TV動画・音楽の保存・視聴
 容量:1TB〜4TB
 価格:2万円〜
  = 動画整理が大得意なTV向けNAS
3・ケースNAS NASキットの比較
 用途:上級者向け
 容量:HDD別売
 価格:2万円〜
  =高度な機能を持つ上級NAS

 なお、冒頭書いたように、動画や音楽データ中心に考える場合、上位の「マルチメディアNAS」を選ぶ意味はあります。

 興味のある方は、上記2番のリンク記事をご覧ください。

ーーー

 201909251739.jpg

1・高速な無線LANルーターの比較
 速度:1733~ 2402Mbps
 予算:7000円〜1.5万円
 用途:2LDK・一戸建て
2・超高速なWi-Fi 6ルーターの比較
 速度: 4804Mbps(×2)
 予算:1.5万円-6万円
 用途:大家族・ゲーマー・トレーダー
3・格安な無線LANルーターの比較
 速度:866~1300Mbps
 予算:3000円〜1万円
 用途:1LDK・ワンルーム
4・多人数向けメッシュWi-Fiの比較
 速度:~ 2492Mbps×2
 予算:3万円-7万円
 用途:旅館・自営業・3F建ての家庭
5・おすすめの無線LANルーター 【結論】
 =予算別・目的別のおすすめ機種の提案

 そのほか、このブログにはルーターの記事があります。

 最近は、速度や安定性の部分で上位の規格(Wi-Fi6 Wi-Fi6E)に対応するルーターが普及してきました。NASの運用面でもメリット性があるので、興味のある方は、以上の記事をぜひご覧ください。

 有線部分でも、ギガビットLAN(1000BASE-T)より高速のマルチギガビット級の2.5GbEや10GbEに対応する製品もみています。

posted by Atlas at 17:22 | PC周辺機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png