Top 照明器具 比較2020’ 明るい!LEDシーリングライト57機のおすすめ・選び方 (ceiling lights-2)

2020年06月27日

比較2020’ 明るい!LEDシーリングライト57機のおすすめ・選び方 (ceiling lights-2)

【今回レビューする製品】2020年 10畳対応のリビング向けLEDシーリングライトの性能と選び方:東芝 日立 NEC パナソニック アイリスオーヤマ 東芝の洋室リビング向けシーリングライト

【比較する製品型番】 東芝 E-CORE LEDH84480-LC LEDH84379NW-LD パナソニック HH-CE1044A HH-CE1034A HH-CD1020AZ HH-CE1023A HH-CE1080A HH-CE1092A 日立 LEC-AHS1010P LEC-AHS1010K LEC-AH1000R HH-CD1070A HH-CD1071A SONY MFL-1000A MFL-100B

今回のお題
リビング用に向いたLEDシーリングライトはどの機種がおすすめ

 どもAtlasです。 

 今日は、2020年6月現在、最新のLEDシーリングライト比較します。

 201808261523.jpg

 なお、LEDシーリングライトは販売点数が多いため、適応畳数の面でから、以下の5つに分けてあります。

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10畳用LEDシーリングライト
3・12畳用LEDシーリングライト
4・14-20畳用LEDシーリングライト
5・6畳用LEDシーリングライト
6・和風のシーリングライト

 今回は、2番の記事です。

 洋室リビングに向いた、10畳のLEDシーリングライトを紹介します。

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントからAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・シーリングライトの選び方の基本

 今回は、シーリングライトについて、「目への優しさ」という観点にとくにこだわって比較します。

 より具体的に言えば、「目への優しさ」という観点について、以下の3要素を重視しています。

1・明るさ(ルーメン)

 201805020945.jpg

 第1に、最大照度(明るさ)です。

 テレビやパソコンの液晶画面は、反射して自分の顔が映し出される光沢モデル(ハーフグレア)が多いです。

 202003241132.jpg

 反射問題の対処には、できるだけ明るいシーリングライトを導入することが大切です。

 なお、業界規格(日本照明工業会)により、畳数当たりの最大光束(明るさ)が指定されています。

 10畳用は4800lm、1つ大きな12畳用は5499lmです。

 それぞれの「最大光束(ルーメン)」を達成している製品が、「明るさ重視」のモデルと言えます。

 そういったモデルを選ぶのが、外さない「基本中の基本」です。

 なお、LEDは10年ほど光源が保ちますが、照度は、経年変化で落ちていきます。

 また、最大光束の基準も、「20代の目の良さ」を基準に作られた値です。

---

 結論的にいえば、使用する畳数と同じか、1段階広い適応畳数を持つ製品がおすすめです。

 場合によっては、それ以上の適応畳数のモデルを購入しても良いですが、消費電力も相応に上がっていくため、(事情がない限り)「最大でも1段階」程度が良いと思います。

 とくに、10畳用については、大手の上位機でこのサイズの販売がないメーカーも多いです。大手のNECに至っては、10畳用は、サイズとして販売していません。

 【12畳用のシーリングライトの比較記事】で紹介する製品のほうが「製品の選択肢は潤沢」という点は覚えて置いてください。

2・色調の調整機能(調色)

 201805020946.jpg

 第2に 色の調整機能(調色)です。

 電球色と蛍光灯色(昼白色・昼光色)に調色できる点が重要です。

 なぜなら、夜間は電球色に調色できた方が「疲れた目に優しく」、昼間は、昼白色・昼光色のほうが活動しやすいからです。

3・色の鮮やかさ(演色値:Ra指数)

 201608021323.jpg

 第3に 色の鮮やかさ(Rs指数)です。

 光源や認知科学にかんする研究成果によれば、目に優しい光の理想は、「太陽光に近い」色合いのライトです。

 シーリングライトの場合、白球色(昼光色・昼白色)での演色評価指数(Ra指数)が、太陽の光(Ra100)に近い方が目に優しいと言えます。

 最近は各メーカーも演色値を公開しますが、特に、読書をされる方は、この部分のスペックを重視すると満足度が高いです。

ーー

 img-kantan.jpeg

 というわけで、今回は、この3要素を重要視しつつ、比較をしていきます。

 なお、以下で紹介する機種については、天井に引っかけコンセントがあればどの家庭でも設置できます

2・10畳用シーリングライトの比較

 では、以下で、10畳用リビング用モデルを紹介していきます。

 比較的低価格なシーリングライトの紹介から順番に紹介していきます。

 なお、以下では、Atlasがオススメしたい部分を赤字で、イマイチと思う部分は青字で記していきます。


  201808261023.jpg

 【10畳】【調光調色可能】

 1・東芝 E-CORE LEDH84480-LC
  ¥7,420 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

明るさ:4899ルーメン(42W )
直径:50cm

 【10畳】【調光のみ】

 2・東芝 E-CORE LEDH84379NW-LD
  ¥6,700 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

明るさ:4400ルーメン(32.7W )
直径:50cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼白色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 東芝の LEDH84480-LC は、東芝の2018年モデルのシーリングライトです。

 202006271259.jpg

 明るさは、4899ルーメンです。

 8畳用として認められる最大光束なので、問題ありません。

 ただし、昼白色固定で【調光のみ】可能な下位機は、最大光量よりやや暗めです。

 演色値も、Ra85です。

 先述のように、太陽をRa100とする数値ですが、この値が業界の現在的な平均値です。

 ある程度、目にも優しいと言えます。

 202006271302.jpg

 調光(明るさ調整)は、連続調光に対応します。

 常夜灯についても、6段階で可能です。

 調色は、上位機のみ対応します。

----

 以上、東芝のシーリングライトの紹介でした。

 性能で選ぶと言うよりは、値段重視の機種です。

 ただ、上位機種については、明るさは最大光量ですし、照明としての明るさに問題はないです。価格重視ならば、上位機種は選択肢にできます。


  201909101830.jpg

 【2019年】

 【10畳用】

 3・パナソニック HH-CE1044A
  ¥25,740 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

 【10畳用】【特定量販店用型番】

 4・パナソニック HH-CE1034A
  ¥26,815 楽天市場 (6/27執筆時)

明るさ:4899ルーメン(30.6W)
最大時:6368ルーメン(39.8W)
直径:67cm

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

  HH-CE1044Aは、パナソニックの10畳用の「スタンダードモデル」です。

 こちらも、特定の電気店用の型番があります。後述するようにリモコンのみ異なりますが、性能は同じです。

 201909101832.jpg

 本体の形状は、言及に値します。

 本機は、LEDの配置と配光の見直しで、シーリングライトにつきものの「出っ張り」9cmまで削った「スマートな」機種です。

 他社を含めて、この部分に注目した機種はあまりなかったので貴重です。 

 明るさは、4899ルーメンです。

 業界基準で許される最大の明るさをキープしています。

 その上で、消費電力が30.6Wと優秀であり、「明るさと省エネの両立」は、さすがに「最新のハイグレード機」といえます。

201909101838.jpg

 また、「裏技」的ですが、全灯ボタンを長押しすることで、全灯時の1.3倍の明るさに「ブースト」可能です。

 それに応じて消費電力は上がりますが、JIS基準で定められた畳数当たりの最大光量を越えて明るくできます。

 202006270942.jpg

 なお、特定量販店モデルについては、リモコンが、1グレード上の液晶付きです。

 明るさアップも単独ボタンでつくほか、タイマー運転が可能となります。

 調光(明るさ調整)は、無段階での連続調光が可能です。

 常夜灯も6段階で調光できます。

 201504061602.jpg

 調色(色の調整)も、対応です。

 全灯ボタンを選択した際に6200Kの文字くっきり光(昼光色)を自動調光できる仕様です。

 コントラスト感を高めることができるため、文字が読みやすい光です。書斎には最適でしょう。

 201909101718.jpg

 掃除の手軽さも「売り」です。

 カバーに帯電防止加工と撥水加工がなされた、「キレイコート」がなされている製品です。

 シーリングライトは意外とゴミが溜まりやすく汚れやすい(油が付く)ため、このような加工が成されるのは、メリット性が高いです。

---

 以上、パナソニックの上位機種の紹介でした。

 多少高いですが、調光・調色・省電力性能において、ワンランク上の実力を見せています。

 オーバーブーストの部分は日立も対応しますが、1.3倍と日立機より明るいです。

 ただ、この部分に期待する方は、多少仕組みが異なるため、後ほど紹介する日立機と比較することは重要でしょう。

ーーー

 201808261057.jpg

 【2018年】【10畳用】【Amazon限定】

 5・パナソニック HH-CD1020AZ
  ¥7,200 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

明るさ:4,899ルーメン(35W)
直径:50cm

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 なお、本機には下位モデルとして、HH-CD1020AZという、【Amazon限定】お買得モデルがあります。

 こちらは、【明るさアップ非搭載】で、薄型ではないですが、通常機同様に昼光色・昼白色・電球色と三系統の光の出せるモデルです。

 201812141708.jpg

 ただ、明るさは上位機同等であり、業界基準の最大値で、消費電力も低いです。

 また、常夜灯の調光も可能で、掃除の上でキレイコートも搭載です。「文字くっきり光」も、上位機と同じく搭載です。

 一方、本体の直径は50cmコンパクト型ボディなので、設置性が良い反面、光の広がりの点では、上位機と差があります。

 かなり「格安」なので、費用対効果はこちらは相当高いと言えますので、こちらを選ぶのも手でしょう。

--

 201909102100.jpg

 【2019年】

 【10畳用】

 6・パナソニック HH-CE1023A
  ¥12,282 楽天市場 (6/27執筆時)

明るさ:4299ルーメン(36.3W)
直径:50cm

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、カタログにはないが、デンキヤなどに格安商品として卸される「廉価版」です。

 直径が50cmですが、1.2倍ながら「明るさアップ」が付属します。

 ただ、定格消費電力が、Amazon限定の格安モデルより悪く、本体の値段を考えても、あまりおすすめできません。


  201909101734.jpg

 【2019年】

 【10畳】

  7・Panasonic HH-CE1080A
  ¥30,315 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

 【10畳】【特定量販店限定】

  8・Panasonic HH-CE1092A
  ¥33,999 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

明るさ:4899ルーメン(39.6W)
直径:60cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値: Ra 83(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、AIR PANEL LED というシリーズに属する、パナソニックの製品です。 

 201909101728.jpg

 本体形状は、独特です。

 ただ、横から見ても出っ張りがなくスマートで、インテリア性が高いです。

  201909101737.jpg

 明るさは、10畳用で4899ルーメンです。

 「業界基準」の最大値であり、問題ありません。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 もちろん、文字の視認性が良い「文字クッキリ色」に対応します。

 201909101736.jpg

 調色(色の調整)は、外縁部・内周部だけ照射し、間接照明的にライトが使える点が面白いです。

 この機能はパナソニックの力を入れている部分で、シアター用途になどに向くでしょう。

 演色値はRa83と低く、光の鮮やかさは期待できない機種です。

 消費電力は、特殊な形状のモデルのため、パナソニックの通常機に比べると、多少ながら劣ります。

 「趣味的」な機能があるので、これは仕方ないでしょう。

---

 以上、Panasonic AIR PANEL の紹介でした。

  これは、シアタールーム用・寝室用の照明として「売り出した」ものです。雰囲気のある光が出せるため、リラックスしたい部屋の設置に向くと言えます。

 デザイン性も良く、その点も買換え同機になりそうです。


  201501041841.jpg

 【10畳】

 9・日立 LEC-AHS1010P 【2018】
  ¥18,790 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

 10・日立 LEC-AHS1010K 【2017】
  ¥15,800 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

明るさ:4899ルーメン(28.0W )
最大時:5879ルーメン(38.9W)

直径:70cm
調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

 こちらは日立のLEDシーリングライトです。

 型番が、2017年と2018年のものがあります。年度の違いについては、型番のみの変更ですので、価格で選んで問題ありません

 ちなみに、2017年モデルは、すでに路面店にはなく、事実上、【Amazon限定】で、日立がアウトレット的に卸しているようです。

 一方、最上位機種の【ひろびろ光搭載】モデルについては、新機種は、リモコンで暖色系が3色から選べるようになりましたが、マイナーチェンジです。

 201607061747.jpg

 明るさは、4899ルーメンと、業界基準が許す最大量の明るさです。

 その上で、日立には(パナソニックと同じく)「オーバーブースト」機能があります。

 「ラク見え」モードと言います。

 明るさが「標準の1.2倍」となり、ルーメン値もそれ応じて「畳数の業界基準を飛び越えて」明るくできます。

 なお、パナソニックには1.3倍でしたから、日立よりすぐれたスペックです。

 202003241337.jpg

 ただ、日立は、レンズ内に青色LEDを配備させ、「文字をくっきりさせつつのオーバーブースト」なので、仕組みとしてはパナソニックより高度です。

 202003241335.jpg

 演色値は、Ra85です。

 「ラク見え」モードの際には、Ra90とより太陽光に近い明るさを出すことができます。

 繰り返しますが、「目の疲れやすさ」の点ではこの数値が大事です。

 演色値が高いと、日光の下にいるように、肌の色や食卓などを明るく美しく照らしてくれます。

 クッキリ見やすいタイプの高性能なシーリングとも言えます。

 202003241343.jpg

 調光(明るさ調整)については、無段階で連続調光が可能です。

 常夜灯(保安灯)も調光できます。

 調色(色の調整)は、「らくみえモード」を昼光色と考えた場合、昼光色・昼白色・電球色全てを出せる機種です。

 消費電力については、パナソニックの「エコナビ」に相当するエコセンサーが付属します。

 他社は上位機種だけの場合が多いですが、日立は下位機種からの搭載です。

---

 以上、日立のシーリングライトの紹介でした。

 明るさをオーバーブーストできる「ラク見え」が、やはり注目点となる製品です。このモードでは、演色値も上がりますので、明るさを重視した場合、本機はかなり良い選択肢となります。

 パナソニックの大光量モデルもありますが、そちらは、「文字くっきり光」との両立ができない点をふまえても、日立の方が徹底度が高いといえます。

ーーー

 201501041841.jpg

 【10畳】【下位機種】

 11・日立 LEC-AH1000R  【2019】
  ¥14,380 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

 12・日立 LEC-AH1000K【2017】
  ¥14,183 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

明るさ:4899ルーメン(34.9W )
直径:60cm
調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

 なお、日立からはスタンダードモデルとして、この機種の下位機種も販売中です。

 2019年モデルについては、ブーストはしますが、青色LEDを装備せず「らくみえモードにも未対応です。

 その割には高額のため、日立から選ぶとしたら、やはり上位機種でしょう。


 201903101311.jpg

 【2019年】

 【10畳】【大人の寝室向け間接光】

 13・パナソニック HH-CD1070A
  ¥24,549 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

明るさ:4899ルーメン(36.8W )
サイズ:68.4cm×63.4cm

 【10畳】【子供部屋向けリネン柄】

 14・パナソニック HH-CD1071A
  ¥33,470 Amazon.co.jp (3/24執筆時)

明るさ:4550ルーメン(36.8W )
サイズ:直径63cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 HH-C1070シリーズは、特定のコンセプトをもつ、パナソニックのもうひとつの機種です。

 201903101317.jpg

 いずれの製品も「寝室に特化した便利機能を持つ製品という点で、おもしろい個性のある機種です。

 HH-CD1070Aは、直接光のほか、間接光が出せるタイプで、リラックス効果が強調されます。

 パナソニックでは、ほかにも間接光が出せる機種があります。

 しかし、そちらは、リビングなどに最適化されたものでした。こちらは、色温度を夕暮れの色と同じ2000Kにして、とくに、寝室でのリラックス効果を狙った製品です。

 201903101323.jpg

 HH-CD1071Aは、子供部屋や子供との添い寝用に開発された「リネン柄」タイプです。

 他の色にも調色できますが、絵本の読み聞かせに文字がみやすい2000Kにスイッチ1つで切り替えられる機種です。

 ただし、形状が異なるため、間接光を出すことはできない、「子ども用」となります。

 201903101325.jpg

 くわえて、両機種とも、2ルクスの明るさの「夜間モード」を搭載します。

 照明のJIS規格で、夜間に最適な照度とされている明るさで、真っ暗でないので、夜間に歩く際や、子供の様子の確認に便利です。

 明るさは、10畳用で4899ルーメンです。

 子供用のみ、4550ルーメンとなりますが、形状的な特性を得るためであり、仕方ありません。

 調光(明るさ調整)は、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 調色(色の調整)は、昼光色・電球色に対応し、文字くっきり光も出せます。


201903101328.jpg

 タイマーは、「お目覚めモード」が搭載されます。

 とくに、夜間について、設定した時刻に明るさを変える仕組みです。他のタイマー搭載モデルに比べると、目覚めの色になる、設定時簡に、アラームも鳴らせる点が面白いです。

 子供部屋用にも搭載されますが、朝に子どもを起こす手間が避けられるという点で工夫があります。

---

 以上、パナソニックのHH-C1070シリーズの紹介でした。

 同社のエアパネルシリーズの特性を、「寝室」に改良したとても面白いコンセプトのモデルです。

 従来、寝室用に特化した機能を持つ機種はなかったため、ご家庭に子供部屋や寝室に特化した部屋がある場合で、機能性を重視するならば、このモデルはとても良いでしょう。


 201912201847.jpg

 【2019年】【10畳】

 【上位機種】

 15・SONY MFL-1000A
  ¥26,400 Amazon.co.jp (6/27執筆時)

 【下位機種】

 16・SONY MFL-100B
  ¥29,900 楽天市場 (6/27執筆時)

明るさ:非公開(42W )
直径:52cm
調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 MFL-1000Aは、ソニーが発売するLEDシーリングライト(マルチファンクションライト)です。

 同社は、照明メーカーではないですが、本機で参入してきました。ただ、同社がたまに行う、一部革新製品の「実験的な参入」かなと思います。

 なお、本機には、上位機種下位機種があります。

 下位機種は、値段が逆転しているものの、タイマー機能と後述する各種センサーが省略されますので、選ぶならば、上位機でしょう。

  202006271000.jpg

 【12畳用のシーリングライトの比較記事】で紹介した、パナソニックの12畳用のように、スピーカーを搭載する製品です。

 適応畳数は10畳ですが、実質的にその「ライバル機」です。

 202006271529.jpg

 明るさは、本機の残念な部分で、ルーメン値が未公開です。

 JIS基準は、3900lm以上3900lm未満を10畳用としているので、その範囲でしょうが、明るさが自慢ならばスペックを公開するでしょう。

 演色値は、Ra85です。

 調光(明るさ調整)と調色(色の調整)は対応します。

 ただし、「文字くっきり光」や「間接照明」など、特別な明かりは出せません

 消費電力は、43Wです。

 本機は、人感センサー・照度センサー・温湿度センサーを搭載するのですが、単独で、照明の自動制御をするようにはできていません。

 202006271536.jpg  

 スピーカーは、ライト中心部に内蔵です。

 一方、5Wのアンプで、46mmのフルレンジスピーカーが一機です。

 ステレオではないですし、360度全方位スピーカーでもないです。

 201912291610.jpg

 スピーカーまではBluetoothで音を飛ばします。

 なお、SBC AACのほか、音の遅延のないaptX LLコーデックに対応するので、スマホなどのほか、BluetoothでTVの音を飛ばせます。

 ただ、(パナソニックと異なり)APT-X LL対応の送信機は用意されないので、その場合、サードパーティの送信機を別途買う必要があります。

  202006271545.jpg

 一方、本機はWi-Fiを装備します。

 そして、照明自体に赤外線リモコン信号の発信装置(IR)があるので、【おすすめスマートリモコンの比較記事】で紹介したような装置がなくても、スマホアプリから家電の操作が可能です。

  照明のほか、エアコン・テレビも操作できます。

 また、【Amazon Echoの比較記事】と【スマートスピーカーの比較記事】で紹介したような、Amazon及びGoogleの音声AIスピーカーとも連動可能で、それにより、音声で照明・エアコン・テレビの操作が可能になります(テレビはAmazon Alexaのみ)。

 ただし、2週間のお試し期間を超えると、エアコン・TVの操作はアプリ課金が必要であるほか、赤外線リモコン学習機能がないので【こちら】にある以外の型番の機器は、そもそも動きません。

 先述のように、温度・湿度・照度センサーは、搭載ですが、室内環境をスマホでモニタリングできるのみで、エアコンなどを連動して制御はできません

---

 以上、ソニーのMFL-1000Aの紹介でした。

 個人的に、ソニーは好きなメーカーです。

 しかし、この製品については、性能もターゲット層も不明瞭で、相当中途半端な製品に思えます。初心者向きでも、上級者向きでもなく、ターゲット層もわかりません。

 スピーカーの音質と照明の明るさに期待できない以上、【おすすめスマートリモコンの比較記事】で紹介したような、色々な家電をスマホや音声スピーカーで制御できる点が売りとは言えます。

 ただ、本文で書いたように、赤外線学習機能がないので、この部分の能力もイマイチです。

  202003241821.jpg

 なお、本機については、【おすすめスマートリモコンの比較記事】のほうで、家電操作の部分の性能について他社機と比較しています。この部分に興味のある方は、ご覧ください。

次回に続く!
電気代が安く、目に優しいLEDシーリングライト結論的にこれ!!

 というわけで、今回は、10畳のLEDシーリングライトについて書いてきました。

 メーカーごとの特徴が分かりにくい商品ですが、照度演色値などのデータである程度、メーカー横断的に比較できたかと思います。

 201407051057.jpg

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10畳用LEDシーリングライト
3・12畳用LEDシーリングライト
4・14-20畳用LEDシーリングライト
5・6畳用LEDシーリングライト
6・和風のシーリングライト
7・LEDライトのおすすめ【結論】

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 また、今回の最後の記事の結論編こちら)では、今回紹介した全てのモデルから、価格別・目的別にAtlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。

 引き続き、よろしくお願いします。

 最終回記事は→こちら

posted by Atlas at 16:35 | 照明器具

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png