Top PC周辺機器 比較2022'【高速/高耐久】外付けHDD25機の性能とおすすめ・選び方(3)

2022年08月02日

比較2022'【高速/高耐久】外付けHDD25機の性能とおすすめ・選び方(3)

【今回レビューする製品】2022年 USB外付けハードディスクの性能とおすすめ・選び方

【比較する主な製品一覧】バッファロー HD-GD2.0U3D HD-GD3.0U3D HD-GD4.0U3D HD-GD6.0U3D HD-GD8.0U3D アイオーデータ HDW-UT2 HDW-UT4 HDW-UT6 HDW-UT8 HDW-UT12 HDW-UT16 WD My Book Duo WDBFBE0080JBK-JEEX WDBFBE0160JBK-JEEX WDBFBE0200JBK-JEEX WDBFBE0280JBK-JEEX WDBFBE0360JBK-JEEX  WD G-DRIVE Pro SDPH51J-004T-SBAAD SDPH51J-006T-SBAAD SDPH51J-012T-SBAAD SDPH51J-012T-SBAAD SDPH51J-018T-SBAAD G-RAID 2 SDPH62H-008T-SBAAD SDPH62H-012T-SBAAD LaCie 2big dock Thunderbolt3

今回のお題
壊れにくい!外付けハードディスクのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2022年8月現在、最新の外付けUSBハードディスクの比較の3回目記事です。

 201905061832.jpg

1・外付けHDDの比較 (1)
 1-1・一般モデル(汎用)
2・外付けHDDの比較 (2)
 2-1・テレビ専用〈静音〉
 2-2・ゲーム専用〈高速
3・外付けHDDの比較 (3)
 3-1・ビジネス専用〈堅牢/高速〉
 3-2・予算別・容量別のおすすめの提案

 今回の3回目記事では、主にビジネス用・業務用として「使える」機能が多い、用途に専門化された高級機を紹介します。

 ただ「外付けHDDの選び方の基本」は1回目記事こちら)に書いたので、順番にお読み頂いた方が分かりやすいかと思います。

 よろしくお願いします。

信頼性  ★★★★★
静音性  ★★★★★
スピード ★★★★★ 
TV利用 ★★★★★
保証期間 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

 というわけで、以下では、外付けHDDを比較していきます。   そして、最後の「結論」では、上表の様なポイントから、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種を提案していきます。

3-1・ビジネス向け外付けHDDの比較

 202008051644.jpg

1:バッファロー〈日本〉
2:IODATA〈日本〉
3:WD〈米国〉  
4:Lacie〈仏国〉   

 はじめに、ビジネス向きの大容量外付けHDDについて紹介します。

 デスクトップPCのように、ファンを搭載する製品や、サーバー用の堅牢なHDDを搭載する製品ほか、、複数のハードディスクを搭載し、高速転送、ないし、2代同時のバックアップに対応できる機種など、多方面に信頼性の高い機種になります。

1・バッファロー外付けHDD

 201805201001.jpg

 はじめに、日本のバッファローのビジネス特化型の外付けハードディスクです。

---

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 201902031037.jpg

 【2016年】

 【2TBモデル】

 1・バッファロー HD-GD2.0U3D
  ¥18,400 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【3TBモデル】

 2・バッファロー HD-GD3.0U3D
  ¥20,355 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【4TBモデル】

 3・バッファロー HD-GD4.0U3D
  ¥20,000 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【6TBモデル】

 4・バッファロー HD-GD6.0U3D
  ¥26,890 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【8TBモデル】

 5・バッファロー HD-GD8.0U3D
  ¥35,498 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:45x126x202 mm
付属品: USB3.0ケーブル 1m
HDDメーカー:不特定
SeeQVault:
空冷ファン: 搭載
速度:下記参照
保証:1年間

 HD-GDU3Dシリーズは、バッファローでは、最も高グレードな製品です。

 容量は、1TB-8TBまで6種類で構成されます。

 201806282009.jpg

 冷却ファンユニット OP-FAN-ALEM
  ¥2,245 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 廃熱構造については、この機種も廃熱ファンが付属します。

 単品でパーツとしても売っています。

 エアーフローは、上図のような構造なので、横置きも対応できます。

 静音性は、この機種は、ファン付きの機種ですので、ファンの回転音があります。

 ただ、静音ファンですから、さほど「轟音」ではないです。

 省エネ性は、この機種は、PCに連動して電源のON/OFFをする機能が付属しません

 その点で、定期的なバックアップ用のディスクとなります。ブルーレイ・TVの動作保証もありません。

 中身のHDDについては、しかし、この機種は、ハードディスクメーカーが特定されていません

 201610061040.jpg

 ただし、面白い特長があって、この機種は、外付けハードディスクに1GBの高速なDRAM(物理メモリー)を搭載しています。

 データを一時的に蓄えておき、そこからHDDに記憶していく仕組みです。

 速度的には、理論値で408.1MB/秒ですから、ハードディスクの回転速度によるボトルネックを振り切った高速性です。

 なお、この仕組みは、DRAMを使う方式なので、Windows系・Mac系ともに改善効果があります。 

 ただし、これは、HDDへのバックアップ、つまり「書込」の高速化であり、PCへの読み出し、つまり「読出」の高速化は図れない点は注意が必要です。

 付属するソフトは、バックアップ・セキュリティ・高速化ソフトと一通り網羅します。

 保証期間は、1年です。

----

 以上、バッファローHD-GDシリーズの紹介でした。

 書込が速い機種なので、パソコン本体の定期的なデータ・バックアップなどに使う場合に有利な製品だと思います。

 丸ごと、バックアップはとても時間がかかるものなので。DRAMの搭載は「画期的」だと感じました。

3・アイオーデータの外付HDD

 201805201118.jpg

 続いて、日本のアイオーデータのビジネス用の外付けHDDです。


 202008051631.jpg

 【2020年型番】USB3.2 (gen1対応)

 【2TBモデル】

 6・アイオーデータ HDW-UT2
  ¥27,236 楽天市場 (8/2執筆時)

 【4TBモデル】

 7・アイオーデータ HDW-UT4
  ¥40,390 楽天市場 (8/2執筆時)

 【6TBモデル】

 8・アイオーデータ HDW-UT6
  ¥38,700 楽天市場 (8/2執筆時)

 【8TBモデル】

 9・アイオーデータ HDW-UT8
  ¥72,340 楽天市場 (8/2執筆時)

 【12TBモデル】

 10・アイオーデータ HDW-UT12
  ¥64,823 楽天市場 (8/2執筆時)

 【16TBモデル】

 11・アイオーデータ HDW-UT16
  ¥107,420 楽天市場 (8/2執筆時)

本体寸法:幅8.5×奥行19.2×高さ8.5cm
付属品: USB3.0ケーブル
HDDメーカー:不特定
SeeQVault:
空冷ファン: 搭載
速度:約250MB/秒(Raid0)
保証:3年間   

 アイオーデータHDS2-UTXシリーズも大容量モデルです。

 上位機は同社が代理店を務めるWDブランドですが、本機は、自社ブランドで売られています。

 202008051642.jpg

 容量は、最大16TBまでです。

 本機も、2基搭載でRAID 1・RAID 0が可能です。

 中身のHDDについては、WDなど特定メーカー製の明言がないです。

 絵的にはWDのサーバー用(WD 赤)を使っていそうですが、分かりません。ロット単位で異なる可能性もあるでしょう。

 202008051644.jpg

 廃熱構造は、本機は、冷却ファンが付属する構成です。

 静音性が問題になりますが、エアフローはWDよりは良いでしょう。 

 静音性は、同社の場合、静かな製品には「静音レベル」を開示することが多いですが、本機についてはありません。ファンも静音ファンとの記載がないです。

 省エネ性は、本機も、PC連動機能はあります。

 201806281830.jpg

 付属するソフトは、購入した場合、同社のIO.APPs(アイオーアップス)アプリが、一通り利用可能です。

 保証期間は、3年です。

 この点で、中身が先述のWD REDのような気がするのですが、繰り返しますが、明言はなく、あまつさえそうでも、ロット単位で代わる可能性はあります。

 201905061848.jpg

 そのほか、本体前面にはUSB3.0端子が2つ付属します。あまり使わないでしょうが、「数珠つなぎ」が可能です。

---

 以上、アイオーデータHDS2-UTXシリーズの紹介でした。日本組み立てで、3年保証で、ファン付きなので信頼性は高そうです。

 一方、同社の取り扱うWDモデルと比較する場合、冷却ファンの騒音がある点と、中身のHDDが不確定である点は、やはりネックです。

 難しいところですが、常時稼働でないならば、多少容量が多くとも、WDの6TBなどを選んだ方が個人的には良いと思います。

3・WDの外付けHDD

 201805201143.jpg

 続いて、アメリカのウエスタン・デジタルのハードディスクです。

 中身のHDDの生産できるメーカーですが、外側も業務用では部類の強さを見せています。


 201905061907.jpg

 【2021年型番】WD My Book Duo

 【8TBモデル】

 12・WD WDBFBE0080JBK-JEEX
  ¥46,054 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【16TBモデル】

 13・WD WDBFBE0160JBK-JEEX
  ¥62,618 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【20TBモデル】

 14・WD WDBFBE0200JBK-JEEX
  ¥85,282 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【28TBモデル】

 15・WD WDBFBE0280JBK-JEEX
  ¥100,527 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【36TBモデル】

 16・WD WDBFBE0360JBK-JEEX
  ¥133,755 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:幅10×奥行16×高さ18cm
付属品: USB3.0ケーブル
HDDメーカー:WD
SeeQVault:
空冷ファン:
速度:約250MB/秒
保証:3年間

 WD My Book Duoシリーズは、アメリカのWestern Digital(ウェスタンデジタル)が日本向けに販売しているものです。

 代理店は、アイオーデータです。

201806282146.jpg

 中身のHDDについては、もちろんWDグループ製です。

 以前は、サーバーで使われる高耐久向けのWD REDでしたが、明示しなくなりました。

 おそらく高耐久ではない一般向けのHDDでしょう。これは、米国販売版も同じです。

 容量は、最大36TBまでです。

 横長の本体形状から判断できるでしょうが、この製品は、ハードディスクを2基搭載する機種です。

 したがって、例えば20TBモデルならば、10TBのHDDを2基搭載しています。

 1機にハードディスクが2台はいる場合、主に2つのメリットがあります。

 201601170652.jpg

 第1に、同じデータを2台にバックアップできる点です(ミラーリング RAID 1)

 自動的に2つのハードディスクにバックアップを取っていくので、片方のHDDが壊れた際でもデータが復旧できます。

 201601170655.jpg

 第2に、2倍速で書き込みができる点です(高速化 RAID 0)。

 1つのデータを分割して2カ所に書き込むので、ハードディスクに2倍で読み込み/書き込みができます。

 ただし、これらは、仕組み上、どちらかの機能しか選択できない点は注意してください。

 結論的にいえば、デスパレートPCのフルバックアップなどに「うってつけな仕様」で、ヘビーユーザーの多くは、こうしたタイプを利用しています。

 廃熱構造は、WD伝統のファンレス設計です。

 とはいえ、小型化せず、多数の放熱口をつけた上、エアフローを確保していますので、(夏場の常時稼働はともかく)、一般的な用途での「長時間稼働」ならば、ある程度の安心感はありそうです。

 静音性は、ファンレスのハードディスクですから問題ないでしょう。

 省エネ性は、PC連動機能はありますが、2機のHDDを駆動させる関係で、置き場所は多少「発熱」するでしょう。

 201905061847.jpg

 付属するソフトは、暗号化・パスコードロックソフトが付属です。

 保証期間は、3年です。

 そのほか、本体前面にはUSB3.0端子が2つ付属します。あまり使わないでしょうが、「数珠つなぎ」が可能です。

---

 以上、WDのMy Book DUOシリーズの紹介でした。

 RAID対応製品としては、最も売れているシリーズです。

 業務用に耐えうる信頼性を担保できるWD製HDDの搭載が、大きな理由でしょう。

 WD REDではないものの、信頼性や保証期間の面で「対抗馬」がないため、大容量のバックアップ用途ならば、素直にこの機種を選ぶべきでしょう。


 202110081002.jpg

 【Thunderbolt 3 + USB-C】HDD1台

 【4TBモデル】

 17・ WD G-DRIVE Pro SDPH51J-004T-SBAAD
  ¥45,655 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【6TBモデル】

 18・ WD G-DRIVE Pro SDPH51J-006T-SBAAD
  ¥55,045 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【12TBモデル】

 19・ WD G-DRIVE Pro SDPH51J-012T-SBAAD
  ¥98,000 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【18TBモデル】

 20・ WD G-DRIVE Pro SDPH51J-018T-SBAAD
  ¥122,000 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:35x128x196 mm
付属品: 下記参照
HDDメーカー:WD
SeeQVault:
空冷ファン: 搭載
速度:250MB/秒
保証:5年間

 G-DRIVE Proシリーズは、WDの販売する「ビジネス向け高速モデル」です。

 以前は、もう少し複数の展開があったのですが、最近下位モデルが整理されました。

 202203011747.jpg

 大きな特長は、その転送速度です。

 本機は、5400回転HDDではなく、3.5インチの7200回転のHDDを採用する機種です。

 202110081117.jpg  

 速度的には、円盤の枚数で速度は変わりますが、14TBが250MB/秒という速度です。

 中身のHDDについては、7200回転で「Ultrastarエンタープライズクラス」とのことですから、「サーバーグレード」のWD GOLDだと思われます。

 202208022031.jpg

 接続端子は、Macに搭載されるThunderbolt 3対応ポートが2基付属するタイプです。

 202110191327.jpg

 USB-Cと下位互換するため、普通のUSB-C端子として(速度低下なしに)、Windowsでも利用できます。

 普通の速度のUSB-C(USB3.0)端子も1ポートありますが、そちらでも(HDDなら)速度低下はないので、問題ありません。

 廃熱構造は、本機は、ファンレスですが、オールアルミ筐体とエアフローでこの部分を対処しています。

 このシリーズは昔は、外部に目立つヒートシンクがありましたが、最近はそれはなくなっているようです。

 静音性は、回転数がはやいHDDですので、とくに、振動系については、期待値は低いです。

 中身のHDDについては、WDに確定です。

 ただ、サーバー用である言及はないです。

 保証期間5年です。

 この部分も、WD GOLDと同じ保証年数ですし、中身は同社の「WD GOLD確定」で良いかもしれません。

---

 以上、G-DRIVEシリーズシリーズの紹介でした。

 サーバーなどのほか、Macユーザーの大容量バックアップ用機器としてニーズがあるでしょう。もちろん、一般的に言って、相当特殊な製品ではあります。

ーーー


 202110081003.jpg

 【Thunderbolt 3 + USB-C】HDD2台

 【8TBモデル】

 21・ WD G-RAID 2 SDPH62H-008T-SBAAD
  ¥83,736 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【12TBモデル】

 22・ WD G-RAID 2 SDPH62H-012T-SBAAD
  ¥115,581 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【24TBモデル】

 23・ WD G-RAID 2 SDPH62H-024T-SBAAD
  ¥182,520 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【36TBモデル】

 24・ WD G-RAID 2 SDPH62H-036T-SBAAD
  ¥238,700 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:173x303x226mm 
速度:360MB/秒
保証:5年間

 さらに、ハードディスク2基搭載のモデルもあります。こちらは、公称速度がより速くなります。

 速度的には、現行の外付けHDDでは「最高」でしょう。

4・ラシーのHDDの比較

 202005071509.jpg

 最後に、フランスのラシーの製品です。

 中身のHDDを製造できる米国のシーゲート系列の企業で、日本ではエレコムが代理店です。


 202208022120.jpg

 【8TBモデル】

 25・ LaCie 2big dock Thunderbolt3 2HE9P7
  ¥83,800 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【16TBモデル】

 25・ LaCie 2big dock Thunderbolt3 2HE9P2
  ¥103,045 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【20TBモデル】

 25・ LaCie 2big dock Thunderbolt3 2HE9P3
  ¥192,199 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【28TBモデル】

 25・ LaCie 2big dock Thunderbolt3 STGB28000400
  ¥179,169 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【32TBモデル】

 25・ LaCie 2big dock Thunderbolt3 STGB32000400
  ¥206,065 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【36TBモデル】

 25・ LaCie 2big dock Thunderbolt3 STGB36000400
  ¥228,937 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:幅10×奥行16×高さ18cm
付属品: USB3.0ケーブル
HDDメーカー:Seagate?
SeeQVault:
空冷ファン:搭載
速度:約490MB/秒(Raid0)
保証:5年間

  LaCie 2big dock Thunderbolt3は、ラシーを代表すると言っても良い、特徴のある形状の外付けHDDです。

 202208022125.jpg

 本機は、HDDなのですが、HDDと「Dock」という2つのパーツがドッキングしたような製品になります。

 202208022148.jpg

 Dock(多機能ハブ)は、かなりの端子があります。

 SDカード・CFカードのスロットと・Display Port 1.4端子と・Thunderbolt3 が2つ、それに、USB-C(USB3.1)端子です。

 2つあるThunderbolt3端子(DP互換)は、通常の接続ほか、最大6台までのモニターのデイジーチェーン(=モニターの数珠つなぎ)に使うこともできます。

 SDカードなどスロットの規格速度は不明です。

 202112091314.jpg

 なお、USB-PD(ノートPCなどへの電源供給)も対応ですが、Thunderbolt 3端子は15W、USB-C端子も27Wなので、相当の省電力ノートPCを除いて、(起動はするでしょうが)充電は難しいといえます。

 この部分の仕様はかなり「陳腐化」しているのですが、最近発売になった大容量モデルでも改善はないです。

 中身のHDDについては、情報非開示です。

 ただ、Seagateかとは思います。。

 容量は、最大36TBまでです。

 この部分で、先述のWDのMy Book Duoのライバルとも言えます。

 202203011747.jpg

 HDDの速度は、20TBまでのモデルで440MB/秒、それ以上で490MB/秒です。

 Raid0で、ThunderBolt3で通した場合の速度でしょうが、スペックは悪くないです。

 ただ、7200ppmのHDDを入れているので、稼働音については大きめでしょう。

 廃熱構造は、本機は、ファン付きです。

 ここまでの多機能だと、ないことはあり得ないでしょう。

 逆に廃熱が心配ですが、アルミ製の筐体の採用など、値段相応にしっかりします。 

 静音性は、ファンは静音ですが、HDDは静かではないです。

 保証期間は、5年です。

---

 以上、 LaCie 2big dock Thunderbolt3の紹介でした。

 多機能な製品で、サイズ的にも存在感がありますが、外観のデザイン性を含めて、固定ファンが多いロングセラーです。

 ただ、先述のように、端子構成なのでやや陳腐化がはじまっているかな、と思われる部分もあるので、新規ユーザー向けに、大々的なモデルチェンジを期待したいところです。

今回の結論
信頼性の高い外付けハードディスクは結論的にこの機種!!


 201810211319.jpg

 というわけで、今回は、外付けハードディスクを比較・紹介しました。

 3回目記事の今回は、最後にいつものように、目的別のおすすめ機種について書いておきたいと思います。


 第1に、パソコンデータ保存用のハードディスクとして最もおすすめできるモデルは、

 201902031019.jpg

 【2021年モデル】

 【4TBモデル】

 24・WD My Book WDBBGB0040HBK-JEEX
  ¥12,436 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【6TBモデル】

 24・WD My Book WDBBGB0060HBK-JEEX
  ¥14,800 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【8TBモデル】

 24・WD My Book WDBBGB0080HBK-JEEX
  ¥29,800 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【12TBモデル】

 24・WD My Book WDBBGB0120HBK-JEEX
  ¥42,255 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【14TBモデル】

 24・WD My Book WDBBGB0140HBK-JEEX
  ¥46,955 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【16TBモデル】

 24・WD My Book WDBBGB0160HBK-JEEX
  ¥53927 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【18TBモデル】

 24・WD My Book WDBBGB0180HBK-JEEX
  ¥63,809 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:49x171x139 mm 
付属品: USB3.0ケーブル 1.25m
HDDメーカー:WD(緑ラベル)
SeeQVault:
空冷ファン:
速度:約120MB/秒
保証:3年間

信頼性  ★★★★★
静音性  ★★★★★
スピード ★★★★☆ 
TV利用 ★★★☆☆
保証期間 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

 米国WDのハードディスクが良いでしょう。

 201806282146.jpg

 堅牢性の面では、信頼性の高いWDグループのハードディスクの採用が保証される上で、3年保証が付く点でレベルが高いです。

 201806281934.jpg 

 サイズについては、従来と同じほどのサイズ感です。

 最近の国内メーカーのように過度に小型化しない分、やはり廃熱に余裕があるでしょう。構造的に横置きもできますし、置き場所にも困らないと思います。

 一方、同じほどの価格で「ファン付き」もありますが、中身のHDDの信頼性が保証されるものは同価格ではない点から、この機種が良いと思います。

 お買得感でいったら「これ以上の機種はない」でしょう。

 Windowsのほか、フォーマットすればMacでも利用できます。

 容量は自由に選択して良いと思いますが、現状では3TBモデルが1GB辺りのコストパフォーマンスが高い機種です。

ーーー

1・外付けHDDの比較 (1)
 1-1・一般モデル(汎用)
  価格:7千円〜

 なお、この製品は、今回の記事の1回目記事で紹介しました。


 第2に、動画保存用などで、パソコンを常時動かすような利用法をする方におすすめな堅牢モデルは、

 201902031200.jpg

【2019年型番】USB3.1 (gen1対応)

 【1TBモデル】

 9・IODATA HDJA-UT1RW
  ¥15,110 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【2TBモデル】

 9・IODATA HDJA-UT2RW
  ¥19,709 Amazon.co.jp
(8/2執筆時)

 【3TBモデル】

 9・IODATA HDJA-UT3RW
  ¥23,490 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【4TBモデル】

 9・IODATA HDJA-UT4RW
  ¥29,700 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【6TBモデル】

 9・IODATA HDJA-UT6RW
  ¥49,900 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【8TBモデル】

 9・IODATA HDJA-UT8RW
  ¥58,981 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【3年間データ復旧サービス付き】

 【2TBモデル】

 10・IODATA HDJA-UT2RWHQ
  ¥26,164 楽天市場 (8/2執筆時)

 【3TBモデル】

 10・IODATA HDJA-UT3RWHQ
  ¥30,780 楽天市場 (8/2執筆時)

本体寸法:196x124x43 mm
付属品: USB3.0ケーブル 1.5m
HDDメーカー:WD(レッドラベル)
SeeQVault:
空冷ファン: 搭載
速度:180MB/s
保証:3年間

信頼性  ★★★★★★
静音性  ★★★★☆
スピード ★★★★★ 
TV利用 ★★★★★
保証期間 ★★★★★★
総合評価 ★★★★★

 HDJA-UTWシリーズでしょう。

 今回の記事の冒頭で示した「廃熱に関する配慮」「中身のハードディスクの信頼性」「保証内容と保証期間」について、全ての基準を満たすのは、この機種だけです。

 廃熱については、ファンとヒートシンクで「最高レベル」です。

 201806281949.jpg

 中身のハードディスクもWDのレッドシリーズで、現状で考えられる限りで「ベスト」です。保証も3年です。

 202203011747.jpg

 たしかに、価格水準は「数千円高い」のですが、速度水準180MB/sと高い上で、ディスク自体の堅牢性も高いです。回転数は上げていないので、静音性(振動面)も良好です。

 こうした点で、ファンの価格とHDDの差額を考えても、お買得感があります。

 ラックなど廃熱に不安がある場所で、常時使うような方が、「安全性」「安定性」を得たい場合はこの機種が最善でしょう。

ーーー

1・外付けHDDの比較 (1)
 1-1・一般モデル(汎用)
  価格:7千円〜

 なお、この製品も、今回の記事の1回目記事で紹介しました。


 第3に、TVやレコーダーでの録画で利用する際に価格的にオススメできる機種は、

 202201281334.jpg

 【Amazon限定】

 【2TBモデル】

 5・IODATA EX-HDAZ-UTL2K
  ¥8,618 Amazon.co.jp (8/2執筆時) 

 【4TBモデル】

 6・IODATA EX-HDAZ-UTL4K
  ¥10,677 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【6TBモデル】

 7・IODATA EX-HDAZ-UTL6K
  ¥13,580 Amazon.co.jp (8/2執筆時) 

 【8TBモデル】

 8・IODATA EX-HDAZ-UTL8K
  ¥21,800 Amazon.co.jp (8/2執筆時) 

本体寸法:34x115x172 mm  
付属品: USB3.1ケーブル 1m
HDDメーカー:不特定
SeeQVault:
ファン:
速度:約120MB/秒
保証:1年間

信頼性  ★★★★☆
静音性  ★★★★★
スピード ★★★★☆ 
TV利用 ★★★★☆
保証期間 ★★★★☆
総合評価 ★★★★☆

 アイオーデータ入門機のうち、Amazon限定型番(EX-AHDZ)と特定量販店限定型番(HDCZ)がでしょう。 

 BUFFALOHD-LE-Aシリーズがライバルですが、性能はほとんど変わらないので、純粋に「発売時期の関係で価格が安い」点を評価しての結果です。

 201806281814.jpg

 小型なファンレス機なのでTVラックなどの中に入れて、長時間毎日録画という使い方は不向きです。

 しかし、連動した電源OFF機能もありますし、常識的な利用ならば、納得のいく期間は「保つ」でしょう。

 201911241153.jpg

 ヘビーユーザーでないのならば、これで問題ありません。防振用シリコンゴムや、フローティング設計など、静音性・制震性にも、バッファローと同様の配慮があります。

 一方同じく「ファンレス設計」の機種としてはWDのMyBookシリーズもあります。

 ただ、国内TVやブルーレイの動作保証と検証をしているのは、「国内メーカー製の外付けHDDのみ」なので、この用途の場合は避けたほうが良いでしょう。

 なお、サイズは、2016年以降にブルーレイを買った場合は、3TB以上でも問題ないです。

 ただ、それ以前のモデルだと、3TB以上は認識しないことがあるため、2TBを選ぶ方が良いと思います。購入時期が分からない方も、念のため2TBにしておきましょう。

ーーー

1・外付けHDDの比較 (1)
 1-1・一般モデル(汎用)
  価格:7千円〜

 なお、この製品は、「汎用モデル」として、今回の記事の1回目記事で紹介しました。


 第4に、テレビ用にSeeQVault対応のHDDを探している方におすすめなのは、

 201902031048.jpg

 【通常型番】

 【2TBモデル】

 9・バッファロー HD-SQS2U3-A
  ¥13,600 楽天市場 (8/2執筆時)

 【4TBモデル】

 10・バッファロー HD-SQS4U3-A
  ¥16,500 楽天市場 (8/2執筆時)

 【6TBモデル】

 11・バッファロー HD-SQS6U3-A
  ¥20,799 楽天市場 (8/2執筆時)

 【8TBモデル】

 12・バッファロー HD-SQS8U3-A
  ¥26,444 楽天市場 (8/2執筆時)

 【Amazon限定型番】

 【2TBモデル】

 13・バッファロー HD-SQS2U3-A/N
  ¥14,980 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【4TBモデル】

 14・バッファロー HD-SQS4U3-A/N
  ¥18,480 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【6TBモデル】

 15・バッファロー HD-SQS6U3-A/N
  ¥22,980 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【8TBモデル】

 16・バッファロー HD-SQS8U3-A/N
  ¥29,580 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:206×33×114mm
付属品: USB3.0ケーブル 2m
HDDメーカー:
SeeQVault:対応
空冷ファン:
速度:約120MB/秒
保証:1年間

信頼性  ★★★★☆
静音性  ★★★★★
スピード ★★★★☆ 
TV利用 ★★★★★★
保証期間 ★★★★☆
総合評価 ★★★★★★

 バッファローのSeeQVaultに対応モデルでしょう。

 202208021916.jpg

 TVやブルーレイレコーダーの買い換え時に、データを移す面倒さは、経験者からすると、かなりのストレスですし、対応はわりと重要です。

 対応機は、アイオーデータとエレコムにもあります。

 性能面であまり差がないので、そちらでも良いかと思います。

 201902030943.jpg

 ただ、バッファローの場合、HDDのSMART機能を利用した「故障予測」に対応する上で、有償ですが、故障時の録画番組引越しサービスが利用できます。

 録画用ドライブという性質上、この部分が多少「保険」になると言えるため、こちらにしました。

 本体も、ファンレス機である程度静音設計ですし、仕様面でも大きな問題ないです。

ーーー

2・外付けHDDの比較 (2)
 2-1・テレビ専用〈静音〉
  価格:1万円〜

 なお、この製品は、今回の記事の2回目記事で紹介しました。

 先述のように、エレコム・アイオーデータのSeeQVault機とそう差があるわけではないので、値段差がある場合は、安い方ということで決めても良いかと思います。


 第5に、パナソニック・東芝のとくに「全録機」ユーザーにおすすめできるのは、

 201902031123.jpg

 【2020年12月発売】

 【1TBモデル】

 24・IODATA AVHD-AUTB1S
  ¥11,555 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【2TBモデル】

 25・IODATA AVHD-AUTB2S
  ¥10,736 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【3TBモデル】

 26・IODATA AVHD-AUTB3S
  ¥14,390 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【4TBモデル】

 27・IODATA AVHD-AUTB4S
  ¥19,000 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:207×40.5×123mm
付属品: USB3.0ケーブル 1m
HDDメーカー:WD?
SeeQVault:
空冷ファン:
速度:約120MB/秒
保証:1年間   

信頼性  ★★★★★
静音性  ★★★★★
スピード ★★★★☆ 
TV利用 ★★★★★★
保証期間 ★★★★☆
総合評価 ★★★★★★

 アイオーデータのAVHD-AUTBSシリーズでしょう。

 201806282114.jpg

 パナソニックの場合、本機のAVHDコントローラーは、エラー訂正の部分でメリット性があります。

 これは、全録機に限らないので、同社のTV・ブルーレイユーザーは、(SeeQVault不要ならば)本機を候補にして良いと思います。

  202011131510.jpg

 東芝(タイムシフト機)の場合、本機の検品の確かさが活きます。

 先述のように、「長時間加速エージング」検査に合格したHDDだけを、「全データ領域の品質検査」の上に出荷しているため、本機は東芝の「推奨」が出ています。

 全録の用途ならば、SeeQVaultは、不要でしょうし、本機は有力な候補でしょう。

ーーー

2・外付けHDDの比較 (2)
 2-1・テレビ専用〈静音〉
  価格:1万円〜

 なお、この製品は、今回の記事の2回目記事で紹介しました。


 第6に、ビジネス用として速度や容量が欲しい場合におすすめできるのは、

 201905061907.jpg

 【2021年型番】WD My Book Duo

 【8TBモデル】

 12・WD WDBFBE0080JBK-JEEX
  ¥46,054 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【16TBモデル】

 13・WD WDBFBE0160JBK-JEEX
  ¥62,618 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【20TBモデル】

 14・WD WDBFBE0200JBK-JEEX
  ¥85,282 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【28TBモデル】

 15・WD WDBFBE0280JBK-JEEX
  ¥100,527 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

 【36TBモデル】

 16・WD WDBFBE0360JBK-JEEX
  ¥133,755 Amazon.co.jp (8/2執筆時)

本体寸法:幅10×奥行16×高さ18cm
付属品: USB3.0ケーブル
HDDメーカー:WD
SeeQVault:
空冷ファン:
速度:約250MB/秒(Raid0)
保証:3年間

信頼性  ★★★★★★
静音性  ★★★★★
スピード ★★★★★★ 
TV利用 ★★★☆☆
保証期間 ★★★★★
総合評価 ★★★★★★

 My Book DUOシリーズはを検討すると良いでしょう。

  202203011747.jpg

 同社の上位機(G Drive)はかなり魅力です。

 ただ、基本的にはグラフィックデザイナなど、大きな容量のディスクとスピードが必要な本職用であり、高いです。

 本機でも、Raid0を組むことを前提にすれば、速度250MB/秒に届きます。

 回転数は5400回転ですので、上位機ほど廃熱などに気を使わずにも良いですので、「スタンダード機」といえるのは、本機でしょう。

 中身のHDDは(子会社で旧日立系のHGSTを含む)WD製でしょうし、値段なりの信頼性もありますし、本機が良いかと思います。

ーーー

3・外付けHDDの比較 (3)
 3-1・ビジネス専用〈堅牢/高速〉
  価格:2万円〜

 なお、この製品は、今回の記事の3回目記事で紹介しました。

補足:このブログの関連記事の紹介

 と言うわけで、今回はハードディスクの紹介でした。

 最後に、いくつか、関連記事を紹介しておきます。

ーーー

 201802071708.jpg

1・一般向けのNASの比較
 = 入門者向けの格安NAS
2・マルチメディアNASの比較 
 = 動画整理が大得意なTV向けNAS
3・上級者向けNASの比較
 =高度な機能を持つ上級NAS

 第1に、NASです。

 ようするに、外付けHDDに有線LANかWi-Fiを搭載し、ネットワークアクセスを可能にしたジャンルです。

 企業ほか、自宅のどこからでもアクセスしたい場合、最終的に便利です。

 このブログでは、上記の記事で別に比較していますので、よろしければご覧ください。

 201809141056.jpg

1・外付けハードディスク(電源付)
2・ポータブルHDDドライブ

3・ポータブルSSDドライブ
4・USBフラッシュメモリー

5・NAS(ネットワークディスク)  
6・Mac向きのドライブのまとめ

 第2に、他の記憶メディアです。

 なお、その他の記憶デバイスと比較して考えたい方は、上記の記事をご覧ください。

  201807071315.jpg

1・SONYのブルーレイレコーダー
2・パナソニックのブルーレイディーガ

3・東芝の全録レグザブルーレイ  
4・シャープのアクオスブルーレイ
5・おすすめブルーレイレコーダー【結論】

 そのほか、TV録画用のハードディスクを検討されている方で「この際、ブルーレイも検討!」という方は、上記の記事もよろしくお願いします。

ーー

 ではでは。

posted by Atlas at 20:54 | PC周辺機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png