Top PC周辺機器 比較2022'【軸色別】FILCOマジェスタッチ74機の性能とおすすめ・選び方 (2) 日本語編

2022年09月07日

比較2022'【軸色別】FILCOマジェスタッチ74機の性能とおすすめ・選び方 (2) 日本語編

【今回レビューする内容】2022年 Majestoucの性能とおすすめ・選び方

【紹介する主な製品型番】ピンク軸 FKBN108MPS/NMB3 FKBN108MPS/NMB3-AKP FKBN108MPS/JMW2 FKBN108MPS/NCSP2AG FKBN91MPS/NMB3 FKBN91MPS/JMW2 FKBN91MPS/NCSP2AG FKBC108MPS/JB2 FKBC91MPS/JB2 LP赤軸 FKBS108XMRL/NB FKBS108XMRL/NFB FKBS108XMRL/JB KBS91XMRL/NB FKBS91XMRL/NFB FKBS91XMRL/JB FKBN108MSS/NCSP2B FKBN91MSS/NCSP2B Majestouch MINILA-R Convertible 茶軸 FFBTR66M/NMB FFBTR66M/NSG FFBTR66MPS/NMB FFBTR66MPS/NSG

今回のお題
軸色別に、マジェスタッチはどのように選ぶのがおすすめ?

 ども、Atlasです。

 今日は、2022年9月現在、最新のFilco(ダイヤテック)マジェスタッチ キーボード(日本語KB)の比較の2回目記事です。

1・マジェスタッチの比較 (1)
 1-1:茶軸
 1-2:黒軸
 1-3:青軸
 1-4:赤軸
2・マジェスタッチの比較 (2)  
 
2-1:ピンク軸
 2-2:低背赤軸
 2-3:シルバー軸
 2-4:そのほか〈ミニラ〉
 2-5:最終的なおすすめの提案

 前回で、一般向けの製品はすべて紹介を終えたので、静音重視のピンク軸(静音赤軸)と、主にゲーミング向けに売られている軸の製品を紹介します。

 202205011048.jpg

 ただ、軸の選び方を含めた基本は、1回目記事の冒頭(こちら)で書いています。

 お時間のある方は、そちらからお読みいただくと、わかりやすいかと思います。

 よろしくお願いします。

ーーー

キーの軽さ  ★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★★
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各機種を個別に比較していきます。

 そして、最後に「結論」では、上表のようなポイントから、目的別・価格別にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

2-1・ピンク軸のキーボードの比較

  202105311243.jpg

 はじめに、「ピンク軸(静音赤軸)」のキーボードを紹介します。

---

 以下の記事では、1回目記事とおなじく、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチな部分を青字系で記していきます。


 201810031422.jpg

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 Sピンク軸

 51・かなあり FKBN108MPS/JB2
  ¥11,151 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202209071131.jpg

 マジェスタッチ3 Sピンク軸

 【通常型番】

 52・かななし FKBN108MPS/NMB3
  ¥19,800 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(引き抜き工具つき)

 53・かななし FKBN108MPS/NMB3-AKP
  ¥20,280 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 201810031423.jpg

 マジェスタッチ2 HAKUA SILENT ピンク軸

 54・かなあり FKBN108MPS/JMW2
  ¥15,760 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202205011103.jpg

  マジェスタッチ 2SC ASAGI ピンク軸 

 55・かななし FKBN108MPS/NCSP2AG
  ¥16,280 楽天市場 (9/7執筆時)

 こちらは、マジェスタッチピンク軸モデルです。

 赤軸に静音面の改良を施した製品です。

 202209071124.jpg

 ラインナップは、4種類から選択できます。

 ここまでみた他軸の場合と同じで、シリーズ(色)で、「かな記号あり」「かな記号なし」ほか、以上の項目が決まります。

 202205011048.jpg 

 キー荷重は、赤軸と同じ45gです。

 ピンク軸も、赤軸と同じで、クリック感がなく、また、押し心地が軽いモデルです。

 キーピッチは19mmと他軸と同じですが、ストロークは3.7mmとなります。

 ストロークは他軸より浅めです。AP(スイッチの入るポイント)も(静音性を高めるため)10%ほど浅めですが、赤軸との使い心地に差は(ほぼ)感じません。

 やはり、一般的には「軽快すぎる」キーボードなので、打ち間違いは多くなりがちです。ブラインドタッチに慣れた上級者以外は、茶軸が無難でしょう。

 キー配列は、本機も日本語108キーです。

 そのため、Windowsキーがあるタイプです。

  202205011318.jpg

 キー刻印は、先述のようにかな印字がある「かなあり」と、印字がない「かななし」とも選べます。

 201806131519.jpg

 打鍵音は、黒軸並みに、静音性が高いです。

 オフィスや夜間など、打鍵感が気になる場所での利用に向いています。

 なお、赤軸と比べると、静音性が約30%向上しているとされます。

 接続方式は、USBのみとなります。

---

 以上、マジェスタッチピンク軸の紹介でした。

 メイン5軸のなかでは最後発でしたが、定番化し、人気のあるモデルになっています。

 ただ基本的には、設置環境的に「静音」が絶対に必要な方にのみ向くモデルといえます。

 赤軸と同様に、慣れないと誤入力が起こりやすいため、やはり茶軸に比べると、一般向けではないです。

ーーー

 201810031429.jpg

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 テンキーレス ピンク軸

 56・かなあり FKBN91MPS/JB2
   (¥9,991) Amazon co.jp (9/7執筆時)

 201810031429.jpg

 マジェスタッチ3 テンキーレス ピンク軸

 【通常型番】

 57・かななし FKBN91MPS/NMB3
  ¥17,600 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(引き抜き工具つき)

 58・かななし FKBN91MPS/NMB3-AKP
  ¥18,080 Amazon co.jp (9/7執筆時)

  201810031430.jpg

 マジェスタッチ HAKUA SILENT テンキーレス ピンク軸

 59・かなあり FKBN91MPS/JMW2
   ¥9,991 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202205011117.jpg

 マジェスタッチ 2SC ASAGI Tenkeyless ピンク軸

 60・かななし FKBN91MPS/NCSP2AG
   ¥14,980 楽天市場 (9/7執筆時)

 なお、マジェスタッチピンクにもテンキーレスがあります。

 キー配列は、日本語91キー配列で、Windowsキーがあります。

 やはり、フルサイズと同様のキーストローク・キーピッチです。

 接続方式は、USBのみとなります。 

 他軸の場合と同じで、テンキー付きのフルサイズ版と、打ち味は変わりません。

 剛性・安定性もあるので、テンキー不要ならば選んでOKです。

ーー

  201810031427.jpg

 【USB+BT接続】

 コンバーチブル2 SILENT ピンク軸

 61かなあり FKBC108MPS/JB2
  ¥17,804 Amazon co.jp (9/7執筆時)

  201810031429.jpg

 コンバーチブル2 テンキーレス ピンク軸

 62・かなあり FKBC91MPS/JB2
   ¥16,786 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 なお、ピンク軸モデルについても、USBとBluetoothのハイブリッド仕様のモデルがあります。

 白(HAKUA)もあったのですが、廃盤になっています。

 202204301436.jpg

 ただ、本機の場合も接続規格がBluetooth 3.0です。

 安定性の部分ほか、電池(単3電池2本)が、1日5時間の利用として、約6ヶ月の寿命です。

 Dipスイッチで一部のキーを入れ替えられる仕様など特別な部分はありますが、Bluetoothの仕様の面で、個人的には、あまりオススメしません。

2-2・低背赤軸キーボードの比較

 続いて、FILCO製品の背の低いロープロファイルの赤軸キーボードです。

 相当ニッチなゲーミング向けの特性の軸です。


 202102151310.jpg

 【USB接続】

 Majestouch Stingray 赤軸

 63・かななし FKBS108XMRL/NB
  ¥12,045 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 63・かななし 前面印刷 FKBS108XMRL/NFB
  ¥14,110 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 63・かなあり FKBS108XMRL/JB
  ¥11,982 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 スティングレイは、マジェスタッチ2赤軸モデルです。

 202102151312.jpg 

 しかし、普通の赤軸とちがって、キーの背丈と、キーストロークが低い「ロープロフィール」です。

 202205011055.jpg

 キー荷重は、45gです。

 クリック感がないタイプでこの部分は赤軸と同じです。

 こうした点から、「低背MX赤軸スイッチ(Low Profile MX Red)」と呼ばれます。

 キーピッチ(キーとキーの間隔)は、同じく19mmでうs。

 ストロークは、しかし3.2mmで、AP(作動点)が1.2mmですので、通常キーとはだいぶ違います。前者は20%ほど、後者は50%程短いです。

 チェリーのスイッチではシルバー軸並に浅いので、高速入力には有利です。ただ、これはゲーミング時の「連射」に使う場合という意味です。

 文字を打つ仕事をする場合、(タイピング競技に参加するのではないなら)薄くするのは意味がないでしょう。

 打鍵の正確性もうち心地が犠牲になります。

 キー配列は、日本語108キーです。

 そのため、Windowsキーがあります。

 キー刻印は、3種類です。

 なお、ロープロ赤軸の場合、全て「Majestouch Stingray」というシリーズに属します。

 そのため、ここまで見た軸と違って、同じ外観で、「かなあり」「かななし」「かななし・前面印刷」が全て選択可能です。

 打鍵音は、普通の赤軸と同じです。

 接続方式は、どのモデルも、USBとPS/2が選べるコンバーチブル仕様です。

 202102151355.jpg

 なお、本機については、ゲーミング用として出ているので、Fnキーなどの入替機能が充実します。

---

 以上、スティングレイの紹介でした。

 他社ではロープロ赤軸を、(見映えがするので)普通の仕事用に売っている場合もあります。ただ、基本的には「ゲーム用」であり、仕事に向いた仕様ではない部分は注意してください。

 ただ、その用途では、ライティングなど派手な演出はないものの、剛性のある筐体で、スイッチの質も良いので、他社機の同価格帯の製品と比べても「選んで良いモデル」と言えます。

ーーー

 202102151330.jpg

 Majestouch Stingray テンキーレス 赤軸

 【USB接続】

 64・かななし・KBS91XMRL/NB
  ¥10,591 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 64・かななし・前面印刷 FKBS91XMRL/NFB
  ¥14,820 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 64・かなあり・FKBS91XMRL/JB
  ¥10,591 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 なお、スティングレイも、テンキーを省略した日本語91キーモデルが展開されます。

 解説の必要はないでしょうが、テンキー不要で良いならば選んでOKです。

2-2・シルバー軸キーボードの比較

  202102151343.jpg

 続いて、シルバー軸のキーボードです。

 こちらも、ゲーミング向けの軸です。


 202102151339.jpg

 【USB接続】

 Majestouch 2SS Edition スピードシルバー軸

 65・かななし・FKBN108MSS/NCSP2B
  ¥15,879 楽天市場 (9/7執筆時)

 こちらは、マジェスタッチ2ピードシルバー軸です。

 通常のシリーズ名と異なるMajestouch 2SSという名前の特別モデルです。

 202102151341.jpg

 キーキャップが、スカイグレーカラーの二色成形(PBT)でデザイン性が良いです。価格は少し高めになりますが、作りは、最新のMajestouch3系列と同じです。

 202205011055.jpg

 キー荷重は、45gです。

 レアな、スピードシルバー軸ですが、特性としては、クリック感がなく、静音性も高い点で、通常キーのピンク軸が近いです。

 一方、本製品は「スピード」という冠詞が付く「シルバー軸」です。

 キー自体は(背の低い)ロープロフィールではないですが、ストロークは3.4mmで、AP(作動点)は1.2mmと、いずれも短いです。

 この点で、「低背MX赤軸スイッチ(Low Profile MX Red)」と同じで、ゲーミング用として、高速連射するのに向く製品です。

 その用途では、スイッチ寿命も通常の2倍の1億回です。 

 いずれにしても、基本的な特性は「低背MX赤軸」とほぼ同じです。連射はしたいが、通常のキーの高さが欲しい場合、(ロープロ赤軸ではなく)こちらが選択肢になる感じでしょう。

 キー配列は、日本語108キーです。

 そのため、Windowsキーがあります。

 キー刻印は、「かななし」のみの展開です。

 打鍵音は、静かです。

 接続方式は、USBとPS/2が選択できます。

 また、本機についても、Fnキーなどの入替機能があります。

---

 以上、マジェスタッチ2ピードシルバー軸の紹介でした。機能面や性質は、(匠レベルにこだわらないならば)ロープロ赤軸とさほどの違いは見られないと言えます。

 個人的には、ストローク・作動点に若干余裕があるこちらの方が、オーソドックスには感じますが。

 一方、キートップの質については、新型で、耐久性の面で利点があるPBT樹脂を利用しており、その部分を含めて、値段差分、本機のほうが上位とは言えそうです。

ーーー

 202102151456.jpg

 【USB接続】

 66・かななし・FKBN91MSS/NCSP2B
  ¥15,300 楽天市場 (9/7執筆時)

 なお、本機もテンキーレスモデルが存在します。

2-3・超省スペースキーボードの比較

 最後に、超省スペース型となる、マジェスタッチ「ミニラエア」を紹介しておきましょう。


 202009010949.jpg

 【2020年】

 【USB+BT接続】

 Majestouch MINILA-R Convertible 茶軸

 67・FILCO かななし FFBTR66M/NMB
 67・FILCO かななし FFBTR66M/NSG
   ¥13,455 Amazon.co.jp (9/7執筆時)

 【おまけ付き】

 68・FILCO かななし FFBTR66M/NMB-AKP
 68・FILCO かななし FFBTR66M/NSG-AKP
   ¥15,424 Amazon.co.jp (9/7執筆時)

 202009010949.jpg

 Majestouch MINILA-R Convertible 青軸

 69・FILCO かななし FFBTR66MC/NMB
 69・FILCO かななし FFBTR66MC/NSG
   ¥13,455 Amazon.co.jp (9/7執筆時)

 【おまけ付き】

 70・FILCO かななし FFBTR66MC/NMB-AKP
 70・FILCO かななし FFBTR66MC/NSG-AKP
   ¥15,424 Amazon.co.jp (9/7執筆時)

 202009010949.jpg

 Majestouch MINILA-R Convertible 赤軸

 71・FILCO かななし FFBTR66MRL/NMB
 71・FILCO かななし FFBTR66MRL/NSG
   ¥13,455 Amazon.co.jp (9/7執筆時)

 【おまけ付き】

 72・FILCO かななし FFBTR66MRL/NMB-AKP
 72・FILCO FFBTR66MRL/NSG-AKP
   ¥15,424 Amazon.co.jp (9/7執筆時)

 202009010949.jpg

 Majestouch MINILA-R Convertible サイレントレッド軸

 73・FILCO かななし FFBTR66MPS/NMB
 73・FILCO かななし FFBTR66MPS/NSG
   ¥14,800 Amazon.co.jp (9/7執筆時)

 【おまけ付き】

 74・FILCO かななし FFBTR66MRL/NMB-AKP
 74・FILCO かななし FFBTR66MRL/NSG-AKP
   ¥15,424 Amazon.co.jp (9/7執筆時)

 Majestouch MINILA-R Convertible は、マジェスタッチシリーズでは、最もコンパクトなサイズのキーボードです。 

 202209071204.jpg

 本体色は、基本、2色構成です。

 このうち、「おまけ付き」と書いた、型番末尾が-AKPのモデルは、Amazon限定モデルです。こちらのみ、キーの引き抜き工具がおまけで付属します。

 202110101038.jpg

 軸色の構成は、ここまで見てきた製品とほぼ同じです。

 ただし、日本語モデルについては、黒軸の展開がないです。

 接続方式は、本機については、USBBluetooth5.0のコンバーチブル仕様です。

 202204301436.jpg

 こちらについては、製造年が新しい関係で、通信安定性の高いBluetooth 5.0です。

 通信安定性がよいほか、省電力でバッテリーの保ちも良いでしょう。

 ただし、(Bluetoothの海鮮の細さの限界で)高解像度の音楽をBluetooth経由で聴く場合、通信が不安定になる場合はあります。

 202009011036.jpg

 キー配列は、日本語68キー配列です。

 通常機と比較すると、キートップがタイプライターのように凹んだスフェリカルデザインを採用しています。

 これにより、正確な打鍵が担保できるようになっています。

 一方、本機は「超省スペース仕様」なので、Windowsキーがないほか、単独の矢印キーやファンクションキー(F1〜F12キー)もないモデルです。  

 201505031806.jpg

 ただ、親指部分に「Fnキー」があり、このボタンと数字キーを押すことでホームポジションを崩さず、ファンクションキーや矢印キーが使える仕組みです。

 省スペース性は最高の機種ですが、ややキー配置が特殊な点は注意が必要です。ブラインドタッチになれた方はやや不便かもしれません。

 一方、プログラミングをする人には【HHK(Happy Hacking Keyboard)の比較記事】で紹介した、専用のキーボードように使えるため良いのかな?と思います。

 キー刻印は、印字がない「かななし」のだけの展開です。

--

 以上、Majestouch MINILA-R Convertibleの紹介でした。

 省スペースキーボードが欲しい方が選ぶべき製品です。

 こちらについては、Bluetoothの部分の仕様にも問題がないので、プログラミング用などには、本機を選んでも良いかと思います。

 ただ、超コンパクト型は、普通の書類仕事には向きませんし、矢印キーも1アクションで使えない部分で不便です。(慣れるまでに)ストレスは感じやすいでしょう。

今回の結論
マジェスタッチのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今日は、FILCOのマジェスタッチの現行製品を全機種比較しました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、高級キーボードを初めて購入する方におすすめな、スタンダードモデルは、

 20181003r:1px #000000 dotted;

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 茶軸(在庫限り)

 1・かなあり FKBN108M/JB2
   ¥14,080 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202209071131.jpg

 マジェスタッチ3 茶軸

 【通常型番】

 2・かななし FKBN108M/NMB3
  ¥18,700 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(引き抜き工具つき)

 3・かななし FKBN108M/NMB3-AKP
  ¥19,180 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 201810031423.jpg

 マジェスタッチ2 HAKUA 茶軸

 4・かなあり FKBN108M/JMW2
   ¥11,469 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202205011103.jpg

 マジェスタッチ 2SC ASAGI 茶軸 

 5・かななし FKBN108M/NCSP2AG
  ¥16,280 楽天市場 (9/7執筆時)

 202102151222.jpg

 マジェスタッチ Lumi S 茶軸

 6・かななし FKBN108M/NCSP2LS
  ¥14,125 Amazon co.jp (9/7執筆時)

キーの軽さ  ★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★★
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 マジェスタッチ2茶軸USB接続モデルのいずれかが良いでしょう。

 先述のように、Bluetoothモデルは安定性に欠けるので、選ばなくて良いかと思います。

 202205011048.jpg

 軸色は、茶軸です。

 この場合、適度なクリック感、適度なキーの荷重で、マジェスタッチシリーズのなかでは、最も使いやすいです。

 打ち間違いも少なく、長時間のタイピングでも疲れにくい、「万能選手」です。

 特に、1万円前後の高級キーボードが初めての方は、「最もクセのない」この機種から初めて、2台目で「クセのある軸」を選んだ方が良い場合が多いです。

 202209071124.jpg

 本体色はどれでもOKです。

 ただし、先述のように、シリーズで刻印の種類と位置が違う部分は、特に注意してください。

 ブラインドタッチが苦手な初心者は(特殊な記号まで万全を期すならば)「かなあり」を、一般的には「かななし」が良いかと思います。

 202209071032.jpg

 一方、新型のMajestouch3と、緑色のASAGIについては、本体塗装や、キーキャップの質がほかより良いです。

 値段差分の差はあるので、その部分で選んでも良いかと思います。


 第2に、テンキーレスキーボードのおすすめ機種は、

 201810031429.jpg

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 テンキーレス 茶軸

 7・かなあり FKBN91M/JB2
  ¥14,351 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 201810031429.jpg

 マジェスタッチ3 テンキーレス 茶軸

 【通常製品】

 8・かななし FKBN91M/NMB3
  ¥17,600 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(引き抜き工具付き)

 9・かななし FKBN91M/NMB3-AKP
  ¥18,080 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202205011227.jpg

 マジェスタッチ BLACK テンキーレス茶軸

 10・かななし 前面印刷 FKBN91M/NFB2
  ¥9,782 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(グリップシート付)

 11・かななし 前面印刷 FKBN91M/NMB3-PGS
  ¥10,791 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 201810031430.jpg

 マジェスタッチ HAKUAテンキーレス 茶軸

 12・かなあり FKBN91M/JMW2
  ¥10,093 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202102151241.jpg

 マジェスタッチ Lumi S テンキーレス 茶軸

 13・かななし FKBN91M/NCSP2LS-AKP
  ¥13,057 Amazon co.jp (9/7執筆時)

202205011117.jpg

 マジェスタッチ 2SC ASAGI テンキーレス 茶軸 

 14・かななし FKBN91M/NCSP2AG
  ¥14,980 楽天市場 (9/7執筆時)

キーの軽さ  ★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★★
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 この場合も、マジェスタッチ2 のテンキーレスモデル茶軸が良いでしょう。

 より小型なサイズ(ミニラ)もありますが、さほどスペースの節約にはならない上、押しやすさが削がれていますので、一般的にはこちらでしょう。

 202209071124.jpg

 こちらは、相当種類があるので、迷うでしょうが、新しいMajestouch3ほか、キャップの質の部分で、ASAGIについては質が良いので、値段差分の差はあると考えてください。

 一方、初心者の方で、テンキーレスか、テンキー付きか迷っている方は、あえて言えば、スペースが許せばフルサイズの方が良いと思います。

 キーボードの重量がある程度あるので、打鍵が(多少)安定する傾向にあるからです。

 とはいえ、本当に僅かな「差」なので、美観重視でテンキーレスを選んでも問題ありません。フィルコの本体はしっかりした作りです。


 第3に、日常におけるタイピングミスを効果的に防ぐためにおすすめの機種は

 20181003r:1px #000000 dotted;

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 黒軸(在庫限り)

 19・かなあり FKBN108ML/JB2
   ¥15,760 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 201810031429.jpg00000 dotted;

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 テンキーレス 黒軸

 20・かなあり FKBN91ML/JB2
  ¥9,910 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202205011227.jpg

 マジェスタッチ BLACK テンキーレス茶軸

 【通常製品】

 21・かななし 前面印刷 FKBN91ML/NFB2
  ¥10,636 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(グリップシートつき)

 22・かなあり 前面印刷 FKBN91M/NFB2-PGS
  ¥10,984 Amazon co.jp (9/7執筆時)

キーの軽さ  ★★☆☆☆
打鍵の正確さ ★★★★★★
静音性    ★★★★★★
総合評価   ★★★★★

 黒軸が最も有利でしょう。

 ただし、クリック感のなさと、キーの重さが気にならないのならば、という条件付きです。

 202205011048.jpg

 とくに、タイピングの他、ゲームなど、激しくキーボードを叩く傾向のあるかたは、荷重が強めで、クリック感がないこの機種が向いています。

---

 201810031422.jpg

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 青軸(在庫限り)

 27・かなあり FKBN108MC/JB2
  ¥14,434 楽天市場 (9/7執筆時)

 202209071131.jpg

 マジェスタッチ3 青軸

 【通常型番】

 28・かななし FKBN108MC/NMB3
  ¥18,700 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(おまけつき)

 29・かななし FKBN108MC/NMB3-AKP
  ¥19,180 Amazon co.jp (9/7執筆時)

キーの軽さ  ★★★★☆
打鍵の正確さ ★★★★★★
静音性    ★★☆☆☆
総合評価   ★★★★★

 ただ、静音性を重視しなくて良い環境ならば、むしろ青軸のほうが正確性が担保されやすいと思います。

 こちらは、キーの重さに加えて、押した際の「カチッ」というクリック感で打鍵の正確性を確保できるからです。

 202205011048.jpg

 諸説ありますが、長時間のタイピングの仕事をする方は、(黒軸に比べれば)青軸の方がやや疲れにくい部分もあります。

 ただ、繰り返しますが、この軸色は、打鍵音はかなりあるため、気になるようならば、同じくクリック音があるタイプで、打鍵音に加減がある茶軸が良いでしょう。


 第4に、手の疲れに悩んでいる方に特におすすめできる機種は

 201810031422.jpg

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 赤軸(在庫限り)

 38・かなあり FKBN108MRL/JB2
  ¥21,912 楽天市場 (9/7執筆時)

 202209071131.jpg

 マジェスタッチ3 赤軸

 【通常型番】

 39・かななし FKBN108MRL/NMB3
  ¥18,700 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(引き抜き工具つき)

 40・かななし FKBN108MRL/NMB3-AKP
  ¥19,180 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202205011103.jpg

 マジェスタッチ 2SC ASAGI 赤軸

 41・かななし FKBN108MRL/NCSP2AG
  ¥16,280 楽天市場 (9/7執筆時)

キーの軽さ  ★★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★☆
静音性    ★★★★☆
総合評価   ★★★★★

 マジェスタッチ2赤軸が良いでしょう。

 202205011048.jpg

 青軸と悩みました。

 しかし、赤軸は、クリック感とキーの重さ双方がないため、とくに、ノートPCに慣れている初心者の方には、このタイプが「最も軽く感じられる」キーボードだと考えました。

 ただし、ブラインドタッチが正確にできる方以外は、このタイプはタイプミスが多くなるため、茶軸が無難だと思います。

 逆に、ブラインドタッチが正確な方で、長時間のタイピングの仕事をする方は、高級キーボード一台目でも、赤軸と相性が良いようです。

ーーーー

 201810031429.jpg

 マジェスタッチ2 テンキーレス 赤軸

 42・かなあり・FKBN91MC/JB2
  ¥9,630 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 201810031429.jpg

 マジェスタッチ3 テンキーレス 赤軸

 【通常型番】

 43・かななし FKBN91MRL/NMB3
  ¥17,600 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(引き抜き工具付)

 44・かななし FKBN91MRL/NMB3-AKP
  ¥18,080 Amazon co.jp (9/7執筆時)

   202205011227.jpg

 マジェスタッチ BLACK テンキーレス 赤軸

 45・かななし・前面印刷 FKBN91MC/NFB2
  ¥9,782 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202205011117.jpg

 マジェスタッチ 2SC ASAGI Tenkeyless 赤軸

 【USB接続】

 46・かななし FKBN91MRL/NCSP2AG
  ¥14,980 楽天市場 (9/7執筆時)

 もちろん、TKLタイプを選んでも構いません。


 第5に、手の疲れに悩んでいる方で、静音性も重視したい場合におすすめなのは、

 201810031422.jpg

 【USB接続】

 マジェスタッチ2 Sピンク軸

 51・かなあり FKBN108MPS/JB2
  ¥11,151 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202209071131.jpg

 マジェスタッチ3 Sピンク軸

 【通常型番】

 52・かななし FKBN108MPS/NMB3
  ¥19,800 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 【Amazon限定】(引き抜き工具つき)

 53・かななし FKBN108MPS/NMB3-AKP
  ¥20,280 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 201810031423.jpg

 マジェスタッチ2 HAKUA SILENT ピンク軸

 54・かなあり FKBN108MPS/JMW2
  ¥15,760 Amazon co.jp (9/7執筆時)

 202205011103.jpg

 マジェスタッチ 2SC ASAGI ピンク軸 

 55・かななし FKBN108MPS/NCSP2AG
  ¥16,280 楽天市場 (9/7執筆時)

キーの軽さ  ★★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★☆
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 ピンク軸を選ぶと良いでしょう。 

 赤軸のこの傾向をもったまま、静音性も高めた軸ですので。

 202205011318.jpg

 この軸色は最近人気ですので、外観色と刻印は、茶軸並みに選べます。

 ただ、静音性を高めるために、ストロークほかを「いじっている」部分はあるため、打ち味の部分で上位とは言えません。

 静音性がなくても問題ない環境ならば、ほかの軸が良いかと思います。


 第5に、ゲーミング用に作動点の短い連射対応モデルを選ぶならば、

 202102151339.jpg

 【USB接続】

 Majestouch 2SS Edition スピードシルバー軸

 65・かななし・FKBN108MSS/NCSP2B
  ¥15,879 楽天市場 (9/7執筆時)

 202102151456.jpg

 66・かななし・FKBN91MSS/NCSP2B
  ¥15,300 楽天市場 (9/7執筆時)

キーの軽さ  ★★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★☆
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 Majestouch 2SS Editionでしょう。

 202205011055.jpg

 「低背MX赤軸スイッチ(Low Profile MX Red)」との比較になります。

 あまり差はないのですが、そちらはやや扁平なキーボードで、押し味が特殊とは言えます。

 その部分ほか、本機については、キーキャップの質が良いので、「合わせ技」でこちらを推しました。

 ただ、いずれも「ニッチ」なキーで、あくまでゲーミング用と考えて選んでください。

補足:このブログの関連記事の紹介

 というわけで、マジェスタッチ2の日本語配列のキーボードについてでした!。

 最後に、このブログの関連記事の紹介です。

 201806021509.jpg

1・高級キーボード全体の比較【まとめ】
2・ゲーム向けマウスの比較
3・ゲーム向け液晶モニターの比較
4 ・ゲーム向けの椅子の比較

 高級キーボードの二強といえば、東プレのリアルフォースとFILCOのマジェスタッチです。

 両社のモデルから選ぶ場合のオススメ機種について、1番記事でまとめています。よろしければご覧ください。

 その他の記事も、よろしくお願いします。なお、各記事はほとんどの場合「疲れない!」をテーマに書いています。

 最後になりましたが、もし今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 16:20 | PC周辺機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png