Top 調理家電 比較2022'【解説】ハンドミキサー32機の性能とおすすめ・選び方 :ハンドブレンダー (3)

2022年05月05日

比較2022'【解説】ハンドミキサー32機の性能とおすすめ・選び方 :ハンドブレンダー (3)

今回の結論
ハンドミキサーのおすすめ機種は結論的にこれ!

 201808281305.jpg

1・ハンドミキサーの比較 (1)
 1-1:パナソニック〈日本〉
 1-2:ブラウン〈ドイツ〉
2・ハンドミキサーの比較 (2)
 2-1:クイジナート〈米国〉
 2-2:T-Fal〈仏国〉
 2-3:テスコム〈日本〉
 2-4:アイリスオーヤマ〈日本〉
 2-5:タイガー〈日本〉
 2-6:OXA LINKChef〈中国〉
3・ハンドミキサーの比較 【結論】
 = 最終的な「おすすめ機種」の提案

 というわけで、今回は、ハンドミキサー・ハンドブレンダーの比較でした。

 3回目記事となる今回は、最後に、いつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、初めてハンドブレンダーを購入する方で、比較的格安で性能面での期待値が高いのは、

  202005191410.jpg

 【2020年発売】

 【本体+泡立て+小チョッパー】

 2・パナソニック MX-S302-W
   ¥8,463 楽天市場 (5/5執筆時)

 2・パナソニック MX-S302-W
  ¥------ Amazon.co.jp (5/5執筆時)

本体の重さ:780g
回転調節 :2段階
回転回数:
チョッパー:200gまで
定格時間:1分(泡立は2分)
サイズ: 幅6.4×奥行7.1×高さ41.0cm

速度調節    ★★★★☆
パワフルさ   ★★★★☆
チョッパー容量 ★★★★☆
本体の軽さ   ★★★★★
離乳食の調理  ★★★★☆
総合評価    ★★★★★

 パナソニックMX-S302でしょう。

  202011211354.jpg

 本機は、ある程度「軽量」な上で、「安全性」の部分で相当な配慮がある点を評価しました。

 安全対策の部分では、ブラウンにはないブレーカー・サーモスタットを装備します。

 故障につながるオーバーヒートや過負荷を未然に防ぐため、初心者には心強いでしょう。

 その上で、二重ロックなど、この部分での評価値は高いです。

 201805031253.jpg

 性能面でも、とくに本機はブレンダーの基本用途となる、「つぶす」「混ぜる」の部分の精度は高いです。

 同社の「刃」に関する技術力を活かし、他社と比べると格段に性能が良いと言える4枚刃を使用するため、速度など特別な調整をしない限りにおいて、仕上がりは最も良い機種です。

 202005191414.jpg

 主な用途は、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」という基本部分を網羅しますので、色々な料理に利用できます。 

 そのため、フレキシブルな回転調整はできない点、チョッパーケースも小さめな点に問題がないならば、初心者に限らず「格安機」として本機は、おすすめできます。


 第2に、大量処理もできる、強力なハンドミキサーとしておすすめできる上級機は、

 202011201755.jpg

 【2020年モデル】

 【本体+チョッパー+フードプロセッサ】

 12・ブラウン マルチクイック7 MQ7080XG
  ¥22,000 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

 【本体+チョッパー+フードプロセッサ+泡立て】

 12・ブラウン マルチクイック7 MQ7085XG
  ¥19,542 楽天市場 (5/5執筆時)

本体の重さ:890g
回転調節:スマートスピード搭載
回転回数:約13800回転
チョッパー:500gまで
定格時間: 1分(泡立て3分)
サイズ:幅7.0×奥行7.0×高さ40cm

速度調節    ★★★★★★
パワフルさ   ★★★★★
チョッパー容量 ★★★★★★
本体の軽さ   ★★★☆☆
離乳食の調理  ★★★★☆
総合評価    ★★★★★★

 ブラウンのマルチクイック7の上位機が良いでしょう。

  201808281432.jpg

 主な用途としては 「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「おろす」という基本機能はもちろん網羅します。

 201808281440.jpg

 その上で、チョッパーの「上位互換」といえる、フードプロセッサーが装備されるため、「せん切り」・「スライス」・「こねる」という動作も追加で対応できます。

 とくに、ミンチについては、1度に500gまでの肉と玉ネギに対応できる大サイズですから、まとめて利用したい場合に有利です。

 連続使用時間は、1分です。

 ただ、ブラウンの場合、(サーモ・ブレーカーがないかわり)次の利用までの休止時間は3分です。

 同じ食材の連続調理のほか、他の食材(調理法)を連続して処理したい場合にも向くため、上級者には良いでしょう。

 202011201809.jpg

 ブレードは、パナソニックに比べるとあまり工夫がないです。

 ただ、シャフトが上下する、アクティブブレードテクノロジーが、仕上げの均質化を補助してくれます。

 その上で、400Wとかなりパワフルに稼働するため、(あるていど)固い食材、水分が少なめの食材でも止まりにくいです。

 また、飛び散りについて、回転刃カバーの工夫があるのも、良い部分でしょう。

  202011201818.jpg

 また、握りによって調整できる、「簡単スマートスピード」は、豆に速度を調整したい、特に製菓では便利そうです。

 その点で言えば、泡立て器利用時は、3分という稼働時間はわりと嬉しいでしょう。

ーーー

 201805031326.jpg

 【2021年モデル】

 【本体】

 14・ブラウン マルチクイック9 MQ9100XS
  ¥14,840 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

 【本体+ビックチョッパー+泡立て】

 14・ブラウン マルチクイック9 MQ9145XS
  ¥18,1900 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

 【本体+フードプロセッサ+泡立て】

 14・ブラウン マルチクイック9 MQ9195XLS
  ¥25,045 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

本体の重さ:1030g
回転調節:スマートスピード
回転回数:約12800回転
チョッパー:300g/700gまで
定格時間: 1分(泡立て2分)
サイズ:幅6.5×奥行7.0×高さ41cm

速度調節    ★★★★★★
パワフルさ   ★★★★★★
チョッパー容量 ★★★★★★
本体の軽さ   ★★☆☆☆
離乳食の調理  ★★★★☆
総合評価    ★★★★★

 なお、ブラウンの場合、より上位の「マルチクイック9」シリーズもあります。

 202011201911.jpg

 本機の場合、1000gという本体の重さネックです。

 しかし、そこを問題視しないならば、さらに20%強い500Wモーターと、特別な幅広ブレードで、「アボガドの種も粉砕できる」パワーは魅力です。

 値段も、発売時期の関係もあり、割と安いので、ざっくりと色々「潰したい」場合は、本機を選んでも良いでしょう。


 第3に、離乳食用にブレンダーの購入を考えるている方におすすめなのは、

 201910231341.jpg

 【2019年】

 【本体のみ】【グレイ】

 24・ティファール ベビー HB65GDJP
  ¥7,169 楽天市場 (5/5執筆時)

 【本体のみ】【ホワイト】

 24・ティファール ベビー HB65G1JP
  ¥8,150 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

 【本体+チョッパー+泡立て】

 24・ティファール ベビーマルチ HB65H8JP
  ¥10,010 楽天市場 (5/5執筆時)

本体の重さ:820g
回転調節:3段階
回転回数:13000回転
チョッパー:
定格時間: 1.5分(泡立て10分)  
サイズ:幅7.0×奥行7.0×高さ40cm   

速度調節    ★★★★★
パワフルさ   ★★★★★
チョッパー容量 ★★★★☆
本体の軽さ   ★★★★☆
離乳食の調理  ★★★★★★
総合評価    ★★★★★

 ハンドブレンダー ベビーマルチHB65H8JPでしょう。

  201910231346.jpg

 離乳食は、基本的にどの機種でも作れますが、少量作成に特化した「離乳食ブレンダー」が別に付くのはこの機種だけです。

 201910231345.jpg

 その上で、「つぶす」「混ぜる」「きる」「刻む」「泡立てる」の5WAYもこなすため、普通の料理にも使えるのが魅力でしょう。

 201910231354.jpg

 とくにブレードが、Panasonic並に強いので、繊維質の切断は向きます。

 201910231405.jpg

 スムージーなど、お子さんが成長してからも多用途に使えるでしょう。

 出産祝いなどの際の、気が利いたプレゼントとしても喜ばれそうです。


 第4に、今のブレンダーの重さが少し気になっている方に向く、軽量で細身の機種は、

 202202031041.jpg

 【2021年発売】

 【本体+カップのみ】

 17・クイジナート HB-204WJ
  ¥8,800 楽天市場 (5/5執筆時)

 【本体+チョッパー+泡立て】

 17・クイジナート HB-504KJ
  ¥12,629 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

 17・クイジナート HB-504WJ
  ¥12,629 楽天市場 (5/5執筆時)

 【本体+チョッパー+泡立+おろし】

 17・クイジナート HB-704WJ
  ¥15,400 楽天市場 (5/5執筆時)

本体の重さ:550g
回転調節:6段階
回転回数:約16000回転
チョッパー:300gまで
定格時間: 1分
サイズ:幅6.0×奥行6.0×高さ36cm   

速度調節    ★★★★☆
パワフルさ   ★★★★★
チョッパー容量 ★★★★☆
本体の軽さ   ★★★★★★
離乳食の調理  ★★★★☆
総合評価    ★★★★★

 クイジナートの製品でしょう。

  202202031047.jpg

 軽さほか、本体の長さが短めで、この部分を重視する場合、他社より良いかと思います。

 ブラウンなどにも軽量機はありますが、あくまで「格安機」で刃や付属品の部分などを含めて上位機に劣る点で、本機が良いでしょう。

 202202031051.jpg

 中位機以上は、「きざむ」「泡立てる」こともできますし、最上位機は、おろしディスクがという「ワンポイント」もあります。

 ポテトやゆで卵など柔らかい素材に重宝しますし、わりと利用頻度も高いと思います。

 回転数の調節も、多段階で可能ですし、色々試せると思います。

ーーー

 202011211100.jpg

 【2020年発売】

 【本体+泡立て】

 20・クイジナート RHB-100J
  ¥11,400 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

本体の重さ:620g
回転調節:
回転回数:最大13500回転
チョッパー:別売
定格時間: 3分
サイズ:幅5.5×奥行5.5×高さ41.5cm

速度調節    ★★★☆☆
パワフルさ   ★★★★☆
チョッパー容量 ★★☆☆☆
本体の軽さ   ★★★★★
離乳食の調理  ★★★★☆
総合評価    ★★★★☆

 202011211102.jpg

 なお、「新しもの好き」な方には、同社のコードレス機も選択肢になるでしょう。

 こちらも、握りも細いですし、重さも軽量です。

 202202031154.jpg

 ・クイジナート チョッパー RHB-100JCH
  ¥3,166 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

 ただ、パワー面での使い勝手ほか、チョッパーが別売になります。

 いずれにしても、コードレス機は出はじめで、まだ評価も定まらないので、いくぶん「初ものリスク」はあるので、その部分も理解した上で購入できる、家電好きの方に限って「おすすめ」とします。


 第5に、製菓用に便利なハンドブレンダーとしておすすめできるのは、

 201808281530.jpg

 【コンセント式】

 【約650〜1350回転】

 22・クイジナート HM-050SJ
  ¥8,137 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

 【約200〜920回転】

 22・クイジナート HM-030WJ
  ¥5,390 楽天市場 (5/5執筆時)

本体の重さ:1100g
回転調節:5段階
回転回数:1350回転
チョッパー:
定格時間: 30分
サイズ:幅9.5×奥行21.0×高さ29.5cm

 202011211127.jpg

 【2020年発売】

 【コードレス式】

 23・クイジナート RHM-100J
  ¥10,665 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

本体の重さ:900g
回転調節:5段階
回転回数:950回転
チョッパー:
定格時間: 10分
サイズ:幅7.5×奥行19.5×高さ27cm

速度調節    ★★★★★
パワフルさ   ★★★★☆
チョッパー容量 ☆☆☆☆☆
本体の軽さ   ★★★☆☆
離乳食の調理  ☆☆☆☆☆
総合評価    ★★★★☆

 クイジナートのHM-050SJでしょう。

 201808281531.jpg

 本格的な、製菓用の場合、ある程度定格運転時間がないと困ります。

 その上で、回転調節が細かい方が、時短部分を含めて使い勝手が良いといえるため、選ぶならばこちらでしょう。

  202011211134.jpg

 一方、新型のコードレス機については、最大回転数が950回転という部分がネックですが、致命的なほど遅いわけではないです

 旧機種で、そもそも「5」まではスピードを上げていなかった方ならば、利便性の部分で本機導入は「あり」でしょう。

ーーーー

  202011201738.jpg

 【2020年モデル】

 【本体のみ】

 9・ブラウン マルチクイック7 MQ7000X
  ¥7,980 Amazon.co.jp (5/5執筆時)

 【本体+泡立て器】

 9・ブラウン マルチクイック7 MQ7005X
  ¥8,088 楽天市場 (5/5執筆時)

本体の重さ: 910g
回転調節:スマートスピード搭載
回転回数:約13800回転
チョッパー:
定格時間: 1分(泡立て3分)

速度調節    ★★★★★★
パワフルさ   ★★★★★
チョッパー容量 ★★★★★★
本体の軽さ   ★★★☆☆
離乳食の調理  ★★★★☆
総合評価    ★★★★★★

 一方、製菓「も」という話になるならば、ブラウンの「マルチクイック7」シリーズが良いかと思います。

  202011201818.jpg

 他社機でも、ビーター(泡立て器)付属機はありますが、握りでスピードを調節できる部分と、メレンゲに対応できる3分の稼働時間が担保される機種は、なかなかないです。

 202011201822.jpg

 その上で、先述のように、本機は、ブレンダーとしての性能も良いので、色々な料理に使いたい方には向くでしょう。

補足:ハンドミキサー関連記事について

 というわけで、今回は、ハンドブレンダー・ハンドミキサーの比較でした。

 201808281305.jpg

1・ハンドミキサーの比較 (1)
 1-1:パナソニック〈日本〉
 1-2:ブラウン〈ドイツ〉
2・ハンドミキサーの比較 (2)
 2-1:クイジナート〈米国〉
 2-2:T-Fal〈仏国〉
 2-3:テスコム〈日本〉
 2-4:アイリスオーヤマ〈日本〉
 2-5:タイガー〈日本〉
 2-6:OXA LINKChef〈中国〉
3・ハンドミキサーの比較 【結論】
 = 最終的な「おすすめ機種」の提案

 もう一度、性能面を確認したい方は、以上のリンクをご利用下さい。

 201808281326.jpg

 また、このブログ「家電批評モノマニア」では、「刻む・混ぜる系」の調理家電について、他にも記事があります。 

1・ジューサー/ミキサーの比較
 
用途:ジュース・スープなど
2・フードプロセッサの比較
 用途:「刻む」料理など
3・ハンドブレンダーの比較
 用途:マルチ(専門性は低め)
4・マルチクッカーの比較
 用途:自動調理(やや特殊)

 よろしければ、これらの記事もお読みください。

 ではでは。

posted by Atlas at 19:12 | 調理家電

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png