Top 映像機器 比較2022’【パナソニック】4K液晶TV24機の性能とおすすめ:4K ビエラ (4)

2022年09月28日

比較2022’【パナソニック】4K液晶TV24機の性能とおすすめ:4K ビエラ (4)

【今回レビューする内容】2022年 パナソニックの最新4Kテレビの性能とおすすめ・選び方(パナソニック編) 40 43 49 50 55 65 75インチ

【比較する製品型番】 パナソニック 4Kビエラ LX800シリーズ TH-43LX800 TH-50LX800 TH-55LX800 TH-65LX800 TH-75LX800 JX800シリーズ TH-40JX750 TH-50JX750 TH-58JX750 TH-65JX750 GR770シリーズ TH-43GR770 TH-49GR770 LX900シリーズ TH-43LX900 TH-49LX900 JX850シリーズ TH-43JX850 TH-49JX850 JX900シリーズ TH-55JX900 TH-65JX900 TH-75JX900 LX950シリーズ TH-55LX950 TH-65LX950 TH-75LX950 JX950シリーズ TH-55JX950 TH-65JX950 TH-75JX950

今回のお題
最新モデルの4K液晶テレビのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今回は、2022年9月現在、最新の4K対応の液晶テレビの比較記事4回目記事です。 

  201809011946.jpg

1・東芝の4K液晶TVの比較
 :レグザ〈日本〉
2・シャープの4K液晶TVの比較
 :アクオス〈日本〉
3・ソニーの4K液晶TVの比較
 :ブラビア〈日本〉
4・Panasonicの4K液晶TVの比較
 :ビエラ〈日本〉
5・LGの4K液晶TVの比較
 :ナノセル〈韓国〉
6・ハイセンスの4K液晶TVの比較
 :Hisense TV〈中国〉
7・TCLの4K液晶TVの比較
 :TCL TV〈中国〉
8・各社の4K液晶TVの比較
 :フナイ〈日本〉
 :アイリスオーヤマ〈日本〉
9・各社の4K液晶TVの比較
 :オリオン・三菱
 :maxzenDMM ほか
10・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】
 =全機からのおすすめ機種の提案

 今回は、国産機となるパナソニックのVIERAの4K液晶テレビを全機紹介します。

 201705061400.jpg

 なお、「4Kテレビの選び方の基本」は、1回目記事の冒頭に書きました。

 そのため、1回目記事こちら)から順番にお読みいただいた方がわかりやすいかと思います。

 よろしくお願いします。

映像の美しさ  ★★★★★
目の疲れにくさ ★★★★★  
音質の良さ   ★★★★★
ネット動画   ★★★★★
番組表     ★★★★★
総合評価    ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各製品を比較します。

 そして、最後の「結論編」(こちら)では、上表のようなポイントから、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案する型式で書いていきます。

ーーーー

1・小型液晶テレビの比較
2・大型液晶テレビの比較
3・4K液晶テレビの比較
4・有機ELテレビの比較
5・8Kテレビの比較
6・おすすめTVのまとめ 【結論】

 なお、今回の記事は、TVを紹介した一連の記事としては「3回目記事」の一環として書きました。

4・パナソニックの4K液晶TVの比較

 201805121020.jpg 

 というわけで、パナソニックの4K液晶テレビの紹介です。

 過年度モデルも残るので、性能的に「入門機」「中級機」「高級機」にわけつつ説明します。

4-1・パナソニックの入門機

 はじめに、各年度のパナソニックの4K液晶テレビの入門機からです。

--

 なお、以下では、いつものように、Atlasのおすすめできるポイントを赤字系で、イマイチと思う部分を青字系で書きます。


 202206181914.jpg

 【2021年7月登場】

 【43インチ】

  1・パナソニック TH-43LX800
   ¥93,200 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【50インチ】

  2・パナソニック TH-50LX800
   ¥108,600 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【55インチ】

  3・パナソニック TH-55LX800
   ¥125,618 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】

  4・パナソニック TH-65LX800
   ¥159,947 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【75インチ】

  5・パナソニック TH-75LX800
   ¥225,007 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:VA
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート:4K
フレームレート:4k/60p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 4Kビエラ LX800シリーズは、パナソニックの4K液晶テレビの2022年の入門機です。

 202206181917.jpg

 液晶パネルは、43インチからです。

 昨年までは(珍しく)40インチがありましたが、個としては他社と同じ刻みです。

 202111241818.jpg

 液晶パネルは、VA液晶パネルです。

 この部分が、同社の旧モデルとの大きな変更点です。

 パナソニックは、上位機は、IPS液晶を採用しており、基本的に、4Kでは全ラインともそれでした。今回、4Kでは初めてのVA投入です。

 VA液晶パネルは、他社では標準のパネルです。コントラストが上げやすく、黒の引き締まるTV向きの液晶です。視野角もIPS液晶と同等です。

 IPS液晶パネルも、(特に静止画で)目が疲れにくく、彩度部分で「味付け感」なく、落ち着いた色彩で良いものです。

 ただし、PCモニター用は別として、TVについてはVA液晶パネルでも、悪くないです。

 ただ、同社上位機が引き続きIPS液晶を採用している点から言えば、下位機種ゆえ、コストカット的な意味はあるかもしれません。ただし、一般的に、TV用について言えば、両タイプは力点が違うだけで、上下関係はないです。

(味付け多めの)高輝度・高彩色なので、従来の比較的落ち着いたIPSとは傾向は異なります。

 この部分で言えば、従来の画質のファンはIPS搭載機を選んだ方が良いかと思います。色の三原色について、そちらがナチュラルな補整なので。

 201904101253.jpg

 ただし、IPS液晶は、格安機に無理に投入する場合、色の三原色に白を加えた4色パネル(RGBW型)を採用するメーカーがあります。

 この場合、「黒の締まりの良さが悪い」ので、そういったものを搭載する位ならば、VAパネルのが良いとも言えます。

 202107191003.jpg

 バックライトは、液晶を照らすLEDライトが直下ではなく、画面の隅にだけあるエッジ型です。

 202111231654.jpg

 エッジ型は、TVパネルを薄くして、壁掛けなど「格好良く」できる半面、輝度の明暗表現がイマイチです。

 ただ、解決法として、映像処理で、エリアごとコントラストを制御する「エリアコントラスト制御 PRO」技術が採用されます。

 そのため、エッジ型としては、最低限の対策がある機種です。

 ただし、液晶の点滅制御はしない点で、上位機と対策の面ではあります。

 201812181757.jpg

 4Kチューナーは、後発のGX500シリーズについては、Wチューナーが付属します。

 ただし、4Kの2番組同時録画は非対応で、視聴中しながら、裏番組録画ができる仕様です。

 201803300025.jpg

 HDR10技術は、対応するモデルです。

 HDRは、他社機でも説明したように、新4K放送でも採用される輝度向上技術です。

 対応しない場合、輝度の部分で情報通りの正確な表現ができませんが、本機は対応です。

 202107191011.jpg

 一方、パナソニックは、AI HDRリマスター機能として、地デジなど、HDR画質のない標準画質の映像も、HDR水準に再計算する技術を取り入れます。

 東芝やソニーも持つ技術ですが、採用しない企業もある点から言えば、ワンポイントです。

 201906011548.jpg

 画像エンジンは、4Kファインリマスターエンジンです。

 他社機でも説明したように、エンジン(CPU)の質が良いと、リモコンなどの駆動性がよくなるほか、画質補正面で色々な恩恵を受けられます。

 なお、4Kテレビは、解像度が高いため、地デジなど解像度が4Kの水準に及ばない映像を拡大して表示しています。

 例えるならば、画素の低いカメラで撮ったスナップ写真を、A3サイズまで引き延ばして投影しているようなものです。

 そのため、画質を適切にアップコンバートして、画像のアラを取り除く画像エンジンの性能がものを言うところがあります。

 本機も、機能として、「高精細化」「ノイズ除去」機能を持ちます。

 202107191014.jpg

 「広色域化技術」も、パナソニックが強調する部分です。

 ヘキサクロマドライブという三次元カラーマネジメント回路で、発色を良くする技術です。

 デンキヤで「Panasonicのテレビの綺麗さ」を実感するのは、大程度、この部分が好影響しています。

 上位機と違い、パネルの性質が異なるVAパネルとの組み合わせですが、問題ないでしょう。同社も、色域は従来より拡大した、と表現しています。

 202107191023.jpg

 「超解像技術」は、特に4Kテレビについては注目してよい部分です。

 再計算によって4K画質に「アップコンバート」する際の処理技術の総称として、その際の技術を、一般的に「超解像技術」と呼びます。

 パナソニックの場合、明示的にはこの言葉を使いませんが、ソニーのオブジェクト超解像のような手法で、ノイズ処理・高詳細化処理をしつつ、フレーム内の高詳細化(高画質化)をなしています。

 ただし、いずれにしても、東芝の高度なフレーム間解析ではないですので、水準としては、普通です。

 202104021137.jpg

 画質の自動調整は、本機は高度に対応です。

 ディープラーニングを利用し、100万コンテンツを分析した学習用データベースを元にAI(人工知能)が処理を加えます。

 202104021144.jpg

 結果、単純に「番組の種類」だけでなく、細かい「シーン」にあわせた自動調整ができます。

 高画質化技術も、コンテンツの内容をAIが理解してこそ、効果を発揮できるといえます。

 その点で言えば、画質モードを手動で切り替えず「自動モード(オートAI画質モード)」でずっと見ているような(一般人の)使い方の場合、画質の底上げはかなり期待できるでしょう。

 東芝のように、外的な視聴環境(明るさ・照明色)は把握されないですが、十分効果的です。

 202006111839.jpg

 倍速液晶は、動きのあるスポーツなどの映像の「残像感」を減らすために重要です。

 本機の場合、倍速パネルとしては未搭載です。

 ただ、「クリアモーション」という残像制御技術を持ちます。

 バックライト制御の高速化によるもので、他社のように点滅という言い回しはしませんが、「2倍速相当」の実力といえます。

 入門機グレードでは対策がないメーカーもありますので、この部分も評価できます。

 録画機能も搭載です。

 本機の場合、見ている番組以外に2つの番組が同時録画できる仕様です。

 ダビング10にも対応です。

 録画時間は通常のハードディスクを使用した場合は、地デジならば、2TBで約240時間の録画ができる計算です。4K放送ならその半分です。

201902181220.jpg

 番組表は、Panasonicの場合、多少、課題です。

 番組表のメイン画面の視認性やフォントの見やすさの点では、無理に押し込んだ感じがあり、大手ではイマイチなところもあります。

 ただ、操作性は良いですし、便利機能を含めた実用度はさすがに高く総合力は高いです。

 202006131005.jpg

 映像配信サービスは、パナソニックの場合、同社のスマートTVアプリサービスを利用します。

 DAZN・Netflix・Amazonビデオ・ひかりTV・YouTube・dTV・アクトビラ・HULU・ツタヤTVなど、日本でサービスインしている動画サービスは網羅されます。

 メジャーサービスは全て対応で、この点で不満を感じる方は少ないでしょう。

 一方、シャープ・ソニー機は、Google TVを採用し、好きなTVアプリをインストールできる点から言えば、メーカー独自のOSである本機は、柔軟性に欠ける部分はあります。

 201804051657.jpg

 202202151636.jpg

 ただ、東芝機の説明で書いたように、映像配信サービスについては、このブログの【STB機器の比較記事】で詳しく比較したような、他社製端末をテレビの裏に挿して使った方が、使い勝手が良いです。

 各サービスへの対応幅が広いという部分だけでなく、TVのエンジンではなく、内蔵エンジン(CPU)がそれだけに使われる部分で、安定性や処理速度が上ですから。

 TVへの「全部入り」は便利ですが、増設するなら、特段、Google TVでなくても不便はないでしょう。

 また、増設しないとしても、本機は代替のサブスクサービスに対応できていますし、ライトユーザーならば、問題ないと思います。

 201805121427.jpg

 無線LANも、搭載です。

 また、パナソニックがブルーレイなどで採用する「外からどこでもスマホで視聴」に対応します。

 放送中番組や、HDDに録画した番組を外出先でもインターネット経由で観ることができます。予約も可能ですね。

 202206181923.jpg

 スピーカーは、一方、本機は、総合20Wのフルレンジスピーカーで、あまり工夫がないです。

 あえて言えば、立体音響規格のドルビーアトモスに対応する部分は指摘できますが、上向きスピーカーがあるわけでもないので、やはり平凡です。

 201812021446.jpg

 そのため、こだわりたいならば、このブログの【サウンドバーの比較記事】で書いたような同社製品を導入する方が良いでしょう。

 1-2万円程度でも大幅に改善します。

 また、本機はHDMIがeARC対応なので、マルチチャネル対応の高級機でも、接続が簡単です。

 202107191038.jpg

1・Amazon Echoの比較
2・各社のスマートスピーカーの比較
3・スマート学習リモコンの比較

 音声アシスタントサービスは、非搭載です。

 ただ、Amazon系とGoogle系のAIスピーカーとは、(別売のリモコンなしでも)直で連携可能で、TVの操作も可能です。

 興味のある方は、以上の記事をご覧ください。

  202107192121.jpg

 HFR(ハイフレームレート)は、PS5(プレステ5)など次世代ゲーム機を利用する場合、注目して良い部分です。

 対応する場合、60フレーム/秒以外に、120フレーム/秒(4K/120Hz)の表示も可能になり「なめらかな動き」が楽しめるからです。

 同社の場合、このグレードでは未対応です。

----

 以上、パナソニックLX800シリーズの紹介でした。

 VAパネルの採用は、従来のパナソニックのテレビファンからすると論争的でしょう。

 ただ、広色域化技術のヘキサクロマドライブとの相性は良さそうですし、VAもテレビ用としては悪くないので、(入門機なら)この方向性で良いのかと思います。 

 その上で、2倍速相当のパネルですので、ある程度までスポーツなどの動きに強く、高輝度対応色補正処理液晶の高度なバックライト制御で陰影のコントラストがはっきり出ます。

 画質自動調整スマートTVの部分を含めて、全体として「穴のない入門機」ですし、国内メーカーに限れば、10万円以内では、「おすすめ」といってよい機種の1つです。

ーーーー

 202107190947.jpg

 【2021年7月登場】

 【40インチ】

  6・パナソニック TH-40JX750
   ¥74,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【50インチ】

  7・パナソニック TH-50JX750
   ¥114,600 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【58インチ】

  8・パナソニック TH-58JX750
   ¥114,980 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】

  9・パナソニック TH-65JX750
   ¥134,800 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:VA
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート:4K
フレームレート:4k/60p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 なお、本機については、1世代前の入門機となるJX800シリーズが残ります。

 2021年機もVA液晶であり、画像エンジンにかかわる部分も含めて、新機種と性能は変わりません。

 202206181924.jpg

 その他の部分も、(あえて言えば)音響面でDolby Atomos規格に対応できない点が目立つだけで、あとは、ゲーム用のUIの改良と、録画時にチャプターが付けられるようになった程度です。

---

 結論的にいえば、マイナーな仕様変更に止まるため、旧機種を選んでもOKです。

 (最近は)希少となった40型も選べます。


  202003071817.jpg

 【2020年1月発売】

 【43インチ】

  10・パナソニック VIERA TH-43GR770
   ¥151,866 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【49インチ】

  11・パナソニック VIERA TH-49GR770
   ¥174,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:IPS
バックライト  :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート:4K
フレームレート:4k/60p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 GR770シリーズは、パナソニックの4Kテレビとしては、やや特殊なモデルです。

 202003071820.jpg

 この機種は、いわゆる「録画テレビ」で、ブルーレイと2TBのハードディスクが内蔵されるモデルです。

 後ほど別に紹介する、三菱がこのようなオールインワン型を機種を「得意」としていましたが、パナソニックが、この市場に「新しく乗り込んだ」格好です。

 201902181303.jpg

 液晶パネルは、IPS液晶です。

 バックライトは、エッジ型ながらエリア制御に対応します。

 画像エンジンは、旧型仕様(2020年機相当)なので、「広色域化技術」(ヘキサクロマドライブ)や、HDRへのアップコンバートなどが未搭載です。

 202003071830.jpg

 録画機能は、先述のように、2TBのハードディスクとブルーレイを内蔵するため充実します。

 とくにブルーレイは、4K画質に対応するULTRA HDです。

 単品のレコーダーでも搭載しない機種も多い状況なので、録画部分は相当充実した機種です。

 202003071831.jpg

 一方、後述の三菱と比較すると、パナソニックの場合、4K衛星放送の長時間録画に対応します。

 内蔵HDDならば最大520時間、BDでも12時間録画に対応します。

 単品のレコーダーでも、新4K放送を長時間録画できるのはパナソニックの新機種のみという点を考えると「豪華仕様」です。

 もちろん、通常画質の番組も12倍録画に対応です。

 外付けハードディスクにも対応します。

 番組表映像配信サービスは、下位機種と同じです。

 ただし、YouTube TSUTAYA TVと、同社のアクトビラのみの対応です。

 無線LANも、搭載です。

 また、下位機種と同じで、「外からどこでもスマホで視聴」に対応します。

 放送中番組や、HDDに録画した番組を外出先でもインターネット経由で観ることができます。予約も可能です。

 202003071839.jpg

 スピーカーの音質は、総計30Wです。

 Dolby Atmosは非対応ですが、音圧については、本機の方が少しだけスペックが良いです。

 HFR(ハイフレームレート)は、こちらも未対応です。

----

 以上、パナソニックGR770シリーズの紹介でした。

 オールインワン型を狙っている方は選択肢になるでしょう。三菱の一体型と比較する場合、本機は、IPS液晶を採用するため、画質的には優れます。

 4Kの長時間録画に早くも対応した点も評価できます。

 201909051925.jpg

 ただ、ディスクやHDDが故障した場合は、TVを含めての修理となる点が、一体型の弱点です。

 この点で、Atlasはあまり一体型を推さないことが多いです。三菱は、故障部分だけを部品単位で交換できる構造ですが、パナソニックはこれが採用されません。

 こうした部分については、三菱に一日の長を感じます。

4-2・パナソニックの中級機

 つづいて、各年度のパナソニックの4K液晶テレビの中級機です。

 中級機の場合売り出し時価格は10万を超える場合が多いですが、型落ちだと10万を下回る場合もあります。


 202206181933.jpg

 【2022年7月発売】

 【43インチ】

  12・パナソニック TH-43LX900
   ¥118,580 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:VA

 【55インチ】

  13・パナソニック TH-49LX900
   ¥128,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:IPS

バックライト :エッジ型+Wエリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
フレームレート:4k/120p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 VIERA 4KLX900シリーズは、パナソニックの2022年モデルの中級機になります。

 202111241818.jpg

 液晶パネルは、現行機では、このグレードから、視野角が広く、高品質なIPS液晶パネルが選べます。

 ただし、43インチ機VAです。

 従来的な「ナチュラル系」のパナソニックの味付けを好む場合は、IPSが良いでしょう。

 むろん、VAも黒が引き締まる点で、コントラスト面でTV用として相性が良いパネルです。

 201902181304.jpg

 バックライトは、本機もエッジ型です。

 ただし、本機は、下位機種のエリアコントラスト制御技術(プロ)に加えて、バックライトの点滅制御をするバックライトエリア制御にも対応です(グローバルディミング)。


 202006111826.jpg

 この2つを併用するため、同社は「Wエリア制御」という特別な名前をつけています。

 エッジ型の場合、エリア制御はかなり重要な技術です。

 202111231654.jpg

 さすがに、直下型+エリア制御の機種には及ばないものの、エリア制御しない普通の直下型機より、この方式の方が画質は良いと言えます。

 201905311211.jpg

 4Kチューナーは、本機もWチューナーを搭載します。

 また、本機の場合、4Kの裏番組録画のほか、視聴中の4K番組ならばそちらも同時に録画できます。

 202006111831.jpg

 HDR10技術は、対応するモデルです。

 下位機種同様に、AI HDRリマスター搭載で、通常画質のHDRへのアップコンバートも表明しています。

 パナソニックによるとこの技術は、新4K放送のHLG圧縮信号にも効くとのことです。

 HLGの輝度データが4K液晶でうまく活かせない点は、2018年の放送開始直後、各社で問題となりました。その部分への対応をなした、と言うことでしょう。

 201803300036.jpg

 画像エンジンは、本機も、素材解像度検出4Kファインリマスターエンジンを搭載します。

 ヘキサクロマドライブに対応するなど、性能は、下位機種と同じです。

 ただ、IPS液晶となる点で、実際の画質は、本機のほうが、パナソニックが目指していると言える、ナチュラル系の色彩に近いとは言えます。

 デンキヤで「Panasonicのテレビの綺麗さ」を実感するのは、ヘキサクロマドライブとIPS液晶の部分が好影響していますし。

 202104021137.jpg

 画質の自動調整は、本機も、下位機種同様に、オートAI画質に対応です。

 ディープラーニングを利用し、100万コンテンツを分析した学習用データベースを元に、AIがコンテンツの種類を把握して、画質モードを変更するので、楽です。

 202206181943.jpg

 また、本機は環境光センサーを搭載しています。AIが部屋の照明色を理解し、それに応じた調整をオートAI画質に加えています。

 合わせ技で、自動調整部分は、下位機種よりもかなり高度です。

 ただ、番組のコンテンツ情報をクラウドから取得する東芝上位機には(それでも)少し負けます。

 加えて、音声モードの自動調整については、パナソニックの場合、もうひとつ上のグレードからの対応です。

 201809020206.jpg

 倍速液晶は、先述のクリアモーションのほか、本機は(本物の)2倍速パネルを装備します。

 業界的な表現では、4倍速相当で対応します。

 録画機能も搭載です。

 この機種の場合、見ている番組以外に2つの番組が同時録画できる仕様です。

 201902181220.jpg

 番組表は、下位機種と同じです。

 長細いメイン画面の視認性はイマイチながら、実際の利便性は高い、という傾向です。

 映像配信サービスは、こちらも、同社のスマートTVアプリを利用できます。

 Google TVではないですが、4Kコンテンツを含めて充実度は高いです。

 無線LANも、搭載です。

 また、下位機種と同じで、「外からどこでもスマホで視聴」に対応します。

 放送中番組や、HDDに録画した番組を外出先でもインターネット経由で観ることができます。予約も可能です。

 202104021208.jpg

 音声アシスタントサービスは、搭載です。

 本機については、Google系Amazon系(Alexa)をあらかじめ選択した上で、リモコンボタンで呼び出せます。

201902181317.jpg

 スピーカーの音質は、総計30Wのアンプです。

 また、(高さ方面の)立体3D音響情報についての音響規格となるドルビーアトモス規格にも対応です。

 最近のゲーム機や、Netflixをはじめとするネットの映画コンテンツに、収録されることが増えている音響規格です。

 ただ、2スピーカーでは、あくまでバーチャルな再現です。

 リアルに楽しみたい場合、このブログの【サウンドバーの比較記事】で書いたような同社製品を別に購入するか、もしくは、しっかりハイトスピーカーを搭載する、同社の上位TVを選ぶのが良いでしょう。

 なお、規格的には、本機もeARCに対応します。

 202104021154.jpg

 HFR(ハイフレームレート)は、HDMIの接続端子が、HDMI2.1(4K120p)に対応です。PS5などの最新ゲーム機では、低遅延ないし、なめらかな表示ができるので、最適な仕様です。

 なお、細かく見ると、4K/120Hz利用時、ALLM(自動低遅延モード切替)は全機とも対応ですが、VRR(可変リフレッシュレート)は43インチ機だけです。

 43型はAMD FreeSync Premiumにも対応するので、PCの外部モニターとしても良いでしょう。

 フレームレートは、少し特殊な話なので、詳しくは、PC専用の【ゲーミングモニターの比較】のほうで説明しました。

----

 以上、パナソニックLX900シリーズの紹介でした。

 全体の総合性能は、他社の上位機と比するものがあり、十分です。

 また、大画面機についてはIPS液晶を採用する上で、ヘキサクロマドライブ4倍速相当の液晶を搭載する点で画質の面で下位機種と差があります。

 パナソニックを「指名買い」する場合は、この製品が最も良いと思います。

ーー

 202104021124.jpg

 【2021年3月発売】

 【JX850シリーズ】

 【43インチ】

  14・パナソニック TH-43JX850
   ¥109,880 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:VA

 【49インチ】

  15・パナソニック TH-49JX850
   ¥121,980 Amazon.co.jp
(9/28執筆時)

 【JX900シリーズ】

 【55インチ】

  16・パナソニック TH-55JX900
   ¥174,800 楽天市場 (9/28執筆時)

 【65インチ】

  17・パナソニック TH-65JX900
   ¥186,600 楽天市場 (9/28執筆時)

 【75インチ】

  18・パナソニック TH-75JX900
   ¥272,249 楽天市場 (9/28執筆時)

モニターパネル:IPS

バックライト :エッジ型+Wエリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
フレームレート:4k/120p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 なお、中位機についても、2021年機が残ります。

 202206181943.jpg

 新機種と比べると、オートAI画質の精度の部分が最大の違いです。

 2021年機は環境光センサーを画質調整に利用しない仕様なので、部屋の照明環境をみれません。

 それ以外は、このグレードはもともとDolby Atmosには対応していたので、目に付く差はないと言えます。

---

 結論的にいえば、環境光センサーの搭載は「進化」です。ただ、同じ畳数のパネルの場合で値段差が1万円以内ならば、旧機種のが費用対効果は高いとは言えます。

4-3・パナソニックの上級機

 最後に、各年度のパナソニックの4K液晶テレビの上位機です。


 202206181958.jpg

 【2022年7月発売】

 【55インチ】

  19・パナソニック TH-55LX950
   ¥196,274 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】

  20・パナソニック TH-65LX950
   ¥213,962 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【75インチ】

  21・パナソニック TH-75LX950
   ¥313,088 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:IPS
バックライト :エッジ型+Wエリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
フレームレート:4k/120p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 VIERA 4KLX950シリーズは、同社の4K液晶テレビの最上位機です。

 一方、LX850シリーズと比較した際、上位機だけ持つ特長は、以下の2点です。

 202006111916.jpg

 第1に、プレミアム液晶ディスプレイの採用です。

 正確にはバックライト技術の改良で、バックライト密度を増やすことで、輝度ピークを向上させています。

 ソニーのトリルミナス技術もそうですが、パネル自体に自社で差異が付けられない時代なので、方向性としては良いとおもいます。

 HDR時代にこうした改良は重要ですから。

 202006111919.jpg

 第2に、スピーカーシステムの改良です。

 下位シリーズの2倍となる総計60Wの出力になっています。

 面白いのは、左右2基のフルレンジ型スピーカー2基のほか、上部に、イネーブルドスピーカーを装備させている点です。

 先述のように、下位機種でも天井方向の音データを再現できるドルビーアトモスに対応します。最新のゲーム機や映画コンテンツに採録される音情報です。

 その場合、(バーチャルな再現ではないならば)高さを表現できるスピーカーが「マスト」です。

 しっかり装備することで、外部スピーカーを購入せずとも2.0.2chの立体音響が実現できるわけです。

 その他は、シャープ機のように、画面の手動での「首振り」に対応した点以外は、下位機種とほぼ同じです。

 202107192121.jpg

 HFR(ハイフレームレート)は、本機も、4K/120Pです。

 ただ、75v型のみがVRRとAMD FreeSync Premiumとなります。

---

 以上、VIERA 4KJX950シリーズの紹介でした。

 画質面では、基本的には先ほどみた中位機で十分かなと思います。

 本機に潰えは、エッジ型特有のスリム形状「美しさ」を感じる人で、別にスピーカーを買うのが邪魔に感じるが、音質は重視したという方だけ選べば良いでしょう。

 202206181804.jpg

 なお、他社の場合、2022年モデルでは、(最高級機グレードで)miniLED搭載の製品をだした上位仕様の製品を出してきています。

 パナソニックについては、現在、それに対応する製品がない状況です。今後出るかもしれませんが、報道にもあるように、同社のテレビ事業は(全体として)やや縮小傾向なのかもしれません。

ーーー

 202101051852.jpg

 【2022年7月発売】

 【55インチ】

  22・パナソニック TH-55JX950
   ¥173,381 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【65インチ】

  23・パナソニック TH-65JX950
   ¥350,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【75インチ】

  24・パナソニック TH-75JX950
   ¥322,787 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

モニターパネル:IPS
バックライト :エッジ型+Wエリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
フレームレート:4k/120p
新4K放送チューナー:搭載(2)

 なお、本機の場合も旧機種のJX950シリーズが残ります。

 性能差は、中位機の場合と同じで、環境光センサーを利用することで、オートAI画質の精度が高まった部分以外は、目立つ違いはないです。

---

 結論的にいえば、新旧で迷った場合は、こちらを選んでOKと言えます。

次回記事の予告
4K液晶TVのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、パナソニックの4K液晶テレビを紹介しました。

 しかし、記事は、まだまだ「つづき」ます。

  201809011945.jpg

1・東芝の4K液晶TVの比較
 :レグザ〈日本〉
2・シャープの4K液晶TVの比較
 :アクオス〈日本〉
3・ソニーの4K液晶TVの比較
 :ブラビア〈日本〉
4・Panasonicの4K液晶TVの比較
 :ビエラ〈日本〉
5・LGの4K液晶TVの比較
 :ナノセル〈韓国〉
6・ハイセンスの4K液晶TVの比較
 :Hisense TV〈中国〉
7・TCLの4K液晶TVの比較
 :TCL TV〈中国〉
8・各社の4K液晶TVの比較
 :フナイ〈日本〉
 :アイリスオーヤマ〈日本〉
9・各社の4K液晶TVの比較
 :オリオン山善・三菱
 :maxzenDMM ほか
10・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】
 =全機からのおすすめ機種の提案

 次回の5回目の記事こちら)では、LGエレクトロニクスから発売されている4K液晶テレビを比較します。

映像の美しさ  ★★★★★
目の疲れにくさ ★★★★★  
音質の良さ   ★★★★★
ネット動画   ★★★★★
番組表     ★★★★★
総合評価    ★★★★★

 その上で、10回目結論こちら)で、ここまで紹介してきた全機種を対象に、上表のようなポイントから、目的別・用途別にAtlasのおすすめ機種!について書きたいと思います。 

 引き続き、よろしくお願いします。

 5回目の記事は→こちら

posted by Atlas at 17:48 | 映像機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png