Top 自転車関係 比較2022'【人気3社】電動自転車30車種の性能とおすすめ・選び方 :普通自転車・ママチャリ型 (2)

2022年07月02日

比較2022'【人気3社】電動自転車30車種の性能とおすすめ・選び方 :普通自転車・ママチャリ型 (2)

前回からの続きです。→こちら

今回の結論
電動アシスト自転車のおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、電動自転車のスペックを比較しました。

 最後に、目的別・用途別にAtlasのオススメ車種を提案しておきたいと思います。


 第1に、町乗り中心で、歩道などの凹凸でもスムーズにドライブしたい方におすすめな普通車は、

 202201121125.jpg

 【2021年12月発売モデル】

 【24インチ】各色

 3・ヤマハ PAS With PA24W
  ¥119,000〜 楽天市場 (7/2執筆時)

 【26インチ】各色

 4・ヤマハ PAS With PA26W
  ¥119,000〜 楽天市場 (7/2執筆時)

適正身長【24インチ】:141cm以上
適正身長【26インチ】:145cm以上
シフト数:3段変速 
バッテリー容量:12.3アンペア/時間 
バッテリー寿命:700〜900回
走行可能距離(エコモード):78キロ
走行可能距離(フルパワー) :48キロ
急速充電時間:3.5時間 
自転車の重さ::25.9キロ(26.6キロ)
センサー:トルク・スピード・クランク

加速性能   ★★★★★
走行安定性  ★★★★★★
バッテリー量 ★★★★★
車体重量   ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 ヤマハPAS Withでしょう。

 乗り心地の良さは定評がありますので、「ママチャリ」的により回すならば、ヤマハ系から選ぶと良いと思います。

 車種としては、同じくトリプルセンサーを搭載しているCheerのほうが価格は安いです。

 しかし、こちらの方が、バッテリー容量が高く充電回数が少なくて済む点、また、耐久性や安全性に関わる部分もパワーアップしている点、そして、坂道のアシスト力が強い、スマートパワーアシストを利用できる点を評価しました。

 201905211410.jpg

 自社生産のトルク・スピード・クランクの3つのセンサー搭載し、全速度におけるなめらかな乗り心地は定評があります。

 これは、ヤマハの大きな特色です。スーパーへの買い物など日常的に電動アシスト自転車を使うつもりならば、乗り心地重視で考えて、この機種が最適です。


 第2に、平地の加速安定性、坂道での安全性を重視する場合に選びたい電動自転車は、

 201912081451.jpg

 【2021年12月モデル】

 【26インチ】各色

 16・BRIDGESTON フロンティアDX F6DB42
  ¥149,765〜 楽天市場 (7/2執筆時)

 【24インチ】各色

 17・BRIDGESTON フロンティアDX F4DB42
  ¥149,765 楽天市場 (7/2執筆時)

適正身長【24インチ】:136cm以上
適正身長【26インチ】:140cm以上
シフト数:3段変速 
バッテリー容量:14.3アンペア/時間
バッテリー寿命:700〜900回
走行可能距離(エコモード):200キロ
走行可能距離(フルパワー) :62キロ
急速充電時間:4時間10分 
自転車の重さ:27.5キロ/26.7キロ
センサー:トルク・クランク

加速性能   ★★★★★★
走行安定性  ★★★★★★
バッテリー量 ★★★★☆
車体重量   ★★★★★
総合評価   ★★★★★

  ブリヂストンのフロンティアDXでしょう。

 両輪駆動を採用しているため、特に、加速してからの安定性と、加減速のスムースさは定評があります。同型式の車種を試乗しましたが、この点は確かに優れています。

 地方都市など、あまり信号すいすい走れる環境では、特に有利ではないでしょう。

 201902131231.jpg

 ややバッテリーは小さめですが、回生ブレーキで発電されますので、この点は心配いりません。

 この機構を利用したアシストブレーキも、特に下り道での安全面で有利です。


 第3に、町乗り中心だが、坂の多い場所の運転が多いだろう方は、

 202201121303.jpg

 【2022年2月発売】

 【24インチ】各色

 23・パナソニック ビビ L BE-FL431
    ¥113,699〜 楽天市場 (7/2執筆時)

 【26インチ】各色

 24・パナソニック ビビ L BE-FL631
    ¥113,590〜 楽天市場 (7/2執筆時)

適正身長【26インチ】:142cm以上
シフト数:3段変速 
バッテリー容量:12.0アンペア/時間 
バッテリー寿命:700〜900回
走行可能距離(エコモード):83キロ
走行可能距離(フルパワー) :46キロ
急速充電時間:4.0時間 
自転車の重さ:22.0キロ/22.4キロ
センサー:トルク・スピード

加速性能   ★★★★★★
走行安定性  ★★★★★
バッテリー量 ★★★★★★
車体重量   ★★★★☆
総合評価   ★★★★★

 坂道が多い地域で、アシスト力を重視したい場合は、踏み込み続けた際の瞬間的なアシスト力には定評があるパナソニック ビビ Lを選ぶと良いでしょう。

 202201121231.jpg

 パナソニックは、トルクの調整を重視していて、踏み込み時の瞬間加速性能が他社にくらべて良いです。

 一方、同社の製品には、上位シリーズはあります。

 しかし、本機は、新開発の「カルパワードライブユニット」が採用され、車体自体が相当程度軽量化しました。

 上位機とは、5kg以上の差があるわけで、ここまで異なると、電池切れ時というだけでなく、普段の走行性において違いが出てくると言えます。

 ビビ DX以上は、エコナビ運転ができるなど、良い部分もありますが、こうした普通車の場合は、重さ面で取り回しの良い、こちらのが良いかと思います。

 202201121232.jpg

 新しいモーターは、従来より中速域の加速力、発進時・坂道でのアシスト力の良さも強調されますし、快適に走行できるかと思います。

自転車をネットで買う場合の利点注意点

 というわけで、今回は普通自転車タイプの電動アシスト自転車の紹介でした。

 なお、電動アシスト自転車ですが、信頼できる「町の自転車屋」さんがある場合、そちらで買うのが良いでしょう。

 ただし、電動アシスト自転車は、基本的に定価・ないしそれに近い額の販売です。また、ユニットの入荷・組み立ての関係で納期が数ヶ月かかる場合もあります。

 一方、ネットで買う場合は、防犯登録を自分でせざるを得ないことが面倒です。

 201704041420.jpg

 なお、自転車は「修理代は全て自腹」の印象がありますが、大手3社はどこでも正規保証があります。

 ネット購入でもメーカー保証は効きますので、認証店で不良部分は整備して貰えます。もちろん、タイヤなどの消耗品や、パーツのズレなどもちろん自己負担です。

ーーー 

 なおブログには、自転車や自転車用品関連では、次のような比較記事があります。

1・電動アシスト自転車(普通車)
2・電動アシスト自転車(シティ)
3・子ども乗せ電動自転車
4・自転車用ヘルメットの比較
5・自転車用フロアポンプの比較

 これらの記事もよろしくお願いします。

posted by Atlas at 16:35 | 自転車関係

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png